タグ:杉並区 ( 24 ) タグの人気記事

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません

補助第132号線(西荻窪) 着手前の状況

杉並区の西荻窪で事業が予定されている補助第132号線の着手前の状況を見て来ました。

a0332275_22404705.png

補助第132号線杉並区大宮前五丁目(五日市街道交点)から練馬区下石神井町に至る全長約6,650mの都市計画道路です。

1947年(昭和22年)に戦災復興院告示により都市計画決定され、その後1950年(昭和25年)と1966年(昭和41年)に都市計画変更されて現在に至っています。特に1966年の都市計画変更では西荻窪駅付近のルートが変更されています。

西荻窪駅付近では神明通り青梅街道間の約1,070mで『第四次事業化計画』の優先整備路線に指定されています。杉並区が施行者となって事業が予定されています。現在ある幅員11mの道路をJR中央線より北側は16mに、南側は20mに拡幅する計画です。

事業は複数の区間に分けて行うようで、北側が最初の事業認可申請区間となっています。

ちなみに、この道路は一部で反対運動が起きているようです。杉並区内の阿佐ヶ谷の再開発、高円寺の都市計画道路でも同様の反対運動があるようです。

a0332275_21485921.jpg

▲参考(同様の構造の道路)調布市仙川

参考として、幅16mの同様の構造の道路を掲載します。幅16mは2車線の道路としては標準的な大きさで、とりわけ広いわけではありません。


都市計画マスタープランの位置づけ

都市計画マスタープラン(市町村マス)は都市計画法に基づき、市(区)町村の基本構想や都市計画区域マスタープランなどに即して、市(区)町村が創意工夫のもとに住民の意見を反映し策定するものです。まちづくりの基本理念や目標、全体目標、地域別構想などが定められることがあります。

杉並区では2013年に改定を行い、『杉並区まちづくり基本方針(杉並区都市計画マスタープラン)』として策定しています。

このなかで、補助第132号線についてはこのように位置づけされています。

・駅へのアクセスルートの強化や歩行環境の向上、駅南口の広場機能の充実などの観点から、都市計画道路補助132号線(青梅街道~神明通り)の整備の促進を図ります。
・都市計画道路補助132号線の整備にあたっては、沿道等の建物の共同・協調的建て替え、耐震化・不燃化建替えを誘導し、後背住宅の住環境に配慮した土地利用を図るとともに、みどりの軸や駅前通りとして地域のシンボルとなる沿道景観づくりを進めます。
・神明通りについても、歩行者空間の充実の観点から主要生活道路として整備を検討し、商店街としてのまちなみ形成の誘導、都市計画道路保持132号線との交差点部などの交通安全対策を検討します。
写真等
a0332275_23532564.png

撮影位置はこの通りです。

今回はこの事業が予定されている区間を見て来ました。偶然西荻窪を通りかかったので、「ついでに」といった感じです。

a0332275_23270233.jpg

▲①青梅街道から(桃井四丁目交差点)

ここから南側が事業予定区間となっています。

写真の道路の右側に拡幅するような形で、道路右側の建物は建築制限がかかって低層になっているのがよくわかると思います。

ちなみに、この付近一帯は大正時代~昭和10年(1935年)にかけて井荻町土地区画整理事業が行われました。この土地区画整理事業は当時の井荻村(1926年町制施行)の全域888haを施行区域とした大規模なもので、現在でも杉並区の中でこの付近の道路が碁盤の目状になっているのはこのためです。

a0332275_23360656.jpg

▲②桃井四丁目交差点の南側

戦前に土地区画整理事業が行われましたが、右折レーンが整備されていないなど、やや流れの悪い場所があるようでした。桃井四丁目交差点では、先発後発方式の時差式信号になっていました。

a0332275_23384194.jpg

▲③

現在の道路はこのような構造です。

2車線の道路の両側に歩道があり、プラタナス類の街路樹が植えられています。路線バスも多く走ります。

路上駐車や右折車両があると流れが滞る道幅ですが、この付近では比較的道幅の広い部類となるようです。

a0332275_23435271.jpg

▲④善福寺川

善福寺川を横断します。

この先やや右にカーブします。ちなみに、1966年の都市計画変更まではここをまっすぐ直進する計画でした。現在の計画が西荻窪駅南側で屈折しているのもそのためのようです。

a0332275_23562576.jpg

▲⑤善福寺川の南側

この付近も写真右側(西側)を拡幅するような計画です。建築制限があって道路に面するあたりが低層になっているのがわかると思います。


a0332275_23560199.jpg

▲⑥屋根のある歩道

西荻窪駅に近づくと、歩道に屋根があります。この付近は西荻北銀座という商店街のようになっています。


a0332275_00020990.jpg

▲⑦西荻窪駅の北側

沿道の高層化も進み、一部で屋根だけになっている個所がありました。


a0332275_00065067.jpg

▲⑧西荻北銀座

駅側から見るとこんな感じ。道路が拡幅されると、左側建物の高層部分手前まで広がるのがよくわかります。左側角の建物も昨年建て替えられたときに後退したようです。


a0332275_02425688.png

なお、区議会において、現計画に決定してから50年以上建築制限がかけられていたこともあり、現計画を変更する考えはないとの答弁があります。

a0332275_00094632.jpg

▲⑨西荻窪駅北口広場

西荻窪駅北口広場内にも都市計画道路(交通広場)があります。ただし、現状の計画ではさほど広くはならないようです。


a0332275_00125605.jpg

▲⑩西荻窪駅南口

現在の都市計画では南口にも交通広場が予定されています。こちらも現状の計画ではパチンコ店がなくなる程度で、大した大きさではありません。


a0332275_00161623.jpg

▲⑪西荻窪駅南口

この付近は幅20mに拡幅する計画となっています。現在のアーケード街(この道路の右側に存在)はこれに含まれませんが、再開発事業に向けて水面下で動いているようですね。


都市計画の情報は都市計画図等を参照してください。現在、再開発事業について都市計画上決定した事項はありません。

都市計画マスタープランにおいては西荻窪駅周辺はこのように書かれています。

a0332275_22050882.jpg

このようにあり、現在のところ再開発について明確に示されたものはありません。

道路計画が直接的に再開発に結び付くものではないものと考えられますが、道路の拡幅を起爆剤として再開発の機運が高まる可能性は考えられます。

市街地再開発事業は個人で行うもの、地主が組合を作り行うもの、再開発会社が行うもの、地方公共団体が行うもの、機構等が行うものなどいろいろあります。また権利変換方式の第一種事業と、管理処分方式の第二種事業があり、個人と組合は第一種事業のみ行うことができます。

都内の多くは組合施行の第一種市街地再開発事業ですが、組合の設立には権利者の2/3以上の同意が必要など、手段を踏むことになります。地方公共団体施行でもいろいろな決まりがあります。

ほかにも、市街地再開発事業とは別に、ある特定の人が土地を買い(地上げ)、1枚の土地として開発を行う可能性もあります。

杉並区は高円寺などでも別の道路で反対があるなど、このような再開発に敏感な地域であると感じています。現在ここの再開発について決定した事項はありませんが、どの地域であっても、その土地にふさわしいまちづくりを行う必要があると感じます。

撮影日:2019年7月16日 記載内容は執筆時または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。2019年7月31日一部追記

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2019-07-29 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(2)

東八道路の東側「高井戸~三鷹間」開通!区部と多摩地域が直結!開通時の様子や詳細など

a0332275_22482050.jpg

2019年6月8日15時に放射第5号線・三鷹3・2・2号線高井戸~三鷹間が交通開放されました。

2004年度(平成16年度)より事業に着手し、約15年で開通することになりました。

この道路の過去記事一覧
放射5号・東八
開通区間の概要
a0332275_00330033.png

この事業区間は上の通りで、4つの区間に分けて事業が行われました。

※各区間の詳しい状況は記事下に書きました。

三鷹3・2・2号線区間a0332275_00582625.png

この区間では2000年度(平成12年度)から久我山区間と合わせて総合環境アセスメント制度の試行を行いました。結果、沿道環境に配慮するとともに、既定の都市計画幅員30m(一部除く)で建設されることになりました。

