<   2017年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません

2018年1月14日拡幅 国道16号八王子拡幅 進捗状況2017.12

国道16号東京環状 八王子市内で行われている拡幅事業「八王子拡幅」が、2018年1月14日16:30頃に拡幅されるということで様子を見てきました。行ったのは12月28日。

a0332275_15031543.png
八王子拡幅国道16号東京環状八王子市左入町~中野上町までの約2.7kmで行われている道路の拡幅事業です。今拡幅区間は八王子市中野山王付近の稲荷坂交差点中央道跨道橋間の約0.4kmで、左入町側・中野上町側の区域では既に拡幅が完了されているため、今拡幅により八王子拡幅の全線で4車線化することになります。

a0332275_15214968.jpg

▲既に拡幅された南側

川口川橋交差点稲荷坂交差点までの約0.6kmの区間は2017年(平成29年)3月25日に4車線に拡幅されています。歩道などは簡易舗装だと思われ、今後本舗装が行われるのではないかと思います。


a0332275_15285182.jpg

▲稲荷坂交差点から北を見る

稲荷坂交差点から北側約0.4kmが今拡幅区間となります。来月の拡幅に向けて現在工事が行われていました。拡幅部分は車道舗装も行われていない感じでした。


a0332275_15313634.jpg

▲稲荷坂交差点の北側

交差点名が「稲荷坂」であるように、この付近は小さな峠になっています。道路は切通しを拡幅する形で、道路の両側にはコンクリートの壁が出現していました。

写真右側に見切れている脇道は国道16号線の旧道で、うかい亭やひよどり山中学校に繋がる道路です(市道842号)。この道路と国道16号との交差部は中央分離帯ができてしまうため、国道16号線の東側(八王子駅方面行車線)には副道を設けることになっています。

a0332275_15511551.png
a0332275_15441549.jpg

▲稲荷坂の頂上付近

この付近が稲荷坂の頂上付近です。ネット検索していると拡幅前の写真がでてきましたが、かなり景色が変化しているようですね。


a0332275_15463959.jpg

▲副道の交差点ができると思われる場所

先に説明した副道への交差点ができると思われる場所です。

案内標識が設置されていますが、高速道路のナンバリングに対応していました。


a0332275_15490024.jpg

▲拡幅区間の北端(南向きに撮影)

中央自動車道の跨道橋の南側で拡幅区間が終了します。


a0332275_15490136.jpg

▲既に拡幅された左入町側

ここから北側、八王子インター左入町側は既に拡幅されています。左入橋付近にはイオンモールができる話がありましたがまだできてませんね、どうなるんですかね。

この国道16号八王子バイパスが無料化され、橋本~左入橋の現道が国道から格下げされる計画もあります。この拡幅も完了に向かっており、この話も進んでいくのでしょうか。


非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2017-12-31 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(2)

神奈川県道・都道137号線 稲城台病院入口の廃道

あることは知っていたものの、近いし、いずれ…と思っていた廃道を見てきた。

a0332275_11214266.png

場所は稲城市若葉台川崎市はるひ野の境目。神奈川県道・東京都道137号上麻生蓮光寺線が舞台。

この都県道137号上麻生蓮光寺線は、黒川~柿生の間で区画整理や道路整備事業などによって拡幅が行われ、蛇行していた部分では新道に付け替えられた場所もあり、旧道が少なくない路線でもある。これは過去に記事にした。


a0332275_11214331.png

かつては、この場所で南から西へ道路がカーブしていたのだが、多摩ニュータウン事業により北側から市道ができたため、道路を付け替えて丁字路にした。カーブ部分は廃道となったわけだ。丁字路の名前は稲城台病院入口

a0332275_11563833.jpg

多摩市連光寺から来た都道は、若干左にカーブしたのち稲城台病院入口交差点にぶつかっていく。

廃道は左―カーブ付近で、写真赤矢印の方向に右カーブしていた。ここから見ると草が覆い茂っていて道路の様子は見ることができない。


a0332275_12070779.jpg

廃道と現道の間の三角形の区域は緑地帯となって整備されている。廃道は緑地にはなっておらず、そのまま残されている。廃道になってから時間がたっているので草が覆い茂っている。


a0332275_12100040.jpg

覆い茂った草の中に一部廃道には入れる場所があったので入ってみた。

草の中に廃道のアスファルトが姿を見せていた。センターラインの黄線が見える。アスファルトも大分劣化しているように見えた。道路は大きくカーブしている。道路の両側から草が侵食している。


a0332275_13263384.jpg

廃道は右にカーブしたのち現在の道路に合流する。合流した道路は京王線若葉台検車区裏を下っていく。かなりの急坂だ。


a0332275_13323458.jpg

振り返って見る。左側の草が覆い茂った場所が廃道だ。

この都県道137号線は多摩ニュータウン開発前からある道だ。今となっては川崎街道へ行く抜け道となっている。

この場所のように短い区間で廃道になった場所もあるが、稲城台病院~連光寺の間では多摩ニュータウン事業後もほぼ同じルートで残っている。橋を2つも造って残していることがちょっと不思議になったり。

a0332275_13450482.jpg

若葉台検車区裏の道の途中にはこんな看板が残っている。現在の都県道137号線は右カーブ後稲城台病院入口交差点にぶつかる。

看板の矢印が左カーブなのは廃道が左カーブだった名残だろう。


非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2017-12-30 14:00 | 散策 | Comments(0)

