タグ:渋谷区 ( 10 ) タグの人気記事

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません

京王線 新宿から笹塚まで散策(4)

a0332275_15255947.jpg

▲幡ヶ谷駅の西側

今回が最終回です。

幡ヶ谷駅を出ると京王線京王新線が合流します。この道路は連続立体交差事業に伴って都市計画決定された道路です。


a0332275_15325218.jpg

▲京王線と京王新線の合流地点

両端に京王線、中央に京王新線となります。

京王新線は写真右側から来るため、京王線上り線はしばらく地上を走り京王新線を跨いでいます。

a0332275_15431862.jpg

▲京王線上り線のトンネル入口

新宿方面を見ると、京王線上り線だけがトンネルに入る位置が違うのがわかります。


a0332275_15475485.jpg

▲幡ヶ谷~笹塚間の幡ヶ谷3号踏切

このように京王線上り線のトンネルに入るのが遅いため、1か所だけ踏切道が残ってしまっています。

線路は1本だけですが、暫し事故が起きている印象のある踏切です。

現在事業中の仙川駅までの連続立体交差が完成しても、この踏切が廃止されない限りは、新宿~仙川間に踏切が残ってしまうことになります。

a0332275_15563799.jpg

▲笹塚

こういう由来だそうです。


a0332275_15563680.jpg

▲笹塚

やっぱり塚は見つかりませんね。

この看板もそうですが、京王線の駅名の「つか」は「塚」ではなく「塚」が使われています。点が付いているやつです。このブログでも笹塚の塚はそれを使うように気を付けていましたが、気づかず普通の塚を使っていたり、デバイスの環境によって置き換えられていた場合はすみません。

今回で新宿から笹塚まで歩くシリーズは終わりです。もう少し京王線・京王新線関連の図面が見つかればよかったのですが、わかりませんでした。

撮影日:2018年6月14日

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2018-07-28 00:00 | 散策 | Comments(0)

京王線 新宿から笹塚まで散策(3)

a0332275_22043168.png

今回は初台駅から幡ヶ谷駅までを歩きます。

a0332275_22064620.jpg

▲幡代小学校前駅があったであろう付近

引き続き、京王線玉川上水の跡地は緑道として整備されています。

この付近は幡代小学校前駅があったとされる場所。どうも開設してすぐに廃止されたらしいのですが、意味が分かりません。何故開設したのか……何故廃止したのか……。

京王線新宿駅初台駅を地下化したときには、この辺りで地上に出ていました。初台駅のすぐ隣で地上に出ていて、カーブと坂道で初台駅に停車するのが嫌な運転士もいたと聞いたことがあります。1978年には初台駅~笹塚駅間も地下化しました。

a0332275_22122135.jpg

▲トンネルの出入口があったであろう場所

トンネルの出入口があったのであれば、何らかの痕跡が残っているんじゃないかと探してみましたが、よくわかりませんでした。換気口はありました。

この付近では緑道と並行する車道に段差がありました。関係しているのかわかりません。

a0332275_22145256.jpg

▲甲州街道に接近(新宿向きに撮影)

この付近では一時的に甲州街道20に接近します。

古い地形図を見ると、甲州街道を併用軌道のように書いてあるものがありますが、実際にそうだったのでしょうか?古い地図は間違いがたまにありますので、どうなのかなーって。

a0332275_22171478.jpg

▲幡代駅があったであろう場所(新宿向きに撮影)

