<   2017年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

東村山3・4・5号久留米東村山線 進捗状況2017

東久留米市と東村山市で事業中・および事業化に向けて準備が行われている東村山都市計画道路3・4・5号久留米東村山線の進捗状況を見てきました。

a0332275_11005163.jpg
東村山都市計画道路3・4・5号久留米東村山線東久留米市前沢五丁目東村山市久米川町三丁目に至る都市計画道路です。東村山市と東久留米市は同じ東村山都市計画区域に属しています。

東久留米市の延長は約2,370m、東村山市の延長は約1,487mです。このうち東久留米市は西側の約290mが事業中で、東村山市は約640mの1期が事業中、約560mの2期が事業化に向けた準備が行われています。

東久留米市区間
a0332275_22270725.jpg

東久留米市の事業区域の東側にある西団地南交差点です。この交差点は新山通り滝山中央通りが交わり、北に行くと久留米西住宅(団地)が、東に行くと滝山団地があります。

この写真は西側の事業地方面を向いていて、この先数十メートルでこの幅の道はなくなります。写真の反対側は滝山団地の中心部方面です。

この付近の道路は比較的街路樹が大きいような印象を受けました。

a0332275_22341840.jpg

事業区間の東側の端となります。現在の道路はここでカクっと右に曲がっています。将来はこの先に直線的に道路が整備される計画です。

東久留米市区間の事業延長は約290m計画幅員は16mで標準的な幅と言えます。事業期間は平成21年度からです。

この道路は第三次みちづくり・まちづくりパートナー事業での施行となっていて、施行者は東久留米市です。この事業は用地や大規模構造物等の費用を東京都が負担し、設計やその他工事費用を自治体が負担することで、自治体と東京都が協力して都道を整備するものです。

なお、東久留米市の区間は2011年(平成23年)9月30日都道129号東村山東久留米線に編入されています(都告示第1417号)。

a0332275_22403028.jpg

事業区間では途中、黒目川を越えることになります。

黒目川はこの付近ではさほど大きくはありませんが、東久留米市のマスタープラン(平成24年改訂)で「人と生物が行き交うことのできる水と緑の軸」として位置付けられています。

東村山3・4・5号線は橋梁で川を越えることになり、現在は橋梁の建設工事が行われていました。

黒目川の遊歩道などは工事に伴い一時的に通行止め箇所があり、工事状況がどのような感じなのか近くで見ることはできませんでした。

a0332275_22530332.jpg

事業区間の西側です。道路の形に沿って用地が確保されています。今後一気に道路の構築が進んでいくと思われます。

東久留米市ではこの道路の開通に先立ち、“沿道の土地の適正かつ合理的な土地利用を誘導し、周辺環境と調和した良好な市街地環境の形成を図ることを目標とする”ため、2016年(平成28年)11月29日には、久留米東村山線沿道柳窪地区地区計画を決定しています。

なお、市議会によると、開通(交通開放)は2018年度(平成30年度)中を見込んでいるようです。

市境 既成区間
a0332275_23154187.jpg

東久留米市と東村山市の市境付近は既に整備が完了しています。

これは組合施行による恩多柳窪土地区画整理事業によって面的に整備されたもので、東村山市市議会録によると1985年(昭和60年)3月15日に交通開放されています。

なお、東久留米市の区間は先述した2011年(平成23年)9月30日都道129号東村山東久留米線に編入されたほか(都告示第1417号)、東村山市の区間は後述する事業中の区間も含めて2011年(平成23年)8月26日都道に編入されました(都告示第1282号)。

なお現在も都道ではあるものの、街路灯(防犯灯)などは市の管理になっていました。舗装なども完成してから年数が経過していることもあって傷んでいる箇所が見られます。東村山市市議会によると、舗装や付属物等の補修については、事業中の区間が完成し東京都に引き継がれる際に協議を行いたいとしているようです。

