タグ:稲城市 ( 23 ) タグの人気記事

上平尾・小田良区画整理の進捗2017春と今昔比較

2010年から行われている上平尾かみひらお区画整理と、2012年から行われている小田良こだら区画整理の進捗を見てきました。

両区画整理についての詳細な説明は過去の記事で何度もしているので省きます。

上平尾区画整理についての過去記事一覧

小田良区画整理についての過去記事一覧

上平尾区画整理
a0332275_17232906.jpg

上平尾区画整理では、2017年4月25日小田良上平尾線及び栗木線が開通するなど、事業完了が近づいてきています。

この春には日本大学の学生寮(写真左側の建物)が完成し入居が始まったほか、野村不動産による分譲「プラウドシーズン栗平」が販売を再開するなど、街並みも発展してきています。

関連記事
小田良上平尾線・栗木線 開通 2017年4月25日公開
a0332275_17313215.jpg

2016年12月1日には区画整理地内で初の商業施設となる「ドラッグセイムス上平尾店」がオープン。日用品などが販売されています。

このほか、区画整理地内にはレストランの出店計画もあり、今後の街並みの発展に期待したいところです。その出店予定地では地鎮祭の痕跡があり、これから建設が進むんじゃないかなと思います。

a0332275_17363074.jpg

2016年5月30日に開通した上平尾トンネルの出口付近には稲城消防署上平尾消防出張所が開署されました。冬ごろから仮運用は行っていたようですが、2017年3月25日に落成式が行われたようです。

稲城市は東京都の島嶼部を除いて唯一独自に消防を行っていて、市役所付近の消防署と分散して配置することで早い駆け付けとバックアップを果たすそうです。

a0332275_17485268.jpg

2017年4月ごろには区画整理地内の信号のある交差点に名前が付けられました。

区域中央の上平尾区画整理バス停前の交差点は「稲城消防署上平尾消防出張所前」となったほか、区域南側のラーメン店前の交差点は「上平尾」となりました。

2016年5月に開放されたセイムスの下の公園(1号街区公園)は「三反田湧水公園さんだんだゆうすいこうえん」と名付けられたほか、4号街区公園の一部も開放されました。

a0332275_18054856.jpg

上平尾消防出張所前交差点から北側へ、小田良方面の道はトンネルとする予定です。ただ、上平尾・小田良の両区画整理の進捗の違いや、上平尾区画整理の早期の換地の必要性、トンネル上に来る学園通りに水道管があることなどから、稲城市施行での整備になったと聞いています。

稲城市も2017年度(平成29年度)の工事発注予定でトンネル工事を予定するなど、これから整備が本格化すると思われます。現在の予定では2019年(平成31年)春の開通予定です。

a0332275_18104339.jpg

区画整理区域の北側を走る学園通りも一部で拡幅が完了しました。

2016年5月に開通した上平尾トンネルの効果で、二中前~浄水場の区間の学園通りの交通量は激減しました。ただ、二中前~若葉台間の学園通りは交通量が若干増えたのかな・・・という印象です。

写真右側の二中前~若葉台入口交差点までの多摩3・4・17号坂浜平尾線は東京都整備区間で工事が進められていて、三沢川に架かる坂浜橋(仮称)は下部工事で構造物が出来上がってきたほか、架設工事も入札が完了したようです。

坂浜平尾線の設計図は都庁で見てきましたが、出来上がるのが待ち遠しい限りです。

小田良区画整理
a0332275_18195816.jpg

小田良区画整理では絶賛土木工事中で、まだまだ目立った構造物は出現していません。

写真の場所は、上平尾からトンネルで接続する予定の場所で、この下に道路ができる予定です。

小田良は谷戸の農地などが残る地域でしたが、多くの場所で盛土が行われその景色も現在は失われました。上平尾もそうでしたが、今後どんな街並みになっていくのか楽しみな場所でもあります。

a0332275_18203359.jpg

この上平尾と小田良は2013年ころから継続して撮影してきましたが、その景色がどう変わったのか、当時とほぼ同じ位置から撮影してきました。

撮影した場所の尾根がなくなって同じ場所から撮影できなくなっていたり、当時はあまり考えていなかったので車道予定地で撮影したために今は撮影できなかったり、構図が変になったり・・・と色々思うところはあります。

下のYoutubeにて簡単にまとめたのでご覧ください。

(埋め込み動画です。スマホ版の画面ではレイアウトが崩れる場合があります。動画のURL:https://youtu.be/E3Df62saneU)


[PR]
by yunomi-chawan1 | 2017-05-05 17:00 | 地域 | Comments(0)

南多摩駅北口駅前広場拡張、ヤッターワンなど

a0332275_15475368.jpg

目まぐるしい発展をする南武線南多摩駅前ですが、4月22日(土)北口広場の東側部分(一般車部分)が拡張され整備されました。当日はメカニックデザイナーの大河原邦男氏や、声優の山寺宏一氏によるトークイベントが行われたようですが、いけませんでした。

a0332275_15573118.jpg

駅前にはヤッターワンのモニュメントも設置。大河原邦男氏の地元であることから、稲城長沼駅前にもガンダムが設置されています。現在は後ろは壁がありますが、大丸用水の分水桶の改修が終わったら開放されるようです。


a0332275_16030310.jpg

ロータリーの真ん中には稲城市のイメージキャラクター「稲城なしのすけ」のモニュメント時計台も設置されていました。矢野口駅に続く設置ですかね?


