<   2018年 10月 ( 26 )   > この月の画像一覧

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません

(通称)新町田街道の(仮称)旭町陸橋 工事が中断

町田市で行われている(通称)新町田街道町田3・3・36号鶴間相原線)の(仮称)旭町陸橋の「旭町陸橋(仮称)下部工工事(27南東の一町田3・3・36旭町その2」ですが、10月より工事が中断しています。

a0332275_22461436.png
a0332275_22455174.jpg

▲工事案内看板

この工事は東京都が発注し、エムテック・新開工業建設共同企業体が施工者となっていました。


過去・未来記事
新町田街道(旭町)
a0332275_22501093.jpg

▲現場に貼られていた

このうち株式会社エム・テックが10月1日付けで民事再生手続きを申し立てました。


a0332275_22534380.jpg

10月22日には再生手続廃止が決定しました。現場には保全管理区域となったことを知らせる貼り紙が掲示されていました。


a0332275_23020402.jpg

▲現場

工事はおもに橋脚6基と橋台1基を建設するもので、橋脚6基は完成していました。残りは町田市民病院側の橋台1基でした。

当たり前ですが現場は静かでした。


a0332275_23094081.jpg

▲看板

工期は延長されたうえで11月9日までということになっていました(順調に行っていてもこれで完成は難しかったのではないかと思うが)。

この看板の施工者の部分は黒く塗りつぶされていました。

今後、何らかの遅れが出るのでしょうかね。

※相原側橋台等の工事の施工者は別で、現在工事中です。

撮影日:2018年10月28日 記載内容は執筆時または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2018-10-31 00:00 | 道路計画や開通など

多摩市聖ヶ丘の連続した緑地帯は「第2外郭環状道路」の名残らしい

都市再生機構が出版した『多摩ニュータウン開発事業誌』にこのような記述があります。

(聖ヶ丘)地区西側の土地区画整理事業境界に沿った斜面地は、第2外郭環状道路構想を受け、一部道路用地として確保された。
多摩ニュータウン開発事業誌 市域編1 P.228
平成12年度都市計画変更(平成12年12月20日告示)
主たる変更項目
(略)
・第2外郭環状道路(自動車専用道)予定の幹線11号線を廃止した。
多摩ニュータウン開発事業誌 通史編 P.220
a0332275_23082441.jpg

多摩ニュータウン開発事業誌 通史編 P.220 一部加筆

おおおっと、ちょっと待てちょっと待て

そんなところを通るつもりで、用地すら取っていたのかよ・・・。というか、あれがそれだったのか!

第2外郭環状道路

第2外郭環状道路とは昭和40年代~50年代に広域幹線道路として位置付けられた道路のことです。第1外郭環状道路が今の外環道、第3外郭環状道路が今の圏央道に当たり、その中間に環状道路として構想されました。横浜~立川~所沢~さいたま~船橋などを通るルートです。

のちの核都市広域幹線道路(核都市間高速道路・核幹道)構想に引き継がれたものと思われます。

国の上位計画である平成11年に決定した『第5次首都圏基本計画』には、

東京都市圏においては、業務核都市相互間を結び業務核都市間の連絡機能を高めるための交通体系として、核都市広域幹線道路について構想の具体化を図るとともに、業務核都市相互間及び業務核都市と基幹的交通施設を環状に結ぶ新方式の高速交通機関について検討する。さらに業務核都市等へ集中する交通を円滑に処理するための環状道路等の整備、公共交通機関のサービス水準の向上等を推進する。

とあり、確かに記述されています。

一方、現行の上位計画を一通り確認しましたが、「核都市広域幹線道路」の文字は見つかりませんでした。私が見落としているのか・・・構想すらなくなったのか?(埼玉県の5か年計画には記述有)

ちなみに、首都高速神奈川7号北線7首都高速神奈川?号北西線などはほぼ同じようなルートと言えます。

※「構想」は「計画」に至るまでのぼんやりとした方針のことです。

多摩ニュータウンを抜ける構想だった

私が以前別のことでいろいろ調べていたときに、核都市広域幹線道路が多摩ニュータウン区域内を通過する構想であることから検討がなされていたことを知りました。

a0332275_00212449.jpg

昭和46年に東京都南多摩新都市開発本部、日本都市計画学会がまとめた『南多摩新都市計画 土地利用』には、「第2外郭環状道路」として、川崎市黒川~多摩東公園~聖ヶ丘~関戸橋を通過するルートで線が書かれています。

赤色の線で囲まれた部分。加筆。

このルートは平成12年度に廃止されたルートと一致します。


a0332275_00302682.jpg

住宅・都市整備公団南多摩開発局が昭和59年8月に発行した『多摩地域における各都市間高速道路(仮称)の整備に関する調査 報告書』では、立川基地跡地~東名高速道路間で3つのルートが代替案として検討されていました。

Aルート
・立川基地跡から立川都市計広路1号(注1)沿いに国鉄中央線と並行し、「日野駅」と「豊田駅」の途中から八王子都計2・1・8(18~28m)(注2)沿いに南下し、多摩NT内は、府中C.C.の両端を迂回する。多摩NTから以南は、多摩市境沿いに町田市の市街化調整区域を可能な限りぬって、鶴見川沿いに横浜に至る。
・中央高速道路とは、府中ICと八王子ICの中間でJCを新設する。東名高速道路とは、鶴見川河川敷を利用して、川崎ICと横浜ICの中間でJCを新設する。
(注1)現:立川3・1・34号線 立川市役所付近の南北の大通り
(注2)現:八王子3・3・30号線 中央大付近の多摩モノレール通り
Bルート
・多摩モノレール・ルートに合わせたルート。
・多摩NT内は、多摩都計1・3・3(28m)(注3)沿いのルート(1・3・3はモノレールルート)多摩NTの両端はAルートと同じ。
・中央・東名高速道路とのJC位置もAルートと同じ。
(注3)現:多摩3・3・24号線 多摩市内のモノレール通り
Cルート
・近郊整備地帯幹線道路(2環)ルートをとった場合のルート。
・立川基地から立川都計広路1号(注1)沿いに南下し、多摩川沿岸部から中央高速府中IC(注4)に至り、多摩都計1・3・1(28m)を経て、多摩NT内は、多摩都計1・3・2(28m)(注5)を通過し、「永山駅」の東側から川崎黒川へ至る(2環ルート)。川崎からさらに横浜部へ至る。
・中央高速道路とは、府中ICにおいてJCする。東名高速道路とはAルートと同じ。
(注4)現:国立府中IC
(注5)現:多摩3・3・8号線 鎌倉街道