拝島駅近くの回転路がなかなかアツかった

拝島駅から西へ約200mにある道路が気になっていたので見に行ってきた。

a0332275_23551481.png

拝島駅から伸びる道路が国道16号東京環状手前で回転路となっているのだ。

a0332275_14134470.jpg

回転路を北東側から見ている。拝島駅側から来た道路が国道16号に接続するのかと思いきや、その手前で引き返すのみとなっていた。駅前ではないので、駐車スペースなどはない。ただただUターン用の道路だ。

a0332275_14471507.jpg

すぐそこに国道16号の交差点が見えているのに引き返すことしかできないもどかしさもある!?そういえば相模原駅北口にも似たような形状の道路があった。


a0332275_23551459.png

というのも、ここの道路はもともとは国道16号線と接続していた。道路は都道164号拝島停車場線に指定されていた。

a0332275_23551501.png

拝島駅周辺の整備に伴って、2015年(平成27年)12月16日には拝島駅南口~国道16号線の新設道路(昭島3・4・1号江戸街道線)が供用開始された。これにより武蔵野橋南交差点が5差路になってしまうため、都道が回転路になり通行を止めたというわけだ。

福生市議会の議会録には

この交通形態の変更は、国道16号拡幅に伴う昭島都市計画道路3・4・2号及び睦橋通りとの接続にかかわる国土交通省と公安委員会との協議により平成6年度に決定したものでございます。理由といたしましては、交通量の非常に多い5差路となり、危険であるためとのことでございます。
平成27年9月29日 全員協議会

とある。この付近の国道16号線の拡幅計画も平成9年に都市計画変更されているように、20年近く前から計画が練られていたということみたいだ。ちなみに、道路構造令にこんな決まりもある。

道路は、駅前広場等特別の箇所を除き、同一箇所において同一平面で五以上交会させてはならない。
道路構造令 第二十七条

また、新道の開通で都道としての性格がなくなったことから、都道164号拝島停車場線は2016年(平成28年)4月1日付で都道として廃止され、福生市・昭島市の市道に移管された。
なお、福生市の市議会には

都道拝島停車場線(第164号)は、拝島駅周辺の整備に伴い、国道への通行が閉鎖されることにより、幹線道路から地域内道路に性格が変化し、旧道化された道路となることから、昭島市及び福生市にそれぞれ移管されることとなり、現在、東京都と協議を進めております。
平成27年9月29日 全員協議会

とある。

a0332275_15445500.jpg

この図は廃止の告示(2016年 東京都告示第558号)の図。なお、市道移管に当たっては、道路付近が福生市と昭島市の市境があり、管理上の関係でそれぞれ区域外認定した箇所がある。


a0332275_15511868.jpg

新しく開通した道はこんな感じ。南口広場までの区間は開通から既に2年が経っていることもあって、周りの町となじんでいる感じがした。ちなみに南口広場から東側の松原町四丁目交差点までの区間は、2016年(平成28年)3月26日に交通開放された。

a0332275_15562196.jpg

武蔵野橋南交差点から回転路を見るとこのような感じ。現在、年度内に予定されている国道16号東京環状の拡幅に向けて歩道の舗装工事などが行われている。

国道の交通量を見ると5差路にしなくて正解だったなと感じた。道路設計者の考えが色々練られた道路だった。


非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2017-12-29 16:00 | 散策 | Comments(0)

環状5の1号線・明治通り(千駄ヶ谷)進捗状況2017冬

a0332275_14115162.png

渋谷区~新宿区で行われている環状5の1号線(千駄ヶ谷)の道路新設・拡幅の進捗状況を見てきました。

この道路は渋谷区千駄ヶ谷五丁目~新宿区内藤町の間で行われているものです。新宿御苑の西側では新しく道路を新設し、既に完成している区間へと接続します。事業延長は約805m幅員は14~35m

事業区間の南側は、現在開通区間を含めて明治通りと呼ばれています。新規区間は今後何と呼ばれるのかわかりませんが、新宿四丁目などを通過する明治通りのバイパスとしての役割を果たすことになりそうです。

道路の都市計画決定は1946年(昭和21年)3月26日(戦災復興院告示第3号)。今回記事にする千駄ヶ谷区間の南側は1991年(平成3年)1月10日に事業認可(建設省告示第34号)、北側は2006年(平成18年)に事業認可され、現在も工事が行われています。2016年度(平成28年度)末での用地取得率は99%。

