カテゴリ:道路計画や開通など( 150 )

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません

東村山3・4・5号久留米東村山線 東村山市内区間第1期 進捗状況2018.10

a0332275_23521319.jpg

東村山市で事業が行われている東村山3・4・5号久留米東村山線(第1期)の進捗状況を見てきました。

昨日の記事で、東久留米市内の約290mが交通開放されたことは書きましたが、東村山市内は現在も工事が行われています。

なお、第1期出水川都道226号線226までの区間で、第2期都道226号線226市民スポーツセンター付近までの予定です。第2期は現在測量など準備が進められています。

今回は第1期のみ書きます。第2期はまだ事業化してなく変化がないので撮影していません。

久留米東村山線の記事
タグ:久留米東村山線
この路線の前回の記事
東村山3・4・5号久留米東村山線 進捗状況2017
a0332275_00022702.png

ちょうど1年ほど前にも撮影しに行っていますが、少しずつ進んでいるなという印象を受けました。

進捗ざっくりいうと
・西側で街築工事進む
・野火止用水の橋(カルバート)が完成
・水道工事も実施中

この道路はみちづくり・まちづくりパートナー事業により、東村山市が施行者となって都道を整備しています。都道としては2011年8月26日に区域編入が行われました。

写真等
a0332275_00550397.png

東側(東久留米市側)から掲載します。撮影位置は上図の通りです。

a0332275_00120639.jpg

▲①出水川の手前

出水川の付近から事業区間が始まります。

出水川より東側(東久留米市側)は恩多柳窪土地区画整理事業によって整備され、1985年に交通開放された区間です。太い道路が地区内を突き抜けていますが、土地区画整理事業の整備範囲を境に途切れていて、急に狭い道となっています。

出水川を渡るためには、現在ある橋を架け替える必要があると思われますが、現在のところ工事は行われていません。

a0332275_00174102.jpg

▲②出水川の西側

昨年と比べると、奥まで見通せるようになりました。奥の擁壁部分も取り壊されています。


a0332275_00251809.jpg

▲③運動公園通りから東向き

この付近では下水道工事が行われていました。

掲示されていた看板によると、現在のところ工期は2019年1月28日までとなっています。


a0332275_00291146.jpg

▲④運動公園通り

左側が東久留米市方面、右側が東村山方面です。

この運動公園通りとは比較的鋭角に交わるようですが、どのような交差点となるのか、少し気になります。

なお右側も同じ下水道工事が行われていました。

a0332275_00315496.jpg

▲⑤野火止用水の東側を東村山方面に撮影

この付近は用地の取得が概ね完了しているようです。

野火止用水付近では街築工事が進められ、既に街灯や歩道の縁石、防護柵が設置されているのが見えるかと思います。

全体的に西側(東村山側)の方が工事が進んでいましたが、全体を1度に開通させるのか、分割して開通させるのか、そのあたりも気になるところ。

a0332275_00381844.jpg

▲⑥野火止用水の横断部

野火止用水の横断箇所には橋(カルバート)が設置されました。

昨年はまだ工事が始まったばかりでしたね。

現在はまだ渡ることはできません。高欄(欄干)は茶色系で周囲になじませた配色です。

a0332275_00433401.jpg

▲⑦都道226号から東久留米方面に向き

野火止用水都道226号線間も街路築造工事が行われています。工事看板によると、11月上旬までの予定です。

こちらも縁石や防護柵の設置が進んでいます。


a0332275_00471868.jpg

▲⑧都道226号との交差点

現在丁字路のこの交差点に接続し、将来は十字路となります。


撮影日:2018年10月11日 記載内容は執筆時または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2018-10-14 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(0)

東久留米市柳窪付近の「東村山3・4・5号久留米東村山線」が開通!

東久留米市東村山3・4・5号久留米東村山線(柳窪付近)が10月11日11時頃交通開放しました。

a0332275_09144262.jpg

この道路は約290mの区間に幅員16mの道路を建設するものです。

a0332275_22011154.png

みちづくり・まちづくりパートナー事業として都道を東久留米市が施行者となり整備しました。開通は2018年10月11日午前11時ごろで、式典などは行われませんでした。

※みちづくり・まちづくりパートナー事業
用地や大規模構造物等の費用を東京都が負担し、設計やその他工事費用を自治体が負担することで、自治体と東京都が協力して都道を整備するもの。

2017年の10月ごろにも見に行きましたが、その時はまだ道路の形にはなっていませんでした。

なお、東村山市方面は現在も工事が続けられているため、暫定的な接続となっています(後述)。東村山市区間は後日別記事にて掲載します。

写真等
a0332275_22534523.png

撮影位置は上図の通り。

a0332275_13014612.jpg

▲開通の案内

周辺道路には交通開放を知らせる案内が掲示されていました。


a0332275_13110469.jpg

▲①久留米西住宅側の接続部

区間東側で滝山中央通りに接続している箇所です。

もともと折れ曲がるようににカーブしていた場所で、本来ならばまっすぐに接続する場所ですが、前述の通り東村山市方面が工事中で通り抜けられないことから、暫定的な接続方法となっています。

