<   2019年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません

スイッチバック旅(7) 松本観光と現役スイッチバック姨捨駅

スイッチバック式だった駅をめぐる旅をしています。

一連の記事の一覧
スイッチバック旅
a0332275_21250830.jpg

長坂駅からは普通列車で小淵沢駅へ。

そこから先、松本方面の普通列車が暫くないため、特急に課金し上諏訪までワープしました。

特急あずさ号には何度か乗ったことがありますが、新型のE353系は初めての乗車です。綺麗な車両でした。

a0332275_21303263.jpg

上諏訪からは松本行きの普通電車に乗り換え、松本駅に到着。「まつもと~まつもと~」という独特な到着放送で出迎えてくれます。

松本駅は乗り換えで使ったことはあるものの、降りるのは今回が初めてです。松本では「まともな」観光をしようと思います。

a0332275_21325936.jpg

松本は景観に力を入れている街だと聞いたことがあります。


a0332275_21341113.jpg

裏道に入ってみたり。ここまで車道をいじめる道路もなかなかいい。

盆地なだけあって、山の近さが感じられる街です。


a0332275_21353021.jpg

松本城も。外国人に人気なようでした。

場内を見学したかったものの、入場に40分、見学に50分かかるようなのでやめました。


a0332275_21374212.jpg

松本駅に戻ってリゾートビューふるさとに乗りました。本当は次の普通電車に乗るつもりでしたが、空いているみたいだったので予定変更です。


a0332275_21390221.jpg

松本駅からは篠ノ井線に入ります。

リゾートビューふるさと号は観光快速列車で、乗車券のほかに指定席券のみで乗車できる超お得な列車です。

列車内には前面展望を映したモニタがあってこれは飽きません。

現役のスイッチバック駅「姨捨駅」到着

a0332275_21455785.jpg

姨捨駅に到着です。

a0332275_21465938.png

これまでかつてスイッチバック式だった駅6か所に降りて来ましたが、この駅は現役のスイッチバック式の駅です。

a0332275_21465985.png

長野方面行列車はこのような動きをして駅に止まります。

a0332275_21465981.png

反対に、松本方面行列車はこのような動きをします。通過列車は折り返しせずに移動します。

動画には撮れていませんが、リゾートビューふるさと号では到着前にスイッチバック式の説明が軽くありました。

a0332275_21511105.jpg

とりあえず駅の外に出てみるとこんな駅。無人駅ですが立派な駅舎がありました。

実はクルーズトレイン「TRAIN SUITE 四季島」が停車することになって大規模な改修がなされ、どこもかしこも綺麗です。


a0332275_21570227.jpg

ホームには臨時観光列車「ろくもん」の「姨捨ナイトクルーズ号」が停車中。


a0332275_21592162.jpg

駅の行き止まり側はこんな感じ。変電設備があるようです。


a0332275_22011973.jpg

姨捨駅は絶景が有名です。

ここからの景色は「日本三大車窓」にも数えられ、駅から見下ろす善光寺平は絶景です。一度は来るべきだと思いました。

a0332275_22152724.jpg

もう一度駅を出てスイッチバックの分岐点付近に行きました。踏切から撮影しています。

左奥の線路が引き込み線です。


a0332275_22164830.jpg

駅にはさっきの観光列車が停車中です。


a0332275_22174566.jpg

再び駅に戻ったころにはどっぷり夜。

夜景も素晴らしい。

a0332275_22193981.jpg

そうこうしていたら観光列車が松本方面に向けて発車していきました。


a0332275_22202346.jpg

観光列車が去ったあとも駅のホームにはそこそこ人がいます。

夏場は蚊がいるので気をつけてください。


a0332275_22212234.jpg

駅名標はスイッチバックが再現されています。


a0332275_22220225.jpg

そして長野行き電車が到着。

この夜は長野で宿泊です。


撮影日:2019年9月15日 記載内容は執筆時または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2019-10-30 00:00 | 鉄道 | Comments(2)

