タグ:府中市 ( 25 ) タグの人気記事

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません

西武多摩川線「多磨駅」改築 進捗状況2019.8

西武多摩川線の多磨駅の駅舎改築工事の進捗状況を見て来ました。

a0332275_23575110.jpg

多磨駅では自由通路・橋上駅舎設置工事が2018年(平成30年)6月に公表され、工事が行われています。

このブログでは2018年(平成30年)7月の工事前の様子を見て以来の訪問です。

この事業の記事一覧
多磨駅

以前の記事
多磨駅周辺のまちづくりとオリンピック

2019年(令和元年)5月26日から1番ホームが休止され、列車交換ができない駅となりました。

a0332275_00060676.jpg

▲改札口(西側)

現在は駅舎・改札は西側のみにあります。2019年8月26日現在は以前と変わらずでした。


a0332275_00073821.jpg

▲駅の西側

駅前広場がある駅の東側です。こちら側には現在は改札口はありませんが、自由通路(地下通路)を経由してアクセスできます。


a0332275_00152520.jpg

▲東西自由通路(地下通路)

駅の真下を通るように「多磨墓地前駅通学路」という地下通路が存在しています。※多磨墓地前駅は旧駅名です。

通路は階段のみです。階段は正面左右から降りられる形でしたが、工事に伴いこのうち南側の階段が封鎖されていました。


a0332275_00241582.jpg

▲線路(右が元1番ホーム、左が元2番ホーム)

西武多摩川線は単線ですが、この駅では列車の行き違いができるようになっていました。

工事に伴い、2019年(令和元年)5月26日より1番ホーム側の線路が剥がされ、列車の行き違いができなくなりました。工事完了後も行き違いはできない予定です。


a0332275_00295073.jpg

▲2018年7月

2018年(平成30年)7月はこんな感じでした。


a0332275_00315557.jpg

▲休止された旧1番ホーム

このように閉鎖されていました。


a0332275_01104529.jpg

▲旧2番ホームからの景色

旧1番ホームは半分ほど既に解体され、重機が入って工事をしています。旧2番ホームも一部分が簡易的な構造になっています。

新駅舎完成後は旧1番ホーム側にホームができるようです。


a0332275_01140567.jpg

▲2018年7月

2018年(平成30年)7月にはこんな状況でした。もはや既に懐かしい景色です。


撮影日:2019年8月26日(2018年7月の写真を除く) 記載内容は執筆時または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2019-09-15 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(0)

味の素スタジアム周辺 2020大会等に向けた整備状況2019.8

2019年のラグビーワールドカップ、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けた、味の素スタジアム周辺の整備状況を見て来ました。

会場ではなく周辺の整備状況です。

オリンピックではネーミングライツの「味の素スタジアム」ではなく、「東京スタジアム」として案内されています。また、パラリンピックでは味の素スタジアムは使用されず、隣の「武蔵野の森総合スポーツプラザ」を使用する予定です。

国道20号 飛田給・白糸台電線共同溝
a0332275_17024187.jpg

「味の素スタジアム」や「武蔵野の森総合スポーツプラザ」の前面を通る、甲州街道20では、電線共同溝事業を行っています。

電線類を地中化する工事で、オリンピック・パラリンピックを見据えて事業を行ってきました。今年度は0.63億円の予算が付けられています。

a0332275_17172795.jpg

▲2018年7月

現在は既に電線類は地中化され、電柱も撤去されていることがわかります。

そのほか、舗装の打ち替えと遮熱性舗装が施され、街路灯も更新、歩道の舗装復旧や植栽も行われました。全体的に明るい印象となったように見えます。

a0332275_17213013.jpg

▲府中方面

こちら側の遮熱性舗装工事はこれからでしょうか。


a0332275_17241127.jpg

▲歩道

ここの歩道はもともとインターロッキングブロック舗装でしたが、電線共同溝工事に伴い一部分がアスファルト仮舗装になっていました。

2019年8月26日現在、舗装はインターロッキングブロック舗装に戻り、点状ブロックが新規で設置されました。また、防護柵の下に植栽が追加されています。このブロックは遮熱性平板なんじゃないかなと思います。

スタジアム通り(主要市道33号線)
a0332275_17371684.jpg

飛田給駅の北側から味の素スタジアムを結ぶスタジアム通りでは遮熱性舗装や、遮熱性平板の設置が行われてきました。

昨年7月の時点では自転車走行部分を除いて工事が完了している状態でした。

現在は工事は完了しているようです。中央線の区画線が変わっていたり、自転車レーンから矢羽根に変更されているように見えます。設計変更でもあったのでしょうか?

