タグ:中央区 ( 5 ) タグの人気記事

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません

晴海大橋の「イカの耳」ってどうなってんだ?

先日の記事首都高速晴海線10の見学会で、晴海大橋の構造に違和感を覚えました。

a0332275_21014783.jpg

周辺の道路をざっと書き起こしてみるとこんな感じです。色は実際とは異なります。

環状2号線はまだ交通開放されていませんが、おおむね完成しています。

晴海大橋一般道首都高速晴海線がセットになった橋梁で、首都高速晴海線一般道の上下線に挟まれたような構造になっています。現在の首都高速晴海線晴海大橋の北側でそのまま一般道に降りています(晴海出入口)。

晴海大橋一般道には、2×2箇所の「イカの耳」と呼ばれる延伸準備個所が存在します。「イカの耳」は形状が似ているからマニアの間でそう呼ばれているだけです。

a0332275_21372171.jpg

ここで都市計画図(都市計画道路のみ)を見てみます(東京都都市計画情報等インターネット提供サービスから抜粋)。

晴海側のイカの耳は記載が見られます。一方で、東雲側のイカの耳については記載が見られません。

さらに、晴海大橋の北側には環状2号線に伸びる首都高速晴海線のランプのようなものが見られます。

これらの計画はどうなっているのでしょうか。問い合わせてみました。

晴海側のイカの耳は
a0332275_22004290.jpg

▲東雲方面行き車線の「晴海側のイカの耳」

結論を言うと、晴海側のイカの耳

晴海三丁目交差点の一般道どうしの立体交差の準備
でした。

これは都市計画図にも記載があるように、既に都市計画決定されています。

a0332275_22062966.jpg

▲晴海三丁目交差点

晴海三丁目は非常に大きな交差点ですが、現在は暫定的に平面で整備されています。この交差点が立体交差する日はあるのでしょうか。


東雲側のイカの耳は
a0332275_22231415.jpg

▲晴海方面行き車線の「東雲側のイカの耳」

東雲側のイカの耳

首都高速晴海線と将来接続できるようにするもの
でした。

首都高速晴海線は晴海より先、首都高速都心環状線方面に延伸する計画があり、その際の出入口とできるように準備してあるようです。


晴海大橋北側のランプのような計画は何なのか
a0332275_22433444.jpg

▲右側の建物付近に都市計画決定されている

環状2号線に伸びる都市計画道路は、

晴海出入口として現在都市計画決定されているもの
だそうです。

首都高速晴海線(本線)は晴海大橋の北側で地下に潜り都心方面に向かうことは都市計画図からも見て取れます。このランプは地下で、都心方面に向けて本線と合流するよう都市計画決定されています。

結局どこに「晴海出入口」を造るのか

こうしてみると、現在の晴海出入口、東雲側のイカの耳、晴海大橋北側のランプ、と3ヵ所も出入口の計画があるように見えます。

●現在の晴海出入口は仮設のもの

これは中央区議会録を見ると、晴海線が事業化にむけて動き出した平成15年ごろに「仮の出入口」であることが発言されています。首都高速晴海線が都心方面に向けて延伸されるまでの仮設ということです。

●晴海大橋北側ランプは廃止し、晴海大橋上に出入口を造る?

これについても区議会で発言があります。

(前略)・・・都心への高速オン・オフランプと現計画ということで、これは、晴海四丁目の方にランプをつけるという、そういう計画でありましたけれども、その囲みの下、現計画(廃止予定)と、こういうふうになっておりますね。廃止予定です、・・・(中略)・・・その橋の上の方に、都心からの高速オフランプ、都心への高速オンランプということで、この下のオン・オフランプを廃止した後、ここにオン・オフランプをつける、橋の上にオン・オフランプをつけるというのが、議会にも示された内容だった・・・(後略)
平成15年 中央区議会建設環境委員会(12月11日)