検討の結果、「A案が最も容易と考えられる」とされ、AルートとBルートの2案で詳細検討がされています。

道路規格は自動車専用は第2種第1級の道路とされ、規格設計速度は80km/h、一部で街路を併設するとされています。

この結果、Aルートについてより詳細な検討を行うとされています。

a0332275_01050628.jpg

また、平成3年に住宅・都市整備公団南多摩開発局がまとめた『核都市広域幹線道路の導入可能性検討 報告書』では、調査の目的を

首都圏改造計画等でその必要性が提唱されている核都市広域幹線道路については、ルートの具体的位置、道路構造などについて未確定な部分が多いが、多摩ニュータウンの一部地域を縦断する可能性もある。
本調査は該当路線が仮にNT内を縦断する場合における導入の可能性とその場合の条件に付いて検討し、将来のルート選定に備えて広域交通施設との整合のとれたNT整備を行うことを目的とする。

としたうえで、

多摩ニュータウン周辺部における核都市広域幹線道路の導入ルートとしては、NT事業の進捗状況および周囲の開発状況などから、現在のところ南北方向の都市計画道路八3・3・31(鶴川・平山・八王子線(注1))に沿ったルートが有力であると考えられる。
(注1)現:都道町田平山八王子線

としています。

この中で、①八王子3・3・31号線を利用するルート、②府中カントリークラブ内を通過するルートの2案についてかなり詳細な検討がされています。(ここでは図面は載せません)

このように、時代を経るごとに多摩ニュータウン域内は徐々に西の方に検討ルートがずれて行っています。正直なところ、道路構想が具体化しないまま多摩ニュータウン事業が終了したのでしょう。

話が飛びますが、この立川基地跡地を通るのは共通事項のように書かれていますが、昭和記念公園東側の幅の広い道路を通る構想だったというのは、割と有名な話かもしれません。

多摩市聖ヶ丘のこと
a0332275_01250513.jpg

国土地理院の『地理・空中写真閲覧サービス』より整備番号「CKT20175」、撮影年2017年を掲載。

結局のところ、聖ヶ丘の緑地帯(写真の矢印で挟んだ部分)は第2外郭環状道路が計画されていた名残らしいです。

空中写真で多摩東公園の西側の尾根幹に接する部分を見ると、隅切りのような空地すら見えます。

a0332275_01302712.jpg

▲南多摩尾根幹線道路(尾根幹)と交差する部分

実際に現地を歩いてみると、今でも空き地として残されていました。

奥に見える建物が多摩ニュータウン諏訪団地です。左手に見える尾根幹が整備時にこの区間で座り込みを含む反対運動があり、結果団地側の道路は遊歩道になっています。こんなところに自動車専用道を造ったら反対運動凄かったでしょうね。

a0332275_01341372.jpg

▲フェンスの中

フェンスの中は雑草が生い茂っているだけで、誰の所有物なのかもよくわかりません。東京都?

ここを通す計画・構想は平成12年度に廃止されているはずなのに、別のことに使おうとしない理由も気になります。

a0332275_01363598.jpg

▲電車見橋から空き地を眺める

小田急多摩線と京王相模原線を越える電車見橋から。

ここに道路を造るとしても、鉄道との交差方法や、丘陵部の地形など、検討することはかなり多かったのではないでしょうか。無論、今のようにトンネルばんばん掘るならわかりませんが。

a0332275_01384761.jpg

▲電車見橋から北向き

おそらくこんなルート。

多摩東公園の敷地境界が緩やかできれいな曲線になっているのも面白いものです。

正面のマンションのある場所は2015年頃まで空き地だったと記憶しています。ずっと空き地だったのももしかしたら…そういうことだったんですかね。

a0332275_01421199.jpg

▲都道18号線から北向き

都道18号線に出ると、ここから約1キロに渡り緑地帯となっています。斜面地が緑地帯となっている感じです。

ここに第2外郭環状道路が構想されていました。


a0332275_01450906.jpg

▲坂を上ると聖ヶ丘

この斜面地は土地区画整理事業によって整備された区域と、新住宅市街地開発事業によって整備された区域の境目でもあります。この坂道の道路形状もトンネルにするかどうするか色々検討されたようです。

ただ、この斜面地を高速道路が通ったとしてもかなりグネグネしたルートだったんじゃないかなぁ…とかちょっと疑問が残ります。

調べていくうちに、この道路の位置づけがわからなくなるし、第2外環から核幹道への変化、現在はどうなっているのかもモヤモヤしたものがあります。今回はこのくらい書いておきますが、間違っているよ…とか、何かご存知の方がいらっしゃたら教えてください。(検索して引っかかるサイトは一通り見ました。)

撮影日:2018年10月28日 記載内容は執筆時または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2018-10-30 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(3)

