タグ:小平市 ( 4 ) タグの人気記事

小平3・3・3号 武蔵野美大区間開通へ

小平都市計画道路3・3・3号新五日市街道線の小川町1丁目区間が3月23日に開通するのを前に様子を見てきた。

a0332275_16174364.png

新五日市街道線は北多摩の武蔵野を東西に通る都市計画道路。現在ある五日市街道のバイパスとなるよう計画されているが、多くの部分で未着手となっている。

2016年(平成28年)春に策定された『東京における都市計画道路の整備方針(第四次事業化計画)』の中で、新五日市街道線の東側(小金井市付近など)と西側(福生市付近)は優先的に整備すべき路線に位置付けられたが、小平市内の区間は一部を除き見通しはない。

今回開通するのは武蔵野美術大学の構内を含めた区間。この区間は現在は五日市街道のバイパスというよりも、区画整理で完成した区間をつなぐために整備されたといっていいだろう。将来的に五日市街道のバイパスになる可能性は十分にあると思う。

a0332275_16210694.jpg

▲美大通りから西側をのぞむ[地図]

美大通りから西側をみる。バス折返場がある北側。この辺りは区画整理で完成した。道路の本来の計画では4車線になる幅員だが、大きな中央分離帯をもつ2車線になっている。

a0332275_16254815.jpg

▲今回開通する区間の東側[地図]

今回開通する区間の東側。ここを訪問した3月11日現在、開通に向けたしめの作業が行われていた。もともとは大学の敷地内でキャンパスの建物もたっていたようだ。

この道路は2016年3月25日付東京都告示第525号で都道16号線に編入された。この区間は自治体が東京都から予算をもらって都道を整備する(とてもざっくりした説明)「みちづくり・まちづくりパートナー事業」で整備された。

区画整理で整備した区間も都道ではあるが、設置されている街灯には小平市の管理札が付いている(開通区間はわかりません/無電柱化はされています)。

a0332275_16350140.jpg

▲今回開通する区間の西側[地図]

武蔵野美術大学の西側から東側をのぞむ。こちらでも最終の工事が行われていた。この区間が開通すると武蔵野美術大学を迂回せずに済むようになる。開通区間はここまで。

a0332275_16402750.jpg

▲まもなくけやき通りにぶつかる[地図]

既開通区間を進むとけやき通り(小平3・4・23号国立駅大和線)とぶつかる。これより南側の玉川上水との交差部分は昨年2016年(平成28年)3月22日に開通した。それより南側は現在は五日市街道まで開通しているが、将来的には国立駅まで繋がる予定で、『東京における都市計画道路の整備方針(第四次事業化計画)』において優先的に整備すべき路線に位置付けられた。なお、既に立川市内の区間は事業化に向けて動き始めているようだ。


by yunomi-chawan1 | 2017-03-16 17:30 | 道路計画や開通など | Comments(0)

国分寺/小平3・2・8号 府中所沢線の進捗状況 2017年3月

昨年に引き続き、国分寺3・2・8号小平3・2・8号府中所沢線の進捗状況を見てきた。

a0332275_22110756.png

これは町田市~所沢を結ぶ多摩南北道路主要5路線のうちの1つで、国分寺市内の区間と小平市内の区間で事業が進められている。新府中街道と呼ばれる予定。

このうち国分寺市内の南側、多喜窪通り~熊野神社通り間2017年3月16日木曜日に開通予定で、3月11日に交通解放記念式典が開かれた。

国分寺3・2・8号府中所沢線(新府中街道)の記念見学会

このうち、未開通区間の状況を見てきた。道路の詳細については昨年の記事に書いたので一部割愛する。

国分寺3・2・8号府中所沢線 進捗状況2016年3月
小平3・2・8号府中所沢線 進捗状況2016年3月

a0332275_10163428.png
国分寺市内区間
a0332275_10211364.jpg

▲熊野神社通りから小平方面をのぞむ[地図]

工事中の区間の南端となる、熊野神社通りからの北側の風景。手前側は2017年3月16日に開通予定。昨年と比べると交差する道路の歩道の縁石が切り落とされた程度で、さほど変わりはないように思える。

a0332275_10364663.jpg

▲日吉町四丁目付近から小平方面をのぞむ[地図]

