タグ:八王子市 ( 5 ) タグの人気記事

多摩ニュータウン東山に行く

a0332275_11281047.png

京王相模原線の京王堀之内駅から北へ行った、「多摩ニュータウン東山」に行ってきました。以前から開発しているのは聞いていて行こうと思っていたものの忘れていて、やっと行くことができました。

多摩ニュータウン東山は、多摩ニュータウンの第19住区を構成します。最後の方まで残ったエリアでしたが、2年ほど前から入居が始まっているようです。なお、このブログでも何度か記事にしている稲城市の南山とは名称等の関連性はありません。

a0332275_20301381.png

街並み
a0332275_22382944.jpg

野猿街道の堀之内駐在所前交差点~都道155号線のフードワン前の交差点を結ぶように、区域内に周回の主幹線道路が整備され、その他1本の準幹線道路が整備されました。

幹線道路は2車線で両側に広い歩道があります。幹線道路は無電柱化が図られていて、広々とした空間が広がっているように見えます。

東山は戸建てにより構成されていて、積水ハウス341区画と大和ハウス工業340区画の計681区画の建築条件付宅地分譲となっています。

a0332275_22501875.jpg

ここは「東京森都心」と広告し販売しているように、緑を大切にしたまちづくりがなされています。
区域の中央には森をそのまま残した公園や、八王子市と緑地協定を結び「接道の25%以上の長さで奥行き1m以内に0.5m以上の植栽帯を設け主出入口側の道路境界から2m以内に中木・高木を各1本づつ以上植樹・・・」といった具合に細かくルールが決められています。

a0332275_22591933.jpg

幹線道路以外の街路も6mほどの幅がありそうな広めな道路になっていて、土地の区画もすべて185平方メートル以上と、かなりゆとりのあるような印象を受けました。
現在稲城市で分譲しているプラウドシーズン栗平(130平方メートル以上)なんかと比べてもかなり広い印象です。

販売は南側と西側から順に奥に向かって行っているようで、既に完売となった区画がある一方、一番奥の区画はまだ販売されていません。

a0332275_23051289.jpg

主幹線道路には路線バスも運行されています。
京王堀之内駅から東山区域内を反時計回りで循環し京王堀之内駅に戻っていきます。

もともとは2013年4月1日に新設されたバス路線で、その当時は京王堀之内駅から都道155線に沿って運行し、フードワン前の交差点を右折。その後東山住宅バス停で折り返していました。2016年4月1日に改正し循環運行となっています。

かなり高頻度な運行で、日中だからかバスの中はガラガラでした。場所にもよりますが、駅まで歩けない距離ではなさそうです。

a0332275_23124175.jpg

まだ販売が始まっていない北側の区域は更地が広がっています。とりあえず造成は完了しているようです。

分譲が始まるとあっという間に家が建っていくので、この状態の景色が見られるのは今だけですね。心地よい風が吹いていました。


a0332275_23173465.jpg

街路にはところどころ写真のような島状の土地や、サークル状の道路(クルドサック)がありました。

縦と斜めの道路の区画が行き詰ったとことでこういう構造になっていたりしているみたいです。かなり贅沢な土地の使い方に見えますね。島状の土地は誰の所有物になっているんだろうか。道路の一部なのだろうか。

堀之内沖ノ谷戸公園
a0332275_23235975.jpg

東山の中央には堀之内沖ノ谷戸公園が整備されました。案内図を見るとわかるように保全区域もあります。遊具等は少ししかありませんでした。

本来ならば保全区域の方まで行ってみたかったのですが、蝉が多すぎて気持ちが悪かったので諦めました。こんどは冬に来ます。

a0332275_23290028.jpg

公園の北側には数台分の駐車スペースがある(行ったときは未開放)ほか、公園の中央には身障者用の駐車スペースが1台分ありました。ただ、どうやって入ってくるんだろうか・・・とかなかなか理解しにくい設計だなぁと思いました。