鎌倉街道(本町田Ⅱ期) 進捗状況2019.10

町田市で事業が行われている主要地方道府中町田線(鎌倉街道)本町田Ⅱ期の進捗状況を見て来ました。

a0332275_16402886.png

この道路は鎌倉街道として親しまれている主要地方道府中町田線18のうち、木曽団地東交差点菅原神社交差点間の約640mを拡幅するものです。

現在は2車線の道路ですが、拡幅後は幅25m4車線となる予定です。

a0332275_16424240.jpg

なお、2012年(平成24年)4月16日には、Ⅰ期区間を含めて土地収用法に基づく事業認定を取得しています。

10年ほど前から順次工事が行われていますが、地形等の関係で補償代行工事も多くなかなか進んでいない印象も受けます。

2019年9月現在行われている工事はありませんでした。まもなく別の工事が始まる予定です。

この道路の記事一覧
本町田2期
写真等
a0332275_16470713.png

撮影位置はこの通りです。

a0332275_16481158.jpg

▲①菅原神社交差点より

ここから先が事業区間です。

昨年まで正面道路区域内に整体院がありましたが、昨年9月上旬に取り壊されました。長年あっただけに軽く衝撃を受けました。


a0332275_16571642.jpg

2018年9月6日撮影。

現在でも道路の舗装に当時の痕跡が残っています。


a0332275_17002589.jpg

▲②菅原神社交差点北側

この先、袋橋のあたりまで2車線の道路が続きます。

鎌倉街道はこの先多摩川を渡り、新府中街道府中街道と名前を変え、所沢方面まで繋がる多摩南北道路の1つです。

2016年になってやっと、この先薬師池付近で事業が開始され、市内の鎌倉街道全線で事業化されました。

a0332275_17071528.jpg

▲③車線切り替えが行われたあと

ここ数年で道路改修工事が盛んに行われ、車線を切り替えながら道路を作っている状況です。

道路西側ではかつての舗装が顔をのぞかせています。今後この部分も道路改修工事が行われるものと思われます。


a0332275_17092840.jpg

▲④町田三小入口交差点付近

この辺りは地形が複雑で、擁壁設置工事などの大掛かりな工事や、本線以外の代替道路建設も行われています。

今年度はこの左側部分の擁壁設置などの工事が行われる模様です。


a0332275_17132664.jpg

▲⑤木曽団地東交差点の南側

こちらでもかつての車道が見えます。


a0332275_17143291.jpg

▲⑥木曽団地東交差点

この交差点から先今井谷戸交差点までは本町田Ⅰ期区間となり、1990年より事業を行っています。現在も完成していません。


撮影日:2019年10月8日 記載内容は執筆時または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2019-10-28 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(2)

首都高横浜北西線「横浜港北JCT」付近の様子を見てきた

来年3月開通予定の首都高速神奈川7号横浜北西線K7のうち、第三京浜E83と接続する横浜港北JCT付近の様子を見て来ました。

「オリンピック前」とされていた開通時期が、「春」と変わり、そしていよいよ「3月」まで確定してきました。

さらにこれまで「横浜環状北西線」と呼ばれていた道路も、「神奈川7号横浜北西線」と決まり、いよいよ来年3月開通です。待ち遠しいです。

道路についてはネット等で散々紹介されているので説明省略します。

この道路の記事一覧
北西線
a0332275_21094946.jpg

▲横浜港北JCT

第三京浜E83と接続する横浜港北JCTの遠景です。

首都高速神奈川7号横浜北線K7とは本線で直結します。

正面の高架は横浜北線と横浜北西線の本線等です。1年程前と比べるとかなり出来上がってきました。

a0332275_21141472.jpg

▲横浜港北JCTの中

ぐるぐると渦巻いた複雑な構造になります。垂水JCT並みに複雑かもしれません。

撮影は9月ですが、この時は穴を埋めるような工事をしているように見えました。


a0332275_21162603.jpg

▲横浜港北JCTを別角度から

土木ってすごい。


a0332275_21183445.jpg

▲かつての港北IC

かつての第三京浜の港北ICがあった場所。

料金所と交差点が近く、渋滞して車の流れが大混乱していたのが懐かしいです。


a0332275_21354208.jpg

▲横浜港北料金所だろうか

ジャンクションからやや横浜青葉寄りの高架上にできた施設。

一般道・第三京浜→青葉方面に行く際に通る横浜港北料金所(仮名称:川向料金所)でしょうか?


