<   2018年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません

南町田駅周辺の進捗状況2018 その2

a0332275_23273744.png
北口広場などが完成
a0332275_01401376.png
a0332275_01373439.jpg

▲北口広場

土地区画整理事業とは別事業で、2017年4月1日に南町田駅北口に駅前広場が完成しました。

もともと南町田駅周辺には駅前広場がなく、路線バスは南側の道路から発着していました。

a0332275_01441205.jpg

▲空港高速バス

路線バスは北口広場発着に変更されたほか、新たに空港行き高速バスも乗り入れるようになりました。

手前のバスは空港からのバス、奥のバスは空港行きのバスと路線バスです。


a0332275_01543431.jpg

▲北口広場と国道16号線との交差点

交差点には信号機が設置されています。

ちなみに、この奥側には町田3・3・36号相原鶴間線(町田街道のバイパスに相当)が事業中で、将来は四差路になる構造です。

この交差点には平面の横断歩道は設置されず、地下歩道が整備されました。

a0332275_01540421.jpg

▲地下道

2016年4月25日には国道16号南町田地下歩道が開通しました。

エレベータやスロープも併設し、自転車も通行出来る地下歩道で、監視カメラや通報ブザーも備えています。

この地下歩道は、先述の事業中都市計画道路の接続も考慮した構造になっています。

また、北口広場の地下に当たる部分には自転車駐車場も整備されました。

駅もリニューアル
a0332275_23291466.jpg

▲北口

現在、南町田駅のリニューアルが行われています。

これまで、北側と南側で改札口が別々にあり、改札に入らなければ南北に通り抜けはできませんでしたが、南北自由通路を整備し通り抜けが可能になります。(自由通路部分は町田市負担)

a0332275_23422703.jpg

▲駅西側の跨線橋から見た駅

駅舎以外も大きくリニューアルされるようで、大屋根の「東急」らしい駅と変わりそうな感じです。

ホームには可動柵も設置されるようです。


a0332275_23455326.jpg

▲かつてあったグランベリーモール口

かつて南側にはグランベリーモールに直結した「グランベリーモール口」が開設されていましたが、グランベリーモールの閉鎖に伴い、名前と改札口の位置が変更されています。


a0332275_23495614.jpg

▲正面口

工事に伴い一時的に場所が変更された改札口は「正面口」と名付けられています。英語は「Main Entrance」です。

「『南口』でよかったんじゃないの」と思わなくもない。

グランベリーパーク開設時には改札口も新しく生まれ変わっていることでしょう。

おまけ:40高中
a0332275_00013285.jpg

旧グランベリーモールの外周道路には「40高中」が残っています。


a0332275_00013304.jpg

廃止になった道路にも「40高中」の痕跡のようなものがありました。少しだけペイントが残っています。


非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2018-06-29 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(0)

南町田駅周辺の進捗状況2018 その1

a0332275_23273744.png

2016年11月28日に事業認可された「南町田駅周辺土地区画整理事業」と、その周辺の整備事業の進捗の報告です。

これは東急の商業施設「グランベリーモール」と町田市立鶴間公園の再編や、駅舎改築北口広場整備などが行われているものです。

写真の枚数が多くなったので2回に分けることにしました。その2は以下をご覧ください。

鶴間公園北側の道路開通と道路廃止保土ヶ谷バイパス16横浜町田ICランプ進捗状況は別記事で書いています。

商業施設再編中・・・
a0332275_23395966.jpg

▲南町田グランベリーウォーク北側

2000年に開館した商業施設「グランベリーモール」は、2017年2月12日で閉館し、その後一部を除き建物が取り壊されました。

現在は新しい商業施設建物の建設が行われています。

そもそもこの辺りは1972年からの南町田第一土地区画整理事業により整備されていましたが(1975年換地処分)、その一部で再び2016年から南町田駅周辺土地区画整理事業が行われています。区画整理を2回するのってそんなにない気がします。