ここを見に行ったのは2017年12月13日です。記事公開時には状況が変わっています。(PC版では画像はクリックで拡大表示します。)

a0332275_14231873.jpg

▲工事を知らせる看板

a0332275_14410882.png

新宿御苑の西側の区間は、新宿御苑への配慮などから上下線2層構造になる計画です。既に北側のトンネル本体は完成しているようで、現在は南側の区間のトンネルや掘割の構築が行われているようです。

現場には事業案内所があったのですが、入っていいのかわからず、警報音が鳴るみたいなことも書かれていたので入るのが躊躇われました。


a0332275_14282130.jpg

▲事業区間の南側「鳩森小学校西信号」

鳩森小学校西信号から事業区間が始まります。

この南側の明治通りでも別の事業が行われていて、道路の拡幅が計画されています。それについてはこちら


a0332275_14312723.jpg

▲南側の事業案内

鳩森小学校西信号から新宿御苑手前までの区間は1991年(平成3年)に事業認可を受けています。その先、新宿御苑西側の区間は、平面式から都市計画変更をし現在の計画になり、その後平成18年に事業認可されています。


a0332275_14390894.jpg

▲新宿二丁目方面のトンネルが分岐する付近

現場に掲げられている事業看板などから予想すると、この付近から新宿二丁目方面への道路が分岐するようです。

現在は車道や歩道の形状を変更し工事が行われているようで、仮の路面などもありました。まだ大きな構造物は見えませんでした。

a0332275_22194565.jpg

▲千駄ヶ谷五丁目南信号

千駄ヶ谷五丁目南信号です。現在は信号付きの横断歩道があります。

工事により、道路は2車線に減少していて、車道は西側に寄せられています。今後、この信号箇所にはバリアフリー化した横断歩道橋が設置される予定です。


a0332275_22243587.jpg

▲現場に掲示されていた案内

2017年12月19日にはこの付近の切回しが変更される予定で、南行き車道が東側に寄せられるようです。北行きと南行き車道の間には空間ができるようで、今後トンネルや掘割の建設が行われるのかもしれませんね。


a0332275_22300157.jpg

▲ここから新設区間

計画道路は千駄ヶ谷五丁目交差点の北側から東側にそれ、新設区間へと向かいます。用地は既に確保されているようで、トンネル等の構築工事が行われていました。工事中のため現場には近くからカメラを向けていません。


a0332275_22383684.jpg

▲新規区間の分岐点より南を見る

ビルが道路際まで迫っているのがわかりますね。写真左側の路床は仮設のものになっています。真下に既にトンネルがあるのでしょうか。


a0332275_22583881.jpg

▲北側、甲州街道から南向き

新宿御苑都立新宿高校の間を抜けて、甲州街道の副道と交わります。甲州街道はこの西側でトンネルとなっているため、本線部分とは交差しません。実質的に甲州街道と立体交差となっているとも言えそうです。


a0332275_23093974.jpg

▲仮囲いの間から見えたトンネル

仮囲いの間からトンネルが見えました。その他はあまりよく見えませんでした。


a0332275_23143976.jpg

▲甲州街道から北向き

新設区間から北側は既に交通開放されています。甲州街道新宿二丁目交差点間は事業区間になっている資料と、そうでない資料があり、どちらが正しいのかわかりません。ただ、新設区間が開通する前に中央分離帯や交差点の改良は行われそうですね。

  ☆  ☆

a0332275_23183847.jpg

▲現在の明治通りで渋滞する自動車

新宿五丁目交差点~新宿四丁目交差点では渋滞が発生していました。開通後には軽減できるでしょうか。


非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2017-12-22 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(0)

環状5の1号線・明治通り(北参道)拡幅 進捗状況2017冬

a0332275_00143248.png

渋谷区千駄ヶ谷二丁目~千駄ヶ谷五丁目で行われている環状5の1号線(北参道)の拡幅進捗状況を見てきました。

事業延長は約900mで、2003年(平成15年)3月5日に事業認可されています(関東地方整備局告示第46号)。事業担当は東京都建設局第二建設事務所。

道路幅は27~30mです。事業区間の北側と南側ではそれぞれ別認可の事業が行われています。

a0332275_23255693.jpg

▲事業案内看板

現在ある道路から数メートル拡幅する形です。なお、平成29年度第二建設事務所事業計画によると、用地取得率は95%とのこと。


a0332275_23211742.jpg

▲千駄谷小学校交差点

事業区間の南端となる千駄谷小学校交差点です。ここから北へ向けて約900mが事業区間となります。道路は明治通りとして親しまれています。現在の道路は4車線で、拡幅後も4車線となる計画です。道路の両脇の高い建物は都市計画道路用地の外にあります。

a0332275_23344962.jpg

▲用地確保された土地

都市計画道路の範囲は建築制限があり低層や公開空地だった場所も多かったようです。用地取得箇所は簡易的に舗装され、歩道として供用されている箇所もありました。今後しっかりと整備をしていくものと思われます。