a0332275_21374622.jpg

▲遠景


a0332275_21381522.jpg

▲一般道「川向線」

横浜港北ジャンクションから緑産業道路までの高架下には、関連街路として川向線が建設中です。

にしても、土木ってすごい。


a0332275_21402271.jpg

▲川向線

まだまだ工事中。


a0332275_21412389.jpg

▲川向線

歩道もまだ舗装はされていませんでした。でも3月には間に合いそうです。


a0332275_21421989.jpg

▲緑産業道路を横断

首都高速は緑産業道路を横断し、丘陵地に突っ込み、横浜青葉JCT付近で顔を出します。

つい最近までここに橋なんか架かっていなかった気がするのに、早いですね。

最近の高速道路って、かなり凄い構造のものが増えてきた感じがします。高尾山インターとか、箕面とどろみインターとか。走るのもよし、下から見るのもよしです。

撮影日:2019年9月23日 記載内容は執筆時または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2019-10-26 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(4)

スイッチバック旅(6) 長坂駅

穴山駅を出て、次の目的地は中央本線長坂駅です。

長坂駅もかつてスイッチバック式の駅だったので、その以降巡りです。

一連の記事の一覧
スイッチバック旅
a0332275_16250690.jpg

普通電車で到着。2,3人だけが降りていきました。つい最近まで特急列車も一部が止まっていた駅ですが、現在は特急は通過します。

さて、降りてもわかるように、塩尻方面に向かって上り坂になっています。駅舎は跨線橋を上って、写真右側の高台にあります。

a0332275_16282030.jpg

現在の駅舎はこんな感じ。マイマイガでしょうか、びっしりとくっついています。

現在は無人駅です。長坂と言えば中央自動車道のインターにもなっているせいか、現在の所在地「北斗市」よりも知名度はありそうな気がします。


a0332275_16330634.jpg

線路より高い場所にある駅舎の前は広場になっています。

この広場の場所が、スイッチバック式だった当時の駅の線路があった場所のようです。


a0332275_16381765.jpg

駅舎より塩尻方面を見てみると、保線用の敷地がありました。

スイッチバックの駅機能がなくなったいまでも、鉄道関係の敷地となっているのはよくあることのようです。

a0332275_16394230.jpg

拡大してみると、線路が少しだけ残っているようでした。

a0332275_16493306.jpg

東京方面には北斗ながさか図書館が併設された市の施設が立っています。

駅用地に公共施設があることは、これもあるあるですかね。


a0332275_16512129.jpg

図書館の裏側も公共施設のようです。

ここに来たのは土曜日でしたが、駅前とはいってもかなり静かでした。

次の電車で次のスイッチバック式駅を目指す前に、松本で途中下車してブラブラしました。


撮影日:2019年9月15日 記載内容は執筆時または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2019-10-25 00:00 | 鉄道 | Comments(0)

世田谷町田線(玉川学園工区)交通安全施設事業 進捗2019.10

町田市の本町田~玉川学園主要地方道 都道3号 世田谷町田線3で行われている交通安全施設事業の進捗状況を見て来ました。

ザックリいうと、市立博物館入口交差点付近~菅原神社交差点間の拡幅です。※市立博物館は2019年6月に展覧終了

a0332275_00291845.png

この事業は延長765mを拡幅するもので、1993年(平成4年)から用地買収に着手しました。

1997年(平成9年)に北側110mが、2003年(平成15年)に南側140mが完成しましたが、その中間付近は今もなお完成していません。

2008年度(平成20年度)に付け替え市道部分の工事が行われて以降(終了は2009年度)、10年近く工事が行われてきませんでしたが、ここのところやっと工事が再開しました。

この道路の記事一覧
世田谷町田線(玉川学園)
10月初旬現在行われている工事
a0332275_00400835.jpg

▲下水道の新設及び撤去

2019年(令和元年)10月10日までの予定で、下水道工事を行っています。(撮影は10月8日)