2002年(平成14年)11月28日に事業説明会を行い、2004年(平成16年)5月24日に事業認可(関東地方整備局告示第206号)されました。

その後用地取得を進め、2014年度(平成26年度)より本格的に街路築造工事に着手しました。

道路は平面4車線。(車線数は往復合わせて数えるのが普通です)中央分離帯で仕切られています。


久我山区間

この区間では2000年度(平成12年度)から三鷹3・2・2号線区間と合わせて総合環境アセスメント制度の試行を行いました。

a0332275_01073696.png

環境配慮書の中では道路構造について3つの案が出され、結果、計画幅員を50m→60mに拡幅し、玉川上水など沿道環境の保全を図るものとなりました。

この区間の特徴はなんといっても、上下線の間に玉川上水が保全されたことです。

道路は平面構造4車線です。


高井戸西区間

この区間は中央自動車道と合わせて建設されました。道路は1975年に完成。しかし、沿道住民や小学校PTAなどの反対にあい、約9年ほど開通できず、1984年5月30日に2車線(片側1車線)の暫定形で交通開放されました。

a0332275_19372806.png

2車線の形態は30年近く続きましたが、2014年(平成26年)8月28日に4車線化する工事に着手しました。

4車線化に合わせて、これまで中央道高架の両脇にあった本線を高架下に移動。高架両脇は歩道や副道として再整備される予定です。

4車線化は一足早く、2018年11月25日22時に行われました。


高井戸東区間

この部分は首都高速新宿線4高井戸出入口(都心方面)などがある区間で、2018年度より工事に着手しました。

4車線化や合流部分の改良などが行われました。


a0332275_00423112.png

この道路を広域的に見ると、半蔵門から高尾山に至る東京の東西方向の大動脈を形成する重要な幹線道路で、今回開通したのはこの都心側の未完成区間でした。

西側は東京都と国によって現在事業中です。

東京西部の事業中の区間の記事

府中~国立間
東八(府中・国立)

日野バイパス(延伸)
日野バイパス(延伸)

八王子南バイパス
八王子南バイパス
開通式典の様子
a0332275_19381167.jpg

▲会場の入口

当日は10時より開通記念式典が行われました。場所は放射第5号線のすぐ脇の都営久我山アパート(都営住宅)建て替えのために更地になっている用地です。


a0332275_20200929.jpg

▲式典を行っているテント

事前の案内では一般人は会場内に入れないとのことでした。実際、式典を行っているテントの中には入ることができませんでしたが、会場内に別にモニタが設けられ、テント内の様子を見ることができました。


a0332275_20213065.jpg

▲一般人はモニタ越しに式典を見た

式典では小池東京都知事や都議会議員議長らが祝辞を述べ、また来賓の紹介などがあり、30分程度で終了しました。


以下に事業説明・祝辞を文字起こししたものを載せておきます。録音したものから文字起こししているため間違っているかもしれないです。クリックで展開します。掲載順は発言順です。

a0332275_22361416.jpg

▲移動する小池百合子東京都知事

式典後、開通する道路に移動をし、テープカット式とくす玉割を行ないました。


a0332275_22371230.jpg

▲テープカット式

東京都知事らがテープカットを行いました。


a0332275_22371382.jpg

▲くす玉割

議員らがくす玉を割りました。


a0332275_22390820.jpg

▲通り初め式

その後、関係者らが車に乗り、開通前の道路の通り初めを行いました。道路を往復し式典は終了しました。

式典後、15時の開通に向けて準備が進められました。

開通時の様子

開通区間が長く、全体を見渡すことは不可能なため、私は西端部で見ることにしました。

a0332275_22561723.jpg

▲関係者

13時過ぎより関係者が手順を確認しました。見ていた様子だと、分単位で手順が考えられていたようです。


a0332275_23001827.jpg

▲信号機のカバーを外す

13時半ころから信号機に被せてあったカバーの撤去を開始。いよいよ開通が近づいてきた雰囲気を感じさせます。


a0332275_23062938.jpg

▲白線に被せてあったシールの撤去開始

開通まで使わない白線には上から黒いシールが貼ってありましたが、これらの撤去も始まりました。


そして・・・

a0332275_23103767.jpg

15時ちょうど、白バイが先導し開通。

さっきまで静かだった道路が一瞬にして車で満たされ、不思議な感覚に襲われました。


その一方で・・・

開通から50分後、追突事故が発生。目の前でぶつかったので驚きました。道路を起因とするものというより余所見に見えました。

このほかにも、右折禁止箇所を右折したりだとか、脇道の進入禁止時間帯に進入したりだとか、逆走しかけているなど、至る所で事故の卵のようなものが発生していました。

まだまだほとんどのドライバーが慣れていない道路ではありますが、今後が少々不安になる事案でした。(聞いたところによると逆車線でも事故があったそうですが私は確かめていません)

各区間の詳細
a0332275_00330033.png
a0332275_23452490.png

簡単に示すと、このような構造になりました。

a0332275_23542332.jpg

幅員は30m(一部除く)で、そのうち幅7mの歩道等が車道両側に配置されています。

歩道等部分には植樹帯が設置されているほか、中央分離帯にも植栽がされています。

電線類は地中化されました。

a0332275_00003396.jpg

歩道等はこのような構造になっています。自転車空間と歩行者空間が分離されています。このような構造は西側で既に開通していた区間でも改良され採用されています。


そのほかポイント
a0332275_00103467.png
1. 中本宿通りとの交差点の中央分離帯は締め切り
a0332275_14155291.jpg

東八道路中本宿通りが交わる交差点は14:00に締め切られました。

締め切り前は結構曲がる車両がいましたが、迂回が必要になりました。


2. 下本宿通りと烏山通りとの丁字路の信号は廃止
a0332275_00210108.jpg

下本宿通り烏山通りが交わる丁字路の信号機は14:50に廃止されました。

東八道路下本宿通りが交わる交差点に新しく信号が設置されたことで、信号機の間隔が近いことや、下本宿通りの交通量が減ることを見越しているのかなと想像します。

また、合わせて下本宿通りを横断する横断歩道も廃止されました。

私が見ていた開通直後はかなり混乱した様子でしたが、暫く経ってどうなったか見に来たいですね。

3. 市道138号線との交差点の中央分離帯も締め切り
a0332275_00300350.jpg

市道138号線との交差点は中央分離帯で締め切られました。市道138号線は国学院久我山の北側を通る道路です。

通り抜けるには図で示したようなルートで迂回が必要です。

ここの締め切りにあたっては、工事中からよく文句を言っている人を見かけたものです。開通日も都の職員に怒鳴っている人を何人か見かけました。

a0332275_00340847.jpg

上り線→下り線への転回は、牟礼橋手前の転回路を使用することになります。


a0332275_00352408.jpg

下り線→上り線への転回は、図中の交差点で転回することになります。ただし、特別な転回路はないため、Uターンに近く、2トントラックがギリギリという感じでした。

実は、下り線→上り線への転回可能箇所は、(仮称)高井戸公園前交差点から約1.5kmに渡って存在しません。1.の中本宿通りへの右折もできなくなったことから、下り線→人見街道・久我山駅方面へはかなりアクセスしにくくなりました。

4. 人見街道とは接続せず
a0332275_00431571.jpg

人見街道とはかなり近づきますが、接続はしません。(歩行者の行き来は可能)

これまでは道路建設前から存在した生活道路の関係で行き来できましたが、15時頃に締め切られたものと思われます。

この部分については三鷹市が接続を要望しているようです。

ちなみに、写真左側の大ケヤキは切り倒されずそのままになったほか、ケヤキの根元にある庚申塔もそのままになりました。結構景観的な面でいい味を出していると思います。

a0332275_01253328.png

この区間は事業認可前に幅員を50mから60mに都市計画変更した区間で、その分広い歩道に充てられています。特徴は上下線の間に玉川上水が流れていることです。

a0332275_01274789.jpg

この区間は上下線の間に玉川上水があります。国の史跡でもあるため、これらを保全しながら工事が進められ、橋の部分などを除いて上水にはほとんど手を加えられていないようです。