東村山市 第1期
a0332275_22213957.jpg

東村山市の第1期の区間は出水川付近恩多町五丁目付近までの約640mです。計画幅員は16mで、東久留米市内と変わりません。

事業期間は2009年(平成21年)からで、現時点では2020年度(平成32年度)までを見込んでいます。

この道路は「第三次みちづくり・まちづくりパートナー事業」によって整備が進められていて、この区間は2011年(平成23年)8月26日に都道に編入されました(都告示第1282号)。

写真の区間は出水川の手前で、事業区間の東の端となります。出水川はさほど大きくはない河川ではありません。道路はここから北西に向けて緩やかな上り坂が続きます。

a0332275_22333015.jpg

緩やかな上り坂が続きます。用地の取得も大分進んでいるように見えました。


a0332275_22355214.jpg

事業区間の中ほど、用地取得が進んでいる場所では水道管と思われる工事が行われていました。

ここに来たのは日曜日だったためか工事の作業は行われていませんでした。


a0332275_22393088.jpg

途中で野火止用水を越えることになります。写真の左側が久留米市方面(西側)、右側が東村山方面(東側)です。

野火止用水は玉川上水から分水し埼玉県方面に流れる歴史のある用水路で、現在も水が流れています。

道路は橋で用水を越えることになると思われ、現在は水路の改良工事のようなものが行われていました。

a0332275_22445875.jpg

野火止用水から北向きに上り坂は続き、その先で1期区間の標高の最高点になるみたいです。その先で都道にぶつかって1期区間が終了します。

この付近は工事が行われているようには見えませんでした。


a0332275_22490406.jpg

1期区間の西の端です。丁字路になっていますが、道路はこの先に接続し十字路になる計画です。

交わる道路は都道226号線で、写真の左に行くと全生園へ、右に行くと久米川駅方面に行きます。


東村山市内 既成区間
a0332275_22562111.jpg

この先約160mの区間は既に整備され供用されています。

この道路は久米川駅方面に伸びる東村山3・4・26号線の整備に合わせて整備されたもので、現在は都道226号東村山清瀬線となっています。

東村山市議会録によると、2007年(平成29年)3月10日にテープカット式が行われ交通開放されたようです。

東村山市 第2期
a0332275_23252337.jpg

第2期は残る部分の整備にむけて現在準備が進められています。延長は約560mで、計画幅員は16mです。

事業は他の事業中の区間と同様に第三次みちづくり・まちづくりパートナー事業により整備が進められる計画で、事業期間は10ヶ年を予定しているようです。

写真は事業予定区間の南端です。急に道が狭くなります。この先空堀川で標高が一時的に下がりますが、その後北に向けて上り坂となっています。

a0332275_23330017.jpg

途中、農地がありました。この付近の無人販売はロッカー方式が多いですね。町田市内では屋根の下に置かれた野菜を専用ポストにお金を入れて持っていくシステムが多いですが。

この道路の整備に向けて、2017年(平成29年)10月には住民対象の事業概要及び測量説明会が行われていたようです。

a0332275_23381326.jpg

道路は東村山市民スポーツセンターの近くで東村山3・4・27号線とぶつかって終了する計画です。

道路は写真の右側に来ます。なお、3・4・27号から鷹の道までの短い区間は既に道路付属部分として用地が確保されています。


a0332275_23381477.jpg

ちなみに・・・東村山3・4・27号東村山駅秋津線は秋津方面に向けて事業中で、2017年(平成29年)3月31日に既に整備が完了した一部区間が交通開放されています。3月上旬に見に行った時の記事は下記。


参考
・東京都公報 平成23年8月26日付
・東京都公報 平成23年9月30日付
地区計画|東久留米市ホームページ
都市計画道路3・4・5号線整備事業(第1期)/東村山市
都市計画道路3・4・5号線整備事業(第2期)/東村山市
都市計画道路|東久留米市ホームページ
都市計画マスタープラン|東久留米市ホームページ
・東久留米市 平成29年第2回定例会5日目 議事録
・東村山市 平成19年3月16日予算特別委員会 議事録
・東村山市 平成27年9月定例会 議事録

by yunomi-chawan1 | 2017-10-21 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(0)

