<   2015年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

北陸新幹線開業!過去の北陸本線ダイヤを振り替える

本日、北陸新幹線が開業しましたね。各種メディアでも取り上げられ、北陸ムードが高まっています。東京から2時間で北陸まで行けるのはすごいです。



3月といえば、北陸新幹線もそうですが、鉄道のお話が多い季節でもあります。ダイヤ改正がたいていこの時期に行われるからです。東京でも上野東京ラインが開業。南武線の快速区間の延長(今日乗ったらめっちゃ早かった)。青梅線や五日市線の減便などなど、内容は盛りだくさんでした。



そこで、過去の時刻表を振り返ろう!ということで、1925年、1961年、1978年、2009年の北陸本線、富山駅の時刻表を見てみたいと思います。

エキサイトブログでは無料バージョンですと、htmlのテーブルタグが使えないので、divタグで無理矢理表を作っています。レイアウトでtableはダメとかいう話は聞いたことがあるものの、表ならいいのかな…とか、その辺はよくわかりませんが、divで表を作るのはなんか違う気がするので、端末によっては表示がずれていたりするかもしれません。FHDサイズのスマホではちゃんと表示されてます(ブラウザの関係もあるかも)。

表示は各年代ごとに、下り上りの順に載せています。
寝台列車ですが、種別は急行や特急と掲載していても、寝台マークがあるものは寝台急行ないし寝台特急としました。また、臨時列車については2009年以外は載せています。
列車名横の駅と矢印はその列車の運行区間です。
北陸本線 新潟方面 1925年4月
5:55 普通 富山→糸魚川
8:07 普通 神戸→青森
9:49 普通 大阪→直江津
12:40 普通 今庄→上野
14:48 普通 米原→直江津
17:30 普通 米原→糸魚川
19:20 普通 姫路→直江津
21:00 急行 金沢→上野
21:18 普通 富山→泊(3等連結)



北陸本線 米原方面 1925年4月
7:00 急行 上野→金沢
7:40 普通 糸魚川→姫路
9:50 普通 直江津→明石
12:43 普通 上野→米原
15:15 普通 直江津→今庄
18:19 普通 直江津→大阪
20:55 普通 青森→神戸

大正時代末期のものです。この年にいまのJTBがはじめて時刻表を出したそうです。当時としては左から文字をかいていたりと、画期的だったそう。
当時は1等、2等、3等と列車の等数があり、運賃もそれによって違っていました。いまも列車の「クハ」や「サロ」に、その名残がありますね。クハの"ハ"はイロハの"ハ"(3等)。サロ(グリーン車)の"ロ"はイロハの"ロ"(2等)のように。
当時の初乗り運賃は3等で5銭。いまの物価で言うところのどれぐらいの価値かは計算する気力がないので、書かないでおきます。通行税もありました。

列車の本数はいまよりかなり少ないという印象でしょうか。それにしても、神戸からだったり、姫路にいったりと、運行距離が普通列車にしては長いですね。
上野行きの急行列車はこのころも運行していたんですね。


北陸本線 新潟方面 1961年10月
2:28 寝台急行「日本海」大阪→青森
5:32 普通 大阪→新潟
7:15 普通 大阪→新潟
8:06 荷物専用 大阪→青森
8:38 普通 金沢→東富山
9:38 普通 福井→直江津
10:27 急行「白山」 金沢→上野
11:57 4普通 今庄→直江津
13:14 特急「白鳥」 大阪→青森・上野
13:18 普通 敦賀→泊
14:03 普通 米原→直江津
15:28 普通 米原→上野
16:44 急行「きたぐに」 金沢→新潟
16:57 普通 城端→泊
17:42 普通 大阪→青森
15:41 普通 金沢→糸魚川
20:17 寝台急行「黒部」 金沢→上野
20:46 普通 福井→糸魚川
21:19 寝台急行「北陸」 金沢→上野