というわけで、東雲側のイカの耳がやはり晴海出入口で、晴海大橋北側のランプは廃止予定だったと読み取れます。

しかし、晴海から都心方面は事業化していないため、晴海大橋北側のランプは現在でも都市計画変更されずに残されていると考えられます。

a0332275_23325082.jpg

▲想像図

なお、東京都に将来晴海出入口はどこにできるのか聞いたところ、「将来的な計画は決まっていない」とのことでした。事業化もしていないので答えられないのでしょう。

これらは現在の都市計画での話であり、今後もし都心方面への晴海線が事業化する際に、都市計画変更・計画変更が行われる可能性があります。(例として、並行する環状2号線は事業化する前に大きく都市計画変更されました。)また、議会での発言も15年前のことです。この記事は考察を多く含み、現在・将来の都市計画を証明するものではありません。

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2018-04-02 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(0)

首都高晴海線の延伸計画線を歩く

前々回記事で晴海線の開通記念イベントに参加した後、首都高速晴海線10の都心方面への延伸計画線を歩くことにしました。

a0332275_15571405.png

現在の晴海線10東雲Jct晴海出入口までの盲腸のように伸びる路線となっていますが、都市計画上は都心環状線C1まで決定されています。

都市計画決定は1993年(平成5年)7月19日東京都告示第805号で、既に決定から25年近く経っていますが、今のところ事業化に向けた動きはありません

今回は晴海側から築地を通り新富町に向けて見ていきます。

a0332275_16083853.jpg

▲晴海三丁目交差点

現在の晴海線10の終点、晴海出入口を降りると有明通りに合流します。

晴海線10の計画では、晴海出入口の場所から地下に潜り、築地方面に向かうものとなっており、出入口は別の場所に設けられる予定となっています。しかし、事業化の見込みはないため、仮出入口として現在の場所に晴海出入口が造られたことになっています。

一般道の有明通りはこの先で晴海三丁目交差点にぶつかり、この先は晴海通りと名前を変えます。

晴海三丁目交差点は片側6レーンを持つような大きな交差点です。道路構造令上も立体交差が望ましい交差点であるように、本来は立体交差となる計画です。こちらも事業化の見込みは不明。豊洲・築地市場問題でいろいろある環状2号線が交通開放されれば周辺の交通事情も変わると思うのですが。

a0332275_16242320.jpg

勝鬨橋かちどきばし手前

晴海線10はそのまま晴海通りの地下を通って北上します。勝どき駅前交差点の地下構造など気になる場所があるのですが、都市計画図では判断が付きません。

そして、勝鬨橋の手前で北西側にそれ、隅田川を渡ります。


a0332275_16303189.jpg

▲築地場外市場

隅田川を渡ると築地場外市場に差し掛かります。高速の計画線は写真左側の「築地魚河岸」と書かれた「築地魚河岸幸橋棟」の付近に計画されているものと思われます。

築地市場(場内)は豊洲市場への移転が決まり、東京都による再開発検討会議も行われているようです。

晴海線10はこの先で二手に分かれます。一方は都心方面車線として采女うねめ橋方面へ。もう一方は晴海方面車線として築地本願寺・新富町方面です。今回は新富町方面だけを見ていきます。

a0332275_16420623.jpg

▲小田原橋棟

新富町方面へ分岐した場所です。写真に写る建物「築地魚河岸小田原橋棟」の付近が計画線に当たります。この地上部には都市計画道路補助316号線も決定していますが、こちらも事業化はされていません。