飛田給駅
a0332275_18011340.jpg

スタジアムの最寄りとなる飛田給駅ではホームドアの新設、トイレの改修、エレベータの増設などが行われ、3月に使用を開始しました(ホームドアは今のところ2番線のみ)。

このうちトイレは上の写真のようになりました。男子トイレ、女子トイレはアスリートをイメージさせる表示となっています。

まぁちょっと色覚が弱い方には判断しにくいんじゃないかなぁとか、多機能トイレも色々で来たんじゃないかなとか、思わなくもない。けど、面白いです。

写真を撮り忘れましたが、駅となりの踏切拡幅も完了しています。

多磨駅東側 電線共同溝
a0332275_18082300.jpg

多磨駅東側の朝日町通りなどでは電線共同溝の設置工事が行われてきました。通常400mで7年かかるとされている電線共同溝工事ですがそれよりも早い施工となりました。

このほか、この道路は市道でありますが、市の負担分を東京都が負担しています。

a0332275_18081842.jpg

昨年の時点では2019年6月下旬の完成を目指していて、おそらく予定通り進んだんじゃないかなと思います。

施工にあたっては一部の植栽が伐採されています。


多磨駅東側 遮熱性舗装
a0332275_18153052.jpg

多磨駅東側の市道では遮熱性舗装工事が行われていました。

発注者は公益財団法事東京都都市づくり公社で、日本中央競馬会環境整備事業の一部が充当されていることを示す看板も設置されていました。

撮影日:2019年8月26日 記載内容は執筆時または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2019-09-13 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(0)

東八道路[新府中街道~甲州街道間] 進捗状況2019.3

府中市国立市で事業が行われている府中3・2・2の1号東京八王子線および国立3・3・2号東京八王子線の進捗状況を見てきました。

この道路は東八道路の延伸部として、2011年(平成23年)7月5日より事業が行われています。施行者は東京都。4車線で計画されています。

現在の事業認可期間は2026年(令和8年)3月31日までとなっています。
※それまでは2019年(平成31年)3月31日まででしたが、2019年1月22日付で延長されました。

a0332275_21433379.png

このブログでは2016年より1年に1回程度ようすを見に行っています。昨年はよく見に行きましたね。

この道路の過去記事・未来記事一覧
東八(府中・国立

この道路の1つ前の記事
東八道路(仮称)JR南武線跨線橋は橋桁を架設中
現在行われている工事の看板
a0332275_21481393.jpg

2019年3月31日現在、南武線と交差する箇所に置いて、橋桁を架設する工事が行われています。


写真等
a0332275_21570518.jpg

撮影位置はこの通りです。

a0332275_22060911.jpg

▲①西原町一丁目交差点より

この先が事業区間になっています。

左の送電鉄塔は東京電力の国分寺線No.38で、ほぼ同じ場所で建て替えられました。建て替えられる前の鉄塔は嵩上げ工事が施され形がいびつな古い鉄塔でした。 [鉄塔の以前の写真はこちら]

a0332275_01000341.jpg

▲②西原町一丁目交差点より

用地取得が完了した箇所に工事用の通路が造られています。工事車両のみ通行できます。

左から2つ目の鉄塔は国分寺線No.37で、移転・建て替えられました。以前の鉄塔があったのは道路計画地のど真ん中でした。

a0332275_01022996.png

鉄塔と道路計画地はこのような位置関係です。

a0332275_01034449.jpg

▲③国立方面との分岐予定地

東京八王子線は写真正面方向に進んでいきます。右側はさくら通りの延伸部となる府中3・4・5号新奥多摩街道線及び国立3・4・5号立川青梅線です。別事業ですが並行して行われています。