a0332275_16051697.jpg

すっかりきれいに整備された南多摩駅。北口前には東横インも建設予定ですが、工事看板には11階建てとあり、何需要なのか気になります(競馬?)。

  • 1993年       稲城南多摩駅周辺土地区画整理事業・南武線連続立体交差事業開始
  • 1998年5月ごろ   是政橋1期(上流側新橋)交通開放
  • 2002年11月ごろ  是政橋旧橋解体着手
  • 2011年3月9日   是政橋2期(下流側新橋)暫定開放
  • 2011年4月26日  府中街道開通
  • 2011年12月24日 南武線 下り高架化
  • 2012年6月28日  是政橋4車線化
  • 2013年12月23日 南武線 上り高架化
  • 2014年4月1日   北口開設
  • 2014年10月1日  北口暫定バス乗降場開設
  • 2014年12月20日 付近の府中街道4車線化
  • 2015年3月末    南武線連続立体交差事業 完了
  • 2016年4月1日   北口広場バスタクシー部分開放
  • 2016年6月1日   南多摩駅~若葉台駅の路線バス開設
  • 2017年4月22日  北口広場一般車部分開放

[PR]
by yunomi-chawan1 | 2017-04-29 08:00 | 道路計画や開通など | Comments(2)

小田良上平尾線・栗木線 開通

a0332275_19225136.png

稲城市の上平尾土地区画整理事業と川崎市の栗平を結ぶ、「多摩都市計画道路3・4・36号小田良こだら上平尾かみひらお」と「川崎都市計画道路3・4・23号栗木くりぎ」が4月25日昼頃に開通しました。開通記念式典も開かれていたようですが、参加できませんでした。

a0332275_19263632.jpg

この道路は上平尾土地区画整理事業に伴って面的に整備されたもので、稲城市域は組合施行の区画整理で、川崎市域は川崎市が別に発注し完成しました。

昨年には完成していたのですが、諸般の事情から延期されていたようです。私も開通が待ち遠しかった・・・。


a0332275_20292478.jpg

沿線には日大の寮が建設されました。今年の春から既に入居しているようです。

これまで区画整理組合が暫定的に描いた区画線がありましたが、開通に先立ち3月ごろから警察による標識の設置や区画線が描かれていました。


a0332275_20362284.jpg

日大の寮から東側の区間は、数年前から通れる状態でしたが、4月25日をもって正式に交通開放となったようです。


a0332275_20384618.jpg

開通区間には大きな擁壁が登場しました。もともとここには都県境に尾根がありましたが、切り崩しています。もともとの景色とはだいぶ違ったものになっています。

尾根へ上がる階段も整備されていますが、現段階では開放されていないようです。


a0332275_21290504.jpg

カーブを曲がると川崎市に入ります。センターラインの色が変わっているところが県境です。

ここから川崎市側は1972年(昭和47年)~1982年(昭和57年)にかけて栗木第一土地区画整理事業で面的に整備された場所で、成熟した街並みが広がっています。現在では一部で残っていた空き地にも家が建ち始め、マンションの建設なども一部で進んでいます。

この先数百メートル行くと小田急多摩線の栗平駅ですが、急行や多摩急行の停車駅で、大手町などの都心方面への直通列車があることも魅力の一つのようです。


a0332275_21341346.jpg

栗木方面から上平尾方面を見ています。ちょうど都県境で道路の構造が違っているのがわかります。最近の川崎市の新設道路はあまり街路樹を植えない傾向があるように思えるのですが、ケチってるんですかね。


a0332275_21565107.jpg

川崎市側の既に開通している道路は、開通から年月が経っていることもあって非常に路面が悪い状態です。工業系新聞電子版によると打換の計画もあるそうです。

a0332275_21370305.jpg

カーブの部分から360度全天球画像です。

20分ほどここにいましたが、開通初日ということもあってか、この間の通過交通は10台ほど。ドライバーへの認知までは時間がかかりそうです。

また、若葉台駅へ抜ける坂浜平尾線が全通すれば、さらなる利便性向上と、黒川~若葉台の渋滞の軽減にもつながりそうですね。

区画整理の進捗については別で記事にします。

まとめサイトやキュレーションメディアへの引用と称した転載はおやめください。

[PR]
by yunomi-chawan1 | 2017-04-25 22:00 | 道路計画や開通など | Comments(0)