a0332275_13134150.png

▲交差点付近の簡単な図説

こんな感じです。置きガードレールによって仕切られています。


a0332275_13150949.jpg

▲②交差点付近を別の視点から

正面の道路が新しく開通した道路です。

現時点では、新しい道路の方が「止まれ」となっていて、大型貨物自動車等通行止めの規制となっていました。


a0332275_13182883.jpg

▲③交差点付近を反対向きに

反対側から見るとこんな感じです。

ちなみに、この道をまっすぐ行くと滝山団地に行きつきます。


a0332275_13203973.jpg

▲④東側から全体

見える先までが交通開放区間です。

幅員は16m、両側に歩道が設けられていて、植栽も施されています。

車道は2車線で、自転車マーカーが標示されました。

a0332275_13235359.jpg

▲⑤横断用信号機

区間のちょうど中間付近で黒目川と交わり、その付近に押しボタン式横断用信号機が設置されました。

黒目川の遊歩道と交わる場所であり、小学校が隣接しています。

信号機を含め街灯ポールも黒色系が採用されています。都内では最近この傾向がありますね。また、信号機は直径250mmのものが採用されています。

a0332275_13285601.jpg

▲押しボタン

押しボタンは触れるタイプが採用されています。同様のものは最近、南町田駅付近でも見ました。


a0332275_13303735.jpg

▲⑥黒目川の橋梁

黒目川を横断する箇所は橋梁となっていました。橋長よりも幅の方が広い橋です。

橋の高欄(欄干)は黒色系となっていて、歩道と車道の間にも防護柵が設置されています。


a0332275_13480817.jpg

▲黒目川

ちなみに、黒目川はこんな感じです。道路工事に合わせて少しだけ整備されたのかな?


a0332275_13340877.jpg

▲⑦西側(東村山市側)から見た全体

まだ通り抜けられないこと、開通から数時間しかたっていなかったこともあって、交通量は僅少でした。


a0332275_13364734.jpg

▲防護柵

既に書いたように、東久留米市が施行者となって整備した都道です。防護柵は東京都仕様のものが設置されていました。

市議会議員のSNSによると、整備費14億円のうち、東久留米市負担は2億円とのことです。

a0332275_13421818.jpg

▲街路灯の管理番号

都道としては2011年9月30日に(都道の)道路区域に編入されていますが、現在は東久留米市が管理をしているようです。管理番号も「みちまち(番号)」と、特殊仕様になっていました。

いずれ東京都に管理も移管されると思いますが、その時は並行する狭い現道も市道格下げになるのかな?

a0332275_13462328.jpg

▲歩道

歩道はこんな感じで、縁石はセミフラット型となっています。

既に書きましたが、電線類の地中化のため電線共同溝が設置されています。


a0332275_13500974.jpg

▲⑧既に整備されている西側区間

今回開通した西側の区間は恩多柳窪土地区画整理事業によって整備され、1985年に交通開放されました。

この道路も既に都道認定されていますが、現在は市が管理しています。舗装などが痛んでおり、市議会録などによると、今後都に引き渡す際に協議するとしています。

a0332275_13535387.jpg

▲事業中の東村山市方面

更に西側は現在も東村山市が用地取得・工事を行っています。この区間については別記事にて掲載します。


撮影日:2018年10月11日 記載内容は執筆時または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2018-10-13 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(2)

10月10日より関戸橋「仮橋」使用開始!

a0332275_17040527.jpg

10月7日の記事でも書きましたが、2018年10月10日より、関戸橋付近の車線が切り替えられ、仮橋が使用開始されました。


a0332275_00590969.jpg

▲案内板

関戸橋は多摩市方面行き橋(下流側)と、府中市方面行き橋(上流側)の2つで1組となった橋です。下流側橋は渡し舟から切り替わり1937年にできた初代の橋であり老朽化していたため、仮橋を用いた架け替え工事が行われています。

このたび、上流側橋の上流側に「仮橋」が完成し、車線の切り替えが行われました。

今回の切り替えでは、府中市方面行き車線の一部を仮橋に移動しました。年末まで何度か車線を切替え下流側橋の使用を停止する予定です。

詳細は過去の記事などを参照してください。

関戸橋架け替えの記事一覧
関戸橋


a0332275_17120027.jpg

▲府中市側から見た様子

写真右側に仮橋があり、府中市方面行き車線(手前側行き)の1車線が切り替えられています。


a0332275_17132657.jpg

▲府中市側から見た様子(その2)

交差点はNECの企業用地を用いて拡幅されました。現段階では多摩市方面行き車線(左側)にはほとんど手が加えられていません。


a0332275_17144647.jpg

▲関戸橋北交差点

府中市方面行き車線は、2つの車線が別々の橋を経由する仕組みとなりました。


a0332275_17155627.jpg

▲関戸橋北交差点の膨らみ

多摩川沿いの道路を府中四谷橋方面から来て左折する箇所では、膨らみをもって造られており、大型車も左折できるようになっていました。


a0332275_17171898.jpg

▲関戸橋北交差点から関戸橋を見る

左から「下流側橋」「上流側橋」「仮橋」です。


a0332275_17175992.jpg

▲仮橋より関戸橋北交差点

仮橋は「←↑」、上流側橋は「↑」の車線レーンになっています。左折する場合は仮橋を経由する必要があります。


a0332275_17193372.jpg

▲多摩市側より関戸橋

橋の手前の右折箇所は、右折できなくなるとアナウンスされていましたが、現段階では右折が可能です。今後一時的にできなくなると思われます。


a0332275_17205007.jpg

▲多摩市側よりアップ

仮橋の手前はカーブのため注意が必要です。


a0332275_17213785.jpg

▲多摩市側より仮橋

仮橋の導入部は1車線で、橋の途中で左折レーンと直進レーンに分かれます。

歩道は従来より広くなっていますね。


撮影日:2018年10月10日 記載内容は執筆時または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2018-10-11 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(0)