a0332275_23480508.jpg

▲現地に掲げられていた看板

こんな感じです。


a0332275_00254113.jpg

▲工事の手順などが案内されている看板


a0332275_00254177.jpg

▲通行切替の手順などが案内されている看板


ここで旧グランベリーモールを振り返ってみる
a0332275_00281388.jpg

▲北側街区

旧グランベリーモールはこのように低層の建物が並び、そこにテナントが入るような商業施設でした。もともと10年程度の利用を見込んだ施設だったと聞いたことがあります。


a0332275_00344945.jpg

▲当時掲げられていたテナント案内


a0332275_00421769.jpg

▲小街区だった

航空写真を確認すると、この土地はもともと野球場サッカー場などとして利用されていたようで、商業施設の間に市道が突き抜けるような小街区となっていました。

今回の土地区画整理事業によって、これらを大街区化するようです。

東急ストアは仮設店舗に移転
a0332275_00490734.png
a0332275_00474451.jpg

▲東急ストア南町田店

もともとグランベリーモール内にあった東急ストアは、隣接する土地に仮設店舗として移転しました。

銀行ATMも併設され、通常の店舗とほとんど変わりないようになっています。


a0332275_00552202.jpg

▲掲示されていた案内


近隣道路なども再整備
a0332275_01040867.png

土地区画整理事業によって近隣の一部道路も再整備されています。

※外周道路のうち土地区画整理事業の範囲外は手が加えられていません。

a0332275_01114730.jpg

▲東側 国道16号接続部

国道16号16との接続部では「ランプ」のような構造の交差点となっていましたが、直角で交わるような交差点に改良されるようです。

写真右側に移る国土交通省の建物はどうなるのでしょうか?

a0332275_01215330.jpg

▲グランベリーモール東側道路

グランベリーモール東側の道路は拡幅されました。

手前の交差点は少し変わった形状ですが、もともと信号機は設置されていません。


非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2018-06-27 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(1)

南町田の鶴間公園北側道路が開通

a0332275_15281675.png

南町田鶴間公園北側の道路が6月15日に開通したということで、様子を見てきました。

a0332275_15292840.png

南町田駅周辺では、東急電鉄・町田市・東急レクリエーションの個人共同施行者「南町田駅周辺土地区画整理事業共同施行者」による「南町田駅周辺土地区画整理事業」が行われています。

2016年(平成28年)11月28日に認可され、2020年度(平成32年度)までの予定で事業が進められています。ここにあった東急の商業施設「グランベリーモール(2017年2月12日閉館)鶴間公園を再編するもので、商業施設は「グランベリーパーク」として新しく開設することが発表されています。

今回の記事で扱う道路の開通は、この土地区画整理事業に伴うものです。新道の開通に伴い一部道路が廃止されたため、これもこの記事で扱います。そのほか南町田駅周辺の状況は別記事で書こうと思います。

新道開通
a0332275_15392492.jpg

▲拡幅区間

南町田駅西交差点から西側の区間は、新道開通に伴い拡幅されました。

鶴間公園の一部を道路拡幅用地に転用したようです。

現時点では東側歩道などの整備を行っており、車道が一部狭くなっています。

a0332275_15424986.jpg

▲田園都市線を渡る橋との交差点

工事中のため、現時点でまだ道路が接続されていません。歩行者のみ通り抜けることができました。

将来横断歩道が設置されるようで、縁石の切り下げが行われていました。

また、将来は信号機が設置される予定のようです。

a0332275_15465493.jpg

▲新道(東側から撮影)

ここから先が新道区間です。

鶴間公園の一部を新道に転用しています。

幅の広い車道がありますが、北側には歩道は設置されていません。ちょっと理解に苦しみます。

a0332275_15510939.jpg

▲新道(西側から撮影)

西側から東側にかけて上り坂になっています。

右側は鶴間公園<で、現在再編工事中で立ち入ることはできません。将来は新道から公園への入口が設けられるようです。

道路と車道の間には低木による植栽がありました。現時点で中木・高木はなく、ちょっと残念な感じがします。

a0332275_15544515.jpg

▲西側交差点

西側交差点は丁字路となり、新道側に「一時停止」の標識が設置されました。

横断歩道は新道の横断1か所にしか設置されず、現時点では既存道路側には設置されていません。将来は写真右側に横断歩道が設置されるそうです。

ちなみに将来信号機の設置も行われるようです。

a0332275_16095216.jpg

▲一時停止の標識

一時停止の標識手前には20メートル間隔で3ヵ所、予告標識が設置されていました。公安委員会が設置したものではなさそうです。

一時停止の予告看板は珍しい気がします。見通しが悪いわけでは決してありません。


a0332275_16142655.jpg

▲右折用のくぼみ

交差点にはこのような窪みが新設されていました。

原付二段階右折の必要な丁字路で見かけるものですが、交差点の規模的に原付の二段階右折は必要ないので、自転車用でしょうか?