玉川上水の両側には歩道とは別に玉川上水緑道が整備されました。

一方で、上下線が離れているためか、逆走しそうになっている車を見かけました。

a0332275_01400781.jpg

車道は片側2車線で、停車帯はありません。

上り線のみ2箇所、緑道と歩道を結ぶ横断用の信号機が設置されています。


a0332275_01415975.jpg

歩道を含む環境施設帯築堤区間副道区間の2種類で整備されました。

この写真は築堤区間で、車道と歩道等との間に築堤を設け植栽を設置しています。


a0332275_01415934.jpg

この写真は副道区間で、主に駐車場で入口がある場所などに設置されました。この部分では透明な遮音壁が設置されています。

このような構造は多摩地域では近年整備された調布保谷線府中所沢線などでも見られ、また新設する国道でも同様の構造が見られます。

なお、歩道の舗装は現在仮の状態で、今後インターロッキングブロック舗装がされる予定です。

そのほかポイント
a0332275_01471460.png
1. 右折禁止に注意
a0332275_01482648.jpg

図中の赤色で示した交差点は本線から右折禁止です。(脇道からの右折は可能です)
道路標識をよく見て通行してください。

右折している車を何台も見ました。


2. 久我山駅方面の歩行者専用時間帯に注意
a0332275_01500530.jpg

岩崎橋から久我山駅方面への道は朝と夕方の一部時間帯、歩行者専用になります。

この道路も入っていく車を何台も見ました。しかし、ちょっと標識が奥にありすぎないか・・・。

a0332275_01535083.png

ただ、ここの道路標識が不親切で、これが間違えて入ってしまう原因かもしれません。

放射5号線上には「指定方向外進入禁止」の標識が1枚だけ設置されています。それには左折は可能である標示となっています。

東京都では車両による規制、歩行者専用道などの規制に対して指定方向外進入禁止の標識を設置しない傾向にあります。この交差点も同様な理由、また歩行者専用道の時間帯が一部であることから左折も可能な標識を設置したものと思われます。この影響でか、左折が可能だと思ってハンドルを切り、歩行者専用の標識に驚き立ち往生する光景を見かけました。時間帯別に2枚の指定方向外進入禁止の標識を設置するのが親切だと思います。(…が東京都はそういうのあまりしないんですよね)

3. 岩崎橋~(仮称)高井戸公園前交差点の右岸側緑道は設置せず
a0332275_02022918.jpg

この区間は自然を保護する区間のため緑道は設置しないそうです。


a0332275_02054423.png

この区間は、これまで中央道高架脇にあった車道を高架下に移動させ、同時に4車線化する工事を行いました。

a0332275_02084674.jpg

この区間では2018年11月25日に4車線化を行いました。また同時に高井戸ICの出口との合流方法が変更されました。

4車線化にあたっては支障となった中央道の橋脚1基を移設するなどしています。また、横断歩道橋1か所も撤去されました。

詳しくは過去の記事を見てください。

a0332275_02115707.jpg

これまで車道だった部分は副道として改築される予定のほか、歩道等も再整備される予定です。


相変わらず危ない中の橋交差点

環八通りと交わる中の橋交差点は事業開始前とほとんど形状が変わっていません。人身事故都内ワースト1位にもなったことがあるくらい危険な交差点です。

「開通後も引き続き整備を実施します」とアナウンスされています。

a0332275_02233556.jpg

▲現段階でも廃止されていない交通島

この交差点には放射第5号線→環八通りへの左折に交通島が設けられ、「左折可」として信号に関係なく左折ができるようになっています。2018年の段階では、2018年12月に交通島を廃止することがアナウンスされていましたが、現段階でも廃止されていません

都の方によると、警察と調整中とのことです。

a0332275_02290589.jpg

▲短すぎる青信号

放射第5号線上りからの青信号は、開通1週間前に計測したら7秒、開通後に計測したら10秒でした(時間帯や交通状況によって変わるかもしれません)。短すぎて数台しか進めません。環八通りの車が無理に突っ込んできたりすると、青信号でも一切進めないこともあります。

開通前から渋滞することもありました。開通初日はたまたま通ったら開通していた車がほとんどでしょうから、新しい道として認知され始めたときにどうなるか気になります。

a0332275_02333757.jpg

▲環八内回り

環八通り(荻窪方面)→三鷹方面への右折はできません。もともと右折できない交差点でしたが、改良されていません。

以前は外環道開通後に状況を見て検討などと案内されていたような気がしますが、現在はどのような方針なのかわかりません。

迂回路としては、左折後高井戸入口を通り過ぎ下高井戸陸橋下にある転回路でUターンする方法などあるかなと思います。

a0332275_02424344.png

この区間では高井戸出入口付近の車線の変更などの工事を行いました。

a0332275_02503468.jpg

▲高井戸出入口

出口部分には2018年11月に合流用の信号機が設置されたほか、2019年4月~5月に入口の分岐形状が変更されています。

本線の片側2車線化に伴って最大3回車線変更をしなくてはならなくなることや、X交差となることなどの理由で信号機を設置しているものと思われますが、ネット見てると評判悪いですね。

工事着手前の様子はこちら
放射5号(高井戸東) 着手前状況2018.4
a0332275_02574896.jpg

▲上高井戸陸橋

上高井戸陸橋も4車線化しました。上り線(右側)は5月28日に、下り線(左側)は6月8日午前に片側2車線化しました。

上り線と側道との合流部には信号機が設置され、5月28日23時に稼働しました。


最後

今後は歩道などの整備が行われる予定です。

ここ1年くらい毎月のように見に来てましたが、もう暫く来ないかなぁ・・・

今回はまとめとして書いてみましたが、以前の記事で書いたため省略したものもあります。以下に過去の記事を載せておきます。

過去記事

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2019-06-09 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(31)

開通1週間前!東八道路・放射第5号線 施設見学会に参加

施設見学会関連
a0332275_16410271.jpg

三鷹市~区内の東八道路・放射第5号線が6月8日に開通するのを前に、1日に「施設見学会」が開かれたので参加してきました。

a0332275_16432078.png

これまで、少しずつ都心方面へ延伸してきた東八道路ですが、いよいよ6月8日に図の区間が開通し、区部と直結します。

6月1日には開通前の道路を歩いて見られる「施設見学会」が開かれました。事前応募などはなく、参加は自由です。

このブログではここ数年、この道路を何度も取り上げてきたので正直、新鮮味は全くありませんが、来週いよいよ開通するのかと思うと、不思議な気持ちになります。

施設見学会は上図の左側2つ、「久我山区間」と「三鷹区間」のみで、高井戸西・高井戸東は行われていません。

この道路の記事一覧
放射5号・東八
a0332275_16594366.jpg
模式図
a0332275_03394760.png

↑三鷹・久我山区間(下図左に続く)

a0332275_03400251.png

↑高井戸西区間(下図左に続く)

a0332275_03402969.png

↑高井戸東区間

※模式図のため一部表示などは省略しています。3つの図面で凡例を統一していません(すみません)