左側のトイレは公衆トイレで、その左上には見晴し広場があります。

a0332275_23362788.jpg

見晴し広場から北側の景色。ちょうど路線バスが通過していきました。

ここから見えた北側の区域はまだ分譲されておらず空き地が目立ちましたが、来年はまた違った景色になっているのでしょうかね。

誰が言い出したかオールドタウンとも言われる多摩ニュータウンですが、初期に入居した団地では建て替えが始まっていたり、ここ第19住区は新しく入居が始まったばかりだったり、いろいろな景色がある街です。


[PR]
by yunomi-chawan1 | 2017-07-28 20:30 | 散策 | Comments(0)

かつては行楽地?野猿峠ハイキングコースを歩く(その2)

さて、前回の続きです。

a0332275_17384108.jpg

都道155号の旧道を進みます。途中「多摩テック入口」という交差点が現在でも残っています。

多摩テックが閉園したのは2009年9月。それから8年近く経過していますが、跡地の利用は進んでいません。一時明治大学がキャンパスの建設を計画していましたがキャンセル、訴訟にまで発展しているようです。そのキャンパス建設のお知らせ看板が立っていましたが、そのお知らせの日付は2011年のまま止まっていて、その後何も進展がないようです。

さて、旧道を進み、写真の矢印の場所を右に曲がって、多摩テックの南側へと入っていきます。

a0332275_17430662.jpg

途中の多摩ニュータウン方面の景色。こうやって見ると多摩ニュータウンはかなり木々が多い街なんだなぁというのを実感します。

この先も進み、都立平山城址公園の園内へと入っていきます。


a0332275_17443615.jpg

都立平山城址公園に入ります。流石に、公園の中は綺麗に整備されていました。

宅地化が進み、昭和初期の姿はほとんどない野猿峠ハイキングコースですが、公園にでもしないと自然は残せないのかな・・・なんて思ったりしました。最近では断崖のような驚くような場所もミニ開発で宅地化されていたり。


a0332275_17444825.jpg

都立平山城址公園の案内板。上が南になっています。

園内を横断して西側(この地図では右側)に進んでいきます。

a0332275_17490291.jpg

上の地図では一番右側にあたる場所に到達しました。

見ての通り、地図には「行き止まり」とありますが、「とは言って、本当は行けるんでしょ?」と思って進みましたが、薄暗くなり怖かったので引き返しました。

その行き止まりの場所にあったのが写真です。ここには「六国亭」という食堂?があったようですが、ネットの情報によると2006年7月ごろに放火に遭い、そのまま放置されているようです。焦げた建物や自動車がそのままの状態で残されていて、あまり近づきたくない感じです。

a0332275_17541759.jpg

ということで、長沼の住宅地を迂回して進みます。

坂道の多い住宅地です。


a0332275_17553393.jpg

住宅地へ迂回し、そして戻り、今度は都立長沼公園に入っていきます。(ここまでの道のりも大分省略しています。)

こちらも自然公園で、園路はいくつかあります。このまま尾根筋に行くと野猿峠に行きますが、飲み水が底をつきくらくらしてきたので下山して京王線の長沼駅を目指します。

a0332275_17553451.jpg

都立長沼公園からの景色。非常に長めがいいですね。冬だともっと景色がいいのでしょうね。

a0332275_17553289.jpg

公園を降り、公園の入口に到着。このとき時刻は16:20頃。高幡不動駅から3時間ないほどで到着しましたが、ゆっくり歩くともっと時間がかかると思います。

ここから長沼駅までは5分ほど。長沼公園は何度か来たことがあります。


昭和初期に野猿峠がハイキングコースとして流行し、それとほぼ同じルートを歩いてみようと実行した今回の計画。ハイキングとしては現在でも程よい疲労感でいいコースでした。ただ所々で見渡せる景色は最高なものの、道中似たような景色でちょっと飽きてしまう部分もありました。

本当は野猿峠まで行く予定でしたので、またの機会に続きを実行したいと思います。

a0332275_18051014.jpg

ここを歩きました。


[PR]
by yunomi-chawan1 | 2017-07-27 00:00 | 散策 | Comments(0)

かつては行楽地?野猿峠ハイキングコースを歩く(その1)

野猿峠」と聞いて何を思い浮かべますか?

