タグ:八ッ場ダム ( 7 ) タグの人気記事

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません

試験湛水が始まった八ッ場ダムに行き、工事中の画像と比較してみた

11月1日に在来線を乗り継ぎ、片道4時間近くかけて八ッ場ダムに行って来ました。

10月1日より試験湛水を開始し、当初は平常時最高貯水位に達するまで3~4ヶ月を要する見込みでしたが、台風19号の影響でほぼ満水となったのは、報道でも多くなされている通りです。

現在は水位を下げる作業をしていて、最低水位に達したあと試験湛水が終了します。

このブログでは、2018年2月と2019年7月にダムを見に行きました(もっと前にも草津に行くときに寄ったことはある)。今回はそのとき撮った写真との比較をしたいと思い、写真をスマホに入れて持参し、ほぼ同じ場所で撮影していきました。

過去記事一覧
八ッ場ダム
a0332275_23173370.png

この記事の画像は中央のバーを動かすことによって画像を比較できます。左側が工事中の写真となります。

撮影している機材が違うことや、工事中に同じ場所で撮影できなかったものもあるため、多少ズレているものもあります。

また、この記事には画像が大量にあります(約6MB)。データ量にご注意……というか、この文章を読んでいる時点で画像を読みこんでいるかもしれません。すみません。

    

▲川原湯温泉駅ホーム階段から見たダム湖(2018.02//2019.11)

水が広がっていました。

    

▲川原湯温泉駅跨線橋の大窓から見た景色(2018.02//2019.11)

この大窓から湖面が見えるようになると聞いていましたが、正面に木々がありよく見えませんでした。

    

▲川原湯温泉駅前(2018.02//2019.11)

駅前の造成は現在も続いています。

    

▲昔の川原湯温泉方面(2018.02//2019.11)

この坂を下ると、昔の川原湯温泉に行きました。造成が進み、その道路もなくなり、造成が進められています。

    

▲川原湯温泉大湯から見た八ッ場大橋(2018.02//2019.11)

骨材関係の施設が下にはありました。

    

▲八ッ場大橋から見たダム本体(2018.02//2019.11)

言うことはないでしょう。

    

▲八ッ場大橋から見た上流側(2018.02//2019.11)

下の橋など多くのものが沈みました。

    

▲見放台からダム本体(2018.02//2019.11)

2018年2月はダム堤体半分程度の築造でした。

    

▲見放台からダム本体(2019.07//2019.11)

2018年2月はダム堤体半分程度の築造でした。

    

▲右岸側展望台よりダム堤体(2019.07//2019.11)

どっぷり漬かりました。

    

▲道の駅八ッ場ふるさと館より不動大橋(2019.07//2019.11)

ダムの湖面は思ったより下でした。

    

▲不動大橋より(2019.07//2019.11)

真下のカーブはJR吾妻線の旧線で、工事中は骨材等を運ぶベルトコンベアがありました。

    

▲弁天橋付近(2018.02//2019.11)

ダム湖上流部にあった弁天橋付近です。弁天橋がちょうど満水時の水位面にあったようですが、どうやら撤去されたようです。

    

▲長野原めがね橋よりダム湖下流側(2018.02//2019.11)

正面の橋梁はJR吾妻線です。

    

▲長野原めがね橋よりダム湖上流側(2018.02//2019.11)

ダム湖の上流部です。台風の影響か木々が浮流していました。

    

▲長野原草津口駅前よりダム湖(2018.02//2019.11)

長野原草津口駅前がダム湖の上流部になる予定です。礫が多かった場所も砂が堆積していました。

    

▲長野原草津口駅(2018.02//2019.11)

駅前から駅北側高台に移動するための歩道橋が設置されました。2019年11月1日現在も未供用です。

第四回プラチナブロガーコンテストを開催します!
旅行・お出かけ部門に応募します。

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2019-11-15 00:00 | 散策 | Comments(4)