ちなみに、ここに行った日曜日は条例による築地市場の休業日であり、それに合わせて場外市場も一部店舗がお休み。この築地魚河岸も閉館日でした。

a0332275_16462517.jpg

▲晴海通りを横断する

再び晴海通りを横断すると、築地本願寺の裏手を通ります。写真の左側に築地本願寺があります。

ここから先は用地として確保されているようで、公園や駐車場として活用されていました。もともとは築地川があり、それを埋め立ててできた場所のようです。その場所には一般道を造る計画だったようですが、その後新しくできた晴海線の計画にとって代わっています。

a0332275_22123719.jpg

▲築地川公園

計画線上は築地川公園として整備されていました。


a0332275_22255084.jpg

▲築地川公園のカーブ

計画線は新富町出口の南側で直角に曲がります。

写真の左奥が都心環状線C1方面、左手前は築地方面です。左の橋は入船橋。

この付近は築地川を埋め立てた後、蓋をせずにあるようで、現在は運動場として仮開放されているようです。擁壁等は晴海線の計画前からあるらしく、劣化が進んでいるため写真右側では補修工事が行われていました。

a0332275_22304822.jpg

▲築地川公園から見た築地方面のトンネル

今まで見てきた築地川公園にはトンネルがあります。どこまで続いているのでしょうか。


a0332275_22334258.jpg

▲入船橋真下から都心環状線方面

右側に見える高架のようなものは現役の新富町出口で、そのとなりに道路の遺構のようなものが観察できました。


a0332275_22385173.jpg

▲入船橋の上から都心環状線方面

現在、この場所は新富町出口としてしか使われておらず、左側の遺構部分に車両が通ることはないようです。

写真左奥には中央区役所があります。この真下には有楽町線の新富町駅があります。


a0332275_22445579.jpg

▲中央区役所前から築地方面

中央の道路は新富町出口のランプです。両脇は“遺構”から続く道路で、中央区役所前の道路に出てこられるようになっています。

航空写真では、1980年ごろには新富町出口はこの先入船橋手前で回転しこのランプを使って中央区役所前に出てきていたように見えます。

1990年ごろには現在の出口が完成しているように見えます。

先ほどの築地川公園も駐車場として使われていた時代もあったりと、近辺の道路形状は目まぐるしく変わっているようです。

詳しく調べたら変遷も調べられそうですが、今回はそこまで追わないことにします。

a0332275_22445533.jpg

▲中央区役所前に出てくるランプ(遺構)

現在は柵で封がされています。この道幅では今後活用できるのかも微妙に見えますがどうでしょう。


この区間の晴海線は現在も事業化されていません。計画はあっても急カーブが連続するこの場所で今の時代果たしてできるのかも謎だと思いました。中央区の反対があったり、築地の再開発も検討される中、晴海線が都心環状線まで繋がることはあるのでしょうか。


非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2018-03-31 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(0)

首都高晴海線 開通記念イベントに参加

首都高速晴海線10の開通記念イベントが2月18日に行われ参加してきました。開通する前の本線を歩くことができました。

a0332275_22400446.jpg

開通記念イベントが行われたのは、3月10日16時に交通開放された首都高速晴海線10豊洲出入口から晴海出入口の間の区間の一部。

イベントは「晴海線スカイウォーク」と言ったようです。イベントは申込制で、定員に達し次第受付終了とのことだったので先着順だったのだと思います。

開通前にブログを投稿するつもりでしたが、ずるずる伸びてしまいました。

a0332275_22485076.jpg

当日は時間があったため、築地市場駅から晴海通り有明通りを歩いてイベント会場を目指しました。晴海三丁目を越えると見えてきたのが晴海出入口

今回開通した首都高速晴海線10は、大半が晴海大橋を含む橋梁・高架で、晴海大橋の北詰が終点・晴海出入口となります。

その晴海出入口の隣がイベント会場の出入口で、受付後、開通前の本線を歩くことができました。イベント会場では“はたらくくるま”の展示など行われていましたが、ブログでは割愛。

a0332275_23003613.jpg

会場に入ったら早速本線へ。

晴海線10は都道の上下線の真ん中に造られました。

普段は人が高速道路を歩くことはないのでいいのですが、イベントで都道を渡ってそこに行くのは危ないためか、晴海大橋の下から特設の階段を使って本線に上がりました。体の不自由な方には自動車の送迎で本線まで送ることができたようです。