発注者は東京都都市づくり公社南多摩下水道事務所で、施工者はライチ株式会社です。ライチは2018年よりこの道路で擁壁工事を行った業者でもあります。

a0332275_00400834.jpg

▲下水道管(雨水)の新設

2019年(令和元年)10月31日までの予定で、下水道工事(雨水)新設工事を行っています。

発注者は東京都都市づくり公社下水道部南多摩下水道事務所で、施工者は古久根建設株式会社です。

写真等
a0332275_00523845.png

撮影位置はこの通りです。

a0332275_00531275.jpg

▲①南側

この位置より菅原神社交差点側(後ろ側)は完成しています。

これより北側は完成していません。地元ということもあってか全く撮影してきませんでしたが、もう何年もこのままです。

大型の路線バスも頻繁に通り交通量もある道路で、車道の通行に特段支障があるわけではなく、歩道が狭いのが特徴です。

a0332275_00561659.jpg

▲②恩田川を横断する

恩田川をボックスカルバートのようなもので横断します。ここで一気に歩道が狭くなります。

ちなみに恩田川の一級河川区間はここが上流端です。ここより下流側(右側)は東京都南多摩東部建設事務所が、上流側(左側)は町田市下水道部下水道管理課が管理しています。

a0332275_01003182.jpg

▲②恩田川

ちょうど恩田川日向台交差点間で下水道管(雨水)工事を行っています。※古久根建設が行っているもの

どんな工事なのかよくわかりませんが、久美堂脇の旧河川を直結する工事のように見えます。わかりません。

a0332275_01111779.jpg

▲③久美堂脇

ここに旧河川があり、ここから②の本川に繋いでいるのではないかと思います。

工事は当初2019年2月までの予定でしたが、半年以上延長しています。


a0332275_01131223.jpg

▲④クロネコヤマト前より日向台交差点方面

この付近が最も狭い場所になります。最近になって右側にあった動物病院が立ち退いたことで向こうまで見通せるようになったほか、立ち退き以降工事が再開したような感じです。

ここの2つの交差点には右折レーンが無く、流れが滞ることがあります。ただころころ信号が変わるので右折でき、渋滞源という印象はあまりない。

a0332275_01172598.jpg

▲⑤市道町田212号線

正面に町田市道町田212号線があり、付け替える必要があります。10年ほど前に右側に付替道路が施工されましたが、現在もなお切り替えは行われていません。


a0332275_01213098.jpg

▲⑥市道側から

今年の春ごろにかけて、左側の白っぽい擁壁が施工されました。この白っぽい擁壁のところに墓地があり、用地取得が難航していたようです。


a0332275_01234897.jpg

▲⑦市道の下側

町田市は丘陵地のため、大掛かりな工事が必要となります。


a0332275_01244576.jpg

▲⑧鶴川方面(北向き)

この辺も何年もこのままです。


2017年ごろ

2017年に撮影した写真が見つかったので載せておきましょう。

a0332275_01263461.jpg

▲クロネコヤマト付近

現在は、正面右側の白い建物がなくなりました。

右側の横断防止柵に「平成18年」とありますが、要するにそのときからあまり変わってません。


a0332275_01291529.jpg

▲市道

正面の擁壁上にある墓地が支障となっていました。


a0332275_01303691.jpg

▲⑥とほぼ同じ位置


撮影日:2019年10月8日 記載内容は執筆時または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2019-10-23 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(0)

外環道(仮称)東名JCT付近 2019年9月の状況

外環道C3東名高速道路E1が接続予定の(仮称)東名JCTの進捗状況を外から見て来ました。

a0332275_00224041.png

このブログでは初めての訪問です。

(仮称)中央JCT付近の記事一覧
東名JCT

工事は地下が中心のため、外から様子を見ることができません。詳細な状況報告はできませんが、外からどのように見えたのかだけ書いていきます。

a0332275_01355238.jpg

▲①多摩堤通りから

正面を流れているのは野川で、これより先がジャンクションの施設ができるような感じです。この付近は左岸側だけ工事が行われています。


a0332275_01374180.jpg

▲②野川の管理用通路(遊歩道)

