<   2018年 09月 ( 26 )   > この月の画像一覧

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません

日野バイパス(延伸)で歩道拡幅工事が始まっていました

8月の記事で書いた国道20号線日野バイパス(延伸)歩道拡幅工事ですが、7月の時点で行われていなかった工事が始まっていました。

a0332275_23345437.jpg

▲豊田小学校南側で撮影

今回は都合上写真1枚だけです。

この付近は日野市施行の豊田南土地区画整理事業が事業中で、土地区画整理事業によって道路用地が確保されています。現在は「仮の仮」のような状態で、歩道幅1.5mでガードレールによって仕切られているだけとなっています。

a0332275_23440570.jpg

▲説明会資料より抜粋

工事範囲はこの通りだそうです。


a0332275_23473558.png

工事では歩道を完成形の幅員である5.25mに拡幅します。また、これに伴い、車道を完成形の一部として整備します。

「仮の仮」から「仮」になる感じですかね。


???

8月11日に何らかの説明会があったようで、市議会議員のブログ・SNSに資料の一部が掲載されていました。

a0332275_23342460.png

上記を参考に作成

それによると、2014年(平成26年)の説明会時点で「信号交差点3ヶ所、横断歩道6ヶ所」だったものが、「信号交差点6ヶ所、横断歩道10ヶ所」に変更されたそうです。(横断歩道は1つの交差点に2つある場合は「2ヶ所」と数えている模様)

今回の工事で設置されるものか、今後の工事で行われるのかはよくわかりません。

撮影日:2018年9月23日 記載内容は執筆時または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2018-09-30 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(0)

立川東大和線・中新田立川線 着手前現況2018.9 その4

a0332275_01200872.jpg

立川3・3・30号立川東大和線国立3・3・15号中新田立川線の着手前の現況をレポートしています。

その3」の続きです。概要は「その1」に記載しています。下記より参照してください。

今回の「その4」で一連の記事は最後になります。

写真等 立川南通り~甲州街道(国立市域)
a0332275_21053975.jpg

今回は国立市域です。

国立市内は国立3・3・15号中新田立川線として都市計画決定されています。幅員は交差点部など、一部で変わりますが、25m~33.7mで決定しています(今後変更される可能性があります)。

この中新田立川線は、立川市の立川東大和線といっしょに「立川東大和線」と呼ばれることがあります。

a0332275_13085383.png

撮影位置は上の図の通りです。

a0332275_13102200.jpg

▲①立川南通りから南向き

ここから正面に向かって道路が計画されています。

手前側は立川市、奥が国立市となります。


a0332275_13124411.jpg

▲『第4次事業化計画』から抜粋

この先さくら通り手前までは、東京都ではなく国立市が施行することとされています。


a0332275_13203978.jpg

▲『国立市南部地域整備基本計画』から抜粋

この区域は国立市決定の「矢川上土地区画整理事業」が都市計画決定されています。国立市内の都市計画決定された土地区画整理事業では唯一未整備で、面積は約8.5haとなっています。


国立市南部地域整備基本計画』では、

 本地区を面的整備する場合は、既に整備が完了した区域(マンション建設地)を除くと、概ね50%以上が東京女子体育大学の学校施設であることから、学校運営に多大な影響を与えることが予想されます。
 そのため、将来における市の財政負担や大学を含む関係市民の負担を最小限に考えた事業化が不可欠であり、本計画期間中は、JR南武線以南の都市計画道路3・3・15号線を施行する東京都関係部署と連携し、その方法等については、土地区画整理事業の見直しを視野に入れ、地区計画等の制度を活用したまちづくりの研究・検討を進めるものとします。

とされているほか、国立市議会平成30年第2回定例会で

これからお話しすることはあくまでも仮定の話になろうかと思います。都市計画決定されている整備区域ということではございますけれども、今後のまちづくりにおいて、これが仮に区画整理によらない面整備を進めていくことになれば、さまざまな課題に対応していくことは必要になろうかと思いますけれども、また一方では市施行から東京都施行への変更も考えられるのかなと。今後、整理していくべき事柄ではないのかと考えているところでございます。

と答弁があります。土地区画整理事業を見直し、都施行にすることも十分に臭わせていますね。どうなるかわかりませんが。

また、同区域の一部に都市計画公園が決定されており、一部のみが完成しています。

a0332275_13355999.jpg

▲②東京女子体育大学の北側

この付近を左右に横切る形になります。

なお、計画されている道路東京女子体育大学のグラウンドを横切る計画となっています。道路ができると大学運営に大きな影響がありそうです。ちょうど立川崖線の高低差がある場所なので、一部地下式にすることなどはできなくもないかなと思いますが、どうなるでしょうか。

a0332275_13392692.jpg

▲③東京女子体育大学の南側(矢川北団地内)

