<   2019年 09月 ( 17 )   > この月の画像一覧

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません

スイッチバック旅(2) 笹子峠の入口「笹子駅」

初狩駅から普通電車に乗って隣の笹子駅へ。かつてスイッチバック式だった駅を訪ねています。

一連の記事一覧
スイッチバック旅
a0332275_22473225.jpg

このあたりは両側が山に囲まれ、いよいよ峠越え区間です。

笹子駅のホームは島式の2面2線です。

ちなみに笹子駅は空から見るとこんな感じです。山の陰に入っていてよくわかりませんが。

駅から出る前にちょっとホームを散策します。

a0332275_22521407.jpg

ホームの長野寄りから東京方面を向いて撮影。

下り線(右側)の方に線路が伸びています。かつてはここに駅のホームがあったようです。現在は別の用途で使われています。


a0332275_23042499.jpg

長野方面に向いて撮影。

かつてはこちら側にもスイッチバック用の線路があったようですが、複線化のせいもあってかよくわかりません。


a0332275_23060684.jpg

ホームの散策はこのくらいにして駅の外に出てみました。

右の道路は甲州街道で、中央本線は高架で越えています。その先線路は山のへりに進みます。

ちなみに無人駅で券売機すらありません。一方で車掌は切符・改札業務をほとんどしていません。JR東海だとそのあたり徹底的にしてる感じするのですが、JR東日本はいいんですかね。(私は週末パス利用)

a0332275_23130928.jpg

さて、さきほどホームで見た駅のスイッチバックホーム跡の方へ向かってみると、「笹子設備トレーニングセンター」やらがあります。ホームから見えたものはこれです。


a0332275_23162766.jpg

施設内には駅のホームとか、踏切とか、鉄道の施設が一通りそろっていました。字のごとく、トレーニングする施設のようです。もちろん旅客列車は来ません。


a0332275_23213088.jpg

トレーニングセンターを遠くから見てみるとこんな感じ。かつてはここに旅客ホームがあったみたいです。


a0332275_23242687.jpg

スイッチバックだったころは、もっと長く線路が伸びていたようですが、現在は線路が剥がされています。ちょっと線路の名残っぽい気がしますね。

すぐ近くには大月市の施設もあって、そこはかつて鉄道関連の施設があったのかなぁと妄想が膨らみます。

a0332275_23271828.jpg

スイッチバック散策はこれくらいにして駅前の甲州街道へ。

駅前すぐに笹子餅を販売しているお店があります。かつては駅での販売を行っていたほか、特急車内でも販売をしていました。

中央本線開通当初から笹子トンネルはありましたが、この峠越えを苦労した時代もあったのかなと、当時の景色を想像してしまいます。

a0332275_23393602.jpg

乗ってきた次の電車で次のスイッチバック駅を目指します。


撮影日:2019年9月15日 記載内容は執筆時または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2019-09-30 00:00 | 鉄道 | Comments(0)

環状4号線(河田町) 進捗状況2019.9

新宿区で事業が行われている環状第4号線(河田町)の進捗状況を見て来ました。

a0332275_23051505.png

この道路は2001年(平成13年)8月21日に事業認可を得て、東京都が事業を行っているものです。担当は第三建設事務所です。

幅員27~30mの4車線となる予定です。

このブログでは2018年1月以来の訪問となります。

a0332275_23130981.png

ちなみに、現在、上図のように分け、連続して事業が行われています。ほかの区間については下記をご覧ください。※未掲載区間は更新以降ご覧いただけます。

写真等

撮影位置はこの通りです。

a0332275_23144706.png
a0332275_23150541.jpg

▲①南端

用地の取得はおおむね完了しているようです。

後述するように、撮影位置③より北側は暫定的に整備が済んでいます。現在は③より南側の工事が始まっています。

a0332275_23181193.jpg

現在行われている工事は「街路築造工事(29三-環4河田町)その2」で、2019年(令和元年)9月下旬までの予定で、松井建設株式会社 東京支店が施工しています。

擁壁の設置や電線共同溝の設置、排水管の設置などを行うようです。

このあたりはやや傾斜のある地形で、道路の東側に擁壁を作って道路面を平らにしています。

a0332275_23224336.jpg

▲①南端(その2)

