タグ:相模原市 ( 9 ) タグの人気記事

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません

多摩ニュータウン通り延伸 進捗状況2018.11

現在、町田市相模原市を繋ぐ道路が計画・構想されていますが、そのうちの1つ多摩ニュータウン通りの延伸部を見てきました。

a0332275_00160432.jpg
a0332275_00213904.png

この道路は町田3・4・41号ニュータウン幹線相模原3・4・6号宮上横山線として都市計画決定されているうちの一部です。

相模原市側
相模原市側の事業延長は約670m、幅員18mで、町田市議会録などによると、神奈川県相模原市側では2002年度(平成14年度)に事業に着手し、2016年(平成28年)4月12日には都市計画道路事業の認可を受けました(神奈川県告示第212号)。都市計画道路事業の事業認可は2021年(平成33年)3月31日までとなっています。相模原市議会録(2018年9月定例会)によると用地取得率約91%。施行者は相模原市。2016年度冬ごろより工事に着手し、整備率10%となっています。

町田市側
町田市側の事業延長は約50m、幅員18m2車線で、町田市議会録(2017年3月定例会)によると用地取得は残り2筆となっています。施行者は町田市。まだ工事に着手はしていません。

なお、境川の部分で都県境・市境があります。もともとは旧河川に沿い都県境が決められ、境川が河川改修により直線的になった後も残り、川向こうの飛び地が存在していましたが、2016年(平成28年)12月1日に概ね現況河川に沿って都県境が改められました。

写真
a0332275_01160555.png

撮影位置は以上の通り。南側から見ていきます。

a0332275_01163103.jpg

▲①南側

南側はエネオスがある先からが事業区間となります。

見える高架は京王相模原線です。


a0332275_01304549.jpg

▲②国道16号線方面

事業区間外の東京環状16方面は完成しています。

軍都計画によって整備された長方形の整然とした区画があるのが相模原の特徴です。

ただ、この先でのJR横浜線との交差が踏切であり、開通後もそのままだとネックになるかもしれませんね。JR横浜線は連続立体交差の計画があります。相模原駅に小田急多摩線を持ってくることを前提としているようですが、個人的にはどっちもうーん……。とりあえず単独交差でよくないか。

a0332275_01391151.jpg

▲③京王相模原線南側の歩道

京王相模原線の南側では、道路の東側歩道のみ整備され、歩行者通路として暫定供用されています。

車道部分や西側歩道部分はまだ用地取得で来ていません。

おそらくこの歩道はこのまま完成だと思います。植樹桝が用意されていますね。それにしても神奈川県の道路って植樹が少ないんだよなぁ。東京が多いだけなんですけど。

a0332275_01502771.jpg

▲④京王相模原線高架部分

京王相模原線は京王多摩川駅から橋本方面に延伸時に、既に全線踏切なしで建設されていて、この付近は高架が連続しています(その後の調布駅付近連続立体交差事業により相模原線全線の踏切消滅)