結局食べられず仕舞い 多摩川河川敷の飲食店「たぬきや」閉店

稲田堤の多摩川の河川敷に飲食店がありました。その名も「たぬきや」。

京王線の車窓からも見えて、いつか行っておきたいと思ってたら「10月28日に閉店する」という情報を耳にしました。こういうところに閉店間際になって行くのもいいのかな…などと思いつつ、でもやっぱり行かなくては・・・と思い10月2日に行きました。

a0332275_00341181.jpg

JR南武線の稲田堤駅前の道を多摩川の方へ行き、信号を渡って堤防を越えた場所にあります。

このあたりは下流に二ヶ領用水の取水のための堰があって、多摩川の水の流れている面積が広い居場所でもあります。

a0332275_00385234.jpg

来て見てびっくり。並んでいました。

おばあさん1人でやっていて、いろいろ売り切れも出ていたみたいです。

暫く並んでみましたが、なかなか列が進まず、用事もあったので諦めて帰りました。

a0332275_00484789.jpg

貼り紙によると、83年続けてきたとのこと。

83年前というと、まだ稲田堤が桜の名所として知られ、京王相模原線も川を越えてなく、渡し舟も現役でした。

月末までには行こうと思いつつ、予定を作れず、結局行けず仕舞い、食べられず仕舞い、飲めず仕舞い・・・

閉店前日には調布市花火大会も行われました。
多摩川の河川敷が寂しくなるなぁ…。
a0332275_01052318.jpg

全然関係のない話ですが、稲田堤駅の線路わきの建物が閉鎖されていました。いよいよ駅の橋上駅舎化工事も始まりそうです。富士そばもいつの間に。(10月11日撮影)


撮影日:2018年10月2日11日 記載内容は執筆時または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2018-10-29 00:00 | 散策 | Comments(3)

放射35号(川越街道~環八通り) 進捗状況2018.10

練馬区で事業が行われている放射35号線のうち、環八通り311川越街道254の進捗状況を見てきました。

今年1月以来の訪問です。環八通りから池袋側は見ていないのであしからず。

早宮・北町区間の過去・未来記事
早宮・北町

事業概要は以前の記事に書いていますので省略します。

確定情報はありませんが(見つかりませんが)、来年春ごろに暫定2車線で開通するという話があります。

現場に設置されていた工事案内看板
a0332275_17034507.jpg

左は環八通りを潜るアンダーパスのトンネルと擁壁工事です。

右はトンネル工事と並行して行われている地下自転車駐車場の設置工事です。練馬区の事業となっています。

工期はいずれも今のところ2019年3月14日までとなっていました。

a0332275_17073315.jpg

この看板は防音壁設置工事のものです。大方完了している感じでした(後述)。工期は2018年11月30日まで。


a0332275_17113794.jpg

これが道路本体の工事。工期は2019年5月20日までです。


a0332275_17091471.jpg

川越街道新大宮バイパスなどと交わる北端部の暫定整備工事です。

「暫定」なのは、今後国が立体化する計画のためです。工期は2019年1月16日まで。


a0332275_23500392.png
写真等
a0332275_17130996.png

撮影位置は上の通り。

a0332275_23502987.jpg

▲①平和台駅前交差点

環八通りと交わる平和台駅間交差点

放射35号線がアンダーパスの立体交差になる予定です。暫定開通時はここから川越街道まで暫定2車線で本線部(アンダーパス)は供用されないはず。

現場の工事案内看板を見る限りでは、暫定供用時は写真左側(今道路があるところ)に上下線が集約されるみたいです。

a0332275_23562357.jpg

▲②池袋方面

写真真ん中あたりがアンダーパス部分。アンダーパスの工事と並行して、練馬区施行の練馬駅地下自転車駐車場整備工事が行われています。

現場の案内看板によると、10月下旬は主に「躯体工」をするようで、生コンの搬入もあると書いてありました。


a0332275_00043217.jpg

▲③ライフ前のヤード内

こちら側は意外にも整然としている感じ。


a0332275_00060523.jpg

▲④ライフ前

ライフ前には駐輪場がありましたが、工事に伴い仮駐輪場に移動し、ここは歩行者通路となっていました。

航空写真や都市計画図を見ると、ここも道路用地っぽいですがどうなんですかね。


a0332275_00102851.jpg

▲駐輪場のお知らせ

8月20日に仮設駐輪場に移動したとのこと。


a0332275_00113509.jpg

▲⑤ライフの西側

このあたりもアンダーパスの上部とその側道です。

左側に見えるのがライフの仮設駐輪場です。「仮設」であるように、ここも道路用地なのでいずれ使えなくなります。


a0332275_00133827.jpg

▲⑥アンダーパス入口部分

アンダーパスへの入口(右側)とその側道部です。

舗装も一部を除き下層が終わり、防音壁も設置してありました。街路灯は1月の時点でありました。


a0332275_00174146.jpg

▲⑦川越街道方面

こちらも縁石や中央分離帯の設置がおおむね完了し、防音壁もほぼ設置が完了していました。

案内標識用と思われる大き目の柱も立ち、いよいよ道路らしくなってきましたね。


a0332275_00201368.jpg

▲歩道と防音壁・電線共同溝

歩道は未設置個所で整備が進んでいましたが、これ以上の変化はないかなという感じ。東京都の道路工事だと、歩道の舗装や植栽などは開通後に行うことがよくあります。ここはどうするかな。