野川を下っていきます。

私が見に行った9月23日現在、野川左岸で通行止めを行っていました。期間は10月5日までと書いてあり、現在は開放されているかもしれません。


a0332275_01395742.jpg

▲③荒玉水道道路の水道橋

9月23日現在、荒玉水道道路428水道橋で通行止めを伴う工事を行っていました。

水道橋の下流側に仮の橋を建設してあり、迂回して通る必要があります。

a0332275_01420946.jpg

このような貼り紙がありました。

ちなみに、この付近の写真を撮っているときに警察官にガン見されてました。職質とかはされませんでしたが、怪しまれていたのでしょうか?

a0332275_01431009.jpg

▲③仮橋

荒玉水道道路の仮橋はこのようなトラス橋です。かっこよくないですか。


a0332275_01481540.jpg

▲③仮橋

いいですね。

橋を渡った先は工事用の橋をくぐっていきます。国を挙げてする工事はどこも大がかりです。


a0332275_01494635.jpg

▲④仮橋よりヤード内

整理整頓されたヤードが見えます。大きな工事現場ってどこも綺麗に整頓されています。

ただここを見ただけでは何の工事をやっているのかよくわかりません・・・


a0332275_01510121.jpg

▲⑤野川

東名高速道路E1に近づくと野川の両側に工事ヤードが出現し、大きな仮囲いで囲まれます。

迫力あり過ぎます。


a0332275_01523030.jpg

▲⑥野川沿い

シールドマシンで掘っていて発生した土壌を運搬するベルトコンベアや、その土壌の処理をする施設でもあるのでしょうか。


a0332275_01560475.jpg

▲⑦多摩堤通り

再び多摩堤通りに出て来ました。

正面の高架が東名高速道路です。


a0332275_01572183.jpg

▲⑧東名高速道路

坂を上って東名JCT予定地の東側に来ました。金網が細かくて鬱陶しいものが写っていてすみません。

右側の道路(片側3車線が2本)が本線で、その両脇に工事車両が高速道路から出入りするための道路ができています。将来は外環道に分岐する道路になります。


a0332275_02002109.jpg

▲工事車両

停車している工事車両を見てみると、荷台にシールドトンネルのセグメント(トンネルの外壁となるブロック)のようなものが載っているように見えます。


見つけた工事看板

周辺で見つけた工事看板です。ほかにも見落としがあると思います。

a0332275_02044022.jpg

▲本線シールドトンネル工事をしています

2021年(令和3年)3月18日までの予定で、東京外かく環状道路本線トンネル(南行)東名北工事を行っています。

施工者は鹿島・前田・三井住友・鉄建・西武建設工事共同企業体外環本線トンネル(南行)東名北JV工事事務所です。そうそうたるメンバーです。

北行トンネル工事(大林・西松・戸田・佐藤・錢高JV)の看板もどこかにあると思うのですが見つけられませんでした。

a0332275_02082615.jpg

▲東京外かく環状道路のランプ(連絡路)をつくっています

2020年(令和2年)2月23日までの予定で、東京外かく環状道路東名ジャンクションAランプ工事を行っています。

施工者は前田道路工事(株)・(株)奥村組東京外かく環状道路東名ジャンクションAランプ工事JVです。


撮影日:2019年9月23日 記載内容は執筆時または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2019-10-21 00:00 | Comments(2)

スイッチバック旅(5) 静かな穴山駅

なかなか完結しなくてすみません。

かつてスイッチバック式の駅だった駅に訪問する旅をしています。

一連の記事一覧
スイッチバック旅
a0332275_16052719.jpg

韮崎駅を出て2つ隣の穴山駅で下車しました。

韮崎駅と穴山駅の間の新府駅も、駅昇格前にはスイッチバック式の信号場だったようですが、今回は通過しました。


a0332275_16342977.png

穴山駅周辺の状況をざっくり表すとこんな感じ。

知名度はそれほどなさそうな穴山駅ですが、この駅もスイッチバック式の駅でした。複線化に伴い、1971年にスイッチバックは解消されています。

a0332275_16153425.jpg

乗ってきた電車から降りたのは私含めて2人。他の客は足早に駅を出て行ってしまいました。

電車を降りてすぐにわかる勾配感。塩尻方面に向かって上り坂になっています。


a0332275_16263968.jpg

塩尻方面を見るとこんな感じ。

右手の高台に旧駅の線路がありました。


a0332275_16273793.jpg

拡大。(旧駅跡bのbは誤タイプです)

