タグ:中新田立川線 ( 4 ) タグの人気記事

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません

立川東大和線・中新田立川線 着手前現況2018.9 その4

a0332275_01200872.jpg

立川3・3・30号立川東大和線国立3・3・15号中新田立川線の着手前の現況をレポートしています。

その3」の続きです。概要は「その1」に記載しています。下記より参照してください。

今回の「その4」で一連の記事は最後になります。

写真等 立川南通り~甲州街道(国立市域)
a0332275_21053975.jpg

今回は国立市域です。

国立市内は国立3・3・15号中新田立川線として都市計画決定されています。幅員は交差点部など、一部で変わりますが、25m~33.7mで決定しています(今後変更される可能性があります)。

この中新田立川線は、立川市の立川東大和線といっしょに「立川東大和線」と呼ばれることがあります。

a0332275_13085383.png

撮影位置は上の図の通りです。

a0332275_13102200.jpg

▲①立川南通りから南向き

ここから正面に向かって道路が計画されています。

手前側は立川市、奥が国立市となります。


a0332275_13124411.jpg

▲『第4次事業化計画』から抜粋

この先さくら通り手前までは、東京都ではなく国立市が施行することとされています。


a0332275_13203978.jpg

▲『国立市南部地域整備基本計画』から抜粋

この区域は国立市決定の「矢川上土地区画整理事業」が都市計画決定されています。国立市内の都市計画決定された土地区画整理事業では唯一未整備で、面積は約8.5haとなっています。


国立市南部地域整備基本計画』では、

 本地区を面的整備する場合は、既に整備が完了した区域(マンション建設地)を除くと、概ね50%以上が東京女子体育大学の学校施設であることから、学校運営に多大な影響を与えることが予想されます。
 そのため、将来における市の財政負担や大学を含む関係市民の負担を最小限に考えた事業化が不可欠であり、本計画期間中は、JR南武線以南の都市計画道路3・3・15号線を施行する東京都関係部署と連携し、その方法等については、土地区画整理事業の見直しを視野に入れ、地区計画等の制度を活用したまちづくりの研究・検討を進めるものとします。

とされているほか、国立市議会平成30年第2回定例会で

これからお話しすることはあくまでも仮定の話になろうかと思います。都市計画決定されている整備区域ということではございますけれども、今後のまちづくりにおいて、これが仮に区画整理によらない面整備を進めていくことになれば、さまざまな課題に対応していくことは必要になろうかと思いますけれども、また一方では市施行から東京都施行への変更も考えられるのかなと。今後、整理していくべき事柄ではないのかと考えているところでございます。

と答弁があります。土地区画整理事業を見直し、都施行にすることも十分に臭わせていますね。どうなるかわかりませんが。

また、同区域の一部に都市計画公園が決定されており、一部のみが完成しています。

a0332275_13355999.jpg

▲②東京女子体育大学の北側

この付近を左右に横切る形になります。

なお、計画されている道路東京女子体育大学のグラウンドを横切る計画となっています。道路ができると大学運営に大きな影響がありそうです。ちょうど立川崖線の高低差がある場所なので、一部地下式にすることなどはできなくもないかなと思いますが、どうなるでしょうか。

a0332275_13392692.jpg

▲③東京女子体育大学の南側(矢川北団地内)