正面が東京女子体育大学方面です。立川崖線の高低差があることが見てわかると思います。

この付近は矢川北団地(都営矢川北アパート)の中央を横切っており、団地建設当時から道路用地が確保されています。

団地内にはもう1本の道路「国立3・4・5号立川青梅線さくら通り)」が計画されており、これも『第4次事業化計画』の優先整備路線に選定されています。

a0332275_13480298.png

▲国立3・4・5号立川青梅線と立川3・4・5号新奥多摩街道線の事業予定区間

この道路についても様子を少しだけ見てきたので、別記事にします。

a0332275_13504831.jpg

▲矢川北団地内にかつて掲示されていた看板

矢川北団地にかつて掲示されていた看板が、倉庫脇に置かれていました。

20メートル道路」はさくら通り延伸、「28メートル道路」は中新田立川線(立川東大和線)のことです。

ちなみに、矢川北団地は近年建て替えられました。現在も工事中の棟があります。


a0332275_13534155.jpg

▲④南武線と交差する

矢川北団地の南側で南武線と交差します。

現在は道路が立体化して交差するように計画されています。

一方、東京都が2004年(平成16年)に策定した『踏切対策基本方針』では、立川駅付近~矢川駅付近が「鉄道立体化の検討対象区間」に抽出されています。

a0332275_14024357.jpg

ここ数年、連続立体交差化に向けた動きが、東京都・立川市・国立市で活発化しており、そろそろ具体化して話が出てきてもいいころだと思います。

高架式・地下式のどちらか、まだ発表はありませんが、「高架化」という話が議会でもよく出てきているので、たぶんそっちでしょう。

上の地図は「踏切対策基本方針」を参考に書き起こしたものですが、事業区間はもう少し伸びるような話も見られます。

a0332275_14074406.jpg

▲⑤南武線の南側

この付近は富士山が綺麗に見えることもあります。高架化すると阻害されるような気もしなくもないですが。

南武線の南側は農地が比較的多く残る場所となっています。


a0332275_14093657.jpg

▲『国立市南部地域整備基本計画』より抜粋

国立市南部地域整備基本計画では、矢川駅南側が市街地整備計画に含まれています。

まだ具体化はしていないようですが、道路建設や鉄道立体化に合わせて話が持ち上がる可能性は十分あるかと思います。


a0332275_14153270.jpg

▲⑥矢川保育園仮園舎隣接地

矢川保育園仮園舎に隣接する敷地に「東京都道路整備保全公社」による先行買収地が確保してありました。No.21とあるので他にもあるのかもしれません。

宅地化が進行する前に確保しているのかもしれません。


a0332275_14180796.jpg

▲⑦都道20号線と甲州街道が交わる「矢川三丁目」交差点

計画されている道路は、矢川三丁目にぶつかって終わります。現在は丁字路になっており、開通後は十字路になります。


a0332275_14251504.jpg

▲⑧都道20号線

都道20号線20は、日野バイパスまでは4車線、その先野猿街道四谷体育館東までは幅の広い2車線で開通しています。

矢川付近の開通は2005年頃だった気がしますが、調べてもわからん……。


a0332275_14320470.jpg

▲第4次事業化計画より

野猿街道四谷体育館東から先、是政橋付近まで、第4次事業化計画の優先整備路線になっています。これができると、是政橋付近~青梅街道まで1本でつながることになりますね。(その先調布付近も入っているので、狛江~是政橋~府中四谷~矢川~泉体育館~青梅街道が1本道になる日もあるのか?)

撮影日:2018年9月19日 記載内容は執筆時または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2018-09-29 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(0)

立川東大和線・中新田立川線 着手前現況2018.9 その3

a0332275_01200872.jpg

立川3・3・30号立川東大和線国立3・3・15号中新田立川線の着手前の現況をレポートしています。

その2」の続きです。概要は「その1」に記載しています。下記より参照してください。


写真等 JR中央線付近~立川南通り
a0332275_16454510.png

今回はJR中央線付近立川南通りまでの状況です。

その1」でも書きましたが、北側の泉体育館駅付近都道145号線145までの区間は、既に環境影響評価や都市計画変更といった手続きが行われており、事業化に向けた準備が進められています。

都道145号線145より南側はいまのところそういった準備の話は聞こえてきませんが、いわゆる第4次事業化計画の優先整備路線に選定されています。

この記事では現在の都市計画をもとに書きます。今後事業化に当たり変更がある可能性がありますのでご注意ください。

a0332275_16514624.png

撮影位置は上の図の通りです。

a0332275_16540727.jpg

▲①JR中央線南側(羽衣町2丁目地内)

この記事「その3」で扱う範囲は、計画されている区間でもっとも戸建て住宅が密集している地区ともいえます。

写真を撮影している位置は、将来の道路の歩道と車道の境目あたりかと思われます。その先丁字路あたりが道路境界でしょうか。(道路区域は測量などにより確定して行くことになります)

この道路、かなり古くからあるようで、明治時代の地形図にも書かれています。

a0332275_16522995.jpg

▲②都道145号線北側

この付近は将来の道路の真ん中でしょうか。


a0332275_17114851.jpg

▲地区内に掲げられている看板1

このような看板がちらほらありました。


a0332275_23150228.jpg

▲地区内に掲げられている看板2

羽衣町の街づくりを考える会」というグループができているようです。名前が変わったという情報もありますがよくわかりません。

東八道路(西原町~谷保間)や、新府中街道(小平市域)、小金井3・4・11号、南多摩尾根幹線(1970年代)などでも反対運動がありました(あります)。

a0332275_23231022.jpg

▲都道145号線

左側車列の最後尾付近でほぼ直角に道路が交わる予定です。

ここから北側(右側)が現在、都市計画変更や環境影響評価の手続きが行われています。南側(左側)も時期に準備が行われていくものと思われます。

この道路は幅16mで都市計画決定されていますが、現在はそれだけの幅で造られていません(おそらく12mくらい?)。右折レーンを造る目的でもしかしたら拡幅する……かもしれませんがわかりません。

a0332275_23314401.jpg

▲④羽衣町2丁目

この辺りの古い航空写真を見ると、1941年には雑木林のようだった場所が、1947年には住宅地へ変貌しています。そのころの住宅地の道路区画が現在でも残っているようで、周辺と違った細かい区画はそのときの名残のようです。

どういう経緯で住宅地を作ったのだろうかと気になっていました。どうも住宅営団が関係しているようで、軍事関係もありそうですが、詳しくわからないので、これを調べるのは私の宿題としますかね。住宅営団自体はGHQにより解体されて、この付近は今では民有地の住宅地となっているようです。

a0332275_23573369.jpg

▲⑤「④」の反対向き

このあたり、南北にやや広い道路が突き抜けています。この道路も戦時中にできたもののようです。

立川東大和線はこの道路の東側(左側)に拡幅するような形で計画されています。


a0332275_00035103.jpg

▲⑥

この道路は広いですが、交通量は多くありません。


a0332275_00075292.jpg

▲⑦立川南通りにぶつかる

現道は立川南通りに信号のない交差点でぶつかります。

この先は国立市となり、都市計画道路名称は中新田立川線と変わります。

ただし、国立市域の中新田立川線も含めて「立川東大和線」と呼ぶことが多くあります。都道の名前としても「立川東大和線」があります。

計画されている道路はこのさきまっすぐと抜け、矢川三丁目交差点まで繋がる予定です。

撮影日:2018年9月19日

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2018-09-28 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(0)