a0332275_23072065.jpg

南行き車線を使って豊洲方面へ、途中で折り返して北行き車線を使って晴海に戻る行程です。

当日は快晴で絶好のウォーク日和でした。


a0332275_23262494.jpg

晴海大橋には警察管轄の境界がありました。

ここは中央区と江東区の境界でもあります。


a0332275_23432987.jpg

晴海線10は晴海大橋からそのままゆりかもめも越えていきます。奥に見えるのが市場前駅で、その両脇には豊洲市場が見えています。

このイベント名が「スカイウォーク」というように、かなり高いところを通っていますね。


a0332275_00095851.jpg

イベントでは ゆりかもめ のちょうど真上付近で折り返し。折り返し地点からは豊洲出入口が見えます。

本線は2車線(片側1車線)の暫定整備です。4車線の計画のようですが、現在の整備状況では線を引き直すだけでは4車線にすることはできそうにありません。聞いた話だと、もし4車線化する場合は壁を壊して拡幅する工事が必要になるようです。

写真は望遠で撮影したので強調されてはいますが、アップダウンのある本線で首都高らしさが出ています。

a0332275_00292652.jpg

北行き車線には出口の標識もありました。こうした標識を本線からまじまじ見られるのもこうした機会だけです。


a0332275_00333714.jpg

テレビの収録も行っていました。テレビ朝日だったかな。


a0332275_00362024.jpg

晴海大橋から晴海の街並み。

豊洲・晴海などこの近辺はタワーマンションが林立しています。人口密度がかなり高い地区になっていて、地下鉄駅のホームの広さが間に合わず拡張工事をしていたり、歩道には朝ラッシュ時の通行方法が書いてあったりします。

晴海地区には2年後の東京オリンピックの選手村ができる予定だったり、この道路ではありませんがBRTが計画されていたりもします。

a0332275_00365199.jpg

晴海線10は晴海大橋を渡って一般道(都道)と合流します。合流地点は双方の道路が信号機で制御されています。その先には片側6レーンを要する交差点がありますが、信号機があれば一番端のレーンにも安全に行けますね。

ちなみに、晴海線10はこの先の首都高都心環状線C1まで繋げる計画があります。計画ではここから地下に潜り、地下で都心方面へ向かうものとなっています。

また、その計画では晴海出入口は別の場所に設けられる予定であり、現在の出入口は暫定のものであると言えます。

ただ、現在のところ都心方面への延伸は事業化されていませんし、中央区議会では反対の立場となっているようです。

a0332275_00554289.jpg

晴海大橋の一般部には延伸用の準備「通称:イカの耳」があります。

これが都市計画と相違している気がしたので調べていたのですが、まだ少し疑問点があるので、わかり次第記事にするかもしれません



非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2018-03-26 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(0)

築地から豊洲へ歩く その2

a0332275_14081851.png

前回の続きで築地市場を出て勝鬨橋を渡り、そのまま晴海通り有明通りを豊洲方面へ歩いていきます。

築地市場~豊洲市場間では、東京都市計画道路 環状2号線が建設中で、運河の部分などでその橋梁が見ることができました。といっても環状2号線は築地市場以外はほぼ完成しています(未供用)。

a0332275_14111298.jpg

隅田川の勝鬨橋から見えるのが、築地大橋です。橋の長さは245mでアーチ型になっています。

隅田川には個性的な橋が多数ありますが、築地大橋も勝鬨橋に劣らずきれいな形をしていますね。

橋の右側が築地市場です。


a0332275_14145904.jpg

晴海と豊海・勝どきを結ぶのが黎明大橋です。橋の前後の地上部で立体交差となっているため、橋の横からの姿は築地大橋ほど美しくはありません。

ちなみにこの写真を撮影した晴海通りの橋の名前は黎明橋で、何で似た名前にしちゃったのかな・・・と思わなくもありません。。。


a0332275_14193956.jpg

最後に、晴海と豊洲を結ぶのが豊洲大橋です。橋の長さは550mと長いです。

この橋もおおむね完成していますが、いろいろあってまだ供用はされていません。ただ、晴海に建設するオリンピックの選手村の工事車両に限って先行的に供用されています。

a0332275_14244105.jpg

豊洲大橋の取り付け部からの景色ですが、見ての通りほとんど完成していて、工事関係車両が行き来しています。もともとは昨年中に開通する予定だったようですが、豊洲市場移転問題のあおりでまだ開通できずにいます。