正面が東京女子体育大学方面です。立川崖線の高低差があることが見てわかると思います。

この付近は矢川北団地(都営矢川北アパート)の中央を横切っており、団地建設当時から道路用地が確保されています。

団地内にはもう1本の道路「国立3・4・5号立川青梅線さくら通り)」が計画されており、これも『第4次事業化計画』の優先整備路線に選定されています。

a0332275_13480298.png

▲国立3・4・5号立川青梅線と立川3・4・5号新奥多摩街道線の事業予定区間

この道路についても様子を少しだけ見てきたので、別記事にします。

a0332275_13504831.jpg

▲矢川北団地内にかつて掲示されていた看板

矢川北団地にかつて掲示されていた看板が、倉庫脇に置かれていました。

20メートル道路」はさくら通り延伸、「28メートル道路」は中新田立川線(立川東大和線)のことです。

ちなみに、矢川北団地は近年建て替えられました。現在も工事中の棟があります。


a0332275_13534155.jpg

▲④南武線と交差する

矢川北団地の南側で南武線と交差します。

現在は道路が立体化して交差するように計画されています。

一方、東京都が2004年(平成16年)に策定した『踏切対策基本方針』では、立川駅付近~矢川駅付近が「鉄道立体化の検討対象区間」に抽出されています。

a0332275_14024357.jpg

ここ数年、連続立体交差化に向けた動きが、東京都・立川市・国立市で活発化しており、そろそろ具体化して話が出てきてもいいころだと思います。

高架式・地下式のどちらか、まだ発表はありませんが、「高架化」という話が議会でもよく出てきているので、たぶんそっちでしょう。

上の地図は「踏切対策基本方針」を参考に書き起こしたものですが、事業区間はもう少し伸びるような話も見られます。

a0332275_14074406.jpg

▲⑤南武線の南側

この付近は富士山が綺麗に見えることもあります。高架化すると阻害されるような気もしなくもないですが。

南武線の南側は農地が比較的多く残る場所となっています。


a0332275_14093657.jpg

▲『国立市南部地域整備基本計画』より抜粋

国立市南部地域整備基本計画では、矢川駅南側が市街地整備計画に含まれています。

まだ具体化はしていないようですが、道路建設や鉄道立体化に合わせて話が持ち上がる可能性は十分あるかと思います。


a0332275_14153270.jpg

▲⑥矢川保育園仮園舎隣接地

矢川保育園仮園舎に隣接する敷地に「東京都道路整備保全公社」による先行買収地が確保してありました。No.21とあるので他にもあるのかもしれません。

宅地化が進行する前に確保しているのかもしれません。


a0332275_14180796.jpg

▲⑦都道20号線と甲州街道が交わる「矢川三丁目」交差点

計画されている道路は、矢川三丁目にぶつかって終わります。現在は丁字路になっており、開通後は十字路になります。


a0332275_14251504.jpg

▲⑧都道20号線

都道20号線20は、日野バイパスまでは4車線、その先野猿街道四谷体育館東までは幅の広い2車線で開通しています。

矢川付近の開通は2005年頃だった気がしますが、調べてもわからん……。


a0332275_14320470.jpg

▲第4次事業化計画より

野猿街道四谷体育館東から先、是政橋付近まで、第4次事業化計画の優先整備路線になっています。これができると、是政橋付近~青梅街道まで1本でつながることになりますね。(その先調布付近も入っているので、狛江~是政橋~府中四谷~矢川~泉体育館~青梅街道が1本道になる日もあるのか?)

撮影日:2018年9月19日 記載内容は執筆時または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2018-09-29 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(0)

立川東大和線・中新田立川線 着手前現況2018.9 その3

a0332275_01200872.jpg

立川3・3・30号立川東大和線国立3・3・15号中新田立川線の着手前の現況をレポートしています。

その2」の続きです。概要は「その1」に記載しています。下記より参照してください。


写真等 JR中央線付近~立川南通り
a0332275_16454510.png

今回はJR中央線付近立川南通りまでの状況です。

その1」でも書きましたが、北側の泉体育館駅付近都道145号線145までの区間は、既に環境影響評価や都市計画変更といった手続きが行われており、事業化に向けた準備が進められています。

都道145号線145より南側はいまのところそういった準備の話は聞こえてきませんが、いわゆる第4次事業化計画の優先整備路線に選定されています。

この記事では現在の都市計画をもとに書きます。今後事業化に当たり変更がある可能性がありますのでご注意ください。

a0332275_16514624.png

撮影位置は上の図の通りです。

a0332275_16540727.jpg

▲①JR中央線南側(羽衣町2丁目地内)

この記事「その3」で扱う範囲は、計画されている区間でもっとも戸建て住宅が密集している地区ともいえます。

写真を撮影している位置は、将来の道路の歩道と車道の境目あたりかと思われます。その先丁字路あたりが道路境界でしょうか。(道路区域は測量などにより確定して行くことになります)