擁壁の設置などが行われているのがわかります。よく見えませんが、電線共同溝なども工事している感じでしょうか。

2018年1月はまだ用地の取得をしただけの状態でした。

a0332275_23254178.jpg

▲②中間地点より南向き

重機が入って作業をしている状況でした。


a0332275_23264965.jpg

▲③中間地点より北向き

北側は整備が行われ、暫定開放されています。こちらは2018年1月ごろと変わりはありません。


a0332275_23313344.jpg

▲④放射24号線との交差部分

現在はこんな感じ。

放射24号線も現在拡幅事業が行われています。


撮影日:2019年9月20日 記載内容は執筆時または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2019-09-28 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(2)

環状第4号線[富久町] 進捗状況2019.9

a0332275_22592037.png

新宿区で事業が行われている環状第4号線[富久町]の進捗状況を見て来ました。

a0332275_23051552.jpg

この道路とは2011年(平成23年)2月24日に事業認可を得て、東京都が事業を行っているものです。担当は第三建設事務所です。

延長330m、幅員27mで4車線になる予定です。


このブログでは2018年1月以来の訪問です。過去の記事等は下記をご覧ください。

a0332275_23485885.png

ちなみに、現在、この道路では連続して上図のように分け事業が行われています。ほかの区間については下記をご覧ください。※未掲載区間は更新以降ご覧いただけます。

写真等
a0332275_00014456.png

撮影位置はこの通りです。

a0332275_00024460.jpg

▲①富久町西交差点

靖国通りが交わる富久町西交差点です。

ここから東京医大通りの先までは西富久地区市街地再開発組合によって施行されました。この市街地再開発事業は富久クロスなどの再開発を行い、2018年9月6日に組合が解散され事業完了となりました。

a0332275_00110355.jpg

▲②富久町西交差点の北側

市街地再開発事業よって事業が行われた区域です。現在は暫定2車線になっています。


a0332275_00121905.jpg

▲③ここから都施行区間

土能から先が東京都の施行区間です。2018年1月に比べて地盤が下げられました。

土能の手前は電線共同溝が整備されています。市街地再開発事業でここまで整備して終わったんでしょうか。


a0332275_00155324.jpg

▲④富久町の住宅街

富久町の住宅街を突き抜けます。都公社による用地取得も行われているようです。


a0332275_00211023.jpg

▲⑤富久町の住宅街

ここのところ用地取得された土地が増えて来ました。


a0332275_00250527.jpg

▲⑥富久町の住宅街

こんな感じ。


a0332275_00255249.jpg

▲⑦余丁町児童遊園

児童遊園は以前のままでした。道路ができると大部分が道路となることになります。

児童遊園の入口には「道路ができるまでの仮児童遊園敷として開放するもの」として1974年に設置した看板があります。

a0332275_00294915.jpg

▲⑧富久町区間の端

ここから先が道路となります。

まだ工事は始まっていないようですが、あと少しだと思います。


撮影日:2019年9月20日 記載内容は執筆時または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2019-09-26 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(2)

能ヶ谷根岸線(芝溝街道)[綾部] 進捗状況2019.9

町田市で事業が行われている町田3・4・18号能ヶ谷根岸線(綾部)の進捗状況を見て来ました。一般には芝溝街道として親しまれている道路です。

a0332275_16132816.png

この事業は2018年(平成30年)10月10日に事業認可を得て、東京都が事業を進めているものです。担当は南多摩東部建設事務所。

延長425mで、幅員約9mの現道を20mに拡幅します。車線数は2で、両側に歩道を整備し、自転車走行空間の整備や電線類の地中化、街路樹の植栽を行います。

現在の事業期間は2025年(令和7年)3月31日までとなっています。

a0332275_16171970.png

この一連の道路では慢性的な渋滞が発生しており、順次事業着手が行われてきました。残る未着手の区間でも、2016年(平成28年)に策定した『東京における都市計画道路の整備方針(第四次事業化計画)』において優先整備路線に選定されています。