この付近には幡代駅があったようです。

現在では幡代バス停があります。


この先では、玉川上水のルートから外れます。

a0332275_22201479.jpg

▲旧幡ヶ谷駅の東側

この付近の京王線も緑道として整備されています。

写真中央部には地下トンネルの縦坑があり、電車の音が聞こえました。こういう場所が色々な場所にあります。


a0332275_22225907.jpg

▲旧幡ヶ谷駅のホームの新宿端のあたり

写真の横切る道路のあたりが旧幡ヶ谷駅のホームの端があったようです。

道路がかぎ状に屈折しているのはその名残でしょう。

幡ヶ谷駅京王新線の開通により駅をそちらに移設。京王線も同時に地下化しましたが、ホームは設置されませんでした。

a0332275_22285621.jpg

▲横切る中途半端な長さの幅広の道

旧幡ヶ谷駅があった場所には幅広な道路が横切っています。どうも線路が地下化してからできた道のようで、都市計画道路補助211号線の一部です。

a0332275_22320199.jpg

▲旧幡ヶ谷駅のホームがあった場所

旧幡ヶ谷駅のホームがあった場所は京王系の駐車場として利用されていました。


a0332275_22332080.jpg

▲旧幡ヶ谷駅の改札があった場所と、現在の幡ヶ谷駅の入口

旧幡ヶ谷駅の改札があった場所は京王幡ヶ谷ビルが建っていました。ビルの1階には現在の幡ヶ谷駅の出入口があります。

a0332275_22415799.jpg

▲幡ヶ谷駅ホーム

現在の幡ヶ谷駅甲州街道20の真下にあります。

初台駅とは違って相対式のホームです。どうも首都高の建設にあわせてできたからと聞いたことがあり、その図面などを探していたのですが見つかりませんでした。資料求。

a0332275_22415784.jpg

▲幡ヶ谷駅から笹塚方面を見る

笹塚方面に向けてカーブしていきます。京王線に合流するためですね。


撮影日:2018年6月14日、7月7日ほか

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2018-07-27 00:00 | 散策 | Comments(0)

京王線 新宿から笹塚まで散策(2)

a0332275_19060884.png

新宿駅から笹塚駅を目指して歩いています。

前回の記事では天神橋駅がかつてあった場所までたどり着いたところ。これからさらに進むこととします。

a0332275_22390119.png
a0332275_22402070.jpg

▲西参道を横断

天神橋駅があったと思われる場所を過ぎると西参道を横断します。

現在は京王線玉川上水ともに地上に姿は見えませんが、かつてどちらも地上にあったころは、この辺りで京王線玉川上水を跨いでいたようで、S字に急カーブとして難所の1つだったそうです。

上にある高架は首都高速新宿線4です。

a0332275_22482780.jpg

▲西参道駅付近

道路を横断した先には西参道駅があったようです。

現在は京王系の駐車場がありました。この付近には京王帝都電鉄時代の境界標があるそうですが、私有地なので深追いはやめました。

この北側には現在、西新宿三丁目西地区の市街地再開発事業を準備中。また高層ビルができるらしいです。

a0332275_01501324.jpg

▲柵

緑道の脇には、線路沿いでよく見る柵がありました。当時からあるものなのでしょうか?


a0332275_22533352.jpg

▲山手通りを横断

しばらく玉川上水京王線の跡地の緑道を歩くと山手通り(環状6号線)を横断します。

1963年~1964年に新宿駅初台駅の先まで地下化したのは、この道路との立体交差も重要な目的の1つだったそうです。

現在はこの付近はものすごい立体交差になっています。

a0332275_23041179.jpg

甲州街道20初台交差点です。

地平面には甲州街道、高架には首都高速新宿線4西新宿IC、地下には甲州街道のアンダーパス京王新線共同溝首都高速中央環状線C2…という構造です。


a0332275_01050748.jpg

20初台交差点の構造はおそらくこんな感じ。

参考
志治謙一ほか(2008).「中央環状線「西新宿ジャンクション」立体交差部の設計・施工」『IHI技報』48(1).pp54-63.
半野久光ほか(2003).「大断面シールド工法による都市内道路トンネルの設計・施工」『土木建設技術シンポジウム2003年』.pp95-102.

非常に上下に層の厚い構造になっています。玉川上水の位置などはよくわかりません。

a0332275_01550912.jpg

▲旧初台駅付近

もう暫く京王線跡を歩いていくと、初台駅の出入口に到着しました。右側のビルは京王のもので、1階部分に出入口があります。

初台駅はかつては地上駅で、京王線の地下化によって地下駅に。その後の京王新線の開通で駅の機能はすべてそちらに移しています。

地上時代の初台駅は写真のあたりにあったらしく、跡地は緑道と右側の京王のビルとして使われています。京王線の地下駅時代もこの真下あたりにあったようです。

a0332275_02002879.jpg

▲旧地下・初台駅付近

既に書いたように、京王線地下駅は今は駅としては使われていませんが、資材置き場非常口として機能しているそうです。列車が詰まったときに旧地下駅付近に停車することがあり、こうした景色を見られてわくわくするものです。降り立ってみたいですね。


a0332275_02042509.jpg

▲現在の初台駅

京王新線にある現在の初台駅は、甲州街道20の真下にあります。


a0332275_02071274.jpg

▲現在の初台駅の長い通路

初台駅の地上への出入口は、かつて京王線にあった初台駅の場所にあるため、このような長い通路で結ばれています。(北側は新国立劇場などに接続)