津久井道(世田谷町田線)の片平付近が車線切替 4車線化工事本格化

川崎市麻生区で行われている世田谷町田線津久井道3)の拡幅事業ですが、9月に車線の切り替えが行われました。

a0332275_22323162.png
a0332275_22424357.png

川崎3・4・4号世田谷町田線(片平工区)は2001年(平成13年)から拡幅事業が行われています。

2車線の道路を4車線(幅員20m)にするものです。


過去記事・未来記事
世田谷町田線(片平工区)
a0332275_22400039.png

切り替えたのは古沢交差点~片平2丁目交差点付近です。

今回の切り替えでは、用地取得した東側に車道の全部を移動しました。もともとの道路部分をこれから工事されます。

なお、切り替えは一度で行われたわけではなく、11日に南行き(町田方面)を、25日に北行き(新百合ヶ丘駅方面)を切り替えました。


a0332275_23023186.jpg

▲案内看板

現場には案内看板が設置されていました。

古沢交差点を古沢橋交差点と間違えています。


a0332275_23043575.jpg

▲切り替え区間北端の「古沢交差点」付近

今回の切り替え区間の北端となる古沢交差点付近です。

ちなみに、古沢交差点付近では3月に用地取得が進み、おおむね取得が完了した模様です(中古車販売店は完了しているのかよくわからない)。


a0332275_23120000.jpg

▲小田急多摩線高架付近

車道が全部東側(左側)に移動しました。もともとの車道部分は写真のような感じです。大分劣化していることがわかります。

この日は三連休中日ということもあって町田市金井付近を先頭にずっと渋滞していました。早く解消しないですかねぇ。

そういえばこの辺りに昔、グラッチェがありましたよね。

a0332275_23192802.jpg

▲片平交差点

片平交差点はこんな感じです。横断歩道も移動しています。

8月に来たときには新しい車道部分の舗装工事をしていて、信号機も移設設置されていました。


a0332275_23221059.jpg

▲片平交差点より南向き

この先の尻手黒川線と交わる片平2丁目交差点付近までが切り替え区間となります。

その先の柿生駅付近までも用地取得が進んできたなぁという感じです。


a0332275_23245696.jpg

▲電線共同溝の地上機器が設置されると思われるもの

電線類は地中化されるようですが、現段階ではまだ地中化していません。他の道路の通りだと、最終段階での地中化となることでしょう。


撮影日:2018年10月7日 記載内容は執筆時または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2018-10-09 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(0)

南町田駅周辺で信号機新設・一方通行化

南町田駅周辺で行われている再開発(南町田駅周辺土地区画整理事業)ですが、少しずつ完成に近づいています。

2018年10月1日から一部の交通形態が変更されました。

a0332275_00053789.png
過去記事・未来記事一覧
南町田駅周辺
道路の一方通行化
a0332275_00413976.jpg
a0332275_00223983.png