写真等
a0332275_16212393.png

撮影位置はこの通りです。

事業認可から時間が経っていないため、用地買収はほとんど行われていません。

a0332275_23000455.jpg

▲①鶴川駅方面

ここから先は未着手区間になります。さっさと都県境まで拡幅してほしいんですけどねぇ。


a0332275_23031994.jpg

▲②事業区間東側

ここから先が事業区間となります。

この付近は両側に拡幅します。右側については変電所の塀のあたりまで拡幅するようです。

a0332275_23063063.jpg

▲③綾部交差点

この交差点は市道が2本交わる交差点です。やや変則的な交差をしているため、信号は3回に分けて表示されます。

芝溝街道側の西行き(写真手前)は右折レーンが不十分な他、東行きは右折レーンがないため、しばし流れが阻害されています。また信号が3回に分かれているため、赤信号の時間もやや長いようです。

a0332275_23065172.jpg

▲④野津田駐在所前

綾部交差点袋橋交差点間は北側に歩道がなくなります。また、南側の歩道も人がやっとすれ違える程度の幅です。

野津田駐在所も道路用地に引っかかっているようです。

a0332275_23390043.jpg

▲⑤自由民権資料館前

町田市立自由民権資料館前です。この辺りも両側に拡幅するようで、右側はちょうど資料館の門あたりまで拡幅するようですね。市の施設ということもあって、バスベイも兼ねて広くしてある感じなんですかね。

自由民権資料館はこの地域で盛んだった自由民権運動や町田に関する史料を収集展示しています。興味ある人には面白いと思うのでぜひ。

a0332275_23534540.jpg

▲⑥道路北側

道路の北側はこのように歩道が存在しません。大型車もよく通るので危険です。

この沿道はそこまで住宅が密集しているわけではなく、逆に大きな家も多い感じです。

a0332275_23415118.jpg

▲⑦袋橋交差点

この先は新袋橋交差点の先まで拡幅が完了しています。航空写真を見る感じ、どうも綾部原トンネルの開通(2005年3月)などに合わせて拡幅したみたいです。

a0332275_23555997.jpg

▲⑧鶴川駅方向(東向き)

袋橋の方が旧道で、新袋橋の方が新道です。

ここのところ、トンネルができる前の名残で都道18号線はトンネルを迂回する形で現在も指定されています。新袋橋交差点大蔵交差点間は都道57号線と重複しています。

撮影日:2019年9月19日 記載内容は執筆時または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2019-09-24 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(0)

スイッチバック旅(1) 初狩駅へ

3連休は泊りを伴う旅行へ。

今回の旅のテーマは「スイッチバック」です。かつてスイッチバック式だった駅、または現役でスイッチバック式の駅をひたすら降りていきます。

a0332275_23523779.jpg

スイッチバックというと小田急江ノ島線の藤沢駅とか、西武池袋線の飯能駅が思い出されるところですが、それとはちょっと性格が異なり、今回見た駅はすべてこのタイプのスイッチバック駅。