西東京3・4・11号練馬東村山線 着手前現況

西東京市で事業に向けた準備が進んでいる西東京3・4・11号練馬東村山線(伏見通り~保谷新道間)の現況を見てきました。

a0332275_09205543.png

西東京3・4・11号練馬東村山線は西東京市の北部を東西に結ぶ都市計画道路です。このうち、東小学校東伏見通り間と、保谷新道ひばりヶ丘駅の南側の区間は既に供用されています。

伏見通り保谷新道間は整備されていないため、西東京市では整備に向けた説明会が行われているようです。なお、この区間の道路は第3次みちづくり・まちづくりパートナー事業で整備される計画です。

都市計画道路の都市計画決定は1967年(昭和42年)5月23日。

a0332275_09203311.jpg

伏見通り側から見た事業区間の東側

丁字路になっていて、ここから先に直線的にひばりヶ丘駅方面につながれる計画です。

ここから後ろ側、保谷駅方面については東小学校東交差点まで整備が完了していますが、これについはみちづくり・まちづくりパートナー事業および新みちづくり・まちづくりパートナー事業で整備が行われた箇所になっています。

計画では幅員16mの標準的なもので、事業延長は約820mです。現在のところ、事業期間は2026年(平成38年度)までの10ヶ年で計画されています。事業認可の取得は2019年度~2020年度(平成31年度~平成32年度)で計画されています。

a0332275_09203395.jpg

保谷新道側から見た事業区間の西側

保谷新道側は変則的な4差路になっています。


by yunomi-chawan1 | 2017-10-19 10:30 | 道路計画や開通など | Comments(0)

西東京3・4・21号ひばりヶ丘駅北口線 進捗状況2017

西東京市のひばりヶ丘駅北口で建設中の西東京都市計画道路事業3・4・21号ひばりヶ丘駅北口線の建設状況を見てきました。

a0332275_11224330.png

西東京3・4・21号ひばりヶ丘駅北口線は西武池袋線のひばりヶ丘駅北口から北の新座市境へ通じる都市計画道路です。事業区間は全線で、施行者は西東京市。新座市内は別途都市計画道路が決定されており、既に供用されています。

a0332275_13514487.png

道路の基本構造は、幅員16mに2車線の車道幅7m、両脇に歩道4.5mを配置する構造です。自転車走行スペースは歩道内に内包されるタイプで、車道は若干狭めです。電線類は地下化される計画です。


a0332275_11331007.jpg

●事業期間の北側から北を見る

写真奥の交差点(横断歩道がある箇所)が施行境界となります。写真奥が新座市、手前が西東京市ひばりヶ丘駅方面となります。

施行境界から南へ約130mの区間(奥の横断歩道から撮影地点付近まで)は完成し、2017年(平成29年)4月に交通開放されたとのことです。

なお、施行境界付近のL=13mは厳密には別の都市計画道路になっています(西東京3・4・13号保谷秋津線)。

a0332275_00323100.jpg

●駅方面(南方向)を見る

現道から外れる付近から先は、現在でも工事が実施中でした。奥の方には駅前の西友などの商店が見え、駅舎も見通せます。


a0332275_00351836.jpg

●セブンイレブン脇から駅方面(南方向)を見る

沿道の建物は都市計画道路に沿って改築・新築されていて、道路の開通を待った状況です。工事についても大詰めを迎えている状況です。

西東京市議会によると、2017年度(平成29年度)はひばりが丘北通り南側までの約140m区間道路整備工事と、2018年度(平成30年度)に予定している駅前広場整備の先行工事として道路排水管布設工事、電線共同溝整備工事等を実施する計画です。道路整備工事の完了は2018年度(平成30年度)末とのこと。(完了と開放が一緒になるかは不明)