立川東大和線・中新田立川線 着手前現況2018.9 その2

a0332275_01200872.jpg

立川3・3・30号立川東大和線国立3・3・15号中新田立川線の着手前の状況をレポートしています。

その1」の続きです。道路概要なども「その1」に書いているので参照してください。


写真等 立川通り~JR中央線付近
a0332275_22185867.png

前回記事の続きで立川通りJR中央線付近です。

a0332275_22354971.png

撮影位置は上記の通りです。

a0332275_22370141.jpg

▲①立川通り南側

立川通りの南側、ワークマン裏です。

このあたりは畑が広がっていました。都市計画図によると生産緑地も含まれているようです。


a0332275_22443480.jpg

▲②東立川駐屯地北側より北向きに撮影

この正面をやや左にカーブしながら泉体育館駅方向に計画されています。

ちなみにこの辺りで、立川3・4・25号立川小川橋線の未成区間と交わる計画です。たぶん実現しないでしょう。

a0332275_22501132.jpg

▲③東立川駐屯地北側より南向きに撮影

ここから東立川駐屯地の西側に沿って道路が計画されています。

駐屯地沿いには都道43号43の現道が通っています。道は狭いですが、これでも主要地方道で交通量はそれなりにある道路です。

道路は駐屯地側に拡幅するようです。幅員28mで都市計画決定されています。


a0332275_22572926.jpg

▲④立川二中の西側

駐屯地沿いに進み、さらに立川二中沿いにまっすぐと計画されています。


a0332275_22585073.jpg

▲⑤立川二中前交差点を南向きに撮影

都道43号43現道は東(左)へ直角に曲がって行きますが、計画道路はこのまままっすぐ狭い道方面に計画されています。

狭い道ですが抜け道として利用されているようです。それだけまともな道がないということなんでしょうかね。


a0332275_23033353.jpg

▲⑥立川二中前交差点を北向きに撮影

この交差点の角には曙町駐在所があります。そちら側に拡幅となるようです。


a0332275_23065412.jpg

▲⑦の位置の住宅地

この辺りは幅員28.7mで計画されていますが、JR中央線付近の立体交差方法を変更するため、幅員28mに都市計画変更される予定です。

都市計画変更については前回記事を参照。

a0332275_00362578.png

▲中央線付近の拡大図


a0332275_23171896.jpg

▲⑧(東向き)この辺りで交わる

この辺りは完全な住宅街です。

道が狭い場所もありますが、意図的に一方通行にしているような場所も近くにありますね。


a0332275_23221024.jpg

▲⑧(西向き)現在「支線1」として決定されている部分

現在は立川3・2・10号緑川通り線支線1が決定されている区域です。

支線1は計画廃止される予定です。

都市計画変更については前回記事を参照。


a0332275_23250132.jpg

▲⑨JR中央線の北側

この辺りには住宅が建っていない場所もありました。

生産緑地のようで、航空写真を見ても畑がありましたが、このときは草が茂っていました。


a0332275_23291010.jpg

▲⑩JR中央線北側側道

左の高架がJR中央線です。このあたりで計画道路が横切る予定です。

ちなみに、この側道自体も西側へ伸ばす計画があります。


a0332275_23323607.jpg

▲⑩の位置から撮影したJR中央線の高架

JR中央線高架橋は道路計画を見越して造られているようで、スパンの長い橋が架かっていました。


おまけ:立川3・2・10号緑川通り線

ついでなので、付近で交わる計画道路を少しだけ掲載しておきます。

a0332275_23362883.jpg

A 現在の緑川通り

現在、JR中央線の北側~東橋交差点まで、片側1車線の道路が続いています。

道路の中央部には幅の広い中央分離帯のようなものがあり、駐車場として利用されていたりします。

この道路、緑川通りといいますが、「緑川」はここを流れている人工の河川のことで、現在は暗渠化され道路の下を流れています(現在は下水道化)。

いまでも当時の橋の名残として高欄(欄干)が残っていたり、曙橋東橋という名前の交差点があるのはその名残です。

緑川JR中央線をくぐって南へ流れ、いちょう通りみのわ通りの下を通って、多摩川に注いでいます。

緑川については過去記事で
立川市の暗渠「緑川」

立川3・2・10号緑川通り線東橋立川3・3・30号線までの間で第4次事業化計画優先整備路線に選定されています。

a0332275_00141568.jpg

緑川幹線改築(下水道)事業の説明会資料より抜粋

なお、この道路の建設には前述の緑川公共下水道緑川幹線の改築が必要となります。この管路は立川市で最も古いらしく、道路を通すためには大型車両への対応も必要なため、今年度(2018年度・平成30年度)から改築に着手しています。

管路の改修は平成40年度(2028年度)までの予定で、それから道路部分の築造に着手する模様で、市議会録などによると、「立川3・3・30号立川東大和線の事業進捗にあわせて供用開始できるよう進める」とのことです。

「立川東大和線にあわせて」というあたり、抜け道利用や他の道路への流入を恐れているのかなぁ?

a0332275_23530445.jpg

B 現在の緑川通りの端

ここから国立3・4・8号日野駅国立線方向に伸びる計画です。

ここの広い土地は何用地なんですかね。前から気になってるんですが。

多摩青果市場立川支所跡だそうです。(2018年10月7日追記)


おまけ:立鉄中付1・立鉄中付2
立鉄中付1は「川都市高速道東日本旅客鉄道央線属街路第1号線(2号線)」のことで、JR中央線が連続立体交差する際に、線路北側に計画された側道のことです。

a0332275_00410424.jpg

立鉄中付2

この位置(旧野沢踏切)から立川駅方面が立鉄中付2です。

この先、立川通り付近が完成しておらず、2019年度(平成31年度)には立川通り橋梁架設及び道路築造を行う予定で、市議会録によると、2019年度(平成31年度)の開放を目指しているそうです。