急坂のところに駅を設置したいけど、鉄道は坂に弱い乗り物。そのため平らな部分を作り駅を設置、列車は図のよう動きをします。

a0332275_00015445.jpg

高尾駅から中央本線に乗って西へ。

大月駅の隣の初狩駅で下車。ここは1968年に現在の場所にホームが移設され、旅客列車のスイッチバックは廃止されています。


a0332275_00130064.jpg

ホームの東京寄りに行ってみると、こんな感じ。ポイントがいくつかあって、本線以外にも線路があります。

旅客列車のスイッチバックは廃止されていますが、貨物列車は使用します。「初狩工臨」などというやつです。

a0332275_00214396.jpg

ホームは築堤上にあるので、階段を下りて駅を出ます。


a0332275_00242473.jpg

階段を下りた先にあるのは線路
その先に駅舎


a0332275_00301030.jpg

反対側(駅舎側)から見るとこんな感じ。
奥の旅客ホームが勾配のある場所にあるのがよくわかると思います。


a0332275_00313446.jpg

横断した線路は貨物用の線路。いまは空っぽの構内です。貨物列車(初狩工臨)は来ても短いようですね。

かつてはここにホームがあったようです。


a0332275_00351929.jpg

やっと駅の外へ。小さな駅舎で無人駅です。


公道を歩いて、先ほどの貨物線路の方(駅の西側)へ行ってみます。

a0332275_00370229.jpg

貨物線構内に踏切がありました。写真は甲府方向を見ています。行き止まりです。


a0332275_00381621.jpg

今度は駅の東側、線路の分岐部に近づいてみました。

右の線路を行くと、現在は砕石場があるらしいです。


a0332275_00482787.jpg

再びホームへ。

かつてホームがあった右側と、現在のホーム。特急あずさが高速で走り抜けていきます。


a0332275_00533360.jpg

次の電車で甲府方面へ。


一連の記事一覧
スイッチバック旅
撮影日:2019年9月15日 記載内容は執筆時または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2019-09-22 00:00 | 鉄道 | Comments(0)

調布3・4・7号喜多見国領線 進捗状況2019.8

a0332275_00360379.png

調布市で事業が行われている調布3・4・7号喜多見国領線の進捗状況を見て来ました。

今年2月以来の訪問です。

この道路の記事一覧
喜多見国領線

この道路の1つ前の記事
調布3・4・7号喜多見国領線 進捗状況2019.2
a0332275_00392070.png

この道路は2007年(平成19年)7月に事業認可を得て、2020年(令和2年)3月31日までの予定で東京都が事業を行っているものです。延長は580mで、幅員は18m~24mとなる予定です。

京王線とはアンダーパスにより立体交差します。

老朽化した都営住宅などの建替えにより、土地の高度利用を図る「国領駅東地区住宅市街地総合整備事業」の一環で整備されているため、建設局ではなく都市整備局が担当しています。

工事看板(8月31日撮影)
a0332275_00410111.jpg

道路の南側半分の街路築造工事として、「街路築造工事(29調-11)」を2019年(令和元年)10月上旬までの予定で行われています。工事期間が何度か伸びています。

施工者は成友興業株式会社です。

a0332275_00445842.jpg

道路の北側半分の街路築造工事として、「街路築造工事(29調-10)」を行っています。工期は2019年(令和元年)9月18日までです。これも当初より工事期間が延長されています。

施行者は土屋建設株式会社です。

a0332275_00465337.jpg

2019年(令和元年)9月下旬までの予定で、下水道管布設工事及び道路舗装工事(30-調2)が行われています。施工者は成友興業株式会社です。

この工事も当初より工事期間が延長されています。

a0332275_00481125.jpg

道路工事とは直接関係がありませんが、共同溝の整備工事が行われています。2020年(令和2年)3月ごろまでの予定です。

施工者は安藤・間・若築特定建設工事共同企業体です。

写真等
a0332275_00520005.png

撮影位置はこの通りです。

a0332275_00521487.jpg

▲①旧甲州街道入口交差点

ここから見ると今年2月とほとんど変わっていないように見えますね。

土屋建設が行っている工事(街路築造工事(29調-10))で施工予定だった交差点の舗装工事などは現在は行われていない状況です。

a0332275_00545206.jpg

▲②交差点より道路(フェンス越しに撮影)

交差点以外の街築などは進んでいて、この部分ではほぼ完成形です。

この先にあるアンダーパスに備え、冠水表示板も設置されていることがわかります。


a0332275_00563821.jpg

▲共同溝工事

というのも、旧甲州街道入口交差点では国土交通省が行っている調布(2)共同溝の工事が行われています。つつじヶ丘付近の国道20号の真ん中で掘っているやつと同じです。

まぁこれが完成しないと開通できないんじゃないかと思います。

a0332275_01011715.jpg

▲③喜多見国領線より交差点向き

正面のフェンス内で共同溝工事をやっています。


a0332275_01023954.jpg

▲④甲州街道下り→喜多見国領線への左折路

こんな感じで、交差点以外は完成、交差点部分は手が付けられず・・・という状況です。

私が見に行ったときには工事関係者や工事車両はありませんでした。


a0332275_01040632.jpg

▲⑤アンダーパス

交差点を過ぎるとすぐにアンダーパスへ降りていきます。事故がなければいいな・・・といった印象です。


a0332275_01051312.jpg

▲銘板

アンダーパスは「国領立体」と決まったようです。


a0332275_01063324.jpg

▲⑥側道

側道(副道)もほとんど完成しています。(現在は立ち入り禁止)