こうした長い通路も京王線の歴史を感じられるものなのかもしれません。

どこかに旧初台駅に行ける通路があると聞いたことがあるのですが、確証が得られないので載せるのはやめておきます。

a0332275_02144396.jpg

▲初台駅の構造

初台駅ホームは2層式。西側改札階を入れると3層式。これは首都高速道路の存在や甲州街道アンダーパスの存在によるものだそうです。


a0332275_02144348.jpg

▲初台駅ホーム

ほぼ真っすぐのプラットホームです。新宿側で若干カーブしているのも特徴で、新宿方面にかけては構造物をよけながら進んでいきます。とりわけ下り線電車に乗るとカーブのせいか爆音がします。

撮影日:2018年6月14日、6月29日、7月6日、7月7日ほか

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2018-07-26 00:00 | 散策 | Comments(0)

京王線 新宿から笹塚まで散策(1)

京王線新宿駅から笹塚駅まで散策しました。

a0332275_19060884.png

説明するほどではないかもしれませんが、京王新線都営新宿線との直通の為に造られた線路です。京王線京王新線は並行しているものの別の場所に線路があり、複々線という扱いになっています。

初台駅幡ヶ谷駅京王新線のみにホームが設けられています。かつては京王線にもホームがありましたが、京王新線の開通でなくなり全列車通過扱いになっています。

1945年以前はこの区間にさらに多くの駅があったらしく、今回の散策ではそれを見るのも目的です。もっと昔には山手線を越えて東側まで線路が伸びていたようですが、今回は省略します。

a0332275_21374118.jpg

▲新宿駅(撮り忘れたため2月撮影のもの)

世界最大のターミナル駅である新宿駅からスタート。京王線は写真からはみ出した左側に駅があります。京王新線都営新宿線は目の前の甲州街道20の下あたりを通っています(直下ではないらしい)。

京王線は昔は甲州街道の上を路面電車のようにして新宿駅の東側まで伸びていました。その後今の場所に終点を変更。その後さらに地下化し、併用軌道を解消しています。

a0332275_22020625.jpg

▲地下化した当時の京王線ホーム(『鉄道ピクトリアル アーカイブス セレクション9 京王電鉄 1950~60』より引用)

京王線新宿駅の地下ホームは1963年に完成。当時地上にあったホームを仮受けしながら直下で工事を進める工事だったようです。当時は4つの線路がある駅でした。

a0332275_22071577.gif

▲ホーム延伸(京王電鉄のサイトより引用)

その後の列車長編成化によってホームを延伸する必要が生じましたが、北側には西口駐車場があって延伸できず、南側には急カーブと分岐器があって困難を極め、線路を3つに減らして8両編成に対応。10両編成対応には勾配や分岐器の位置を変更するなどして今の姿となっているそうです。

昔のNHKブラタモリで訪れていましたね。

a0332275_22141795.jpg

▲新宿の拠点再整備方針(新宿の拠点再整備方針より引用)

ちなみに、今年の3月に東京都と新宿区が策定した『新宿の拠点再整備方針~新宿グランドターミナルの一体的な再編~』では新宿駅付近の大規模な改造を構想中。

京王線新宿駅の北側延伸のような記述も見られ、今後も変化がありそうな新宿駅界隈です。

a0332275_22182401.jpg

▲新宿駅立体模型(田村圭介+昭和女子大学環境デザイン学科田村研究室)『東京 橋と土木展 土木コレクション2017』で撮影

ちなみに、「新宿ダンジョン」なんて言われたりする新宿駅、個人的にダンジョン要素は少ないと思っているのですが、立体の複雑さはやはりすごいものです。京王線京王新線の立体交差を考えただけでもわくわくします。なぜあんな深い場所に新線新宿駅や大江戸線新宿駅があるのかわかってきますね。

a0332275_22272108.jpg

▲西新宿二丁目付近

さて、新宿駅の話題だけで日が暮れてしまいそうなので西へ進みましょう。

こちらは甲州街道20です。この地下に京王新線が走っています。

京王線新宿駅が地下化する1963年までは京王線はこの街道上を走っていた(併用軌道)そうです。このあたりには新町駅が1945年頃まで存在していたようですが、かなり前のことで道路も拡幅され都市化が進んでその痕跡は見つけられません。ちょっと道路が広がってるのがそうなのか……わかりません。