この部分は道路が高架の下をくぐることになりますが、見た目では計画幅ほど柱が開いていないためどうするのか気になるものです。

a0332275_01555505.jpg

▲⑤高架北側

この部分は2016年度(平成28年度)冬ごろより工事に着手し、数十メートルのみ完成しています。


a0332275_01574726.jpg

▲⑥もう少し北側

⑤のもう少し北側では現在道路築造工事が行われていました。こちらも数十メートルのみの施工となっています。少しずつですね。


a0332275_01583405.jpg

▲工事看板

件名「都市計画道路宮上横山線道路改良工事」で、株式会社陽子屋が施工しています。看板によると、工期は2019年(平成31年)2月28日まで。


a0332275_02011591.jpg

▲⑦高低差の上

この先で、境川が形成した谷部に入ります。ここから境川付近までの高低差は10mほど。

写真でもわかるように、用地取得は概ね済んでいるみたいです。

なんでも東京都と比較するのはよくないですが、用地取得地をアスファルト等で防塵化しないのですね。土地に出入りできちゃうのも違う点です。

a0332275_02060313.jpg

▲⑧高低差の下

下から見ると高低差がよくわかると思います。高低差を利用しカルバートで駐車場を造りその上に住宅があったようで、用地取得後はカルバートや擁壁だけ残っています。


a0332275_02095921.jpg

▲⑨境川

境川の右岸側(相模原市側)を川に沿って道路は進みます。

現在ある河川沿い道路との兼ね合いも気になるところです。

※右岸側は概ね相模原市ですが、一部町田市も食い込んでいます。


a0332275_02122816.jpg

▲⑩このあたりで境川を渡る

この付近で境川を渡り、左側の町田市に入ります。


a0332275_02132599.jpg

▲⑪河川沿い道路から撮影

町田市内の区間はほんのわずかです。写真の場所は用地取得が済んだようで、河川沿いの道路から多摩ニュータウン通りが見えます。


a0332275_02150032.jpg

▲⑫多摩ニュータウン通り

こちらが接続する多摩ニュータウン通りです。名前の通り、多摩ニュータウンを突き抜ける幹線道路で、この先は4車線または5車線となります。

その先では、鎌倉街道新府中街道と続き、小平や東村山付近で事業中箇所が完成すれば将来的には所沢付近まで道なりに進むことができるようになります。

a0332275_02181975.jpg

▲⑬多摩ニュータウンから撮影

この先が事業箇所です。

現在は変則的な4差路となっています。(見た目丁字路)

この道路はリニア中央新幹線の駅ができる橋本駅付近への重要なアクセス路となることでしょう。また、この記事1枚目のように、南多摩尾根幹線でも相模原方面の延伸を2018年6月18日に都市計画決定しました。

市境、県境はボトルネックになりがちですが、町田市と相模原市は市境を変更してるくらいですし、このほか相原南北線・相原大沢線や橋の架け替えなど結構繋がりがいいなと感じるところです。

撮影日:2018年11月24日 記載内容は執筆時または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2018-12-05 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(5)

城山湖の水ぜんぶ抜く

a0332275_00545977.jpg

神奈川県相模原市にある城山湖(本沢ダム)の水が無くなっていると聞き、見に行ってきました。

城山湖(本沢ダム)は揚水式で、普通のダム湖とはちょっと違った仕組みではあります。

a0332275_00583410.jpg

堤体はロックフィルダムで、この堤体の下流側に放流するわけではありません。

ダムの詳細は省略します。


a0332275_01032037.jpg

水をぜんぶ抜いているのは点検工事のためで、10年に1度行われているそうです。


a0332275_01024862.jpg

よく見てみると、津久井湖と繋ぐ導水管の出入口が見えます。かなり大きいですね。

古い航空写真を見ると、このダム湖ができる前にこの地に集落はとりわけなかったように見えますので、水が無くなって古い構造物が顔を出すことはないみたいです。

a0332275_01211154.jpg

ここに来るのは実は初めてで、水がないダム湖というのはどこか恐ろしさを感じさせるものです。よくわからないけど。


ここに来たのはこれだけが目的で、ほかに見るべき場所もないし……と思っていたら湖畔に興味深いものを見つけました。

a0332275_01241872.jpgこの航空写真は、地図・空中写真閲覧サービスのCKT20084-A21-30の一部を使用したものである。
Googleマップ
地図

これは・・・『ポツンと一軒家』的な雰囲気!行って見ようじゃないか。

テレビ番組から離れろ!(どっちも少ししか見たことない)

a0332275_01321014.jpg

どうやらこの階段の先らしい。場所はダム堤体の南側見晴し広場のすぐ近くです。

さぁ進もう冒険だ!誰が住んでいるんだ!?