なお、開通後も、立川東大和線などが整備されるまでは、「駅前に交通が集中しないように、立川駅から国立方面への一方通行規制を行う方向で交通管理者と協議(市議会録より)」しているとのこと。

抜け道利用や住宅街への流入を相当警戒している感じですね。


a0332275_00543515.jpg

立鉄中付1

この位置(旧野沢踏切)から立川東大和線までが立鉄中付1です。

JR中央線高架化に伴う仮線などがあった場所で、用地はおおむね確保できているものと思われますが、事業着手は立川東大和線に合わせて行う計画のようです(市議会録より)。

このように周辺道路の整備も立川東大和線の整備が行われないとできない状況でもあるようで、立川東大和線の重要性が感じられます。

JR中央線より南側は次の記事で
予定
撮影日:2018年9月19日

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2018-09-26 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(2)

立川東大和線・中新田立川線 概要と着手前現況2018.9 その1

a0332275_01121001.jpg

立川市国立市立川3・3・30号立川東大和線国立3・3・15号中新田立川線のうち、事業化が計画されている矢川三丁目交差点泉体育館駅付近間の現在のようすを見てきました。

道路概要

このブログでは初めて扱う道路なので、概要を記載しておきます。

立川3・3・30号立川東大和線立川市羽衣町二丁目東大和市多摩湖六丁目に至る全長8,060mの都市計画道路です。都市計画決定は1961年(昭和36年)10月1日です。

国立3・3・15号中新田立川線国立市大字谷保字中新田国立市大字石田字田村道に至る全長約2,300mの都市計画道路です。都市計画決定は1967年(昭和42年)5月23日です。

これらは一部区間で事業に着手していません。このうち、矢川三丁目交差点泉体育館駅付近間がこの記事で扱う区間です。

a0332275_22070324.png

この道路は「調布保谷線(武蔵境通りなど)」、「府中清瀬線(新小金井街道)」、「府中所沢線・鎌倉街道線(新府中街道・鎌倉街道など)」、「八王子村山線(多摩大橋通り)」と並んで、「多摩南北主要5路線」のうちの1つに数えられています。

調布保谷線や府中清瀬線、八王子村山線は全線開通。府中所沢線・鎌倉街道線は全線で事業着手している一方で、立川東大和線は5路線の中で唯一事業着手していない区間があります。

a0332275_22292769.jpg

『東京における都市計画道路の整備方針(第四次事業化計画)』より抜粋

東京都や26市などが2016年(平成28年)3月に策定した『東京における都市計画道路の整備方針(第四次事業化計画)』では、「今後10年間(平成28年度から平成37年度まで)で優先的に整備すべき路線(=優先整備路線)」に選定されました。(都-84、市-51、都-126に該当)

事業はいくつかの区間に分けて事業着手されるものと思われます。

東京都では、北側の都道145号線145泉体育館駅付近間の約2.5kmの事業着手に向けた準備を行っています。

このうち、事業着手の前に、JR中央線付近で都市計画変更を行うため、2016年(平成28年)12月に周辺住民向けに都市計画変更素案説明会が開かれた模様です。また、これと並行して2016年(平成28年)12月21日には、環境影響評価の対象となる立川市羽衣町二丁目栄町四丁目環境影響評価調査計画書を提出しています。

a0332275_00400549.png

都市計画変更は、現在の都市計画ではJR中央線をアンダーパスで交差し、立川3・2・10号線と国立3・4・8号線とも立体交差、立川3・2・10号線と支線で結ぶこととなっています。JR中央線は連続立体交差事業により高架化されアンダーパスで交差する必要はないことから、道路を地表式に直し、支線を廃止、立川3・2・10号線と国立3・4・8号線とは平面交差とし、付近の幅員を28mにするものです。
(図を見た方が早い)

a0332275_23005042.png

※JR中央線の連続立体化は1994年(平成6年)5月11日に決定済み。既に完成。

今後、何らかの動きがあるものと思われます。

写真等(泉体育館駅付近→立川通り)
a0332275_23283113.png

※まだ着手していません。事業範囲等は今後確定することになるため、地図と異なる場合があります。

今回は北→南向きに撮影したので、その順番で掲載します。

a0332275_23335979.jpg

撮影位置は上記地図の通り。

a0332275_23402519.jpg

▲①完成済みの立川東大和線と泉体育館駅

私はよくわかりませんが、この付近は多摩モノレールの事業に合わせて拡幅された模様です。

道路は青梅街道まで繋がり、途中玉川上水駅付近まで4車線(片側2車線)となっています。


a0332275_23512525.jpg

▲②事業予定区間北端

ここから先、芋窪街道に沿ってしばらく事業予定区間となります。

多摩モノレールはここで西(右)へそれ、立川駅方面へと向かいます。モノレールに沿って大通りが整備されています。

ちなみに、この先のJR中央線などを越える数少ない立体交差の幹線道路である立川通り立川立体に交通が集中し、慢性的な交通渋滞が発生しています。全然動かないこともしばしば。
この道路ができることで、立川駅付近を回避して南北の交通ができることに期待しています。20年……30年先かなぁ……?

a0332275_23584633.jpg

▲③さっきの交差点のすぐ南側「江ノ島住宅バス停」

この先の芋窪街道は現況2車線の道路となります。交通量もそれなりにある道路です。

この付近は道路東側数十メートルだけバスベイ用地や歩道用地として、既に拡幅部分が確保されている状態でした。

a0332275_00051726.png

道路は現道を拡幅し、幅員28m4車線にする予定のようです。近隣では日野市万願寺付近の日野バイパスなんかが似たような幅員です(わかりませんが構成は違うと思います)
a0332275_00031600.jpg