京王線は渋滞などの影響で新宿駅の地下化と同時に線路も地下化したということだそうです。現在の京王線は写真はみだした左側の玉川上水跡を走っています。ちなみに京王新線が開通したのは1978年のこと。

a0332275_22415807.jpg

▲文化学園付近

この付近で京王線は併用軌道から専用軌道へと切り替わり、現在の京王線と同じルートをたどります。

京王線の開業から暫くの間は、ここから玉川上水と並行して地上に線路が敷かれていました。

その後、地下化されますが、地下化は主に2回に分けて行われました。1回目京王線新宿駅初台駅の先まで。2回目初台駅の先~笹塚駅手前までです。さらに1回目は一度に全部施工したわけではなく、1963年4月1日には京王線新宿駅~文化学園付近をいったん地下化し、1964年6月7日に初台駅先まで地下化しています。

ここの文化学園付近、正確には東側あたりもトンネルの出入口になったことがある場所ですが、そういったモニュメントなどは設置されておらず、広い遊歩道があるだけでした。玉川上水のモニュメントはありました。

a0332275_23030771.jpg

▲文化学園西側

暫くの間、玉川上水と並走します。現在は京王線玉川上水ともに地上に姿は見えず、緑道として整備されています。

何か所か京王線の換気口が設置され、電車の音が聞こえることがあります。

a0332275_23091421.jpg

▲地下化した当時の京王線ホーム(『鉄道ピクトリアル アーカイブス セレクション9 京王電鉄 1950~60』より引用)

玉川上水に並行した部分の京王線地下化にあたってはこのような手順で行われたようです。

玉川上水と京王線は別の場所にあったことがよくわかります。その後、玉川上水も暗渠化しているはずですが、それを調べると大掛かりになりそうなので止めておきます。(一応資料探したんですが)


a0332275_23160886.jpg

▲天神橋駅付近

さらに進み、この付近には1936年まで天神橋駅があったとのこと。この付近も同じように緑道となっていて、駅の痕跡らしいものは見つけられませんでした。

京王の天神橋変電所が隣接しているのが関係しているかはよくわかりません。

この先はまた別記事にて。

参考
京王電鉄50年史―京王電鉄
・首都東京・ターミナル駅断面透視図
「新宿の拠点再整備方針~新宿グランドターミナルの一体的な再編~」の策定について
地図・空中写真閲覧サービス
・鉄道ピクトリアル アーカイブス セレクション9 京王電鉄 1950~60
都市計画情報等インターネット提供サービス
・朝日・読売・毎日新聞社が撮った京王線、井の頭線の街と駅〈1960~80年代〉
撮影日:2018年6月14日、7月7日ほか
非公開コメントには返信しません。

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2018-07-25 00:00 | 散策 | Comments(2)

地下化から早5年 東急東横線の代官山から渋谷まで歩いた

a0332275_23303220.png

東急東横線代官山駅渋谷駅間が地下化してから早5年。地上の跡地がどのように変化しているのか見に行きました。

地上時代の写真と比較・・・したいところですが、当時の写真は撮っていないのでできません。残念。でも、ストリートビューには当時の写真がありますね。

代官山駅から渋谷駅方面に向かって歩くことにしました。実は代官山周辺に行くのは初めて。代官山で昼ごはんに牛丼屋を探していたんですが、ないんですね。意外です。渋谷まで行きました。


a0332275_23351775.jpg

▲代官山駅上の跨線橋から渋谷方面を見る

ホームの半ばから徐々にトンネルに入って行きます。ただでさえの上にある代官山から、の渋谷まで地下に潜って行くのですからすごいものです。

渋谷方面には10両編成化にむけてホームが延伸されています。

a0332275_23421030.jpg

▲渋谷1号踏切跡と「LOG ROAD 代官山」

線路はすぐにトンネルに潜ってここからは線路の跡を見ていきます。

手前の道路がある部分は「渋谷1号踏切」があった場所です。踏切は廃止され、横切る道路の勾配も均されているようでした。

a0332275_23560451.jpg

正面の線路跡地には東急の商業施設「LOG ROAD DAIKANYAMA」が開業していました。すぐ真下にトンネルがあるため低層の建物を建てているそうです。とても「代官山らしい」というか「東急らしい」施設だと感じました。

