タグ:19関西旅 ( 11 ) タグの人気記事

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません

山にへばりつく住宅街「西宮名塩」を散策 隣駅のギャップも凄い

関西旅4日目。ニュータウン散策はこの日も続きます。

関西旅のまとめはこちら
19関西旅

今回の目的地は西宮名塩ニュータウンです。

関東に住んでいる方は「どこだよ・・・?」と思うかもしれません。私もそうでした。教えてもらって初めて知った場所です。

宝塚からJR宝塚線(福知山線)で三田方面に2駅行ったところに西宮名塩駅があります。大阪梅田から40分ほどの場所です。その駅から北側にあるのが西宮名塩ニュータウンです。

都市再生機構(旧都市基盤整備公団)が新住宅市街地開発事業(新住事業)により整備した場所で、1991年に街びらきしました。新住事業については2011年に完了しています。

ちょっと凄いニュータウンのようなので行ってみることにしました。

a0332275_00194069.jpg

尼崎駅から快速電車に揺られ西宮名塩駅に到着。トンネルとトンネルに挟まれたわずかな明かり区間に駅が存在します。

宝塚~三田付近はかつては武庫川沿いに線路が引かれていて、1986年に山を貫くトンネルルートに変更しました。その新ルートの谷部分に新設されたのがこの駅です。

トンネルとトンネルに挟まれた駅といえば、東京では新小平駅が思い浮かびますが、新小平駅のような平らな土地ではありません。

a0332275_00300651.jpg

駅を出るとペデストリアンデッキに直結し、商業施設や立体駐車場が囲んでいます。よく見る駅前の景色です。


a0332275_00322605.jpg

駅の方を振り返って見てみると、こう。

正面のトンネルはこの記事1枚目のトンネルです。

下を流れるのは名塩川。駅のホームはトンネルの間にあって川をも跨ぐ凄い駅です。


a0332275_00342858.jpg

ペデストリアンデッキをちょっと進むと見えてくるのがこれ。斜行エレベータです。

おっと・・・どこかで見覚えがあるなぁ・・・そう、山梨県四方津にあるのとほぼ同じものですね。運賃はなく、誰でも自由に乗ることができます。

なぜこういうものがあるか……山の上に住宅があるからです。行ってみましょう!

山梨県四方津に行ったときの記事はこちら
富士山ぐるっと原付旅 その3
a0332275_00410950.jpg

いざ乗車。ゆっくりと斜めに進んでいきます。

エレベータは2本ありますが、この日は片方が工事中で1本がピストン輸送していました。超満員で上って行きます。


a0332275_00425304.jpg

エレベータの上に到着。本当に山に登ってきた感じで、奥には宝塚の街などが望めます。方角的に大阪梅田の方だと思うのですがよくわかりません。


a0332275_00450474.jpg

ちょっと見る向きを変えてみると名塩南台の住宅街が見えます。ここは個人施行の土地区画整理事業で整備された場所です。

この時点でちょっと感動。東京周辺にも大規模な住宅地はたくさんありますが、都市部から近い場所にここまで山にへばりつくような住宅地ってあんまりない気がします。

a0332275_00542853.jpg

少し進むと広場に到着。ゆとりを持った配置で、さすがURが整備した街だなと感じました。


a0332275_00554678.jpg

しかし行けども行けども坂道ばかり。丘陵地に住んでいる私でも息が切れました。

建ち並ぶ住宅はどこも広いです。


a0332275_00585962.jpg

さらに山を登って行くと見えてくるのはなんとソーラーパネル

航空写真を見るともっとわかりやすいです。

どうも宅地として整備したものの家が建たなかった場所をこうしているようです。バブル期の産物などと書かれたサイトもありますね。

a0332275_01053099.jpg

凄い場所だなぁと見とれていたら帰りに乗ろうとしていたバスが行ってしまいました。

こうした山にへばりつく住宅はここだけでなく、この地域にはそこそこたくさん見つかります。都市部と山が近い大阪~神戸界隈の特徴なのかなとも思います。

できれば、車でじっくりと何箇所か回ってみたいものです。

このあと歩いて駅まで戻りました。


a0332275_01101824.jpg

次に向かったのが隣の駅「武田尾駅」。

この駅も新線のトンネルとトンネルの間にありますが、それだけでは足りず、ホームがトンネル内にも設置されています。


a0332275_01130121.jpg

この駅は西宮名塩駅とは対照的な秘境駅。周辺に住宅はほとんどありません。駅員は不在で1日に700人程度の利用があるようです。(意外と多いと思いました)


a0332275_01143987.jpg

駅の下を流れるのが武庫川で、線路が付け替えられる前のJR宝塚線(旧線)はこの川沿いに走っていました。

旧線時代にもちょっと離れたところに武田尾駅があったそうです。

旧線(廃線)は現在ハイキングコースとなっていて、ちょっとした人気スポットのようですね。

撮影日:2019年3月13日 記載内容は執筆時または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2019-04-17 00:00 | 散策 | Comments(0)

['19春関西旅3] 関西の私鉄旅

関西旅3日目です。2日目に泊まった滋賀県大津からスタートです。

これまで青春18きっぷを利用してきましたが、3日目は使わずに基本的に私鉄に乗ることにします。

旅のようす
19関西旅
この記事は画像が多いです。スマホ版ではスクロールを下に進めると順次画像を読み込みます。データ容量が気になる方はWi-Fi環境下等でご覧ください。
a0332275_18105091.jpg

大津からスタート。

すぐに京阪京津線に乗車して滋賀県から脱出します。

京阪京津線は道路との併用区間があったり、旧カーブがあったり、上り坂があったり、面白い路線でした。


京阪京津線
びわ湖浜大津駅(7:49)
[0705 京都市役所前行き]
御陵駅(8:08)
a0332275_18375136.jpg

御陵駅で下車。ここで日本最初のRC橋を見ました。

当初近くの天智天皇陵でも見て行こうかと思っていたんですが、面倒くさくなったのでやめました。


京都市営地下鉄東西線
御陵駅(8:39)
[京都市役所前行き]
蹴上駅(8:42)