施設見学会の様子
a0332275_16481822.jpg

パンフレットやオリンピックバッジなどの配布があり、開通前の道路を自由に歩いて見ることができました。

「順路」とありますが、特に歩くルートが決まっているわけではありません。

東京都が造る特に大きな道路では、このような施設見学会を実施することがあります。最近ですと、環状2号線(豊洲付近)や、国分寺3・2・8号府中所沢線(新府中街道)などでも行われましたね。

a0332275_16520149.jpg

開通前の道路には、オリンピック関連の展示や、道路工事で使用した重機の展示なども行われていました。

テレビ局やケーブルテレビの取材なども来ていました。


a0332275_16533144.jpg

歩道の舗装で使用するインターロッキングブロックの素材と形状が決定したらしく、これも展示してありました。

現在の歩道は仮舗装で、開通後に工事を行い写真のインターロッキングブロックによる舗装となります。


a0332275_16563931.jpg

国立~三鷹間の東八道路の事業期間の図がありました。

昭和30年代から作っていたんですね。


職員さんに聞いた

Q:岩崎橋~高井戸公園間の玉川上水右岸には遊歩道は造らないの?
A:自然保護区間としているので造らない。

Q:昨年12月に予定されていた中の橋交差点の切り替えはまだ行われていないが?
A:警察と調整中で、開通後の交通状況を見ながら切り替える。

Q:国道昇格はある?
A:ない。東京都が管理する。
(※以前国土交通省の方に聞いた時にもないと言っていました。)

Q:牟礼橋西側、人見街道沿いの空き地は今後の整備に関係ある?
A:ない。

進捗状況
現在行われている工事一覧
a0332275_01540602.jpg

6月上旬までの予定で、街路築造工事(29三-放5高井戸)が行われています。もうまもなく終わるでしょう。


a0332275_01554459.jpg

2020年1月上旬までの予定で街路築造工事(30三-放5久我山・高井戸)が行われています。おもに歩道の舗装を行います。


a0332275_01584163.jpg

工事ではありませんが、環境影響評価関連の調査予告が掲示されていました。


5月19日からの変化点

施設見学会の前後で道路の進捗具合を見てきました。施設見学会開催区間以外も含みます。

範囲が散らばっているため、位置の表示は今回はGoogleMapsにより代えさせていただきます。

◎上高井戸陸橋上り線に合流信号機運用開始!
a0332275_02031895.jpg

環八通りをオーバーパスする上高井戸陸橋上り線と側道の合流部の信号機が、5月28日23時より使用開始されました。

同時に上高井戸陸橋の上り線も片側2車線化しました。

陸橋(本線)の片側2車線化に伴い、側道から首都高速高井戸入口に行くためには車線を3回車線変更が必要になったため、ここに信号機を設置し交互に青にすることで車線変更を容易にしています。

高井戸出口と一般道の合流部も2018年11月18日頃に信号機の使用を開始しました。これも同様の理由と思われます。

a0332275_02121337.jpg

上高井戸陸橋の下り線については現在も片側1車線ですが、簡易的な柵が置かれているだけで、いつでも開放できそうな雰囲気です。


◎ローソン前交差点の横断歩道を移設
a0332275_02144581.jpg

ローソン高井戸二丁目店前の交差点の横断歩道が移設されました。

移設自体は1ヶ月ほど前より予告されていました。

なお、写真に写っていない脇道の横断歩道2箇所も移設されています。


◎これまで見られなかった部分も見学会で開放
a0332275_02164432.jpg

久我山区間は工事中も通行できる箇所が多く、見学会開催以前から多くの場所で工事の進捗を見ることができました。

ただ、岩崎橋東側の下り線など一部ではこれまで近くから見ることができなかった箇所もありました。今回の施設見学会ではそんな場所も一部以外見ることができました。

写真は岩崎橋東側の下り線です。道路の構造としては上り線とほとんど変わりません。

◎縁石など細かいところも修正
a0332275_02273897.jpg

縁石などの細かいところも修正されました。

設計ミスなのか施工ミスなのか・・・?


◎三鷹区間でもやっと開通案内掲示
a0332275_02291384.jpg

これまで開通の案内看板は久我山・高井戸西・高井戸東区間でのみ掲示されていましたが、三鷹区間でもやっと掲示されました。

ただ、この大きさだと走っている車から見えないと思うぞ・・?


a0332275_02312806.jpg

道路開通後、人見街道東八道路は直接行き来できません。

現在は事業前から存在した生活道路を維持する関係で行き来ができますが、6月8日15時以降締め切ることを示す看板が掲示されました。

ちなみに、撤去されずに残っていた「3月切り替え」の看板はやっと撤去されました。

a0332275_02345727.jpg

下本宿通り(東八道路)から中本宿通りへは6月8日14時以降右折できなくなります。

話はそれるが・・・
込み入った話
a0332275_01164433.png

千代田区の半蔵門付近から八王子市の高尾山IC付近まで、一連して決定している都市計画道路が放射第5号線東京八王子線です。

放射第5号線は23区内(東京都市計画区域)の都市計画道路名称で、東京都市計画道路幹線街路放射第5号線を略した言い方です。23区内は環状第8号線や放射第7号線、補助第156号線のような都市計画道路の名前となっていますが、こんな名前は東京都市計画区域くらいです。(大阪もちょっと特殊)

東京八王子線は多摩地域の都市計画道路名称です。実際には「三鷹都市計画道路3・2・2号東京八王子線」、略して「三鷹3・2・2号東京八王子線」のように都市計画区域名称と番号が付きます。

a0332275_01271649.png

東京八王子線を日野・八王子の方に進むと「日野バイパス(延伸)」や「八王子南バイパス」のような名前を聞くことがあるかもしれません。

これは国が行っている事業の名称で、都市計画道路の名称ではありません。

a0332275_02504728.png

さらに、「東八道路」や「日野バイパス」という名前を聞いたことあるかもしれません。

これは東京都が決定した通称道路名です。東京都では「甲州街道」や「靖国通り」といった通り名を正式にどこからどこまでと決めて告示しています。
1962年に最初の決定以降、1963年、1984年、少し時間をあけて2014年4月1日に決定しています。通称道路名で決定した名称は道路標識などでも使われます。

東八道路」が最初に登場したのは1984年の通称道路名決定のときで、それまでは「30メートル道路」などと地元では呼ばれていたようです(幅が30m)。ちなみに東八道路の「東」は「東京」を、「八」は「八王子」のことです。ただ通称道路名としては八王子まで到達してないんですよね。

日野バイパス」が通称道路名として決定したのは2014年のこと。それ以前の国の事業名が日野バイパスであったこと、市販の地図などでもっぱら日野バイパスが使われていたこともあって、追従する形で決定しました。

ちなみに国の事業名である「八王子南バイパス」は通称道路名としてはまだ決定していません。

a0332275_04001618.png

まとめるとこんな感じです。

この道路が通過する範囲では都市計画区域=市域となっていますが、そうではないところはたくさんありますので(例:多摩都市計画区域=多摩市・稲城市)注意してください。

この道路の歴史

東京八王子線が一番最初に決定したのはいつだろう・・?と調べると、昭和40年前後が引っかかります。都市計画図にもそう書いてあります。

しかし、それ以前にもかなり似たルートで都市計画道路が存在しました。それは昭和10年代、多摩地域の市町村に都市計画法が初めて適用された時期まで遡ります。

a0332275_03293877.jpg

これは昭和18年に府中市(だいたい)の範囲で決定した都市計画街路の図面です。図面上の方に東西に横切り、西側でやや南下しているのが東京八王子線にかなり近い計画線です。

その後昭和40年前後(府中では昭和37年)に都市計画道路の全面的な改定があり、昭和10年代の決定をすべて廃止、新しく決定と流れをとります。これは変更という扱いではないそうで、これがゆえに現在の都市計画図を見ると、当初決定は昭和40年前後になるのです。

何が言いたいかというと、この道路は多摩地域に都市計画が誕生した昭和10年代から計画があったということです。(厳密にはルートが若干違ったりするので100%一致はしません、あと23区内の放射第5号線はもっと複雑です。)

個人的には、この昭和10年代~40年代・45年くらいまでの多摩の都市計画についてもっと調べたいと思うところです。


非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2019-06-02 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(14)

東八道路・放射5号 進捗状況2019年2月

東八道路(三鷹3・2・2号東京八王子線)放射第5号線の進捗状況を見てきました。

a0332275_23351172.png

様子を見に来るのは1月13日以来です。(記事にしてない区間もありますが)

今回は事業中区間全部をまとめて記事にします。1月との変化点のみをダイジェストで載せます。

首都高 高井戸出入口付近
a0332275_23452193.jpg

▲高井戸出入口付近(都心方面)