個人的にどうも東急のまちづくりって性に合わないんですよね・・・


a0332275_23564114.jpg

▲LOG ROAD 代官山の東側

代官山方面を振り返ってみます。

ここで急に標高をさげます。かつてはここから渋谷方面に向けて高架橋が続いていました。この道路も橋によって立体交差していた場所です。

橋脚の1本ぐらい残していても面白いものですが、そういうものはありません。

a0332275_00002810.jpg

▲コインパーキング

再び渋谷方面を見てみると、線路跡地には「東急ライフィア代官山CP」というコインパーキングがオープンしていました。

縦長の敷地が線路があったことを物語っています。


a0332275_00034443.jpg

▲山手線を越える

ここで山手線を越えていました。右側の渋谷清掃工場の脇に抜けていましたが、今ではもうわかりません。


a0332275_00075728.jpg

▲渋谷ブリッジ

山手線を越えると北に向かってカーブしていきます。

跡地には東急の複合施設「渋谷ブリッジ」が建設中です。線路の跡地の形状に沿ってカーブした建物です。施設には認定こども園やホテル、商業施設などが入居する予定だそうです。

a0332275_00251813.jpg

▲渋谷川沿い

渋谷川沿いにあった高架もいまはすべて取り壊し、遊歩道として整備が進んでいました。都会のどぶのような渋谷川も生まれ変わりつつあるようです。


a0332275_00292134.jpg

▲鉄道跡に設置中のモニュメント

渋谷川沿いの線路跡にはレールが再びひかれていました。ここに電車が通っていたことがわかりますね。

いまは東急東横線がここを走っていたことも記憶に新しいですが、20年30年経ったとき、こういうのがあるのとないのとでは当時の記憶というのは違ってくると思います。

a0332275_00385836.jpg

▲渋谷駅南街区

東急東横線渋谷駅の跡地の一部では「渋谷駅南街区土地区画整理事業」が進行中。まもなく終了予定で、この区域には「渋谷ストリーム」という複合施設ができる予定です。Googleが14階~35階のオフィスフロアすべてに移転入居予定とのこと。すごいわ。

渋谷の再開発はこれだけではありません。これはほんの一部。銀座線も埼京線もいろいろ工事しています。

おまけ
a0332275_00533533.jpg

▲埼京線・湘南新宿ラインホーム

埼京線・湘南新宿ラインホームは移設工事中。先日も工事に伴う運休がありましたね。


撮影日:2018年7月7日

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2018-07-23 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(0)

[京王線連立]笹塚駅 現況2018.6

a0332275_00285714.jpg

▲改札口

今回は笹塚駅です。

この付近は1972年(昭和47年)から1984年(昭和59年)にかけて連続立体交差事業が行われ、高架駅となっています。線路切り替えは1978年(昭和53年)。

笹塚駅~仙川駅間の現在事業中の連続立体交差事業では、この駅はさほど大きな変化はないと思いますが、代田橋駅方面では改変があるかもしれません。

また、ここから先、新宿方面にかけて京王新線の分岐駅です。京王新線は京王線の複々線という扱いだそうです。

a0332275_00514944.jpg

▲ホーム

2面4線のホームです。写真の左から1番線・2番線・3番線・4番線です。

1番線は京王線新宿駅からの全ての列車が停車・通過。2番線は京王新線からの全ての列車が停車します。

3番線は京王新線方面のほとんどの列車が停車。4番線は京王線新宿駅行きのほとんどの列車が使用します。以前、メンテナンスか何かで3番線から京王線新宿行きの列車が数本あった気がしますが、今もあるのかは調べるのを忘れました。


a0332275_01003138.jpg

▲新宿方面

左側の上り線にはポイントがありますが、右側の下り線にはポイントがありません。

ちなみに、京王線新宿駅に向かう上り線には踏切が1か所あり、仙川駅までの連続立体交差が完成しても新宿駅~仙川駅の踏切がゼロにはならないようです。どうもその踏切をどうにかする話を聞いたことがあるのですが忘れました。

a0332275_01095938.jpg

▲八王子方面

こっちには列車が折り返すための電留線が2本あります。

高架化工事はこれを維持しながら進めるのでしょうか?


a0332275_01114225.jpg

▲近隣商業施設から眺めた笹塚駅

ビルに囲まれた駅でした。ビルが影響してか、ホーム上では風が凄いときあります。



非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2018-07-01 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(2)