しいていうなら、立体との落下防止柵などが未設置ということでしょうか?


a0332275_01091163.jpg

▲⑦廃止予定の柴崎4号踏切から

柴崎4号踏切の道路は南側の側道に接続される予定で、街築が進んでいました。

他の例と同じならば、道路開通後に踏切を閉鎖といった流れになると思います。

踏切廃止後は多少の迂回が必要となります。

a0332275_01142574.jpg

▲⑧ポンプ設備

左の建物はアンダーパスのポンプ設備です。この工事は終了しています。


a0332275_01162261.jpg

▲⑨南向き

この先南側は区画線以外は施工が進んでいるような状況でした。

この先しばらくは歩道のみ暫定開放されていました。右側の集合住宅向けに開放しているような感じです。


a0332275_01195437.jpg

▲⑩南側アンダーパス分岐部

区画線以外はできている感じですかね。

右側(東側)の歩道は通行できなかったんですが、舗装はまだできていないようにも見えます。


a0332275_01213882.jpg

▲⑪入れた南端部

右側歩道の横断防止柵などの設置はまだですね。左側の歩道は野川の遊歩道(管理用通路)と一体化しています。いずれもまだ通行できません。


撮影日:2019年8月31日 記載内容は執筆時または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2019-09-20 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(0)

[多摩NTの橋ぜんぶ撮影PJ] No.126~130 パルテノン多摩周辺の橋

No.126 白山橋
事業主:住宅・都市整備公団
構造形式:PC門型ラーメン橋
施工会社:日産・加賀田JV
竣工:1983年2月
地図:
a0332275_16020200.jpg

多摩センター駅から南西へ、白山神社の前にあるのが白山橋です。幅のある橋ですが歩道橋です。

橋のデザインは多摩センター駅周辺の橋で統一されています。

橋の下には4車線の道路が通っています。

a0332275_16020375.jpg

橋の片側は白山神社のある多摩中央公園に直結。

歩行者は少なく駅から近い割に静かな橋です。

No.127 センター富士銀行東側ペデ橋
事業主:日本住宅公団
構造形式:PC門型ラーメン橋
施工会社:清水建設株式会社
竣工:1980年3月
地図:
a0332275_16392715.jpg

丘の上パティオの東側、多摩センター東通りにかかる歩道橋です。

富士銀行・・・は現在のみずほ銀行。みずほ銀行は今でもあります。

a0332275_16392796.jpg

橋のデザインは多摩センター駅周辺統一のもの。

橋の下には落合一丁目バス停があります。

No.128~130 パルテノン中央橋、西脇橋、東脇橋
事業主:日本住宅公団
構造形式:PC門型ラーメン橋
施工会社:東鉄工業株式会社
竣工:1981年3月
地図:
a0332275_16510907.jpg

パルテノン多摩の北側すぐの場所にある歩道橋です。

パルテノン中央橋、パルテノン西脇橋、パルテノン東脇橋の3橋がセットになっています。

a0332275_16565237.jpg

橋のデザインは多摩センター駅周辺統一のもの。多摩センター駅南口からこの雰囲気の道がずっとまっすぐ繋がっているのは気持ちのいいものですね。

a0332275_17080163.jpg

こちらが西脇橋と東脇橋。

a0332275_17110280.jpg

橋の下はこんな感じです。圧迫感を軽減させるデザインだとか云々。

中央橋と西脇橋及び東脇の間には階段もしくはスロープがあり、下の道路から橋のあるレベルまで上がることができます。

a0332275_17124552.jpg

橋の下の道路は4車線の多摩中央公園通り

撮影日:2018年5月20日 記載内容は執筆時または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2019-09-19 00:00 | 多摩NTの橋ぜんぶ撮影プロジェクト | Comments(2)