2017年春の稲城ふれあいの森

a0332275_17490887.jpg

今期の「稲城ふれあいの森」の開放が始まったので行ってきました。

稲城ふれあいの森は若葉台駅の東側にあり、春季と秋季の週末などで解放されています。

現在は私有地を市が借り受けて開放しているそうですが、将来的には「小田良谷戸公園」とする計画のようです。

坂浜平尾線建設のため、入口が小田良区画整理側に移動しています。入ったら名前と住所を書く必要がありました。

a0332275_17592400.jpg
a0332275_18024170.jpg

園内からは富士山も見えました。手前の土が見えている箇所は坂浜平尾線の建設中。

a0332275_18051635.jpg

南の泉のようす。きれいに整備されていました。手前の泉は水が湧き出ているのをためている様子でした。園内の斜面からほかにも水が湧き出ている場所がありました。

a0332275_18103172.jpg

フェンスの隙間から見えた西小田良の谷戸。園の外です。

坂浜平尾線と小田良区画整理によって消滅してしまったかと思いましたが残っていました。ここも将来的には公園の一部になるのかな。ぜひこのままの景色を残してほしいと思います。

a0332275_18141398.jpg

京王線に乗っていて一瞬だけ見える青い小さな橋。かつてはこちらが稲城ふれあいの森への出入口でした。こちらから入ったことがある記憶があります。

坂浜平尾線は橋の向こう側を横切るように建設中です。この橋もいずれ支障になりそうです。

a0332275_18180458.jpg

西小田良の谷戸を通る坂浜平尾線の建設現場はまだまだ完成には時間がかかりそうな雰囲気でした。

a0332275_18203040.jpg

京王線はこんな感じに見えます。手前の桜の木の枝が邪魔していてあまりいい構図ではないですかね。

a0332275_18232492.jpg

このあとは園を出て京王線の車窓から気になっていた橋の上へ。

富士山も見えて、切通しからやってくる電車、予想通りのいい景色でした。


a0332275_18290951.jpg

都営新宿線の電車も。

調布から橋本にかけて景色がみるみる変わる京王相模原線、まだまだ自然が残る稲城を走り抜ける電車でした。以前、電車に乗っていた外国人が調布側から稲城を過ぎたころに「Countryside!!」とはしゃいでたことあったなぁ。


[PR]
by yunomi-chawan1 | 2017-03-24 17:30 | 散策 | Comments(0)

稲城市内鶴川街道 拡幅進捗状況

稲城市内の鶴川街道で行われている拡幅工事の進捗を見てきました。

a0332275_17323919.png
a0332275_17393195.png

稲城市内の鶴川街道では拡幅工事が行われています。

若葉台駅付近の都県境~稲城駅付近の天王橋交差点の一部で、それぞれ交差点改良事業と道路事業で図の通り行われています。駒沢学園付近は完了しています。

計画幅員は20メートルで2車線。電線類は地中化される計画です。


a0332275_17450691.jpg

●都県境付近から稲城駅方面

この付近では「すいすい交差点 若葉総合高校入口」による交差点改良事業が行われています。若葉総合高校入口と若葉台入口交差点に右折レーンがなかったものを新設するもので、交差点付近でも拡幅が同時に行われています。

工事の進捗としては交差点付近の拡幅はほとんど完成していて、現在は電線を地中化する共同溝の整備が行われていました。

a0332275_17522779.jpg

●若葉総合高校入口交差点から稲城駅方面

若葉総合高校入口交差点には学園通りが接続しています。学園通りは平尾方面に行くメインルートになっていますが、幅員が狭く大型車は進入できないことから、100メートルほど先の若葉台入口交差点から坂浜平尾線の建設事業が進められています。


a0332275_17593172.jpg

●お部屋バス停から稲城駅方面

この付近から道路事業による拡幅が行われています。

現在の幅員は推定で7~8メートルほどと思われますが、拡幅後は20mとなる予定です。現在はガードレールのない歩道と、ガードレールだけで仕切られている歩道が両側にあるだけです。また車道も余裕がないため、バスが停車すると追い越せず詰まっている様子をよく見かけます。

この辺りは本格的な工事はまだ行われていません。

a0332275_18071090.jpg

この辺りではカーブを緩やかにするように計画線は右にずれます。この部分だけ一時的に歩道が消滅します。


a0332275_18121167.jpg

●移転した坂浜駐在所前から稲城駅方面

この付近から「すいすい交差点 坂浜」による交差点改良事業で拡幅が行われています。

この先の左側にあった坂浜駐在所はこの場所に移転してきました。移転前の土地は道路用地となる予定です。この付近でも用地取得が行われているのみで、本格的な工事は行われていません。

また、この付近を流れる三沢川も改良工事が進められていて、こちらも用地取得が行われているようです。

a0332275_18174872.jpg

●駒沢学園入口付近から稲城駅方面

この付近ではだいぶ前から拡幅が完了しています。


a0332275_18210566.jpg

ワークマン付近からは道路事業として拡幅が進められています。

a0332275_18283868.png

この付近の事業開始は2017年(平成29年)1月25日で、関東地方整備局告示第24号で認可が告示されました。

もともとこの辺りでは稲城市による土地区画整理事業が行われる予定で、区画整理による面的な整備で道路も整備する予定でした。しかし、住民の同意が得られなかったことや市の財政の問題から、東京都による道路整備事業とすることになった経緯があります。(一時的に多摩ニュータウンに組み込まれた時期もあったはず・・・)

a0332275_18393419.jpg

●百村工区から稲城駅方面

この付近は歩道が整備されておらず、大型車はすれすれを走り抜けます。並行する三沢川に遊歩道が整備されているので、道路が整備されるまではそちらを通行したほうがよさそうです。


a0332275_18422451.jpg

●天王橋交差点から若葉台方面

百村工区の東側から振り返ります。この部分は拡幅ではなく道路を新設して整備するようです。

多摩丘陵で地形が入り組んでいるため、取り付け道路の整備など、本道以外の整備も必要となり検討が進められているそうです。


[PR]
by yunomi-chawan1 | 2017-03-21 18:30 | 道路計画や開通など | Comments(0)