高井戸出口と一般道合流部の信号機は2018年11月から運用されていますが、現在は一般道の縁石等の工事をしていました。

あまり工事は進んでいないように見えます。

a0332275_23483871.jpg

▲三鷹方面 中央高架は「上高井戸陸橋」

左が下り線(三鷹方面)、右が上り線(都心方面)です。

上り線の上高井戸陸橋(本線)と側道との合流部で街築工事を行っていました。

下り線はそれほど変化がないように見えますが、上高井戸陸橋の入口部分にあった「50km/h」標識が無くなり、側道分岐側に新しく「50km/hここから」が設置されました。

のちほど書きますが、2月初旬に道路標識が設置されたようで、制限速度も変更されたみたいです。

中の橋交差点
a0332275_23560083.jpg

▲中の橋交差点

中の橋交差点はあいかわらず以前の運用のままです。

私が見に行ったときは信号機の制御盤の工事をしていました。

当初12月に切り替えが予定されていましたが、都に問い合わせたところ、警察協議が難航し現在も切り替えは未定とのことです。

上高井戸陸橋
a0332275_00000492.jpg

▲三鷹側から撮影

環八通りを飛び越える上高井戸陸橋上り線は2月22日~3月1日までの予定で、工事のため夜間通行止となります。(下り線は見損ねました)

また、下り線・上り線同様に、「原付」の補助標識が追加されました。今後、上の空いた場所に本標識が追加されるものと思われます。※自転車・軽車両進入禁止は以前からあったが工事に伴い標識が撤去されていた期間がある模様。上り線は少し手前に設置されていた模様。

久我山区間
a0332275_00291717.png
a0332275_00195346.jpg

1月上旬~6月10日までの予定で、街路築造工事のうち道路植栽工事(30三ー放5久我山)が始まりました。施工業者は株式会社大場造園です。

a0332275_00295558.jpg

▲(仮称)高井戸公園前~岩崎橋間下り線

この区間の下り線はこれまで通れるようになったことはなく、どうなっているのか気になるところです。

両端から見た感じでは何らかの工事をしてます。


a0332275_00315383.jpg

▲(仮称)高井戸公園前~岩崎橋間上り線

岩崎橋~(仮称)高井戸公園前の上り線のうち、途中横断路から三鷹側では白線が設置されました。

ここだけ見ると今すぐにでも開通できそうなんですけどね。


a0332275_00354024.jpg

▲道路標識が新しく設置

2月初旬に道路標識が新しく設置されたようで、久我山区間の各所でピカピカの道路標識を見ることができました。

特に兵庫橋から三鷹方面は50km/hの制限速度となるようです。※上り線は兵庫橋で「ここまで」、上り線は兵庫橋で「ここから」となっている
既に開通している東八道路では杏林大学病院北から西側が法定速度60km/h、東側が50km/hの速度制限となっているハズですので、杏林大学病院北~兵庫橋は50km/hが最高速度になるようです。60km/hでも良い気がするんですけどね。
兵庫橋から都心側は、新しく設置された速度制限の標識がありませんので(ただし従来の20km/hは仮設で引き続き設置)、今後40km/hの標識が設置されるのでなければ、60km/hになるのかなと思います。(書く必要ないと思いますが…60km/hの標識は通常設置されない)

三鷹3・2・2号
a0332275_00494941.png
a0332275_00500678.jpg

▲牟礼橋の横断路

牟礼橋のうち東八道路に横断用の信号機が設置されました。夜間押ボタン式です。


a0332275_00534862.jpg

▲牟礼橋西側

上り線の工事をしていましたが、車道部分はほぼ完成したようで、現在は上り線の歩道部分の工事をしていました。

切り回し道路はいずれ通れなくなるはずですが、いつ頃になるんでしょうか?

a0332275_00595397.jpg

▲牟礼橋西側の交差点

この交差点はいずれ中央分離帯が設置され締め切られる予定です。2月初旬には通行止めにして工事が行われたようです。

さて、開通時期ですが、都に問い合わせたところ、年内を予定しているが、年度内はなく、未定とのことです。

以上。

撮影日:2019年2月15日 記載内容は執筆時または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2019-02-16 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(19)

放射5号線(久我山)と中の橋交差点 進捗状況2019年1月

a0332275_00052074.png

放射第5号線(久我山)の進捗状況を見てきたので報告します。

前回記事にしたは2018年11月ですので約2か月ぶりです。

道路の紹介は以前の記事で書いているので省略します。

道路概要・過去記事・未来記事
放射5号・東八

この区間の1つ前の記事
放射5号線(久我山) 進捗状況2018年11月
中の橋交差点

と、その前に、環八通りと交わる中の橋交差点の様子だけここで書いておきます。

a0332275_00150272.jpg

▲中の橋交差点

10月のお知らせで、12月中の車線切替が予定されていた中の橋交差点は、予定通り切り替えられることはなく1月13日現在も変わっていません。

左折可の廃止や信号サイクルの変更が行われる予定です。


久我山区間
a0332275_00385610.jpg

今回行われていた工事です。


a0332275_00525571.jpg

次回工事予告が貼られていました。6月上旬までの予定で植栽工が行われます。既設部分は除草も行うようです。

a0332275_00295904.png

撮影位置はこの通りです。

a0332275_00302655.jpg

▲①牟礼橋から都心方面(上り)

遮音壁等の設置が完了しています。現在この区間の上り線では玉川上水沿いの遊歩道のみ通行できます。


a0332275_00413801.jpg

▲②兵庫橋公園前の横断路

牟礼橋~兵庫橋の中間付近、上り線のみ横断用の信号機が設置されました。前回11月の時点ではポールのみ設置されていました。

信号は昼夜間問わない押しボタン式です。

下り線には設置されていません。

a0332275_00433742.jpg

▲兵庫橋公園前の横断路の押ボタン

押しボタンは従来型が採用されています。(ここのところ触れるタイプの設置が多く、三鷹方面は触れる方式が採用)


a0332275_00502215.jpg

▲③兵庫橋

兵庫橋にも信号機が設置されました。


a0332275_00554165.jpg

▲④岩崎橋

岩崎橋にも信号機が設置されました。


a0332275_00564317.jpg

▲⑤岩崎橋~(仮称)高井戸公園前間

ここにも横断用の信号機が設置されました。昼夜間を問わない押しボタン式です。


a0332275_01135020.jpg

▲⑥岩崎橋~(仮称)高井戸公園前間の歩道

この間の自転車歩行者道には通行区分を明示する看板が設置されました。


a0332275_01153262.jpg

▲⑦(仮称)高井戸公園前交差点

ここにも信号機が設置されました。


信号機も設置され開通も近づいてきましたが、植栽等どれだけ完成させて交通開放させるつもりなのでしょうか。

撮影日:2019年1月13日 記載内容は執筆時または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2019-01-15 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(6)

放射第5号線 高井戸西区間 (高井戸IC付近) 高架下の本線部分供用開始

a0332275_12291376.jpg

三建・放5かわら版Vol.13、三建・放5ニュースVol.21【合併号】より

放射第5号線中の橋交差点(仮称)高井戸公園前付近の高架下本線が11月25日22時に交通開放したので様子を見てきました。

a0332275_20584566.png
a0332275_20585499.png
a0332275_23335371.png
過去・未来記事・概要・その他の区間の記事はこちら
タグ:放射5号・東八

この区間の1つ前の記事はこちら
放射5号線(高井戸西工区) 進捗状況2018.11
a0332275_23431596.png

西側から様子を見ていきます。撮影位置は上のとおりです。

a0332275_12324350.jpg

▲①(仮称)高井戸公園前交差点から新宿方面(上り線)

今回供用開始されたのは、ここから中の橋交差点までの、中央道高架下の本線部分です。

これまで、高架の横を片側1車線で供用されていましたが、通行部分が高架下に移動し、片側2車線での供用となりました。工事がまだ続いているため、車線が減少している箇所があります。