蹴上駅からは琵琶湖疎水を散策。神宮丸太町駅まで歩きました。

蹴上駅は京都市内にあり、エスカレータは東京と同じく左側に乗るようです。

a0332275_19140259.jpg

途中、琵琶湖疎水沿いにある平安神宮に参拝。

ただ広いだけ…というか、日本人より外国人の方が多く、でも観光客は少な目です。


a0332275_19161287.jpg

神宮丸太町駅からは京阪本線に乗車。


京阪本線
神宮丸太町駅(8:39)
[K1001A 準急 淀屋橋行き]
伏見稲荷駅(8:42)
a0332275_19194665.jpg

伏見稲荷に到着。京都の観光地で行きそびれていた場所です。

まぁ人が多いこと・・・


a0332275_19212126.jpga0332275_19212124.jpg

満足。


a0332275_21025738.jpg

再び伏見稲荷駅に戻って北へ。

昔の小田急みたいな顔の車両がやってきました。


京阪本線
伏見稲荷駅(11:49)
[K1006Z 準急 出町柳行き]
祇園四条駅(11:57)
a0332275_21081665.jpg

初めての阪急

「〇号線」や「"ただいま"発車します」という言い回しに凄い違和感を感じました。


阪急京都線
河原町駅(12:05)
[207 準急 梅田行き]
大宮駅(12:08)
a0332275_21125921.jpg

嵐山本線に乗車。もう少し長い電車だと思っていました。都電荒川線みたいでしたね。京都の市内をするするっと抜けていく感じが面白いです。


京福嵐山本線
四条大宮駅(12:14)
[1203 嵐山行き]
嵐山駅(12:38)
a0332275_21322246.jpg

中学校の修学旅行で行きそびれていた嵐山に到着。京都らしい場所でした。


a0332275_21322223.jpg

渡月橋も初めてきました。


a0332275_21455799.jpg

再び阪急に乗車。

途中、桂駅・高槻市駅で乗り換えました。さっきの蹴上駅では左側に乗っていたエスカレータは桂駅では右側に。右と左の境界はどこにあるんだ?


阪急嵐山線
嵐山駅(12:57)
[72 桂行き]
桂駅(13:05)
阪急京都線
桂駅(13:08)
[225 特急 梅田行き]
高槻市駅(13:20)
阪急京都線
高槻市駅(13:22)
[227 準急 梅田行き]
南茨木駅(13:30)
a0332275_21545077.jpg

南茨木駅からは大阪モノレールに乗り換え。最近延伸の話が出ていましたね。

大阪モノレールの車内放送はなんと多摩モノレールと同一人物。ちょっと感動しました。


大阪モノレール
南茨木駅(13:35)
[1304 大阪空港行き]
万博記念公園駅(13:41)
大阪モノレール
万博記念公園駅(13:53)
[1345 彩都西行き]
彩都西駅(14:04)

彩都ではニュータウンを散策。別に記事にしているので参照してください。

a0332275_22052058.jpg

彩都西からモノレールで千里中央に行こうと思ったら、偶然バスで千里中央行きが来たので乗車。

今回の旅では3つ目の路線バス乗車ですが、旅先で路線バスに乗るのってわりとスリリングですよね。


阪急バス
彩都西駅(14:40)
[彩都粟生北五丁目経由]急行
千里中央

同じく千里でもニュータウンを散策。

a0332275_22144149.jpg

千里中央から北千里まで歩き、再び阪急に乗車。


阪急千里線
北千里駅(16:07)
[2061 普通 梅田行き]
十三駅(16:33)
a0332275_22200758.jpg

聞いたところによると、阪急は日中の走行中に車内の照明を切るらしく、東日本大震災後の関東の私鉄もこうだったなぁと思いだしてしまいました。

あと関西って網棚の利用率低くないですか?気のせいかな?


阪急宝塚線
十三駅(16:38)
[普通 梅田行き]
中津駅(16:40)
a0332275_22272365.jpg

梅田駅のお隣の中津駅で下車。中川家の漫才でネタにされている狭いホームを堪能しました。(中津行きでネタにされる方の中津駅は御堂筋線)

大ターミナルの隣の駅って不思議な駅が多いですよね。

阪急宝塚線
中津駅(16:50)
[298 普通 梅田行き]
梅田駅(16:53)
a0332275_22322445.jpg

阪急の梅田駅は凄い駅だ・・・


阪急神戸本線
梅田駅(17:10)
[311 特急 新開地行き]
神戸三宮駅(17:38)
a0332275_22370475.jpg

わずか1駅だけですがポートライナーに乗車しました。


ポートライナー線
三宮駅(17:45)
[257 神戸空港行き]
貿易センター駅(17:48)

貿易センター駅からは一番短い国道を見ました。

三ノ宮駅に戻ります。帰りはさすがにポートライナーに乗る必要のない距離だなと思い、歩いて戻ることにしました。歩いている最中に、次の日行く予定だったJR和田岬線にこれから行こうと気持ちが変わり、急きょ地下鉄に乗車。

a0332275_22421524.jpg

あまり人が乗っていないと聞いていた地下鉄湾岸線ですが、本当に人が少なかったです。帰宅時間だと思うのですが。


地下鉄湾岸線
三宮・花時計前駅(17:41)
[186 新長田行き]
和田岬駅(17:49)
a0332275_22501991.jpg

和田岬駅に到着。和田岬駅にはJR線も来ています。

JRの和田岬駅は兵庫駅から1駅だけ盲腸のように伸びている通称和田岬線で、完全な通勤向け鉄道になっています。関東で言う鶴見線みたいな存在ですかね。

JRの和田岬駅は駅舎すらない駅です。改札などは兵庫駅ですべてやっちゃうようです。

そしてやってくる電車は103系。懐かしい電車です。

a0332275_22544276.jpg

兵庫駅の改札が車両先頭側にあるせいか、旅客は先頭車両に固まっているようで、発車数分前まで最後尾車両はガラガラでした。

扇風機のついている電車もあまり見なくなっちゃいましたね。


和田岬線
和田岬駅(19:07)
[544M 普通 兵庫行き]
兵庫駅(19:12)
神戸線
兵庫駅(19:16)
[820T 快速 米原行き]
神戸駅(19:18)
a0332275_23012032.jpg