北陸本線 米原方面 1961年10月
3:03 寝台急行「日本海」 青森→大阪
4:34 普通 富山→福井
5:35 準急「しろがね2号」 名古屋→名古屋
5:40 寝台急行「黒部」 上野→金沢
6:00 普通 富山→大阪
7:04 寝台急行「北陸」 上野→金沢
7:28 普通 糸魚川→福井
8:16 普通 泊→米原
10:00 普通 青森→大阪
11:28 普通 直江津→米原
12:07 急行「きたぐに」 新潟→金沢
12:30 急行「立山」 富山→大阪
12:55 普通 東富山→今庄
13:30 準急「しろがね1号」 名古屋→名古屋
13:44 普通 上野→米原
15:15 普通 直江津→敦賀
15:42 普通 富山→福井
16:05 特急「白鳥」 青森・上野→大阪
16:56 普通 富山→城端
17:28 普通 泊→今庄
17:42 普通 富山→城端
19:44 普通 新潟→大阪
18:54 急行「白山」 上野→金沢
20:33 準急「第2ひだ」 名古屋→名古屋
21:53 普通 新潟→大阪
22:28 荷物専用 青森→大阪


いわゆるサンロクトオ ダイヤ改正です。全国各地に特急列車が充実された国鉄のなかでは大きなダイヤ改正になります。北陸本線でも特急列車が新たに運転が開始されました。といっても見た感じ上下1本だけでした。
いまはJRにはない準急列車も運行。
数年前まで聞き覚えののあった列車名もありますね。
当時の初乗り運賃は2等10円。1等と2等とがありました。上野までの特急料金は2等800円、1等1400え円だったようです。いまの物価なら夢のような価格なんですけど。
東海道線の在来線特急のこだまの車内では電話がこの当時でも使えたようですが、料金が最も安い区間で3分100円と、運賃と考えるとかなり高い印象を受けます。

北陸本線 新潟方面 1978年10月
0:59 寝台特急「日本海5号」大阪→青森
4:50 寝台急行「きたぐに」大阪→新潟
4:59 荷物専用 青森→大阪
6:02 快速 大阪→糸魚川(大阪→富山は急行「立山5号」)
6:25 普通 富山→長岡
7:00 普通 富山→直江津
7:44 L特急「白山2号」 金沢→上野
8:08 普通 氷見→東富山
8:51 特急「北越」 金沢→新潟
9:20 普通 福井→直江津
9:51 特急「はくたか2号」 金沢→上野
10:44 L特急「白山4号」 金沢→上野
10:50 急行「しらゆき・白馬」 金沢→→青森・松本
11:52 L特急「雷鳥3号」 大阪→新潟
11:53 普通 富山→直江津
12:59 快速 大阪→糸魚川(大阪→富山は急行「立山1号」)
13:50 普通 富山→泊
14:18 特急「白鳥」 大阪→青森
14:40 L特急「白山6号」 金沢→上野
14:56 普通 富山→直江津
15:57 L特急「雷鳥15号」 大阪→新潟
16:06 普通 福井→直江津
16:32 特急「はくたか4号」 快速→上野
17:38 普通 富山→糸魚川
18:08 普通 米原→長岡
18:26 快速 福井→糸魚川
18:37 特急「雷鳥21号」 大阪→新潟
19:42 普通 福井→泊
20:45 普通 富山→糸魚川
21:03 急行「越前52号」 福井→上野
21:45 寝台特急「日本海1号」 大阪→青森
21:55 寝台特急「北陸」 金沢→上野
21:59 普通 富山→糸魚川
22:35 寝台急行「能登」 金沢→上野
22:50 寝台急行「越前」 福井→上野