稲城長沼・南多摩 まちづくりの進捗を見る

南武線の工事が行われいて、区画整理も進む稲城長沼駅と南多摩駅周辺の進捗状況を見てきました。久々に来た感じがします。

a0332275_11454223.jpg

南武線の高架化工事は1992年(平成4年)に都市計画決定、1993年(平成5年)に着手、矢野口駅側から高架化を完了し、2013年(平成25年)12月に上下線で高架化、2015年(平成27年)3月に稲城長沼駅の4線化が完了し、残る側道工事が続けられてきました。この工事も2016年(平成28年)3月末で環境影響評価条例に基づき工事が完了したことが2017年(平成29年)2月9日付の東京都公報で公告されました。

a0332275_11465701.jpg

四半世紀に及ぶ連続立体交差事業も終わり、同時期から行われている駅周辺の区画整理事業も加速しそうです。

a0332275_11532768.jpg

2016年(平成28年)4月23日には、いなぎ発信基地ペアテラスが高架下にオープン。稲城市の特産品などを扱っていて、稲城市の情報発信基地としているようです。

メカニックデザイナーの大河原邦男氏の地元であることから、ペアテラスの前にはガンダム像も設置されています。

a0332275_11595972.jpg

稲城長沼駅南口駅前は区画整理中のため殺風景。今後都市計画道路の建設と駅前広場の建設がおこなわれる予定です。

a0332275_12062008.jpg

北口側は都市計画道路予定地が整地され、大きめの建物が建設されました。まだまだ大きな変化はなさそうですね。

a0332275_12104053.jpg

南武線高架の北側には側道が整備され2016年(平成28年)6月1日に開通しました。信号機もなく非常に走りやすい道です。稲城市が道路名称を募集しています。

高架下には駐輪場なども整備されています。また、稲城長沼駅西側の高架下には富士シティオのスーパーFUJIが出店予定で建設が進められていました。稲城市内の南武線各駅に出店となりますね。ただ、現在駅前にあるグルメシティと明らかに競合しそうです。グルメシティは数年後には区画整理に影響も受けそうですが。

a0332275_12164753.jpg

南多摩駅の北口には駅前広場が整備されました。これに伴って2016年(平成28年)4月1日に稲城iバスの乗り場が仮広場から移設され、6月1日からは若葉台駅とを結ぶ大型バスによる路線バスも開設されました、

現在は駅前広場の一般車部分を工事していて、駅前広場はさらに拡張される予定です。

a0332275_12214208.jpg

南多摩駅前には東横インができると稲城市議会議員のサイトにて書き込みがありました。南多摩駅にビジネスホテルなんて想像もつかなかったですが、進化していってますね。また、駅の向こう側、富士通があった跡地にはジョイフル本田ができる予定です。これからますます進化しそうな南多摩駅前です。


[PR]
by yunomi-chawan1 | 2017-03-14 17:30 | 地域 | Comments(0)

多摩3・4・17号坂浜平尾線 上平尾トンネル区間開通!

坂浜平尾線(上平尾~学園通り)5月30日開通への続きです。


開通!
a0332275_00572539.jpg
5月30日14:45頃多摩都市計画道路3・4・17号坂浜平尾線の、上平尾バス停~学園通り区間開通しました

a0332275_00592942.png
開通区間は稲城上平尾土地区画整理事業区域内です。
当日は13:30頃より記念式典が挙行され、区画整理組合長、稲城市長、地元選出都議会議員ほか来賓、ほか地元の方が集まり、通り初めが行われました。

a0332275_00563816.jpg
開通区間には、稲城市で初の車が通れるトンネルとなる上平尾トンネルも整備されました。
トンネルは2車線で両側に歩道があります。ただし、南側歩道は学園通りとの交差点で横断歩道が整備されていないので注意してください。

このトンネルの開通により、これまで地元で「地獄坂」と呼ばれる急で狭い道を通って通学していた稲城二中の生徒は、この道で通学できるようになったようです。

a0332275_21234716.jpg
道路の開通と同時に、上平尾バス停付近文字色区画整理地内中央の十字路信号機が点灯しました。

a0332275_01085041.jpg
トンネル南側には消防出張所が建設中です。式典での挨拶によると、2017年(平成29年)春の開所を目指しているそうです。(写真の緊急車両は展示用)

また、式典での挨拶によると、沿道にはドラッグストアなどの出店も計画されているそうで、こんご沿線の利便性が高まるといいですね。

a0332275_01092078.jpg
現在、新百合ヶ丘駅バス停~上平尾区画整理バス停を結ぶ新08系統はの路線延伸は今回はありません。将来は若葉台駅まで路線延伸するとの話も。

経緯とこんご
【坂浜平尾線】
この道路は、1969年(昭和44年)1月29日に都市計画決定されました。
のちに、この地域で東京都による土地区画整理事業が事業が決定するも中止となり、現在は2010年(平成22年)7月より組合による土地区画整理事業が行われています。