['19夏18きっぷ1日目]その2 八ッ場ダムをぶらぶら

さて、前回の続きです。

a0332275_16403751.png

八ッ場ダムの左岸側の見晴らし台にも行ってみます。

a0332275_16412081.jpg

こちらは「やんば見放台」という見晴らし台です。2018年の冬にも来ました。


a0332275_16421440.jpg

いやぁ・・・すごいですね。


a0332275_00063187.jpg

ちなみに、2018年の冬はこんな感じでした。

左側のコンクリート関連の施設はすでに解体されています。


a0332275_16451854.jpg

ダムの管理事務所と思われる施設も建設中。工事のスピードがあって、たった1年半ほどの間にいろいろ変わっていてただただ驚きです。


a0332275_16470750.jpg

上流側はこんな感じ。

コンクリートの骨材の施設も解体されていました。この景色を見ることができるのはこれが最後かなぁ・・・


a0332275_16482486.png

さて、次は道の駅八ッ場ふるさと館に移動。

a0332275_16490068.jpg

ここでダムカレーをいただきました。


a0332275_16500530.jpg

前回来たときは通過するだけだった不動大橋も観察。


a0332275_16520290.jpg

不動大橋から下流を見ています。

左のカーブは旧吾妻線です。前回来たときには骨材を運ぶベルトコンベアがあった気がするんですが、撤去されていますね。


a0332275_16543095.jpg

橋から見下ろすと、はるか下に旧道と旧吾妻線が見えました。

ブログ掲載にあたって画像を圧縮しているので見えにくいですが、国道の標識もそのままになっています。


a0332275_16563082.png

さて、長野原草津口駅へ。ここでレンタカーを返却して帰ります。

a0332275_17004408.jpg

帰りは普通列車で。


吾妻線
長野原草津口駅(14:21)
[536M 普通 高崎行き]
高崎駅(15:57)
高崎線(湘南新宿ライン)
高崎駅(16:11)
[2855Y 快速 小田原行き]
新宿駅(17:59)

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2019-08-02 00:00 | 散策 | Comments(0)

['19夏18きっぷ1日目]その1 完成間近の八ッ場ダムへ

この夏も青春18きっぷシーズンが始まりました。

第1回目の行き先は「八ッ場ダム」です。八ッ場ダムについては散々ニュースなんかで話題となったので説明はいいでしょう。

そんな八ッ場ダムですが、今年度中にも試験湛水が始まる予定です。完成間近ということです。

昨年の冬にも見に行っていますが、水を貯めはじめる直前の状況でも見に行こうかなと思い行ってきました。

中央線
新宿駅(7:23)
[682T 快速 東京行き]
神田駅(7:35)
山手線
神田駅(7:37)
[768G 内回り]
上野駅(7:43)

上野駅へ。いつも高崎へ行くには湘南新宿ラインか、赤羽駅から高崎線普通列車に乗ることが多いですが、今回は少し違った列車に乗ってみようと思います。

a0332275_15372479.jpg

乗った列車は全席指定 臨時快速列車「たんばらラベンダー号」。

快速列車なので、指定席券520円の追加で18きっぷも使えます。普通列車グリーン車は1000円近く掛かりますが、この列車は普通列車グリーン席よりもいい席で半分くらいの値段で遠くまで行ける・・・乗るしかない列車です。

a0332275_15412319.jpg

車両は「リゾートやまどり」で知られるジョイフルトレインです。前から乗ってみたかったんですよね。


たんばらラベンダー号
上野駅(8:00)
[9767M 快速 沼田行き]
新宿駅(10:25)
a0332275_15433481.jpg

列車は沼田行きですが、途中の渋川駅で下車します。

ここから吾妻線で八ッ場ダムまで行っていいのですが、本数が少ないのでレンタカーを借りました。18きっぷ旅で初めてのレンタカー使用です。

a0332275_15464983.jpg

八ッ場ダムの下流側にある「十二沢パーキング」に停車。

ここには吾妻渓谷に新しく架けられた「猿橋」を見ることができます。


a0332275_15544226.jpg

吾妻渓谷はこんな感じ。秋に来るといいそうです。

八ッ場ダムはこの先にありますが、工事中のため途中までしか行けません。


a0332275_15564448.jpg

近くには旧吾妻線の日本一短いトンネル「樽沢隧道」を見ることができます。

レールはまだ残っているようですし、近くの道の駅でレールバイクの試験運用を行っているようなので、廃線をうまく活用してほしいなと思います。


a0332275_15584152.png

さて、いよいよ八ッ場ダムの上流側へ、。

初めに、右岸側にある見晴らし台を目指します。

a0332275_15593248.jpg

これが現在の八ッ場ダムだ!