防音壁は茶色の支柱等と透明部でできたものが設置されていました。圧迫感もそれほどないですね。

歩道には電線共同溝も設置され、地上機器がありました。1月時点では電線共同溝設置工事が行われていて、地下部はありましたが地上機器はまだなかったはず(写真を振り返りながら)。

a0332275_00301518.jpg

▲⑧設置が完了した案内標識

1か所だけ案内標識が設置されていました。アルファベットも大型した最近のタイプです。

アンダーパス等の将来の開通に対応したものではないので、その時になったら付け替え・書き換えるのでしょう。1月の状況を見る限り大分先かな。環七までを一度に開放するんじゃなかいかなと予想しています。

a0332275_00335308.jpg

▲⑨川越街道方面

S字カーブを書きながら川越街道方面へ。

ここでも標識の柱が立っていますね。ここの防音壁はまだ完成していません。


a0332275_00424756.jpg

▲⑩川越街道と交わる北町交差点方面

川越街道254と交わり新大宮バイパス14に接続する、通称北町交差点に向かう部分です。

この部分は国が立体交差として整備する予定で、現在は東京都が暫定工事として整備しています。

※「北町交差点」という名前を示すものは現地には設置されていません。国土交通省の資料などで「北町交差点」や「北町インター」として出ているのでそう書きました。

a0332275_00552373.jpg

▲⑪暫定部分

防音壁の構造も異なり、暫定であることがわかるような構造になっています。

坂道で見通しが悪い気もしますが大丈夫ですかね。


a0332275_00595742.jpg

▲⑫暫定部分(池袋向き)

奥の方にライフの看板が見えますね。


a0332275_01012880.jpg

▲新大宮バイパス方面

新大宮バイパス14も交差点近辺で拡幅工事をしていました。工事案内看板を見ると左折・直進・右折の3レーンにするらしく、本線の4車線化工事ではないようです。


a0332275_01053221.jpg

▲新大宮バイパス側から見た池袋方面

左側が拡幅され、道路標識も移動していますね。


a0332275_01103838.jpg

▲北町交差点北東部の道路予定箇所

レーン拡幅に伴い、盛土されていました。

それにしても、立体化するならそろそろ始めないと、放射35号線・放射36号線全線開通に間に合わなかったりしないだろうか。。。?


撮影日:2018年10月24日 記載内容は執筆時または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2018-10-28 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(0)

[京王線高架化] いよいよJVによる工事が開始

2018年4月16日に、環境影響評価条例に基づく着工の届け出があったと公告されてから半年ほど経ちますが、いよいよJV(共同企業体)による工事が着手されていました。

ちなみに、2018年10月17日には桜上水駅脇にて起工式が行われたようで、世田谷区議会議員らがSNSなどで報告していました。

a0332275_08465805.png

▲工事工区と施工者

a0332275_00555934.jpg

▲工事看板

工事名「第2工区その2工事」です。大成・竹中土木建設共同企業体が施工者となっています。

「その1工事」があったはずですが、調査不足でわかりませんでした。


a0332275_00560025.jpg

▲工事箇所

工事箇所は、明大前駅の改札を出て左へ曲がり、京王線ガードをくぐりまた左へ曲がり、井の頭線を跨ぐ富士見橋を渡った先の右手です。

もともと、京王線の忘れ物取扱所などがあった場所で、京王関係の用地でした。

a0332275_00560077.jpg

▲忘れ物取扱所の移転のお知らせ

忘れ物取扱所は2018年2月3日に移転しています。


a0332275_00560038.jpg

▲仮囲いの中

現在行っている工事は「場内整備」のようで、いまのところ構造物を造っているようには見えませんでした。


周辺で用地取得進む
a0332275_00560060.jpg

▲明大前駅の新宿側

沿線の用地取得も徐々に進んでいます。

明大前駅の新宿側では、9月ごろだったと思いますが、1区画が一斉に取り壊され広い空き地となりました。

一気に景色が変わったので、電車に乗っていて驚いたものです。


a0332275_00560078.jpg

▲明大前駅の新宿側

明大前駅南側の商店街沿いも少しずつ用地取得が行われています。

高架化に合わせて再開発の話もあり、今後の街並みが大きく変化しそうな一体です。


芦花公園駅南側でも工事開始か
a0332275_00562986.jpg

▲芦花公園駅南口

芦花公園駅の南側でも工事のようなものが行われていました。

この場所には京王のコインパーキングがありましたが、今年初めごろの時点でコインパーキングは閉鎖されていました。その場所に仮囲いがされていました。

a0332275_00562904.jpg

▲芦花公園駅駅舎と仮囲い

芦花公園駅は8年ほど前に橋上駅舎化された駅です。

仮囲いには工事のお知らせや施工者の看板は無く、何の工事をしているのかな…と気になりました。


a0332275_00562959.jpg

▲仮囲いの中

中はこんな感じ。こちらもまだ大きな工事はしていないですね。


この日確認した工事箇所はいずれも元京王の用地だった場所です。今後、民地を買収した箇所も工事が開始されると思いますが、まだ用地取得地がまばらでいつ頃になるかな…という感じです。意外と早いかな?

9月には新しい駅舎のデザイン案が公表され、いよいよ現実味を帯びてきたなと感じます。

よく「あと4年でできるのか」という書き込みを見かけますが、現在の事業認可期間が2022年度までとなっているだけで、できるはずがないですからね。

連続立体交差事業の概要と他の記事
京王線連続立体交差事業の概要と記事索引
撮影日:2018年10月24日 記載内容は執筆時または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2018-10-27 00:00 | 京王線連続立体交差事業 | Comments(0)

道路新設で行き止まりになった道

これまで土地区画整理事業によってできた「行き止まり」を取り上げてきましたが、今回は道路が新しくできて生じた「行き止まり」をとりあげます。

市ヶ尾の行き止まり

はじめに市ヶ尾の行き止まりです。厳密には行き止まりではないですが。

a0332275_22385090.jpg

国道246号246横浜上麻生道路12が交わる市ヶ尾交差点にあります。


a0332275_22542513.png

もともと横浜上麻生道路旧道国道246号が交わる十字路だった交差点ですが、北西側で横浜上麻生道路の新道(バイパス)が完成。旧道は交差点には接続しなくなり、行き止まりが発生しました(厳密には行き止まりになっていない)