今回開通した区間は、稲城上平尾土地区画整理事業によって整備された区間で、残る稲城小田良土地区画整理事業と東京都による整備区間は工事が行われているようです。
多摩3・4・17号坂浜平尾線(都整備区間)の現況[2016年3月]
なお、開通式典での地元の都議会議員の話によると 、東京都整備区間は100%用地買収が完了しているとのこと。早期の開通を目指しているようですが、全線開通までもう少し、時間がかかりそうですね。
a0332275_00531026.jpg
▲若葉台方面に向けて工事が続けられている。
a0332275_00533605.jpg
▲全線開通後は学園通りを峠として急な坂が続きそうだ。



【小田良上平尾線】
稲城上平尾土地区画整理地内を川崎市から小田良方面へ抜ける道ですが、区画整理地内では見る限りほぼ工事が終了しているようです。

a0332275_17073004.jpg
また、川崎市側の接続する栗木線も整備され小田良上平尾線と接続されていますが、バリケードで塞がれてまだ交通解放はなされていません。
a0332275_01103624.jpg
現場にあった貼り紙には、交通解放は警察と協議中とのことで、開通が待ち遠しいですね。この道が解放されると、平尾団地を通らずに済むようになります。

同様に、その貼り紙によると、稲城上平尾土地区画整理事業の進捗率は75%を超えたそうです。

当日の様子


続きはここをクリック
[PR]
by yunomi-chawan1 | 2016-06-02 15:32 | 道路計画や開通など | Comments(2)

坂浜平尾線(上平尾~学園通り)5月30日開通へ

【追記】5月30日に上平尾土地区画整理地内の区間が開通しました!詳しくはこちら


開通区間

a0332275_18563331.png
5月15日付の稲城市広報にて、都市計画道路 坂浜平尾線上平尾バス停付近~学園通り間5月30日月曜日に開通することが発表されました。
13:30より記念式典、15:00より交通解放だそうです。(5/28追記)


この開通により、稲城上平尾土地区画整理事業地内の正式な交通解放となります。
a0332275_18072586.jpg
このブログでも何度か紹介しているトンネルは上平尾トンネルと名付けられます。このトンネルが稲城市内で初めての自動車が通れるトンネルとなります。
信号機は3月ごろに取り付けられています。まだ区画線などは正式なものが引かれていないため、30日までに引かれるものと思われます。

写真右側に「上平尾区画整理バス停」の折返場があります。この新百合ヶ丘駅とを結ぶバス路線は「新百合若葉台線」と名付けられているそうで、将来若葉台駅へ乗り入れることが約束されているような路線だそうです。

その奥には消防署が建設されています。地元都議会議員のサイトによると、敷地面積約1380平方メートルで地上3階建て、消防ポンプ車1台、救急車1台の25人態勢で、2016年(平成28年)12月の開署2017年春(5/30訂正)を目指しているそうです。なお、現在稲城市は単独で消防事業を行っていますが、将来東京消防庁へ移管されてもよい規格で建設されているそうです。
いままで消防が手薄だった平尾や若葉台地区にとっては良いですね。

a0332275_18224707.jpg
開通範囲の東の端(上平尾バス停側)では交差点改良工事が行われていました。これは、従来曲がり角だったものを、十字路にするもので、信号機も取り付けられました。

a0332275_18271067.jpg
開通区間終点の学園通り側では、交通解放に向けた準備が進められていました。
なお、この学園通りには稲城二中があり、このトンネルを通って通学できるようになると安全性が向上しそうです。

都整備・小田良土地区画整理区間は
a0332275_19053105.jpg
小田良土地区画整理事業地内も概ね形になっています。この先東京都整備区間となります。
この右側には商業施設を誘致しているそうです。

a0332275_18372193.jpg
坂浜平尾線の東京都整備区間は引き続き工事が行われています。坂浜橋(仮称)も後続の入札がでているようで、予定通り2018年度(平成30年度)までには開通するものと思われます。これが開通するまでは学園通りを引き続き車が多く走ることになります。

多摩3・4・17号坂浜平尾線(都整備区間)の現況[2016年3月]
栗平方面・小田良方面の開通は?
a0332275_18430729.jpg
栗平方面へは、都市計画道路栗木線に接続しすでに工事は完了していますが、バリケードで覆われています。なお、今回の発表ではこちら側の開通は記載されていないのでまだなのかもしれません。こちら側は住宅建設や日本大学学生寮の建設がまだ完了していないからでしょうか?

a0332275_18480107.jpg
小田良方面は稲城小田良土地区画整理事業が実施中で、開通は当分先と思われます。


そのほか土地区画整理地内のこと
a0332275_18503985.jpg
上平尾区画整理地内の東側には公園が整備中で、現場の看板によると5月下旬に解放されるそうです。見た感じ水が流れる場所があるようです。

ギャラリー
a0332275_18534867.jpg
▲トンネル手前には開通時期を知れせる看板が立っていました。

a0332275_19251534.jpg
▲2013年撮影
区画整理の工事も初期段階でした。手前の調整池は現在は埋められています。

a0332275_19251817.jpg
▲2013年撮影 上平尾バス停付近から
当時はまだ中に入ることができませんでした。上平尾トンネルの工事もまだ行われていなかったようです。

a0332275_19252341.jpg
▲2014年撮影
ようやくトンネルの工事が始まりました。ここの工事は一度掘削してから埋め戻す方式です。カルバート方式とでも言うようです。

a0332275_19252589.jpg
▲2015年秋撮影
ようやくトンネルらしくなってきたころです。

関連記事:過去の記事


以前の記事(以前のブログの方に飛びます)別窓



まとめサイトによる引用を含め、当ブログの文章および画像の無断使用および転載を禁止します。引用と言って無断使用することもお断りいたします。リンクは歓迎いたします。
[PR]
by yunomi-chawan1 | 2016-05-13 18:00 | 道路計画や開通など | Comments(1)