コンクリートの打設は完了しています。


a0332275_23534038.jpg

2018年冬の八ッ場ダムはこんな感じでした。ちょうど3つの穴があるあたりだったかな?


a0332275_16194306.jpg

よーく見るとこんな感じ。ダムが完成するとこちら側は水に浸かっているので見ることができません。


a0332275_16211725.jpg

ここから上流側を見るとこんな感じ。本当にここに水がたまるのかと不思議な気持ちです。


長くなるので今回はここまで。続きは次回です。

撮影日:2019年7月24日 記載内容は執筆時または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2019-08-01 00:00 | 散策 | Comments(0)

八ッ場ダムを見に行く その4

前回の続きです。

a0332275_00021484.jpg

やんばツアーズ」を終え、ダム左岸にある「やんば見放台」に移動(地図)。

ここは丘のようになった場所で、誰でも自由に工事中のダム本体を望むことができる場所です。

双眼鏡が設置されていたほか、せり出した展望台もありました。私が行ったときには5,6名がここでダムを見ていましたね。

a0332275_00063187.jpg

やんば見放台から見るダム本体はこんな感じ。右岸側至近で見た景色とはまた違った感じがしました。


a0332275_00091673.jpg

逆に反対側、吾妻川の上流方向はこんな感じ。見えている大きな橋は八ッ場大橋です。その下にはかつての国道やJR吾妻線があった場所で、川原湯温泉もそこにありました。

a0332275_00153249.png

十分見たあと、ここから移設された川原湯温泉駅まで徒歩で目指します。

a0332275_00180234.jpg

湖畔となる予定の場所にはヒョロヒョロとした桜が植えられています。これは「やんば1万本桜プロジェクト」として、応援寄付金などを募りながら植えているものです。

正直桜の木はまだまだ若いですが、いずれ成長して桜で知られるダム湖畔になる時が来るのでしょうか。


a0332275_00233720.jpg

そして八ッ場大橋を渡って右岸へ移動します。

一時期ダム建設を中止するしないで話題となったとき、まだ建設中だったこの橋は象徴のようにテレビで放送されていましたね。

橋の中ほどに双眼鏡が設置してあって、ここからもダム本体を見ることができました。地面からの高さが70mほどあり高欄もそんなに高くないので、高いところが苦手な私にはきつい場所でした。水が溜まると高さというのは感じなくなるのでしょうか。

a0332275_01030545.jpg

八ッ場大橋から下流側。奥にはダム本体が見えます。

その手前には旧JR吾妻線の橋梁があり、さらに手前右側は旧川原湯温泉駅です。旧JR吾妻線にはコンクリートの材料などを運ぶベルトコンベヤが敷設されています。


a0332275_01033591.jpg

橋のほぼ真下、この辺りが旧川原湯温泉駅でしょうか。


a0332275_01033569.jpg

橋から川の上流側はこんな感じ。


a0332275_01101807.jpg

八ッ場大橋を渡った先は川原湯温泉の代替地です。いくつかの旅館が営業をしていました。余裕があったら泊まって行きたかったのですが、今回は代替地を通り抜けていきます。


a0332275_01101951.jpg

こちらが代替地にできた新しい王湯。こっちも帰りの電車の時間が迫っていたので外観だけ見てスルー。入って行きたかった。

ちなみに駐車場は少し離れたところに公営のものがありました。入浴後に関節を動かすことがいいとされているため、あえて少し離れたところに駐車場を造ったのだとか。あ、そんなに離れてないですよ。

a0332275_01143697.jpg

その後、代替地西側にある八ッ場トンネルを抜けます。その先の北側に降りる道の先は、かつての川原湯温泉方面。

昔の王湯や、温泉卵を作る温泉などがあった場所。あそこで足湯をしたな…など少し記憶が蘇りました。

現在何やらトンネルを通らない道路の建設中。


a0332275_01143606.jpg

こちらは移転した川原湯神社。参拝してきました。


a0332275_01143544.jpg

そして川原湯温泉駅へ。すっきり綺麗な駅舎となっていました。いまは普通列車しか止まらなくなりました。利用者も少ないようですが駅員はいました(時間が限られているようだが)。


a0332275_01143618.jpg

有人式の改札を抜けると、フラットで跨線橋へ。ここから階段、エレベータで下にあるプラットホームに降りていきます。

この改札正面にある大きな窓ガラスは、ダムが完成したときに湖面が映るように設計されているんだとか。


a0332275_01571608.jpg

やって来た電車は211系。115系来ないかなと期待してましたが残念。115系はこの春で定期運行終了らしい。

というわけで八ッ場ダム行きは終了。


おまけ:2013年の八ッ場
a0332275_02231107.jpg

▲旧国道、この辺りにダム本体が建設されている


a0332275_02234180.jpg

▲仮排水トンネル


a0332275_02234258.jpg

▲JRと国道の橋梁


a0332275_02234214.jpg

▲旧川原湯温泉駅と建設中の八ッ場大橋


a0332275_02234186.jpg

▲昔の王湯


a0332275_02281767.jpg

▲昔の川原湯神社



非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2018-03-07 00:00 | 散策 | Comments(0)