a0332275_23374425.jpg

▲S字カーブする

明治通りはゆったりとS字を描くようにカーブしていきます。この道路の地下には副都心線が通っていて、北参道駅はこの真下にあります。この付近の用地取得範囲は道路東側(写真の右側)のようです。


a0332275_23414852.jpg

▲北参道駅前

用地取得された箇所は簡易舗装で歩道として仮供用されています。見た感じ、4~5m程度の拡幅でしょうか。拡幅後は歩道4.5mを両脇に配置する形が標準となるようです。

この区間では電柱が立っていますが、道路の完成後は電線共同溝を設置し電線類は地中化されるようです。

a0332275_23445010.jpg

▲北参道交差点

北参道交差点で北参道と交差します。上に通っている高架は首都高速4号新宿線です。この交差点では、明治通りを南側から来た車は日中の右折が禁止されています。完成後は右折が可能になるのでしょうか?


a0332275_23500418.jpg

▲JR中央線と交差する

JR中央快速線・中央総武各停線と交差します。かなり古そうな橋ですね。歩道部分が狭いですが、計画上はどうなっているんですかね。ちなみに、この写真の左側には日本共産党の建物があります。


a0332275_23590575.jpg

▲鳩森小学校西信号

事業区間はここで終了します。ここから北は環状5の1号(千駄ヶ谷)へと続いていきます。こちらは目に見えるように工事が進んでいました。同時に見てきたので後で記事にします。



非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2017-12-19 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(0)

補助81号線(都電雑司ヶ谷~向原間) 進捗状況2017冬

東京さくらトラム(都電荒川線)都電雑司ヶ谷停留所向原停留所間で行われている道路の新設事業の進捗状況を見てきました。

東京都市計画道路事業幹線街路補助線街路第81号線(補助81号線)豊島区南池袋二丁目から北区西ケ原一丁目に至る全長約3.6kmの都市計画道路です。都市計画決定は1946年(昭和21年)4月21日(戦災復興院告示第15号)です。

南池袋二丁目~南池袋四丁目間
a0332275_22115335.png
南池袋二丁目南池袋四丁目間は環状5の1号線放射26号線(都道435号線)を結ぶ区間です。南側には東京さくらトラム(都電荒川線)都電雑司ヶ谷停留所があり、北側には東池袋四丁目停留所間があります。

a0332275_22280368.png

事業認可は2005年(平成17年)11月16日(関東地方整備局告示第485号)で、事業延長は約260m、計画幅員はおおむね25mで、中央に東京さくらトラム(都電荒川線)を配置し、両脇に車道と歩道を設けるものとなっています。

管轄は第四建設事務所です。この路線は雑司が谷・南池袋の木造住宅密集地域(木密)に隣接しており、震災時の火災の延焼遮断帯や避難救助の空間ともなるよう東京都の特定整備路線に選定されています。東京都では特定整備路線にかかる関係権利者に対し特別の支援を行い整備を加速することにしています。

資料により計画標準断面の幅員が異なります。

a0332275_23114480.jpg

▲都電雑司ヶ谷停留所から北を見る

この付近から事業区間が始まります。現在は工事は始まっておらず、東京さくらトラム(都電荒川線)の軌道も今まで通りの姿が残されています。


a0332275_23203747.jpg

▲都電雑司ヶ谷停留所の北側から北を見る

この先に見えている首都高速5号池袋線の下にある日出通りの部分で南池袋区間は終わります。その先は東池袋区間が始まります(この記事下に記載)。

事業区間は短いうえに事業認可から10年以上たっていますが、進捗率は低めのように見えます。

a0332275_23382530.jpg

▲事業区間の北側から南を見る

事業区間は日出通りで終了します。東京さくらトラム(都電荒川線)東池袋四丁目停留所は日出通りの南側には三ノ輪橋方面行、北側には早稲田方面行の乗降場があります。写真に写っているのは三ノ輪橋方面行。

ここから見ても分かるように、あまり用地取得は進んでいません。

東池袋四丁目・五丁目
a0332275_00010553.png

補助81号線(東池袋)日出通りから春日通りまでの約610mです。道路幅は25mで、中央に東京さくらトラム(都電荒川線)を配置し、両側に片側1車線の車道を設けるものです。

a0332275_00040478.jpg

事業認可は2005年(平成17年)11月16日です。周辺は木造賃貸住宅が密集している地域で狭隘な道路も多く、道路整備と一体的に沿道街づくりを進めることとしていて、都市整備局第二市街地整備事務所が管轄しています。