現在でも保線用の線路が残っているようでポイントが設置されています。

その先、本線はしばらくまっすぐ向かっていたようですが、昔は手前で右にカーブする旧線を通っていました。

a0332275_16354272.jpg

塩尻方面です。右側の高台が旧駅跡です。相当な勾配であることがよくわかります。


a0332275_16373902.jpg

東京方面を見ると、本線はトンネルに潜っていきます。

この辺りは電車に乗っていても急な坂だなと感じる場所であります。


a0332275_16392593.jpg

駅舎はこんなこじんまりとしたもので無人駅です。券売機もなく、Suicaの簡易読み取り機のみ設置されています。左側はトイレです。

この駅舎は昔の旧駅線路跡に建てられています。昔の駅舎はもう少し手前にあって、スイッチバック廃止後もしばらく現役だったようです。

a0332275_16445005.jpg

駅前には石碑がありました。駅がどうたらこうたら……と書いてありますが、文字が風化しかけていてよく読めません。


a0332275_16480099.jpg

現在の駅舎の左側。かつてスイッチバック式の駅の線路があったであろう場所。

現在は変電所などがありました。何か建設中でしたが説明書きはありませんでした。


a0332275_16494151.jpg

さて、次の電車まで1時間ほど時間があるので、塩尻方面に残る旧線跡を見に行くことに。

航空写真を見るとすぐに「旧線だな」とわかるのですが、行ってみるとかなり周りと溶け込んでいました。

中央本線というと、各所に旧線などの遺構があります。それだけ重要な路線でかつ、苦労して作ったんだなと思いました。

撮影日:2019年9月15日 記載内容は執筆時または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2019-10-20 00:00 | 鉄道 | Comments(0)

台風19号で破損した「日野橋」を見に行った

報道でもされている通り、台風19号により橋脚が破損した多摩川日野橋を見に行きました。

日野橋は立川市と日野市を結ぶ都道256号八王子国立線256の橋です。一般的には甲州街道として親しまれています。

かつては国道20号20でしたが、日野バイパスの開通により2007年に格下げされ、現在は東京都が管理する都道です。

a0332275_14075858.jpg

そんな日野橋ですが、確かに橋脚1基が沈んでいました。左岸側(立川市側)から見ています。

a0332275_14085495.jpg

20径間ある橋ですが、立川側から5番目の橋脚です。

a0332275_14070448.jpg

これにより、日野橋を含む、日野橋交差点日野橋南詰交差点間が通行止めになっています。日野橋交差点~日野橋北詰は沿道施設への自動車の出入りと歩行者は通行できます。

a0332275_15242395.jpg

見に来ている人が何人もいました。私もその1人です。


a0332275_15263343.jpg

右岸側(日野側)はこのような感じです。下流の石田大橋か、上流の立日橋に迂回する必要があります。

ちなみに、平成が始まるまで隣の一般道の橋は関戸橋と多摩大橋でした。多摩川の下流部・中流部の一般道の橋は平成前と今とで、車線数がほぼ倍増しましたt。

この日野橋は古い橋で、台風前から架け替えの検討が行われてきました。私の予想では関戸橋の次の架け替えはここかなと、数年前から気にしていたところでした。この台風で計画が変わるのか、どうするのか、気になるところであります。

日野市議のブログ(2018年の記事)ではおよそ4,5年後に関連工事と書かれています。

近隣道路で渋滞
a0332275_15363027.jpg

通行止めに伴い、近隣道路で渋滞が発生していました。


a0332275_15410688.jpg

日野橋交差点では立川通りの南行き右折レーンが渋滞していました。

この交差点では日野橋方面が通行止めになっているにもかかわらず、信号サイクルが変わっておらず、右折信号が数秒しか表示されません。その結果、右折車両が増えているにもかかわらず、1回の青信号で数台しか右折できない状況となっています。