八ッ場ダムを見に行く その3

前回の続きです。

上野から特急草津に乗り長野原草津口駅に着いた私。その後1時間弱かけて駅周辺や水没地区を散策し、長野原草津口駅に戻ってきました。

a0332275_23335920.jpg

ここからは申し込みをしていた「やんばツアーズ」に参戦。マイクロバスに乗り、建設中の八ッ場ダム本体を目指します。

集合時刻の13:20頃、用意されたマイクロバスに乗り込み、途中もう一つの集合場所である「道の駅八ッ場ふるさと館」を経由しました。ここで約10名が追加で乗車。ちなみに、私がバスに乗り込んだ集合場所である長野原草津口駅横の「長野原・草津・六合ステーション」から乗ったのは私だけ。

a0332275_23414197.jpg

「やんばツアーズ」では「やんばコンシェルジュ」がダムサイトを案内。代替地や湖面に架かる予定の橋、移転した川原湯温泉などを経由して、「なるほど!やんば資料館」に到着しました。

ここでダムが計画された経緯や、ダムの概要について説明を受けました。プレハブの小さな資料館です。ツアー以外でも気軽に立ち寄ることができます。通常pepper君が案内してくれるとのこと。

a0332275_23455693.jpg

その後、再びバスに乗り込みダム本体右岸側へ。バスから降りる前にヘルメットを被ります。

ここからいよいよ通常立入禁止のエリア。


a0332275_23501159.jpg

右岸側はこんな通路。山体をなるべく傷つけないように計画したらこうなったんだとか。

こうやって見ると凄いところに通路がありますが、通路上では下は見えないので怖くはありません。


a0332275_23534038.jpg

この左側に見えるのが建設中のダム本体。

ワクワク度が高まってきました。更に近くへ進みます。


a0332275_23575990.jpg

ほーーーー。

なんか「いろいろ」凄いです。本などでは見たことがあったものの、建設中のダムを見るのは初めて。

現在の堤高は完成時の半分程度。この2倍の高さになるそうです。洪水吐などの設置も進み、いよいよダムらしくなってきたころ。

a0332275_00082438.jpg

真横から見るとこんな感じ。堤頂長は280.9mです。


a0332275_00154356.jpg

コンクリートはバケットに入れられ、さらに吊るされて打設地点に運ばれます。これ本で見たことあると心の中でちょっと興奮


a0332275_00103328.jpg

ダム下流には八ッ場発電所と、放流時に勢いを消すための施設を建設中。その奥に見えるのは旧国道です。

この付近の旧国道は既に通行止めになっていて一般者(車)は立ち入ることができません。以前ダム建設が始まる前、あの国道を走って草津に行ったな…なんて思いながら。当時この付近に車を止めて渓谷を見たな…とか。

a0332275_00195357.jpg

上流側に見えるのは仮締切堤。川の流れを一時的にかえるために締め切られています。

見えるクレーンも巨大なもので、遠くから技術者が来て操作してるんだとか。

やんばコンシェルジュから説明を聞いたり、写真を撮ったり、そんなこんなしてバスに戻りました。その後「道の駅八ッ場ふるさと館」でダムカードを貰いツアーは終了。

a0332275_00282309.jpg

貰ったダムカードがこちら。期間限定で今しかもらえないものですね。時折写真が変わっているようなので、マニアの人はリピートするのかな?


その後、帰宅のため川原湯温泉駅を目指します。続きはこちら


非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2018-03-06 00:00 | 散策 | Comments(0)

八ッ場ダムを見に行く その2

前回の続きです。

弁天橋を渡った後、新国道「八ッ場バイパス145」を通って長野原草津口駅に戻ります。

a0332275_21560272.jpg

弁天橋を渡った吾妻川の右岸から撮影しました。左側に見えるのが渡ってきた弁手橋です。

橋の付近は水没するものと思われます。右側(上)の部分は造成が進んでいました。


a0332275_21594399.jpg

すぐに国道145号線八ッ場バイパス145に入ります。この道路は水没する旧国道の付け替えで完成した国道です。4車線の計画のようですが、暫定2車線での開通となっていました。