稲城市内鶴川街道 拡幅進捗状況2019.8

稲城市内鶴川街道(都道19号町田調布線)で行われている拡幅の進捗状況を見て来ました。

a0332275_23301119.png

事業としてはいくつかの区間にわかれていますが、連続して事業が行われています。

このブログでは2年半ぶりの掲載です。よく通る道路ですが、進捗は非常にゆっくりで10年以上前からほとんど変わっていないように思えます。

この道路の記事一覧
鶴川街道(稲城市)

この道路の1つ前の記事
稲城市内鶴川街道 拡幅進捗状況2017.3
写真等
a0332275_23435672.png

撮影位置はこの通りです。

a0332275_23425058.jpg

▲①都県境

都県境から先が事業区間となります。

この付近は5年ほど前に拡幅整備された記憶があります。ただ、都県境付近の整備が不完全だったりします。


a0332275_23514570.jpg

▲②若葉総合高校入口交差点

ここのところ大きな動きがありません。


a0332275_23533753.jpg

▲③若葉台入口交差点

現在は、新百合ヶ丘方面の多摩3・4・17号坂浜平尾線の建設に伴う交差点改良工事が行われています。

この部分には左折専用レーンが設置される予定で、坂浜平尾線開通後は「←↑→」の3レーン体制になる予定です。(現在は「←↑」の2レーン)

a0332275_23564283.jpg

その工事の看板です。

交差点改良工事のほか、舗装工事(切削オーバーレイ工)も行われる予定です。

a0332275_23580012.jpg

▲④若葉台入口交差点より北向き

交差点付近は5年ほど前に工事が行われましたが、この先はいまのところ街築といった工事は行われていません。

写真の箇所のように、用地取得がちょこちょこと残っています。

a0332275_23595581.jpg

▲⑤スーパーレジン工業付近

写真を見てもわかるように、道幅は20mと倍増します。車線数は変わらず2車線で、かなりゆったりとした構造になる予定です。

現在はこの付近で下水道工事が行われています。道路建設の初期の工事として下水道関連の工事が行われることが多いですが、これもそうだといいのですが。

a0332275_00052041.jpg

下水道の耐震化とのことです。これだと道路工事に関連するものなのかよくわからないです。


a0332275_00065260.jpg

▲⑥目印がないけど

道路の西側が連続して用地取得されています。数軒はまだ残っているという状況でした。


a0332275_00112670.jpg

▲⑦坂浜駐在所付近

坂浜駐在所(正面)は拡幅に伴い、2014年(平成26年)5月に移転してきました。以前は坂浜交差点の北側にありました。

この付近はカーブの内側(東側)に拡幅します。

地形が複雑な場所なので少々設計が面倒くさそうです。

a0332275_00224182.jpg

▲⑧三沢川と交差

一級河川の三沢川と交差します。

この付近の三沢川は未整備で、2012年(平成24年)4月5日に事業認可を得て、都市計画河川事業を行っています。

この付近の河川はやや西寄りに付け替えられる予定です。現在も工事を行っていますが、この工事での整備は一部にとどまるものと思われます。

a0332275_00351878.jpg

▲⑨坂浜交差点

坂浜交差点は右折レーンがなく、しばし流れが滞ります。渋滞ってほどではありませんが。

この道路は通常かなりスムーズで、信号も少なく、制限速度を超えて走る車がほとんどです。幅が狭く、歩道もない場所があるので、歩くときは危険を感じる場所があるといった感じです。

a0332275_00380430.jpg

▲⑩駒沢学園入口交差点

坂浜交差点駒沢学園入口交差点間はほとんど動きがなく、駐在所が移転したくらいなんですよね。全体的に渋滞がないので優先度低いんですかね。


撮影日:2019年8月26日 記載内容は執筆時または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2019-09-17 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(0)