ちなみに左奥に見える鉄塔「高木線No.37」も道路工事に伴い建替えられています。この道路工事だけで3基もの鉄塔建て替えが発生したことになります。

府中3・4・5号新奥多摩街道線及び国立3・4・5号立川青梅線の記事はこちら
国立さくら通り
a0332275_01072919.jpg

▲④西原町公園の南側から三鷹方面

用地の取得は一部を除いてかなり進んでいます。航空写真で見てもよくわかると思います。


a0332275_01083957.jpg

▲⑤日野方面

南武線の北側は少し用地取得が遅れているように感じます。


a0332275_01101996.jpg

▲⑥南武線と立体交差

南武線と交差する場所では橋梁の建設工事が行われています。南武線がやや掘割になっているのは甲州街道と立体交差するためで、南武線開業時からのことです。

橋梁の工事は2017年(平成29年)6月から行われていて、2018年(平成30年)には橋台が完成し桁の架設が始まりました。現在も桁の架設工事は行われています。今年度にも橋へのアプローチ部となる擁壁設置工事が行われる予定です。

a0332275_01195918.jpg

▲⑦跨線橋南側ヤード

このようにスッキリしています。


a0332275_01210688.jpg

▲⑧国立インター入口交差点より

奥に見えるのが南武線の跨線橋の橋台です。


a0332275_01221445.jpg

▲⑧国立インター入口交差点より

この交差点を通るたび「まだかなぁ~」って思っちゃいますね。特に渋滞しているとき。

これまで南武線の橋梁以外で街路築造工事は行われてきませんでしたが、2019年度(平成31年度)の年間発注予定によると排水管設置工事電線共同溝設置が行われる予定です。いよいよ道路らしくなってきそうです。

撮影日:2019年3月31日 記載内容は執筆時または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2019-04-10 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(7)

関戸橋の高欄や銘板が保存されるようです

a0332275_22372811.jpg

架け替えが行われている多摩川に架かる関戸橋ですが、旧橋の一部が保存されることになったと聞き、見に行きました。

関戸橋架け替えの記事一覧
タグ:関戸橋

保存されるのは関戸橋の高欄(欄干)と銘板の一部。橋を象徴する部材であります。

保存先は関戸橋から北へ100mほどにある「中河原公園」の一角です。

中河原公園の位置
Googleマップ
a0332275_22422286.jpg

このような案内が掲示されています。

以前から保存して欲しいなぁと思っていただけに、このようになったのはうれしく思います。

旧橋は1937年に架けられた13径間RC連続ゲルバー式T桁橋で、これまで多くの人や車を渡してきました。

a0332275_22521853.jpg

関戸橋旧橋は橋脚ごとにバルコニーを持つ橋で、デザイン面でも凝った作りになっていました。今回保存される高欄もバルコニー部分です。

1月に関戸橋の解体を見に来たときは、工事ヤードの隅にバルコニー部分でない高欄が綺麗に置かれていたのですが、あれはどこにいったのでしょう?

a0332275_23012110.jpg

銘板は平仮名のもの、漢字のものの2つを保存するようです。

看板にも書いてありますが、現在は仮置きしている状態で、今後綺麗にするみたいです。是非とも案内板でも設置してうんちくを書いてほしいですね。


橋の解体は
a0332275_23043400.jpg

関戸橋の解体工事は、今シーズン分の上部解体はおおむね終わったようで、いまは躯体などの解体をしているように見えました。あっという間ですね。


a0332275_23053664.jpg

橋の南側交差点のカラー舗装などもほぼ完了したようです。

仮橋切り替え当初は戸惑う車も多かったものですが、最近はドライバーも慣れてきたように見えました。


撮影日:2019年3月7日 記載内容は執筆時または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2019-03-08 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(4)

東八道路(仮称)JR南武線跨線橋は橋桁を架設中

a0332275_01040403.png

府中市西原町一丁目交差点国立市国立インター入口交差点間で行われている東八道路ですが、JR南武線と交差する部分で橋桁の架設工事が行われています。

この道路の概要・過去未来記事など
東八(府中・国立)

この道路の前回の記事
東八道路(仮称)JR南武線跨線橋にPC桁が用意されていました

12月時点での前回記事では、ヤード内にプレキャストPC桁が運び込まれていることを書きましたが、これを見に行った2月18日時点では、桁を架けていました。

a0332275_01100378.jpg

▲桁が架けられた橋と本宿原踏切

昨年完成した橋台に桁が架けられています。桁は内桁24本・外桁2本の計26本架けられる予定で、2月18日現在は21本架けられているのがわかります。

工事は夜間に行われていて、日中は南武線は通常通り運行しています。

a0332275_01150924.jpg

▲踏切の反対側から

この付近の南武線は甲州街道を潜るために切通しのようになっていて、この橋は掘割のスロープ部分に位置し、橋の高さは地平の橋と比べるとやや低く感じます。

この踏切は橋が供用後廃止される計画です。

a0332275_01180395.jpg

▲ヤード内の重機

橋の南側のヤード内には重機が置かれていました。これより南側にももう1台置かれています。


a0332275_01191466.jpg

▲ヤード内

ヤード内には5本の桁が置かれていました。これを架設したら計26本ですね。


このほか
a0332275_01232408.png
a0332275_01203851.jpg

▲北側

事業地北側で行われていた東電の高圧送電鉄塔「国分寺線No.37」の移設工事は完了し、元No.37とNo.38の間に新しく鉄塔が建設されました。(新しい鉄塔がNo.37か、No.37-1かは確認できていません。)
写真交差点の向かいは元No.37鉄塔があった場所です。
また、No.38鉄塔も建て替えられたようです。