山地に位置する国道ですが、広い歩道もあって安心して歩くことができました。自動車交通量はそこそこありました。

a0332275_22080711.jpg

長野原めがね橋」を渡ります。橋長388mのアーチ橋で、両側には歩道も設けられています。


a0332275_22315849.jpg

長野原めがね橋から見えたJR吾妻線の「吾妻線第三吾妻川橋梁」。こちらも美しい橋梁です。ってちょっとここからだと全体像が分かりませんが、この下にはいずれ湖面が来ることになります。


a0332275_22381067.jpg

吾妻線第三吾妻川橋梁の全体像はこんな感じ。(この写真は八ッ場バイパスから撮影したものではありません。)

橋の両端のしっぽのようなものが可愛いですね。しかもそこに架線柱も付いていて可愛さ倍増?


a0332275_22492017.jpg

長野原めがね橋から見た長野原草津口駅方面。この辺りの吾妻川の両岸は綺麗に整備されていました。一応このあたりも湖面が来るようです。

奥には乗ってきた特急草津が見えます。折返待ちをしています。JR吾妻線の付け替えられた区間はロングレールで、乗り心地はかなり良かったです。ただトンネルは携帯電話の電波が通じません。

a0332275_23234749.jpg

吾妻川の右岸には長野原町役場の新築工事中。現在の場所から移転してきます。現庁舎は昭和4年に建てられ、バリアフリーの対応や建物自体にもいろいろ限界が来ていたようです。


a0332275_23280432.jpg

最後に長野原駅前大橋を渡って長野原草津口駅へ。


a0332275_23283586.jpg

長野原草津口駅に帰着。時間内に戻ってくることができました。

ここからは国土交通省が行う「やんばツアーズ」に参戦。13:20の集合時間までトイレに行ったりして待ちます。

この建物はやんばツアーズの集合場所である「長野原・草津・六合ステーション」で、飲食物や土産などが売られています。

続きはこちら


非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2018-03-04 00:00 | 散策 | Comments(0)

八ッ場ダムを見に行く その1

a0332275_22091216.jpg

群馬県長野原町で建設が進む吾妻川八ッ場やんばダムを見に行きました。長いので複数回に分けて投稿します。

2月某日。上野駅から特急草津に乗って長野原草津口駅を目指します。

上野駅を出ると指定席は満席とのアナウンス。意外と乗ってるんだなと思いながらいたものの、2人掛けの私の隣に終点の長野原草津口駅まで誰も座りませんでした。

そうこうするうちにあっという間に12:18頃、長野原草津口駅に到着。この駅はダムによって水没はしないものの、駅舎が建て替えられて綺麗になっています。特急列車の到着に合わせて草津方面行きのバスが待機しており、客が大勢乗り込んでいましたが、私はここから周辺を散策します。

a0332275_22181437.jpg

この日は国土交通省が行うダムの現場見学会「やんばツアーズ」に応募。13:20分までに駅横の「長野原・草津・六合ステーション」という建物に集合ということなので、この間の1時間ほど周辺を散策することにしました。

この「やんばツアーズ」は2018年4月から内容が変更されるようなので、それ以降に行くつもりの人はこのブログはあまり参考にしない方がいいかもです。

a0332275_22244713.png

考えたルートはこんな感じ。旧国道を東へ進み、途中で新国道に入り西に戻る感じです。時間内に戻ってこられるか不安だったものの、Google先生が「45分で行ける」と言うので実行。

a0332275_22325484.jpg

駅前の道路を東へ進みます。2枚目の画像のような景色の道を進んでいきます。この道路は既に旧道となっているので交通量はほぼゼロでした。

長野原草津口駅の東側にはこのような広い土地が広がっていました。この辺りはダムで沈まない予定です。JR吾妻線は線路が付け替えられ、高架橋が続いていました。

a0332275_22465472.jpg

ちょっと進むとこんな看板が。通行止め前に来られました。この件に関して何も調べてなかったので危なかった。どちちらかというとラッキーかな?