横浜青葉IC市ヶ尾立体ができた1998年3月ころの切り替えだと思われますが、ちょっとネットで調べただけではハッキリしませんでした。

新道はここ市ヶ尾川崎市境付近まで開通。当時、新道は田んぼや梨園の中を突き抜けるように開通しました。区役所付近を除いて市街化調整区域のため、現在でもなお沿道にほとんど何もできていません。
現在川崎市内は下麻生付近まで拡幅事業を進めています。

a0332275_23305354.jpg

旧道方面を見ると、植栽でブロックしてあるだけで、道路の趣は当時のままのような感じがします。

新道が4車線でそれなりの交通量があるのに、旧道が現役のころはどんなんだったんだろうかと気になります。
あるあるですが、路線バスはいまも旧道を経由していますね。(新道通っても開発されていないから乗る人がいないんだろうけど)

a0332275_23344892.jpg

30」の道路標示は当時のままでしょうか。


府中四谷の行き止まり
a0332275_23393814.jpg

ここは以前紹介されて知った道路です。近くを通ったので撮影しました。

古い地図を見る限り、もともと正面に向かって2車線の道路があったようですが、都道20号線の開通により閉鎖されたようです。交差点が隣接することや流入流出を抑制する目的があったのでしょう。

もともろ左側の植栽部分まで幅員があったはずですが、現在は半分程度の幅となり、右側の住宅だけのための道のようになっています。

a0332275_23453456.jpg

反対を見るとこんな感じ。向こう側の道路と同じような構成だったんでしょうね。

黄色の線や横断歩道のペイントは当時のままと思われます。横断歩道の場所は今の歩道の切り落としの場所とちぐはぐです。


このように道路新設によって従来の道を締め切るのは最近でも発生しています。以前記事にした拝島駅付近の道路もそうですね。

「将来の開通を夢見る行き止まり」もあれば「現役当時を偲ぶ行き止まり」もあったり、こういうのは飽きないものです。

撮影日:2017年12月26日、2018年10月20日 記載内容は執筆時または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2018-10-26 00:00 | 行き止まりシリーズ | Comments(4)

立川通りを横断 立鉄中付第2号線 進捗状況2018.10

立川駅東側で事業中の「川都市計画道路事業都市高速道東日本旅客鉄道央本線属街路第2号線」(=立鉄中付第2号線)の進捗状況を見てきました。

a0332275_20514558.png

この都市計画道路は1994年(平成6年)5月11日に都市計画決定されたもの(立川市告示第64号)で、延長660m、幅員8~13mです。JR中央線の連続立体交差事業の付属街路の1つで、同時に都市計画決定されています。

a0332275_21050973.jpg

このうち事業化されていなかった152mの区間について、立川市が2016年(平成28年)3月17日に事業認可を得て事業を進めています(東京都告示第446号)。現在のところ事業期間は2021年3月31日まで。

認可区間の幅員は8mで、うち2mが歩道となる計画です。

写真等
a0332275_20522151.png

撮影場所は上の通りです。

a0332275_21142873.jpg

▲①立川駅の東側

立川駅北口のデッキを降りて東側に進んだ先が事業区間となります。

左側には「立川センタービル」が、右側には「JRの保線区」があります。


a0332275_21194316.jpg

▲②立川通り(立川立体)への斜路

この先には立川通りがあり、JR中央線を潜るためアンダーパス(立川立体)になっています。

この斜路はアンダーパスの歩道部分へ接続するための歩道です。

立川市議会録によると、今年度はこの斜路の撤去と、右側に斜路の新設をする計画のようです。もう工事しているのかな…と思っていたのですがまだでした。

a0332275_21324785.jpg

▲③立川通りと立川立体

立鉄中付第2号線立川通りを橋梁で越える計画です。立川立体の擁壁部分には、橋が架けられるよう既に橋台が準備されていました。

立川市議会録によると、橋梁仮設工事は2019年度(平成31年度)に行う予定で、2019年度(平成31年度)の開通を目指すとしています。

a0332275_21380222.jpg

▲④立川駅側の橋台と斜路

ここを何度も通っていましたが、このようになっていたとは気づきませんでした。

立川立体の4車線化の時に施工したのでしょうか。


a0332275_21443219.jpg

▲⑤国立側から立川駅方面を見る

ここに橋が架かって道路ができる光景が想像できますね。斜路は左側に付け替えられます。


a0332275_21473908.jpg

▲⑥立川通りの東側から国立駅方面を見る

木が生い茂っていて見通せませんでした。

「用地取得した土地だな」というパッと見てわかるような場所はありませんでした。ほとんどがJR用地のようなので大丈夫ということでしょうか。1年半程度で本当にできるのかな…と気になりました。


a0332275_21514562.jpg

▲⑦事業期間東側

中途半端にできた道路がありました。

左側および奥の建物はJRのものです。


立川市議会録によると、立川東大和線などが開通するまでの間は駅前に交通が集中しないように、立川駅から国立方面への一方通行規制を行う方向で交通管理者と協議するとしています。

関連記事
立川東大和線
a0332275_21565661.jpg

▲⑧完成している東側の区間

これとほぼ同様の構造になります。

右側の高架はJR中央線で、道路と高架の間の用地は地下複々線のための場所です。もうやらないんですかね。


撮影日:2018年10月20日 記載内容は執筆時または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2018-10-25 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(2)

国道16号・五日市街道『武蔵野橋北交差点』 10月20日形状変更

東京環状16五日市街道7が交わる武蔵野橋北交差点が、10月20日形状が変更されたので当日見に行きました。

国土交通省関東地方整備局相武国道事務所の案内
武蔵野橋北交差点形状変更のお知らせ
a0332275_21195271.jpg

▲現場に設置された案内看板

場所は拝島駅の北側で、国道16号線『東京環状』が武蔵野橋を越えた北側の交差点です。

国では、1972年度(昭和47年度)から「一般国道16号八王子~瑞穂拡幅」として、八王子市左入町~西多摩郡瑞穂町二本木の区間で4~6車線化する事業を行っています。