誰かと一緒に来たかったな。

長くなりましたが3日目終了です。(電車ばっかり乗ってますね)

撮影日:2019年3月12日 記載内容は執筆時または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2019-04-14 00:00 | 散策 | Comments(0)

日本一短い国道 国道174号線を踏破!

旅は神戸へ。

神戸と言ったら・・・日本一短い国道でしょう!

ということで、神戸の中心「三ノ宮」から南へ1キロほど。現地に到着です。

こちらが国道2号線と交わる税関前交差点です。

写真奥が目的の国道174号線174。書類上こちらが終点のようなので、起点を目指していきましょう。

ここで文句を書いておきます。
先月のGoogleマップ改悪で、Googleマップ上で国道174号線は国道の色付けがされなくなってしまいました。

a0332275_00414397.jpg

税関前交差点を出ると阪神高速3号神戸線3浜手バイパスの高架下に。

日本一短いのに、レーンは上下線合わせて11レーンもあります。

道路の両脇にはデザイン性のある照明が設置されています。神戸の夜景って暖かい色が使われていて綺麗ですね。

a0332275_00591644.jpg

さて、どこかに国道の標識が・・・?

a0332275_00591680.jpg

なぜ横を向いてる!?

ぶつけられたのかな・・・残念。

a0332275_01110043.jpg

わざわざこのような看板まで設置してあるのも、わかっていらっしゃる。。。

国道の看板(おにぎり)も付ける意味そんなに無いと思うんですけどね。


a0332275_01152024.jpg

税関本庁前交差点を横切ります。まだスタートから100mくらいしか来てません。地図によってはここが起点になっているものがありますが、もう少し続くのが正解です。

ちなみに正面の建物が神戸税関です。良い建物ですね。

税関の建物を右手に見ながら・・・すぐに起点に。

a0332275_01405787.jpg

どうも、奥の第3突堤交差点までが国道というわけではないようで、手前40mほどの地点が起点だそうです。

ちなみにこの先まっすぐ行くとすぐにフェリー乗り場があります。


a0332275_01532404.jpg

起点から終点方向を振り返りました。反対側の歩道なら起点から終点まで見通せそうです。

この道路について「徒歩2分で踏破可能」などとかかれたサイトがありますが、私は片道で30分かかりました

撮影日:2019年3月12日 記載内容は執筆時または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2019-04-09 00:00 | 散策 | Comments(0)

千里ニュータウン訪問

先月の関西方面の旅、彩都に訪れた後は、ニュータウンを語るうえでは欠かせない千里ニュータウンに行くことにしました。

関西方面の旅まとめ
19関西旅
a0332275_22080099.jpg

千里ニュータウンは約1,160haにも及ぶ開発が行われましたが、今回は時間の都合上、千里中央駅から北千里駅まで歩くだけとなりました。1日かけて巡る日程を組んでもよかったかなぁと、これを下記ながら思っているところです。

千里ニュータウンといえば、日本最初の大規模ニュータウン開発であり、日本で最初に新住宅市街地開発法の適用を受けて開発が行われた場所であります。昭和30年代より開発が行われました。

いろいろ書くべきことはあると思いますが、説明は外部サイトにお任せすることにします。

a0332275_22150917.jpg

▲千里中央駅から北千里駅を目指す

彩都から路線バスで千里中央駅に到着し、ちょっと駅前を見た後は北千里駅を目指します。

千里中央駅は想像以上に大きな駅で驚きました。なのに、写真を撮り忘れました。なんてこった。

左にはUR新千里北町団地があり、右側にはヤマダ電機があります。新千里北町団地は当初と変わらない建物のようですね。

a0332275_22272220.jpg

▲新しい建物も並ぶ

左の建物はパークハウス千里中央のサザン・レジデンスです。2011年に竣工。少しずつ建て替え箇所もあるようです。

道路脇には緑地帯が設けられています。どこか多摩ニュータウンに似ているところがありますよね。


a0332275_22340974.jpg

▲千里東3丁目交差点

大通りの交差点、千里東3丁目交差点です。


a0332275_22360272.jpg

▲北千里小学校グラウンド跡地

北千里小学校は近隣2つの小学校の児童数増に伴い中間に建設されたもので、児童の減少で2009年に閉校となったそうです。大規模開発ではよくあるパターンですね。

写真左側にグラウンドが、右側に校舎があって、写真の横断歩道橋で結ばれていたそうです。

このような学校の統廃合と跡地利用は多摩ニュータウンでも見ることができます。

a0332275_22450657.jpg

▲北千里駅に到着

北千里駅に到着。駅の規模としては多摩ニュータウンで言えば京王堀之内駅くらいかなぁと思ったら、乗降人員も同じくらいでした。商業施設は北千里のほうが多い気がします。(京王堀之内はロードサイド店が多いですね)

でもやっぱりもうちょっとたくさん千里巡りをしたかったですね。また行こう。

撮影日:2019年3月12日 記載内容は執筆時または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2019-04-08 00:00 | 散策 | Comments(0)