ちなみに旧道のこの数キロ先は既に通行止めになっています。それは調べてた。


a0332275_22562450.jpg

ここからさらに旧道らしい道路になっていきます。歩道は無くなりますが交通量はほぼないので危なくはなかったです。旧道は徐々に標高を下げていきます。

八ッ場ダムの堤高は標高586m、常時満水位は583mということで、標高583m以下の場所が沈むことになります。

この写真の位置は標高約590m。まだ沈む場所ではないようです。

a0332275_23100562.jpg

途中見えた景色です。代替地の造成もすすみ、吾妻川沿いもダム関連で工事されたりして景色が変わっています。

地形図で標高を簡易的に確認した感じだと、この崖の上あたりまで水が溜まるようです。


a0332275_23145896.jpg

にしてもこの橋の橋脚すごくない?

あとで渡ります。


a0332275_23171849.jpg

旧道に並行して通っていたJR吾妻線。JR吾妻線もダムによって沈む場所があるため新線に切り替えられました。

この付近の線路は既に撤去され、架線などもなくなっていました。線路跡には砂利が残っていましたが、現役当時のバラストも含まれているのでしょうか。


a0332275_23230892.jpg

そうこうしているうちに旧道は順調に下っていきます。この辺りが常時満水位である標高583mと思われます。この先はダム湖に沈むことになりそうです。

左の石垣の上には旧JR吾妻線の線路があります。昨年も神奈川県の宮ヶ瀬湖に行ったりしましたが、沈む前のダムに行くのはこれが初めて。というかこれからこれほど大きなダム工事が日本であるかわかりませんね。いろいろと複雑な感じです。

a0332275_23311832.jpg

旧道から上に行く脇道。この脇道の坂道の途中に標高583m地点があるようです。

本当はこの脇道からも写真を撮りたかったのですが立入禁止になっていました。


a0332275_23400533.jpg

ここから弁天橋を渡って吾妻川の右岸へ。そして新国道を通って長野原草津口駅に戻ります。

この弁天橋もダムに沈むかな…といった標高の場所。おそらくいずれ廃道になるのかと思いますが、橋は残したままにするのでしょうか?

ちなみにこの道幅でも国道。「酷道」って程ではないものの狭いですね。

a0332275_23454363.jpg

弁天橋の上から下流側を見た景色。

この景色も沈んでしまうんですね。奥の方に丸岩大橋が見えます。


今回の記事はここまで。続きはこちら


非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2018-03-03 00:00 | 散策 | Comments(0)


「まち」の変化を追っていきます


by yunomi-chawan

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

メモ帳

2015年にブログを移転しました。一部リンクが前のブログに飛びます。
新元号は2019年4月1日以降に更新した記事のみ対応します。それ以前の記事は直しません。
まとめサイトを含む多種サイト、SNS等への画像の無断使用と引用を禁止します。
コメントについて 非公開コメントへの返信は基本的に行っておりません。
以前のブログ
YouTube
役所メシ
↑2018/09/28更新
東京都の都市計画道路
神奈川県の都市計画道路
埼玉県の都市計画道路
京王線連続立体交差事業

カテゴリ

全体
ブログ
鉄道
鉄塔
散策
地域
道路計画や開通など
京王線連続立体交差事業
行き止まりシリーズ
多摩NTの橋ぜんぶ撮影プロジェクト
未分類

最新の記事

国領~布田駅間の鉄道敷地が暫..
at 2019-12-14 00:00
八王子南バイパス(八王子市寺..
at 2019-12-12 00:00
柿生橋で車線切り替え 世田谷..
at 2019-12-10 00:00
多摩3・4・12号読売ランド..
at 2019-12-08 00:00
関戸橋架け替え 5年目の工事..
at 2019-12-06 00:00
町田3・3・36号相原鶴間線..
at 2019-12-04 00:00
町田3・3・8号鎌倉街道線 ..
at 2019-12-02 00:00
日野橋の応急復旧工事開始!
at 2019-11-30 00:00
JR南武線 稲田堤駅の橋上駅..
at 2019-11-29 00:00
多摩3・4・17号坂浜平尾線..
at 2019-11-27 10:00

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月

最新のコメント

町田街道とはおそらく24..
by yunomi-chawan1 at 18:26
ありがとうございます。
by yunomi-chawan1 at 18:20
津田山駅の旧駅舎、跡形も..
by yunomi-chawan1 at 18:19
河川内の工事は非出水期(..
by yunomi-chawan1 at 18:11
いつも拝見しています。 ..
by 南山住人 at 16:38
ちなみに町田街道の拡張っ..
by k.kitami at 16:17

検索

記事ランキング

タグ

(53)
(53)
(42)
(34)
(30)
(28)
(27)
(27)
(25)
(24)
(23)
(22)
(20)
(16)
(14)
(14)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)