a0332275_16164906.jpg

▲道路照明

新道に設置された照明は「消えないまちだ君」が採用されています。停電時でも蓄電池により点灯できるものです。なお、照明にはLEDが採用されています。


廃道
a0332275_16212139.jpg

▲案内看板

新道の開通と同日、旧グランベリーモール西側道路が廃止されました。

現時点では歩行者は通ることができました。


a0332275_16230417.jpg

▲南側交差点

南側交差点から先で廃止になっています。この間の数十メートルは行き止まりとなりました。

行き止まりいってしまい、引き返している車がありました。係員がこの先にいるのですが、もうすこし手前に立っていた方がいい気がします。

a0332275_16261509.jpg

▲廃道南側

車道は完全に廃止され、写真右側(東側)の歩道のみ開放されています。なお、将来は自転車・歩行者用道路が左側にできるようです。


a0332275_16295067.jpg

▲廃道北側

北側にもバリケードが設けられています。


a0332275_16315652.jpg

▲南町田駅西交差点

ここの交差点は廃道に伴い、丁字路が直線化され、横断用信号機として転用されていました。


廃道に伴い通り抜け解除
a0332275_16342977.jpg

▲市道南1622号線

廃道にり行き止まり化した道路と市道南1622号線との通り抜けはできなくなりました。


道路愛称決定
a0332275_16414443.png

南町田駅周辺道路に道路愛称が設定されました。

鶴間公園を通り抜ける道路が「鶴間パークウォーク」、外周道路が「南町田グランベリーウォーク」です。横文字ばかりですね。

いかにも「東急」らしい街になりそうな感じです。ちなみに、南町田駅も改称を検討しているとか。

比較

撮影機材が変わったため、同じように撮影できていません。

a0332275_16471577.jpg

新道西側交差点。もう同じ場所とは思えません。

a0332275_16480713.jpg

道路途中。左側に少し見える電柱が目印。

a0332275_16485273.jpg

左側に道路が開通しています。

a0332275_16485217.jpg

道路が廃止され、丁字路ではなくなりました。


非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2018-06-25 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(0)

[京王線連立]代田橋駅 現況2018.6

今回は代田橋駅です。

笹塚駅と明大前駅の中間にある、各駅停車しか停車しない小さな駅です。

a0332275_00575167.jpg

▲南口

代田橋駅の南口と北口は地下道で結ばれ、地下道に改札があります。昔の京王線によくあった形式の駅です。

写真は南口で、階段のほかエレベータも設置されています。

南口駅前には「栄光会」という小さな商店街があります。賑やかだという印象はあまりありませんでした。

a0332275_01041848.jpg

▲北口

駅北側にも同様に出入口があります。そこから甲州街道20にむけて商店街がありました。

なかには道幅が非常に狭い場所もあっていい趣きがあります。

代田橋駅周辺もまちづくりの検討が行われているようで、今後どうなっていくのか、気になるものです。

a0332275_01091201.jpg

▲改札口

改札機は5通路。

地下に改札がある駅は「京王らしさ」があるように感じます。


a0332275_01123859.jpg

▲ホームの階段付近

改札口への階段はホームの八王子寄りにあります。


a0332275_01155994.jpg

▲付近の踏切から見たホーム

ホームは相対式の2面2線で、ほぼ直線状でした。

京王線に複々線化のやる気があるのかわかりませんが、仮に複々線化した場合、この駅付近で増線分が地下に潜りはじめることになります。


a0332275_01283198.jpg

▲ホーム

こんな感じのホームで新宿側には屋根がありません。

ちなみにホームの中ほどで玉川上水を飛び越えています。写真でも路盤が一部変わっている場所がありますね。


a0332275_01313383.jpg

▲新宿方面

手前の環七通り318を越えて、奥には隣の笹塚駅が見えます。

笹塚駅との間で若干窪んでいるのは笹塚駅がかつて平面駅だった名残でしょうか?