おそらく、「八王子市街地と多摩ニュータウンを結ぶ野猿街道がある小さな峠」というイメージの人が多いのではないでしょうか。峠といいつつ、大してグネグネもしていない丘ですが、かつては行楽地であったようです。

戦前から、戦争を挟み、戦後まで、ハイキングが流行し京王帝都電鉄は野猿峠や七生村(現:日野市の一部)を気軽に行けるハイキングコースとして大々的に広告していたようです。一時はハイキング特急という電車まで運行させていたらしい。

その後周辺の宅地化や、多摩動物公園の開園、流行の終息などで当時のハイキングコースはとぎれとぎれになっています。

・・・ ・・・ ・・・

ということで、当時のハイキングコースとほぼ同じルートを歩いてみました。
当時コースはいくつかあったようですが、高幡不動駅から尾根筋を西へ向かうコースを歩きました。野猿峠まで行く予定でしたが、暑すぎてくらくらしたので途中で諦めました。機会があれば続きを歩く予定です。

今回の記事は歩いた記録なので、ハイキングが流行した当時の様子については割愛します。なお、歩くにあたって以下の書籍を参考にしました。

多摩のあゆみ第166号 特集 郊外行楽地と多摩
 公益財団法人たましん地域文化財団 平成29年5月15日発行
京王風土記
 京王帝都電鉄株式会社 1954年(昭和29年)4月1日 発行
郊外行楽地の誕生
 多摩市文化振興財団パルテノン多摩 2002年8月 発行
a0332275_16515742.jpg

歩いたルートはこちら。高幡不動駅を出て南西へ尾根筋をひたすら歩きます。その1では都道155号線付近まで書きます。

a0332275_16565350.jpg

高幡不動駅を13:40スタート。駅周辺で飲み物の調達をしておきます。忠告ですが、長沼駅まで自販機はありませんでした。

500mLのペットボトルでは足りず、最後の方くらくらして「やばいかも」と思ったのは内緒です。多めに水は用意した方がいいです。

a0332275_17010699.jpg

駅から歩いてすぐ、高幡不動尊に到着。歩いたのは7月上旬ですが、アジサイの季節ということもあって多くの人がアジサイを見に来ていました。

境内に入り、近藤勇の銅像を過ぎたら左へ、そこから山を登っていきます。トイレは境内にあります。


a0332275_17035807.jpg

そのアジサイはこんな感じ。綺麗に咲いていました。が、アジサイが目的ではないので足早に通過します。


a0332275_17075922.jpg

14:00頃、高幡不動尊の境内を登り切りました。この辺まで来るとアジサイはないので人影はまばらです。

ちなみに、境内の下の標高は約70m、上は約120mなので、この間だけで50mも登っています。

ここから先は尾根に沿って歩いていくことになります。

a0332275_17075931.jpg

境内を抜けると住宅地になります。ハイキングが流行した昭和初期は草木の中を進むようなハイキングコースらしい場所だったようですが、現在は当時の面影はありません。

なお、ハイキングが流行した当時はこの付近に「ピンヘット山」という場所があったようです。どうやらここにあった山の上に煙草のピンヘットの看板があり目立ったことからそう呼ばれていたようですが、もちろんその面影も今はありません。
当時のハイキングコースの資料を見ると目印としてよく書かれているので、よほど目立つ存在だったんでしょうね。どんなんだったのかなぁ・・・