▲④やや緩やかな右カーブ

直線部分では現道両側に拡幅するようですが、ここのカーブ付近はインコース側に拡幅するようです。

この辺りの道路は車道が若干広いような気がしますね。歩道が狭いです。


a0332275_00154380.jpg

▲⑤この付近で現道と分かれる

栄町4付近です。この付近で芋窪街道と分かれ、左斜め方向へと進む計画です。


a0332275_00175274.jpg

▲⑥分岐する箇所

このあたりは道路の西側歩道部分になっているでしょうか。道なき場所なので、都市計画図とにらめっこしながら探索しました。


a0332275_00193042.jpg

▲⑦いなげや立川栄町店北側の道

この付近でこの細い道路をほぼ直角に横切るようです。

このあたりは倉庫や駐車場、住宅などが点在している場所でした。右の垣根の奥は庭なのか広い土地が広がっていました。


a0332275_00221574.jpg

▲⑧いなげや南側から いなげや駐車場

この駐車場の柵の向こう側あたりが道路計画地のようです。

このいなげや、道路計画を意識したような店舗配置に見えました。実際どうなのか知りませんけど。

a0332275_00251730.jpg

▲⑧いなげや南側「立川通り」

この付近で立川通りをほぼ直角に交わるようです。

都市計画図を見た感じでは、ワークマンは道路計画地と被っているようでした。


撮影日:2018年9月19日

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2018-09-25 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(0)

キャッチコピーが面白い!「エスエストラスト」の看板巡り

八王子市周辺で見かける青地に白文字の看板、エスエストラストの看板が面白いので場所を探して看板巡りしてきました。

ちなみにエスエストラストは八王子近辺で不動産業をするアパマンショップ加盟店の会社です。

今回は事前にネットやSNSなどで看板の位置を調べたうえで行くことにしました。ただ、いざ行って見ると無くなっている看板もありちょっと残念。

Googleマップ(マイマップ)
エスエストラストの看板

当初、1日で位置確認済みの看板を全部めぐる予定でしたが、思いのほか時間がかかって一部しか巡れませんでした。巡ったのは掲載順ではありません。

対抗心あり!?
a0332275_16514289.jpg
きぬた歯科の
一枚上手うわて
狙ってます。

きぬた歯科エスエストラストともに最近設置された看板です。

一枚上手とってますよ。

川崎街道、百草園付近


きぬた歯科看板巡りをした時の記事
1日で「きぬた歯科」の看板 いくつ見られるか!?
いや、高幡の方から
a0332275_16522489.jpg
北野から、きたの?

北野街道を走っていると見られる看板です。北野街道はその名の通り、北野と繋がる道路。北野から来た人も多いかも。

北野街道、平山五丁目交差点付近


下り電車だからね
a0332275_16594252.jpg
高尾山口行きは、「登り電車」と呼びたい。

京王線の下り電車に乗っていると右手に見える看板。確かに呼んでみたい。

エスエストラストの看板は自社有地や、貸家に設置していることが多いです。

京王線、高幡不動~南平間


猿は見かけたことないけど
a0332275_17043630.jpg
“野猿”を“のざる”と
読むべからず。

野猿街道沿いにある看板。初めての人なら読んじゃいそうですね。

左の街道名の標識を入れるべきだったと家に帰って後悔。

そういえば「野猿」の看板見なくなりましたね・・・

野猿街道、打越交差点付近


そうなの?
a0332275_17134042.jpg
ラーメンにタマネギのせる店、
だいたい八王子。

中央線に乗っていると見える看板。

刻みタマネギがトッピングしてある「八王子ラーメン」が八王子の名物でもあります。(他所にも似たラーメン結構あるらしいけど)

ちなみにこの近くにあった「西豊田駅ってどうなったのかな?」という看板は消滅していました。

中央線沿い、北野公園付近


恥ずかしながらハローキティが猫だと初めて知りました・・・
a0332275_23574837.jpg
ランドといえば、
ネズミよりも
ネコな街。

多摩センターのアパマンショップ看板です。

何のことを言っているのか……よくわかりませんが、ハローキティのことですかね。サンリオピューロランド。

ネコといえば多摩センターで忘れてはいけないのは「わんにゃんワールド多摩」でしょう。懐かしいですね。閉鎖からもう10年も経っているなんて。昔は屋外プールもあったなぁ・・・なんて。

アパマンショップ多摩センター店


そんなことより右上の黄色い看板が気になるよ
a0332275_00092513.jpg
不動尊なら徒歩3分→
不動産ならココ3階↓

不動尊は高幡不動尊のこと。不動尊と不動産って似ているなぁ…。

そんなことより、右上のきぬた歯科とコラボしようぜ。

アパマンショップ高幡不動駅前店


嫌です。
a0332275_00204265.jpg
わたしより、
信号を見て。

国道の交差点角にある看板。交通量も多く注意が必要な交差点です。

看板に見とれて信号を見落としたら駄目ですよ?

大横町交差点


インプラントをお勧めします。
a0332275_00231726.jpg
きぬた歯科より
目立ちたいけど、
歯が立ちません。

きぬた歯科の記事のときにも登場したこの看板。

傑作だと思います。周りの看板も悪のりしたら面白いのになぁ。

明神町交差点


へぇ~
a0332275_00262945.jpg
エルシィって、
エレガントライフシティの
略らシィ。

八王子エルシィという宴会場?に併設するコインパーキングにある看板。

エルシィを知らなかったら、「エルシィって何だろう」から始まり、解説が必要な点ちょっと……ですね。

八王子エルシィ横の駐車場


運命の看板もエスエスで。
a0332275_00311350.jpg
運命のお相手は
エルシィで。
運命のお部屋は
エスエスで。

一つ上の看板の裏側がこれ。

これは駐車場側に向いているのでわかる人多いのかなぁ?