国際文化公園都市「彩都」訪問

今回の関西旅では何箇所かニュータウンを訪問しました。愛知では名古屋郊外の「高蔵寺ニュータウン」に訪問したのは既に公開しています。

2箇所目の訪問は大阪郊外の「彩都」です。以前地図で見てずっと行ってみたかった場所です。

a0332275_15522252.jpg

彩都の説明は外部サイトにお任せします。

1994年に事業認可を得て、特定土地区画整理事業により事業を行っています。西部・中部・東部地区がありますが、今回は交通の利便性がよく事業が進んだ西部地区をちょっとだけ見ました。全部見るなら車が必要でしょう。

a0332275_16441291.jpg

国土地理院撮影の空中写真(1982年撮影)

ちなみに開発前の航空写真はこんな感じです。

a0332275_16104093.jpg

万博記念公園駅から大阪モノレールの国際文化公園都市モノレール線に乗車し彩都を目指します。

この駅の東側にはモノレールが分岐する壮大な立体交差があります。よく乗る多摩モノレールにはこれほどのは無いのでちょっと興奮しますね。

a0332275_16140025.jpg

やってきたモノレールは彩都西行き。日中は線内完結の列車が20分間隔で運行されています。朝夕は本数も増え、千里方面直通列車もあります。


a0332275_16205449.jpg

ガラガラの車内で終点の彩都西駅に到着。かつては東部地区への延伸も計画されていたようですが、現在は断念されています。

ここから暫く駅周辺を散策してみます。


a0332275_16244497.jpg

駅を出て西へ。無電柱化された広い道路で構成されています。

向こうの山の上の方に建物がポツポツ見えていますが、あそこも彩都です。


a0332275_16282189.jpg

彩都やまぶき交差点

コンビニエンスストアや沿道型のショッピング施設が出店されています。どうも車移動を必要とした街づくりに見えます。

戸建て住宅やマンションも立ち並んでいます。


a0332275_16305406.jpg

地区を流れる川合裏川。かなり急峻な川です。

大阪梅田から直線距離で17kmほどの場所で、これほど急峻な地形なのには、逆に関東平野の広さを感じます。


a0332275_16374929.jpg

彩都西駅の西側にある彩都西公園です。

園内には地形を生かした長いローラー滑り台がありました。


a0332275_16412245.jpg

再び駅に戻りました。駅東側には交通広場があり、そばに平和堂フレンドマートを核テナントとした商業施設がありました。裏側には大きな駐車場を備えています。

当初はこのままモノレールに乗って千里に行こうかなと思っていたのですが、ここで千里行きの路線バスがあり、そのバスがサイトの未分譲地を経由する便だとわかり、乗ってみることにしました。

a0332275_16454798.jpg

阪急バス、彩都粟生北五丁目経由 急行 千里中央行き。

さっき見た、山の上の方を経由する便です。わずか自分含め乗客2人で発車。


a0332275_16474386.jpg

彩都粟生北五丁目バス停付近。バス停車中に後方より撮影しています。さっきの1名の乗客が降りて、ここから車内は私一人です。

道路だけがあって、沿道は未開発。稲城南山を思い出させます。


a0332275_16514011.jpg

積水ハウスによる分譲地もありました。まだまだ家は少ないですが、そのうち埋まるのでしょう。眺めは非常にいいです。

今後が楽しみな街区です。


a0332275_16555057.jpg

ちょっと行くと分譲済み街区も広がります。

ちなみに彩都のこのあたりは、ちょっと前に放送されていたサカイ引越センターの子供が「パンダ!」と興奮するCMのロケ地でもあります。

そんなこんなでバスに揺られて彩都を後にしました。もうちょっと見たかったですね。10年後来たら景色が変わっているでしょうか?

撮影日:2019年3月12日 記載内容は執筆時または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2019-04-03 00:00 | 散策 | Comments(0)

琵琶湖疎水を散策し日本初のRC橋などを見た

なかなか完結しなくてすみません。関西方面への旅。2日目に大津に宿泊し、3日目の旅程スタートです。

一連の旅の記事はこちら
19関西旅

3日目の旅の流れは別の記事でまとめます。

「京都の名所」みたいなところは中学校の修学旅行で訪れていて、2度も行く気にはならなかったので、ちょっとディープな場所に行ってみることにしました。といっても、そんなに京都は詳しくないのでそんなにディープじゃない気もしなくもない。あと修学旅行で行かなかった伏見稲荷や渡月橋には行ったので矛盾している。

ということで、京都の東側にある御陵みささぎで降りて琵琶湖疎水を散策することにしました。

a0332275_00301974.jpg

御陵駅で降りてちょっと歩くと琵琶湖疎水が見えてきます。琵琶湖疎水といえば大津から始まっていますが、そこは見るのを忘れちゃいましたね。

ここにあるのが「日本初のRC橋」。

RCとはReinforced-Concrete=鉄筋コンクリート、すなわちRC橋とは鉄筋コンクリートでできた橋のことです。

こんなところにそんな橋があるのかと、最初存在を知ったときに驚きました。

a0332275_00405406.jpg

これがその橋。どうやら現在は鋼で覆われているようですが、今でも現役の橋です。ショボいといえばショボい。

橋の幅は人が一人歩ける程度です。がっしりしています。


a0332275_00470031.jpg

第11号橋というようです。これのほかに石碑も建っていました。

とはいっても、ここにはこれ以外ほとんど何もないので、わざわざこれを見に来るのは物好きしかいないかもしれませんね。

調べていたら長崎にある橋が日本初のRC橋だというサイトが見つかったんですが、まぁ看板にもここが日本初と書いてあるのでそれで良しとしましょう。

a0332275_00491898.jpg

さて、御陵駅に戻って、京都市営地下鉄で隣の蹴上けあげへ。ここから鴨川まで降りていきます。

御陵駅からすぐの交差点の角にあるのが蹴上発電所です。日本初の事業用水力発電所で、1891年に運転を開始してから今も現役です。

土木学会選奨土木遺産です。琵琶湖疎水自体が土木を語るうえで貴重なものが多いですね。

申し込めばガイドがあるようですが、今回は外から建物を眺めるだけにしました。

a0332275_00572011.jpg

蹴上発電所から道路を挟んで隣にあるのがインクラインです。ブラタモリでも取り上げられていましたね。

この蹴上付近には高低差があって、琵琶湖疎水の船が通れないことから、ここにはレールを敷いて船を乗せて上下したということです。

現在は役目を終えて遊歩道になっています。ガードパイプで塞がれていて、ここに入っていいのかわからず最初は外から眺めていたんですが、「線路なう」はしていいらしいです。