非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2018-06-23 00:00 | 京王線連続立体交差事業 | Comments(0)

保土ヶ谷BP町田立体→横浜町田IC 工事進捗2018.6

保土ヶ谷バイパス16(相模原方面)から東名高速道路E1横浜町田ICに至るランプの進捗を見てきました。

a0332275_23173384.png

保土ヶ谷バイパス16を延伸し、246を越える部分『町田立体』(保土ヶ谷バイパスⅡ期)は2016年4月24日に供用開始されています。

この事業区間は上の図の濃い赤色で示した部分で、既に2018年度中に供用開始されることが発表されています。

町田立体
a0332275_00441937.jpg

▲町田立体の西側南町田北交差点からの眺め

中央の道路が「保土ヶ谷バイパス16町田立体です。2016年4月24日に供用開始されました。

左側の横浜方面車線を見ると、「東名高速」の文字は下道を指しています。まだ立体側にランプが完成していないためです。

右側の相模原方面車線は信号機による合流制御が行われています。

このあたり「大和バイパス」という名称があるようで地図にも書いてありますが、現地でほとんど案内されていないので浸透度はよくわかりません。

a0332275_00441974.jpg

▲東名入口交差点手前

東名入口交差点では246と交差します。

この付近の246は1989年に鶴間高架橋とともに新道が開通しました。旧道は現在、市道に降格しています。

町田立体はその鶴間高架橋をさらに飛び越える形でダブルオーバーパスしています。

もともと交通量が多く渋滞が多かったイメージのこの付近ですが、非常にスムーズに流れていました。交通量が多いのはかわりないので、歩行者はちょっと怖いです。

a0332275_00441223.jpg

▲246側から見た立体

立体を越える立体…ということで迫力がありますね。

橋の高さは20mを超えるそうですから、6階建ての建物と同じくらいの高さでしょうか。

本当は道路の上から撮影できればいいのですが、通る機会がなさそうです。

立体→東名ランプ
a0332275_00334456.jpg

▲橋脚など

高架の立体から分岐し、東名E1方向に伸びていきます。

既に橋梁、橋桁の施工は完了しているように見えました。


a0332275_00441813.jpg

▲上部など

右側。ランプの舗装などはまだ行われていないようです。

比較的急カーブが多い横浜町田ICですが、ここもそれなりのカーブなので気を付けた方がよさそうです。


a0332275_00441222.jpg

▲料金所

大きな料金所です。左側の赤白の置物の場所に合流することになります。


東名→立体ランプ
a0332275_00441211.jpg

▲工事中のランプ

このランプは渦巻き部分から外側に分岐し、立体方面に合流する形です。

写真は右奥が渦巻き部分、左側が立体方面です。この付近だけがまだ繋がっていないようで、鋭意工事中という状態でした。


a0332275_00441359.jpg

▲立体方面へ

徐々に高度を上げて町田立体に合流していきます。


その他
a0332275_00441251.jpg

▲立体下

上の地図では見やすくするために立体部と平面部を重ねて書いていませんが、実際にはこのように重なっています。

歩道などはまだ荒れた状態です。おそらく整備されるのでしょう。

長いこと工事をしていた印象ですが、いよいよ完成となります。南町田駅周辺の再整備もなされ、この付近随分と変わりました。

a0332275_00441809.jpg

▲銘板

国土交通省関東地方整備局が発注する一部工事では、このような銘板が設置されています。

特徴としては、東京都の銘板などと比べると大きく記載内容も豊富で、管理技術者氏名なども書かれています。

これは「技術者の担い手確保」などを目的にしているもので、関東地方整備局では2018年6月1日以降発注する工事で記載内容を拡大することが発表されています。

余談ですが、東京都が発注する工事も今年度は「週休2日制試行工事」としたり、一部で「建設業に魅力発進モデル工事」として現場見学会を行ったり、土木工事環境も変わりつつあるようです。


非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2018-06-21 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(2)