八王子エルシィ横の駐車場


クリーニングも1階へ。
a0332275_00351839.jpg
合格するなら2階へ。
部屋探しなら1階へ。

こういうのって2階の許可貰って出すんですかね?どうでもいいけど。

アパマンショップ八王子駅南口店


この日も行列できていました。
a0332275_00400889.jpg
北野街道で一番
北海道が香る場所。

後ろに見える「奥芝商店 片倉城」というお店のことです。札幌発祥のスープカレーが自慢らしいです。

ってことを知らないと、この看板の意味側がわかりません。北野街道と北海道は文字が似てるね。

北野街道、つどいの森入口交差点付近


座布団持ってきて。
a0332275_00441828.jpg
山田さん
以外もようこそ。

山田駅前にあります。

どうでもいいですが、「山田」が付く駅は日本に10カ所以上あるんですね。

山田駅前


有名な格安店あるんですか?
a0332275_00501832.jpg
「バカね」は悔しいが、
「バカ値」は嬉しい。

近くに有名な格安店があるのかと探しましたがよくわからず。「バカ値」と書かれた商品やPOPも見たことないなぁ。

甲州街道、本郷横丁東交差点


100円ラーメン初めて知りました
a0332275_00555434.jpg
100円ラーメンは、
みんなの心の中にある(涙)。

西八王子駅の近く。看板の前の道は歩行者専用だったので線路を挟んだ道から撮影。

かつてこの近くに100円でラーメンを出す「満福亭」というお店があったそうです。初めて知りました。

西八王子駅の西側


牛が本当に鳴いていました。
a0332275_01012751.jpg
モォ~すぐ、
牧場です。

小比企町交差点角。小比企町には牧場があるんですよ。テレビで紹介されていたこともあったような。

小比企町交差点


特快できたら通過でしょう
a0332275_01044146.jpg
横浜特快とか
できないのかな?

八王子みなみ野駅近くの横浜線沿いに設置されている看板。中央線の中央特快みたいな「横浜特快」ができたら八王子みなみ野駅は通過されちゃうんじゃ……

JR横浜線沿い、八王子みなみ野の北側


シロガネーゼ、ニコタマダム、アシヤレーヌ・・・
a0332275_01072311.jpg
わたしも
ミナミノーゼって
呼ばれてみたい。

八王子みなみ野に設置された看板

っえ?「ミナミノーゼ」なんて言葉があったの……と思ったらこの看板発祥らしいです。

八王子みなみ野 西片倉二丁目


・・・ミナミノーゼ
a0332275_01140347.jpg
わたし
ミナミノーゼって
呼ばれてるみたい。

呼ばれるようになったのね!


でっ・・・でたな!?
a0332275_01150086.jpg
ミナミノーゼ
出没中。

八王子みなみ野は結構最近できた街なんですよ。

八王子みなみ野 七国一丁目


うわぁ!増えた!
a0332275_01182359.jpg
ミナミノーゼ
急増中。

ミナミノーゼが集う場所はどこなんだろう?

八王子みなみ野 七国一丁目


今回、この日撮影できたのはここまで。他にもある場所を知っているんですが、それはいつか近くを通りかかったときにお目にかかりましょう。


非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2018-09-24 00:00 | 散策 | Comments(0)

立川市・国立市の根川の樋門が完成していました

立川市・国立市を流れる根川多摩川に合流する地点に「樋門」が完成していました。

a0332275_15291306.jpg

▲完成した樋門

場所は多摩川左岸の立川公園下流部です。

これまでは大きな樋門もなく木が茂ってうっそうとした場所でしたが、周辺もきれいに整備されました。芝生がいまも養生中です。


a0332275_16080545.jpg

▲銘板

銘板によると「根川排水樋門」というそうです。


a0332275_16151762.jpg

▲設置されていた工事案内看板(3月ごろ撮影)

書いてある通り、多摩川の洪水時にゲートを閉めることで根川への逆流を防ぐはたらきがあるようです。


a0332275_16001847.jpg

▲根川上流の根川貝殻坂橋から見た樋門

根川自体はそれほど大きな河川ではありません。

昔は立川崖線の涌水を集める河川だったそうですが、残堀川の水を受け入れるようになりました。その後、立川市柴崎町付近に多摩川に短絡する水路が造られ、いまでは残堀川から分水する河川となっています。

a0332275_16174288.jpg

▲3月ごろの様子

3月ごろは根川の水を閉め切って工事が行われていました。

工事が始まる前の写真も撮影していた気がするのですが、パソコンから見つかりませんでした。


a0332275_16195453.jpg

▲樋門下流部

樋門周辺の護岸や多摩川も整備されたようです。


a0332275_16212594.jpg

▲樋門上部の堤防・遊歩道

樋門の上部にも遊歩道が整備されました。

ただ、ここから中央自動車道付近までもともと遊歩道が整備されてなく、この遊歩道もすぐに行き止まりとなっています。

将来整備する計画があるのか・・・調べてみましたがよくわかりませんでした。あると見通しの悪い車道を通らずに済んで便利なんですけどね。

a0332275_16271411.jpg

▲立川公園付近の多摩川左岸

この近辺の多摩川は、ここ数年少しずつ整備されています。工事中川の流路を変更したりしていましたね。


a0332275_16372701.jpg

▲日野橋

甲州街道、旧国道20号線の「日野橋」は架け替えの話が上がっています。

どうなるんですかね。


撮影日:2018年3月31日、9月19日

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2018-09-22 00:00 | 地域 | Comments(0)

(仮称)小田良上平尾トンネルと稲城小田良土地区画整理 進捗状況2018.9

稲城市で行われている稲城上平尾土地区画整理事業稲城小田良土地区画整理事業ですが、順調に事業が進んでいます。

稲城上平尾土地区画整理事業は来年初めごろにも事業完了となる見込みです。稲城小田良土地区画整理事業は若干遅く事業を始めたこともあり、あと数年かかる予定です。

過去記事
・稲城上平尾土地区画整理事業(1)(2)
・稲城小田良土地区画整理事業(1)(2)
a0332275_01154488.png

今回はその両土地区画整理事業の中間で建設が行われている(仮称)小田良上平尾トンネルの進捗を中心に、稲城小田良土地区画整理の進捗を見てきました。

a0332275_01190758.jpg

▲事業案内看板

もともと土地区画整理組合により整備が予定されていたこのトンネルですが、両土地区画整理事業の進捗の違いなどから稲城市が施行することとなり、稲城市のお金で発注されています。施工業者は稲城上平尾土地区画整理事業の施工業者と同じ、清水建設です。

a0332275_01214166.jpg

▲完成予想図

道路は2車線で、開削による現場打ボックスカルバートトンネルとなる予定です。


a0332275_01234746.jpg

▲南側(上平尾側)から撮影(仮囲いがありこの先は立入禁止)