ちなみにここは桜の名所らしいですね。行ったのは3月12日でしたから、蕾は色づいてすらいませんでした。

a0332275_01032721.jpg

看板です。


このインクラインを下りきったところに琵琶湖疎水記念館があります。琵琶湖疎水の資料館で勉強になりますよ。写真は撮っていないので割愛。

a0332275_01065735.jpg

疎水は銀閣の方に北進する流れもあるようですが、水路幅の広い丸太町方面へ。

桜の時期に来たら綺麗でしょうね。ちょうど記事を出した今頃がシーズンかなぁ・・・

この日は朝は小雨がぱらつく天気でした。

a0332275_01102861.jpg

琵琶湖疎水に沿って歩いていくと、平安神宮の西側で幅が広くなりました。


a0332275_01115955.jpg

ここにあるのが夷川えびすがわ水力発電所です。

a0332275_01125329.jpg

1914年に建設された水力発電所で、機器の更新は行われていますが、現在も現役の関西電力の発電所です。

出力はわずか300kW。同じ関西電力の黒部川第四発電所(黒部ダムの発電所)の最大出力は33万5000kWらしいので、その規模の小ささはよくわかるでしょう。

この発電所の存在を知ったのは中学校の修学旅行の時で、近くのホテルで泊まったときに抜け出して行きたいと先生に交渉したものの断られましたね。そりゃそうか。ということでやっと来ることができましたとさ。
関係ないですがその時のホテル、いま見たら1泊2万円と。昨今の旅行者増も影響してるかもしれませんが、かなりいい宿だったんだなぁ…

撮影日:2019年3月12日 記載内容は執筆時または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2019-04-02 00:00 | 散策 | Comments(0)

['19春関西旅2] 伊勢参りへ

関西旅2日目、今春の18きっぷ利用3日目です。

前回、東京から四日市へ移動し、今回は伊勢参りをして滋賀県へ行きます。

a0332275_15401459.jpg

▲近鉄四日市駅

泊まっていた四日市からスタート。伊勢を目指します。

①すべてJRで行くか、②伊勢鉄道→JRで行くか、③近鉄→JRで行くか、④すべて近鉄で行くか、ホテルを出るまで迷ったのちに③で行くことにしました。近鉄は18きっぷ使えませんがいいでしょう。

近鉄四日市駅に到着。パタパタが残っていてちょっと感動。

近鉄名古屋線
近鉄四日市駅(7:06)
[635列車 急行 伊勢中川行き]
津駅(7:32)
a0332275_15512796.jpg

▲津駅到着

あっという間に津駅に到着。三重県の高校入試日だったらしく多くの中学生が乗っていました。

それにしても津よりも四日市の方が栄えているんですね。


a0332275_15532350.jpg

▲紀勢本線に乗る

JRに乗り換え。こちらは電化されていなく気動車がやってきます。


紀勢本線・参宮線
津駅(8:02)
[913D 普通 伊勢市行き]
伊勢市駅(9:13)
a0332275_15574694.jpg

▲伊勢市駅

1時間以上かけて伊勢市駅に到着。単線なので列車交換などたくさんありました。列車はガラガラです。

この辺の駅は「駅らしい」造りの駅が多くて好みですね。ここから伊勢参りをします。

a0332275_16061645.jpg

▲外宮へ

駅前にはいきなり鳥居があります。

そもそも伊勢神宮は外宮と内宮にわかれています。外宮は駅から徒歩数分のところにあり、内宮はバスに乗ってちょっと行った場所にあります。


a0332275_16081579.jpg

▲外宮へ

すぐに外宮の入口に到着。


a0332275_16093416.jpg

▲外宮 豊受大神宮

外宮の豊受大神宮に到着。

そのほか外宮を一通り回って内宮に移動します。


外宮前からバスに乗り、内宮へ移動。

a0332275_16125974.jpg

▲内宮の入口

こっちのほうが圧倒的に人が多いですね。写真でよくみたところで、来たかった場所にやっと来ることができました。次は出雲に行きたい。


a0332275_16141449.jpg

▲内宮 皇大神宮

良い場所です。


a0332275_16154517.jpg

▲内宮の前

内宮の前をぶらぶら。早朝は天気が心配でしたが、すぐに晴れていい天気でした。そのころ東京では大荒れだったようですね。


a0332275_16165227.jpg

▲伊勢うどん

うまい。


a0332275_16174606.jpg

▲参宮線

再びバスで伊勢市駅に移動。JR線に乗って戻ります…


紀勢本線・参宮線
伊勢市駅(11:56)
[922C 普通 亀山行き]
亀山駅(13:43)
a0332275_16212164.jpg

▲亀山駅

関西本線の要衝だと思うのですが静かな駅でした。2番線の屋根は大正2年に建築されたものだそうですよ。


a0332275_16230444.jpg

▲関西本線

乗り換えるのは関西本線の奈良方面。ここから先はJR西日本になります。

やってきた列車は1両編成のディーゼル車。関西本線はいろいろな車両が来ます。


関西本線
亀山駅(14:14)
[245D 普通 加茂行き]
柘植駅(14:39)
a0332275_16271416.jpg

▲草津線に乗り換え

草津線に乗り換え。左の緑色の電車に乗ります。(右の列車は亀山行きの交換列車)