a0332275_01340209.jpg

着いた。階段から徒歩1分。あっさり冒険終了。

コンクリートの壁で覆われていて、壁の内側には柱のようなものが何本も立っています。


a0332275_01380197.jpg

コンクリート壁の入口にはこのような銘板が掲げられていました。

日本通運株式會社東京支店城山無線基地局

誰も住んでなかった。。。
この辺りは東京都心まで望める景色のいい場所で、無線の都合上こういうところに基地局を作っているんですね。それにしても運送会社もこういうの持ってるんだなぁ、と。


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

a0332275_01415931.jpg

話の順番がめちゃくちゃですが・・・ここまでは橋本駅からバスに乗って来ました。橋本駅北口から大戸行きバスに乗車。終点の大戸バス停で下車し、そこから徒歩です。バス停から20分程度でダムに着きます。

ダムへのアクセスで1つ困るのが自動二輪車が進入できないということです。バイクが流行った時代のローリング対策の名残みたいです。現在もこの規制が必要なのか、わかんないですけどね。

1年半くらい前、津久井湖のダムカードを貰いに行ったときに、係りの人に「城山湖は行った?バイクじゃいけないけどね。」と言われて知り、今回も原付で来るのは諦めました。車なら規制がないので、それで来ても良かったんですけどね。車あるんですけど…?

あと、今回気づきましたが、大戸側から入って、Googleマップ上で「本沢梅園」と書かれた近くの駐車場までならバイクも行けそうですよ。ダムからちょっと離れてるけど。念のためよく確かめてください。

a0332275_02060120.jpg

あとは、凄い坂があったので紹介して終了。


撮影日:2018年11月24日 記載内容は執筆時または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2018-12-03 00:00 | 散策 | Comments(4)

日本の三角測量の原点「相模野基線」を訪ねた

山の頂上(とも限らないけど)などに設置されている「三角点」。三角測量の基準となる点で、全国に約10万点あるといわれています。

三角測量では初めに原点を決め、その原点に都合のいい場所に「基線」を決めてその長さを測量する必要があります。その基線が相模原市・座間市にあるということで、見てきました。「相模野基線」と言われています。

以前より行きたい場所だったのですが、なかなか機会がなかったのでようやく行くことができました。

相模野基線の説明はWikipediaで十分だと思うのでリンクを貼っておきます
相模野基線 - Wikipedia
相模野基線 南端
a0332275_00281644.jpg

座間市ひばりが丘のマルエツひばりが丘店横、鳥羽内科の敷地内にあります。

点名「座間村ざまむら」。明治15年(1882年)5月に選点され、8月に設置された一等三角点です。

周辺は非常に平たんな場所で、三角点は民有地の道路際にありました。


a0332275_00404536.jpg

三角点は綺麗な状態でした。横には国土地理院が設置した案内板が設置してあります。


a0332275_00463285.jpg

座間市教育委員会が設置した看板もありました。(PC版では画像クリックで拡大します)

座間市の指定重要文化財のほか、土木学会の選奨土木遺産にも認定されているようです。


ここから北に向けて、「中間点」、「北端」も見ていきます。

相模野基線 中間点
a0332275_00503816.jpg

中間点は小田急線の線路南側住宅地の道路にあります。

点名はそのまま「基線中間点きせんちゅうかんてん」で、ここは四等三角点のようです。

このマンホールを開けると、中に泥まみれになった金属標付の三角点がありました。

a0332275_01001500.jpg

少し離れた場所に案内板が立っていました。南端と違って図説付きで少し詳しく説明されています。


a0332275_01184773.jpg

案内板によると、かつては第1中間点、第2中間点、補点、百米比較室もあったようですが、いまは現存していません。


a0332275_01215259.jpg

この基線をもとにした三角網。(鳶尾山が蔦尾山に誤字している)