西武多摩川線「多磨駅」改築 進捗状況2019.8

西武多摩川線の多磨駅の駅舎改築工事の進捗状況を見て来ました。

a0332275_23575110.jpg

多磨駅では自由通路・橋上駅舎設置工事が2018年(平成30年)6月に公表され、工事が行われています。

このブログでは2018年(平成30年)7月の工事前の様子を見て以来の訪問です。

この事業の記事一覧
多磨駅

以前の記事
多磨駅周辺のまちづくりとオリンピック

2019年(令和元年)5月26日から1番ホームが休止され、列車交換ができない駅となりました。

a0332275_00060676.jpg

▲改札口(西側)

現在は駅舎・改札は西側のみにあります。2019年8月26日現在は以前と変わらずでした。


a0332275_00073821.jpg

▲駅の西側

駅前広場がある駅の東側です。こちら側には現在は改札口はありませんが、自由通路(地下通路)を経由してアクセスできます。


a0332275_00152520.jpg

▲東西自由通路(地下通路)

駅の真下を通るように「多磨墓地前駅通学路」という地下通路が存在しています。※多磨墓地前駅は旧駅名です。

通路は階段のみです。階段は正面左右から降りられる形でしたが、工事に伴いこのうち南側の階段が封鎖されていました。


a0332275_00241582.jpg

▲線路(右が元1番ホーム、左が元2番ホーム)

西武多摩川線は単線ですが、この駅では列車の行き違いができるようになっていました。

工事に伴い、2019年(令和元年)5月26日より1番ホーム側の線路が剥がされ、列車の行き違いができなくなりました。工事完了後も行き違いはできない予定です。


a0332275_00295073.jpg

▲2018年7月

2018年(平成30年)7月はこんな感じでした。


a0332275_00315557.jpg

▲休止された旧1番ホーム

このように閉鎖されていました。


a0332275_01104529.jpg

▲旧2番ホームからの景色

旧1番ホームは半分ほど既に解体され、重機が入って工事をしています。旧2番ホームも一部分が簡易的な構造になっています。

新駅舎完成後は旧1番ホーム側にホームができるようです。


a0332275_01140567.jpg

▲2018年7月

2018年(平成30年)7月にはこんな状況でした。もはや既に懐かしい景色です。


撮影日:2019年8月26日(2018年7月の写真を除く) 記載内容は執筆時または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2019-09-15 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(0)

味の素スタジアム周辺 2020大会等に向けた整備状況2019.8

2019年のラグビーワールドカップ、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けた、味の素スタジアム周辺の整備状況を見て来ました。

会場ではなく周辺の整備状況です。

オリンピックではネーミングライツの「味の素スタジアム」ではなく、「東京スタジアム」として案内されています。また、パラリンピックでは味の素スタジアムは使用されず、隣の「武蔵野の森総合スポーツプラザ」を使用する予定です。

国道20号 飛田給・白糸台電線共同溝
a0332275_17024187.jpg

「味の素スタジアム」や「武蔵野の森総合スポーツプラザ」の前面を通る、甲州街道20では、電線共同溝事業を行っています。

電線類を地中化する工事で、オリンピック・パラリンピックを見据えて事業を行ってきました。今年度は0.63億円の予算が付けられています。

a0332275_17172795.jpg

▲2018年7月

現在は既に電線類は地中化され、電柱も撤去されていることがわかります。

そのほか、舗装の打ち替えと遮熱性舗装が施され、街路灯も更新、歩道の舗装復旧や植栽も行われました。全体的に明るい印象となったように見えます。

a0332275_17213013.jpg

▲府中方面

こちら側の遮熱性舗装工事はこれからでしょうか。


a0332275_17241127.jpg

▲歩道

ここの歩道はもともとインターロッキングブロック舗装でしたが、電線共同溝工事に伴い一部分がアスファルト仮舗装になっていました。

2019年8月26日現在、舗装はインターロッキングブロック舗装に戻り、点状ブロックが新規で設置されました。また、防護柵の下に植栽が追加されています。このブロックは遮熱性平板なんじゃないかなと思います。

スタジアム通り(主要市道33号線)
a0332275_17371684.jpg

飛田給駅の北側から味の素スタジアムを結ぶスタジアム通りでは遮熱性舗装や、遮熱性平板の設置が行われてきました。

昨年7月の時点では自転車走行部分を除いて工事が完了している状態でした。

現在は工事は完了しているようです。中央線の区画線が変わっていたり、自転車レーンから矢羽根に変更されているように見えます。設計変更でもあったのでしょうか?