柘植(つげ)駅は小さな乗換駅でした。


草津線
柘植駅(15:01)
[5367M 普通 草津行き]
草津駅(15:48)
a0332275_16311295.jpg

▲草津駅

草津駅に到着。群馬県じゃないです。

ここでは天井川跡を見に行きました。別記事に書いているので参考まで。


東海道本線
草津駅(16:42)
[803T 普通 網干行き]
大津駅(16:57)
a0332275_16363721.jpg

▲大津駅

県庁所在地「大津」・・・あれ・・・想像以上に栄えてないぞ・・・

今日は大津に宿泊予定です。適当に飲食店を探しつつ、大津を散策しました。


a0332275_16384496.jpg

▲びわ湖浜大津駅

大津名物といえば京阪京津線


a0332275_16393482.jpg

▲京阪京津線

普通の電車が道路の真ん中を走って行く景色は壮観です。

そんなこんなしながら、びわ湖浜大津駅周辺を散策したのですがなかなか飲食店を見つけられず・・・結局スーパーで弁当を買ってホテルで食べましたとさ。こんな旅もいいものですよ。


撮影日:2019年3月11日 記載内容は執筆時または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2019-03-31 00:00 | 散策 | Comments(0)

['19春関西旅1] 名古屋・四日市へ

旅を時系列に並べるは面白くないので載せるつもりはなかったのですが、記録として載せておきます。

関西方面に行ったことを小出しに記事にしていますが、総括として掲載します。今回も18きっぷを使いました。

a0332275_16481363.jpg
京王相模原線
若葉台駅(4:38)
[6701 各駅停車 橋本行き]
橋本駅(4:53)

お決まりの京王相模原線一番列車に乗車。なんとラッピング車両でした。10両編成。

私を入れて乗客2人で発車し、途中各駅で客を乗せながら橋本駅に到着です。

a0332275_17053341.jpg
相模線
橋本駅(5:12)
[578F 各駅停車 茅ヶ崎行き]
茅ヶ崎駅(6:09)

橋本駅から18きっぷの利用を開始。相模線に乗車です。この電車は相模線橋本駅を1番目に発車する電車です(茅ヶ崎駅には2番目に到着)。

単線のわりに軽快に走る相模線。茅ヶ崎までほぼ下り坂です。

a0332275_17094945.jpg
東海道本線
茅ヶ崎駅(6:15)
[321M 普通 沼津行き]
沼津駅(7:27)

茅ヶ崎駅からはJR東海管内直通、沼津行きに乗車。朝早い割に乗車率が高く、席が埋まるくらいの乗車で、私が座れたのは国府津駅からでした。

この列車は東海道線の東京駅を1番最初に出る電車のようで、その影響もあっての混雑かもしれませんね。

a0332275_17143190.jpg
東海道本線
沼津駅(7:30)
[5371M ホームライナー静岡31号 静岡行き]
静岡駅(8:16)

沼津からはホームライナーに乗車。特急並みのスピードと停車駅で静岡までワープです。もちろんリクライニング席。

乗車には乗車整理券が必要です。この前静岡の東海道線の駅降りる旅をしたのは整理券を買う目的もありました。

乗車整理券は当日ホームでも買えますし、車内でも買え、またそんなに混んでいませんでした。乗換時間は3分だったので、東京方面からは階段に近い1番前の車両に乗るのがお勧めです。(駅の放送で乗換時間がないので車内で乗車整理券を買うように何度もアナウンスがありました)

東海道本線
静岡駅(8:18)
[5737M 普通 浜松行き]
浜松駅(9:32)

淡々と乗換です。乗換に集中していて車両の写真は撮っていません。

a0332275_00065378.jpg
東海道本線
浜松駅(9:44)
[5117F 特別快速 大垣行き]
金山駅(11:07)

浜松駅からは特別快速に乗車。浜松~豊橋駅間はロングシート車両が多いですが、この列車は豊橋駅以西の特別快速の運転区間が延長され、転換クロスシートの車両です。

名鉄名古屋本線
金山駅(11:19)
[準急 中部国際空港行き]
神宮前駅(11:21)

当初は名古屋駅に行こうと思っていたものの、名古屋行ってもつまらないと思ったので金山駅で下車して少し戻ります。

a0332275_00351329.jpg

ということで熱田神宮

大きな神社で、雨の中しっとりとした雰囲気でした。


東海道本線
熱田駅(12:01)
[3127F 普通 岐阜行き]
金山駅(12:03)
a0332275_01005439.jpg

金山駅すぐのうどん店で讃岐うどんをすすります。名古屋に来て きしめん でもなく うどん を食べる男。

はなまるうどん みたいなシステムの安いお店でしたが、これがうまいんだわ。

東京だとこういうお店は蕎麦が多い気がするんですが、東京離れると蕎麦の力が薄れるのは面白いですよね。

a0332275_01073310.jpg
中央本線
金山駅(12:28)
[5717M 快速 中津川行き]
高蔵寺駅(12:50)

全然早くない快速(東京の快速も早くない)に乗って高蔵寺へ。高蔵寺ニュータウンに行った様子については別記事に載せています。

a0332275_01135953.jpg
中央本線
高蔵寺駅(14:46)
[5736M 快速 名古屋行き]
大曽根駅(15:00)