▲撮影位置はこのとおり


a0332275_00134382.jpg

▲①東急ストア仮設店側の入口

東急ストア仮設店~パチンコ店間の市道は、パチンコ店方面に向けての一方通行化されました。

また、入口付近の交差点も改良されています。

一方通行」標識は写真に写るここだけ、「進入禁止」はパチンコ店側出口に2つだけ設置されています。写真に写る奥の交差点にも設置が必要なんじゃないのかなと思います。

a0332275_00285541.jpg

▲②田園都市線の跨線橋側

一方通行路に接続する道路には「左折のみ」の標識が複数設置されていました。

上でも書きましたが、この交差点には「一方通行」「進入禁止」の標識は設置されていません。都内ではよくあるパターンです。


a0332275_00313290.jpg

▲③一方通行路と東急ストア仮設店

9月まで相互通行だった名残として、道路標示の跡が見えますね。かつては路線バスも走っていました。

なお、駐車場出口付近に一方通行を知らせる表示がほとんどないため、勘違い?慣れ?見忘れ?で逆走していた車がありました。何らかの表示(標示)が必要かもしれません。

a0332275_00361797.jpg

▲④東側から見た一方通行路

直角カーブのため、「速度落せ」の標示が追加されています。


横断歩道の設置と廃止
a0332275_00422610.jpg
a0332275_02252716.png

▲撮影位置


「南町田駅西」信号機・横断歩道が廃止
a0332275_00430722.jpg

▲⑤廃止された「南町田駅西」横断歩道

ここはかつて丁字路で、信号機で制御されていましたが、2018年6月15日に1つの道路が廃止され、信号機のある横断歩道となっていました。名前は南町田駅西でした。

今回、この横断歩道を廃止し、東西に横断歩道が新設されました。

南町田駅南側に横断歩道を新設
a0332275_00535342.jpg

▲⑥駅南側に新設された横断歩道

駅南側に横断歩道が設置されました。信号機は設置されていません。

もともと、横断する人がそれなりにいた場所だったかと思います。


a0332275_01004768.jpg

▲⑦横断歩道を予告する看板

横断歩道の手前20m、40m、60mに予告看板が設置されました。両側に付いています。公安委員会設置にものではないようです。

直線道路ですし、道路にも四角形がありますし、全然見にくい場所にあるわけではないです。新設された横断歩道なので、しばらくしたら撤去されるのかもしれません。

駅西側、鶴間公園北側に横断歩道と信号機を新設
a0332275_01085698.jpg

▲⑧新設された信号機と横断歩道

駅西側の一歩通行路入口付近に信号機と横断歩道が新設されました。

終日押しボタン式です。

最近の都内の信号機はポール、本体ともにほとんど茶色系(黒色系)が採用されていますが、ここは従来の銀色・白色となっています。

a0332275_01201296.jpg

▲押しボタン

押しボタンは「触るタイプ」が採用されています。東村山市方面では白色の触るタイプボタンが多く採用されていますが、ここは黄色のタイプとなっています。

従来の押ボタンは押すのに若干の力が必要でしたからね。点字もあって人にやさしいボタンと言えるでしょう。

ボタンの説明書きは日本語、英語、中国語、韓国語のほかに、uni-voiceが書かれています。

丁字路に信号機と横断歩道が新設
a0332275_02283505.png

▲撮影位置


a0332275_01391685.jpg

▲⑨信号機設置

2018年6月15日に開通した道路(南町田グランベリーウォーク)と、鶴間パークウォーク(旧鶴間公園通り)が交わる丁字路に信号機と横断歩道が新設されました。

道路開通以降、一時停止による丁字路で、横断歩道は新設道路横断箇所以外は設置されていませんでした。その際、一時停止を予告する看板が3枚設置されていましたが、それは本当の標識を含め撤去されています。

a0332275_01435929.jpg

▲⑩横断歩道は2ケ所のみ

丁字路に横断歩道は3ヶ所設置されることが多いですが、ここでは横断歩道は2ヶ所となっています。


a0332275_01501509.jpg

横断歩道が2ヶ所はいいとして、なぜ片側しかない歩道の方に横断歩道を設置しなかったのか、甚だ疑問です。というか、なぜ片側にしか歩道を設置しなかったのか・・・。(って6月の記事でも文句を書いた気が)

近接する横断歩道は廃止
a0332275_01543666.jpg

▲⑪高架下にあった横断歩道

なお、すぐそばにあった横断歩道は廃止されました。

この横断歩道があった関係で、丁字路の横断歩道の場所がそうなったのかもしれませんね。

グランベリーパーク西側廃道の新設歩行者通路は22日に開通
a0332275_02310233.png

▲撮影位置


a0332275_01580174.jpg

▲⑫廃止された道路

2018年6月15日より、旧グランベリーモール西側の外周道路が廃止されています。その部分では新しい歩行者通路の建設が進められています。

写真の道路は廃止された部分の南側で、現在は行き止まりとなっています。一応行き止まりの予告看板は設置されているのですが、間違えて入っている車が絶えませんでした。ここにこそ予告看板を目立つように表示する必要あるんじゃないですかねえ。

a0332275_02022000.jpg

▲⑬新設される歩行者通路(左側)

現在は、従来道路の東側歩道を歩行者のみ通行が許されていますが、並行して新しく歩行者通路が造られています。開通は10月22日の予定と看板が設置されていました。

a0332275_01574862.png

鶴間公園北側道路も改良中
a0332275_02172648.jpg

▲⑭鶴間公園北側の道路

道路の拡幅と改良が続けられています。

南側はセミフラット型、北側はマウントアップ型の縁石となっていました。


このほか
a0332275_02190726.jpg

既に報道発表や、マスコミなどにも取り上げられていますが、「南町田駅」は「南町田グランベリーパーク駅」に改称、急行の全日停車化スヌーピーミュージアムの移転などを知らせるポスターが貼られていました。


撮影日:2018年10月6日 記載内容は執筆時または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2018-10-08 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(0)

関戸橋は10日に最初の切り替え 仮橋使用開始に

a0332275_00590969.jpg

多摩川関戸橋で行われている架け替え事業ですが、10月10日に最初の交通切替が行われます。

関戸橋架け替えの記事一覧
タグ:関戸橋

関戸橋は上下線1本ずつ合計2本の橋でなる橋梁ですが、下流側の橋梁が老朽化しているため架け替えが行われています。上流側の橋梁の横に仮橋を建設し、交通を切り替えながら進められる予定です。16年かけて行われる予定で、現在は3年目と4年目の境の秋です。

先月には仮橋がほぼ完成したことを書きましたが、10月10日に最初の交通切替が行われ、仮橋が使用開始となります。

切り替えは何度か行われる予定で、年内にも切り替え完了となる模様です。(数年後の下流側完成後にも切り替えられます。)

仮橋切り替え後の最終形態はこちら
関戸橋架替事業[2018年9月] 仮橋設置が完了
北側(府中市側・左岸側)の様子
a0332275_01230571.jpg

▲北側横断歩道橋から撮影

仮橋は右側に完成していて、現在は交差点などの街築工が急ピッチで行われています。

今回の切り替えでは府中市方面行き車線の一部が切り替えられ、多摩市方面行き車線はしばらくしてから切り替えとなります。


a0332275_01255681.jpg

▲街築工が行われている

この部分はNECの土地だったところです。こうやって見ると、急S字カーブに見えます。


a0332275_01275742.jpg

▲街築工

工事は最終段階のようです。歩道がかなり狭くなっているので注意が必要です。


a0332275_01293313.jpg

▲信号機も設置された

仮橋側の信号機が既に設置・稼働していました。

切り替え後は、仮橋に「左折レーン・直進レーン」、現橋に「直進レーン」となります。右折は引き続きできません。「左折」については橋を渡る前にあらかじめ左車線に寄り、仮橋を通行する必要があります。


仮橋の様子
a0332275_01330133.jpg

▲多摩市側から見た仮橋

仮橋は1車線で流入後、橋の途中で左折レーン・直進レーンにわかれます。

歩道は上流側橋から仮橋に移動します。(下流側橋には歩道が設置されていない)