先の方まで見通せる状態となっている。この付近では本体工事に着手している様子は見られず、五日市街道までの区間で工事中の区間もなかった。

a0332275_10423249.jpg

▲都道222号線の交差部から小平方面[地図]

こちらも1年前と大した変化は見られない。ここでは都道222号線とやや鋭角に平面交差することになるので、交差点形状がどうなるのか少し気になるところだ。

写真の右に行くと恋ヶ窪駅・国分寺市役所方面、左に行くと国立駅方面となる。恋ヶ窪駅方面の現在の府中街道との交差点「恋ヶ窪交差点」は複雑な形状で渋滞が発生しているようで、右折レーンなどを整備する事業も行われている。また最近では恋ヶ窪交差点付近で渋滞した車列の間をすり抜けようとした自転車がはねられる事故も発生している。

a0332275_10500246.jpg

▲戸倉通りの交差部から府中方面[地図]

西武国分寺線をアンダーパスで越えて、戸倉通りとの交差部から府中方面。アンダーパスになるトンネル区間は昨年の時点で完成しているようだった。

a0332275_10564990.jpg

▲五日市街道の交差部[地図]

五日市街道の交差部で、奥が五日市方面、手前が新宿・上水本町方面。3・2・8号線は左側が国分寺・府中方面、右側が小平・所沢方面

この辺りがちょうど市境になっていて、都市計画道路の名称が変わる。左側の国分寺市の方が事業認可が早かったため進捗具合も早くなっている。

交差する五日市街道も右折レーンなどを設けるためか、交差点付近だけ拡幅が事業化されている。かつては渋滞の名所として知られていた上水本町交差点は手前にあるが、交差点が接近することになりそう。

小平市内区間
a0332275_11065653.jpg

▲玉川上水北側の雑木林[地図]

玉川上水を越えて小平中央公園に隣接する雑木林。林の形状等に変化は見られなかった。玉川上水にも変化はない。

a0332275_11151391.jpg

▲小川町東交差点から府中方面[地図]

事業区間の北端である小川町東交差点から事業方面。この交差点は青梅街道と交わり、府中街道が互い違いに交差していて特殊な信号サイクルとなっている。開通後は府中街道は直進して進めるようになる。開通後の現在の府中街道の扱いをどうするのか気になるところだ。

小平市区間・国分寺市区間全体的にみると昨年と大きな変化は見られなかった。国分寺市区間の南端部が開通すつことにより、本体工事は残る未開通区間に移ってくるのではないかと思う。

府中街道は東村山方面でも拡幅新設に着手している(ただし東村山区間は2車線)。


by yunomi-chawan1 | 2017-03-13 09:00 | 道路計画や開通など | Comments(2)

小平3・2・8号府中所沢線 進捗状況2016年3月

事業概要

a0332275_08554927.png
小平都市計画道路3・2・8号府中所沢線の進捗状況を見てきた。
この都市計画道路の未完成部分は国分寺市東戸倉2丁目~小平市小川町1丁目(五日市街道~青梅街道)を結ぶ延長約1,445mの道で、計画幅員は32m~36mとなっている。1963年(昭和38年)8月3日の建設省告示第1909号で都市計画決定され、2013年(平成25年)7月30日の関東地方整備局告示第345号にて事業認可された。
事業期間は平成25年~平成31年となっている。

なお、五日市街道から北側へ数メートルの区間は国分寺市内であり、この区間の都市計画道路名は国分寺3・2・8号である。

a0332275_09012011.png
前回記事の国分寺3・2・8号と合わせて、少し遅れながらも事業を進めていて、完成すると現在2車線の府中街道のバイパスとなることが期待されている。
また、現在すでに開通している区間を含めた、中河原駅から北の区間を鎌倉街道から新府中街道に名称を変更した。
当時のブログ記事→鎌倉街道から新府中街道へ名称変更