当初の予定から外れて、大曽根駅で途中下車し、とある乗り物に乗ってみようと思います。

ガイドウェイバスに乗車
a0332275_01272391.jpg

大曽根駅で降りて高架を上がるとあるのがガイドウェイバスです。

ゆとりーとラインという愛称が付けられた案内軌条式のバスです。

特に目的地は無く、これに乗ってみたかっただけなので、2つ先の砂田橋で下車し折り返します。

a0332275_01363455.jpg

ガイドウェイバスの軌道を見てみるとこのような感じで、ゆりかもめや日暮里・舎人ライナーの軌道に似ています。

a0332275_01383525.jpg

さて、大曽根行きが到着。中扉から乗って前扉から降りるという、乗車方法はバス同様。運賃支払いもバス同様。車両もほぼバス同様です。

この車両は一般道も走ることができ、先ほどまでいた高蔵寺まで行くバスも運行されています。

ちょっと違うのは、速度標識が鉄道であることですかね。車社会名古屋ならではの乗り物なのかもしれませんね。

このほか右折レーンが特殊な配置の道路も見に行こうかと思いましたがやめました。

a0332275_01423494.jpg

「乗車方法はバス同様」などと書きましたが、一部時間帯は車外収受もするみたいです。


中央本線
大曽根駅(15:29)
[3158M 普通 名古屋行き]
名古屋駅(15:42)
a0332275_01462575.jpg

リニアができて変わりそうな方角。雨が降っていなかったら近くまで行ったけど、面倒くさいのでこれでいいや。


a0332275_01494579.jpg
関西本線
名古屋駅(16:14)
[2315M 快速 亀山行き]
四日市駅(16:51)

四日市あたりまで複線だったと思ったのに単線区間があって驚きました。快速なのに列車待ち合わせの停車があります。

a0332275_01543651.jpg

雰囲気が良すぎる四日市駅です。近鉄四日市駅と比べるとショボいですけどね。

ここから近鉄四日市駅方面に徒歩で移動します。ちょっと離れているんですよね。


a0332275_01572979.jpg

途中で矢印だけが巨大化した信号機を発見。こんな信号機があるのは知っていましたが、こんなところで見られるとは。


a0332275_02000309.jpg

その後、あすなろう鉄道に乗車し、四日市に宿泊です。想像以上に大きな街で驚きました。


撮影日:2019年3月10日 記載内容は執筆時または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2019-03-25 00:00 | 散策 | Comments(0)

天井川だった草津川を散策

旅は草津へ。群馬の草津ではなく、滋賀の草津です。

ここ草津と言えば何といっても天井川跡。地理オタクには見ておかなきゃならないスポットでしょう。

a0332275_17070504.jpg

東海道線の草津駅で下車。ここから歩いて天井川を目指します。


a0332275_17095779.jpg

10分ほどで天井川に到着です。

写真のこれは堤防です。


a0332275_17114578.jpg

そもそも天井川とは「河床が周辺の平面地よりも高くなった川」のことです。川の名前ではありません。

上流からの土砂の堆積→堤防を高くする→上流からの土砂の堆積・・・を繰り返すことによって徐々に河床が高くなり形成されます。

ちなみに、昨年春には山梨県の印川という小さい川の天井川を見に行きました。

a0332275_17184518.jpg

堤防に上がってみると、そこには水は無く公園となっていました。

というのも天井川は危険であることから、2002年に新しい河川に付け替えられ、ここは廃川となりました。現役だったときに見に来たかったものです。


a0332275_00014686.jpg

案内板によると水が流れていた当時はこのような景色でした。

a0332275_00082790.jpg

ちなみに廃川の公園は「de愛ひろば」と名付けられているようです。多くの人が散歩をしたり、遊んだり良いスペースになっていました。


a0332275_00112734.jpg

まだまだ整備がされていない区間もあり、川表の法面が現役だった当時の面影を残しています。工事中で立ち入れませんでしたが、そのうちさっきの公園みたいになるのでしょうか。


a0332275_00041813.jpg

天井川と言えば、川の下を通る道路や鉄道も目が離せません。

こちらは草津川隧道といiい、道路は中山道の旧街道です。昔はここに草津宿があったようで、かつてはこのトンネルの先で東海道と中山道が合流していました。トンネルができたのは明示に入ってからのようです。

ここは川に水が流れなくなってもそのままトンネルとして残されています。綺麗に再整備されていますし、今後もこのままにするんでしょうね。面白いです。

旧草津川には東海道本線の鉄道トンネルもあり、帰りに見ようと決めていたのにすっかり忘れていて撮影できていません。

a0332275_00303140.jpg

一方、現役の東海道1はというと、このようになっていました。

こちらは数年前までトンネルがあって、川の下をくぐっていたのですが、トンネルは無くなり歩行者用の橋が架けられている最中でした。

Googleマップのストリートビューで過去の写真を見ると、時系列でトンネルが無くなっていく様子が見られるので面白いですよ。

a0332275_00350978.jpg

構造形式は「鋼フィーレンデール橋」というもので、日本ではあまり見ない構造です。


a0332275_00422543.jpg

この東海道1からは川の断面を見られます。なかなかこういうのも無いんじゃないんですかね。本当に面白いです。また何年か後に来たいですね。


撮影日:2019年3月12日 記載内容は執筆時または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2019-03-23 00:00 | 散策 | Comments(0)

高蔵寺ニュータウン 訪問

今回の関西方面旅行では何箇所か「ニュータウン」に訪問しました。

a0332275_23515197.jpg

地図:OpenStreetMap

1箇所目に訪問したのが高蔵寺ニュータウンです。

名古屋圏を代表するニュータウンで、JR中央線で多治見方面に向かい、高蔵寺駅で降りた北側に位置します。春日井市です。

開発面積702ha、1968年に入居を開始し、現在の人口は約4万2千人です。公団が土地区画整理事業によって整備を行いました。

春日井市のHPによれば多摩・千里とあわせて「日本三大ニュータウン」に数えられるようですが、定義は不明です。まぁ多摩と千里は異論ないと思うのですが、他は千葉、つくばとかありそうです。