[京王線連立]明大前駅 現況2018.6

今回は明大前駅です。人が多く撮影が難しく、撮影できない個所もありました。どうやって記録すべきだろうか。

今後のまちづくりの変化の記録の為に撮影しています。現在はまだ大きな工事は行われていません。

a0332275_23082221.jpg

▲駅舎

明大前駅京王線京王井の頭線が交わる駅です。京王線は京王ライナー以外の全ての列車が停車し、井の頭線は全ての列車が停車します。

改札口は明大前駅の北西側にあります。駅舎ともに古そうな感じがします。

これとは別に「フランテ口」という、商業施設に直結した出口専用改札が井の頭線ホーム側にあります。

今回は井の頭線ホーム側は撮影していません。

a0332275_23120531.jpg

▲駅舎の北側

駅の北側には、甲州街道20から補助154号線が伸びていて、駅の手前まで供用されています。

この道路はこの先線路の南側まで事業中で、線路が高架化したら道路も開通することでしょう。


a0332275_23153064.jpg

▲京王線ホーム

京王線ホームは2面2線相対式です。2両程度の互い違いで配置されています。

ほとんどの列車が停車するものの、2面2線しかなく暫し列車が渋滞します。ホームも狭く危険な駅です。

高架化後は2面4線に増強されるようです。

最近になってホームの一部に固定柵が設置されました。

a0332275_23184340.jpg

▲1番線(下りホーム)から新宿方面を見る

無理やりホームを伸ばしてきたんですかね。八王子側もホームがかなり狭くなっています。

京王線の社史なんかを読むと、これまでのホームの延長の苦労も見られます。もう…伸ばすことはないでしょうね。


a0332275_23241627.jpg

▲ホーム中ほど

真昼間であっても人が多い駅ですね。


中見が少ない記事ですみません。

駅南側については、「下高井戸駅~明大前駅間」の記事で書いています。


非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2018-06-19 00:00 | 京王線連続立体交差事業 | Comments(0)

東京山手急行電鉄の痕跡と言われる橋梁を見に行った

ずっと気になっていた「東京山手急行電鉄」の痕跡と言われているものを見に行きました。

「東京山手急行電鉄・・・?なんじゃそりゃ」ということですが、それはあとで。

a0332275_00344285.jpg

京王線・京王井の頭線の明大前駅から京王井の頭線に沿って吉祥寺方面へ向かうと見えてきます。写真は甲州街道20から撮影しました。

これは玉川上水京王井の頭線を越える橋梁です。


a0332275_00485268.jpg

もう少し進んで、反対側から見てみました。

玉川上水は現在は鋼管となっているようで、それと並行して遊歩道も京王井の頭線を越えていきます。

橋をよく見ると橋脚が5本あって、4つの隙間があることがわかります。その隙間のうち2つを京王井の頭線が通っています。

左側2つの隙間は線路がありません。これが東京山手急行電鉄の痕跡であると言われています。

a0332275_01044703.jpg

▲二子玉川にある東京都公文書館で見てきた資料

東京山手急行電鉄は、現在の山手線の更に外側に計画された環状の私鉄でした。

その後、現在の京王井の頭線を計画していた会社を合併したり色々あったようですが、東京山手急行電鉄の計画は金銭的に破たんしたそうです。現在の京王井の頭線はその後開通しています。

東京山手急行電鉄は大井町~自由が丘~梅ヶ丘~明大前~中野~・・・~洲崎町で計画され、明大前では現在の京王井の頭線・京王線と接続する計画だったそうです。

注1:東京都公文書館は2019年度に西国分寺に移転予定。
注2:上の図面は当初の計画でルートが若干異なり、代田橋駅付近と交差する計画だったようである。
注3:駅名、鉄道名は現在のもので当時の名称は異なる場合がある。

a0332275_01263738.jpg

▲同様に資料

これは「渋谷吉祥寺間工事方法1部変更【京王軌道橋梁下・玉川上水水路橋下甲州街道跨線道路橋下電気工作取付構造図】帝都電鉄(株)」という件名で公開されている資料の抜粋です。

現在の京王井の頭線を建設する時のものだそうで、図面は玉川上水交叉跨線水路橋設計図です。ただ、現在の橋梁とは形が違ったりしていて、この後で計画が変更されたのか、何か別の橋なのか、よくわからないので、言及せず資料だけここに置いておくことにします。図がざらついているのはもともとです。

a0332275_01362658.jpg

これは現在の京王井の頭線の松澤停車場設計平面図です。現在の明大前駅のことです。

ホームが2面4線で、東京山手急行電鉄と現在の京王井の頭線が相互に乗り換えられる計画だったようです。

a0332275_01511738.jpg

少し待っていると電車がやってきました。

さっきから「だそうです」「ようです」「言われている」と濁して書いていますが、資料と調べが足りず断定していいのかわからないからです。すみません。


a0332275_02000989.jpg

吉祥寺方面を見てみると、京王井の頭線は掘割を抜けて永福の方へ行きます。

東京山手急行電鉄はここを右の方へ伸びる計画だったのでしょう。


a0332275_02032218.jpg

▲甲州街道から明大前駅を眺める

明大前駅を見ると、いまは両側に建物が並び4線の用地はありません。車両の長編成化や駅施設の拡張の影響もあったのかもしれません。

上の図面を今の地図に重ねてみると、線路の位置が若干違うようで、これも謎要素です。計画変更されたのか、ずれているのか。?