相模野基線 北端
a0332275_01233968.jpg

北端は相模原市の麻溝台中学校西側にあります。ここは三角点用の敷地が用意されていました。

点名は「下溝村しもみぞむら」で、一等三角点です。


a0332275_01322238.jpg

こちらは相模原市内のため、相模原市教育委員会が設置した看板がありました。相模原市指定の史跡となっています。


これにより相模野基線の訪問終了。

この基線を底辺として作らた三角形、「長津田村」と「鳶尾山とびおさん」の三角点がありますが、比較的アクセスしやすい「長津田村」に行って見ることにしました。

一等三角点 長津田村
a0332275_01510800.jpg

横浜市の横浜町田ICの北側にある高尾山にあります。八王子市のハイキングスポットとして知られる高尾山とは違います。が、関係はあるそうです。(詳しくは調べて)

横浜市緑区の最高峰でもあり、山頂には飯綱神社いづなじんじゃがありました。


a0332275_01562537.jpg

神社の鳥居をくぐった左側にあるのが一等三角点長津田村ながつだむら」です。駅名は「ながつ」ですが、三角点名は「ながつ」です。この辺りの読みは論争がありますね。道路標識も「Nagatsuta」と修正したものをよく見かけます。


a0332275_02103673.jpg

一等三角点があるだけあって眺めはよく、晴れていれば丹沢の山々もよく見えることでしょう。

この山は分水嶺でもあるようですね。


a0332275_02131279.jpg
ついでだから連光寺の一等三角点も(別日撮影)
a0332275_02145791.jpg

多摩市の八坂神社境内にあるのが、一等三角点連光寺村れんこうじむら」です。多摩市の最高峰でもあります。

さきほどの「鳶尾山」と「長津田村」を底辺として測られたのがこの点です。

十年位前、三角点にはまって周辺かなりの数の三角点を地形図片手に探した記憶があります。点の記も見ずに。懐かしいですね。またやろうかな……。

大切にしましょう三角点

撮影日:2017年11月3日(連光寺)、2018年9月13日(その他)

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2018-09-16 00:00 | 地域 | Comments(0)