このうち、小荷田武蔵野橋間は6車線化する予定で、2018年(平成30年)3月31日には小荷田武蔵野橋間で6車線化しました。残る武蔵野橋交差点の整備や歩道の整備が残っていて現在施行中です。

a0332275_21312918.jpg

▲形状変更前の車線(現場看板より)

この交差点は国道の旧道が交わるなど、複雑な交差点です。

国道16号線八王子側→五日市街道は信号のない場所で右折が必要でした。(北側の信号でせき止めているときに曲がれた)。

a0332275_21403302.jpg

▲形状変更後の車線(現場看板より)

今回の変更後は、北側の信号機が廃止され、南側(図では左側)に移設されました。

国道16号線←→五日市街道の交通形態も大きく変わり、歩行者通路も変更されました。

もともと複雑な交差点なだけに、この変更が改"良"になったかは、様子を見ないとわからないなぁと思います。

a0332275_21441073.jpg

▲今後も若干の変更(現場看板より)

現時点ではまだ施工されていませんでしたが、武蔵野橋の完全6車線化や、市道56号線の導入部分など、今後若干手が加えられるようです。


新しい信号現示

スマホ版ではレイアウトが崩れる場合があります。等速版はこちら

信号サイクルが1周するのにちょうど3分。
国道16号直進の黄・赤信号時間は約2分。
五日市街道の黄・赤信号時間は約2分7秒です。

新交差点付近
a0332275_22064032.jpg

▲五日市街道と国道16号線が交わる新しい交差点

国道16号線五日市街道が交わる部分は丁字路化しました。

五日市街道は3レーンあり、左折・右折・右折という構造になっています。また、この部分はもうすぐ事業認可が下りると思われる五日市街道の4車線化を見越した作りになっているように見えました。

五日市街道4車線化の記事
五日市街道(福生市) 着手前2017.12
a0332275_22112096.jpg

▲交差点から五日市街道方面

奥の信号機と近接していて、連動した信号サイクルになっています。

こちら側の交差点のこっちに向いた信号機は原付等の二段階右折用で、数秒間だけ青信号が点灯します。退避スペースも設けられています。

a0332275_22143104.jpg

▲新しく開放された歩道

この部分の北側には歩道が設けられました。

幅も広く、将来的に植栽も整備されるようです。街路灯を含め道路施設はベージュ系色が採用されていますね。


a0332275_22203269.jpg

▲交差点から武蔵野橋方面

国道16号線瑞穂方面から五日市街道へは旧交差点から旧道に入り抜ける必要があり(上の地図を見て)、新交差点では左折が禁止されています。

この先の武蔵野橋の6車線化に向けて準備がされているのがわかります。


a0332275_22241150.jpg

▲交差点から瑞穂方面

奥に旧交差点が見えます。

舗装などは今後綺麗になることでしょう。


旧交差点
a0332275_22261058.jpg

▲旧交差点と使われなくなった信号機・横断歩道

これまで五日市街道からの国道16号線への流出などに使われていた旧交差点は、国道16号線から五日市街道方面への流入のみの用途となり、信号機や横断歩道が撤去されました。

行ったときは切り替えから1時間ほど後だったので、まだ信号機の撤去の最中でした。

a0332275_22292509.jpg

▲八王子方面を見る

写真左側が五日市街道方面に行く分岐路(旧道)です。

交差点形状の変更に戸惑い、車道上で停止している車が数台ありました。


旧道の交差点付近

名前のない交差点なので何と呼べばいいのかわかりませんが・・・「日光橋第二」はあるのに「第一」がないから昔は「日光橋第一」だったのだろうか?

a0332275_22391444.jpg

▲交差点

国道16号線の旧道五日市街道が交わる交差点です。

上にも書いたように、「新交差点」と信号が連動しています。詰まっていましたね。

写真奥の道は、市道56号線という区画道路へ行く用途以外は、専ら瑞穂方面からの流入のみです。

a0332275_22431155.jpg

▲交通島

交通島は残されています。便利だけどちょっと危ないかな…と思わなくもない。


a0332275_22523071.jpg

▲日光橋(拝島駅)方面から撮影

詰まっていましたね。工事が完了し慣れれば改善するでしょうか。

ここにある古めの案内標識も早めに交換した方が良さそうです。


a0332275_22541286.jpg

▲新しい案内標識

行き止まり」にも対応しています。

ただ、「五日市街道」と書いてなかったり、ピクトグラムを使っていなかったり、中途半端な出来です。反対向きも「東京環状」と書いていません。


【おまけ】五日市街道の踏切
a0332275_23042258.jpg

▲踏切に設置された信号機

既報の通り、五日市街道横田基地引込線の交わる「砂川街道踏切」には、2018年3月ごろに信号機が設置され、5月下旬~6月上旬頃に稼働開始しました。稼働後初の訪問です。

この引込線(貨物線)は週数回だけ横田基地に燃料を輸送するために使われるもので、普段はほとんど開いているものの、一時停止する必要があったため、渋滞の原因の1つともなっていました。

a0332275_23135150.jpg

信号機が設置され、青信号が現示されている場合一時停止をしなくてもよくなりました

現地にはそれを知らせる看板も設置されています。

しかし様子を見ていると、半分程度の車が一時停止をしていました。追突の危険もある気がします。これはこれで危ないですね。(写真の車がそれという訳ではない)

a0332275_23164303.jpg

▲おまけのおまけ

この箇所、用地取得されていました。五日市街道拡幅の先行買収でしょうか。


撮影日:2018年10月20日 記載内容は執筆時または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2018-10-23 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(0)

東京都と神奈川県をさまよう「都県道139号真光寺長津田線」を調査した(後編)