なお、ここから三鷹方面はまだ工事中のため、引き続き下本宿通りを通って三鷹の東八道路方面に行く必要があります。

a0332275_12371865.jpg

▲②(仮称)高井戸公園前交差点から新宿方面(下り線)

まだ三鷹方面に全線が開通していないので、この付近ではレーンが絞られています。

この交差点には信号機も設置予定で、ポールが準備されていることがわかります。先週と比べてもかなり交差点らしく仕上がってきたので、東八道路方面の開通もそう遠くはなさそうです。

a0332275_12392011.jpg

▲③ローソン前交差点西側から新宿方面

こんな感じで高架下に収まっています。

右折レーンを作るスペースがなく、右折が禁止されています。この先の転回路でUターンして、反対向きから左折する必要があります。(俗にいう「ミシガン式交差点」に似た方式です。)

a0332275_12443353.jpg

▲④ローソン前交差点から府中方面

本線部分が供用され、従来の道路(写真一番左)は沿道施設へのアクセス道路(副道)となりました。ただ、案内が不十分なため、迷っている車や誤流入が多くありました(左へ行っても抜けられるんだけどね)。

横断歩道は設置中で、白線を踏まないように促されました。

a0332275_12474390.jpg

▲⑤ローソン前交差点から新宿方面

こんな感じになっています。

交差点の新宿側にあった横断歩道は撤去されました。


a0332275_12484349.jpg

▲⑥ローソン前交差点から新宿方面

この先で中央道E20高井戸ICと合流します。合流方法が変更され、信号が交互に青になることにより合流します。(合流部分は歩道から撮影不可能)

信号は、高井戸IC側が60秒、放射第5号線が40秒の青信号でした。※数秒違っているかもしれないし、時間帯、交通量によって違うかもしれません。

写真の渋滞は合流による渋滞というよりか、この先の工事による車線減少によるものの方が大きい感じでした。ただ、まだ東八道路方面に全通していないので、これは様子見かもしれませんね。

a0332275_12523298.jpg

▲⑦高井戸IC出口

遮音壁でよく見えませんでしたが、車列が中央道本線まで伸びていることは、私が見ていた時点ではなかったようです。

写真右手の道路は従来の放射第5号線ですが、本線供用により使用中止されました。今後、副道として再整備されます。

a0332275_12544275.jpg

▲⑧使用中止された従来の本線

今後、沿道施設へのアクセスのための副道として再整備されます。副道から本線への合流とか見通し悪そうだけど大丈夫なのかなぁ。


a0332275_19413201.jpg

▲⑨昌栄橋交差点から新宿方面

私が見たときに発生していた渋滞は、写真奥で1車線を規制して工事をしていた影響が大きかった模様です。

ちなみに、昌栄橋交差点は脇道にのみ名前の書いた標識があり、放射第5号線側には存在しません。

a0332275_19441643.jpg

▲⑨昌栄橋交差点から新宿方面と副道

交差点を過ぎたところで副道が左へ分岐しています。副道であるにもかかわらず、環八通り方面への分岐だと勘違いした車が何台も流入していました。

迷っている車も何台も見られました。


a0332275_19535689.jpg

▲⑨案内表示が悪すぎる

間違えて副道に流入した車も、車が悪いのではなく、案内表示が悪すぎるのだと感じました。

副道」なんて言葉を一般人が知るわけがなく、さらには切り替え前の看板が残ったまま。その看板も不親切。こんなのわかるわけがないです。

a0332275_19543743.jpg

▲⑨結局目隠しされた

結局、大きい方の案内看板はブルーシートで目隠しされ、縦長の方は「副道」と書いてある部分がシールで目隠しされました。現場の力です(?)

関戸橋のときもそうですが、交通切替の時は相当な案内板が必要だと思います。来月にはこの先の中の橋交差点の「左折可」が廃止され、信号サイクルも変更されますが、信号無視して左折する車が出るのではないかと不安です。

a0332275_19580551.jpg

▲⑩副道に誤って流入した車

副道に流入した車は工事車両に行く手を阻まれていました。

今後、恒久的に副道は開放されますので、案内方法をしっかりした方がいいと思います。


a0332275_20382351.jpg

▲⑪天神橋歩道橋から三鷹方面

写真左側、従来は副道に本線が合流する方式でしたが、それが逆転し、本線に副道が合流する方式に変更されています。


a0332275_20421083.jpg

▲⑫天神橋歩道橋から三鷹方面の副道(側道)

本線への合流箇所は、現時点では公安委員会による道路標識は設置されていませんが、工事看板で一時停止と書かれています。今後はどうなるでしょうか。

左側は副道ですが、間違えて流入する車がありました。本線に戻ることはできますが。「この先生活道路」と「→」しか書かれていないのですから間違えますわ。「→」の意味もよくわからないし。

a0332275_20461121.jpg

▲⑬天神橋歩道橋から新宿方面

上高井戸陸橋はまだ4車線化工事が行われていません。


a0332275_20473743.jpg

▲⑭中の橋交差点西側

中の橋交差点の形状・信号サイクルはまだ変更されていませんが、右側に転回路が開設されました。

上の昌栄橋交差点やローソン前交差点で右折したかった車はこの転回路を通って逆側から左折することになります。

a0332275_20491254.jpg

▲⑮転回路

転回路の様子はこんな感じです。


今日見た感想は、
・案内表示が悪すぎる
今後案内標識など設置されると思いますが、迷わない安全な道にしてほしいなぁと思いますね。

11月26日12時頃初版公開、27日0時頃最終更新

撮影日:2018年11月26日 記載内容は執筆時または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2018-11-27 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(9)

久我山、浜田山、八幡山・・・杉並区と世田谷区にそびえる山々を縦走した

a0332275_23060746.jpg

久我山浜田山八幡山千歳烏山という山をご存じだろうか。

そう、杉並区と世田谷区にそびえるあの有名な「」です。

近くには「富士見ヶ丘」なる「」も存在しています。

今回はその山々を縦走してみました。かなり険しい山でした(大ウソ)。

え。指摘されても困るので、そんな山は無いです。暫くお付き合いください。

富士見ヶ丘
a0332275_00002243.jpg

まず始めはウォーミングアップとして「」からスタート。京王井の頭線の富士見ヶ丘駅です。

a0332275_00063074.jpg
基盤地図情報 基本項目 533944, 533945, 533934, 533935 平成30年10月1日発行 軌道の中心線・道路縁・標高点

基盤地図情報から道路と線路、等高線と標高点のみ抜き出しました。測量法上、地図に書き加えることができないので言葉で説明します。地図の中央付近が富士見ヶ丘駅です。

地図を見る限り、駅の東側に小高い丘があるので行ってみましょう。登山開始です!

a0332275_00150843.jpg

富士見ヶ丘駅の南口から出て道路を横断し、正面の道を進みます。

道路脇のブロックを見ると、ほんの少しだけ登り坂なのがわかります。

いよいよ登山らしくなってきました!(きてません)

a0332275_00201723.jpg

たぶんこの辺りが富士見ヶ丘駅周辺の最高地点です。たぶんね。

地理院地図によると、標高は48mほど。

最高地点は井の頭線の跨線橋の付近です。地図を見て推測すると、もともとは小さな山だったと思われ、井の頭線が切通しのように突き抜けています。

ちなみに、この付近に「富士見ヶ丘」という地名は存在しません。駐在所や郵便局、中学校の名前にはなっているんですけどね。あと、富士山は見えませんでした。

久我山
a0332275_00351365.jpg

次は久我山!