写真のように、歩道と車道が置きガードレールによって仕切られただけです。くれぐれも注意してそうこうしてほしい、したいと思います。


a0332275_01363427.jpg

▲仮橋なかほど

2レーンになっている部分も含め、車道幅員も若干狭い感じがします。

このほか、照明も設置済みです。


南側(多摩市側・右岸側)の様子
a0332275_01383534.jpg

▲右岸

多摩市側も工事が進められ、今回切り替え分はおおむね終わっているように見えました。

今後、何度かの切り替えを経ながら、工事が進められていきます。


a0332275_01404032.jpg

▲横断歩道橋より撮影

左側に仮橋が見えます。

この橋の手前の場所、今年の6月25日にダンプカーが電柱をなぎ倒し、動物病院前の歩道に突っ込む事故がありました。橋の工事は関係なかったように見えますが、関戸橋交通切替後、事故がなければいいなと思います。


a0332275_01445260.jpg

▲横断歩道橋より撮影

10日の交通切替では、橋の手前の右折ができなくなります。中河原駅手前の転回路でUターンする必要があります。

何度か切り替えした後、最終形態には右折が再び可能となる予定です。


全ての切り替えをレポートできないと思いますが、ちょくちょく見に来るようにします。

撮影日:2018年10月4日 記載内容は執筆時または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2018-10-07 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(0)

矢川北団地~日野橋 さくら通り延伸 着手前状況2018.9

a0332275_21403288.jpg

国立市矢川北団地付近~立川市日野橋交差点付近を結ぶ道路計画の、着手前の状況を見てきました。

国立市域国立3・4・5号立川青梅線として1967年5月23日に、立川市域立川3・4・5号新奥多摩街道線として1961年10月5日にそれぞれ都市計画決定されています。(その後何度か変更有)

計画幅員は交差点部分などを除いて20mとなっています。

日野橋交差点から西側は新奥多摩街道として既に供用されているほか、国立市域青柳・石田地区土地区画整理事業矢川北団地付近、富士見台地区土地区画整理事業が施行された区域で既に供用されています。また、富士見台地区の東側は現在事業中の東八道路まで延伸する事業が行われています。

矢川北団地付近~日野橋交差点付近は一部を除きまだ事業化されていません

a0332275_21531014.png

この道路は「多摩東西道路」の1つのうちの一部でもあります。

2016年(平成28年)3月に東京都や26市などが公表した「東京における都市計画道路の整備方針(第4事業化計画)」では、今後10年間で優先的に整備すべき路線(=優先整備路線)に選定されています。(それどころか第2次事業化計画から連続して選定されている(第1次は資料が手元にないためわかりません))

今回はそこの状況を見てきました。

写真等
a0332275_22043767.png

撮影位置は上の図の通りです。

a0332275_22064835.jpg

▲①矢川北団地内より谷保方面を見る

この付近は矢川北団地ができたころより道路用地が確保されていた模様です。

この先を進むとさくら通りとして国立市内を東西に横断します。日本住宅公団施行の富士見台地区土地区画整理事業によって整備された場所です。(1963年認可・1965年換地処分)←道路計画決定の前なのが気になるけど

ちなみに、さくら通りは現在、4車線→2車線への減少と、自転車道を設置する再整備が行われています。

さくら通りの再整備についてはこちら
国立市「さくら通り」の自転車道整備

この写真の位置で「多摩南北道路」の1つ、立川東大和線(中新田立川線)が交わる計画です。

立川東大和線についてはこちら
立川東大和線・中新田立川線
a0332275_22145693.jpg

▲②JR南武線と交差する

矢川北団地(都営矢川北アパート)の西側でJR南武線と交差します。

現在は道路が立体交差する計画ですが、現在JR南武線の連続立体交差事業に向けた検討が進められており、将来的には鉄道が立体交差するよう計画変更が行われるものと思われます。


a0332275_22193337.jpg

▲③矢川北団地

改めて矢川北団地を見てみるとこのような感じ。

建物が最近順次建て替えられていて、若干高層化しました。


a0332275_22211156.jpg

▲④青柳地区の東側の端

この付近は組合施行の青柳・石田地区土地区画整理事業によって整備されました。(1995年5月16日認可・1999年10月8日換地処分)

このため、区域内のみ道路が整備され、突然行き止まりになるような構造になっています。道路は2車線で中央分離帯を有する道路です。

通り抜けられるような道ではないため、交通量は多くなく、専ら地域道路のような性格となっていました。

a0332275_22243765.jpg

▲⑤東向き

開通を見越してなのかよくわかりませんが、ケーヨーデーツーやネッツトヨタ、シャトレーゼなどが沿道に出店していました。


a0332275_22261044.jpg

▲⑥みのわ通りを交わる

みのわ通りと丁字路になってぶつかります。信号は横断用で、交差点の交通整理を行っているものではありませんでした。

3・4・5号線側には左折レーン用の用地が確保されていましたが、置きガードレールの設置によって塞がれていました。

道路はこの先、日野橋交差点方面に向けてまっすぐと計画されています。

a0332275_22291529.jpg

▲⑦日野橋交差点

日野橋立川通り甲州街道奥多摩街道新奥多摩街道が交わる5差路の交差点です。(奥多摩街道は交差点から出る方向のみの一方通行)