東京都都市整備局―東池袋地区
東池袋地区補助81号線沿道まちづくり協議会

a0332275_00182472.jpg

▲事業区間の南端から北を見る

手前の道路は日出通りで、ここから北側が事業区間になります。南側は南池袋区間で、別に事業化しています。

春日通りの北側には東京さくらトラム(都電荒川線)東池袋四丁目停留所の早稲田方面行の乗降場があります。

なお、この写真の左側の約0.3ha区域は2017年(平成29年)10月20日東池袋四丁目2番街区地区市街地再開発組合の設立が認可され、今後「東池袋四丁目2番街区地区第一種市街地再開発事業」(組合施行)が行われることになります。2019年(平成31年)6月に工事に着手し、2022年(平成34年)には竣工しする予定です。市街地再開発事業では232戸の住宅、店舗・事務所、子育て支援施設、駐車場を含めた地上36階地下2階高さ約125メートルの高層ビルが建てられる予定です。事業費は約166億円。

a0332275_00323554.jpg

▲東池袋4-1付近から北を見る

東京さくらトラム(都電荒川線)の両側で用地取得が進んでいました。暫定歩行者通路のようなものもできている区間がありました。


a0332275_00362544.jpg

▲都電がカーブする

この付近では豊島区が施行する補助176号線が接続する予定で、旧造幣局も含めた整備が検討されているようです。

東京さくらトラム(都電荒川線)のカーブする右側にクレーンが見えますが、そこでは東池袋五丁目地区第一種市街地再開発事業(組合施行)が工事中で、地上21階地下1階高さ70メートルのビルが完成する予定です。

a0332275_00495217.jpg

この右側が東池袋五丁目地区第一種市街地再開発事業地ですが、都市計画道路の用地も使って工事が行われているようでした。


a0332275_00514747.jpg

▲坂下通りから北を見る

この付近では東京さくらトラム(都電荒川線)の路盤の改良も行われていました。用地も広々としていて、一番完成が近そうな場所でもありました。


a0332275_01051793.jpg

▲改良された線路

路盤が綺麗になったほか、架線柱もやや茶色がかったデザイン性のあるものが採用されています。2017年4月28日に東京都が都電荒川線東京さくらトラムという愛称をつけましたが、この区間はトラムらしい景観になるかもしれません。

このブログでは東京さくらトラム(都電荒川線)と表記することにしましたが、私個人としてはあまり好みの名前ではありません。浸透するのかなぁ…

a0332275_01115972.jpg

▲向原停留所の南側

用地取得箇所は歩行者通路となっていました。


a0332275_01151758.jpg

▲事業区間の北側

横切る道路は国道254号春日通りです。東京さくらトラム(都電荒川線)向原停留所は春日通りの南側に三ノ輪橋行、北側に早稲田行の乗降場があります。見える停留所は三ノ輪橋行乗降場。

今後道路だけでなく、沿道のまちづくりも進んでいくこの地区。数年後にはまた景色が変わっているのでしょうかね。


非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2017-12-15 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(0)

環状5の1号線(雑司ヶ谷) 進捗状況2017

a0332275_21565413.png

東京都市計画道路事業幹線街路第5の1号線渋谷区広尾五丁目から北区滝野川二丁目に至る全長14kmの都市計画道路です。1946年(昭和21年)3月26日に都市計画決定されました(戦災復興院告示第3号)。今回記事にするのはこのうち豊島区髙田三丁目~南池袋二丁目に至る全長約1400mの区間です。

a0332275_21565279.png

道路は地下式(トンネル構造)・立体交差往復2車線と、地表式平面交差往復2車線が建設される予定で、地表式の道路の中央には東京さくらトラム(都電荒川線)が配置される計画です。道路幅は30~40mです。

工事の管轄は第四建設事務所です。

1998年(平成10年)7月10日に当初事業認可され用地取得に着手し、暫定道路の整備に係る用地については2010年度(平成22年度)に取得が完了しています。(地下に存在する副都心線の着工は2001年(平成13年)。)

2011年(平成23年)4月4日に該当区間のうち約995mの区間が従来の平面4車線幅30~35mの計画から、現在の計画に都市計画変更されています(東京都告示第656号)。

2012年度(平成24年度)から地下道路整備に必要な用地取得を進め、2016年度(平成28年度)末時点での用地取得率は66%です。

工事については2002年度(平成14年度)から埋蔵文化財調査に着手しています。その後、2006年度(平成18年度)から沿道の利便性を図るため順次暫定整備を開始し、2012年(平成24年)9月に完了しています。

東京都交通局に委託したトンネル工事(2工区)は2012年度(平成24年度)から着手、学習院側の擁壁工事は2013年度(平成25年度)から実施、3工区のトンネル工事は2015年度(平成25年度)から着手しています。

a0332275_21565372.png

地下部の道路は開削方式により建設が行われていますが、地下には東京メトロ副都心線、地上には東京さくらトラム(都電荒川線)が走っており、また下水道もあるなど大規模な工事が行われています。

a0332275_23280060.jpg

▲3工区にあった看板

工事は1~3工区に分けて行われていて、この写真は3工区に掲げられていたものです。看板にもある通り、この事業は東京都建設局第四建設事務所の所管で、2工区については東京さくらトラム(都電荒川線)があるため東京都交通局に委託されているようです。


a0332275_23304844.jpg

▲3工区にあった英語の看板

すべて英語で書かれた事業案内看板もありました。需要有るのかな……?