a0332275_17164816.jpg

住宅地の間から見えた景色。日野市の日野駅の方を見ています。遠くの方まで見渡せますね。
この反対側の程久保方面もいい景色でした。


a0332275_17075816.jpg

2,3回交差点を屈折した後、南平東地区センターの横の階段を登っていきます。

ここから多摩動物公園の西側の際を延々と歩いていくことになります。


a0332275_17075761.jpg

こんな感じの路が延々と続きます。左側が多摩動物公園で、フェンスで囲われていました。

道は草が刈られてはいますが、ところどころ不十分なところもあります。それより蚊がわんさかいて大変でした。止まると刺されます。

こう見えて意外とアップダウンがあるので大変な道です。景色が変わらないのがね。

a0332275_17252781.jpg

南平2丁目付近、一部分だけ景色を望める場所がありました。なかなかの景色です。

この先100mほど住宅地に出ますが、道なりに進んで再び多摩動物公園の際の道に戻ります。


a0332275_17080010.jpg

途中で園内の施設が見えたり。


a0332275_17283937.jpg

そんなこんなしていると、七生公園の園内に合流します。ここから坂を下り都道155号に降りていきます。
(大分省略しています。小さな橋があったり、鉄塔の横を通り抜けたりします。)


a0332275_17301694.jpg

途中であった案内板。現在は「かたらいの路」と名付けられているんですね。「都立多摩丘陵自然公園」の存在も微妙。

a0332275_17301050.jpg

都道155号線に合流。14:45頃。ここから今度は多摩テック跡地の南側を回って進みます。この続きは次回


[PR]
by yunomi-chawan1 | 2017-07-26 00:00 | 散策 | Comments(0)

尾根幹 長池公園脇の旧道

 舛添都知事が視察をして整備すると言ってから、にわかに本格整備に向けて進み出した南多摩尾根幹線道路、通称「尾根幹」。
 昨年のいまごろ、東側区間の都市計画を変更し、昨年末の優先整備路線(案)にも追加されるなど、4車線化に向けて現実味を帯びてきた。
a0332275_12365095.jpg
▲未整備の尾根幹
a0332275_10241559.png
 そんな尾根幹、唐木田より西側区間は概ね工事が完了して完成形になっているが、その区間に旧道が存在する。
a0332275_10234149.jpg
 尾根幹を相模原方面へ向かい、ちょうど八王子市に入ったあたりで始まる。ぐりーんうぉーくの西側、長池公園の近くと言えばいいだろうか。

 たまホームが見えたすぐ脇だ。案内標識もないのでよくわかりにくい。何気なく通りすぎてしまいがちだ。

a0332275_10244446.png
 周辺の地図はこんな感じ。緑色で示した道路が旧道だ。このうねうね感が旧道っぽい。
尾根幹はその名の通り、尾根道を通っているのだが、前述の通り旧道が市境なので、この旧道は自然地形を利用した道だと言えそうだ。

a0332275_10254888.jpg
 旧道に入るとすぐに車止めが出現する。四輪車は物理的に入れるのはここまでになる。ただ、法的な規制はない。あと、右側の事業所駐車場にお邪魔したら四輪車も入れなくはないけどやめましょう。

 一応旧道は現在の尾根幹から入ったところから始まるが、このあたりは現在の尾根幹に垂直に接続するために付け替えているようなので、車止めのあたりからが実際の旧道かもしれない。

a0332275_10261491.jpg
 旧道に入って180°転回すると、現在の尾根幹を越える陸橋を渡る。
 「長池上小山田陸橋」といい、歩道なしの2車線くらいの広さだ。現在の尾根幹と比べると狭い。

 できれば架橋年を知りたかったのだがよくわからないままだった。道が必要になって「廃道」にするならばメンテナンス費用もかかるこの橋は必要ないわけで、廃道にせず、旧道としていまも残っているのだ。

a0332275_10263896.jpg
 長池上小山田陸橋から稲城方面。この付近はこれで完成形。1枚目の未整備区間と比べると走りやすい。
 最近まで付近の制限速度が40km/hとあって取締ポイントだったが、道路に見あったように改善された。いまは50km/hか60km/hかだが、道路中央の制限速度標識が上を向いているからまた変更があるのだろうか。(多摩ニュータウン通りで50km/h表示が消されていて、そっちも変更があるのかも)