甲州街道はかつて国道20号線と指定され、この交差点で渋滞が発生していましたが、2007年に日野バイパスが開通したことなどから、日野橋交差点の交通量が4割減少したことなどが公表されています。いまでも混んでいるときがありますが、確かに減ったかなという気がします。

なお、3・4・5号線ができると6差路となるようで、どのように交通を処理するのか気になるところです。

ちなみに、第4次事業化計画を策定する際のオープンハウスで都職員に聞いた時には、3・4・5号線←→新奥多摩街道の立体交差になると言っていました。

a0332275_23042619.png
a0332275_23012685.jpg

▲⑧日野橋交差点の西側

この先まっすぐに道路ができるとは想像できませんね。


a0332275_23054260.jpg

▲⑨事業予定区間の西側

このあたりが西側となる予定です。既に道路があることから、やはり日野橋の立体化はあるのかなという気がします。

ただ、この辺り青柳崖線の高低差があるので、どうやるのかも気になるところです。


a0332275_23034646.png

▲周辺の計画図(都市計画図を参考に作成・赤線の事業範囲は便宜上描いたもので、公表されたものはありません)

この日野橋交差点の西側には「支線1」が計画されています。おそらく日野橋を立体化して交通処理する際のう回路のようなものだと思われます。計画幅員は9m。

a0332275_23113617.png

▲第4次事業化計画の(案)のときの図面

2016年3月策定の第4次事業化計画には支線1優先整備路線には含まれていませんが、計画策定前に「(案)」として公表していた図面には優先整備路線に含まれていました。

どうして消したのか、間違えて書いていたのか、よくわかりませんが、ずっと気になっています。

a0332275_23142435.jpg

▲⑩現在の「支線1」部分

現在は「根川緑道」として整備されています。この辺り一帯が立川公園として決定されています。都市計画道路と被っているのでどうするのかなぁと。

仮にこれを無くすとなると、相当の反対がありそうな気もします。

この道路は事業化しておらず、今後計画変更される可能性が高いです。公表される役所の資料を参考にしてください。この記事は計画を証明するものではありません。

撮影日:2018年9月19日 記載内容は執筆時または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2018-10-02 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(0)

日野バイパス(延伸)で歩道拡幅工事が始まっていました

8月の記事で書いた国道20号線日野バイパス(延伸)歩道拡幅工事ですが、7月の時点で行われていなかった工事が始まっていました。

a0332275_23345437.jpg

▲豊田小学校南側で撮影

今回は都合上写真1枚だけです。

この付近は日野市施行の豊田南土地区画整理事業が事業中で、土地区画整理事業によって道路用地が確保されています。現在は「仮の仮」のような状態で、歩道幅1.5mでガードレールによって仕切られているだけとなっています。

a0332275_23440570.jpg

▲説明会資料より抜粋

工事範囲はこの通りだそうです。


a0332275_23473558.png

工事では歩道を完成形の幅員である5.25mに拡幅します。また、これに伴い、車道を完成形の一部として整備します。

「仮の仮」から「仮」になる感じですかね。


???

8月11日に何らかの説明会があったようで、市議会議員のブログ・SNSに資料の一部が掲載されていました。

a0332275_23342460.png

上記を参考に作成

それによると、2014年(平成26年)の説明会時点で「信号交差点3ヶ所、横断歩道6ヶ所」だったものが、「信号交差点6ヶ所、横断歩道10ヶ所」に変更されたそうです。(横断歩道は1つの交差点に2つある場合は「2ヶ所」と数えている模様)

今回の工事で設置されるものか、今後の工事で行われるのかはよくわかりません。

撮影日:2018年9月23日 記載内容は執筆時または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2018-09-30 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(0)

立川東大和線・中新田立川線 着手前現況2018.9 その4

a0332275_01200872.jpg

立川3・3・30号立川東大和線国立3・3・15号中新田立川線の着手前の現況をレポートしています。

その3」の続きです。概要は「その1」に記載しています。下記より参照してください。

今回の「その4」で一連の記事は最後になります。

写真等 立川南通り~甲州街道(国立市域)
a0332275_21053975.jpg

今回は国立市域です。

国立市内は国立3・3・15号中新田立川線として都市計画決定されています。幅員は交差点部など、一部で変わりますが、25m~33.7mで決定しています(今後変更される可能性があります)。

この中新田立川線は、立川市の立川東大和線といっしょに「立川東大和線」と呼ばれることがあります。

a0332275_13085383.png

撮影位置は上の図の通りです。

a0332275_13102200.jpg

▲①立川南通りから南向き

ここから正面に向かって道路が計画されています。

手前側は立川市、奥が国立市となります。


a0332275_13124411.jpg

▲『第4次事業化計画』から抜粋

この先さくら通り手前までは、東京都ではなく国立市が施行することとされています。


a0332275_13203978.jpg

▲『国立市南部地域整備基本計画』から抜粋

この区域は国立市決定の「矢川上土地区画整理事業」が都市計画決定されています。国立市内の都市計画決定された土地区画整理事業では唯一未整備で、面積は約8.5haとなっています。


国立市南部地域整備基本計画』では、

 本地区を面的整備する場合は、既に整備が完了した区域(マンション建設地)を除くと、概ね50%以上が東京女子体育大学の学校施設であることから、学校運営に多大な影響を与えることが予想されます。
 そのため、将来における市の財政負担や大学を含む関係市民の負担を最小限に考えた事業化が不可欠であり、本計画期間中は、JR南武線以南の都市計画道路3・3・15号線を施行する東京都関係部署と連携し、その方法等については、土地区画整理事業の見直しを視野に入れ、地区計画等の制度を活用したまちづくりの研究・検討を進めるものとします。