この道路、かなり古くからあるようで、明治時代の地形図にも書かれています。

a0332275_16522995.jpg

▲②都道145号線北側

この付近は将来の道路の真ん中でしょうか。


a0332275_17114851.jpg

▲地区内に掲げられている看板1

このような看板がちらほらありました。


a0332275_23150228.jpg

▲地区内に掲げられている看板2

羽衣町の街づくりを考える会」というグループができているようです。名前が変わったという情報もありますがよくわかりません。

東八道路(西原町~谷保間)や、新府中街道(小平市域)、小金井3・4・11号、南多摩尾根幹線(1970年代)などでも反対運動がありました(あります)。

a0332275_23231022.jpg

▲都道145号線

左側車列の最後尾付近でほぼ直角に道路が交わる予定です。

ここから北側(右側)が現在、都市計画変更や環境影響評価の手続きが行われています。南側(左側)も時期に準備が行われていくものと思われます。

この道路は幅16mで都市計画決定されていますが、現在はそれだけの幅で造られていません(おそらく12mくらい?)。右折レーンを造る目的でもしかしたら拡幅する……かもしれませんがわかりません。

a0332275_23314401.jpg

▲④羽衣町2丁目

この辺りの古い航空写真を見ると、1941年には雑木林のようだった場所が、1947年には住宅地へ変貌しています。そのころの住宅地の道路区画が現在でも残っているようで、周辺と違った細かい区画はそのときの名残のようです。

どういう経緯で住宅地を作ったのだろうかと気になっていました。どうも住宅営団が関係しているようで、軍事関係もありそうですが、詳しくわからないので、これを調べるのは私の宿題としますかね。住宅営団自体はGHQにより解体されて、この付近は今では民有地の住宅地となっているようです。

a0332275_23573369.jpg

▲⑤「④」の反対向き

このあたり、南北にやや広い道路が突き抜けています。この道路も戦時中にできたもののようです。

立川東大和線はこの道路の東側(左側)に拡幅するような形で計画されています。


a0332275_00035103.jpg

▲⑥

この道路は広いですが、交通量は多くありません。


a0332275_00075292.jpg

▲⑦立川南通りにぶつかる

現道は立川南通りに信号のない交差点でぶつかります。

この先は国立市となり、都市計画道路名称は中新田立川線と変わります。

ただし、国立市域の中新田立川線も含めて「立川東大和線」と呼ぶことが多くあります。都道の名前としても「立川東大和線」があります。

計画されている道路はこのさきまっすぐと抜け、矢川三丁目交差点まで繋がる予定です。

撮影日:2018年9月19日

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2018-09-28 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(0)

