カテゴリ:道路計画や開通など( 123 )

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません

津久井道(川崎3・4・4号世田谷町田線)片平工区の片平交差点付近で街築進む

a0332275_00425678.png

平成13年(2001年)から事業が行われている川崎3・4・4号世田谷町田線(片平工区)ですが、片平交差点付近で街築が進んでいました。

a0332275_00462014.png

事業概要などは以前の記事で書いていますが、事業区間は麻生警察署前交差点~片平2丁目交差点の先までです。

現在ある道路を幅20m4車線に拡幅します。なお、20m4車線はかなり窮屈な構造です。普通は2車線の幅です。

今回は、片平交差点付近の様子のみ掲載します。

以前の記事・未来の記事
世田谷町田線(片平)
a0332275_00493210.jpg

▲片平交差点

これまで用地を取得した状態であった片平交差点付近ですが、縁石の設置アスファルト舗装などが行われ、道路らしくなってきていました。

見に行った時は、ちょうどアスファルトの設置中で、工事に伴い、交差点~麻生川間の市道が車両通行止めになっていました。

a0332275_00545398.jpg

▲信号機も設置

新しい道路幅に合わせて、黒系色の信号機が新たに設置されていました。(写真奥の木付近)

また、将来の車道中央付近には白系色の信号機が設置されていました(スバルの看板右側)。おそらく、拡幅する東側(左側)に交通を一旦切り替え、現在の道路部分を街築。その後4車線で供用する手順だと思われます。

最近では、信号機の黒系色の採用が増えていますが、片平交差点もそうなるようですね。白系色の信号機は工事中の仮設のものでしょう。

片平交差点といえば、これまで歩行者用信号機は設置されていませんでしたが、いつの間にか低コスト型信号機が設置されています。車道用信号機については低コスト型ではありません。

a0332275_01033235.jpg

▲スバル方面

拡幅側の道路の高さは、今の道路の高さより若干高くなっています。

見に行った時はアスファルト舗装中だったと上で書きましたが、歩行者通路は工事中の箇所。湯気が出るほどの舗装中の場所を歩かされて、靴がこんな風になりました↓↓

a0332275_01070316.jpg

なかなか落ちなかったんだけど。


この区間の事業、ずいぶんと長い間やってますが、今年春には古沢交差点付近で用地の取得が進み、いよいよ工事も本格化するのでしょうか?んまぁ川崎市のことだからあまり期待してないんだけど

そんなことより、多摩区役所付近の津久井道はいつまで工事してるんだか。こっちは事業認可から28年。

撮影日:2018年8月10日

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2018-08-13 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(0)

東八道路(三鷹3・2・2号)・放射5号 進捗状況2018.8

a0332275_21175442.png

杉並区三鷹市で事業が行われている東八道路三鷹3・2・2号東京八王子線)と放射第5号線の進捗を見てきました。

暑かったので三鷹市内区間久我山工区しか見ていません。

ここのところ数カ月ごとに見に行ってますね。開通も迫ってきているな……という印象を受けました。

以前・未来の記事・道路の概要
東八道路(三鷹)・放射5号の記事一覧
三鷹市内区間
a0332275_21245609.png
a0332275_21264322.jpg

▲下本宿通りとの交差点予定地

これまで、用地取得時の状態のままであったこの近辺も街築が進み、交差点らしくなってきました。

東八道路府中方面←→下本宿通りは道路形状が変わっていますので通行には注意が必要です。

a0332275_21420239.jpg

▲下本宿通り

現在、抜け道として利用されている下本宿通り・区界通りですが、見に行った日も交通量が多く渋滞していました。狭い道路なので、東八・放5が開通して解消されるといいですね。