以前の写真を探した

パソコンから以前撮影した日野橋を探してみました。

a0332275_15491064.jpg

2018年9月19日。


a0332275_15501958.jpg

2015年3月10日。矢印の橋脚が破損しました。

2014年~2015年というと、日野橋下流左岸側(立川公園付近)で新しい堤防を作る工事をしている時期でした。


a0332275_16020645.jpg

2014年冬ごろ、工事に伴い、河川管理通路で迂回が必要な場所がありました。

工事中も、工事前も何度か来たことがありましたが、パソコン内にほかに画像は見つかりませんでした。


非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2019-10-16 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(2)

補助第217号線(成城1・2・3丁目) 進捗状況2019.9

世田谷区で事業が行われている補助第217号線(成城1,2,3丁目)の進捗状況を見て来ました。

a0332275_16525947.png

これは世田谷通り成城二丁目交差点間の約439mについて、幅16mに拡幅するものです。

2014年(平成26年)3月19日に事業認可(都告第347号)を受け、世田谷区が事業を行っています。現在の認可期間は2023年(令和5年)3月31日までです。

この道路の記事一覧
補助217号線(成城1・2・3)
写真等
a0332275_17133292.png

撮影位置はこの通りです。

a0332275_17135023.jpg

▲①事業区間の北側

成城六間通りと交わる成城二丁目交差点から南側が事業区間になります。

現在は用地買収が進んでいました。


a0332275_17154674.jpg

▲②北向き

この付近は戸建て住宅が中心です。

左の明正公園の一部も道路となる予定です。


a0332275_17174093.jpg

▲③坂の上

ここから先は多摩川に向けて河岸段丘を下っていきます。

道路は特段狭いとは感じませんでしたが、センターラインがない道路となります。


a0332275_17232047.jpg

▲④坂道の途中

掘割のような構造になっています。新しい道路は左側の斜面を切り崩す予定のようです。

左側の斜面の上には砧中学校があります。体育館のあたりがちょっと干渉しそうな気もしますが。


a0332275_17253425.jpg

▲⑤世田谷通りとの交差点

坂を下りきると、世田谷通りと交わります。


a0332275_17275124.jpg

▲⑥事業区間南側

世田谷通りと交わる交差点は少々変則的な交差をしています。

道路は正面の斜面を切り崩すようにできるようですが、工事等いろいろ大変そうな場所だなと感じました。


撮影日:2019年9月23日 記載内容は執筆時または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2019-10-13 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(4)

スイッチバック旅(4) 25‰勾配の上にある韮崎駅

かつてスイッチバック式だった駅に降りていく今回の旅。

勝沼ぶどう郷駅から中央本線の普通列車に乗り、韮崎駅で下車しました。

a0332275_23373648.jpg

韮崎駅もかつてスイッチバック式の駅でした。1970年に複線化に伴いスイッチバックは解消しています。

降りた瞬間に感じるホームの傾斜。これは期待できます。

a0332275_23400330.jpg

電車が行ったあとに線路を見ると、25パーミル(‰)の勾配標が立っていました。1000m進んで25m上る勾配を表しています。

25‰=2.5%のこと。道路だと大した勾配ではないように感じますが、鉄道ではこれは急な勾配です。首都圏で言うと、中央線の三鷹~武蔵境駅間の高架線に上る勾配が24‰のようですので、そんな勾配のところにホームがあります。

昔の鉄道ではこのような勾配にホームを作ることができなかったので、平らな場所にホームを作り、スイッチバック式としていました。

a0332275_00174315.jpg

ホームから東京方面を見ています。

かつてはこの右側に引き上げ線があったそうです。航空写真を見るとちょっとした茂みが見て取れますが、それがそうだったのかはよくわかりません。

ちなみに現在、こちら側には中線があり貨物列車などが使っているようです。

a0332275_00293633.jpg

小淵沢方面を見ています。

線路の右側(北側)に保線用の線路が少しだけ伸びています。かつてはこの保線用の線路がもう少し先まで伸びていて、ホームが存在したようです。

a0332275_00382882.jpg

現在のホームの小淵沢寄りです。

ホームからは駅前広場公共施設が見えますが、かつてはこのスペースにホームがありました。ホームの端から端を移動しただけでこの高低差ができるのですから、かなり急勾配であることがわかると思います。