a0332275_10270098.jpg
 相模原方面。ここは尾根幹で唯一立体交差の交差点。こういう風に整備が進んだら走りやすいんだけどね…。

a0332275_10311985.png
 さて、話を旧道に戻す前に、多摩ニュータウン開発前の付近の道の状況を。地図に薄い赤で示したのが、開発前の道の位置だ。
 これらの道は自然地形を利用した古くからの道で、今ある道路もこれらのルートを概ね継承していることがわかる。古くは現在の長池公園の中を抜ける道があったようで、いまの園路とほぼ重なっている。
 尾根幹から東側の町田市は多摩ニュータウン範囲外で、当時からほとんど変わっていない。

a0332275_10273540.jpg
 長池上小山田陸橋を渡り終えると若干の右カーブのち、左へ大きく曲がる。
 道路の中央にはセンターラインの他、反射版まで残っていた。この道がいつまで本格的に使われていたのか知りたかったが、よくわからなかった。ただ、「多摩テックに行くのによく通った」というネットの書き込みも見られた。

a0332275_10275794.jpg
 左カーブから反対向きに見るとこんな感じ。S字カーブに近いかもしれない。

a0332275_10281317.jpg
 カーブ箇所の角には米軍の由木通信所がある。これがあるから廃道にできないのではないかと思えてきたり。
 
 この写真を撮っているときに携帯電話が鳴り出して超ビビった。

a0332275_10283892.jpg
 カーブから相模原方面へ。枯れ葉で覆われた路面に、人が一人歩ける程度隙間ができている。四輪車は物理的に通れないこの道も、一定数の通行はあるのか。
 夏になると両脇から草が侵食するらしいから冬場の方が良さそうだ。
 一時期は放置ごみが散乱していたようだが、それもなく綺麗。

a0332275_10285959.jpg
 道路標識も現存。下の黄色い看板は古い道に多いんよね。

a0332275_10292453.jpg
 先に進むと竹が侵食。重みに耐えられなくなったか。

a0332275_10295781.jpg
 そして進むと左カーブ。現在の尾根幹へと繋がる。前述の通り、ここのあたりから右の長池公園側に道があったのか。一応今でも園路はある。

a0332275_10301916.jpg
 そして尾根幹に接続。入口にもあったけど、とても需要を感じられない案内標識。
 昔は直進して道が続いていたようだが、その痕跡はない。

a0332275_10304305.jpg
 相模原側から見た入口はこんな感じで、不法投棄禁止の看板が掲げられていた。

a0332275_10320580.jpg
 最後に長池上小山田陸橋。立派な橋だ。
[PR]
by yunomi-chawan1 | 2016-03-24 08:30 | 散策 | Comments(2)

人しか通れないのに都道?503号相模原立川線

はじめに

 道路ファンにとって、「狭い道」というのは特別なものであったりする。ただ狭いだけではよくなく、国道だったり、県道といった、いわば高規格な指定道路がいいのだ。そういう道を文字をもじって「酷道」や「剣道」と言うこともある。

 東京都にもそういった道がある。東京都の場合は都道なので、マニアの間では「兎道」と書くことがある。
 人口43万の町に現れるすれ違いが不可能な都道、高尾山の登山道だって途中まで実は都道なのである。
 

 これらはまだ道があるだけマシなのだ。中には道すらあるのかあやふやな都道が存在する。文字通りの「兎道」なのだ。

a0332275_13255687.jpg
 今回紹介する都道は「都道503号線相模原立川線」だ。相模原立川線と言う名前の通り、相模原と立川を結ぶ都道(神奈川県内は県道)。そのうち、八王子市の堀之内付近だ。
 上記地図は第三次交差点すいすいプランの資料地図として掲載されていたもので、緑色が都道となっている。しっかりと、今回紹介する区間も記載されていることがわかる。