☆ THE KAN 5-1 AREA 3 ☆
(KAN GO NO ICHI 3 KOUKU)
BUILD THE CAPITAL WAY
"THE KAN5-1" is KANJOU line (Belt line). This Project is very important constraction project of tokyo. The Kan5-1 is main capital way. This project has build the underground tunnel, U type retaining wall and L type retaining wall.
(大文字小文字そのまま)

とてもさっぱりとした説明です。


a0332275_21565378.png

それでは工事の進捗を南側から順に見ていきます。

a0332275_23501907.jpg

▲事業区間南端

神田川の北側のあたりが事業の南端のようです。この道路は明治通りとして親しまれていて、都道305号として東京都が管理しています。

この付近の道路は平面4車線で、中央分離帯は設置されていません。道路の東側には東京さくらトラム(都電荒川線)が走っていますが、軌道は独立した形が取られています。都市計画道路の範囲は都電の部分も含まれます。道路・都電ともに北へ向かって上り坂が続きます。

この付近は道路の大きな改変は行われないのではないかなと思います。

a0332275_23460981.jpg

▲学習院下停留所の横

東京さくらトラム(都電荒川線)学習院下停留所の横にある横断歩道から北に向かって撮影したものです。右端に見切れているのが停留所です。

この付近から地下式道路が道路中央から分岐していくようです。しばらく掘割が続いた後、トンネルとなり分岐します。

左側は拡幅工事が行われています。擁壁などはほとんど完成しているように見えます。擁壁の左側には学習院と区立千登世橋中学校があります。ちなみに、拡幅箇所が2011年の都市計画変更で都市計画道路区域に編入された部分です。

正直、もう少し工事が進んでいるのかと思っていましたが、この場所ではトンネル・掘割の構造物さえ見えずどうしたものかと思いました。

a0332275_00045487.jpg

▲千登世橋

明治通りを北へ進むと目白通りと立体交差します。目白通りには千登世橋が設けられ、その下を明治通りがくぐるようになっています。この橋は1932年(昭和7年)に竣工した歴史ある陸橋で、その姿の美しさは現在もなお引き継がれていますね。


a0332275_00121811.jpg

▲千登世橋付近の道路構造

明治通りは千登世橋をくぐった後、池袋駅方面へ進みます。この先の都市計画道路は補助171号線となり、環状5の1号線の工事範囲から外れていきます。

立体交差した明治通り目白通りは連絡道路で結ばれています。

a0332275_00171553.jpg

▲目白通りから環状5の1号線を北向きに見る

環状5の1号線地上部東京さくらトラム(都電荒川線)を挟むようにして、目白通りから降りていくようです。

地下部は東池袋付近までトンネルが続きます。

現在、東京さくらトラム(都電荒川線)はトンネル工事に伴って仮設の路盤となっている箇所があります。

a0332275_00244898.jpg

▲鬼子母神前停留所付近

中央奥に見える屋根が鬼子母神前停留所です。この停留所はかつては互い違いにホームがあった記憶ですが、工事に伴って対面式になっています。

現在、地上部は暫定的に交通開放されていますが、住宅地内の交通がほとんどで交通量はほとんどありません。

a0332275_00430214.png
a0332275_00342275.jpg

▲鬼子母神前停留所の踏切から北向き

見てのとおり線路がグネグネとしています。結構高低差のある土地なんですね。


a0332275_00361832.jpg

▲雑司ヶ谷大鳥神社前から北向き

ずっと工事区間が続きます。トンネルの建設の進捗がどんなものなのか気になりますが、地上からはわかりません。

この付近は木造住宅密集地域(木密・もくみつ)でもあり、こうした幅の広い道路は災害時の火災の延焼遮断帯ともなりえます。(この都市計画道路は特定整備路線ではありません)

a0332275_13335347.png

▲断面図(パンフレットを参考に作成)


a0332275_00423291.jpg

▲北東向きに補助81号線が分岐する

都電雑司ヶ谷停留所付近から北東向きに補助81号線が分岐します。補助81号線も東池袋四丁目停留所・向原停留所に向けて事業中です。なお、補助81号線のうちここから東池袋四丁目停留所までの区間は特定整備路線に指定されています。

環状5の1号線はやや西方向に向きを変え、豊島区役所東池袋交差点方面へと進みます。

a0332275_00481641.jpg

▲豊島区役所の南側

補助81号線を分岐後、トンネルだった地下部が再び姿を現す計画のようです。

写真の左側の大きな建物が豊島区役所が入る高層ビルです。この付近でも大きな工事が行われていました。


a0332275_00573303.jpg

▲豊島区役所の前

やがて環状5の1号線東池袋交差点グリーン大通りと交差します。交差点上部には首都高速5号池袋線が走っています。


a0332275_00573263.jpg

▲東池袋交差点より事業区間を見る

東池袋交差点の分離帯にある歩行者通路から撮影しています。道路の範囲が開けているのがわかります。

建設事務所の資料などを見ると、東池袋交差点は道路開通後はやや複雑な交差点になるようで、どうなっていくのかも今後注目ですね。そういえば池袋にLRT何て構想もあった気がしますがどうなったのやら。