稲城上平尾土地区画整理事業[2016年3月]

稲城上平尾土地区画整理事業を取り上げるのももう何度目になるでしょうか。半年ぶりに様子を見てきたので報告します。

その前に、過去記事一覧です。

以前の記事(以前のブログの方に飛びます)別窓


この土地区画整理事業については、過去記事を読んでいただければ書いてありますが、概要だけ記載しておきます。
この土地区画整理事業は2010年(平成22年)より約25.1haの土地を組合(民間)によって行っている事業です。もともとは多摩ニュータウンとして、東京都が事業主となって周辺地区も含めて土地区画整理事業を行う予定でしたが諸般の事情により断念。その後、地主等で作る組合で施行されています。


a0332275_22572623.jpg
入れた範囲(完成した範囲)は前回と変わっていません。
事業期間は今のところ2017年度(平成29年度)(2018年3月)までの予定です。順調ですね。
a0332275_22581272.jpg
▲新百合ヶ丘方面より入ったところ。
この辺りは初期の段階で完成していて特段の代わりはないですね。中央の白線が一般的なものより若干薄い気がするので、あとで塗り直すのかどうかってところでしょうか。
a0332275_00472688.png
この道は、以前よりブログでも紹介している、多摩3・4・17号坂浜平尾線です。
区画整理地内は、それぞれの土地区画整理組合が、その他の地区は東京都が施行しています。

ちなみに、東京都整備区間は平成25年1月29日に、区画整理組合整備区間は平成27年12月2日に都道19号町田調布線に編入されています。

最近の市議会録や都議会録によると、区画整理地内の南部の端~学園通りまでの区間は2015年度末(平成27年度末)、東京都施行区間は2017年度(平成30年度)を目処に開通を目指してるとのことでした。ただ2015年度末(=2016年3月)は厳しいか?
東京都施工区間では現在、若葉台入口交差点付近の三沢川を越えるための「坂浜橋(仮称)」の下部工事等が行われています。用地取得率は100%とのこと。

a0332275_23074153.jpg
区画整理地内南部の、平尾地区に面した三叉路になる地点では、警察やバスを運行する小田急バスの担当者などによって、ちょうど打ち合わせが行われていました。
すぐそばを通っただけなのでよくわかりませんが、正式に三叉路として供用開始するにあたって、信号機の設置等を協議していたのではないかと推測しています。


a0332275_23081548.jpg
▲区画整理地内の中央の十字路より若葉台駅方面を望む
交差点には信号機が設置されました。訪問時点ではまだ稼働はしてませんでした。
地元選出の都議会議員のホームページに、そろそろ信号機が設置されると書かれていたので気になっていたところでした。

正面には開通が待ち遠しい坂浜平尾線のトンネル。内部の照明等が取り付けられたようです。舗装はまだみたいです。
実は、このトンネルが稲城市で初めての車用トンネルになるみたいです。


a0332275_23084316.jpg
▲トンネル側より新百合ヶ丘方面を望む
こちら側からのアングル撮影は初めてだったでしょうか。見通しが若干悪かったみたいですね。
街路灯の設置等も進み、開通に向けた準備が進められています。こちら側はまだ工事車両がたくさん通るためなのか、白線が引かれていません。

a0332275_23085560.jpg
区画整理地内の「上平尾土地区画整理」バス停。このブログでも何回か紹介してます。
このバス停が登場したときは、ネーミングから話題となりましたね。区画整理が終了したら「上平尾中央」とかになるんですかね?

バス停の写真を撮っていたら運良くバスが到着。バス停の前でスピードを落としてくれたのは、私が撮影していたからご厚意だったのか、怪しまれたのか…わかりませんが、どこかで見たネット記事みたいな写真が撮れました。

a0332275_23091029.jpg
バスはトンネル脇の回転場に行きます。
将来はトンネルを抜けて若葉台駅方面へ路線バスができるだろう…とは想像しています。このバスが直進してトンネルを抜ける姿を妄想。
いまは1時間に1本程度で、2時間近く来ない時間もあるランダムダイヤですが、若葉台駅~新百合ヶ丘駅の路線がちゃんと開設されれば便利になります。

a0332275_23092493.jpg
現在、トンネル先の土を取り除く工事をしていて、取り除いた箇所から稲城若葉台のマンション群が見えるようになったのです!
稲城若葉台もすぐそこまで見えてますね!

a0332275_23094314.jpg
トンネル前の空き地ではなにやら建設中。看板には消防団とその施工者が書かれていたので、消防団の詰所か、消防署でもできるのでしょうか。
稲城の平尾地区は、他の稲城市の地区とは山で隔てられていましたが、この道の開通により若葉台と行き来がしやすくなることを考えると、ここに防災上の施設ができれば良いかもしれませんね。