とされているほか、国立市議会平成30年第2回定例会で

これからお話しすることはあくまでも仮定の話になろうかと思います。都市計画決定されている整備区域ということではございますけれども、今後のまちづくりにおいて、これが仮に区画整理によらない面整備を進めていくことになれば、さまざまな課題に対応していくことは必要になろうかと思いますけれども、また一方では市施行から東京都施行への変更も考えられるのかなと。今後、整理していくべき事柄ではないのかと考えているところでございます。

と答弁があります。土地区画整理事業を見直し、都施行にすることも十分に臭わせていますね。どうなるかわかりませんが。

また、同区域の一部に都市計画公園が決定されており、一部のみが完成しています。

a0332275_13355999.jpg

▲②東京女子体育大学の北側

この付近を左右に横切る形になります。

なお、計画されている道路東京女子体育大学のグラウンドを横切る計画となっています。道路ができると大学運営に大きな影響がありそうです。ちょうど立川崖線の高低差がある場所なので、一部地下式にすることなどはできなくもないかなと思いますが、どうなるでしょうか。

a0332275_13392692.jpg

▲③東京女子体育大学の南側(矢川北団地内)

正面が東京女子体育大学方面です。立川崖線の高低差があることが見てわかると思います。

この付近は矢川北団地(都営矢川北アパート)の中央を横切っており、団地建設当時から道路用地が確保されています。

団地内にはもう1本の道路「国立3・4・5号立川青梅線さくら通り)」が計画されており、これも『第4次事業化計画』の優先整備路線に選定されています。

a0332275_13480298.png

▲国立3・4・5号立川青梅線と立川3・4・5号新奥多摩街道線の事業予定区間

この道路についても様子を少しだけ見てきたので、別記事にします。

a0332275_13504831.jpg

▲矢川北団地内にかつて掲示されていた看板

矢川北団地にかつて掲示されていた看板が、倉庫脇に置かれていました。

20メートル道路」はさくら通り延伸、「28メートル道路」は中新田立川線(立川東大和線)のことです。

ちなみに、矢川北団地は近年建て替えられました。現在も工事中の棟があります。


a0332275_13534155.jpg

▲④南武線と交差する

矢川北団地の南側で南武線と交差します。

現在は道路が立体化して交差するように計画されています。

一方、東京都が2004年(平成16年)に策定した『踏切対策基本方針』では、立川駅付近~矢川駅付近が「鉄道立体化の検討対象区間」に抽出されています。

a0332275_14024357.jpg

ここ数年、連続立体交差化に向けた動きが、東京都・立川市・国立市で活発化しており、そろそろ具体化して話が出てきてもいいころだと思います。

高架式・地下式のどちらか、まだ発表はありませんが、「高架化」という話が議会でもよく出てきているので、たぶんそっちでしょう。

上の地図は「踏切対策基本方針」を参考に書き起こしたものですが、事業区間はもう少し伸びるような話も見られます。

a0332275_14074406.jpg

▲⑤南武線の南側

この付近は富士山が綺麗に見えることもあります。高架化すると阻害されるような気もしなくもないですが。

南武線の南側は農地が比較的多く残る場所となっています。


a0332275_14093657.jpg

▲『国立市南部地域整備基本計画』より抜粋

国立市南部地域整備基本計画では、矢川駅南側が市街地整備計画に含まれています。

まだ具体化はしていないようですが、道路建設や鉄道立体化に合わせて話が持ち上がる可能性は十分あるかと思います。


a0332275_14153270.jpg

▲⑥矢川保育園仮園舎隣接地

矢川保育園仮園舎に隣接する敷地に「東京都道路整備保全公社」による先行買収地が確保してありました。No.21とあるので他にもあるのかもしれません。

宅地化が進行する前に確保しているのかもしれません。


a0332275_14180796.jpg

▲⑦都道20号線と甲州街道が交わる「矢川三丁目」交差点

計画されている道路は、矢川三丁目にぶつかって終わります。現在は丁字路になっており、開通後は十字路になります。


a0332275_14251504.jpg

▲⑧都道20号線

都道20号線20は、日野バイパスまでは4車線、その先野猿街道四谷体育館東までは幅の広い2車線で開通しています。

矢川付近の開通は2005年頃だった気がしますが、調べてもわからん……。


a0332275_14320470.jpg

▲第4次事業化計画より

野猿街道四谷体育館東から先、是政橋付近まで、第4次事業化計画の優先整備路線になっています。これができると、是政橋付近~青梅街道まで1本でつながることになりますね。(その先調布付近も入っているので、狛江~是政橋~府中四谷~矢川~泉体育館~青梅街道が1本道になる日もあるのか?)