スマホで撮影のためズームができていません。すみません。

現在は上部から開削し、トンネルの底となるコンクリート打設などが行われているように見えました。日曜日のため休工でしたが。

トンネルとしてはすぐ近くに2016年5月30日に交通開放された上平尾トンネルとほぼ同様のトンネルと言えると思います。

a0332275_01284173.jpg

▲トンネル上部から上平尾方面に撮影

トンネル上部となる場所には足場ができていて、資材などが置かれていました。下はよく見えません。

ここはもともとトラックなんかが止まっている市有地でした。


a0332275_01314798.jpg

▲トンネル上部から小田良方面に撮影

トンネル上部の学園通りは生かしたまま工事が行われています。一時的に切り回しされていたときがありましたが、いまは元のルートに戻っています。

ちなみにこの下付近に東京都の水道管や川崎水道があります


a0332275_01422093.jpg

▲トンネルの北側から小田良土地区画整理事業地内

左側に見える白い箇所がトンネルの北側出口付近です。

道路自体はこの先の鉄塔の右側を通り、緩やかに左にカーブして京王線の手前まで、土地区画整理事業により施行予定です。既に道路らしくなってきている箇所があります。(工事中のため近づけない)

京王線から鶴川街道までは稲城市が施行予定で、第4次事業化計画の優先整備路線に選定されていますが、今のところ目立った動きはなさそうです。

a0332275_01475922.jpg

ちなみにこの撮影ポイント、定点観測ポイントにしているんですが……工事が始まったばかりの2014年ではこんな状態だったのですから、4年の月日はあっという間ですよ。

懐古はまたいつか、小田良地区が完成に近づいてからすることにしましょう。

小田良土地区画整理事業の進捗

以前は半年ごとぐらいで見に行っていたのですが、最近は1か月に3回くらいの頻度で見に行っています。

以前は「おぉここも変わった」「あそこの工事が進んだ」と感じたものですが、高頻度だと小さな変化の積み重ねになってその感じ方をしなくなってしまいました。記録も忘れがちに。
住んでいる町の変化は気づきにくいけど、1年ぶりに帰った田舎の変化は大きく感じる……そんなのに似ています。

a0332275_01570257.jpg

事業地内の谷戸は盛土され、宅地へと置き換わりつつあります。

すでに住宅地の街路も姿を見せ始め、家の敷地を区切る擁壁工事も始まりました。


a0332275_02013726.jpg

▲電柱がある場所が小田良通り

ここにあった小高い丘も切り崩されました。

住宅販売は隣の上平尾土地区画整理事業地内(プラウドシーズン栗平)や、同じ稲城市内の南山東部土地区画整理事業地内(プラウドシーズン稲城南山・プラウドシティ南山)で分譲をした「野村不動産」が戸建て分譲を計画しています。

また、平成33年(2021年)4月には事業地内に認可保育所の開所が計画されています。

a0332275_02081422.jpg

▲小田良通り

小田良通りは土地区画整理事業以前からある道路です。若干の線形変更はあったものの、ほぼ同じルートで、歩道の設置などが行われました。

写真だとアスファルト舗装の下層だけになっていますが、数日後に上層まで完成しています(舗装を直していたようです)。

(仮称)稲城小田良ショッピングセンターも建設進む
a0332275_02113683.jpg

▲上平尾トンネル上より撮影(奥が若葉台方面)

野村不動産が手掛ける「(仮称)稲城小田良ショッピングセンター」の建設が進んでいます(右奥)。

来年春開業予定です。テナントなどはまだ発表されていませんが、……?

稲城上平尾土地区画整理事業は換地処分終了後、撮影したいと思います。

撮影日:2018年9月16日

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2018-09-21 00:00 | Comments(0)

途中バス停わずか1つ 若葉台駅→黒川の短距離バス路線に乗車した

a0332275_01092557.jpg

昔から気になっていた「若11 若葉台駅~黒川」というバス路線に乗ってみました。

バス停は「若葉台駅」~「下黒川」~「黒川」と、途中バス停はたった1つ、起終点含めて3つだけの短いバス路線です。運行は小田急バス。

a0332275_01283334.png

バスは土曜日と休日のみ1往復のみ運行されます。若葉台駅発黒川行きは若葉台駅を22:24に、黒川発若葉台駅行きは黒川を6:17に発車します。乗りにくい時間帯でもありますね。

私は若葉台駅発黒川行きに乗車。

稲城駅→若葉台駅の路線で運行した車両が、この路線に充当されました。

a0332275_01471085.jpg

さっそくバスに乗ろうとすると、運転士に「このバスは黒川までしか行きませんが大丈夫ですか?」と聞かれました。

それもそのはず、2つ先で終点。歩いても行ける距離です。日中には黒川バス停から先、鶴川駅方面や柿生駅方面に行くバス路線もあり、それではないことの確認をされたのでしょう。

本当は一番前の席に座りたかったものの、オタク感出したくなかったので後ろの方に座りました。モニタを見ると、2つだけこの先のバス停が表示されていました。

a0332275_01570987.jpg

乗客は私一人。4分後、終点黒川バス停に到着です。この調子だと普段は誰も乗っていないことがほとんどでしょうね。

黒川バス停は小田急線の高架下、鶴川街道上にあります。黒川駅前の道路に乗り入れるバス路線はありません(マイコンシティの循環バスがあるけどね)