事業着手に至るまで

この道路計画事業は、1963年の都市計画決定以降、計画を変更するよう運動が続けられてきた。1966年には都議会で小平鷹の台団地貫通の計画路線の変更に関する請願が採択された。
その後、東京都は1989年に、多摩地域都市計画道路基本計画によって優先的に整備すべき路線、1996年の多摩地域における都市計画道路の整備方針(第二次事業化計画)での優先整備路線に指定されるなどした。また、2006年には多摩地域における都市計画道路の整備方針(第三次事業化計画)で優先整備路線に指定された。

この間、事業着手までに住民運動が続けられた。
2012年10月に小平都市計画道路に住民の意思を反映させる会を発足。7593筆(有効署名7183筆)の署名を提出した。
2013年2月には東京都の小平都市計画道路3・2・8号府中所沢線計画について住民の意思を問う小平市条例を小平市長に直接請求。審議会を経た後、3月に本会議で賛成多数により可決された。4月16日には東京都の小平都市計画道路3・2・8号府中所沢線計画について住民の意思を問う住民投票条例が公布施行され、投票日を5月24日にした。4月24日には市長が条例に成立条件として投票率50パーセントを付け加え、臨時市議会で同数により議長採決により可決された。
そして、5月26日に住民投票を実施投票率35.17%で不成立となり開票されなかった。翌27日に会は結果を情報公開請求、その翌28日に東京都は国土交通省に事業認可を申請した。情報公開請求は6月3日に非開示となった。

2013年7月30日に事業認可された。
その間、会によって住民投票の開示を求める請求が行われ、裁判が行われるが、地裁、高裁、最高裁のいずれでも会が敗訴している。
裁判等については新聞の地域面にも何度か掲載されているためご存知の方も多いと思う。

詳しいことについては小平都市計画道路に住民の意思を反映させる会のサイトに詳しく書かれているので参照されたい。ただし、東京都が示している認可期日とずれが生じている気がする。
小平市で住民投票!

この会は別の道路事業でも歩く会をするなど運動をしており、上記サイトもそうした観点から書かれていることを留意すべき。また、賛成、反対派の意見をよく見ることも重要だと思われる。


現在の状況
a0332275_09422436.jpg
▲現場に設置されたお知らせ看板

a0332275_09491777.png
▲五日市街道手前から小平3・2・8号方面を望む
手前側は国分寺3・2・8号で、こちらが先に事業化している。数年で開通すると思われる。
左右に横切るのが五日市街道。五日市街道は2車線の交通量に見合わない細い道のため、交差点を先頭とした渋滞が発生することが多い。

a0332275_09551037.jpg
▲五日市街道を西へ望む 先の信号機の奥で左右に府中所沢線が交差する
五日市街道はこのような感じ。この付近は、現在の府中街道と交差する上水本町交差点に右折レーンを設ける工事の際、若干拡幅されている。この先の区間は歩道も狭い。

a0332275_09585044.jpg
▲計画線上の街並み

a0332275_10073672.jpg
▲玉川上水
この付近を左右に道路は横切る予定だ。
右側が府中方面、左側が所沢方面となる。

a0332275_10094182.jpg
▲小平中央公園の雑木林
道路は小平中央公園の雑木林を突き抜ける。この部分に関してはすでに道路用地が確保してあり、柵で囲まれていた。

a0332275_10131086.jpg
▲住宅街
この付近は昔の町割りの名残で、縦長の土地に住宅が並んでいる。
道路はその町割りとほぼ並行するようjに計画されている。
町のあちこちに上のような張り紙を見かけた。

a0332275_10155046.jpg
▲たかの街道より南を見る
道路反対と計画道路幅である36メートルを示す看板が掲げられていた。
a0332275_10450604.png
36メートル道路は中央に4車線の16メートル道路、左右に10メートルの環境施設帯がそれぞれ設けられる。環境施設帯というのは植樹帯や、側道を設けるもので、最近開通した調布保谷線でも取り入れられている。
この環境施設帯を整備するために、都市計画を変更した経緯もある。
a0332275_10175188.jpg
▲開通済みの区間を望む
ここで開通済みの区間とぶつかる。小川町西交差点で、この交差点は現在の府中街道がクランク上になっていて、車列ができていた。新府中街道ができるとそのまま直進できるようになる。