 とのことで、百聞は一見にしかず。行ってみることにしよう。



現地調査

a0332275_23390810.jpg

 付近の詳細地図はこんな感じ。この地図では色を塗らなかったが、帝京大学中高校入口交差点~北側の信号機アイコン付近まで、都道として色が塗られている市販の地図も存在する。

a0332275_23391144.jpg

帝京大学中高校入口交差点から入った道がこれ。
センターラインはないものの、両側に歩道があってそこそこの広さの道だ。ただ、付近の関係者しか走らないような道で、決して幹線道路ではない。

a0332275_23391546.jpg

まっすぐ行くと、数百メートルのところで、帝京大学中高校に突き当たる。至って普通の道路が続いた。
道路に設置された街路灯は八王子市のもので、都道であるのかすら、疑問になってくる。

a0332275_23391926.jpg

その帝京大学中高校の突き当たりを見ながら右へ向いたこっちの道が都道として書かれていることがある道だ。

え?どっちかって?

a0332275_23392353.jpg

こっちです。
まさかの階段。

a0332275_23392745.jpg

散策路みたいな道が続く。右側(南側)は最近開発されている土地でまだ内装工事をしている物件もあった。
道には「あぶないからはいってはいけません」という看板がちらほら立っている。看板には八王子市都市公園指定管理者の文字もあり、ますます都道なのか怪しくなってくる。
※あぶないから~というのは住宅地の方を言ってるからね!


a0332275_23393250.jpg

同じような道が続き、下り坂になると公園が道構えていた。
下調べとして一応ネットで調べて来たのだが、公園の情報はない。しかもこれほど道が整備されてるとの話も聞いてない。道を間違えたかと思ったが、GPSでも正しいようだった。
おそらく、私が下調べで見たサイトの管理者さんが訪れてから数年の間に、さっきの住宅整備の一貫として公園も整備したということだろうか。

a0332275_23393666.jpg

公園からさらに正面に小道があるのですすむと、このようになってさらに下ってゆく。

a0332275_23394107.jpg

そして都道155号線の平山通りにぶつかって、狭隘区間はとりあえず終了する。

a0332275_23593674.jpg

平山通り側から狭隘区間を見るとこんな感じで、農道的な感じさえするのだ。
この間、どこにも都道と示すようなものはなく、とどうであるのかかなり怪しい。


聞いてみるのが早いよね?


聞いてみるのが早いよね?そこで、この付近の都道を管轄する南多摩西部建設事務所へ赴いた。
a0332275_13260147.jpg

八王子駅近くにある南多摩西部建設事務所。八王子市や日野市を管轄する。

建設事務所には「道路台帳」というものが備え付けられている。道路がどのような位置にあり、どのようなものがあるのか、記された公式の資料だ。それを見ればすぐわかると思ったのだ。


「八王子市越野の都道503号線の正確な位置を知りたいのですが。」

担当していただいた庶務課の男性がゼンリンの住宅マップを開く。ゼンリンの住宅マップにメモ書きがしてあって、そこから索引のようにして道路台帳を持ってくるようだ。

同時にどういう目的でここが知りたいのか伝えた。「建設関係か学校の調べものですか」と聞かれたので、「いえ、趣味です」と答えるとキョトンとした顔をしていた。無理もない。何か余計な仕事を増やしてしまっている感じがして恐縮だったが、大変熱心に調べてくれた。

a0332275_21313174.jpg

ゼンリンの住宅マップを見ると、該当区間に赤い線が書かれ「都道503」と書いてあった。

a0332275_21313420.jpg

 ちなみに前後の区間はこんな感じだ。
帝京大学中高校交差点付近~帝京大学中高校正門前までの区間は実際には都道として廃止されているようだ。
 それも、今ある道がかつて都道指定されていたのではなく、一本内側の今は道がない部分が都道指定されていたようだ。
 いつ廃止されたのか、というのは調べればわかると思うが、これはちゃんと情報公開請求で調べるべきだと思ったので、今回は保留にしておいた。
 担当の方のお話によると「区画整理で無くなったのだろう」とのこと。


a0332275_21313843.jpg

 それで、肝心のここである。
 ゼンリンの住宅マップにはしっかりと都道指定されている。しかし、道路台帳が見当たらないそうだ。
いろいろな引き出しから道路台帳を引っ張り出してきても、ないとのこと。