a0332275_21485050.jpg

▲下本宿通りと烏山通りが交わる交差点

工事設計書などを見ると信号機が廃止されるように書かれています。東八道路が開通後即座にするのか、時間をおいてからするのかはわかりません。


a0332275_21534234.jpg

▲下本宿通りとの交差点の東側

この辺りは昨年にも街築が済んでいましたので大きな変化はありません。

ただ、交差点の工事などにより歩行者通行箇所が若干変更されているほか、車道の舗装も完全にはかんせいしていません。

a0332275_21564636.jpg

▲牟礼橋の西側

今年4月の時点ではまだ行われていなかった歩道の植樹帯の築造が完了していました。自転車歩行者道には看板も設置されました。植樹はまだ行われていません。

車道部分は仮通行部分が中央に移動していました。

また、車道には中央分離帯が設置される予定ですが、まだ設置されていません。

a0332275_22015056.jpg

▲牟礼橋のすぐ西側

こちらはまだ街築が行われていませんでした。

下本宿通りとの交差点や1つ上の写真などを施工している「街路築造工事(29北南-三鷹3・2・2)」ではここは工事区間に入っていないようです。

a0332275_22132949.jpg

▲牟礼橋

牟礼橋は2018年4月25日に人見街道の形状が元に戻されました(関連記事)。

その後、整備が若干進んでいるようですが、これといって大きな変化は無いように見えました。

にしても玉川上水の並木が綺麗ですね。


久我山区間
a0332275_22582182.png
牟礼橋~兵庫橋間下り
a0332275_23082246.jpg

▲牟礼橋付近

街築が進んでいました。

玉川上水の遊歩道は開通していますが、道路部分の歩道は一部でまだ通り抜けることができません。


牟礼橋~兵庫橋間上り
a0332275_23150254.jpg

▲牟礼橋付近

こちらも街築が進んでいます。下り線と同様に、玉川上水の遊歩道は開通していますが、道路部分の歩道は一部でまだ通り抜けることができません。

牟礼橋の部分は人見街道の切り回しが行われていたときの線が残っています。

a0332275_23183759.jpg

▲兵庫橋公園の前

兵庫橋公園の前には信号機用と思われるポールが新設されていました。

縁石も切り落とされていることから横断用の信号機でも設置されるのでしょうか。人がいないのに赤になる夜間押ボタン式信号にならなければいいのですが。

なお、下り線も同じようになるのか見てみましたがわかりませんでした。見に行った時点ではポールは立っていません。

兵庫橋~岩崎橋間下り

大きな変化はないので省略

兵庫橋~岩崎橋間上り
a0332275_23265013.jpg

▲兵庫橋

兵庫橋の交差点にも信号機用と思われるポールが設置してありました。


a0332275_23324223.jpg

▲兵庫橋付近

車道と自転車歩行者道を仕切る築堤の建設も進んでいます。まだ植栽が行われていない個所があります。また、防音壁の設置も進んでいます。

植栽ですが、綿密に計画して植物を選定したようですが、雑草が目立ちました。

岩崎橋~中央道間下り

まだ道路・玉川上水部分も含めて通ることができません。様子がよくわからないので省略。

岩崎橋~中央道間上り
a0332275_23374073.jpg

▲岩崎橋~中央道間

ここにも横断用信号機用と思われるポールが設置されていました。


(仮称)高井戸公園前交差点

厳密には「高井戸西工区」ですが載せます。

a0332275_00063028.png
a0332275_00085319.jpg

▲交差点

交差点の整備に伴い、区界通りの通行箇所が変更されました。第三建設事務所の資料によると交差点名は、仮称高井戸公園前となっています。


a0332275_00253947.jpg

▲一部完成した箇所

これまで、なかなか工事が始まらない印象のあったこの箇所ですが、形になり始めていますね。


a0332275_00292407.jpg

▲絶賛工事中

8月10日現在、絶賛工事中でした。現場に掲示されていた看板によると工期は8月下旬までとなっていました。


a0332275_00384431.jpg

▲中央道下に収容される予定の区界通り

こちらも築造が進んでいました。


ローソン前の交差点
a0332275_00322143.jpg

▲ローソン前の交差点(富士見丘小学校前交差点)から西向き

こちらは大きな変化はないかなという印象。それにしても渋滞がひどい。


a0332275_00355285.jpg

▲東向き

こちらは従来あった回転路が閉鎖され、中央自動車道E20の真下で道路築造工事と、それに伴う水道工事が行われていました。


a0332275_00403571.jpg

▲中央道下(都心方面)

道路の築造が進み、白線の破線が書かれていました。

この先、都心方面の進捗は暑すぎて疲れたので見ていません。

そういえば富士見丘小学校の移転改築計画が進み、富士見丘中学校隣接地に移転する計画です。平成35年度(2023年度)~37年度(2025年度)の開校を目指しているそうです。

現場に掲示されている看板の工期まとめ
a0332275_00485525.jpg

この記事の区間の現場に掲示されている看板の工期のまとめです。

その他の「高井戸西」「高井戸東」の工期は見てないのでわかりません。見落としがある可能性や、工期が延長される可能性もあります。また、年間発注予定によるとまだ別の工事が行われるようです。

撮影日:2018年8月10日

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2018-08-12 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(2)

