調布3・4・17号狛江仙川線(若葉町)松原通り 開通

a0332275_18223877.jpg

5月21日(日)14:00に、調布都市計画道路3・4・17号狛江仙川線(若葉町)約320mの区間交通開放されました。

当日は、10時より開通記念式典が開かれていました。私は寝坊したので途中からの参加です。

開通直前期の状況と許認可については以前記事にしていますので、そちらを参照してください。

a0332275_18315427.png

この道路は「松原通り」として親しまれていて、都道114号武蔵野狛江線に指定されています。

今回、若葉町の約320mの開通により、甲州街道~世田谷通りまで1本道で繋がることになり、仙川駅南側での迂回が必要なくなります。

甲州街道から北側は中央自動車道付近まで道路の新設が事業中であり、甲州街道~世田谷通り間の未拡幅区間の一部でもいわゆる第4次事業化計画の優先整備路線に指定されています。


a0332275_18491979.jpg

前述のとおり、当日は10時より記念式典が開かれ、主催者挨拶や来賓祝辞があったようです。私が到着したころには既にそれらは終了していました。とりあえず会場だけ撮影。

写真にも写っていますが、会場の至る所にオリンピックの幟が置かれていました。


a0332275_18531778.jpg

私が到着した直後にテープカットが行われました。

オレンジ色のTシャツを着ているのは地元の若葉小学校の児童らで、スーツを着ているのは左から調布市の長友貴樹市長、都議会自民党の栗山よしゆき都議会議員、東京改革議員団の尾崎大介都議会議員東京都北多摩北部建設事務所長です。テープカットを見るのはおそらく2回目ですが、こう見えて難しいんですね。


a0332275_20353331.jpg

そのあとくすだま割りが行われました。割れると同時に拍手がわきました。


a0332275_20380370.jpg

その後は来賓を先頭に参加者が通り初めを行いました。通り初めは式典会場から北に向かって開通区間の終点までで、通り初め終了と同時に式典も終了しました。

式典終了は11時ごろで、会場の片付けをして14時の開通に備えます。


a0332275_20423753.jpg

新設される信号機につけられていたカバーも外されていきます。信号機の点灯は開通直前に行われます。


a0332275_20541206.jpga0332275_20540929.jpg

13:50より現場に設置してあったカラーコーンなどの撤去が行われました。その後も14時まで立ち入りはできません。

13:58に周辺交通が一斉に通行止めになりました。その間に、横断歩道に目隠しをしてあったシートの撤去、信号機の点灯(14:00まで赤制御)など開通までの最後の準備が行われました。

そして14:00ちょうど、北と南の両側から白バイの先導による交通開放がなされました。白バイの後ろには東京都の車両、その後ろには一般車が並びました。開通待ち車両がいたかどうかは確認できませんでした。


a0332275_20594216.jpg

交通開放後、これまで旧道を走っていた交通は新道の方に移動したようで、道路は車両でいっぱいになりました。なお、旧道を走る路線バスについて現時点でルートの変更はないようです。


開通した道路について
a0332275_20494053.png

開通区間は都市計画決定通りに道幅16mで建設されました。

電線類は地中化される計画で、開通後にその工事が行われる予定だと都職員が仰っていました。そのため歩道部分については現在は仮舗装です。


a0332275_22200006.jpg

歩道は両脇に幅3.5mが整備され、車道の両脇にはカラー舗装の自転車専用レーンが整備されました。自転車専用レーンは全国的に設置が相次いでいるようですが、車道9mに整備すると若干狭く感じますね。

街路樹にはツツジの低木も植えられ道路緑化が図られています。舗装は低騒音舗装が施されているようです。

a0332275_22291158.png

開通区間の南端の交差点ですが、新道の開通により5差路となりました。

信号制御は大通りの3方向のみで、他の小さな2本については制御されていません(1本は一方通行入口)。

一方通行入口の道路は抜け道として利用されているようで、通り抜けをする車が結構多かったです。この道路の入口は交差点の内部にある形ですが、本当にこの構造でよかったのかと多少疑問でした。

なお、この交差点は未完成の都市計画道路の線上でもあり、東方向(図の上方向)は優先整備路線でもあります。その道路ができたら交差点がより複雑になりますが、そのときどういう構造になるのか不思議です。


[PR]
# by yunomi-chawan1 | 2017-05-21 22:00 | 道路計画や開通など | Comments(0)

調布駅付近連続立体交差 5年前との比較

5年前の夏に行われた調布駅付近連続立体交差事業の線路切り替え。

線路が地下化してからしばらくたちますが、当時撮った写真と比較して現在どうなったのか見に行ってみました。

左側が2012年に撮影したもの、右側が2017年に撮影したものです。当時の構図に合わせて撮影したため、構図が変になったものもあります。

a0332275_08555416.jpg

▲京王線と相模原線が分岐する踏切

京王相模原線が京王線から分岐するところにあった踏切の場所です。当時の調布駅は平面交差だったため、この付近で信号開通待ちとかよくありましたね。この踏切もよく閉まっていたイメージです。

当時の線路跡には現在ビックカメラを核テナントとする京王電鉄による商業施設が建設中。つい最近まで線路跡は空き地の状態でしたが、駅の周辺はだんだんと景色が変わりつつあります。

a0332275_09002566.jpg

▲相模原線分岐点の踏切から京王八王子・橋本方面

1枚目の写真の場所から反対方面を見ています。2012年の写真は地下化当日のもの。

この場所には「映画の街 調布」を代表する「シネマコンプレックス」が建設中で、この秋にも開業する予定です。そのほか、横断する道路は綺麗に舗装が直されています。

線路跡はこの先の西調布・京王多摩川方面にかけて暫定駐車場くらいにしか使われていないのが現状で、これからどうなっていくのか気になるところです。

a0332275_08432708.jpg

▲調布-布田駅間

右側が調布駅方面、左側が布田駅方面です。線路は地下化され現在はアスファルトで覆われています。この辺りは特に利用も図られていないようです。当時、調布駅止まりの電車はこの本線上で折り返しをしていたため、そのための渡り線が見えます。