相模原駅北側「東西道路」が開通

相模原駅北側の通称「東西道路」が2018年(平成30年)3月26日正午ごろ交通開放したということで見てきました。

a0332275_15593903.png

この道路は、戦後米軍により接収され相模総合補給廠として運用されてた土地が2014年に一部返還され、その地に相模原市が建設したものです。

この区域には2017年(平成29年)4月22日に「南北道路」と呼ばれる道路が交通開放されており、東西道路はそれに続く2本目の道路となります。

a0332275_16125936.jpg

▲交通開放を知らせる看板

交通開放については市の報道発表等もありました。

交通開放は3月26日正午ごろで、式典などは行われず、信号の点灯式が行われたと聞いています。私は所用があったため午後2時過ぎに現地を見てきました。

a0332275_16061307.jpg

▲西側の向陽小学校東交差点から

道路の西側は、以前は丁字路であった向陽小学校東交差点に接続され、十字路に改良されました。

ここからまっすぐ南北道路まで繋がります。


a0332275_16093696.jpg

▲向陽小学校東交差点の南北側の道路

向陽小学校東交差点の南北側の道路(従来の道路)には右折レーンなどは設けられていません。交通量は少なめですが、渋滞の原因にならなければいいのですが。


a0332275_16155936.jpg

▲東西道路の景色

道路は2車線で、時速40キロ、駐車禁止の交通規制が敷かれています。

現在はあくまで暫定開放で、道路の構造も簡易的なものになっています。歩道は北側のみに設けられ、車道と歩道は盛ったアスファルトで区切られただけとなっています。

このほか相模原市により、路上喫煙重点禁止地区、空き缶等散乱防止重点地区、自転車等放置禁止区域に追加されています。

a0332275_16214587.jpg

▲東西道路の南側の区域に掲げられた看板

東西道路の南側は「一部返還地」で、写真のような看板が掲げられていました。

市としてはこの区域の開発を含め、横浜線の連続立体化、小田急多摩線の延伸等、さまざまな検討をしているみたいです。


a0332275_16263202.jpg

▲東西道路の北側の区域に掲げられた看板

北側は共同使用区域となっていますが、金網があったり英語の看板があったり、米軍基地そのものです。


a0332275_16284715.jpg

▲南北道路との交差点

交差点には信号機が設置されました。

南北道路側は一部時差式・歩車分離を組み合わせたような信号サイクルとなっています。正直、交通量もないのにやたら待たされる信号です。

南北道路の右折レーンにはカメラが付けられていたので、信号の長さを調節できるようになっているのかもしれません。

東西道路側の矢印のペイントは破線ではなく実線が正解のような気がするが・・・

a0332275_16471757.jpg

▲信号機

南北道路との交差点の信号機は「低コスト型」が採用されました。

フードを無くしたり、軽量化したり、保守性を確保したりしています。また、光る部分の直径は従来一般的な300mmから250mmと小さくなっています。横から見えにくくするインナーフードも採用されたりしています。

形状はメーカーごとに多少異なりますが、各社から開発され設置が進んでいます。神奈川県内では設置が進んでいて、私は上溝付近や西谷付近でも見かけました。ちなみに東京都はまだ設置したという話は聞いていませんし、新設交差点でも従来型LED信号機が設置されているみたいです。


非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2018-03-28 17:00 | 道路計画や開通など | Comments(0)

渇水が心配な宮ヶ瀬湖へ

関東地方では梅雨らしい雨が降らず取水制限が始まるなどじわじわと水不足になっていますが、宮ヶ瀬湖で上流部の湖底が見え始めていると聞いて見てきました。

a0332275_22394374.jpg

まずはダム本体。宮ヶ瀬湖には以前ほぼバスだけで町田市から秦野市のヤビツ峠まで行ったときに通過していますが、ダム本体等宮ヶ瀬湖をメインに来たのは初めてとなります。

想像していたより大きいダムでした。完成したのは結構最近で、ダムに沈む前の町や渓谷を知っている方も多くいらっしゃるのでしょう。

a0332275_22394591.jpg

無料のエレベータでダムの天端まで上がります。資料館のようなものもあってダムカードを貰いました。

ダムの水位はかなり下がっているのがわかります。このときの貯水率は57パーセント。神奈川県の4つのダム湖の合計でも60パーセントと少なめです。(夏の間は洪水に備えて満水水位が通常より低く設定されるが)

a0332275_22394083.jpg

その後、宮ヶ瀬ダムの西側にある鳥居原ふれあいの館へ移動。ほぼバスだけの旅をしていた時に橋本駅からのバスの終点がここでした、2度目の訪問。

ここから見える虹の大橋もかなり水位が下がっているのがわかります。


a0332275_22394532.jpg

宮ヶ瀬湖では通常、遊覧船が運航されているのですが、運航できる水位より下がったため7月22日より運航は中止に。遊覧船乗り場の桟橋も撤去されていました。

a0332275_22394156.jpg

その後、宮ヶ瀬湖の上流部の土山峠へ向かいます。

ここからはダム建設のために建設された現在の県道から旧道が見えました。

a0332275_22394274.jpg

ダムが沈む前は学校があったりして人々の生活があったわけですが、こうして渇水で見えてくるといろいろと考えさせられるものがあります。

現在はダム湖内への立ち入りは禁止されていますが、だれかが歩いた跡が複数見られました。危険ですから絶対にやめましょう。また、県道は駐車禁止・転回禁止ですので注意してください。厚木警察署では取り締まりを行っているようです。

https://www.police.pref.kanagawa.jp/ps/74ps/74mes/74mes164.htm
a0332275_22394378.jpg

一部橋も姿を現していました。1週間ほど前にネットで見た写真よりも数メートル水位が下がっているようです。

この橋は見た目仮設のように見えますが、工事の際に掛けられたものなんでしょうか?

a0332275_22394122.jpg

「30」の道路標示も見えたり。

日本各地で豪雨に見舞われる中、5月以降雨らしい雨が降っていない関東近辺。相模川水系の降水量も平年の半分以下なようです。水を大切に使いたいものです。

神奈川県企業庁 かながわの水がめ
非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2017-07-29 00:00 | 散策 | Comments(0)