[八王子南バイパス] 館町で橋脚・擁壁整備

八王子3・3・2号東京八王子線八王子南バイパス)のうち、八王子市館町地区の工事進捗状況を見てきました。

昨年夏以来の訪問ですが、館町付近は意外と進んでいました。

八王子南バイパスの事業概要などは以前の記事を参照してください。

八王子南バイパス関連の記事
八王子3・3・2号東京八王子線
a0332275_22593482.jpg

▲町田街道と交わる医療センター入口交差点

昨年の時点でも左側の擁壁は完成していましたが、奥の橋脚は工事中でした。

今回工事が進み、橋脚の一部が完成していました。


a0332275_23142432.jpg

▲橋脚

完成した橋脚は町田街道47をオーバーパスする本線部分の陸橋の橋脚で、そのうちP2、P3、P5D、P6U橋脚です。

写真に写っているのは、手前からP2橋脚とP3橋脚です。

a0332275_23230528.jpg

▲同じ場所から新宿方面

同じ場所から新宿方面を見ると、こちら側はまだ大きな変化はありません。


館小中学校側で擁壁工事に着手
a0332275_23255720.jpg

今回、館小中学校側の法面で擁壁設置工事に着工していました。

a0332275_23334151.png

八王子南バイパス築造に伴い、市道付け替えを行う必要があり、拡幅の為に擁壁を設置しているようです。

a0332275_23351697.jpg

▲擁壁設置

以前ここには法面とブロック積み擁壁がありましたが、取り壊しと共に新しい擁壁の設置が行われていました。

今後擁壁の設置が完了すると、この市道は右側へ移設されるものと思われます。

番外:東側の進捗
a0332275_23403633.jpg

▲ゆりのき台団地方面を繋ぐ場所

前回来た時とあまり変化が無いように見えますが、すこしずつ切り下げて行っているようにも見えます。


a0332275_23403579.jpg

▲館第一トンネルのシールドマシン発進場所

館第一トンネルの状況については5月に記事にしましたが、それから大きな変化はなさそうです。

これを見に行った8月3日は小中学生対象の「道路工事現場こども見学会」をしていたようです。私も小中学生なら見に行ったんですがね。大人対象にもやらないでしょうか?

このあと八王子南バイパスに沿って片倉のあたりまで見ていきましたが、寺田町付近でコンクリート構造物が見えたくらいで、そのほかは大きな変化はありませんでした。

撮影日:2018年8月3日

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2018-08-07 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(0)

(通称)新町田街道の(仮称)旭町陸橋 橋脚がほぼ完成

a0332275_13314025.png

現在建設されている(通称)新町田街道旭町陸橋の橋脚がほぼ完成していました。

都市計画道路名称は町田3・3・36号相原鶴間線で、このうち木曽団地南町田市民病院間で2007年から事業が行われています。

事業計画については以前の記事に書いていますので、そちらを参照してください。

工事看板等
a0332275_14330152.jpg
a0332275_14330176.jpg
橋梁部分
a0332275_13421205.jpg

▲P3橋脚

事業区間の約870mのうち、谷があるため約130mには橋梁区間があります。

橋梁区間は上下線が分離した橋梁になる計画で、橋脚3基×2、橋台2基×2が建設される予定です。

写真の橋脚はP3橋脚です。通常、起点側から番号をつけますので、一番町田市民病院側の橋脚ということです。

a0332275_13551698.jpg

▲P2橋脚

こちらが真ん中のP2橋脚です。

橋は幅11mのものが2つできる予定で、都市計画上は4車線(片側2車線)ですが、車道は片側1車線ずつとなる予定です。車道幅的には車線を引き直せば片側2車線も可能と思われます。

この道路には多摩都市モノレールの延伸が構想されていますが、現時点では都市計画決定しておらず、この橋の部分も準備は行われていません。ただ、上下線の橋の間に空間があることから、多摩都市モノレールの橋脚もいずれ建設できるようになっているようです。

a0332275_14040541.jpg

▲P1橋脚と閉鎖中の公園

橋梁建設工事に伴い、橋梁下の公園は閉鎖されています。

橋脚は角が丸くなっていて、綺麗ですね。


a0332275_14154033.jpg

▲一時的に通行止め中の市道817号線

木曽団地側のA1橋台は既に完成していて、現在は橋台付近の擁壁工などが行われています。

擁壁は場所打ち擁壁とプレキャスト擁壁が建設・設置されます。

横切る市道817号線は高さなどの対策から付け替えられる予定で、現在は通行止めにしてボックスカルバートの建設も行われています。去年かおととしはこの辺りの家とか畑とかの用地はまだ取得していなかった気がするんだけどな。

a0332275_14211032.jpg

▲建設局資料より

a0332275_14223102.jpg

▲A2橋台が建設される場所

町田市民病院側のA2橋台はこれから建設される予定です。これまでは橋脚建設のための通路となっていた模様。


a0332275_14292058.jpg

昨年と比較すると、だいぶ形になってきましたね。

a0332275_14340076.jpg

町田市民病院から見るとこのように道路の形状がよくわかります。


橋梁以外の部分
a0332275_14401555.jpg

▲町田市民病院側の町田街道との接点

この辺りの街築などはまだ行われていません。将来は滝の沢方面の道路が「分岐」ということになるようです。

この写真の交差点の信号機は廃止されるような図面もありますね。

a0332275_14443438.jpg

▲北側

このあたりの用地取得は一部を除きおおむね完了しています。

木曽団地南交差点側では暫定整備されている箇所がありますが、それ以外の場所は工事車両用通路となっています。


撮影日:2018年7月29日

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2018-08-04 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(0)