駐車する場所がない関係でよく見られていないので、暑くなる前にもう一度見に来たいと思います。

撮影日:2019年2月18日 記載内容は執筆時または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2019-02-20 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(2)

府中あんず通り延伸 府中3・4・16号府中東小金井線 進捗状況2018.12

a0332275_15472664.png

府中市で行われている府中3・4・16号府中東小金井線のうち第1期区間の進捗状況を見てきました。約1年ぶりです。

この道路はあんず通りとして供用されている道路の延伸部分に当たり、東八道路まで繋がることになります。

この道路の概要・過去記事・未来記事など
府中東小金井線

この道路の前回の記事
府中3・4・16号府中東小金井線ほか 進捗状況2017

今回撮影したのは1期区間のみですが、2期区間も見た感じ用地取得が進んでいました。2期区間の周辺は都市計画公園の区域にもあたります。

ちなみに、東八道路から北側の小金井市方面も事業化の計画があるのですが、住民らの反対運動があり停滞しています。詳細は省略。

a0332275_16121644.jpg

2018年12月現在、府中都市計画道路3・4・16号(一期区間)街築工事(第1,2工区)が2018年6月27日~2019年3月29日までの予定で行われていました。

a0332275_16185506.jpg

看板に掲示してあった平面図によると、このような構造になるようです。道路計画区間に並行して現在道路がありますが、それをやや生かした設計になっています。

a0332275_16223178.png

道路幅員は16mで、車道は7m、両側に幅4.5mの歩道となります。幅員16mの道路だと車道幅9mが多いですが、ここはやや狭い構造になります。(ひばりヶ丘駅北口線と同様)


a0332275_16293571.jpg

▲街築が進む道路

去年は電線共同溝設置工事が行われていて、まだ道路らしくはありませんでしたが、今回の工事によって道路らしくなってきました。

この部分は並行して生活道路があるため、計画幅員16mよりやや広く見えます。

a0332275_16412524.jpg

▲昨年の工事で施工された電線共同溝

電線共同溝が整備され、将来的に電線類は地中化されます。


a0332275_16344741.jpg

▲街築が進む道路 その2

沿道はほとんどが住宅地です。


a0332275_16384997.jpg

▲街築が進む道路 その3

このあたりの地形はほとんど平らですが、南の方が若干低くなっています


a0332275_16431394.jpg

▲人見街道との交差点

人見街道と交わる部分はまだこんな感じでした。


a0332275_16474420.png

多磨駅西側では府中3・4・11号多磨墓地前線の事業が行われているほか、点線で示した道路が計画されています。

a0332275_16460614.jpg

▲多磨墓地前線

多磨墓地前線は2016年4月に事業認可され、現在はこんな感じです。あと10年くらいはかかりますかね(適当に予想)。

それにしても、この辺りの道路計画・・・三角地帯とかどうするつもりなんだろうか・・・?

撮影日:2018年12月28日 記載内容は執筆時または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2019-01-01 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(6)

関戸橋 11月27日下流側旧橋の使用終了

a0332275_21445718.jpg

府中市多摩市を繋ぐ多摩川関戸橋ですが、現在架け替え工事が行われています。

このたび、11月27日に3度目の車線切替が行われ、下流側橋(旧橋)の使用が終了しました。

1937年に供用開始された関戸橋下流側橋は81年の歴史に幕を閉じました。

過去・未来記事・概要など
タグ:関戸橋

この区間の1つ前の記事
関戸橋 11月7日に2度目の切り替え 一部対面通行に
軽くおさらい

関戸橋多摩川の中流部に架かる鎌倉街道の橋です。

橋は2つで1セットになっていて、下流側の橋多摩市方面車線が、上流側の橋府中市方面車線として使われていました。

それぞれの橋は架けられた年代が異なります。下流側橋1937年に架けられた渡り船に代わる1代目の橋で、当初は往復2車線対面通行・歩道無しで供用されていました。その後、交通量の増加や多摩ニュータウン開発などから需要が高まり、上流側橋1971年に架けられ、その後現在のような交通形態となりました。