ちなみに下の折り返し用の線路は緊急時対応などのため最近できたものです。

ちょっとブログを書こうといろいろ調べたら、思いのほか深い沼だったのでこれくらいにしておきます。調べたらきりがなさそうです。中途半端な記事ですみません。

おまけ

以前の記事で京王線(仙川駅~調布駅)の旧線を探索したことを書きました。

その時資料をあさっていたら見つけたものが下のこれ。

a0332275_02152843.jpg

『京帝たより』という京王帝都電鉄(現在の京王電鉄 1998年改称)の広報紙1956年3月1日付です。

東京の鉄道計画・未成線を少し調べたことがある方ならご存知かもしれませんが、京王はかつていくつかの鉄道線を計画していました。結局それらもできなかったわけですが、これほど大きく広報していたとは驚きです。

立川線」は今の東八道路などとほぼ並行するようなルートですかね。東京山手急行電鉄線といい、いまあったら便利な鉄道かもしれません。客の争奪は激しくなりそうだけど。


非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2018-06-17 00:00 | 鉄道 | Comments(0)

[京王線連立]下高井戸駅 現況2018.6

鉄道ネタが続いていますが、これはこれからのまちづくりの記録のための記事です。

駅舎
a0332275_22535432.jpg

▲下高井戸駅 駅舎

京王線の下高井戸駅は橋上駅舎です。1993年に橋上化したようです。

東急世田谷線との接続駅ですが、東急世田谷線は地上駅舎です。下の方で記述します。

改札外には京王系の書店「啓文堂」や「ローソン」などが出店しています。

a0332275_22592924.jpg

▲改札口

改札機は6通路あります。東急世田谷線との乗り換え専用改札はないので、京王線のこの駅を利用するすべての人はこの改札口を通ります。


a0332275_23020407.jpg

▲改札内

改札内に入ると正面にキオスク型の売店があり、左右に分かれて上下線ホームに降りていく形になります。

この売店、平日のラッシュ時間帯しか営業していないようです。

高架化後は現在の線路の真上に駅ができるようです。こうなると現在の駅舎の位置とバッティングしそうな気がしますが、どうなるのか、どういう手順で施工するのか、気になるところです。

ホーム
a0332275_23080932.jpg

▲八王子寄りから新宿方面を見る

下高井戸駅はカーブに位置しています。見通しが悪いため、下り線(写真右側)はホーム監視員の小屋があります。


a0332275_23115443.jpg

▲電車とホームの隙間

カーブのため、電車とホームの間が大きく開いています。京王ってこういう駅多い気がします。


a0332275_23185633.jpg

▲新宿方面

隣の明大駅に停まっている電車が小さく見えます。

ホームの新宿側には屋根がないんですね。


そのほか
a0332275_23224450.jpg

▲駅舎から八王子方面

橋上駅舎から八王子方面を見てみました。

下に見えるのは下高井戸1号踏切です。この駅舎ができるまで京王で一番最後まで警手がいる踏切でした。

高架化したらこの目線あたりに線路が来るんだと思います。将来の車窓を想像したりしています・・・が、そのころには線路沿いのまちの姿も変わっているのでしょうね。

a0332275_23291169.jpg

▲下高井戸1号踏切

以前の記事でも紹介しました。正面の下高井戸駅前市場が何とも言えない町の趣を出しています。


a0332275_23322085.jpg

▲東急世田谷線

東急世田谷線の駅は踏切から脇に入った場所にあります。京王線の駅舎の下といったところ。

看板のところを右に入ると改札があり、フラットにホームに繋がります。正面もホームですがここからは乗れません。

工事でどういった影響があるのか気になるところではあります。

a0332275_23372347.jpg

▲京王線ホームから見た世田谷線

壁を隔てて世田谷線が見えます。壁を乗り越えたら早そうですが、そんなことはできませんので、わざわざ階段を上って京王線の改札を通り、また階段を下りて世田谷線の改札を通る必要があります。