当時あった特徴的な建物が現在でも目印になりました。

a0332275_08494463.jpg

▲調布-布田駅間から調布駅方面

当時あった踏切から調布駅方面を見ています。

右側のアパートや当時のマンションはほとんどそのまま残っていますが、調布駅付近で新たなビルが建設されて遠景がちょっと変わっています。当時の線路跡には地下の換気口のほか、調布駅直上では商業施設が絶賛工事中です。

a0332275_09081186.jpg

▲調布-布田駅間から調布駅方面

線路跡は資材置き場として利用されていました。当時ひっきりなしに電車が来ていたのが懐かしく思えます。よく電車が詰まっていたよね。

a0332275_09141246.jpg

▲布田駅舎

地下化直前は仮設の橋上駅舎でした。現在は地下駅となって、駅舎もシックな感じになっています。

実はこの2012年当時の写真の中に、現在と比較できるものが何一つと写っていませんでした。似たような場所から道路標識を対象に撮影してみましたが、この道路標識も移動しているのは明らかです。おそらくこれより30mほど西側なんじゃないかなと思います。

a0332275_09184953.jpg

▲布田駅西側から布田駅

当時の布田駅は対面式でした。この辺りはシールドトンネル区間なためか、地上部は掘り返したようなあとはそこまでありませんでしたね。

この辺りも現在は暫定駐車場として利用。今の写真は何を撮っているのかわからないような構図になってしまっています。

a0332275_09230216.jpg

▲国領駅西側の狛江通り

狛江通りは踏切で渋滞することもありましたが、その渋滞も現在はほぼ解消しています。

国領駅前には駅前広場が整備されました(写真左側)。

a0332275_09262038.jpg

▲国領駅ホームから調布駅方面

地下化直前の国領駅ホームは島式。工事が始まる前は対面式ホームだった記憶があります。

当時撮影していた場所は駅前広場の車道になったため、近くから撮影。

a0332275_09300970.jpg

▲国領駅

当時の国領駅ホームの場所は駅前広場になりました。右奥の商業施設が見えます。この真下にいまのホームがあるのでしょう。

国領駅はこの2年ほどで当時とは想像もつかないほどきれいな駅になりました。こんなに賑わっていたかな・・・と思わなくもない。

a0332275_13533827.jpg

▲国領駅の南東側の回転場

国領駅の南東側には小さな回転場がありましたが、現在でもほぼそのままの状態で残っていました。

線路が地上にあったときは道路が行き止まりになっていてそれの回転場だったのだと思うのですが(長さ何メートルで回転場を設けなければならないと決まっている)、線路が地上からなくなっても行き止まりは解消していませんでした。この先の道路につなげる気もないのでしょうかね?

a0332275_14021486.jpg

▲連続立体交差事業の東の端

地下化が始まる区間の東側、新宿側の端です。

調布駅付近の地下化は仮線を造らず営業路線の真下にトンネルを掘る方式だったため、地下化直前期でも入口は蓋をしてその上を電車が走っていました。

現在、この写真を撮影した踏切の真下では都市計画道路が建設中。その道路が完成したらこの踏切もどうなるのか・・・わかりませんね。


[PR]
# by yunomi-chawan1 | 2017-05-19 14:30 | 鉄道 | Comments(0)


http://ricebowl.exblog.jp の続きです。鉄塔、鉄道、街作り、用水など。


by yunomi-chawan

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

メモ帳

2015年にブログを移転しました。一部リンクが前のブログに飛びます。

まとめサイト等への画像の無断使用と引用を禁止します。

非公開コメントへの返信は基本的に行っておりません。

常時SSL化を実施予定です。URLがhttps:に変わります。過去のリンクについては自動でジャンプするようです。

以前のブログ
過去のトップ画
ランダム表示
索引
地図から探す
送電線索引
継続記事検索
YouTube
大丸用水



カテゴリ

全体
恐怖シリーズ
ブログ
鉄道
鉄塔
散策
駅シリーズ
地域
米タン
道路計画や開通など
未分類

最新の記事

6月10日の小ネタ
at 2017-06-21 00:00
放射5号線(高井戸西工区) ..
at 2017-06-20 00:00
ちょっと変わったセブンイレブン?
at 2017-06-19 00:00
鉄塔 深大寺東線
at 2017-06-15 00:00
小田急小田原線の新百合ヶ丘旧..
at 2017-06-14 00:00
東八道路・放射5号 進捗状況..
at 2017-05-31 18:00
調布3・4・17号狛江仙川線..
at 2017-05-21 22:00
調布駅付近連続立体交差 5年..
at 2017-05-19 14:30
開通間近 調布3・4・17号..
at 2017-05-14 18:00
田んぼの中の相模線入谷駅
at 2017-05-12 06:00

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月

最新のコメント

東八道路はあっという間に..
by yunomi-chawan1 at 22:54
東八道路は一刻も早く完成..
by 稲美弥彦 at 22:35
先日、川崎市の川崎縦貫高..
by yunomi-chawan1 at 09:12
新百合ヶ丘駅には横浜市営..
by 稲見弥彦 at 07:48
先輩のお家からは遠いです..
by 渡邊(生物部) at 12:46
10時半~11時半ごろ、..
by yunomi-chawan1 at 22:51

検索

タグ

(23)
(17)
(12)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)

記事ランキング