一方、下流側橋は架橋から80年以上が経過し老朽化していたことや、耐震対策が未了であったこと、設計車両荷重が大正15年の「内務省土木局の道路構造に関する細則」に準拠していて現行基準を満たしていなかったこと、歩行者通行空間が存在しなかったことなどから、架け替えられることになりました。

工事では上流側橋の上流側に仮橋を設置し、交通を切り替えながら架け替えます。仮橋を用いた架け替えは多摩川中流部では初めてとなります。また、併せて上流側橋の改築を行います。

橋の設置や解体工事は多摩川の渇水期となる冬季のみ行われ、16年かかる予定で、現在4年目の冬です。

今回の切り替え
a0332275_22154274.png

今回の一連の切り替えは、下流側橋の使用を終了するために、車線を少しずつ移動するものです。

今回はおそらく3回目の切り替えで、下流側橋は使用を終了しました。残すは右岸側(多摩市側)の街路交差点等の改良が行われます。

a0332275_22194333.png

切り替え後の車線はこんな感じになります。

写真等

府中市側から見ていきます。

a0332275_22214730.jpg

▲府中市側の横断歩道橋から撮影

橋の手前の関戸橋北交差点で車道が大きくカーブしています。

写真左側の多摩市方面車線は車線数やレーン数が従来と変わらないままの切り替えとなっています。

a0332275_22295130.jpg

▲車線の案内

交差点の手前には、大きな看板で車線の案内がありました。


a0332275_22310613.jpg

▲関戸橋北交差点から使用終了した下流側橋

※ガードレール内の安全な場所から撮影しています。

使用終了した下流側橋はガードパイプで塞がれ、歩行者も通行できなくなっていました。

交差点にはテイケイの警備員が配置されています。

a0332275_22343434.jpg

▲関戸橋北交差点

右から仮橋上流側橋です。

今回の切り替えで、上流側橋多摩市方面2車線、府中市方面車線1車線の対面通行となりました。


a0332275_22380391.jpg

▲右岸(多摩市)側

まだ、ラバーポールの設置工事などが行われていて、車線が一時的に規制されていました。


a0332275_22405922.jpg

▲多摩市側の横断歩道橋より撮影

一番右の下流側橋がひっそりとしていますね。


多摩市側の車道・交差点の改良はこれから
a0332275_22442801.png

イメージです。

a0332275_22452965.jpg

▲多摩市側の横断歩道橋より撮影

写真部分の右折レーン(関戸公園方面へ行く方)は工事に伴って一時的に閉鎖されています。今後、この部分の改良を行って復旧されます。

別件ですが、写真左側の府中市方面車線いつも右側車線が混んでいますね。案内板も増強されています。

a0332275_22513232.jpg

▲シェル前から多摩市方面車線


a0332275_22525594.jpg

▲盛土予定の関戸公園方面の街路

こちら側の道路は少し盛土して鎌倉街道に接続します。


a0332275_22581828.jpg

▲多摩市側転回路も改良

ここの転回路も若干改造されています。


a0332275_22594940.jpg

▲新大栗橋交差点側

関戸橋の府中市方面車線は片側3車線から2車線に減り、車線が絞られる箇所が新大栗橋交差点付近に変更されました。


改めて下流側橋を見てみる
a0332275_23041567.jpg

車線切替とともに使用を終了し、歩行者も通行できなくなっていました。結局私がこの橋を最後に渡ったのは25日日曜日でしたね。

a0332275_23061943.jpg

13径間RC連続ゲルバー式T桁橋という橋梁形式です。径間数の多さやRC橋(当時まだ日本にPC橋はなかった)、ゲルバー桁という、歴史を感じさせる形式の橋ですね。

細部まで意匠にこだわりがあるように感じます。


a0332275_23160668.jpg

良き。


a0332275_23165993.jpg

下流側橋は今冬から一部解体が始まります。

業者は既に決定していて、松井・巴山建設共同企業体が橋脚躯体4基・橋脚基礎3基・橋面撤去工L=375.7m、床版・桁撤去工7径間」の撤去と、「工事用道路工1式、市道切回し工1式」を行うようです。

a0332275_17114888.jpg
a0332275_17114837.jpg

今冬の撤去予定箇所は上図の通り。※この他、高欄や橋面の撤去あり。

橋に向けて言うのもあれですが、これまでありがとうございました。

撮影日:2018年11月27日 記載内容は執筆時または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2018-11-28 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(0)

関戸橋 11月7日に2度目の切り替え 一部対面通行に

橋の架け替えが行われている多摩川に架かる関戸橋ですが、11月7日に2度目の車線切り替えが行われました。

ちょくちょく見に行っていたんですが、2度目・・・でいいんだよね?小さい変更はありましたが。

関戸橋の架け替え事業については過去の記事を参照してください。

関戸橋架け替えの記事一覧
関戸橋

前回の記事
10月10日より関戸橋「仮橋」使用開始!