立川東大和線・中新田立川線 着手前現況2018.9 その2

a0332275_01200872.jpg

立川3・3・30号立川東大和線国立3・3・15号中新田立川線の着手前の状況をレポートしています。

その1」の続きです。道路概要なども「その1」に書いているので参照してください。


写真等 立川通り~JR中央線付近
a0332275_22185867.png

前回記事の続きで立川通りJR中央線付近です。

a0332275_22354971.png

撮影位置は上記の通りです。

a0332275_22370141.jpg

▲①立川通り南側

立川通りの南側、ワークマン裏です。

このあたりは畑が広がっていました。都市計画図によると生産緑地も含まれているようです。


a0332275_22443480.jpg

▲②東立川駐屯地北側より北向きに撮影

この正面をやや左にカーブしながら泉体育館駅方向に計画されています。

ちなみにこの辺りで、立川3・4・25号立川小川橋線の未成区間と交わる計画です。たぶん実現しないでしょう。

a0332275_22501132.jpg

▲③東立川駐屯地北側より南向きに撮影

ここから東立川駐屯地の西側に沿って道路が計画されています。

駐屯地沿いには都道43号43の現道が通っています。道は狭いですが、これでも主要地方道で交通量はそれなりにある道路です。

道路は駐屯地側に拡幅するようです。幅員28mで都市計画決定されています。


a0332275_22572926.jpg

▲④立川二中の西側

駐屯地沿いに進み、さらに立川二中沿いにまっすぐと計画されています。


a0332275_22585073.jpg

▲⑤立川二中前交差点を南向きに撮影

都道43号43現道は東(左)へ直角に曲がって行きますが、計画道路はこのまままっすぐ狭い道方面に計画されています。

狭い道ですが抜け道として利用されているようです。それだけまともな道がないということなんでしょうかね。


a0332275_23033353.jpg

▲⑥立川二中前交差点を北向きに撮影

この交差点の角には曙町駐在所があります。そちら側に拡幅となるようです。


a0332275_23065412.jpg

▲⑦の位置の住宅地

この辺りは幅員28.7mで計画されていますが、JR中央線付近の立体交差方法を変更するため、幅員28mに都市計画変更される予定です。

都市計画変更については前回記事を参照。

a0332275_00362578.png

▲中央線付近の拡大図


a0332275_23171896.jpg

▲⑧(東向き)この辺りで交わる

この辺りは完全な住宅街です。

道が狭い場所もありますが、意図的に一方通行にしているような場所も近くにありますね。


a0332275_23221024.jpg

▲⑧(西向き)現在「支線1」として決定されている部分

現在は立川3・2・10号緑川通り線支線1が決定されている区域です。

支線1は計画廃止される予定です。

都市計画変更については前回記事を参照。


a0332275_23250132.jpg

▲⑨JR中央線の北側

この辺りには住宅が建っていない場所もありました。

生産緑地のようで、航空写真を見ても畑がありましたが、このときは草が茂っていました。


a0332275_23291010.jpg

▲⑩JR中央線北側側道

左の高架がJR中央線です。このあたりで計画道路が横切る予定です。

ちなみに、この側道自体も西側へ伸ばす計画があります。


a0332275_23323607.jpg

▲⑩の位置から撮影したJR中央線の高架

JR中央線高架橋は道路計画を見越して造られているようで、スパンの長い橋が架かっていました。


おまけ:立川3・2・10号緑川通り線

ついでなので、付近で交わる計画道路を少しだけ掲載しておきます。

a0332275_23362883.jpg

A 現在の緑川通り

現在、JR中央線の北側~東橋交差点まで、片側1車線の道路が続いています。

道路の中央部には幅の広い中央分離帯のようなものがあり、駐車場として利用されていたりします。

この道路、緑川通りといいますが、「緑川」はここを流れている人工の河川のことで、現在は暗渠化され道路の下を流れています(現在は下水道化)。

いまでも当時の橋の名残として高欄(欄干)が残っていたり、曙橋東橋という名前の交差点があるのはその名残です。

緑川JR中央線をくぐって南へ流れ、いちょう通りみのわ通りの下を通って、多摩川に注いでいます。

緑川については過去記事で
立川市の暗渠「緑川」

立川3・2・10号緑川通り線東橋立川3・3・30号線までの間で第4次事業化計画優先整備路線に選定されています。

a0332275_00141568.jpg

緑川幹線改築(下水道)事業の説明会資料より抜粋

なお、この道路の建設には前述の緑川公共下水道緑川幹線の改築が必要となります。この管路は立川市で最も古いらしく、道路を通すためには大型車両への対応も必要なため、今年度(2018年度・平成30年度)から改築に着手しています。

管路の改修は平成40年度(2028年度)までの予定で、それから道路部分の築造に着手する模様で、市議会録などによると、「立川3・3・30号立川東大和線の事業進捗にあわせて供用開始できるよう進める」とのことです。

「立川東大和線にあわせて」というあたり、抜け道利用や他の道路への流入を恐れているのかなぁ?

a0332275_23530445.jpg

B 現在の緑川通りの端

ここから国立3・4・8号日野駅国立線方向に伸びる計画です。

ここの広い土地は何用地なんですかね。前から気になってるんですが。

多摩青果市場立川支所跡だそうです。(2018年10月7日追記)


おまけ:立鉄中付1・立鉄中付2
立鉄中付1は「川都市高速道東日本旅客鉄道央線属街路第1号線(2号線)」のことで、JR中央線が連続立体交差する際に、線路北側に計画された側道のことです。

a0332275_00410424.jpg

立鉄中付2

この位置(旧野沢踏切)から立川駅方面が立鉄中付2です。

この先、立川通り付近が完成しておらず、2019年度(平成31年度)には立川通り橋梁架設及び道路築造を行う予定で、市議会録によると、2019年度(平成31年度)の開放を目指しているそうです。

なお、開通後も、立川東大和線などが整備されるまでは、「駅前に交通が集中しないように、立川駅から国立方面への一方通行規制を行う方向で交通管理者と協議(市議会録より)」しているとのこと。

抜け道利用や住宅街への流入を相当警戒している感じですね。


a0332275_00543515.jpg

立鉄中付1

この位置(旧野沢踏切)から立川東大和線までが立鉄中付1です。

JR中央線高架化に伴う仮線などがあった場所で、用地はおおむね確保できているものと思われますが、事業着手は立川東大和線に合わせて行う計画のようです(市議会録より)。