富士見ヶ丘駅から電車に乗って、お隣の久我山駅まで縦走です。

えっ。電車で……それって縦走なのか!?
というか、井の頭線の短い1駅間で電車乗ってる自分が恐ろしい。

a0332275_00390110.png
基盤地図情報 基本項目 533944, 533945, 533934, 533935 平成30年10月1日発行 軌道の中心線・道路縁・標高点

例の如く、地図中央付近が久我山駅です。

どうでしょう。北西側に盛り上がりがありますね。これは登山なんじゃないか!?

a0332275_00410305.jpg

久我山駅から神田川を上り少し行くと右手に見えてきました。

これは山だよな?


a0332275_00443492.jpg

おぉぉ~これは山だ!


a0332275_00465531.jpg

一段高いところに久我山稲荷神社がありました。高いところにはこういうのがありがちですね。

ただし!これは久我山(Mt.Kuga)じゃないです。


Wikipediaによると、

「くが」とは空閑地や陸地のことであり、武蔵野の新開地の意と推測される。古くは久ケ山とも。
フリー百科事典:Wikipedia - 久我山

とのことですので、久我山駅に近い標高の高い場所ってだけでした。

a0332275_00535288.jpg

この場所の標高は52m程度。一段低い場所より7mほど高い場所です。景色は……うーん。


浜田山
a0332275_00562701.jpg

久我山駅から3駅で浜田山駅です。途中の高井戸駅も音の感じが非常に高そうですが通過。

忘れていませんか。私は今、山を縦走しています。

a0332275_01105261.png
基盤地図情報 基本項目 533944, 533945, 533934, 533935 平成30年10月1日発行 軌道の中心線・道路縁・標高点

中央付近が浜田山駅ですが、高そうな場所が存在しません。これでは登山もできない!

地名の由来は

現在町域内にある杉並南郵便局付近一帯は江戸時代まで江戸・内藤新宿(現在の新宿区新宿)の商人・浜田屋の所有地で松やクヌギの林(付近では「山」と呼ばれていた)になっていたほか浜田屋の墓があり、彼岸の時は浜田屋の人間が江戸から当地まで墓参りに訪れていた。墓参りの際には、村の子供たちに銭やお菓子などが配られるのが恒例で村ではお祭りのような賑わいであったといわれている。この浜田屋の山から浜田山の地名が生まれ、現在の地名になったと言われている。
フリー百科事典:Wikipedia - 浜田山

とのこと。さらに適当にネットで調べると杉並南郵便局辺りがそうだったみたいなので行って見ることにしましょう。

a0332275_01194005.jpg

浜田山駅前。谷口集落とかでしょうか(すっとぼけ)。


a0332275_01213496.jpg

浜田山駅から井の頭通りに向けて若干登っている!?

地理院地図によると、駅前から井の頭通りまでの約250mで2mほど登っているみたいです。勾配は0.8%程度。


a0332275_01273967.jpg

その杉並南郵便局に到着。

んまぁ、その……。ふーんって感じ


八幡山
a0332275_01332542.jpg

明大前駅で京王線に乗り換えて八幡山駅へ。

いやぁ……極めて平らな土地です。

Wikipediaには

村内にあった八幡神社が由来といわれるが、定かではない。一般的には一丁目の八幡社が由来の神社とされている。
フリー百科事典:Wikipedia - 八幡山(世田谷区)

と、されているので、とりあえず行って見ましょう。

a0332275_01373455.jpg

住宅街にある神社でした。意外と立派。別にここが高い場所にあるわけでもなかったです。


千歳烏山
a0332275_01405679.jpg

京王線って東京でもトップクラスの登山電車なんじゃなかろうか・・・(東急も末尾に山が付く駅が多い)などと考えているうちに千歳烏山駅に到着。

もう!山なんかないよ!終わり!!

京王永山・高尾山口

行かないよ!

撮影日:2018年11月18日 記載内容は執筆時または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2018-11-24 00:00 | 散策 | Comments(7)

放射5号線(久我山) 進捗状況2018年11月

a0332275_16195618.png

放射第5号線(久我山)の進捗状況を見てきました。東八道路の延伸先の区間です。8月以来の訪問です。

この記事を書いた11月21日の時点では、まだ開通などの詳しいアナウンスはされていません。もう少しかかりそうです。

他の区間や、過去・未来記事、概要は下記より参照してください。

概要・過去・未来記事など
タグ:放射5号・東八

この区間の1つ前の記事
東八道路(三鷹3・2・2号)・放射5号 進捗状況2018.8
工事看板など

見落としがあるかもしれませんが。

a0332275_16290112.jpg

▲街路築造工事及び電線共同溝設置工事(28三-放5久我山)

マルト建設株式会社が施工しています。工期は8月時点と変わらず11月27日までです。


a0332275_16355215.jpg

▲街路築造工事のうち道路照明設置工事(30三-放5久我山)

株式会社エーデンが施工しています。8月の時点ではやっていなかった工事です。工期は11月19日まで。

入札情報サービスによると、道路照明設置工57基、歩道照明設置工28基、分電盤設置工4基、配管敷設工697.3m、配線工2494.5m、ハンドホール設置工10基、道路照明撤去工5基 などが内容のようです。

a0332275_16414059.jpg

▲街路築造工事のうち遮音壁設置工事その2(29三-放5久我山)

株式会社エスアイエムが施工しています。8月時点と同様に工期は12月17日までとなっています。


写真等
a0332275_16471656.png

撮影位置はこの通りです。

a0332275_16490712.jpg

▲①(仮称)高井戸公園前交差点

この辺りも別途工事によって交差点らしくなってきました。11月25日22時にはここから新宿側の通行場所が変更されます。下記記事参照。


a0332275_16564913.jpg

▲②玉川上水左岸側上り線(岩崎橋~開渠末端)

この辺りはあまり変化はないですね。


a0332275_17045191.jpg

▲③玉川上水右岸側下り線(岩崎橋~開渠末端)

右岸側はやっと道路らしくなってきました。遮音壁の設置も行われています。

右岸側のこのあたりはまだ歩行者も通行できません。

a0332275_17075488.jpg

▲④左岸側の横断歩道設置個所と思われる場所

信号機のポールと思われるものは8月同様設置されています。


a0332275_17104107.jpg

▲⑤築堤の設置も進む

新しい築堤の建設も進められていました。


a0332275_17115759.jpg

▲先に建設された築堤

先に建設された築堤は雑草だらけになっていました。結構入念に植栽計画していたはずなんですが残念です。

ちなみに1月の時点→写真


a0332275_23460269.jpg

▲⑥岩崎橋

街築工事が行われていました。

信号機のポールも立っています。


a0332275_00063462.jpg

▲⑦兵庫橋~岩崎橋の右岸側下り線

8月の時点で工事中がった遮音壁が完成していました。

道路と関係ないですが、右側の都営アパートがなくなっていますね。「なんか変だなぁ・・・」と思いつつ、家に帰って前の写真と見比べて気付きました。

a0332275_00024523.jpg

▲⑧兵庫橋~岩崎橋の左岸側上り線(兵庫橋の交差点)

完成までもう少しなんですけどね。


a0332275_00145332.jpg

▲⑨牟礼橋~兵庫橋の左岸側上り線

この付近は遅れていた場所ですが、ほぼ完成していました。舗装はまだ完全ではないですね。


a0332275_00180006.jpg

▲⑩牟礼橋(上り線)

この付近もいよいよ道路らしくなってきました。

牟礼橋の部分には、人見街道の切り回しが行われていたころの舗装が残っています。

右側の下り線も鋭意街築中です。

a0332275_00173605.jpg

▲⑪牟礼橋から東八道路方面

三鷹方面もいよいよ街築工事が始まりました。

長くなるので、この先は別記事で扱います。


撮影日:2018年11月13日 記載内容は執筆時または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2018-11-22 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(6)