a0332275_10361918.jpg
▲小川町南交差点から計画線を望む
現在は貸しコンテナ等がある。


全体的に開通までにはまだ時間が必要だと感じた。
このほか、北の区間の東村山駅付近でも府中所沢線の道路事業をしているので、それも含めた南北の幹線道路となりそうだ。


※掲載の写真で洗濯物等はモザイクを入れていますが、万が一気に障ることがありましたら、コメント欄にてお知らせください。

2017年の進捗については以下

by yunomi-chawan1 | 2016-03-05 18:00 | 道路計画や開通など | Comments(2)

下水道管の中へ・・・小平市ふれあい下水道館

汚い物(略)が苦手な方はバックバック!!

a0332275_16324958.jpg

▲外観
小平市のやや南寄り。府中街道に面し、玉川上水の南側に「小平市ふれあい下水道館」なるものがある。
下水道を「ふれあう」なんて、ふれあいたくもない。ま、毎日お世話にはなってるよ。しかも「下水道館」って「下水道管」とかけているのだろうか。
外観は至ってふつう。公民館のような感じだ。


ここに来ようと思ったのは、この近くに住む友人が「こんなものがある」と教えてくれたことに始まる。小平市や国分寺市の小学生は社会科見学で必ず来るところらしい。私が小学生の時は、羽田空港の近くの昭和島にある「森ケ崎水再生センター」に行った記憶がある。
それはさておき、なんといってもここは下水道管の中に入れるそうではないか。行くしかないでしょ。

a0332275_16375998.jpg

▲外のモニュメント
下水道館の外にはちょっとしたモニュメントがあった。シールド掘削機だ。これで実物大なのだろうか?地下鉄で使われるほど大きなものもあるのか?

a0332275_16400584.jpg

▲入るぞ!!
ALSOKで警戒。危険物持ち込み禁止。
これは危険なにおいがプンプンするぞ~。さぁ。

a0332275_16455040.jpg

▲ドアの但し書き
ってちょっとまて。
「館内の気圧が下がる為、ドアーを開け放しにしないでください。下水のにおいが充満します」
ええええっ。

か・・・館内は臭いのか?


入ってみた。
においはせず。

気圧のお話は、よく分煙のお話であるあの仕組みを利用しているのだろう。にしてもこれは。

見学料は無料。駐車場完備。バリアフリー対応。地上2階、地下5階になっている。
撮影可ということだったので、ちょっと載せます。(ネタバレ注意)

a0332275_16514137.jpg

▲地下1階 講座室ワークショップ
ビデオが上映されていた。ただ、誰もいない。
ビデオの上演時間は地味に長いので、ごめんパス!

a0332275_16542348.jpg

▲メスシリンダーに入っているのは???
「本日の原水」と「本日の処理水」
「本日の原水」ときれいな言葉で書いてあるけど、つまりは・・・そういうことだ。ブツは見えなかった。
にしても、「処理水」がこんなにもきれいになるのかと少し感動した。

a0332275_16563975.jpg

▲地下2階 展示室1 くらしと下水道
江戸時代~現代までの下水道を紹介。詳しくはネタバレになるので割愛。この1室だけでも30分はいられるよ。

地下3階~4階もこんな感じで水道関連の展示。ネタバレになるので割愛。
どれも見ごたえある。

a0332275_16585860.jpg

▲地下は深い
地下へ下りる階段の中央にはボーリングの断面のようなものも。
「本日の地下水の水位」を示した張り紙もあった。小平の地下水といえば、武蔵野線新小平駅に地下水があふれ冠水したこともあった。