日野バイパス(延伸) 進捗状況2018年7月

a0332275_18273073.png

日野3・3・2号東京八王子線―日野バイパス(延伸)の進捗状況を見てきました。

前回2017年3月以来、約1年4か月ぶりとなります。

事業の詳細については前回記事に書いてありますので、今回は省略します。

ざっくり:前回来たときからの変化
あんまないです

日野市川辺堀之内土地区画整理事業地内
a0332275_23053927.png

▲この付近の地図

a0332275_23092180.jpg

▲土地区画整理事業により確保された用地

組合が施行する日野市川辺堀之内土地区画整理事業により、日野バイパス(延伸)の用地が確保されました。

前回来たときはまだ重機が造成をしていましたが、今回はこのあたりでは造成はおおむね終了しているようでした。

ちなみに、日野市川辺堀之内土地区画整理事業の現時点での事業期間は2021年(平成33年)3月31日までとなっていて、2017年度末(平成29年度末)時点の事業進捗は事業費ベースで80%となっています。

土地区画整理事業によっての日野バイパス(延伸)の整備は、この程度の暫定的なもので終わるものと思われます。ちゃんとした整備は国がすることでしょう。

a0332275_23230517.jpg

▲遺跡発掘調査をしていた場所

このあたりは前回は遺跡発掘調査をしていたような気がしますが、今回は終わっていたのかな?

土地区画整理事業による造成も今後進んでいくものと思われます。

川辺堀之内地区と東豊田地区の間の区間
a0332275_23373838.jpg

▲東側に向く

手前の道路は都道159号線です。

この区間は土地区画整理事業の事業地にはなっていません。道路事業地に沿って用地取得が若干進んでいました。

東豊田土地区画整理事業 完了箇所
a0332275_23422821.jpg

▲西向き

このあたりは東豊田土地区画整理事業により暫定整備された箇所です。用地の確保は完了していますが、整備は進んでいません。前回と変わりはないでしょう。


豊田南土地区画整理事業 地内
a0332275_00214756.png

豊田南土地区画整理事業地内について、今年度、歩道の拡幅整備を行うことがアナウンスされました。

国土交通省関東地方整備局相武国道事務所の資料によると、

国道20号の道路ネットワーク効果を実感していただくため、 一番橋から平山橋交差点間について、先行的に整備します。今回は、地域の皆様からご要望のありました、歩道拡幅の工事を実施します。
とのこと。平山橋交差点は日野バイパス(延伸)上には無いので区間があいまいですが、図の資料によると、一番橋北交差点東側~スーパーアルプス付近と思われます。

a0332275_00340194.jpg

▲歩道拡幅が予定されている区間

拡幅される歩道は完成形と同じ幅(5.25m)となる模様です。車道は暫定1車線となりますが、完成形の一部として整備されます。

今回ここを見に来たのは、ここが既に着工しているだろうと想定してのことだったのですが、どうも工事らしい工事をしていませんでした。

a0332275_00423364.jpg

▲歩道拡幅が予定されている区間

現在の歩道幅は1.5mで、ガードレールで仕切られているだけと、ちょっと危ない感じでした。

土地区画整理事業により周辺の道路も整備が進み、この暫暫定の道の交通量もちょっと増えているような気もしなくもないので、安全な形になったらいいですね。

完成形にはいつ持って行くのか、そのあたりも気になるものです。

西平山土地区画整理事業 地内
a0332275_00470655.jpg

▲遺跡発掘調査

この近辺では引き続き遺跡発掘調査が行われていました。

この先で建設中の日野3・4・24号旭が丘南北線の交通開放は、日野バイパス(延伸)の暫定整備が条件であるようなので、それまでに土地区画整理事業による物権の移転を含めできるのかどうか気になります。

撮影日:2018年7月29日

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2018-08-03 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(0)

P1~P4橋脚が完成!豊田車両センター西側の「旭が丘南北線」

JR中央線の豊田車両センター西側で建設中の道路、「日野3・4・24号旭が丘南北線」の進捗状況を見てきました。

前回見に行った2017年8月29日以来、11か月ぶりの訪問です。

予想以上に進捗が早かったです。なお、事業の概要については上記記事に書いていますので、今回は省略します。

a0332275_23591862.png

▲位置

a0332275_23592762.png

▲詳細図

P1~P4橋脚が完成
a0332275_00241106.jpg

▲完成したP1橋脚(奥)とP2橋脚(手前)

JR中央線などを跨ぐ陸橋のうち、P1~P4橋脚が完成していました。

前回来た昨年8月時点では、まだ更地で基礎工事をしていたので、景色が変わっていて驚きました。

a0332275_00200288.png

この陸橋は河岸段丘を利用し、北側ではフラットに既存道路に接続する設計で、JR中央線のほか市道なども跨ぐものとなっています。付近の都道155号線と似た設計ですね。

a0332275_00154920.jpg

▲P3橋脚

こちらはJR中央線の南側にあるP3橋脚です。P2橋脚とP3橋脚の間でJR中央線を横断する形になります。


a0332275_00271242.jpg

▲P4橋脚

こちらがP4橋脚です。

南側は、北側から1段下がった低地に降ります。


a0332275_00152525.png

完成したP1~P4橋脚以外にもう1本橋脚(P5?)と、2つの橋台(A1、A2)が施工予定です。

北側のA1橋台は2018年度(平成30年度)に施工予定で、この他の橋台・橋脚は2020年度(平成32年度)以降の施工が予定されています。

なお、2018年度(平成30年度)はA1橋台のほかに、図で黄色で示した副道(一般的に側道と呼ばれるもの)125.0mと、北側エレベータと階段の基礎工が行われる予定です。