a0332275_00374965.jpg

●東西に横切る道路から駅方面を見る

こちらも駅まで見通せる状況です。

現在、駅の北口周辺は狭い路地に歩行者があふれているような状況でした。新しい歩道付きの道路ができればその流れも変化しそうですね。

ちなみに、この記事一番上の地図の都道25号線から西向きに都県境までは、都市計画道路の事業化に向けた動きがあり、数年以内に着手されるものと思われます。

a0332275_00415753.jpg

●駅前広場予定地から北を見る

駅前には既に階数の多い建物がいくつか建っていました。その建物の形状からも、どんな駅前広場になるのか想像がつきそうな感じです。

ちなみに、ひばりヶ丘駅北口周辺は「東京のしゃれた街並みづくり推進条例」に基づく街並み再生地区として平成22年に東京都から指定された場所でもあります。

駅周辺は街路整備に伴い、民営の駐輪場が減ったこともあって、西東京市では生産緑地の買い取りの申し出を受け、2017年度(平成29年度)に事業用地として取得した上で新規自転車駐車場の整備を行う予定だそうです(市議会より)。

a0332275_00415777.jpg

ひばりヶ丘駅の駅舎については、西武鉄道が北口にエスカレータとエレベータを設置するバリアフリー化を実施する計画で、西東京市議会によると2018年(平成30年)夏ごろに完了する計画だそうです。このため、駅前の交通広場の土地の一部を平成59年(2047年)3月31日まで無償貸付することが市議会で決定しています。

a0332275_01074359.jpg

現地に貼ってあった駅舎の完成予想図はこんな感じ。

ひばりヶ丘駅北口は道路が狭かったためバス停は駅から少し離れた場所にありましたが、駅前交通広場が完成するとバスが駅のすぐそばまで来ることになるでしょう。バス停と駅が近づき利便性は高まりそうですが、バス停と駅間にあった商店街には少し痛いかもしれませんね。

以上、1年程度で完成しそうなひばりヶ丘駅北口線でした。


by yunomi-chawan1 | 2017-10-13 01:00 | 道路計画や開通など | Comments(0)

三鷹3・4・7号三鷹国分寺線(連雀通り)拡幅状況2017

三鷹市内の連雀通りで行われている道路の拡幅事業の進捗状況を見てきました。

a0332275_13363167.png

三鷹市内の拡幅事業は下連雀五丁目三鷹市八幡前交差点間で行われています。

都市計画道路名称は三鷹都市計画道路事業3・4・7号三鷹国分寺線で、三鷹市井の頭一丁目井口四丁目に至る全長約5340mです。都市計画決定は1962年(昭和37年)7月26日建設省告示第1780号。

事業区間の東側約780mの区間は東京都が施行する都市計画道路事業として整備されます。西側約210mの区間については「みちづくり・まちづくりパートナー事業」で事業が行われています。みちづくり・まちづくりパートナー事業は地元市が東京都と連携して地域の街づくりに密着する都道を整備するものです。

a0332275_13372080.png

道路の標準的な構造は、幅員16mで幅9mの車道の両脇に幅3.5mの歩道を配置する計画です。幅16mの道路としては標準的な構造と言えそうです。

道路には電線共同溝も整備され、電線類は地中化される計画です。


今回は東側から西に向けて見ていきます。

a0332275_10015321.jpg

東京都施行区間の事業認可は2011年(平成23年)12月1日。

a0332275_09352146.jpg

●三鷹市狐久保交差点の東側から西を見る

三鷹市狐久保交差点吉祥寺通りと交差する交差点です。

現在、連雀通り側には右折レーンがなく滞留する自動車が見られることがあります。吉祥寺通り側は「交差点すいすいプラン」により右折レーンの設置が既に完了しています。

用地取得は連雀通りの北側に沿って取得が行われていました。

a0332275_09445056.jpg

●南浦交差点の東側から西を見る

むらさき橋通りと交差する南浦交差点も右折レーンが整備されていません。

この付近の歩道は狭く、歩行者2人が並ぶのがやっとの場所もあります。道路幅は目測で8~9m前後と思われますが、拡幅後はおおよそ2倍の道幅となる計画です。

この付近でも連雀通りの北側を中心に用地取得が行われていました。

a0332275_09511314.jpg

●下連雀七丁目付近から東を見る

東京都施行区間はこの付近までです。連雀通りは古くからの道で江戸時代はこの付近の代表的な道だったようで、通りの両脇には短冊状の武蔵野の典型的な区画が広がっています。都市化が進んだ影響で、この付近には武蔵野の林のような土地はほぼ残っていないようです(写真左)。