[京王線連立]代田橋駅~笹塚駅間 現況2018.2

a0332275_22300490.jpg

▲代田橋駅の北側

今回は代田橋駅~笹塚駅間です。

高架化のパンフレットによると、代田橋駅は駅北側の仮線に一旦線路・駅を移設後、現在地に高架化する方式です。高架化事業区間の駅ではこの方式はここだけのようです。

仮橋、高架駅ともに島式ホームになるようです。

駅北側では用地取得されている箇所がありました。

a0332275_22381620.jpg

▲環七通りを横断する

代田橋駅端から笹塚駅方面は既に高架化されていて、環七通り318とは立体交差します。

橋の名前は「環七こ道橋」といい、1963年8月に架けられたようです。環七通りの開通はこのころだったはずなので、環七通り開通当初から立体交差だったことがうかがえます。

古い地図を見ると環七通りができる前の細い道路も立体交差しているようですが。

a0332275_22541458.jpg

▲北側から撮影

この橋も架け替えられ、嵩上げされることになります。ただし増線部分は今の高さとほとんど変わらないようです(増線するつもりかわかりませんが)
a0332275_23002454.jpg

▲環七から代田橋駅方面

線路沿いの建物が少々低いのは、鉄道が都市計画決定しているからではないかと思います。


a0332275_23043985.jpg

▲笹塚方面の架道橋

笹塚駅方面は1972年度~1984年度(切り替えは1978年)にかけて高架化・地下化され、当時あった12か所の踏切が解消されています。

一部ではこのような低い橋もありました。


a0332275_23090909.jpg

▲線路脇

線路脇の建物は低層になっていたりします。マンションと一体となった建物でも、この部分だけは別構造になっているものがいくつかあります。


笹塚駅方面にいくつかの跨道橋がありますが、変化が少なそうなので、掲載は省略します。

a0332275_23112975.jpg

▲笹塚駅から代田橋駅方面を見る

笹塚駅からは代田橋駅が見えます。

代田橋駅方面に向かって下り坂になっていますが、将来は上り坂で高架になっていきます。

右側に2線ある引返線がどうなるのか、気になるものです。



非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2018-06-09 00:00 | 京王線連続立体交差事業 | Comments(0)

環状5の1号線・明治通り(千駄ヶ谷)進捗状況2017冬

a0332275_14115162.png

渋谷区~新宿区で行われている環状5の1号線(千駄ヶ谷)の道路新設・拡幅の進捗状況を見てきました。

この道路は渋谷区千駄ヶ谷五丁目~新宿区内藤町の間で行われているものです。新宿御苑の西側では新しく道路を新設し、既に完成している区間へと接続します。事業延長は約805m幅員は14~35m

事業区間の南側は、現在開通区間を含めて明治通りと呼ばれています。新規区間は今後何と呼ばれるのかわかりませんが、新宿四丁目などを通過する明治通りのバイパスとしての役割を果たすことになりそうです。

道路の都市計画決定は1946年(昭和21年)3月26日(戦災復興院告示第3号)。今回記事にする千駄ヶ谷区間の南側は1991年(平成3年)1月10日に事業認可(建設省告示第34号)、北側は2006年(平成18年)に事業認可され、現在も工事が行われています。2016年度(平成28年度)末での用地取得率は99%。

ここを見に行ったのは2017年12月13日です。記事公開時には状況が変わっています。(PC版では画像はクリックで拡大表示します。)

a0332275_14231873.jpg

▲工事を知らせる看板

a0332275_14410882.png

新宿御苑の西側の区間は、新宿御苑への配慮などから上下線2層構造になる計画です。既に北側のトンネル本体は完成しているようで、現在は南側の区間のトンネルや掘割の構築が行われているようです。

現場には事業案内所があったのですが、入っていいのかわからず、警報音が鳴るみたいなことも書かれていたので入るのが躊躇われました。


a0332275_14282130.jpg

▲事業区間の南側「鳩森小学校西信号」

鳩森小学校西信号から事業区間が始まります。

この南側の明治通りでも別の事業が行われていて、道路の拡幅が計画されています。それについてはこちら


a0332275_14312723.jpg

▲南側の事業案内

鳩森小学校西信号から新宿御苑手前までの区間は1991年(平成3年)に事業認可を受けています。その先、新宿御苑西側の区間は、平面式から都市計画変更をし現在の計画になり、その後平成18年に事業認可されています。