北陸本線 新潟方面 1978年10月
2:00 寝台急行「きたぐに」青森→大阪
2:58 寝台特急「日本海2号」青森→大阪
4:03 急行「越前51号」 上野→福井
4:41 急行「のりくら9号」 名古屋→金沢・珠州
5:00 急行「越前」 上野→福井
5:12 寝台特急「北陸」上野→金沢
5:42 L特急「加越2号」富山→米原
5:53 寝台急行「能登」上野→金沢
6:04 寝台特急「日本海4号」上野→大阪
6:04 普通 富山→米原
6:48 L特急「雷鳥」富山→大阪
6:53 急行「越前53号」上野→福井
6:59 普通 富山→金沢
7:14 L特急「しらさぎ2号」富山→名古屋
7:34 普通 富山→福井
8:14 L特急「加越4号」富山→米原
8:20 L特急「雷鳥6号」富山→大阪
8:29 普通 富山→金沢
8:47 普通 富山→高岡
9:05 快速 富山→敦賀
9:20 L特急「雷鳥8号」富山→大阪
9:23 急行「立山2号」糸魚川(臨時で&立山)→大阪(糸魚川→富山は快速)
10:20 L特急「雷鳥10号」富山→大阪
10:25 快速 富山→米原
10:50 L特急「雷鳥12号」新潟→大阪
11:14 L特急「しらさぎ6号」富山→名古屋
[PR]
by yunomi-chawan1 | 2015-03-14 12:00 | 鉄道 | Comments(0)

府中スマートインターチェンジ供用開始

3月7日土曜日15:00に、中央自動車道「府中スマートインターチェンジ(府中SIC)」の供用が開始されました。
ブログでも昨年11月に工事の様子を書きましたが、また見てきました。

昨年の記事
府中SICの今の状況

この記事の目次 (同一ページの各項にショートカットします)


a0332275_08273301.jpg

中央自動車道 高井戸起点の11.5kpに建設されました。ここには府中バス停があった場所で、その合流車線や分岐車線を利用した作りとなってきます。
この付近の高速道路は堤の上にありましたが、インター建設に当たって、堤を削っています。

インターの利用は、山梨方面への入口と、山梨方面からの出口のみとなっています。
入口はETCを搭載した全長12メートル以下の全車種、出口はETCの有無に限らず全長12メートル以下の全車種が利用できます。

この付近は均一料金区間のため、出口はETC搭載車両でなくても利用できるのが特徴です(八王子料金所や国立府中インターから入るときにすでに払っているから)。
ただし、ETC搭載車両は平成28年度末(予定)まで短区間割引が適用されます。

a0332275_08273367.jpg

インターと周辺道路の構造はこんな感じ。手書きですみません。
この区間は中央自動車道の均一区間のため、出口には料金所はありません(ただし、ETC読み取り装置は道路上に設置)。


入口


a0332275_12254879.jpg

山梨方面への流入口はこのように設置されました。中央自動車道の本線と平行に、西向きにそのまま堤を上っていきます。
北側の道の停止線は、インターの後ろにありますが、横断歩道は前にあります。

a0332275_12254911.jpg

西側から来た場合は、鋭角にインターに入るため、この先のにある西武多摩川線のアンダーパス上の回転路で回転して、東側から入るよう促されています。
ただ、この交差点は西側から来た場合、大型車の左折は禁止されていますが、それ以外は左折も可能なようです。
a0332275_12254960.jpg

ETCレーンは2つです。
各地のスマートインターチェンジのように、バーの前で一旦停止が必要です。通り抜けることはできないので、注意が必要です。
管理棟は交差点の東側にあります。

a0332275_12254993.jpg

(写真を加工しています)
インターは全長12メートル以下の全車種が利用可能なため、ダンプカーも入っていました。
インターの開設が、あまり周知されていないためか、利用車は10分に5台程度とかなり少ないです。

このインターが開設された7日は、首都高速中央環状線の大橋Jct~大井Jctも開通していたこともあってか、あまりニュースにはなっていませんでした。
このインターは都内初のスマートインターということです。


このインターは山梨方面への入口と、山梨方面からの出口のみですが、東へ少しいくと逆方面への流出入が可能な稲城インターがあります。

稲城インターは、稲城大橋と繋がっていて、出口は府中市内へと、稲城大橋を経由して稲城市内へ。入口は稲城市内から稲城大橋を経由して入るのみで、府中市内からは入れません。