環状2号線開通はオリンピックの開催のための確約だった・・・みたいな報道も一部であるようですが。


a0332275_14273019.jpg

ちなみに晴海通り・有明通りは4車線以上の広い道路ですが、非常に交通量が多い印象を受けました。


話はそれて有明通りの首都高速晴海線関連です。

a0332275_14330552.jpg

現在は豊洲まで暫定的に開通している首都高速10号晴海線ですが、晴海まで延伸する工事が行われています。

豊洲のゆりかもめとの交差部分には、南北から首都高速の高架橋が張り出し、もうすぐでつながりそうな勢いでした。


a0332275_14370145.jpg

首都高速晴海線は、有明通りの晴海大橋の北側に、一般道の中央部につなげられる計画のようで、こちらでも工事が行われていました。開通は今年度中だそうです。

都心環状線に接続する計画もあるようですが、こちらは実現の可能性があるのかよくわかりません。



a0332275_18534610.jpg

そして豊洲市場に到着。広い土地に外観の綺麗な建物が整然と建っていました。

本来の計画なら昨年築地市場から移転して既に営業を開始しているはずですが、移転問題の影響でひっそりとしていました。この辺りは住居や工場も少ないため、市場前を歩く人はほとんどおらず、サイクリングをしている人と車が通り過ぎるだけです。


a0332275_18584666.jpg

市場の出入口には看板も設置済み。そのほか出入口に面した道路には信号機も設置されていますが、信号機は一部で使われていない状況でした。


a0332275_19001929.jpg

豊洲市場の前にはゆりかもめ市場前駅があります。

かつては「市場はないけど市場前駅」などとバラエティ番組等でもネタにされていた記憶ですが、現在は市場の真ん中にある駅になっていました。

駅から市場棟にペデストリアンデッキが直結していて、中には見学場までつながっているようです。こちらも現在は未供用。このペデストリアンデッキの存在はここに来るまで知りませんでした。


a0332275_19044805.jpg

環状2号線はここに接続。奥に高層ビルが見えます。

市場の横には商業施設を建設する予告看板もありました。今後どうなっていくのでしょうかね?


非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2017-04-22 08:00 | 散策 | Comments(0)

築地から豊洲へ歩く その1

移転するのか、移転しないのか揺れている築地市場と移転予定先の豊洲市場を歩いてみてきました。

歩いたのは新橋駅~築地市場~豊洲市場のおよそ5キロ。地図で見ても感覚的にももっと距離があるように思えますが、意外にこれでも5キロほどと近く、ぶらぶらしても2時間程度で到達が可能でした。

a0332275_22512155.jpg

新橋駅から東の築地市場方面へ300mほど。首都高速(厳密には東京高速道路)の高架下をくぐり、汐先橋交差点を渡ります。

振り返ると、汐留の再開発地区の高層ビル群がそびえたちます。このあたりは貨物駅跡を整備したところなのは有名ですね。右側のビルが電通本社。写真には写っていませんがその奥に日本テレビがあります。


a0332275_22580036.jpg

汐先橋交差点は工事の真っ最中。全体的に工事用の路盤で覆われています。1枚目写真に写るクレーンも含めて、都市計画道路である環状2号線の地下空間を工事していると思われます。