まだ区画整理地内にショッピングができるようなものがなく寂しい感じもします。市議会録によると、付近の土地利用の都市計画を変更したそうで、トンネルを越えて学園通りと交差する付近に商業施設等を誘致しているとのことでした。

a0332275_23101729.jpg
▲小田良上平尾線より、中央の十字路を望む
こちらは将来右折レーンでもできそうな道幅です。
将来は直進して、小田良土地区画整理事業地へ抜け、鶴川街道へ接続する予定です。鶴川街道付近は稲城市が施行する予定で、2016年度から10年間で優先的に整備する第4次道路整備方針の優先整備路線に指定される予定です(※今月末にも発表予定)。
正面の道路はトンネルか、切り崩すかすると思われます。上に道路があるためそれを考慮した作りにするのと、反対側の小田良土地区画整理事業との進捗もかねて工事をすると思いますが、まだ動きは見られません。
(個人的に、鉄塔付近の事業所の塀が壊れそうでこわい。)

a0332275_23103016.jpg
多摩3・4・36号線です。道はほぼ完成していますが、センターラインや歩道の植樹はまだ完成していません。
ここはもともと、尾根があって、道路に横たわるようにしてありましたが、大きく切り崩し壁ができています。
この先、進めそうですが、簡易的なバリケードがあるのでやめました。

上平尾の中央の先程紹介した交差点に信号機が設置されたことを踏まえると、開通も近いと思われます。

現場の作業員いわく、「工事は3月にも終了、稲城市に引き渡しとなるのはもう少し先になる」とのこと。
稲城市に電話で問い合わせると、「区画整理組合がやってるから詳細はわからない」とのことでした。

年明け早々に市議会議員が市内のバスツアー(団体視察)を行って、ここの写真をネットに載せられている議員もいました。

a0332275_23104637.jpg
川崎側からはこんな感じ。バリケードから数十メートルは川崎市なので、区画整理組合ではなく川崎市が施行しています。施工は区画整理と同じ清水建設だったはず。
川崎市内は川崎3・4・23号栗木線です。

a0332275_23105886.jpg
こちらの方がバリケードが固いですね。
写真を撮っていたら散歩のおばさんが「まだ開通しないのか」と引き返していきました。
この道が開通すると川崎市と稲城市を結ぶ数少ない道のひとつとなり、平尾団地内を抜けていた車がこちらに移行することも考えられますね。

a0332275_23110983.jpg
バリケードの隙間より覗くとこんな感じ。センターラインが引かれているところまでが川崎市です。その奥が区画整理地内となっています。
川崎市は植樹なしで柵だけになってます。
川崎市が最近新設する幹線道路は植樹が少ない気がするのですが、ケチってるんですか。



とりあえず、坂浜平尾線、小田良上平尾線(栗木線)ともに、開通が待ち遠しいですね!
[PR]
by yunomi-chawan1 | 2016-03-23 07:00 | 地域 | Comments(0)

2016年着手 読売ランド線と現在のランド坂

事業着手と概説

2016年(平成28年)2月26日、多摩都市計画道路3・4・12号読売ランド線が着手された。
a0332275_14290191.png

この都市計画道路は、稲城市の榎戸交差点~よみうりランド丘の湯付近の都県境までの道で、榎戸交差点~京王相模原線付近は完成している。

今回着手されたのは、その南側の京王相模原線付近~土地区画整理事業の境までの約550mの区間だ。
それより南の区間は南山東部土地区画整理事業によって整備される予定。

計画幅員は16~18メートルで、事業期間は平成27年度~平成33年度となっている。事業費は約21億円で、施行は稲城市に委託される。

現在は都道124号稲城読売ランド前停車場線として幅員約8メートルで、ほとんどの区間で歩道がない。また、稲城や北多摩地域と川崎市を結ぶ数少ない幹線道路のひとつで、大型車も多く走っている。路線バスも1時間に数本走っている。
また、途中にヘアピンカーブがある。バイクの走り屋が盛んだった頃は、暴走する単車が多くいたそうだ。通称「ランド坂」と呼ばれている。

今回はその現在の道を見てみる。


現在のランド坂
北側の京王相模原線付近から都県境付近まで、順に追っていく。
a0332275_14194737.jpg

▲京王相模原線高架
事業区間の始まり。左へ高架橋の下を行くと京王よみうりランド駅に突き当たる。
遊園地は「よみうりランド」と平仮名で表記するが、道路名称や信号機の看板は「読売ランド」と漢字になっている。何か嫌なことでもあるのだろうか。


a0332275_14194960.jpg

▲弁天洞窟の下(北)あたり
このあたりから、しっかりとした歩道が消滅する。
正面に見えているバス停は北行きの「弁天洞窟バス停」で、弁天洞窟はこの先左側にある。ただし、ここのところ開いていないようだ。