2019年度(平成31年度)はA1橋台P1橋脚の間の橋桁が施工される予定。

北側のA1橋台の工事も進む
a0332275_00392622.jpg

▲工事案内看板

上で書いたように、A1橋台は今年度施工予定で、既に着工となっていました。工事看板によると、2019年(平成31年)2月ごろに片付け工を予定しているそうです。

また、同一施工者により、北側エレベータと階段の基礎工も並行して行われる予定です。

a0332275_00422243.jpg

▲A1橋台予定地

橋台予定地の木々などは既に伐採されていました。

訪問した日は日曜日でしたので工事関係者の姿はありませんでした。


a0332275_00454756.jpg

▲A1橋台北側から見た景色

鉄板などが敷かれ工事の準備が進んでいます。

奥には七生の多摩丘陵が横たわっています。まぁなんとも景色がよさそうです。この道はまるで滑走路・・・でしょうか?

a0332275_00493864.jpg

▲A1橋台の北側の既存道路

既存道路の直角カーブ部分を丁字路に改良し接続予定です。

このあたりはまだ手を加えていないですが(おそらく最後)、既存道路は路面が荒れてるので開通前には舗装を打換えてほしいと思います。

豊田車両センター西側の細い道は通行止めへ
a0332275_00550141.jpg

▲細い道

豊田車両センター西側の細い道は、9月に通行止めが予定されています。実質的な廃止と見ていいと思います。

電車を間近に見られる場所と一部界隈で人気があった場所らしいですね。

今年度には副道の整備が予定されていますので、それの交通開放により再び近づくことは可能かもしれません、知らんけど。

a0332275_01003528.jpg

▲お知らせの看板

踏切の廃止についてはまだアナウンスはないので大丈夫かと思います。この細い道の代わりの道もできていました。


南側では土地区画整理事業も進行中
a0332275_01090392.jpg

▲南側の区間

南側の区間では日野市施行の西平山土地区画整理事業が進行中です。

前回来た昨年もこのあたりは用地確保が進んでいましたが、昨年と比べると区画線が設置されました。旭が丘南北線開通前にもう一度ちゃんと再整備すると思います。

開通予定

市の資料などによると、2022年度(平成34年度)までに事業を完了し、2023年度(平成35年度)の交通開放を見込んでいるとのことです。

一方で、南側で接続する日野3・2・2号東京八王子線(日野バイパス(延伸))仮道整備がそれまでに完了すれば警察との協議次第で交通開放可能と見ているものの、仮道整備ができない場合は旭が丘南北線の交通開放は困難だそうです。

撮影日:2018年7月29日

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2018-08-02 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(0)

地下化から早5年 東急東横線の代官山から渋谷まで歩いた

a0332275_23303220.png

東急東横線代官山駅渋谷駅間が地下化してから早5年。地上の跡地がどのように変化しているのか見に行きました。

地上時代の写真と比較・・・したいところですが、当時の写真は撮っていないのでできません。残念。でも、ストリートビューには当時の写真がありますね。

代官山駅から渋谷駅方面に向かって歩くことにしました。実は代官山周辺に行くのは初めて。代官山で昼ごはんに牛丼屋を探していたんですが、ないんですね。意外です。渋谷まで行きました。


a0332275_23351775.jpg

▲代官山駅上の跨線橋から渋谷方面を見る

ホームの半ばから徐々にトンネルに入って行きます。ただでさえの上にある代官山から、の渋谷まで地下に潜って行くのですからすごいものです。

渋谷方面には10両編成化にむけてホームが延伸されています。

a0332275_23421030.jpg

▲渋谷1号踏切跡と「LOG ROAD 代官山」

線路はすぐにトンネルに潜ってここからは線路の跡を見ていきます。

手前の道路がある部分は「渋谷1号踏切」があった場所です。踏切は廃止され、横切る道路の勾配も均されているようでした。

a0332275_23560451.jpg

正面の線路跡地には東急の商業施設「LOG ROAD DAIKANYAMA」が開業していました。すぐ真下にトンネルがあるため低層の建物を建てているそうです。とても「代官山らしい」というか「東急らしい」施設だと感じました。