a0332275_10221820.jpg

みちづくり・まちづくりパートナー事業での施行区間は、下連雀七丁目~三鷹市八幡前交差点までの区間です。道路構造は東京都施行区間と同じです。事業期間は2009年度(平成21年度)からと、東京都施行区間より若干早くから始まっています。

a0332275_10355622.jpg

みちづくり・まちづくりパートナー事業の施行区間はドラッグストアのクリエイトSD三鷹下連雀店付近から西側となります。

この付近はマンションの公開空地となっている部分もありますが、道路自体は交通量に対して狭い状況です。


a0332275_10355485.jpg

施行区間は比較的短く、三鷹通りと交わる三鷹市八幡前交差点までとなります。

三鷹市八幡前交差点は三鷹通りおよび連雀通りの東行きには右折レーンが整備されているものの、連雀通りの西行きには整備されていません。


a0332275_10355585.jpg

●三鷹市八幡前交差点から東を見る

用地の取得はおおむね完了している状況です。事業案内看板には平成30年度に工事説明会を行う旨が書かれていることから、来年度以降工事が本格化するものと思われます。


by yunomi-chawan1 | 2017-10-12 11:00 | 道路計画や開通など | Comments(0)

三鷹3・4・13号 三鷹駅仙川環状線 進捗状況2017

三鷹市内で行われている三鷹都市計画道路事業3・4・13号三鷹駅仙川環状線の建設状況を見てきました。

a0332275_15075896.png
三鷹3・4・13号三鷹駅仙川環状線三鷹市下連雀三丁目中原一丁目(調布市仙川二丁目)に至る全長約5260mの都市計画道路です。都市計画決定は1962年(昭和37年)7月26日(建設省告示第1780号)。

このうち、牟礼六丁目地内、人見街道連雀通り間の全長約466mの区間が事業中です。事業自体は2期目ということになっています。施行者は三鷹市で、事業認可は2003年(平成15年)2月5日。

a0332275_15075754.png
a0332275_15243074.jpg

事業中区間の南側から北を見ています。

左右に横切る道路は人見街道で、正面には細い道路はあるものの現在は丁字路のような状況になっています。右側にはスーパーの西友三鷹牟礼店があり、交差点正面には西友の駐車場があります。


a0332275_15295760.jpg

西友の店舗の周辺にはその平面駐車場が広がっていますが、店舗に遠い部分は用地取得が済んでいるものの近い部分はまだのようでした。

用地の取得には道路用地に含まれず買収されない小さな土地が残ることがよくありますが、このような土地はどうにかならないものかといつも思うことです。

a0332275_15335173.jpg

用地取得が済んだところに暫定的に歩道が整備されている箇所がありました。街路灯も設置されています。この都市計画道路事業は事業認可から既に10年以上も経過しているということもあって用地取得は進んでいるように見えました。三鷹市議会録を見ると用地取得率は9割程度のようです。

道路本体の工事はまだ行われていませんが、そろそろ電線共同溝関連の工事が始まってもいい頃なのではないかと思います。

a0332275_15441794.jpg

連雀通りの南側から北を見ています。

この付近では防塵用のシートで用地が確保されています。


a0332275_15444873.jpg

連雀通りから南を見ています。

事業中の道路は連雀通りにぶつかって終わります。この先北側には三鷹3・4・7号線(三鷹市狐久保から東へ伸びる計画線)の交点までの区間がいわゆる第4次事業化計画の優先整備路線に選定されています。

この付近の連雀通りは、歩道は白線で仕切られただけの狭い2車線道路で、バスも通る幹線道路となっています。

連雀通りをこのまま進むと人見街道と合流し、さらに進むと現在建設中の放射5号線に近づきますが、両道路は直接接続しない構造となることから、三鷹3・4・13号三鷹駅仙川環状線連雀通り放射5号・東八道路を結ぶ重要な道路になりそうです。


by yunomi-chawan1 | 2017-10-11 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(0)