当日の夜に撮影に行きました。スマホで撮影しているため見にくいかもしれません。

a0332275_22563995.jpg

今回の車線切替では、多摩市方面の右側車線を上流側橋に移設しました。

a0332275_23064828.png

今年中には左側車線も上流側橋に移設し、下流側橋は使用が終了する予定です。

(おさらい)工事の内容

過去の記事で何度も書いていますが、関戸橋は下流側橋多摩市方面として使用)と上流側橋府中市方面として使用)の2つからなる橋です。下流側橋は「関戸の渡し」から替わり1937年に架けられた初代の橋で、形式としては「13径間RC連続ゲルバー式T桁橋」となっています。

下流側橋は架橋から80年以上が経過し老朽化していたことや、耐震対策が未了であったこと、設計車両荷重が大正15年の「内務省土木局の道路構造に関する細則」に準拠していて現行基準を満たしていなかったこと、歩行者通行空間が存在しなかったことなどから下流側橋の全面的な架け替えを行うものです。

上流側橋多摩ニュータウン開発や地域の発展による交通量の増加によって1971年に架けられたもので、あわせて一部改築を行う予定です。

工事に当たっては、上流側橋の上流に仮橋を設置し、交通を切り替えながら行います。この手法は多摩川中流部では初めてとなります。

橋の設置や解体は、多摩川の渇水期である冬に行い、16年かけて工事を行います。次で4年目の冬です。

11月7日の様子
a0332275_23312337.jpg

▲横断歩道橋に設置された案内の横断幕

各所に交通が切り替えられたことを知らせる案内が掲示してありました。

車の流れを見ていましたが、それほど混乱はないようです。


a0332275_23334149.jpg

▲府中市側の横断歩道橋から撮影

多摩市方面車線は、関戸橋北交差点の手前で2つに分離しています。左側車線は引き続き下流側橋を、右側車線は上流側橋を走行します。

なお、府中市方面のうち上流側橋を走る車線も横に移動しています。

写真では写ってませんが、仮設柵には電飾があって点滅していました。

a0332275_23410953.jpg

▲府中市側から橋を撮影

左側から下流側橋上流側橋仮橋です。


a0332275_23482231.jpg

▲関戸橋北交差点

多摩川通りから多摩市方面に行く場合、どちらの橋を通るか特にしていはありませんでしたが、慣れか下流側橋に流入していましたね。


a0332275_23531487.jpg

▲関戸橋北交差点の多摩川通り向きの信号機

一連の工事に合わせて、多摩川通りの交差点周辺も改修されました。

府中市郷土の森方面は若干右折レーンが伸びましたが、右折矢印信号は設置されませんでした。(府中四谷方面には以前より設置)

a0332275_23562662.jpg

▲多摩市側より下流側橋

下流側橋は半分塞いだ1車線となっています。

歩行者の通行を禁止する交通規制はありませんが、やめた方がいいでしょう。


a0332275_23593739.jpg

▲多摩市側横断歩道橋から撮影

多摩市側のガソリンスタンド(昭和シェル)を越えた付近で合流しています。

多摩川沿いの道路に入る場合、ガソリンスタンドに入る場合は下流側橋を走行しなければなりません。

a0332275_00043393.jpg

▲ガソリンスタンド前付近

こんな感じです。


a0332275_00073710.jpg

▲多摩市側より撮影

左から仮橋下流側橋で、右奥に上流側橋があります。

次回の切り替えで、下流側橋の使用は終了するはずです。


夜の関戸橋下流側橋
a0332275_00081907.jpg

一部の解体業者も既に決まり、この姿を見られるのもあとわずか。ちゃんとしたカメラと三脚を持って来たいですね。


府中市方面車線移設から約1ヶ月
a0332275_00105606.jpg

10月10日に仮橋が供用開始され、府中市方面が移設してから約1ヶ月となりました。

仮橋供用後、何度か通っていますが、どうも右側車線の上流側橋が混雑しているような気がします。

仮橋をその先の左折専用の橋だと思っている人がいるっぽい気がします。案内板も増設されているんですが。

その他、中河原駅までで路駐が多いこと、中河原駅前の交差点で左側車線が左折専用になる事も影響しているかもしれないですね。

撮影日:2018年11月7日 記載内容は執筆時または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2018-11-08 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(4)