(前編)の続きです。
a0332275_16020590.png

前回同様、東京都神奈川県の境界を走る都県道139号真光寺長津田線139をたどっています。

後編は、三輪緑山住宅入口TBS緑山スタジオ付近までです。


三輪緑山住宅入口~三輪緑山住宅中央入口

三輪緑山住宅入口交差点と、三輪緑山住宅中央入口交差点。非常によく似た名前の交差点で、どちらも三輪緑山住宅にアクセスする丁字路となっています。

a0332275_16075169.jpg

▲三輪緑山住宅入口交差点

北側の三輪緑山住宅入口交差点です。

この県道139号真光寺長津田線139に沿って都県境がありますが、道路は神奈川県道となっています。左から接続する道は町田市道の「ゆりのき通り」です。

この交差点は神奈川県が管理しているようで、信号機は神奈川県が設置したものでした。東京都内の信号機はほぼ100%LED化したので、信号機の形を見ても神奈川県のものであるとわかります。

a0332275_16275296.jpg

ゆりのき通りの方を見ると、信号機以外は東京都の施設となっていますね。

写真の右側、東京都神奈川県が色々とあるのは面白いです。


a0332275_16305461.jpg

▲交差点の間

さて、三輪緑山住宅入口交差点と三輪緑山住宅中央入口交差点の間はこんな感じ。

街路灯は神奈川県のものです。


a0332275_16322572.jpg

▲三輪緑山住宅中央入口交差点

さて、南側の三輪緑山住宅中央入口交差点も同様に、神奈川県道町田市道がぶつかる丁字路となっています。町田市道は「けやき通り」といいます。

しかし、三輪緑山住宅入口交差点と違うのは、ここの信号機は東京都の管理であること。丸Kが目印です。信号機はLEDに更新されています。信号機横に設置されている時差式標識も市松模様の東京都仕様です。

しかし、交差点名を示した看板には川崎市の点検シールが貼られています。そう、1つの信号アームに東京都のと神奈川県が混在した状態となっていました。交通管理者と道路管理者が違うのでしょうか。

TBS北側、フットサルパーク付近
a0332275_17103048.png

最後はグリーンヒルズ緑山フットサルパーク付近です。

これまで、県道にほとんど沿って存在した都県境がここで数十メートル逸れます。県道が完全に東京都に入っていますが、神奈川県道のようです。

a0332275_17145463.jpg

右手がフットサルパーク。地図から推測した都県境はこんな風になっています。一生懸命都県境の印を探したのですよくわかりませんでした。小さな「びょう」はあったのですが、それが都県境を示しているかはっきりしません。


a0332275_17172825.jpg

フットサルパーク側から撮影しました。

律儀なのが「電柱の広告に表示された地名」。左側には神奈川県の地名が書いてあり、1本奥は東京都の地名が書いてあります。ちょうど都県境がずれている部分で、ちゃんとしているなぁ…と。

右側のフットサルパークは敷地の中に都県境が存在しています。クラブハウスのある所在地は東京都町田市のようですが、コート内の雨水貯留浸透装置は川崎市長の印があって、何が何だか・・・。

a0332275_00315865.jpg

このフットサルコートのどこかに都県境があるんだろうなぁ・・・とネット越しに眺めていました。


a0332275_00351812.jpg

▲フットサルパーク角の交差点

この一部分だけ東京都に入る部分は完全に神奈川県化しているかと思いきや、「大型車直進」の道路標識だけが東京都の公安委員会設置のものでした。道路管理者と交通管理者が越境して錯綜することってあるんですかね。

信号機や街路灯は神奈川県仕様です。

a0332275_00392211.jpg

この交差点から南側は横浜市です。この先、ドラマ撮影やSASUKEの撮影で使われるTBS緑山スタジオを突っ切り、長津田方面へと伸びています。

a0332275_00423352.jpg

ちなみに、フットサルパークすぐそばの歩道上に川崎市町田市横浜市の境界標があります。ちょっとレアじゃないですかね。

ちなみに、玉川学園の校内にも同様のものがあるそうですよ。


【おまけ】緑山サーキットの道

地図を見るとわかるのですが、TBS緑山スタジオの東側に大きく迂回するように県道139号線旧道が走っています。

周辺の地図
Googleマップ
a0332275_01005567.jpg

▲旧道の入口

グネグネした道路などからローリング族が集まり走っていたそうです。「緑山サーキット」や「緑山峠」と呼ばれていたそうな。稲城市のランド坂と並んで人気の場所だったそうですね。YouTubeで検索すると当時の映像が出てきます。

現在の道路が開通以降閉鎖され、遊歩道となっています。南側の一部分を除いて、柵があるため車両の進入は物理的にできません。かつては「二輪車進入禁止」の標識があったのですが、数年前に撤去されました。どういうことかはわかりません。

a0332275_01050679.jpg

▲旧道

横浜市の道路認定路線図を見ると、県道と書かれています。降格はされていないのでしょうか。ここにある街路灯などは横浜市が管理しています。

写真左側は町田市で、1980年代に三輪土地区画整理事業が行われ、現在の三輪緑山住宅が誕生しました。この柵は施行境界ですかね。

a0332275_01190968.jpg

三輪緑山住宅と旧道は何か所か通り抜けできる場所がありますが、このようにバリケードがあって歩行者(と自転車)以外は絶対に通さない構造になっていたりします。変な感じはしますね。


a0332275_01203875.jpg

一部当時の舗装と道路標識が残っていたり。

この道路が現役の時は事故も多くあったという話も聞いたことがあります。一部で心霊スポットとして取り上げられているようですが、意外と散歩している人も多くて日中であればそこまで不気味ではないですね。かといって好んで通りたい道ではないですけどね。


非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2018-10-22 00:00 | 散策 | Comments(0)