相原南北線・相原大沢線 進捗状況2017夏

a0332275_14055967.png

町田市の相原駅と相模原市の相原台を結ぶ、町田都市計画道路第3・4・49号相原南北線相模原都市計画道路第3・4・17号相原大沢線の建設状況を見てきました。

この道路は町田市と相模原市によって事業が進められているもので、途中の境川より北側が町田市、南側が相模原市が施行します。

a0332275_14113185.jpg

事業区間の町田市側より相原駅方面を見ています。

信号で交差する道路が町田街道で、その先に行くと相原駅に到達します。相原駅西口の道路は2016年春に供用開始され、町田街道上にあった相原バス停は駅西口のロータリーに移設されました。

以前は、ここより北側にずっと抜け、八王子みなみ野まで通す計画で事業予定区間にも入っていましたが、現在は事業予定から外れています。

a0332275_14180596.jpg

事業区間の町田市側より相模原方面を見ています。

既に整備が完了した片側2車線の道路はここで狭くなり、1車線強の道路になります。この写真のすぐ奥で境川を超えることになり、そこから先は相模原市に入ります。町田市側はおおむね用地取得が完了しているように見ました。


a0332275_14215240.jpg

相模原市内の、事業区間のほぼ中間地点です。

相模原市内では思ったほど用地取得が進んでいないように見ました。

町田市と相模原市では、両市を行き来する道路の計画が複数ありますが(多摩ニュータウン通り延伸、南多摩尾根幹線道路の延伸(計画)、相模原駅南北道路の都市計画決定(計画)など)、この道路もその一つです。

橋本・相原周辺は横浜線や国道16号線を中心に渋滞が激しいイメージがあります。ただし、ここに来たときはそれほどでもありませんでした。町田街道の横浜線との踏切部分は、現在立体交差化に向けて事業が進められていて、完成すればこの道路も含めて東西南北の動線が増えることになりそうですね。

a0332275_14284724.jpg

相模原市側の事業端から町田市方面を見ています。

ここは以前は当麻田小学校入口交差点があった場所です。元橋本方面に抜ける道路(相原元橋本立体)が2015年春に開通したことにより、交差点の形状が変更になりここにあった信号機も廃止されました。

相原元橋本立体は、城山方面から橋本駅北口方面に横浜線と立体交差で抜けられる道路で、交通量は多めでした。走ったことがありますが、国道16号の信号でどうしても引っかかるんですよね。しょうがない。


非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2017-07-25 14:30 | 道路計画や開通など | Comments(2)

相模総合補給廠内の新設道路を見てきた

a0332275_17342280.png

相模原駅北口から町田市側へ伸びる道路2017年(平成29年)4月22日土曜日開通したということで見てきました。

この道路は1949年(昭和24年)に米軍により接収され相模総合補給廠として運用されていた土地で、2014年(平成26年)9月に一部が返還され相模原市が道路として開通させたものです。今回開通した道路は南北道路と現在は呼ばれています。

a0332275_17431739.jpg

開通区間の北側は、かつては直角に道路が折れ曲がっていましたが、丁字路に改良され信号機が設置されていました。開通した道路はここからほぼ直線的に相模原駅北口まで進みます。

交差点に架かる橋は、米軍基地内に以前よりあったものですが、高さがあまりないように感じました。


a0332275_17471352.jpg

開通区間の中ほど。両脇には米軍基地が広がります。右側は共同使用としてレクリエーション施設等を検討しているようですが、まだ米軍による看板が設置されていました。

開通区間の道路は2車線で片側のみ歩道がありますが、これらは仮のものらしく、将来的には4車線自転車道ありのものを計画しているそうです。


a0332275_17495471.jpg

相模原駅の北側では小さめの回転路が整備されていました。バス停などもいまのところなく、回転するだけのスペースになっています。


a0332275_17521850.png
a0332275_17515521.jpg

この道路ですが、以前より駅北口にあったロータリーや病院横の道には車道は一切接続されておらず、自転車や歩行者のみ通り抜けることができるようになっています。この構造に文句を言っている人も何人か見かけました。