10月10日より関戸橋「仮橋」使用開始!

a0332275_17040527.jpg

10月7日の記事でも書きましたが、2018年10月10日より、関戸橋付近の車線が切り替えられ、仮橋が使用開始されました。


a0332275_00590969.jpg

▲案内板

関戸橋は多摩市方面行き橋(下流側)と、府中市方面行き橋(上流側)の2つで1組となった橋です。下流側橋は渡し舟から切り替わり1937年にできた初代の橋であり老朽化していたため、仮橋を用いた架け替え工事が行われています。

このたび、上流側橋の上流側に「仮橋」が完成し、車線の切り替えが行われました。

今回の切り替えでは、府中市方面行き車線の一部を仮橋に移動しました。年末まで何度か車線を切替え下流側橋の使用を停止する予定です。

詳細は過去の記事などを参照してください。

関戸橋架け替えの記事一覧
関戸橋


a0332275_17120027.jpg

▲府中市側から見た様子

写真右側に仮橋があり、府中市方面行き車線(手前側行き)の1車線が切り替えられています。


a0332275_17132657.jpg

▲府中市側から見た様子(その2)

交差点はNECの企業用地を用いて拡幅されました。現段階では多摩市方面行き車線(左側)にはほとんど手が加えられていません。


a0332275_17144647.jpg

▲関戸橋北交差点

府中市方面行き車線は、2つの車線が別々の橋を経由する仕組みとなりました。


a0332275_17155627.jpg

▲関戸橋北交差点の膨らみ

多摩川沿いの道路を府中四谷橋方面から来て左折する箇所では、膨らみをもって造られており、大型車も左折できるようになっていました。


a0332275_17171898.jpg

▲関戸橋北交差点から関戸橋を見る

左から「下流側橋」「上流側橋」「仮橋」です。


a0332275_17175992.jpg

▲仮橋より関戸橋北交差点

仮橋は「←↑」、上流側橋は「↑」の車線レーンになっています。左折する場合は仮橋を経由する必要があります。


a0332275_17193372.jpg

▲多摩市側より関戸橋

橋の手前の右折箇所は、右折できなくなるとアナウンスされていましたが、現段階では右折が可能です。今後一時的にできなくなると思われます。


a0332275_17205007.jpg

▲多摩市側よりアップ

仮橋の手前はカーブのため注意が必要です。


a0332275_17213785.jpg

▲多摩市側より仮橋

仮橋の導入部は1車線で、橋の途中で左折レーンと直進レーンに分かれます。

歩道は従来より広くなっていますね。


撮影日:2018年10月10日 記載内容は執筆時または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2018-10-11 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(0)

関戸橋は10日に最初の切り替え 仮橋使用開始に

a0332275_00590969.jpg

多摩川関戸橋で行われている架け替え事業ですが、10月10日に最初の交通切替が行われます。

関戸橋架け替えの記事一覧
タグ:関戸橋

関戸橋は上下線1本ずつ合計2本の橋でなる橋梁ですが、下流側の橋梁が老朽化しているため架け替えが行われています。上流側の橋梁の横に仮橋を建設し、交通を切り替えながら進められる予定です。16年かけて行われる予定で、現在は3年目と4年目の境の秋です。

先月には仮橋がほぼ完成したことを書きましたが、10月10日に最初の交通切替が行われ、仮橋が使用開始となります。

切り替えは何度か行われる予定で、年内にも切り替え完了となる模様です。(数年後の下流側完成後にも切り替えられます。)

仮橋切り替え後の最終形態はこちら
関戸橋架替事業[2018年9月] 仮橋設置が完了
北側(府中市側・左岸側)の様子
a0332275_01230571.jpg

▲北側横断歩道橋から撮影

仮橋は右側に完成していて、現在は交差点などの街築工が急ピッチで行われています。

今回の切り替えでは府中市方面行き車線の一部が切り替えられ、多摩市方面行き車線はしばらくしてから切り替えとなります。


a0332275_01255681.jpg

▲街築工が行われている

この部分はNECの土地だったところです。こうやって見ると、急S字カーブに見えます。


a0332275_01275742.jpg

▲街築工

工事は最終段階のようです。歩道がかなり狭くなっているので注意が必要です。


a0332275_01293313.jpg

▲信号機も設置された

仮橋側の信号機が既に設置・稼働していました。

切り替え後は、仮橋に「左折レーン・直進レーン」、現橋に「直進レーン」となります。右折は引き続きできません。「左折」については橋を渡る前にあらかじめ左車線に寄り、仮橋を通行する必要があります。