個人的にどうも東急のまちづくりって性に合わないんですよね・・・


a0332275_23564114.jpg

▲LOG ROAD 代官山の東側

代官山方面を振り返ってみます。

ここで急に標高をさげます。かつてはここから渋谷方面に向けて高架橋が続いていました。この道路も橋によって立体交差していた場所です。

橋脚の1本ぐらい残していても面白いものですが、そういうものはありません。

a0332275_00002810.jpg

▲コインパーキング

再び渋谷方面を見てみると、線路跡地には「東急ライフィア代官山CP」というコインパーキングがオープンしていました。

縦長の敷地が線路があったことを物語っています。


a0332275_00034443.jpg

▲山手線を越える

ここで山手線を越えていました。右側の渋谷清掃工場の脇に抜けていましたが、今ではもうわかりません。


a0332275_00075728.jpg

▲渋谷ブリッジ

山手線を越えると北に向かってカーブしていきます。

跡地には東急の複合施設「渋谷ブリッジ」が建設中です。線路の跡地の形状に沿ってカーブした建物です。施設には認定こども園やホテル、商業施設などが入居する予定だそうです。

a0332275_00251813.jpg

▲渋谷川沿い

渋谷川沿いにあった高架もいまはすべて取り壊し、遊歩道として整備が進んでいました。都会のどぶのような渋谷川も生まれ変わりつつあるようです。


a0332275_00292134.jpg

▲鉄道跡に設置中のモニュメント

渋谷川沿いの線路跡にはレールが再びひかれていました。ここに電車が通っていたことがわかりますね。

いまは東急東横線がここを走っていたことも記憶に新しいですが、20年30年経ったとき、こういうのがあるのとないのとでは当時の記憶というのは違ってくると思います。

a0332275_00385836.jpg

▲渋谷駅南街区

東急東横線渋谷駅の跡地の一部では「渋谷駅南街区土地区画整理事業」が進行中。まもなく終了予定で、この区域には「渋谷ストリーム」という複合施設ができる予定です。Googleが14階~35階のオフィスフロアすべてに移転入居予定とのこと。すごいわ。

渋谷の再開発はこれだけではありません。これはほんの一部。銀座線も埼京線もいろいろ工事しています。

おまけ
a0332275_00533533.jpg

▲埼京線・湘南新宿ラインホーム

埼京線・湘南新宿ラインホームは移設工事中。先日も工事に伴う運休がありましたね。


撮影日:2018年7月7日

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2018-07-23 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(0)

[7月18日認可]つつじヶ丘南口線 着手当日の様子

a0332275_02023289.png
a0332275_02025838.jpg

7月18日付で調布都市計画道路事業3・4・21号つつじヶ丘南口線が事業認可・着手されたので様子を見てきました。

延長約147m、幅員16mの道路で、駅前広場2379m2の都市計画道路で、事業期間は平成37年(2025年)3月31日までとなっています。

平成28年(2016年)に策定された『東京における都市計画道路の整備方針』いわゆる『第4次事業化計画』で優先整備路線に選定されていました。今後調布市が施行者になって整備を行っていくこととなります。

a0332275_02091988.jpg

▲つつじヶ丘駅の駅舎2階から見る

つつじヶ丘駅から品川通りに至る現在ある道路を拡幅する形となります。

少し小さめの駅前広場があり、それに沿って自転車等駐車場が整備されています。調布市議会録を参照すると、どうも地主の相続が発生するタイミングで平成16年ごろに買い取って整備したようです。そのためか、駅前広場は完成形の大きさではありません。

a0332275_02311925.jpg

▲つつじヶ丘駅南口

先ほど見た自転車等駐車場が左にあります。新しく拡張される駅前広場はこの自転車等駐車場も含めた大きさとなるようです。

議会録によると、今ある駅前広場は2003年8月11日に開設されたもののようです。

この記事の下の方でも登場するように、都市計画道路用地に自転車等駐車場が整備されています。市有地なのか借地なのかわかりませんが、道路用地の確保は比較的容易なのかなと思いました。一方で、これだけの自転車を止めている自転車等駐車場が無くなると、代替地を確保しなくてはならないと思いますが、ちょっと市のサイトや議会録を調べた感じではどうするのかわかりませんでした。

ちなみに、議会録を見ているとつつじヶ丘駅周辺の駐輪場はずーっと足りないと言われてるんですね。

a0332275_02365646.jpg

▲品川通りと駅を結ぶ道

この道を拡幅することとなります。ちょうど左のマンション端から右側道路端までが道路幅となると見ていいでしょう。

調布3・4・21号つつじヶ丘南口線は1962年に都市計画決定。その後いままで着手されずに来ていました。そういうところたくさんあるけどね。

a0332275_02454994.jpg

▲品川通りに至る

すぐに品川通りに至ります。ここまでずっと片側歩道で、いわゆる1.5車線の車道が続いてきました。

新しく拡幅されると幅16mとなりますので、品川通りと同等の構成となるものと思われます。

a0332275_02504847.jpg

▲品川通りとの交差点角にある自転車駐車場

ここにも自転車駐車場があります。

ちなみに、よく「駐輪場」といいますが、自転車の安全利用の促進及び自転車等の駐車対策の総合的推進に関する法律には「自転車等駐車場」と定義されています。自転車は道路交通法で定義された自転車、自転車等は自転車に道路交通法で定められた原動機付自転車を含めたもの、「自転車等駐車場」は「一定の区画を限つて設置される自転車等の駐車のための施設をいう」とされています。