北野烏山線・北野仙川線・本村井の頭公園駅前線 進捗状況2017

a0332275_14304286.png

中央ジャンクション(仮称)の北側で事業中の都市計画道路3本の進捗状況を見てきました。

事業中の道路は三鷹3・4・3号北野烏山線三鷹3・4・11号北野仙川線三鷹3・4・12号本村井の頭公園駅前線です。

三鷹3・4・3号北野烏山線
a0332275_22313447.jpg

三鷹3・4・3号北野烏山線三鷹市北野3丁目から北野1丁目に至る全長約500mの都市計画道路です。

都市計画決定は1966年(昭和41年)7月30日の建設省告示第2433号。

このうち、三鷹3・4・13号線交点から東に約140mが事業中です。事業認可は2013年(平成25年)9月25日。

a0332275_22413283.jpg

三鷹3・4・13号の交点から東を見ています。

道路は斜め右奥方向に計画されています。計画幅員は16mで、車道部分は9mの標準的な構造になるようです。道路はこの先の外環道の交点まで事業化されています。

事業者は東京都ですが、担当は北多摩南部建設事務所ではなく建設局三環状道路整備推進部・外環大泉事務所で、外環道の建設と何らかの関係がある道路のようです。

三鷹3・4・11号北野仙川線
a0332275_22481262.jpg

三鷹3・4・11号北野仙川線北野4丁目地内全長約650mの都市計画道路です。このうち北側から約150mがこの事業で事業化しています。(南側では別事業で事業化箇所あり)

都市計画決定は1966年(昭和41年)7月30日の建設省告示第2433号。

a0332275_22521195.jpg

北野駐在所の前から南側を見ています。

道路は右にカーブする計画です。この先に見えているのは中央自動車道の高架で、この付近に外環自動車道の中央ジャンクションが建設中です。


三鷹3・4・12号本村井の頭公園駅前線

三鷹3・4・12号本村井の頭公園駅前線三鷹市新川6丁目から井の頭3丁目に至る全長約4,180mの都市計画道路です。

事業認可区間は上の図の通りですが、都道117号線を境に認可日が異なります。

南側は北野3丁目~北野4丁目に至る約240mで、2013年(平成25年)9月26日に認可されました。

a0332275_22563922.jpg

北側は北野2丁目~北野3丁目に至る約840mで、2012年(平成24年)6月15日に認可されました。


すみません、南側の区間は写真を撮り忘れました。

a0332275_23104375.jpg

北野3丁目付近で南側を向いています。

用地は所々取得されている状況でした。事業認可からの年月にしては結構早いペースに思えます。


a0332275_23093993.jpg

北野小学校の西側で北側を見ています。この付近では所々で農地が残っていて、開けや景色が広がっています。

右に見える建物が北野小学校です。


a0332275_23093829.jpg

北端から南を見ています。

計画されている道路は東八道路にぶつかる計画です。ちょうどPCデポスマートライフなどがある近辺です。この先北側はいわゆる第4次事業化計画の優先整備路線に選定されています。

この付近でも比較的用地取得が進んでいます。


by yunomi-chawan1 | 2017-10-09 07:00 | 道路計画や開通など | Comments(0)

狛江仙川線・北野仙川線 進捗状況2017

調布市と三鷹市内で行われている「調布3・4・17号狛江仙川線及び三鷹3・4・11号北野仙川線」の進捗状況を見てきました。

a0332275_14312481.png

三鷹3・4・11号北野仙川線三鷹市北野4丁目地内の全長約650mの都市計画道路で、調布3・4・17号狛江仙川線は狛江市境の神代団地東側から緑ヶ丘団地中央を結ぶ全長約5,070mの都市計画道路です。

このうち、仙川3丁目北野4丁目間の約1,060mが事業中です。(同都市計画道路には他にも事業中区間があります)