環状5の1号線を全体的に見ると、交通開放までにはもう少し時間がかかりそうな感じです。地下部の進捗がどうなっているのか気になります。


非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2017-12-12 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(0)

補助第74号線(諏訪通り)高田馬場 進捗状況2017冬

新宿区高田馬場四丁目~大久保三丁目で行われている、東京都市計画道路事業幹線街路補助線街路第74号線補助第74号線)「諏訪通り」の工事進捗状況を見てきました。

a0332275_22265531.png

補助第74号線は日本武道館付近の靖国通りから井草八幡宮付近の青梅街道付近を結ぶ都市計画道路です。このうち、高田馬場駅付近の高田馬場四丁目地内~大久保三丁目地内で工事が行われています。

a0332275_20452291.png

幅6mの道路を幅28mにし、山手線・山手貨物線・西武新宿線をアンダーパスで立体交差します。側道部と本線部に分けられ、どちらも鉄道とは立体交差しますが、本線は鉄道東側で他の道路と立体交差します。事業延長は約650m、事業認可は1993年(平成5年)4月14日(建設省告示第1198号)。1994年(平成6年)より鉄道西側から用地取得に着手していて、2016年度末(平成28年度末)の用地取得率は99%2002年度(平成14年度)から工事に着手していて、鉄道との立体交差部は鉄道各会社に工事を委託し2015年度(平成27年度)に完了しています。

状況を西側から東に向かって見ていきます。

a0332275_20572112.jpg

▲事業区間の西側から西を見る

道路を小滝橋方面に見ています。道路は2車線で、比較的広い歩道が伸びています。左側は都営百人町四丁目アパートで、右側は戸建て住宅が広がっています。


a0332275_21122966.jpg

▲事業区間の西側から東を見る

交差点を過ぎたあたりから本格的な工事区間が始まります。


a0332275_21163160.jpg

▲本線部と側道部が分岐する部分

交差点を過ぎると、本線部と側道部が分岐する部分に差し掛かります。本線部分は鉄道西側まで掘割になるようです。

現在も本線部分の交通開放はなされておらず、すべての交通が側道部に流れるようになっています。

この付近から鉄道部分まで下り坂が続きます。

a0332275_21280051.jpg

▲アンダーパス部分の全景

鉄道と立体交差する部分の全景です。鉄道がある付近が一番標高が低いようですね。道路の左右に大きな建物が建ち並んでいます。


a0332275_21320345.jpg

▲本線の掘割

本線の掘割は鉄道の手前までほぼ完成しているようです。擁壁などを見るかんじ出来上がってからかなり時間がかかっているようにも見えます。

本線は2車線となるようです。側道の勾配は9%なのに対し、本線の勾配は7%と緩やかになっています。

a0332275_21391842.png

▲アンダーパス部分

鉄道との立体交差部分も本線と側道部分に分けられます。この工事が行われるまでは幅6mの道路が鉄道と立体交差していました。


a0332275_21384579.jpg

▲現在のアンダーパス

現在は南側(新大久保側)の側道部分のトンネルのみ相互通行で交通開放されています。現在は北側側道と本線部分の整備が行われています。見た感じ、側道部は高さ制限が継続されそうですね。


a0332275_21500129.jpg

▲アンダーパスを東側から見る

アンダーパスの東側、「大久保スポーツプラザ入口」交差点から西側を見ています。工事が行われている側道・本線のアンダーパス部分は仮囲いがあるのがわかります。

この交差点は本線部分はトンネルとなって立体交差していきます。

a0332275_21561925.jpg

▲大久保スポーツプラザ入口交差点付近から東側を見る

写真の右奥にオレンジコートショッピングセンターが見えます。その前の交差点は「保善高校入口」交差点です。

この付近の本線部分はトンネルとなっていて、この付近では見ることができません。

a0332275_22050596.jpg

▲保善高校入口交差点から東側を見る

保善高校入口交差点から東側から本線部分は再び姿を現し、掘割となり、その先で平面に戻って側道と合流します。

現在は掘割の擁壁などは完成しているようです。


a0332275_22131177.jpg

▲事業区間東端から西を見る

写真の先に本線の側道部が見えます。そこからガードレールが分離帯のように伸びていました。


非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2017-12-10 22:30 | 道路計画や開通など | Comments(0)

消えゆくコンビニ「スリーエフ」

横浜のコンビニとして宣伝していたこともある「スリーエフ」が来年1月に姿を消そうとしている。

a0332275_13494414.jpg

▲スリーエフ武蔵野八幡町店(2017年10月撮影)