私設のところなら「駐輪場」となっているものもありますが、公設のものは「自転車(等)駐車場」となってますね。

a0332275_02594354.jpg

▲品川通りとの交差点つつじヶ丘駅南口

この道路の整備によってつつじヶ丘駅南口の整備に活気づくのか気になるところ。

つつじヶ丘駅と隣の柴崎駅は、調布駅付近の地下化や笹塚~仙川駅間の高架化からも除外された区間です。東京都の踏切対策基本方針でも鉄道立体化の検討区間から外れ、一方でラッシュ時など開かずの踏切になるなどしています。鉄道立体化の計画はあるものの実現するのは当分先と思われます。

京王線の調布市内の駅だと、仙川駅は区画整理による南口広場の完成、つつじヶ丘駅は南口広場と道路着手、国領駅布田駅調布駅は連続立体交差事業や土地区画整理事業・市街地再開発事業、西調布駅は北口広場の完成、飛田給駅は南口広場の整備など、どうも柴崎駅は取り残されている感が強いそうで、そちらのまちづくりも気になるところです。教習所に通っていた時にちょっと気にしてた。

撮影日:2018年7月18日

非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2018-07-21 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(3)

坂浜平尾線 坂浜橋(仮称)がほぼ完成

多摩3・4・17号坂浜平尾線坂浜橋(仮称)がほぼ完成しました。

a0332275_15012482.png

1月の記事では「橋が架かり始めた」ことを書きましたが、約半年でほぼ完成です。

道路計画の概要などは上リンクより過去記事をご覧ください。

a0332275_01130255.jpg

▲工事看板

工事看板によると、工事の期間は7月24日までとなっています。工事は橋の部分のみですので、その他工事は別途行われることになります。


a0332275_01164966.jpg

▲橋(遠景)

丁字路だった若葉台入口交差点の先に道路が徐々にできつつあります。将来はまっすぐ新百合ヶ丘方面まで行けることになります。

橋の向こう側の部分も別途工事が進んでいます。


a0332275_01244064.jpg

▲交差点からみた橋

ついこの間まで山だった場所に道路ができるのはなかなかすごいものです。

ちなみに、いまでも夜にここを見ると真っ暗です。何も見えません。


a0332275_01282779.jpg

▲橋の拡大

若干カーブしている2径間連続プレビーム合成桁橋です。

7月7日の時点で車両防護柵、高欄、照明装置が設置されているのがわかります。

車道部分は均しコンクリートが打設されています。歩道部分は鉄筋が設置されています。

橋の中間あたりで、写真右側に切下げがあり、橋下に降りられる道路が将来できるようです。

この橋の下には三沢川があります。東京都・神奈川県では将来的には50ミリ/時雨量に対応できるように河道の改修・付け替えが行う方針で、東京都は下流側から河道の整備を進めています。整備のスピードは非常に遅く現在は 新きさらぎ橋 付近までで、このあたりまで整備は到達していません(護岸の改修は行っている)。この坂浜橋(仮称)は将来の河川の線形を見越した設計となっています。

そもそもこの地域はかつて東京都が坂浜平尾土地区画整理事業を計画していました。川や道路の整備など面的に整備する計画でしたが、社会経済情勢の変化など事業を取り巻く環境が大きく変化したため見直された経緯があります。現在ではその区域の中で稲城上平尾土地区画整理事業稲城小田良土地区画整理事業が組合によって施行されていますが、それに含まれなかった区域では未整備箇所が多く存在します。地区計画などを定めている区域もありますが、この橋の付近などそうではない場所もあり、都市計画決定は残っているので一定の制限はあるものの、スプロール化しなければいいけどな……と思うばかりです。

a0332275_02195307.jpg

▲京王相模原線南側

こちらでも工事が行われています。

左側の稲城ふれあいの森へ至る青い橋は架け替えられる予定です。現在すでに関連工事を行っているものと思われます。架け替えられる橋は幅員5.2m(有効幅員4.0m)の鋼単純非合成鈑桁橋で、現在と同規模のものです。

写真右側斜面には鋼管杭擁壁が設置予定で、現在工事真っ最中。先日は電車内から鋼管が見えました。

この道路は来年春にも開通すると言われており、沿線では大規模商業施設も計画されていて、非常に待ち遠しい道路です。

a0332275_02324365.jpg

▲交差する鶴川街道

交差する鶴川街道19では、坂浜平尾線着手前から交差点付近の拡幅を行っています。

数年前には電線共同溝も完成し、このように地上機器も設置されました。ただ、調布方面車線の一部で歩道の真ん中に地上機器があります。設計図を見てないのでよくわかりませんが、将来この交差点を3レーン化するのかな…?なんて想像しています。どうなんでしょう?