事業認可は2016年(平成28年)2月17日、標準幅員は16mです。施行者は東京都で担当は北多摩南部建設事務所。

a0332275_20350890.jpg
a0332275_20381955.jpg

▲甲州街道の交差点より北を見る

現在は狛江方面からくる道路が甲州街道にぶつかり丁字路になっています。道路はそのまま直進方向に建設される予定です。

ちなみに、狛江方面からくる道路は「松原通り」で、2017年(平成29年)5月21日には若葉町2丁目地内の約320mの区間が開通し、狛江方面に1本の道でつながりました。

a0332275_21020069.jpg

▲仙川三差路交差点

ちなみに、甲州街道とぶつかる交差点の東側すぐには「仙川三差路」交差点があります。この交差点は旧甲州街道が分岐するやや複雑な交差点で、計画されている道路が完成した際の交通処理をどうするのか気になりますね。


a0332275_21084207.jpg

▲宅添橋から南側

暫く北に進むと仙川と交差する計画です。仙川沿いには仙川崖線緑地があります。


a0332275_21084376.jpg

▲緑ヶ丘団地を突き抜ける

仙川を越えると緑ヶ丘団地を突き抜けることになります。道路用地は暫定道路として既に開放されており確保されている状況です。


a0332275_21084159.jpg

▲北野4丁目付近

ざっと飛ばして中央自動車道の南側です。この先で外環道との中央Jctが建設中です。この付近では農地が所々に見られます。

ここまでの間に用地取得した土地はそれほどない状況でした。

都市計画道路認可区間はこの先左にカーブした先、外環道とぶつかる場所で終了となります。都市計画道路自体は中央自動車道の北側まで続き、中央自動車道の北側では別の道路事業が進行中です。中央道付近は外環道のジャンクション完成後の整備になるんでしょうか。

a0332275_21084206.jpg

▲中央Jct(仮称)の建設現場

外環自動車道は大深度地下で建設が進んでいます。ジャンクション付近は高い囲いで囲われて工事が行われていました。この付近の景色も今後変化しそうですね。


by yunomi-chawan1 | 2017-10-08 21:30 | 道路計画や開通など | Comments(0)

調布駅が生まれ変わった Trie京王調布オープン

2012年に京王線の調布駅付近が地下化してから早5年。地上線路跡に商業施設「Trie京王調布」が9月29日オープンしました。オープン当日の夜、様子を見てきました。

a0332275_00244287.jpg

オープンした商業施設はA館~C館までの3つ。東側新宿方面にA館、中央のPARCO前付近にB館、京王線と相模原線の分岐箇所付近にC館ができました。ロータリーは現在再編工事中でこちらはまだ完成していませんが、北側のロータリーは少しずつ拡張が進んでいます。

a0332275_00243967.jpg

Trie京王調布A館。東側に位置し、地下1階には京王線の改札階が直結しています。成城石井やスターバックスコーヒー、くまざわ書店、衣料品店等が入居していました。

スターバックスコーヒーはPARCO内にもありますが、目と鼻の先にできることになりました。

a0332275_00243866.jpg

地下の線路の上に立っているため細長い作りになっていました。ここに来たときはオープン当日のため低層階を中心に混雑していました。

a0332275_00244016.jpg

B館はビックカメラが入居しました。酒などの家電製品以外も取りそろえた店舗です。京王線沿いには比較的ビックカメラが多い印象ですね。調布にはPARCO内にノジマがありますが、競合することになりそうですね。(ノジマは小さいですが)

a0332275_00244148.jpg

C館はイオンシネマ「シアタス調布」を中心にNTTドコモの販売店などが入居していました。駐車場はC館に併設して設置されています。

調布市は日活や角川大映などの撮影所があることもあって「映画のまち調布」としてアピールしています。この駅前への映画館はその象徴にもなりそうです。

a0332275_00244298.jpg

C館の前に設置されていた線路のレールはこのように整備されました。ここの地上に電車が通っていたことを思い出させますね。

a0332275_09393177.jpg

その「調布のまち調布」は駅のホームにも表れていました。9月ごろから駅の案内看板がフィルムを模したようなデザインになっています。

a0332275_09243727.jpg

2012年と2017年、同じ場所で見比べてみると、町の様子が大きく変わっています。今後ロータリーの整備などで、一層景色が変わっていくのでしょうね。


by yunomi-chawan1 | 2017-10-05 09:00 | 地域 | Comments(2)