スリーエフは1979年11月、横浜市磯子区に1号店を出店。以降、神奈川県、東京都、埼玉県、千葉県を中心に出店してきた。一時期は四国にも進出していたこともある。

東京都町田市にも出店し、なじみの深いコンビニであった。駐車場の狭い比較的小さい店舗が多かったイメージがある。近隣では10年ほど前から徐々に数を減らしていた感じだった。

a0332275_13533769.jpg

▲ローソン・スリーエフ町田木曽東店(2017年11月2日撮影)オープン準備中

スリーエフの屋号は1月までになくなり、ローソン・スリーエフ(LTF)として順次転換することになる。一部不採算店は閉店するらしい。2016年ごろから埼玉県、千葉県の店舗を転換していて、2017年8月ごろから神奈川県と東京都の店舗を転換している。神奈川・東京は10月くらいから本格的に転換している感じだった。

ココストア、エブリワン、サークルK、サンクスがファミマに、セーブオンがローソンに統合されたり、ポプラも一部地域をローソンと提携したりと、コンビニの統合が相次ぐなか、スリーエフも姿を消す。なじみの深いコンビニだけだっただけにちょっと残念だ。

ローソン・スリーエフの品揃えや店内の様子はローソンそのもの。一部スリーエフ人気商品は受け継がれている。私の知っているローソン・スリーエフ店舗では、店頭の野菜販売が継続されていた。

看板は店舗入り口上は「ローソン+スリーエフ」としてスリーエフのロゴが残った。駐車場の大きい看板はローソンのロゴだけ。

a0332275_14043184.jpg

▲川崎市黒川の既存ローソン店舗(奥)と転換したLTF店舗(手前)(2017年11月撮影)

ローソンとスリーエフが競合していた場所で、スリーエフが転換し、道を挟んでローソンが競合する場所も出現。どうなるかな?

既に飽和状態とまで言われるコンビニ業界。今後もいろいろと変化がありそうだ。

コンビニ屋号を(ネットから)集めてみました。覚えてますか?
セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、ミニストップ、アップルマート、タイムズマート、コミュニティストア、デイリーヤマザキ、ニューヤマザキデイリーストア、Yショップ、YSPS、サンエブリー、タイムリー、パンプキン、ホットスパー、チコマート、Kマート、ショップ99、サンチェーン、ローソンストア100、ナチュラルローソン、セーブオン、新選組、マイチャミー、ローソン+ポプラ、ポプラ、くらしハウス、生活彩家、スリーエイト、スリーエフ、ニコマート、ジャストスポット、サークルK、サンクス、Miniピアゴ、ココストア、エブリワン、ブルマート、am/pm、キャメルマート、セイコーマート、情熱空間・・・・・・


非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2017-12-07 14:00 | ブログ | Comments(0)


「まち」の変化を追っていきます


by yunomi-chawan

プロフィールを見る
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

メモ帳

2015年にブログを移転しました。一部リンクが前のブログに飛びます。
まとめサイトを含む多種サイト、SNS等への画像の無断使用と引用を禁止します。
コメントについて 非公開コメントへの返信は基本的に行っておりません。
以前のブログ
YouTube
役所メシ
↑2018/09/28更新
東京都の都市計画道路
神奈川県の都市計画道路
埼玉県の都市計画道路
京王線連続立体交差事業

カテゴリ

全体
ブログ
鉄道
鉄塔
散策
地域
道路計画や開通など
京王線連続立体交差事業
行き止まりシリーズ
未分類

最新の記事

11月4日暫定開通の環状第2..
at 2018-11-18 00:00
(仮称)等々力大橋と目黒通り..
at 2018-11-17 00:00
(仮称)等々力大橋と宮内新横..
at 2018-11-16 00:00
登戸駅西側の街区が出来上がり..
at 2018-11-13 00:00
南武線津田山駅建て替え中、稲..
at 2018-11-11 00:00
富士山ぐるっと原付旅 その3
at 2018-11-09 00:00
関戸橋 11月7日に2度目の..
at 2018-11-08 00:00
調布保谷線(武蔵境通り) 塚..
at 2018-11-07 00:00
富士山ぐるっと原付旅 その2
at 2018-11-06 00:00
船で多摩川を渡りたい!二子の..
at 2018-11-05 00:00

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月

最新のコメント

追記しました
by yunomi-chawan1 at 02:10
昭和39年に一斉に廃止さ..
by ヤマト at 07:29
以前、横浜市民(青葉区)..
by shibainu0219 at 01:16
ボヤキや独り言へのコメ感..
by shibainu0219 at 15:42
セブンイレブン2号店は東..
by 匿名 at 14:07
あそこの区間はいよいよ工..
by yunomi-chawan1 at 16:19

検索

記事ランキング

タグ

(41)
(31)
(28)
(24)
(24)
(18)
(18)
(17)
(14)
(14)
(14)
(13)
(11)
(11)
(10)
(10)
(9)
(9)
(8)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)