このように周辺道路の整備も立川東大和線の整備が行われないとできない状況でもあるようで、立川東大和線の重要性が感じられます。

JR中央線より南側は次の記事で
予定
撮影日:2018年9月19日

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2018-09-26 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(2)

立川東大和線・中新田立川線 概要と着手前現況2018.9 その1

a0332275_01121001.jpg

立川市国立市立川3・3・30号立川東大和線国立3・3・15号中新田立川線のうち、事業化が計画されている矢川三丁目交差点泉体育館駅付近間の現在のようすを見てきました。

道路概要

このブログでは初めて扱う道路なので、概要を記載しておきます。

立川3・3・30号立川東大和線立川市羽衣町二丁目東大和市多摩湖六丁目に至る全長8,060mの都市計画道路です。都市計画決定は1961年(昭和36年)10月1日です。

国立3・3・15号中新田立川線国立市大字谷保字中新田国立市大字石田字田村道に至る全長約2,300mの都市計画道路です。都市計画決定は1967年(昭和42年)5月23日です。

これらは一部区間で事業に着手していません。このうち、矢川三丁目交差点泉体育館駅付近間がこの記事で扱う区間です。

a0332275_22070324.png

この道路は「調布保谷線(武蔵境通りなど)」、「府中清瀬線(新小金井街道)」、「府中所沢線・鎌倉街道線(新府中街道・鎌倉街道など)」、「八王子村山線(多摩大橋通り)」と並んで、「多摩南北主要5路線」のうちの1つに数えられています。

調布保谷線や府中清瀬線、八王子村山線は全線開通。府中所沢線・鎌倉街道線は全線で事業着手している一方で、立川東大和線は5路線の中で唯一事業着手していない区間があります。

a0332275_22292769.jpg

『東京における都市計画道路の整備方針(第四次事業化計画)』より抜粋

東京都や26市などが2016年(平成28年)3月に策定した『東京における都市計画道路の整備方針(第四次事業化計画)』では、「今後10年間(平成28年度から平成37年度まで)で優先的に整備すべき路線(=優先整備路線)」に選定されました。(都-84、市-51、都-126に該当)

事業はいくつかの区間に分けて事業着手されるものと思われます。

東京都では、北側の都道145号線145泉体育館駅付近間の約2.5kmの事業着手に向けた準備を行っています。

このうち、事業着手の前に、JR中央線付近で都市計画変更を行うため、2016年(平成28年)12月に周辺住民向けに都市計画変更素案説明会が開かれた模様です。また、これと並行して2016年(平成28年)12月21日には、環境影響評価の対象となる立川市羽衣町二丁目栄町四丁目環境影響評価調査計画書を提出しています。

a0332275_00400549.png

都市計画変更は、現在の都市計画ではJR中央線をアンダーパスで交差し、立川3・2・10号線と国立3・4・8号線とも立体交差、立川3・2・10号線と支線で結ぶこととなっています。JR中央線は連続立体交差事業により高架化されアンダーパスで交差する必要はないことから、道路を地表式に直し、支線を廃止、立川3・2・10号線と国立3・4・8号線とは平面交差とし、付近の幅員を28mにするものです。
(図を見た方が早い)

a0332275_23005042.png

※JR中央線の連続立体化は1994年(平成6年)5月11日に決定済み。既に完成。

今後、何らかの動きがあるものと思われます。

写真等(泉体育館駅付近→立川通り)
a0332275_23283113.png

※まだ着手していません。事業範囲等は今後確定することになるため、地図と異なる場合があります。

今回は北→南向きに撮影したので、その順番で掲載します。

a0332275_23335979.jpg

撮影位置は上記地図の通り。

a0332275_23402519.jpg

▲①完成済みの立川東大和線と泉体育館駅

私はよくわかりませんが、この付近は多摩モノレールの事業に合わせて拡幅された模様です。

道路は青梅街道まで繋がり、途中玉川上水駅付近まで4車線(片側2車線)となっています。


a0332275_23512525.jpg

▲②事業予定区間北端

ここから先、芋窪街道に沿ってしばらく事業予定区間となります。

多摩モノレールはここで西(右)へそれ、立川駅方面へと向かいます。モノレールに沿って大通りが整備されています。

ちなみに、この先のJR中央線などを越える数少ない立体交差の幹線道路である立川通り立川立体に交通が集中し、慢性的な交通渋滞が発生しています。全然動かないこともしばしば。
この道路ができることで、立川駅付近を回避して南北の交通ができることに期待しています。20年……30年先かなぁ……?