このあたりで右側に、多摩都市計画道路7・4・5号東長沼矢野口線がぶつかる予定。東長沼矢野口線は西へ抜け、稲城大橋通りの南側に接続する予定。区画整理地内は区画整理組合が整備している。

a0332275_14195261.jpg

▲弁天洞窟のあたり
見えているバス停は南行きの「弁天洞窟バス停」。このあたりから勾配がきつくなる。
なおこの道は、駅のあたりからよみうりランド付近までUターンは禁止になっている。大型車も普通に通るので注意が必要。

a0332275_14195561.jpg

▲グランドパークの北側あたり
地元ロータリークラブによる注意看板。「まがりきれない、とまれない」とこの先を注意している。

a0332275_14195739.jpg

▲グランドパークが右側にある
道路計画では、この正面にトンネルを造り突き抜ける計画だ。
現道は左へそれる。この先がカーブ連続区間となる。

写真正面には「よみうりランド坂下」バス停がある。


a0332275_14555721.jpg

▲急カーブ区間の始まり
ここで一旦右側(西側)の歩道は消滅する。
この先左へカーブする。

a0332275_14560184.jpg

▲左カーブ後
今度は右側へカーブする。
路面は凸凹舗装となり、縦に溝も入れられている。

a0332275_14560405.jpg

右カーブ後
再び右カーブする。
この先でヘアピンカーブになるが、その折り返した道が正面に見える。高低差がよくわかる。

a0332275_14560893.jpg

▲ヘアピンカーブが見えてきた
今度は左の歩道が消滅する。ヘアピンカーブあたりからは右側歩道が消滅する。歩くのは危険だ。迂回ルートとして、よみうりランドロープウェイ下の巨人への道という遊歩道を使うことをおすすめする。ただ、このランド坂を歩く人は結構いるから驚き。

a0332275_14561070.jpg

▲ヘアピンカーブ
ヘアピンカーブと言っても、たぶん緩やかな部類かな。とてもきれいなカーブなのでずっと見てしまった。

a0332275_14561225.jpg

▲180°パノラマで撮影するとこんな感じ
肉眼ではこんな感じに見える。

a0332275_14561492.jpg

▲上からヘアピンカーブを見る
高低差がすごい。ヘアピンカーブから右奥に延びる道は、南山東部土地区画整理事業の工事車両搬入搬出口。係員が2人いて案内をしていた。意外と入りやすい場所なのかもしれない。

a0332275_14561739.jpg

▲神奈川県へ
頂上につくと神奈川県に入る。ちょうど峠のような形になっている。神奈川県区間は住宅整備に伴っておおかた道ができているが、こちらも狭い。この先を抜けると世田谷通り(津久井道)へとぶつかる。
左側はよみうりランドだ。

下りバス車内から

下りはバスに乗ったのでその様子。
a0332275_15070655.jpg

▲東京都へ入る
ここから狭くなる。

a0332275_15071028.jpg

ランド坂の上
左へ曲がるとランド坂のヘアピンカーブへ差し掛かる。
将来は正面へ道ができる予定。

a0332275_15071147.jpg

▲ヘアピンカーブへ
ヘアピンカーブへ差し掛かる。ブレーキをかけてスピードを落としながら進む。
a0332275_15071425.jpg

▲曲がってる最中

a0332275_15071663.jpg

▲曲がりきれた
カーブは曲がりきれた。普通乗用車もバンバン走ってくるので注意したい。

a0332275_15071804.jpg

▲左へカーブ
a0332275_15072082.jpg

▲順調に下る
スピードを控えめに順調に下って行く。

a0332275_15072286.jpg

▲左が都市計画道路7・3・5号の場所

こうして無事に駅へ到着した。

その他写真


ここをクリック
[PR]
by yunomi-chawan1 | 2016-03-03 16:30 | 道路計画や開通など | Comments(0)


http://ricebowl.exblog.jp の続きです。鉄塔、鉄道、街作り、用水など。


by yunomi-chawan

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

メモ帳

2015年にブログを移転しました。一部リンクが前のブログに飛びます。

まとめサイト等への画像の無断使用と引用を禁止します。

非公開コメントへの返信は基本的に行っておりません。

以前のブログ
過去のトップ画
ランダム表示
索引
地図から探す
送電線索引
継続記事検索
YouTube
大丸用水


カテゴリ

全体
恐怖シリーズ
ブログ
鉄道
鉄塔
散策
駅シリーズ
地域
米タン
道路計画や開通など
未分類

最新の記事

調布3・4・17号狛江仙川線..
at 2017-05-21 22:00
調布駅付近連続立体交差 5年..
at 2017-05-19 14:30
開通間近 調布3・4・17号..
at 2017-05-14 18:00
田んぼの中の相模線入谷駅
at 2017-05-12 06:00
相模総合補給廠内の新設道路を..
at 2017-05-07 18:00
上平尾・小田良区画整理の進捗..
at 2017-05-05 17:00
日野バイパス延伸部 進捗状況..
at 2017-04-30 11:00
南多摩駅北口駅前広場拡張、ヤ..
at 2017-04-29 08:00
立川基地跡地昭島地区の道路開通
at 2017-04-28 00:00
小田良上平尾線・栗木線 開通
at 2017-04-25 22:00

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月

最新のコメント

先輩のお家からは遠いです..
by 渡邊(生物部) at 12:46
10時半~11時半ごろ、..
by yunomi-chawan1 at 22:51
また出没するかもしれませ..
by yunomi-chawan1 at 09:08
私の家のとても近所です!..
by 渡邊(生物部🐥) at 20:09
基地問題は沖縄県のみなら..
by yunomi-chawan1 at 22:24
相模原米軍基地はこの際、..
by 稲美弥彦 at 20:59

検索

タグ

(23)
(17)
(9)
(7)
(7)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)

記事ランキング