左折車両が多い交差点ですので、左折と直進を分けるのかな……みたいな。知らんけど。


非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2018-07-17 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(0)

東長沼矢野口線が形になり始める

a0332275_00492395.png
稲城市稲城南山土地区画整理組合によってそれぞれ施行している多摩7・4・5号東長沼矢野口線ですが、稲城市施行部分で形になり始めていました。

a0332275_01100634.jpg

▲北側から見る

この道路は稲城大橋通りから続く道路で、現在は稲城三中の横で道路が終わっています。

現在ある道路は稲城大橋を除き、1980年代に三沢川の蛇行改修とあわせて整備されたようです。ちなみに三沢川が改修される前はこの付近を流れていたようです。

奥の斜面地は「稲城南山土地区画整理事業」地内で、現在造成工事が行われています。

東長沼矢野口線はこのまままっすぐ進み土地区画整理事業地内に入り、進路を東向きに変えてランド坂通り(通称)124に至ります。

土地区画整理事業地内は土地区画整理組合が施行することになりますが、残りの部分を稲城市が施行しています。6月下旬時点で形になっていたのは北側の数十メートルです。

a0332275_01323003.jpg

▲道路構造

幅16mの道路で、2車線の平均的な構造になりそうです。

縁石はセミフラット式で、電線共同溝が設置され、植樹桝も用意されています。一部で防護柵も設置されていました。植栽は現時点では植えられていません。また、舗装も完全ではありません。

右側の電線共同溝はそこに蓋を置くと、横断歩道の点字ブロックが設置できるのだろうか・・・?

a0332275_01423599.jpg

▲稲城三中の南側から

6月下旬時点で形になってきているのはこの短い区間だけです。

工事の施工者は「株式会社バイタル」で、11月下旬までの予定と掲示がありました。


a0332275_02062169.jpg

▲南山方面

この先南山方面へは用地の取得は一部を除いてほとんど終わってる状況です。

今回の工事がどこまでの区間行うのかわかりませんが、工事期間からしてもう少し南側も工事しそうな気がします。

稲城市の工事発注もスローペースです。部分開通させるにしても稲城市施行区間に横切る大きな道路がないため、区画整理区域内と同時に開通となるのではないかと予想しています。区画整理側も最近はこの道路にはあまり手を付けていないように見えるので、どうなるのかなという感じです。(市施行区間の歩道だけ先行開通とかはあり得るかな?)

区画整理側はありがた山付近で造成工事をしているようで、墓地の移転地を造成したりしています。

2月の稲城南山土地区画整理事業の進捗 記事
南山東部土地区画整理事業 進捗状況2018.2

ちなみに、この道路沿いと区画整理地内に「南山東部地区地区計画」が決定され、道路沿いは一部を除き「沿道地区C」として

多摩都市計画道路7・4・5号東長沼矢野口線沿道の立地特性を活かすとともに、後背の低層住宅地を保護する地区として、近隣住宅の利便施設及び景観緑化地区の視認性に配慮した中層住宅地区を形成する。
とされています。

余談ですが、2018年3月9日に稲城南山土地区画整理事業地内に2本の都市計画道路が新規決定されました。といっても区画整理で計画されていた道路が重要だということで後から都市計画道路として決定しただけで、区画整理地内の道路計画に大きな変更はありません。


非公開理由を考慮し非公開コメントには基本的に返信していません
by yunomi-chawan1 | 2018-07-15 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(0)


「まち」の変化を追っていきます


by yunomi-chawan

プロフィールを見る

メモ帳

2015年にブログを移転しました。一部リンクが前のブログに飛びます。
まとめサイトを含む多種サイト、SNS等への画像の無断使用と引用を禁止します。
暑くなってきたので更新減ります。
コメントについて
非公開コメントへの返信は基本的に行っておりません。
以前のブログ
YouTube
役所メシ
東京都の都市計画道路
神奈川県の都市計画道路
埼玉県の都市計画道路
京王線連続立体交差事業

カテゴリ

全体
ブログ
鉄道
鉄塔
散策
地域
道路計画や開通など
京王線連続立体交差事業
未分類

最新の記事

[東北3日目]富岡駅から
at 2018-08-19 00:00
リニア東百合丘・片平/能ヶ谷..
at 2018-08-18 00:00
[東北2日目その3] 浪江・..
at 2018-08-17 00:00
[東北2日目その2]野蒜地区..
at 2018-08-16 00:00
[東北2日目その1] 女川へ
at 2018-08-15 00:00
うまく乗り継げば乗降位置変え..
at 2018-08-14 00:00
津久井道(川崎3・4・4号世..
at 2018-08-13 00:00
東八道路(三鷹3・2・2号)..
at 2018-08-12 00:00
[東北1日目その2] 気仙沼..
at 2018-08-11 00:00
[東北1日目その1] 釜石か..
at 2018-08-10 00:00

以前の記事

2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月

最新のコメント

ありがとうございます。結..
by yunomi-chawan1 at 00:07
今回、釜石からずっと東日..
by yunomi-chawan1 at 00:00
さくら通りの東端の景色が..
by てらだ at 10:57
東北への旅、お疲れ様です..
by tabinoirodori at 23:42
ありがとうございます。 ..
by yunomi-chawan1 at 22:33
私も撮影位置を明確にする..
by yunomi-chawan1 at 22:05

検索

タグ

(38)
(20)
(20)
(18)
(18)
(16)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(10)
(10)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)

記事ランキング