仮橋の様子
a0332275_01330133.jpg

▲多摩市側から見た仮橋

仮橋は1車線で流入後、橋の途中で左折レーン・直進レーンにわかれます。

歩道は上流側橋から仮橋に移動します。(下流側橋には歩道が設置されていない)

写真のように、歩道と車道が置きガードレールによって仕切られただけです。くれぐれも注意して走行してほしい、したいと思います。


a0332275_01363427.jpg

▲仮橋なかほど

2レーンになっている部分も含め、車道幅員も若干狭い感じがします。

このほか、照明も設置済みです。


南側(多摩市側・右岸側)の様子
a0332275_01383534.jpg

▲右岸

多摩市側も工事が進められ、今回切り替え分はおおむね終わっているように見えました。

今後、何度かの切り替えを経ながら、工事が進められていきます。


a0332275_01404032.jpg

▲横断歩道橋より撮影

左側に仮橋が見えます。

この橋の手前の場所、今年の6月25日にダンプカーが電柱をなぎ倒し、動物病院前の歩道に突っ込む事故がありました。橋の工事は関係なかったように見えますが、関戸橋交通切替後、事故がなければいいなと思います。


a0332275_01445260.jpg

▲横断歩道橋より撮影

10日の交通切替では、橋の手前の右折ができなくなります。中河原駅手前の転回路でUターンする必要があります。

何度か切り替えした後、最終形態には右折が再び可能となる予定です。


全ての切り替えをレポートできないと思いますが、ちょくちょく見に来るようにします。

撮影日:2018年10月4日 記載内容は執筆時または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2018-10-07 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(0)


「まち」の変化を追っていきます


by yunomi-chawan

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

メモ帳

2015年にブログを移転しました。一部リンクが前のブログに飛びます。
新元号は2019年4月1日以降に更新した記事のみ対応します。それ以前の記事は直しません。
まとめサイトを含む多種サイト、SNS等への画像の無断使用と引用を禁止します。
コメントについて 非公開コメントへの返信は基本的に行っておりません。
以前のブログ
YouTube
役所メシ
↑2018/09/28更新
東京都の都市計画道路
神奈川県の都市計画道路
埼玉県の都市計画道路
京王線連続立体交差事業

カテゴリ

全体
ブログ
鉄道
鉄塔
散策
地域
道路計画や開通など
京王線連続立体交差事業
行き止まりシリーズ
多摩NTの橋ぜんぶ撮影プロジェクト
未分類

最新の記事

[多摩NTの橋ぜんぶ撮影PJ..
at 2019-09-19 00:00
稲城市内鶴川街道 拡幅進捗状..
at 2019-09-17 00:00
西武多摩川線「多磨駅」改築 ..
at 2019-09-15 00:00
味の素スタジアム周辺 202..
at 2019-09-13 00:00
町田3・4・40号(図師Ⅲ期..
at 2019-09-11 00:00
多摩3・4・15号東長沼坂浜..
at 2019-09-09 00:00
調布保谷線(武蔵境通り・新武..
at 2019-09-07 00:00
市道忠生630号線(Ⅱ期) ..
at 2019-09-06 00:00
調布保谷線(武蔵境通り・新武..
at 2019-09-04 00:00
[19年東北旅②]山形から帰る
at 2019-09-03 00:00

以前の記事

2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月

最新のコメント

30数年前、まだ学生だっ..
by tabinoirodori at 00:21
麻生人さん 予定通り始..
by yunomi-chawan1 at 21:52
こんにちは。東側ルートに..
by 麻生人 at 18:40
もうすこしさん 中央道..
by yunomi-chawan1 at 00:21
調布北高校のところに第一..
by yunomi-chawan1 at 00:20
青梅街道から4車線道路で..
by もうすこし at 11:00

検索

記事ランキング

タグ

(49)
(40)
(38)
(33)
(28)
(27)
(25)
(25)
(25)
(24)
(22)
(21)
(19)
(15)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)