将来的には、小田急多摩線を地下で唐木田~相模原~上溝と延伸し、JR横浜線を連続立体交差化、南北道路を4車線化した上でJR横浜線南側まで接続・・・という壮大な計画があるようですが、実現性はいかに・・・。

a0332275_18020100.png
a0332275_18040723.jpg

現在は、区域の東西道路の建設が進められています。この道路と南北道路が接続される場所では交差点用地として若干面積が広くなっていたりしました。


a0332275_18061509.pnga0332275_18063003.png

このほか、南北道路とその延長町田市方面にかけて新たな都市計画道路として都市計画決定する方針なほか、南多摩尾根幹線についても相模原市側へ延伸するために都市計画決定する方針です(第4次事業化計画内で明記)。

これまで市境を変更したり、橋の架け替えと拡幅を行ったり、多摩ニュータウン通りの延伸工事を行っているなど町田と相模原の両市で良い関係が築けているように見えるので、これからも両市で発展していったらいいなと思います。


非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2017-05-07 18:00 | 道路計画や開通など | Comments(2)

相模原のレトロ自販機に行く

一昨年や昨年、NHKの番組でも取り上げられ話題となった「レトロ自販機」が相模原市にあると聞いて行ってきた。
a0332275_09233325.jpg
相模原市南区下溝。中古タイヤ市場相模原店[地図]の一角にある。相模原浄水場の西側、県道507号から1本入った路地だ。
いくつかの自販機が置かれていた。

a0332275_09235421.jpg
そのうちの1つがこの「うどん・そば」の自販機だ。ネットの情報によると、2016年11月頃新たに設置されたらしい。神奈川県唯一との情報もある。

a0332275_09241560.jpg
天ぷらそば、天ぷらうどんどちらも300円。今流通している500円硬貨も使えた。

というわけで、天ぷらうどんをチョイス。

a0332275_09243216.jpg
30秒ほど待つと右下の取り出し口から出てきた。

a0332275_09244800.jpg
蒲鉾が2枚、天ぷらにうどんとシンプル。自販機には薬味(七味)と割り箸が付いている。下の部分に濃いのがたまっているのでよくかき混ぜて頂く。
シンプルな味にシンプルなうどん、吹き付ける風もあって、うどんが体にしみた。
結構量があるので1杯で満腹に。

a0332275_09250159.jpg
自販機コーナーには市販の薬味瓶やゴミ箱もある。

a0332275_09252045.jpg
うどん・そば以外にも自販機がたくさん。中古タイヤ屋さんの趣味もあるのかな。

a0332275_09253933.jpg
カップヌードルの自販機も。以前フェリーの中で見たことある気がする。

a0332275_09255925.jpg
この他、ポップコーンの自販機や瓶コカ・コーラの自販機も。
1うまい棒やおでん缶を売る自販機もあった。載せきれないので是非訪れてみてほしい。


以外、5月31日追記
新たなマシンが追加されました。
a0332275_07571443.jpg
a0332275_07581367.jpg
a0332275_07591290.jpg
a0332275_08003268.jpg
a0332275_08014217.jpg
a0332275_08023661.jpg

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2017-03-04 12:00 | 散策 | Comments(0)

セブン-イレブン2号店に行く

セブン-イレブンと言えば、コンビニ業界でトップの店舗数を誇る。地域により店舗数はばらつきがあるものの、日本中ほぼどこにでもある。
1号店はバラエティ番組などでたびたび取り上げられていて有名な「豊洲店」。一番最初に売れたのがサングラスだった―といったトリビアは有名だ。
では、2号店はどこなのだろか・・・と調べたところ、相模原市にその店舗があるようなので行ってきた。

a0332275_14410860.jpg
相模原市中央区相生4丁目[地図]。JR横浜線の淵野辺駅と矢部駅の間あたりから南西へ行ったところにあるセブンイレブン「相生店」だ。
駐車場も広く、新しいタイプの看板であるため2号店らしさは感じられない。ストリートビューの古い写真を確認すると、2014年ごろに駐車場を拡大するため店舗位置がバックしたみただ。その店舗も開業当初からあるわけではないみたい。