a0332275_00013913.jpg

名古屋駅からJR中央線快速に乗車し26分ほどで高蔵寺駅に到着します。快速と言っても名古屋~多治見間13駅(起終点含む)のうち4駅しか飛ばさないのですが。

高蔵寺駅はJRの他に愛知環状鉄道線も乗り入れています。改札は地下にありました。

多摩ニュータウン近隣に住む私としては、駅の利用者がかなり少ないな……という第一印象でした。

a0332275_00241190.jpg

駅の南北には駅前広場があり、特に高蔵寺ニュータウンの位置する北側には大きな広場がありました。

広場にはバスに乗車するためのがいくつかあり、先ほどの駅の地下道から直接島に上がれる構造になっていました。

ただ駅前に大きな商業施設は無く、非常に静かな印象でした。このニュータウンの中心に鉄道がとおっていないのも特徴の1つでもあります。

a0332275_00290080.jpg

駅前の大通りを通って、ニュータウンの中心部へ歩いて向かってみることにしました。

このような4車線の道路の坂道を登って行きます。交通量は少な目です。

奥には高座台の高層住宅が見えています。画像右側の森は高座山に繋がる部分で、その裏側には高蔵寺分屯基地があります。基地はかつて移転する計画だったようです。

a0332275_00351902.jpg

坂を上りきり高蔵寺駅方向に向いてみると、山がどどんと見えました。東谷山というのでしょうか?山がすぐそばに見えるのは少し新鮮です。

JR中央線の高蔵寺駅の隣の駅は急に秘境駅らしくなるんですよね?行ってみれば良かったかなぁ?

a0332275_00390414.jpg

ニュータウン内には4車線~6車線の幹線道路が配置されています。これらはかつての谷筋や尾根筋に配置されたようです。

緩衝地帯としての目的なのかわかりませんが、幹線道路脇には広々とした緑地帯が配置され、ゆったりとしていました。

a0332275_00512183.jpg

写真は岩成台と呼ばれる地区で、戸建て住宅が占められています。街路も家も広々としていました。

やはり車社会の土地なのか、自動車2台以上は当たり前、3台もよく見る家が多く、もちろんトヨタ車が多い印象を受けました。印象ですけどね。

a0332275_00541221.jpg

こちらも同じく岩成台ですが、URの昔ながらの団地もありました。

地区内には遊歩道がめぐらされています。


a0332275_00580428.jpg

地区内には愛知用水が通っていて、高蔵寺ニュータウン内には開水路となっている箇所があります。

この用水の存在がこの地を開発する理由の一つとなり、水源として大きな役割を果たしています。

今では写真のようにフェンスで厳重に囲われていますが、当初は無かったらしいです。静かな水面の流れを見ると少々恐怖感が出てきます。

a0332275_01102788.jpg

フェンスに取り付けられていた看板です。


a0332275_01112652.jpg

案内標識には「」の付く地名がたくさんあります。先ほどの岩成台もそうですが、高蔵寺ニュータウン内はこのような地名になっています。


a0332275_01131725.jpg

中心地区にやってきました。

商業施設が集積しています。どこも駐車場が広く、車社会なのかなぁと感じました。ただ、ここを撮影しているのはペデストリアンデッキ(歩道橋)であり、歩行者通路も張り巡らされています。雨が強かったですが歩行者もいましたね。

a0332275_01193288.jpg

キーテナントはアピタでした。


今回歩いたのは高蔵寺ニュータウンの一部分のみ。まだまだ見たい場所がありましたが、時間の都合上これにてバスで高蔵寺駅まで戻ることにしました。

このほかにもたくさん写真を撮ったのですが、これくらいにしておきましょう。

撮影日:2019年3月10日 記載内容は執筆時または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2019-03-19 00:00 | 地域 | Comments(0)


「まち」の変化を追っていきます


by yunomi-chawan

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

メモ帳

2015年にブログを移転しました。一部リンクが前のブログに飛びます。
新元号は2019年4月1日以降に更新した記事のみ対応します。それ以前の記事は直しません。
まとめサイトを含む多種サイト、SNS等への画像の無断使用と引用を禁止します。
コメントについて 非公開コメントへの返信は基本的に行っておりません。
以前のブログ
YouTube
役所メシ
↑2018/09/28更新
東京都の都市計画道路
神奈川県の都市計画道路
埼玉県の都市計画道路
京王線連続立体交差事業

カテゴリ

全体
ブログ
鉄道
鉄塔
散策
地域
道路計画や開通など
京王線連続立体交差事業
行き止まりシリーズ
多摩NTの橋ぜんぶ撮影プロジェクト
未分類

最新の記事

リニア中央新幹線 片平/能ヶ..
at 2019-11-19 00:00
多磨霊園東側の「府中東小金井..
at 2019-11-17 00:00
試験湛水が始まった八ッ場ダム..
at 2019-11-15 00:00
スイッチバック旅(8) 浅間..
at 2019-11-14 00:00
オープン前の南町田グランベリ..
at 2019-11-12 00:00
鶴川駅周辺再開発第1陣 鶴川..
at 2019-11-10 00:00
鎌倉街道(薬師池Ⅰ期)道路拡..
at 2019-11-08 00:00
若葉台と新百合ヶ丘方面を繋ぐ..
at 2019-11-06 18:00
[京王線高架化]京王代田橋ビ..
at 2019-11-06 00:00
休止寸前の上野のモノレールを..
at 2019-11-05 00:00

以前の記事

2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月

最新のコメント

小野路の非常口はすでに工..
by yunomi-chawan1 at 00:19
片平の非常口ってココなん..
by shibainu0219 at 14:41
台風の影響なのか、台風が..
by yunomi-chawan1 at 16:56
ありがとうございます。 ..
by たび at 19:20
比較するやつですが、この..
by yunomi-chawan1 at 00:38
ありがとうございます。 ..
by yunomi-chawan1 at 00:35

検索

記事ランキング

タグ

(51)
(50)
(40)
(34)
(29)
(27)
(27)
(26)
(25)
(24)
(22)
(22)
(20)
(15)
(14)
(12)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)