京王 新5000系に乗る

6月末に若葉台に運ばれた京王線の新5000系が9月29日から営業運行を開始したと聞いて、10月2日乗ってきました。若葉台への陸送については過去記事。


a0332275_07442885.jpg

新宿駅に到着した5731F、LED前照灯の明るい光がホーム入線から輝いていました。前面は京王らしかぬフォルムで斜めになっています。

a0332275_07445033.jpg

あとで電車を降りてから撮影した写真。今までの京王線の電車とはひと味違ったフォルムで、新車ということもあってピカピカです。

a0332275_07451268.jpg

車内は茶色を基調とした落ち着いた色になっていました。通路の中央部分にもLCDが設置されていました。椅子が大きくなったせいか若干圧迫感を感じました。通路も狭いのではないかな。

a0332275_07452703.jpg

椅子はヘッドレスもついた6人掛け。一般的な7人掛けより減っています。定員も減っていて、乗っているとやはり窮屈さはありました。この電車は来年春から座席指定列車としても使われる予定です。

a0332275_07453532.jpg

優先座席は固定の3人掛けです。長時間座っていると腰にきました。腰の部分、もう少し膨らみがあった方が個人的にはうれしいかな。都営10-300系3次車以降の方が座り心地がいいかも。

a0332275_07454693.jpg

これに乗った10月2日現在は一般広告は掲示されておらず、LCDも京王線独自の広告が流れていました。

春から始まる座席指定列車、愛称も含めてどうなるか、半年ほど期待ですかね。


by yunomi-chawan1 | 2017-10-03 12:00 | 鉄道 | Comments(0)


http://ricebowl.exblog.jp の続きです。鉄塔、鉄道、街作り、用水など。


by yunomi-chawan

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

メモ帳

2015年にブログを移転しました。一部リンクが前のブログに飛びます。

まとめサイト等への画像の無断使用と引用を禁止します。

非公開コメントへの返信は基本的に行っておりません。

常時SSL化を実施予定です。URLがhttps:に変わります。過去のリンクについては自動でジャンプするようです。

以前のブログ
過去のトップ画
ランダム表示
索引
地図から探す
送電線索引
継続記事検索
YouTube
大丸用水



カテゴリ

全体
恐怖シリーズ
ブログ
鉄道
鉄塔
散策
駅シリーズ
地域
米タン
道路計画や開通など
未分類

最新の記事

町田街道 小山Ⅱ期区間 拡幅..
at 2017-11-22 15:00
南多摩尾根幹線の歴史・現況・..
at 2017-11-18 00:00
東村山3・4・5号久留米東村..
at 2017-10-21 00:00
西東京3・4・11号練馬東村..
at 2017-10-19 10:30
西東京3・4・21号ひばりヶ..
at 2017-10-13 01:00
三鷹3・4・7号三鷹国分寺線..
at 2017-10-12 11:00
三鷹3・4・13号 三鷹駅仙..
at 2017-10-11 00:00
北野烏山線・北野仙川線・本村..
at 2017-10-09 07:00
狛江仙川線・北野仙川線 進捗..
at 2017-10-08 21:30
調布駅が生まれ変わった Tr..
at 2017-10-05 09:00

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月

最新のコメント

やっと方針が定まり、西側..
by yunomi-chawan1 at 14:19
この道をよく利用します。..
by cp9agt7 at 09:38
非公開コメントさん あ..
by yunomi-chawan1 at 22:23
そのサイトについては見た..
by yunomi-chawan1 at 22:23
ご指摘ありがとうございま..
by yunomi-chawan1 at 22:13
はじめまして。 多摩ニ..
by りんたろう at 22:06

検索

タグ

(27)
(17)
(13)
(12)
(11)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)

記事ランキング