a0332275_14390894.jpg

▲新宿二丁目方面のトンネルが分岐する付近

現場に掲げられている事業看板などから予想すると、この付近から新宿二丁目方面への道路が分岐するようです。

現在は車道や歩道の形状を変更し工事が行われているようで、仮の路面などもありました。まだ大きな構造物は見えませんでした。

a0332275_22194565.jpg

▲千駄ヶ谷五丁目南信号

千駄ヶ谷五丁目南信号です。現在は信号付きの横断歩道があります。

工事により、道路は2車線に減少していて、車道は西側に寄せられています。今後、この信号箇所にはバリアフリー化した横断歩道橋が設置される予定です。


a0332275_22243587.jpg

▲現場に掲示されていた案内

2017年12月19日にはこの付近の切回しが変更される予定で、南行き車道が東側に寄せられるようです。北行きと南行き車道の間には空間ができるようで、今後トンネルや掘割の建設が行われるのかもしれませんね。


a0332275_22300157.jpg

▲ここから新設区間

計画道路は千駄ヶ谷五丁目交差点の北側から東側にそれ、新設区間へと向かいます。用地は既に確保されているようで、トンネル等の構築工事が行われていました。工事中のため現場には近くからカメラを向けていません。


a0332275_22383684.jpg

▲新規区間の分岐点より南を見る

ビルが道路際まで迫っているのがわかりますね。写真左側の路床は仮設のものになっています。真下に既にトンネルがあるのでしょうか。


a0332275_22583881.jpg

▲北側、甲州街道から南向き

新宿御苑都立新宿高校の間を抜けて、甲州街道の副道と交わります。甲州街道はこの西側でトンネルとなっているため、本線部分とは交差しません。実質的に甲州街道と立体交差となっているとも言えそうです。


a0332275_23093974.jpg

▲仮囲いの間から見えたトンネル

仮囲いの間からトンネルが見えました。その他はあまりよく見えませんでした。


a0332275_23143976.jpg

▲甲州街道から北向き

新設区間から北側は既に交通開放されています。甲州街道新宿二丁目交差点間は事業区間になっている資料と、そうでない資料があり、どちらが正しいのかわかりません。ただ、新設区間が開通する前に中央分離帯や交差点の改良は行われそうですね。

  ☆  ☆

a0332275_23183847.jpg

▲現在の明治通りで渋滞する自動車

新宿五丁目交差点~新宿四丁目交差点では渋滞が発生していました。開通後には軽減できるでしょうか。


非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2017-12-22 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(0)

環状5の1号線・明治通り(北参道)拡幅 進捗状況2017冬

a0332275_00143248.png

渋谷区千駄ヶ谷二丁目~千駄ヶ谷五丁目で行われている環状5の1号線(北参道)の拡幅進捗状況を見てきました。

事業延長は約900mで、2003年(平成15年)3月5日に事業認可されています(関東地方整備局告示第46号)。事業担当は東京都建設局第二建設事務所。

道路幅は27~30mです。事業区間の北側と南側ではそれぞれ別認可の事業が行われています。

a0332275_23255693.jpg

▲事業案内看板

現在ある道路から数メートル拡幅する形です。なお、平成29年度第二建設事務所事業計画によると、用地取得率は95%とのこと。


a0332275_23211742.jpg

▲千駄谷小学校交差点

事業区間の南端となる千駄谷小学校交差点です。ここから北へ向けて約900mが事業区間となります。道路は明治通りとして親しまれています。現在の道路は4車線で、拡幅後も4車線となる計画です。道路の両脇の高い建物は都市計画道路用地の外にあります。

a0332275_23344962.jpg

▲用地確保された土地

都市計画道路の範囲は建築制限があり低層や公開空地だった場所も多かったようです。用地取得箇所は簡易的に舗装され、歩道として供用されている箇所もありました。今後しっかりと整備をしていくものと思われます。


a0332275_23374425.jpg

▲S字カーブする

明治通りはゆったりとS字を描くようにカーブしていきます。この道路の地下には副都心線が通っていて、北参道駅はこの真下にあります。この付近の用地取得範囲は道路東側(写真の右側)のようです。


a0332275_23414852.jpg

▲北参道駅前

用地取得された箇所は簡易舗装で歩道として仮供用されています。見た感じ、4~5m程度の拡幅でしょうか。拡幅後は歩道4.5mを両脇に配置する形が標準となるようです。

この区間では電柱が立っていますが、道路の完成後は電線共同溝を設置し電線類は地中化されるようです。

a0332275_23445010.jpg

▲北参道交差点

北参道交差点で北参道と交差します。上に通っている高架は首都高速4号新宿線です。この交差点では、明治通りを南側から来た車は日中の右折が禁止されています。完成後は右折が可能になるのでしょうか?