この黒川バス停はバス停ポールが小田急と神奈中それぞれで設置してあります。

バスを降りたらすぐに方向幕が「回送」に。

a0332275_02105373.jpg

あっという間に発車して行ってしまいました。どうやら野津田車庫まで回送されるそうです。

a0332275_02170307.png

そもそも、このバス路線なぜあるのかという考察です。

2015年5月15日までの若葉台駅・下黒川・黒川を通るバス路線を書いてみました。

鶴21鶴22(休日1往復のみ)神奈中バスによる運行なので、小田急バスのみ抜き出してみると下記のとおり。

a0332275_02225183.png

そう。若11下黒川~若葉台駅のこのルートでの小田急バスの免許維持的な性質があったようです。

ちなみに柿24は主に柿生駅北口~稲城駅を結ぶ路線ですが、系統番号同じで一部調布駅南口に行く路線(休日1往復のみ)があったり、図の稲城台病院入口を経由して若葉台駅に乗り入れる路線(休日1往復のみ)があったりします。

a0332275_02323069.png

ところが2015年5月16日から柿24のうち、稲城駅→柿生駅北口方向の路線が若葉台駅に乗り入れるようになりました。(柿生駅北口→稲城駅は従来通り若葉台駅に乗り入れない)

すると、若11の免許維持的な性質が薄らいでしまいました。正直なところ、いつ廃止されてもおかしくないのかな……という気がします。
そのあたり詳しくないけど。

Wikipedia情報によると若11は小田急バスで3番目に短い路線らしいです。(小田急バス運賃・距離証明書によると1.3km)

a0332275_02560652.jpg

話は戻りますが、若葉台駅バス停4番乗り場を発車する路線、ほとんど免許維持なんですよね。日中普段は「鶴21」や稲城市iバスなどが使っています。


非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2018-09-20 00:00 | 地域 | Comments(0)

新島橋架け替えと築地市場

新島橋の架け替え

環状2号線の見学会に行った日、清澄通り新島橋の架け替えも見てきました。

環状2号線見学会の記事
その1
その2
a0332275_23393698.jpg

▲架け替え中の新島橋

昭和34年(1959年)に架設され幅員22.75m・4車線であった新島橋の架け替えを行っています。

現在は写真右側の仮設橋に道路を移動させ、左側に新橋を建造しています。平成31年(2019年)1月ごろに車道を左側に移動し、その後現在の車道部分の橋を建造する計画だそうです。

新橋の幅員は35.60m~40.85m・6車線となるそうです。この橋の部分でのボトルネックも解消することでしょう。

a0332275_23580008.jpg

▲案内看板

区議会録によると、中央区ではこの橋の架け替えを東京都がするよう要請していたようですが、区道ということで中央区が施行することになった経緯があるようです。

この環状3号線の橋から西側(豊海町~竹芝~芝公園)の区間は、第4次事業化計画で東京都が優先して事業に着手する路線に選定されています。

築地市場
a0332275_00044605.jpg

今年何度目かの築地市場訪問。もうすぐ閉場です。この日も忙しそうな市場でした。それにしても外国人が多いですね。


a0332275_00094523.jpg

吉野家一号店も今でも営業(この日は営業時間を過ぎていた)。ここで2回ほど食事をしたことがあります。

築地市場閉場後は閉店するそうです。豊洲市場にも出店するらしいですけどね。


a0332275_00120793.jpg

▲築地市場前に掲示された解体の案内

解体の案内も掲示されていました。それにしてもアスベストが凄いな。(左側に他に数枚掲示物あります)


a0332275_00141056.jpg

▲青果門

環状2号線の仮設道路・その後本線副道が接続予定の場所です。


a0332275_00141026.jpg

▲青果門内部

いまはトラックが止まっていました。


a0332275_00180056.jpg

▲仮設道路北行き出口付近

汐先橋の南側で仮接続する予定です。約1年間ここが交差点となるようです。

歩道は防音壁の向こう側に用意されているようです。


a0332275_00180769.jpg

▲工事案内看板

環状2号線本線トンネルの工事も行われています。

築地市場の部分は閉場後です。


撮影日:2018年9月15日

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2018-09-19 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(0)


「まち」の変化を追っていきます


by yunomi-chawan

プロフィールを見る
通知を受け取る

メモ帳

2015年にブログを移転しました。一部リンクが前のブログに飛びます。
まとめサイトを含む多種サイト、SNS等への画像の無断使用と引用を禁止します。
コメントについて 非公開コメントへの返信は基本的に行っておりません。
以前のブログ
YouTube
役所メシ
↑2018/09/28更新
東京都の都市計画道路
神奈川県の都市計画道路
埼玉県の都市計画道路
京王線連続立体交差事業

カテゴリ

全体
ブログ
鉄道
鉄塔
散策
地域
道路計画や開通など
京王線連続立体交差事業
行き止まりシリーズ
未分類

最新の記事

11月4日暫定開通の環状第2..
at 2018-11-18 00:00
(仮称)等々力大橋と目黒通り..
at 2018-11-17 00:00
(仮称)等々力大橋と宮内新横..
at 2018-11-16 00:00
登戸駅西側の街区が出来上がり..
at 2018-11-13 00:00
南武線津田山駅建て替え中、稲..
at 2018-11-11 00:00
富士山ぐるっと原付旅 その3
at 2018-11-09 00:00
関戸橋 11月7日に2度目の..
at 2018-11-08 00:00
調布保谷線(武蔵境通り) 塚..
at 2018-11-07 00:00
富士山ぐるっと原付旅 その2
at 2018-11-06 00:00
船で多摩川を渡りたい!二子の..
at 2018-11-05 00:00

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月

最新のコメント

追記しました
by yunomi-chawan1 at 02:10
昭和39年に一斉に廃止さ..
by ヤマト at 07:29
以前、横浜市民(青葉区)..
by shibainu0219 at 01:16
ボヤキや独り言へのコメ感..
by shibainu0219 at 15:42
セブンイレブン2号店は東..
by 匿名 at 14:07
あそこの区間はいよいよ工..
by yunomi-chawan1 at 16:19

検索

記事ランキング

タグ

(41)
(31)
(28)
(24)
(24)
(18)
(18)
(17)
(14)
(14)
(14)
(13)
(11)
(11)
(10)
(10)
(9)
(9)
(8)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)