この写真の奥の方へ道なりに行くと、環状2号線が突き抜ける虎ノ門ヒルズにも到達します。


a0332275_23012454.jpg

また200mほど進むと築地市場に到着します。

これまで通ってきた道路は左へカーブ。このあたりの築地市場は青果を取り扱っています。「築地=魚類」というイメージの人も多いのではないでしょうか。

当初の計画では、昨年築地市場を豊洲に移転し、跡地に環状2号線を建設する予定でした。ちょうどこの写真の位置を直進する形になります。ただ、いろいろあって現段階では移転されていませんね。


a0332275_23080858.jpg

左へカーブした道路を進むと、築地市場正門に到着します。朝日新聞本社の目の前です。

築地市場には何度か来たことがありますが、この日もトラックやターレが行き交います。


a0332275_23110108.jpg

場内はこんな感じ。こちらも何度か来ているので、すぐに退散します。

それにしても外国人が非常に多いですね。市場は商品の取引を行う場所ですが、立派な観光地になっているんだなぁとつくづく感じました。


a0332275_23152830.jpg

築地市場場内にある吉野家 築地一号店。あの牛丼店の一号店はここにあります。

よく見る吉野家の看板ではなく、メニューも通常店より少なくなっています。そのほか箸の置く位置などにも違いがあり、昼時前でしたが代わる代わる市場関係者が食事をしていました。

この吉野家 築地一号店も、調べたところ築地市場の移転によって閉店する計画だったそうですが、いろいろあってまだ続いているようです。


a0332275_23202449.jpg

個人的定番の、牛丼並み+温玉をチョイス。変わらないおいしさです。


a0332275_23243241.jpg

築地市場を出て晴海通りを豊洲方面へ。

隅田川を渡る勝鬨橋を渡ります。勝鬨橋は昔は橋の中央部が開く構造でしたが、現在はその設備は撤去され、橋のたもとにあるかちどき橋の資料館で市町が見ることができます。(今回は見なかった。)

ここから晴海通りをずっと豊洲方面へ。続きは次回


非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2017-04-21 19:00 | 散策 | Comments(0)


「まち」の変化を追っていきます


by yunomi-chawan

プロフィールを見る

メモ帳

2015年にブログを移転しました。一部リンクが前のブログに飛びます。
まとめサイトを含む多種サイト、SNS等への画像の無断使用と引用を禁止します。
暑くなってきたので更新減ります。
コメントについて
非公開コメントへの返信は基本的に行っておりません。
以前のブログ
YouTube
役所メシ
東京都の都市計画道路
神奈川県の都市計画道路
埼玉県の都市計画道路
京王線連続立体交差事業

カテゴリ

全体
ブログ
鉄道
鉄塔
散策
地域
道路計画や開通など
京王線連続立体交差事業
未分類

最新の記事

[東北3日目]富岡駅から
at 2018-08-19 00:00
リニア東百合丘・片平/能ヶ谷..
at 2018-08-18 00:00
[東北2日目その3] 浪江・..
at 2018-08-17 00:00
[東北2日目その2]野蒜地区..
at 2018-08-16 00:00
[東北2日目その1] 女川へ
at 2018-08-15 00:00
うまく乗り継げば乗降位置変え..
at 2018-08-14 00:00
津久井道(川崎3・4・4号世..
at 2018-08-13 00:00
東八道路(三鷹3・2・2号)..
at 2018-08-12 00:00
[東北1日目その2] 気仙沼..
at 2018-08-11 00:00
[東北1日目その1] 釜石か..
at 2018-08-10 00:00

以前の記事

2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月

最新のコメント

ありがとうございます。結..
by yunomi-chawan1 at 00:07
今回、釜石からずっと東日..
by yunomi-chawan1 at 00:00
さくら通りの東端の景色が..
by てらだ at 10:57
東北への旅、お疲れ様です..
by tabinoirodori at 23:42
ありがとうございます。 ..
by yunomi-chawan1 at 22:33
私も撮影位置を明確にする..
by yunomi-chawan1 at 22:05

検索

タグ

(38)
(20)
(20)
(18)
(18)
(16)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(10)
(10)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)

記事ランキング