a0332275_23584633.jpg

▲③さっきの交差点のすぐ南側「江ノ島住宅バス停」

この先の芋窪街道は現況2車線の道路となります。交通量もそれなりにある道路です。

この付近は道路東側数十メートルだけバスベイ用地や歩道用地として、既に拡幅部分が確保されている状態でした。

a0332275_00051726.png

道路は現道を拡幅し、幅員28m4車線にする予定のようです。近隣では日野市万願寺付近の日野バイパスなんかが似たような幅員です(わかりませんが構成は違うと思います)
a0332275_00031600.jpg

▲④やや緩やかな右カーブ

直線部分では現道両側に拡幅するようですが、ここのカーブ付近はインコース側に拡幅するようです。

この辺りの道路は車道が若干広いような気がしますね。歩道が狭いです。


a0332275_00154380.jpg

▲⑤この付近で現道と分かれる

栄町4付近です。この付近で芋窪街道と分かれ、左斜め方向へと進む計画です。


a0332275_00175274.jpg

▲⑥分岐する箇所

このあたりは道路の西側歩道部分になっているでしょうか。道なき場所なので、都市計画図とにらめっこしながら探索しました。


a0332275_00193042.jpg

▲⑦いなげや立川栄町店北側の道

この付近でこの細い道路をほぼ直角に横切るようです。

このあたりは倉庫や駐車場、住宅などが点在している場所でした。右の垣根の奥は庭なのか広い土地が広がっていました。


a0332275_00221574.jpg

▲⑧いなげや南側から いなげや駐車場

この駐車場の柵の向こう側あたりが道路計画地のようです。

このいなげや、道路計画を意識したような店舗配置に見えました。実際どうなのか知りませんけど。

a0332275_00251730.jpg

▲⑧いなげや南側「立川通り」

この付近で立川通りをほぼ直角に交わるようです。

都市計画図を見た感じでは、ワークマンは道路計画地と被っているようでした。


撮影日:2018年9月19日

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2018-09-25 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(0)


「まち」の変化を追っていきます


by yunomi-chawan

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

メモ帳

2015年にブログを移転しました。一部リンクが前のブログに飛びます。
新元号は2019年4月1日以降に更新した記事のみ対応します。それ以前の記事は直しません。
まとめサイトを含む多種サイト、SNS等への画像の無断使用と引用を禁止します。
コメントについて 非公開コメントへの返信は基本的に行っておりません。
以前のブログ
YouTube
役所メシ
↑2018/09/28更新
東京都の都市計画道路
神奈川県の都市計画道路
埼玉県の都市計画道路
京王線連続立体交差事業

カテゴリ

全体
ブログ
鉄道
鉄塔
散策
地域
道路計画や開通など
京王線連続立体交差事業
行き止まりシリーズ
多摩NTの橋ぜんぶ撮影プロジェクト
未分類

最新の記事

補助第217号線(成城1・2..
at 2019-10-13 00:00
スイッチバック旅(4) 25..
at 2019-10-12 00:00
津久井道(登戸工区)で南武線..
at 2019-10-10 00:00
町田市多摩モノレール導入空間..
at 2019-10-09 00:00
東八道路[府中~国立間] 進..
at 2019-10-07 00:00
スイッチバック旅(3) 勝沼..
at 2019-10-06 00:00
外環道(仮称)中央JCT付近..
at 2019-10-04 00:00
稲城市の「小田良上平尾線」が..
at 2019-10-02 00:00
環状4号線(夏目坂) 進捗状..
at 2019-10-01 00:00
スイッチバック旅(2) 笹子..
at 2019-09-30 00:00

以前の記事

2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月

最新のコメント

たまーに通る道路で,写真..
by sho at 17:12
近くですが、狛江市の小田..
by aaa at 09:08
本日台風19号の影響によ..
by ゆーちゃん at 23:53
お答え頂きありがとうござ..
by k.kitami at 07:06
ありがとうございます。 ..
by yunomi-chawan1 at 08:18
いつも、拝見しています。..
by k.kitami at 07:31

検索

記事ランキング

タグ

(50)
(41)
(39)
(34)
(28)
(27)
(26)
(26)
(25)
(24)
(22)
(22)
(19)
(15)
(14)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)