撮影日:2018年9月19日 記載内容は執筆時または撮影時のものです。変更があった場合も追記できていない場合があります。

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2018-09-29 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(0)

立川東大和線・中新田立川線 着手前現況2018.9 その3

a0332275_01200872.jpg

立川3・3・30号立川東大和線国立3・3・15号中新田立川線の着手前の現況をレポートしています。

その2」の続きです。概要は「その1」に記載しています。下記より参照してください。


写真等 JR中央線付近~立川南通り
a0332275_16454510.png

今回はJR中央線付近立川南通りまでの状況です。

その1」でも書きましたが、北側の泉体育館駅付近都道145号線145までの区間は、既に環境影響評価や都市計画変更といった手続きが行われており、事業化に向けた準備が進められています。

都道145号線145より南側はいまのところそういった準備の話は聞こえてきませんが、いわゆる第4次事業化計画の優先整備路線に選定されています。

この記事では現在の都市計画をもとに書きます。今後事業化に当たり変更がある可能性がありますのでご注意ください。

a0332275_16514624.png

撮影位置は上の図の通りです。

a0332275_16540727.jpg

▲①JR中央線南側(羽衣町2丁目地内)

この記事「その3」で扱う範囲は、計画されている区間でもっとも戸建て住宅が密集している地区ともいえます。

写真を撮影している位置は、将来の道路の歩道と車道の境目あたりかと思われます。その先丁字路あたりが道路境界でしょうか。(道路区域は測量などにより確定して行くことになります)

この道路、かなり古くからあるようで、明治時代の地形図にも書かれています。

a0332275_16522995.jpg

▲②都道145号線北側

この付近は将来の道路の真ん中でしょうか。


a0332275_17114851.jpg

▲地区内に掲げられている看板1

このような看板がちらほらありました。


a0332275_23150228.jpg

▲地区内に掲げられている看板2

羽衣町の街づくりを考える会」というグループができているようです。名前が変わったという情報もありますがよくわかりません。

東八道路(西原町~谷保間)や、新府中街道(小平市域)、小金井3・4・11号、南多摩尾根幹線(1970年代)などでも反対運動がありました(あります)。

a0332275_23231022.jpg

▲都道145号線

左側車列の最後尾付近でほぼ直角に道路が交わる予定です。

ここから北側(右側)が現在、都市計画変更や環境影響評価の手続きが行われています。南側(左側)も時期に準備が行われていくものと思われます。

この道路は幅16mで都市計画決定されていますが、現在はそれだけの幅で造られていません(おそらく12mくらい?)。右折レーンを造る目的でもしかしたら拡幅する……かもしれませんがわかりません。

a0332275_23314401.jpg

▲④羽衣町2丁目

この辺りの古い航空写真を見ると、1941年には雑木林のようだった場所が、1947年には住宅地へ変貌しています。そのころの住宅地の道路区画が現在でも残っているようで、周辺と違った細かい区画はそのときの名残のようです。

どういう経緯で住宅地を作ったのだろうかと気になっていました。どうも住宅営団が関係しているようで、軍事関係もありそうですが、詳しくわからないので、これを調べるのは私の宿題としますかね。住宅営団自体はGHQにより解体されて、この付近は今では民有地の住宅地となっているようです。

a0332275_23573369.jpg

▲⑤「④」の反対向き

このあたり、南北にやや広い道路が突き抜けています。この道路も戦時中にできたもののようです。

立川東大和線はこの道路の東側(左側)に拡幅するような形で計画されています。


a0332275_00035103.jpg

▲⑥

この道路は広いですが、交通量は多くありません。


a0332275_00075292.jpg

▲⑦立川南通りにぶつかる

現道は立川南通りに信号のない交差点でぶつかります。

この先は国立市となり、都市計画道路名称は中新田立川線と変わります。

ただし、国立市域の中新田立川線も含めて「立川東大和線」と呼ぶことが多くあります。都道の名前としても「立川東大和線」があります。

計画されている道路はこのさきまっすぐと抜け、矢川三丁目交差点まで繋がる予定です。

撮影日:2018年9月19日

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2018-09-28 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(0)


「まち」の変化を追っていきます


by yunomi-chawan

プロフィールを見る
通知を受け取る

メモ帳

2015年にブログを移転しました。一部リンクが前のブログに飛びます。
まとめサイトを含む多種サイト、SNS等への画像の無断使用と引用を禁止します。
コメントについて 非公開コメントへの返信は基本的に行っておりません。
以前のブログ
YouTube
役所メシ
↑2018/09/28更新
東京都の都市計画道路
神奈川県の都市計画道路
埼玉県の都市計画道路
京王線連続立体交差事業

カテゴリ

全体
ブログ
鉄道
鉄塔
散策
地域
道路計画や開通など
京王線連続立体交差事業
行き止まりシリーズ
未分類

最新の記事

鉄道総研の廃線を6年ぶりに訪..
at 2018-10-16 00:00
鉄道総研の公開「平兵衛まつり..
at 2018-10-15 00:00
東村山3・4・5号久留米東村..
at 2018-10-14 00:00
東久留米市柳窪付近の「東村山..
at 2018-10-13 00:00
町田市山崎町の未成道―宅地の..
at 2018-10-12 00:00
10月10日より関戸橋「仮橋..
at 2018-10-11 00:00
津久井道(世田谷町田線)の片..
at 2018-10-09 00:00
南町田駅周辺で信号機新設・一..
at 2018-10-08 00:00
関戸橋は10日に最初の切り替..
at 2018-10-07 00:00
警察多い!信号の複雑な多摩市..
at 2018-10-06 00:00

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月

最新のコメント

新小金井街道経由とかでも..
by yunomi-chawan1 at 23:19
この道が完成したら便利そ..
by shibainu0219 at 11:22
モノレールは(通称)新町..
by yunomi-chawan1 at 23:00
モノレール整備が悲願なの..
by コルポ at 18:54
そうなんですね。 JR..
by yunomi-chawan1 at 22:25
件の広い用地は多摩青果市..
by ななし at 18:57

検索

記事ランキング

タグ

(41)
(26)
(24)
(21)
(20)
(17)
(17)
(15)
(14)
(14)
(12)
(12)
(11)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)