私の適当な予想ですが、高架化したら京王線の改札口は高架下にできて、乗り換えが楽になるのではないかなと思います。


非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2018-06-15 00:00 | 京王線連続立体交差事業 | Comments(0)

京王よみうりランド駅のリニューアルが概ね完了

2016年の終わりごろから行われていた京王よみうりランド駅リニューアル工事がおおむね完了していました。

a0332275_22265528.jpg

▲2014年撮影の改札口

高架駅で、高架の下に改札口がある駅です。

よみうりランドの最寄駅ですが、駅利用者数はそれほど多くはありません。改修は前はこのように質素な感じがしました。

このときは左側に券売機・窓口がありました。


a0332275_22333873.jpg

▲リニューアルされた改札口

リニューアルで改札口並びの駅事務所などが取り壊され、改札口は少し前進、右側に窓口と券売機が設置されました。

券売機は2機のみ設置されています。もう1機設置できるようなスペースがあります。

a0332275_22373201.jpg

▲新しく設置されたひさし

駅前には大きな庇が設置されました。

私の偏見ですが、このタイプの庇は「リニューアルしたい、でもお金を掛けたくない」という駅に多いという印象です。相武台下駅とか。


a0332275_22423308.jpg

▲改札前

改札前はアスファルト舗装からブロック舗装に変更されました。


a0332275_22440531.jpg

▲以前券売機や駅事務所があった付近

改札口の北側には駅事務所や券売機がありましたが、完全に撤去されていました。

ちなみに、左側の土木構造物は高架の一部ですが、なにやらこちら側に伸びてきそうな感じがしますね?これはかつてこの駅を4線化できるように準備されていたものだそうです。よく見えるようになっています。新宿側のホーム延伸などもあって現在は4線化は無理でしょう。

a0332275_22491456.jpg

▲改札内

リニューアル前は改札口を入るとすぐに数段の階段・スロープを上がり、そこで上下線2手に分かれるという構造でした。

リニューアル後は、改札すぐの階段・スロープが撤去されフラットになっています。正面のトイレも改修されました。

今年の5月にはよみうりランドのキャラクター装飾が行われました。

a0332275_22491418.jpg

▲エレベータ

エレベータも改修され、位置が若干橋本方面に移設されました。以前のエレベータは暗く、ちょっと怖い挙動をするものでしたが、新しくガラス張りできれいになっています。乗車定員も若干増えています。


a0332275_22491569.jpg

▲ホーム

ホームはほとんど手を加えられないようです。電車とホームの段差が大きいので解消して欲しかったものですが。



非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2018-06-13 00:00 | 鉄道 | Comments(0)

[京王線連立]桜上水駅 現況2018.6

a0332275_16012570.png

今回は桜上水駅です。

桜上水駅は電車の車庫も有する駅です。2018年現在、急行区間急行快速各駅停車が停車します。

停車する列車本数のわりに乗降者数はそれほど多くなく、八幡山駅下高井戸駅よりも少なく、国領駅と同等程度です。歴史的経緯や車庫の有無、乗務区があることも関係しているのかもしれません。

東側の「補助第133号線」はいわゆる第4次事業化計画優先整備路線に選定されています。まだ着手されてはいないようです。

a0332275_16130219.jpg

▲北口

桜上水駅は橋上駅舎で、自由通路で線路を南北に移動することができます。

2008年までは地下通路によってホームを結んでいた駅でしたが、橋上化されたようです。橋上駅舎にはエスカレータやエレベータが設置されています。

左側の建物は京王系のスーパー「キッチンコート」です。

世田谷区の駅周辺の整備計画では、この付近に広場を構想しているようです。

a0332275_18434244.jpg

▲北口、京王の敷地

広い敷地が広がっています。かつては住宅展示場などがあったようです。


a0332275_16231437.jpg

▲南口

南口は市道を横断した場所に昇降口があり、こちらにもエスカレータ、エレベータが設置されています。特にエスカレータと階段は踊り場で折り返すような、コンパクトなつくりです。


a0332275_18132035.jpg

▲コンコース

駅舎に上がって、改札の前です。改札の前には京王系の書店「啓文堂」などが出店していました。

Wikipediaの桜上水駅のページには

連続立体交差事業により、当駅も2面4線の高架駅になる予定で、既に駅周辺の用地確保も進み、現在の橋上駅舎もそれを見通した造りになっている。
Wikipediaー桜上水駅
と書かれています。どのあたりが見通した造りなのか気になっていましたが、確かにちょっと簡素なつくりに見えます。