放射5号線(高井戸西工区) 進捗状況2018.11

a0332275_22443276.png

放射5号線(高井戸西)の進捗状況を見てきました。

事業概要や過去・未来記事は下記を参照してください。

事業概要・過去・未来記事
タグ:放射5号・東八

この区間の1つ前の記事
放射5号線(高井戸西工区) 進捗状況2018.9
a0332275_22471276.png

事業をざっくりいうと、放射5号線中央自動車道の高架下に移動し、4車線化(片側2車線化)するものです。

a0332275_22585475.jpg

▲11月18日撮影

11月25日22時に高架下に移動します。


工事看板一覧

見落としがあるかもしれませんが、工事区間に設置されていた看板です。

a0332275_23020389.jpg

▲街路築造工事

前回来た9月同様行われています。工期は変わらず2019年1月中旬までです。


a0332275_23033409.jpg

▲照明設置工事

照明設置工事も行われています。工期は12月20日までです。


写真等
a0332275_22535571.png

撮影位置はこの通りです。

a0332275_23080281.jpg

▲①中の橋交差点

環八通りと交わる中の橋交差点も改良工事が行われています。

12月をめどに切り替えられる予定です。


a0332275_23104807.jpg

▲②中の橋交差点の交通島

中の橋交差点の切り替えに伴い、放射第5号線の上下線にある交通島は廃止される予定です(信号による左折に変更)。

工事に伴い、交通島の縁石やガードレールが撤去されていました。ここで信号待ちするのは怖かったです。

a0332275_23134301.jpg

▲③中の橋交差点の西側(上り線)

レーン拡幅に伴う工事は現在も続けられていますが、いまは別のところを優先しているのかな。


a0332275_23145813.jpg

▲④中の橋交差点の西側(下り線)

下り線も同様に工事が行われています。

本線の上り線→下り線に行く転回路は11月中に供用される予定です。

a0332275_23175441.jpg

▲⑤天神橋歩道橋から新宿方面

9月からあまり変化はないですが、上高井戸陸橋手前までは完成しているように見えます。

上高井戸陸橋はまだ片側1車線です。


a0332275_23201468.jpg

▲⑥天神橋歩道橋から三鷹方面

三鷹方面は下り線で若干変更されました。


a0332275_23223544.jpg

▲⑥拡大

下り線の本線が副道に合流する地点が若干三鷹方面に移動しています。見通しが悪いので注意が必要です。

11月25日22時からはこのまままっすぐ高架下に供用開始される予定です。

a0332275_23253152.jpg

▲⑦昌栄橋交差点から三鷹方面

横断歩道から撮影しています。

右側上り線は、現在、高架下を高井戸IC上り出口が、高架横を放射5号線が使っていますが、これらは高架下に集約される予定です。

高架横は沿道アクセスの為の副道として再整備される予定です。

そういえばここの信号機のポールと本体は従来の白色系が設置されていますね。最近の都内はもっぱら黒色系が多いのですが。

a0332275_23300859.jpg

▲⑧ローソン前の交差点(新宿方面)

横断歩道から撮影しています。もう後は供用だけって感じですね。

供用後はこっち側の横断歩道は廃止されるみたいです。

a0332275_23331459.jpg

▲⑨ローソン前の交差点(三鷹方面)

こんな感じです。


a0332275_23341156.jpg

▲⑩玉川上水開渠末端の場所(仮称:高井戸公園前交差点)

こちら側も整備がほぼ終了していますね。


この先三鷹方面も整備が進んでいます。高井戸東区間の事前の説明会議事要旨(2018年2月)では、高井戸東・高井戸西・久我山・三鷹市内区間を同時に開通するとされていましたが、高井戸西が先行して開通することになりますね。

三鷹方面の様子は後日掲載予定です。

撮影日:2018年11月13日(開通予告のみ18日撮影) 記載内容は執筆時または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2018-11-20 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(2)

放射5号線(高井戸東工区) 進捗状況2018.11 高井戸出口信号運用開始

杉並区で行われている放射5号(高井戸東)の進捗状況を見てきました。

首都高速道路の高井戸で工事による通行止めがあったため、もしやと思い見てきました。

a0332275_21520628.png
事業概要・他工区・過去未来記事
タグ:放射5号・東八

1つ前の記事
放射5号線(高井戸東工区) 進捗状況2018.9
a0332275_21545057.jpg

東京都の説明会資料によるとこんな感じになります。

撮影位置は高井戸出入口付近の横断歩道橋です。

a0332275_21561805.jpg

▲工事看板

工事の内容は前回9月に来た時と同じで、工期も変わらず2019年5月上旬までになっています。

a0332275_21580828.jpg

▲11月13日の様子

13日の時点では、高井戸出口合流付近の街築が大詰めを迎えていました。

合流地点は高井戸出口が高架を降りてきたすぐの場所で、首都高・放射5号が1車線ずつで合流し2車線になっていました。

a0332275_22061868.jpg

▲11月16日の告示

週末の前の金曜日には供用開始の告示がされていました。供用日時は18日6時となっています。


a0332275_22023675.jpg

▲11月18日の様子

17日夜~18日朝にかけて出口の通行止めを伴う工事があり、合流地点が西側(手前)に移動しました。

合流地点には信号機が設置され運用を開始しました。交互に青信号になることで合流します。

a0332275_22083974.jpg

▲拡大

暫く様子を見ていましたが、スムーズに合流していました。追突事故には注意が必要です。

いまは放射5号線側が片側1車線ですが、計画では片側2車線になる予定です。

左側の上り線・高井戸入口側も現在は工事が行われています。

a0332275_22114899.jpg

▲一応載せておく


a0332275_22124600.jpg

▲11月18日の様子(三鷹方面)

三鷹方面はこんな感じです。

右側の上り線で舗装工事が進んでいます。上り線の上高井戸陸橋副道合流部分にも合流用の信号機が設置される予定です。

a0332275_22173279.jpg

▲拡大

中央の上高井戸陸橋はまだ片側2車線化が行われていません。この一連の工事で行われる予定です。

ちなみに、この先の高井戸西区間は11月25日に車道が高架下に移動する予定です。(後日掲載予定)

撮影日:2018年11月18日 記載内容は執筆時または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2018-11-19 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(0)


「まち」の変化を追っていきます


by yunomi-chawan

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

メモ帳

2015年にブログを移転しました。一部リンクが前のブログに飛びます。
新元号は2019年4月1日以降に更新した記事のみ対応します。それ以前の記事は直しません。
まとめサイトを含む多種サイト、SNS等への画像の無断使用と引用を禁止します。
コメントについて 非公開コメントへの返信は基本的に行っておりません。
以前のブログ
YouTube
役所メシ
↑2018/09/28更新
東京都の都市計画道路
神奈川県の都市計画道路
埼玉県の都市計画道路
京王線連続立体交差事業

カテゴリ

全体
ブログ
鉄道
鉄塔
散策
地域
道路計画や開通など
京王線連続立体交差事業
行き止まりシリーズ
多摩NTの橋ぜんぶ撮影プロジェクト
未分類

最新の記事

[多摩NTの橋ぜんぶ撮影PJ..
at 2019-09-19 00:00
稲城市内鶴川街道 拡幅進捗状..
at 2019-09-17 00:00
西武多摩川線「多磨駅」改築 ..
at 2019-09-15 00:00
味の素スタジアム周辺 202..
at 2019-09-13 00:00
町田3・4・40号(図師Ⅲ期..
at 2019-09-11 00:00
多摩3・4・15号東長沼坂浜..
at 2019-09-09 00:00
調布保谷線(武蔵境通り・新武..
at 2019-09-07 00:00
市道忠生630号線(Ⅱ期) ..
at 2019-09-06 00:00
調布保谷線(武蔵境通り・新武..
at 2019-09-04 00:00
[19年東北旅②]山形から帰る
at 2019-09-03 00:00

以前の記事

2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月

最新のコメント

30数年前、まだ学生だっ..
by tabinoirodori at 00:21
麻生人さん 予定通り始..
by yunomi-chawan1 at 21:52
こんにちは。東側ルートに..
by 麻生人 at 18:40
もうすこしさん 中央道..
by yunomi-chawan1 at 00:21
調布北高校のところに第一..
by yunomi-chawan1 at 00:20
青梅街道から4車線道路で..
by もうすこし at 11:00

検索

記事ランキング

タグ

(49)
(40)
(38)
(33)
(28)
(27)
(25)
(25)
(25)
(24)
(22)
(21)
(19)
(15)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)