飛田給駅
a0332275_18011340.jpg

スタジアムの最寄りとなる飛田給駅ではホームドアの新設、トイレの改修、エレベータの増設などが行われ、3月に使用を開始しました(ホームドアは今のところ2番線のみ)。

このうちトイレは上の写真のようになりました。男子トイレ、女子トイレはアスリートをイメージさせる表示となっています。

まぁちょっと色覚が弱い方には判断しにくいんじゃないかなぁとか、多機能トイレも色々で来たんじゃないかなとか、思わなくもない。けど、面白いです。

写真を撮り忘れましたが、駅となりの踏切拡幅も完了しています。

多磨駅東側 電線共同溝
a0332275_18082300.jpg

多磨駅東側の朝日町通りなどでは電線共同溝の設置工事が行われてきました。通常400mで7年かかるとされている電線共同溝工事ですがそれよりも早い施工となりました。

このほか、この道路は市道でありますが、市の負担分を東京都が負担しています。

a0332275_18081842.jpg

昨年の時点では2019年6月下旬の完成を目指していて、おそらく予定通り進んだんじゃないかなと思います。

施工にあたっては一部の植栽が伐採されています。


多磨駅東側 遮熱性舗装
a0332275_18153052.jpg

多磨駅東側の市道では遮熱性舗装工事が行われていました。

発注者は公益財団法事東京都都市づくり公社で、日本中央競馬会環境整備事業の一部が充当されていることを示す看板も設置されていました。

撮影日:2019年8月26日 記載内容は執筆時または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2019-09-13 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(0)


「まち」の変化を追っていきます


by yunomi-chawan

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

メモ帳

2015年にブログを移転しました。一部リンクが前のブログに飛びます。
新元号は2019年4月1日以降に更新した記事のみ対応します。それ以前の記事は直しません。
まとめサイトを含む多種サイト、SNS等への画像の無断使用と引用を禁止します。
コメントについて 非公開コメントへの返信は基本的に行っておりません。
以前のブログ
YouTube
役所メシ
↑2018/09/28更新
東京都の都市計画道路
神奈川県の都市計画道路
埼玉県の都市計画道路
京王線連続立体交差事業

カテゴリ

全体
ブログ
鉄道
鉄塔
散策
地域
道路計画や開通など
京王線連続立体交差事業
行き止まりシリーズ
多摩NTの橋ぜんぶ撮影プロジェクト
未分類

最新の記事

リニア中央新幹線 片平/能ヶ..
at 2019-11-19 00:00
多磨霊園東側の「府中東小金井..
at 2019-11-17 00:00
試験湛水が始まった八ッ場ダム..
at 2019-11-15 00:00
スイッチバック旅(8) 浅間..
at 2019-11-14 00:00
オープン前の南町田グランベリ..
at 2019-11-12 00:00
鶴川駅周辺再開発第1陣 鶴川..
at 2019-11-10 00:00
鎌倉街道(薬師池Ⅰ期)道路拡..
at 2019-11-08 00:00
若葉台と新百合ヶ丘方面を繋ぐ..
at 2019-11-06 18:00
[京王線高架化]京王代田橋ビ..
at 2019-11-06 00:00
休止寸前の上野のモノレールを..
at 2019-11-05 00:00

以前の記事

2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月

最新のコメント

小野路の非常口はすでに工..
by yunomi-chawan1 at 00:19
片平の非常口ってココなん..
by shibainu0219 at 14:41
台風の影響なのか、台風が..
by yunomi-chawan1 at 16:56
ありがとうございます。 ..
by たび at 19:20
比較するやつですが、この..
by yunomi-chawan1 at 00:38
ありがとうございます。 ..
by yunomi-chawan1 at 00:35

検索

記事ランキング

タグ

(51)
(50)
(40)
(34)
(29)
(27)
(27)
(26)
(25)
(24)
(22)
(22)
(20)
(15)
(14)
(12)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)