この駅舎は完成から10年~20年ほどで取り壊しとなってしまうのでしょう。

a0332275_18203246.jpg

▲改札口

こちらが改札口です。右側にはドアで仕切られた有人改札があります。このタイプの有人改札は京王ではあまりない気がします。


a0332275_18241899.jpg

▲橋上駅舎から見た駅ホーム

桜上水駅2面4線の駅です。かなり前からこの造りのようです。

写真右側には電車の車庫があります。かつては工場などもあったらしいですが、若葉台の完成に伴い移転したそうで、当時の用地は現在は多くが空き地になっているようです。

高架化にあたっては車庫も高架化するようです。

a0332275_18284186.jpg

▲新宿駅側1番2番線から見たホーム

各ホーム幅員は狭い印象を受けます。編成が長くなるにつれてしかたなくそうなったのかもしれません。


a0332275_18343354.jpg

▲ホーム中ほど

各ホームにはエスカレータ上り・下り、階段、エレベータが設置されています。

上り線ホームは朝ラッシュ時間帯には2つの線路を交互に発車する方式がとられていたりします。
交互に発車しても接続は基本しないのでドアを開けるタイミングをずらしたりしている様子を朝の時間帯はよく見かけます。
a0332275_18383255.jpg

▲ホーム新宿側先端

ホームに隣接して踏切があります。下高井戸5号踏切です。踏切横断長が長いこと、駅に隣接していること、列車が多いことなどから、遮断時間は長いようです。

新宿側にも車庫の入換線や、車庫があります。日中は止まっているのを見かけることはほとんどありません。

以上。


非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2018-06-11 00:00 | 京王線連続立体交差事業 | Comments(0)


「まち」の変化を追っていきます


by yunomi-chawan

プロフィールを見る
通知を受け取る

メモ帳

2015年にブログを移転しました。一部リンクが前のブログに飛びます。
まとめサイトを含む多種サイト、SNS等への画像の無断使用と引用を禁止します。
コメントについて 非公開コメントへの返信は基本的に行っておりません。
以前のブログ
YouTube
役所メシ
↑2018/09/28更新
東京都の都市計画道路
神奈川県の都市計画道路
埼玉県の都市計画道路
京王線連続立体交差事業

カテゴリ

全体
ブログ
鉄道
鉄塔
散策
地域
道路計画や開通など
京王線連続立体交差事業
行き止まりシリーズ
未分類

最新の記事

鉄道総研の廃線を6年ぶりに訪..
at 2018-10-16 00:00
鉄道総研の公開「平兵衛まつり..
at 2018-10-15 00:00
東村山3・4・5号久留米東村..
at 2018-10-14 00:00
東久留米市柳窪付近の「東村山..
at 2018-10-13 00:00
町田市山崎町の未成道―宅地の..
at 2018-10-12 00:00
10月10日より関戸橋「仮橋..
at 2018-10-11 00:00
津久井道(世田谷町田線)の片..
at 2018-10-09 00:00
南町田駅周辺で信号機新設・一..
at 2018-10-08 00:00
関戸橋は10日に最初の切り替..
at 2018-10-07 00:00
警察多い!信号の複雑な多摩市..
at 2018-10-06 00:00

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月

最新のコメント

新小金井街道経由とかでも..
by yunomi-chawan1 at 23:19
この道が完成したら便利そ..
by shibainu0219 at 11:22
モノレールは(通称)新町..
by yunomi-chawan1 at 23:00
モノレール整備が悲願なの..
by コルポ at 18:54
そうなんですね。 JR..
by yunomi-chawan1 at 22:25
件の広い用地は多摩青果市..
by ななし at 18:57

検索

記事ランキング

タグ

(41)
(26)
(24)
(21)
(20)
(17)
(17)
(15)
(14)
(14)
(12)
(12)
(11)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)