ちなみに、上り線のホームの長さは332mで八王子支社管内で最長です。

a0332275_00355682.jpg

さて、駅を出てみようと思ったら、駅構内にこんな掲示物がありました。韮崎駅115周年だそうです。(でも2019年では116周年)

この右下の写真には昔の駅が写っています。蒸気機関車が走っているあたりが現在のホームでしょうか。

a0332275_00420577.jpg

駅を出ました。直営駅のようです。


a0332275_00432791.jpg

駅前には駅前広場があります。何度も言うように、ここはかつてのホームがあった場所です。

駅のすぐ近くには大規模な商業施設もあって、甲府~上諏訪の間の駅ではもっとも駅前がにぎやかに見えます。


a0332275_00460229.jpg

駅前広場の先にあるのは「二コリ」という公共施設です。

建物の外観も、内装も綺麗で最近できた建物なのかなぁ・・・と思ったら、1984年~2004年にイトーヨーカドーとして、2004年~2007年にオギノとして営業した商業施設の居抜きのようです。

a0332275_00512155.jpg

古い航空写真を見ると、線路はもう少し先まで伸びていたようです。ちょっと怪しいカーブを描いた小道が奥に伸びていました。


a0332275_00535379.jpg

さて、韮崎駅はこれくらいにして、次の電車で次のスイッチバック駅を目指します。


一連の記事一覧
スイッチバック旅
撮影日:2019年9月15日 記載内容は執筆時または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2019-10-12 00:00 | 鉄道 | Comments(0)


「まち」の変化を追っていきます


by yunomi-chawan

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

メモ帳

2015年にブログを移転しました。一部リンクが前のブログに飛びます。
新元号は2019年4月1日以降に更新した記事のみ対応します。それ以前の記事は直しません。
まとめサイトを含む多種サイト、SNS等への画像の無断使用と引用を禁止します。
コメントについて 非公開コメントへの返信は基本的に行っておりません。
以前のブログ
YouTube
役所メシ
↑2018/09/28更新
東京都の都市計画道路
神奈川県の都市計画道路
埼玉県の都市計画道路
京王線連続立体交差事業

カテゴリ

全体
ブログ
鉄道
鉄塔
散策
地域
道路計画や開通など
京王線連続立体交差事業
行き止まりシリーズ
多摩NTの橋ぜんぶ撮影プロジェクト
未分類

最新の記事

国領~布田駅間の鉄道敷地が暫..
at 2019-12-14 00:00
八王子南バイパス(八王子市寺..
at 2019-12-12 00:00
柿生橋で車線切り替え 世田谷..
at 2019-12-10 00:00
多摩3・4・12号読売ランド..
at 2019-12-08 00:00
関戸橋架け替え 5年目の工事..
at 2019-12-06 00:00
町田3・3・36号相原鶴間線..
at 2019-12-04 00:00
町田3・3・8号鎌倉街道線 ..
at 2019-12-02 00:00
日野橋の応急復旧工事開始!
at 2019-11-30 00:00
JR南武線 稲田堤駅の橋上駅..
at 2019-11-29 00:00
多摩3・4・17号坂浜平尾線..
at 2019-11-27 10:00

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月

最新のコメント

町田街道とはおそらく24..
by yunomi-chawan1 at 18:26
ありがとうございます。
by yunomi-chawan1 at 18:20
津田山駅の旧駅舎、跡形も..
by yunomi-chawan1 at 18:19
河川内の工事は非出水期(..
by yunomi-chawan1 at 18:11
いつも拝見しています。 ..
by 南山住人 at 16:38
ちなみに町田街道の拡張っ..
by k.kitami at 16:17

検索

記事ランキング

タグ

(53)
(53)
(42)
(34)
(30)
(28)
(27)
(27)
(25)
(24)
(23)
(22)
(20)
(16)
(14)
(14)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)