 建設事務所のお仕事として、「道路台帳の維持管理」というのもあって、都道ならば道路台帳が存在するらしいが、ないなら都道ではないのか?係りの人と悩んだ。

 もうひとつ、別の用途で使っているというゼンリンの住宅マップを取り出してきてくれた。そこには「都道503号線(土地は八王子市に譲与)」と書かれていた。

係りの方はハッと思い出した。
「平成12年~17年の地方分権の時に八王子市に土地だけ譲渡されたのかもしれない。」
なるほど!(いや、わからない)

そこで、関連する公示を探してくれた。
結果「関連する公示も見当たらない」

私と係の人と、若干迷宮入りしたが、以下のように結論付いた。


「該当区間は都道503号線であることに間違いはないだろう。しかし、都道を示す道路台帳は存在しない。また、土地は平成12年~17年ごろに地方分権で八王子市に譲与されたようだ。しかし、その資料もない。」


意味わからん……が、

都道は都道みたいだ。

a0332275_14003342.jpg
 反対側の区間はこんな感じだ。こちらはちゃんと道路台帳が存在するようだ。つまり、都道503号線として間違いない。
該当区間Googleマップ
a0332275_23594188.jpg




誰のものかもわからない道があっていいのか!?って疑問は残る。機会があれば八王子市役所にも赴いてみようか。

使用資料など

・Google Maps
https://www.google.co.jp/maps/
・「第3次交差点すいすいプラン」を策定しました
http://www.metro.tokyo.jp/INET/KEIKAKU/2015/03/70p3u100.htm
・都市計画情報等インターネット情報提供サービス
http://www2.wagamachi-guide.com/tokyo_tokeizu/_enter.asp
・南多摩西部建設事務所
http://www.kensetsu.metro.tokyo.jp/nansei/


更新履歴
2015/5/1 投稿
2016/3/11 改稿(写真追加/補足/体裁変更/題名変更等)
[PR]
by yunomi-chawan1 | 2015-05-01 12:00 | 地域 | Comments(0)


http://ricebowl.exblog.jp の続きです。鉄塔、鉄道、街作り、用水など。


by yunomi-chawan

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

メモ帳

2015年にブログを移転しました。一部リンクが前のブログに飛びます。

まとめサイト等への画像の無断使用と引用を禁止します。

非公開コメントへの返信は基本的に行っておりません。

常時SSL化を実施予定です。URLがhttps:に変わります。過去のリンクについては自動でジャンプするようです。

以前のブログ
過去のトップ画
ランダム表示
索引
地図から探す
送電線索引
継続記事検索
YouTube
大丸用水



カテゴリ

全体
恐怖シリーズ
ブログ
鉄道
鉄塔
散策
駅シリーズ
地域
米タン
道路計画や開通など
未分類

最新の記事

町田市の独自水源を探す
at 2017-07-30 00:00
渇水が心配な宮ヶ瀬湖へ
at 2017-07-29 00:00
多摩ニュータウン東山に行く
at 2017-07-28 20:30
かつては行楽地?野猿峠ハイキ..
at 2017-07-27 00:00
かつては行楽地?野猿峠ハイキ..
at 2017-07-26 00:00
相原南北線・相原大沢線 進捗..
at 2017-07-25 14:30
京王 新5000系の入れ替え
at 2017-07-15 00:00
京王線仙川~調布駅間の旧線跡..
at 2017-07-03 00:00
京王線 新5000系陸送(6..
at 2017-06-30 13:00
6月10日の小ネタ
at 2017-06-21 00:00

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月

最新のコメント

結構、ここを通った記憶が..
by yunomi-chawan1 at 11:15
旧道、父親の車で通った覚..
by まこつ at 00:19
この道路の完成と、町田街..
by yunomi-chawan1 at 09:22
この道路が出来れば相原駅..
by 稲美弥彦 at 22:40
ありがとうございます。 ..
by yunomi-chawan1 at 19:13
自分も東八道路の完成が楽..
by NGNG at 13:18

検索

タグ

(25)
(17)
(13)
(10)
(7)
(7)
(6)
(5)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)

記事ランキング