a0332275_23500418.jpg

▲JR中央線と交差する

JR中央快速線・中央総武各停線と交差します。かなり古そうな橋ですね。歩道部分が狭いですが、計画上はどうなっているんですかね。ちなみに、この写真の左側には日本共産党の建物があります。


a0332275_23590575.jpg

▲鳩森小学校西信号

事業区間はここで終了します。ここから北は環状5の1号(千駄ヶ谷)へと続いていきます。こちらは目に見えるように工事が進んでいました。同時に見てきたので後で記事にします。



非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2017-12-19 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(0)

変わり行く上野駅と新宿駅

春というと何かと変化がある季節。
ダイヤ改正、オープン等々、町も変化の音が聞こえます。
a0332275_18562727.jpg
25日。新宿駅新南口にNEWoManという駅ビルがオープン。ニュウマンと読むそうです。
その場所には新宿駅のバスターミナルを終結させたバスターミナル「バスタ新宿」も4月4日に開業予定。
a0332275_18565670.jpg
当日朝、式典の準備中。
女性向けの施設みたいです。

a0332275_19004812.jpg
新南口には甲州街道改札やミライナタワー改札もできていました。サザンテラス口という名前は過去のものに。

新宿の大きな変化になりそうです。


a0332275_19015686.jpg
先日、所用で上野に行ったついでに、上野駅13番線に寄ってきました。
13番線というと、上野発の寝台列車が発車していたホーム。カシオペアが運転終了というニュースもありましたが、ひっそりとしていました。
a0332275_19021247.jpg
上野東京ラインができて早1年。上野発の普通列車も数を減らし、「ふるさとの訛なつかし」さは、もう無いのかも…しれません。
ただ、外国人が多い都心で、日本語を聞くと懐かしさを感じてしまいました。
(当日はダイヤ乱れのため宇都宮線は上野で折り返し運転をしていた)

北海道新幹線も開業し、まだまだ変化がありそうな東京都心です。

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2016-03-26 08:00 | 散策 | Comments(0)


「まち」の変化を追っていきます


by yunomi-chawan

プロフィールを見る
通知を受け取る

メモ帳

2015年にブログを移転しました。一部リンクが前のブログに飛びます。
まとめサイトを含む多種サイト、SNS等への画像の無断使用と引用を禁止します。
月間(8月期)10万PV達成しました。ありがとうございます。
コメントについて 非公開コメントへの返信は基本的に行っておりません。
以前のブログ
YouTube
役所メシ
東京都の都市計画道路
神奈川県の都市計画道路
埼玉県の都市計画道路
京王線連続立体交差事業

カテゴリ

全体
ブログ
鉄道
鉄塔
散策
地域
道路計画や開通など
京王線連続立体交差事業
未分類

最新の記事

(仮称)小田良上平尾トンネル..
at 2018-09-21 00:00
途中バス停わずか1つ 若葉台..
at 2018-09-20 00:00
新島橋架け替えと築地市場
at 2018-09-19 00:00
環状2号線暫定開通へ 9月1..
at 2018-09-18 00:00
環状2号線暫定開通へ 9月1..
at 2018-09-17 00:00
日本の三角測量の原点「相模野..
at 2018-09-16 00:00
国分寺3・2・8号府中所沢..
at 2018-09-15 00:00
東八道路 新府中街道~甲州街..
at 2018-09-14 00:00
放射5号線(高井戸東工区) ..
at 2018-09-13 00:00
放射5号線(高井戸西工区) ..
at 2018-09-12 00:00

以前の記事

2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月

最新のコメント

タイヤに小さなトゲが刺さ..
by yunomi-chawan1 at 23:43
ありがとうございます
by yunomi-chawan1 at 23:37
いまどき、自転車がパンク..
by 高井戸の住人 at 16:38
いつも拝見させていただい..
by Ran at 12:05
ありがとうございます。
by yunomi-chawan1 at 02:44
貴殿のブログ、非常に興味..
by 太郎 at 14:54

検索

タグ

(41)
(22)
(20)
(20)
(18)
(17)
(15)
(14)
(13)
(12)
(12)
(11)
(10)
(10)
(9)
(9)
(8)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

記事ランキング