a0332275_17021333.jpg

▲そして地下5階
最も下の階「ふれあい体験室」

a0332275_17035062.jpg

▲入口
地下5階だけドアが閉まっている。自動ドアだ。

a0332275_17051990.jpg

▲発生ガス
しれっと片隅に置いてあるホワイトボード。
酸素20.9vol%(体積パーセント)
メタン!硫化水素!は0だった。よかった。

中学校の理科で習ったとは思うが、空気中の酸素は21%くらいなので、外気とほとんど(まったく)変わらないといってもいいだろう。

a0332275_17110089.jpg

▲下水道管の断面
下水道館の油やコンクリートが固まるとこんな風になるらしい。すごい。

a0332275_17130951.jpg

▲そして
お待ちかねの体験コーナー
両脇に消毒液完備、非常ベルも備え付け。

ちなみにこの段階でにおいはほとんどしない。


かばんは念のためここに置いていくことにした。


a0332275_17164373.jpg

▲入口から見た管内
ファンが回り、空気は外へ出ないようにはなっている。でもちょっと漂う異臭。
この奥に下水道管があるわけだ。

っとここにきて足がすくむ。「臭そう」

a0332275_17225000.jpg

臭い!
ゴーーっという音ともに流れる黄土色の水。この下水道管は現役。小川幹線といって、小平市の一部地域、約2万世帯、約4万5千人によって使われた水が流れてきている。内径は4.5メートルというから相当大きい。
写真という媒体が、運良く(悪く?)においまでお伝えできない。においの程度でいうと、公衆便所より圧倒的に臭く、ボットントイレよりは臭くない。ボットンといれを何度か使ったことある私としては「あれ?なんだ・・・」という感じもしたが、でもやっぱり臭い。

長居するとにおいが染みつきそうなので足早に退散。

しかしながら、貴重な体験ができた。
日本で唯一、下水道管に入れる場所らしいので、行ってみる価値は十分ある。
そして、下水道を学んで、見て、感じることによって、私たちが使った水がどうされているのか、どうなっているのかというのが学べるというのは良いことだ。
私たちの生活にはなくてはならない下水道管。ふれあいながら学べる「小平市ふれあい下水道館」
超おすすめ
行くべし!

a0332275_17394071.jpgそのあと玉川上水の脇の小川が下水道に見えてしまったのは内緒。


by yunomi-chawan1 | 2016-03-02 07:00 | 散策 | Comments(0)


http://ricebowl.exblog.jp の続きです。鉄塔、鉄道、街作り、用水など。


by yunomi-chawan

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

メモ帳

2015年にブログを移転しました。一部リンクが前のブログに飛びます。

まとめサイト等への画像の無断使用と引用を禁止します。

非公開コメントへの返信は基本的に行っておりません。

常時SSL化を実施予定です。URLがhttps:に変わります。過去のリンクについては自動でジャンプするようです。

以前のブログ
過去のトップ画
ランダム表示
索引
地図から探す
送電線索引
継続記事検索
YouTube
大丸用水



カテゴリ

全体
恐怖シリーズ
ブログ
鉄道
鉄塔
散策
駅シリーズ
地域
米タン
道路計画や開通など
未分類

最新の記事

南多摩尾根幹線の歴史・現況・..
at 2017-11-18 00:00
東村山3・4・5号久留米東村..
at 2017-10-21 00:00
西東京3・4・11号練馬東村..
at 2017-10-19 10:30
西東京3・4・21号ひばりヶ..
at 2017-10-13 01:00
三鷹3・4・7号三鷹国分寺線..
at 2017-10-12 11:00
三鷹3・4・13号 三鷹駅仙..
at 2017-10-11 00:00
北野烏山線・北野仙川線・本村..
at 2017-10-09 07:00
狛江仙川線・北野仙川線 進捗..
at 2017-10-08 21:30
調布駅が生まれ変わった Tr..
at 2017-10-05 09:00
京王 新5000系に乗る
at 2017-10-03 12:00

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月

最新のコメント

この道をよく利用します。..
by cp9agt7 at 09:38
非公開コメントさん あ..
by yunomi-chawan1 at 22:23
そのサイトについては見た..
by yunomi-chawan1 at 22:23
ご指摘ありがとうございま..
by yunomi-chawan1 at 22:13
はじめまして。 多摩ニ..
by りんたろう at 22:06
旧ブログの「松田線」の記..
by 通りすがりです at 02:29

検索

タグ

(27)
(17)
(13)
(11)
(11)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)

記事ランキング