店内も普通なため、本当に2号店か店員さんに聞いてみたところ、「確かに2号店です。かれこれ四十数年やってます。」とのことだった。調べたところオープンしたのは1974年6月らしい。

a0332275_15034155.jpg
自動ドアの上には「23」の店舗番号。下1桁はランダム番号で、それより前の位が出店順(ただし近年は順番になっていない)らしいので、2号店だ。ちなみに1号店の豊洲店は「17」。
a0332275_15061555.jpg
オープン当初は直営店で、豊洲店は当初からフランチャイズだったので、この店舗がセブンイレブンの直営1号店ということになる。ただし、今はフランチャイズ経営されているようだ。
セブンイレブンの店名の特徴として、最近は「自治体名:町名:店」の順に名付けられることが多い(例:渋谷西原1丁目店)。しかし、古い店舗はそうではなく「町名:店」となっているのが多いから、古い店舗を見分ける方法になりそうだ。

コンビニは昨年ファミリーマートがサークルKサンクスを経営統合したり競争が激しくなる中、小さな駐車場しか持たない店舗は閉店が相次いでいるの私の実感だ。10年もせずに閉店するコンビニも少なくないと思う。そんななか、40年以上にわたって続くこの長寿のお店を後にした。いまは普通の店舗と何一つ変わらないけどね。

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2017-03-03 17:00 | 散策 | Comments(1)


「まち」の変化を追っていきます


by yunomi-chawan

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

メモ帳

2015年にブログを移転しました。一部リンクが前のブログに飛びます。
まとめサイトを含む多種サイト、SNS等への画像の無断使用と引用を禁止します。
コメントについて 非公開コメントへの返信は基本的に行っておりません。
以前のブログ
YouTube
役所メシ
↑2018/09/28更新
東京都の都市計画道路
神奈川県の都市計画道路
埼玉県の都市計画道路
京王線連続立体交差事業

カテゴリ

全体
ブログ
鉄道
鉄塔
散策
地域
道路計画や開通など
京王線連続立体交差事業
行き止まりシリーズ
未分類

最新の記事

相原駅南側 町田街道「大戸踏..
at 2018-12-10 00:00
[京王高架化]保線基地解体と..
at 2018-12-09 00:00
[京王線高架化] 千歳烏山駅..
at 2018-12-08 00:00
[京王線高架化] 仙川駅~千..
at 2018-12-07 00:00
多摩ニュータウン通り延伸 進..
at 2018-12-05 00:00
城山湖の水ぜんぶ抜く
at 2018-12-03 00:00
南多摩尾根幹線(唐木田工区)..
at 2018-12-02 00:00
サンクスの見納めに行ってきた
at 2018-12-01 00:00
品川駅周辺再開発の様子[20..
at 2018-11-30 00:00
品川駅周辺再開発の様子[20..
at 2018-11-29 00:00

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月

最新のコメント

市が尾の行き止まり懐かし..
by shibainu0219 at 13:34
よく巡りましたね. 結..
by sho at 09:55
冒頭の図がまぎらわしくて..
by yunomi-chawan1 at 00:47
実は2月の探索では定期が..
by yunomi-chawan1 at 00:24
ドリにゃのさん そうな..
by yunomi-chawan1 at 00:21
shoさん この坂を自..
by yunomi-chawan1 at 00:20

検索

記事ランキング

タグ

(41)
(31)
(28)
(28)
(26)
(19)
(19)
(18)
(17)
(16)
(15)
(14)
(14)
(11)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
(8)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)