国立駅周辺が再整備 南口にはあの駅舎も復元中

国立駅周辺では、「JR中央線連続立体交差化事業に伴う国立駅南北の一体化を、人を中心にした個性あるまちづくりを行う好機と捉え(市HP引用)」、2009年(平成21年)に「国立駅周辺まちづくり基本計画」を策定し、事業の実現にむけた取り組みをしています。

駅北口に整備や、南口の旧駅舎の復元が行われ始めていたので記録してきました。

北口整備
a0332275_08563960.jpg

▲2017年9月撮影(事業着手前)

国立駅北口では、自動車動線を整理するなど、駅前広場の再編が行われています。

広場自体は大きさは変わりませんが、車線を引き直したり、歩道を綺麗に整備したりとするようです。


a0332275_09011887.png

▲国立市2018年6月発行『国立駅周辺整備事業の現在』より引用

これまで白線やゼブラ帯で区切られていた通行帯を、構造物で区切ったり、駅東側の道路「北一号線」を一方通行化します。

a0332275_09063771.jpg

▲北口の西側から広場を撮影

歩道部分や交通島など、徐々に完成しつつあります。


a0332275_09082994.jpg

▲北口の西側から広場を撮影

交通島は現在構築中。

整備は今年度で完了するスケジュールのようです。


a0332275_09093903.jpg

▲バス乗り場

バス乗り場にはシェルターが設置されました。もともと設置されていた場所も新しく更新されています。

シェルターの屋根部分には照明が設置されているほか、乗り場にはベンチが設置されています。歩道はインターロッキングブロック舗装で、温かみのある空間へと生まれ変わっています。

北一号線
a0332275_09123502.jpg

▲市道北一号線

北口広場から東へ抜ける「市道北一号線」は2018年(平成28年)2月28日午後1時から一方通行化されました。

道路の整備は2019年度(平成31年度)~2020年度(平成32年度)の予定です。


南口整備
a0332275_09184910.jpg

▲南口駅舎

駅の南口では旧駅舎の復元工事が行われています。


a0332275_09324519.jpg

▲案内看板


a0332275_09331465.jpg

▲案内看板その2

旧駅舎は連続立体交差事業により撤去されていましたが、市は文化財として部材を保管していました。たまに保管庫の公開をしていましたね。


a0332275_09402139.jpg

▲仮囲いの中

仮囲いの中を見ると、現在は基礎工事などが行われているようでした。


a0332275_09415854.jpg

▲案内看板その3

現在は工事につき歩行者通路が変更されています。


a0332275_09414200.jpg

▲旧駅舎復元予定地と南口広場(円形公園)

旧駅舎は現在の高架駅舎の前に復元中です。左右にJRの商業施設ができるとかで色々問題になっていた気がしますが。

景観を重視する国立周辺で、今後どのようなまちづくりがなされていくのか楽しみでもあります。

旧駅舎の復元工事は2019年度(平成31年度)まで行われる予定です。

a0332275_09462286.png

▲国立市2018年6月発行『国立駅周辺整備事業の現在』より引用 

※駅前広場の形状は、現在調整中であり、変更になる可能性があります

南口駅前広場についても改修が予定されています。

バス乗り場や自動車動線が改良される予定です。また、東側の「市道東一号線」については一方通行化される予定のようです。

「市道東一号線」の改修は2021年度(平成33年度)~2023年度(平成35年度)、南口広場は2023年度(平成35年度)~2025年度(平成37年度)に行われる予定です。

撮影日:2018年10月14日 記載内容は執筆時または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2018-10-21 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(0)


「まち」の変化を追っていきます


by yunomi-chawan

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

メモ帳

2015年にブログを移転しました。一部リンクが前のブログに飛びます。
新元号は2019年4月1日以降に更新した記事のみ対応します。それ以前の記事は直しません。
まとめサイトを含む多種サイト、SNS等への画像の無断使用と引用を禁止します。
コメントについて 非公開コメントへの返信は基本的に行っておりません。
以前のブログ
YouTube
役所メシ
↑2018/09/28更新
東京都の都市計画道路
神奈川県の都市計画道路
埼玉県の都市計画道路
京王線連続立体交差事業

カテゴリ

全体
ブログ
鉄道
鉄塔
散策
地域
道路計画や開通など
京王線連続立体交差事業
行き止まりシリーズ
多摩NTの橋ぜんぶ撮影プロジェクト
未分類

最新の記事

リニア中央新幹線 片平/能ヶ..
at 2019-11-19 00:00
多磨霊園東側の「府中東小金井..
at 2019-11-17 00:00
試験湛水が始まった八ッ場ダム..
at 2019-11-15 00:00
スイッチバック旅(8) 浅間..
at 2019-11-14 00:00
オープン前の南町田グランベリ..
at 2019-11-12 00:00
鶴川駅周辺再開発第1陣 鶴川..
at 2019-11-10 00:00
鎌倉街道(薬師池Ⅰ期)道路拡..
at 2019-11-08 00:00
若葉台と新百合ヶ丘方面を繋ぐ..
at 2019-11-06 18:00
[京王線高架化]京王代田橋ビ..
at 2019-11-06 00:00
休止寸前の上野のモノレールを..
at 2019-11-05 00:00

以前の記事

2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月

最新のコメント

小野路の非常口はすでに工..
by yunomi-chawan1 at 00:19
片平の非常口ってココなん..
by shibainu0219 at 14:41
台風の影響なのか、台風が..
by yunomi-chawan1 at 16:56
ありがとうございます。 ..
by たび at 19:20
比較するやつですが、この..
by yunomi-chawan1 at 00:38
ありがとうございます。 ..
by yunomi-chawan1 at 00:35

検索

記事ランキング

タグ

(51)
(50)
(40)
(34)
(29)
(27)
(27)
(26)
(25)
(24)
(22)
(22)
(20)
(15)
(14)
(12)
(11)
(11)
(10)
(10)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)