地図を見ると、中央道の下を調布インターまで抜けられそうですが、途中で道がなくなるので、それもできません。



a0332275_13594355.jpg

ゲートを抜けると、2つに分岐します。右が本線で、左は誤進入用の脱出ゲートです。脱出にはバーがあり、インターホンで事情を伝える必要があります。
a0332275_13594312.jpg

脱出ゲートはそのまま、一般道に繋がります。
大型車は左折のみ可能です。

右折すると、府中市の住宅街となり、狭い道や生活道路があることから、大型車を住宅街に行かせないようにしてあるようです。


出口


a0332275_13594426.jpg

出口はこんな感じです。
上述の通り、中央道のこの区間は均一区間のため、出口用のゲートはありません。ETCの出場を読み取る機械は道路上にありますが、一旦停止も必要ありません。
a0332275_13594479.jpg

ETC読み取り。


a0332275_13594415.jpg

高速の出口はこんな交差点。
高速の出口と平行に、高速道路の側道も一方通行で繋がっています。

a0332275_13594406.jpg

高速からの出口は、右折のみの制限があり、住宅街に流入させない措置が取られています。
側道の信号機は感応式です。


府中バス停


a0332275_13594498.jpg

このインターは府中バス停に設置されたと書きましたが、府中バス停は現役です。
インター流入の脱出口のところに階段があります。
a0332275_13594501.jpg

a0332275_13594546.jpg

バス停はこんな感じです。
ガラス張りで雰囲気はいいですね。
a0332275_13594583.jpg

バス停から本線への合流車線が見えました。
バス停の合流車線よりインターからの合流車線の方が優先されています。バス停からインターの方は見にくい気がしますね。




こんな感じです。

料金


ETC搭載車両
利用区間 軽自動車等 普通車 中型車 大型車 特大車
府中~国立府中 310円 350円 380円 470円 670円
府中~八王子  510円 620円 720円 930円 1440円

一般車両(均一料金・出口のみ)
利用区間 軽自動車等 普通車 中型車 大型車 特大車
国立府中・八王子→府中 510円 620円 720円 1030円 1700円



以下、その他写真とコメント

ギャラリー


a0332275_17491605.jpg

▲バス停ので入口も無駄にガラス張り。きれいの一言だ。


a0332275_17491706.jpg

▲ETCレーンは非常に簡素なものだった。安価に設置できるのは納得できる。

a0332275_17491770.jpg

▲高速したの道は曲がると交差点があるので、予告信号が設置されている。この信号機は、先の信号機が赤の場合にのみ点灯する。点灯は中央の黄色の点滅のみで、左右の灯器は埋められている。

a0332275_17491745.jpg

▲信号機の密集感。これ、すべて別の向きについている。

a0332275_17491821.jpg

▲ちゅうばす。府中市のコミュニティバスで、現金100円で乗れるらしい。府中バス停のしたに来るバスだ。ICカードは使えないと聞いたことがあるのだが。

a0332275_17491862.jpg

▲高速に接続する道路をそのまま西にいくと府中街道に出る。


お役立ちサイト


東京都-中央道「府中スマートインターチェンジ」が開通します!


- - - - - - -
香川に「府中"湖"スマートインターチェンジ」ってのがあるんですよね。名前似てる。



以下、広告が表示されることがあります。
[PR]
by yunomi-chawan1 | 2015-03-11 21:00 | 道路計画や開通など | Comments(0)

稲城長沼1番線使用開始!3月の稲城長沼駅



駅シリーズ






稲城長沼駅
よみ・・・・・・・・・・いなぎながぬま
路線・・・・・・・・・・南武線
停車・・・・・・・・・・各駅停車・快速
発車メロディ・・・・・・1番線『春待ち風 V2』2番線『ホリデイ』、3番線『ホリデイ』、4番線『浜千鳥 高速Ver.』


この記事は平成27年3月4日現在の状況です。



矢野口当駅南多摩 (左側が起点)



過去の記事(前のブログに飛びます)

2014年10月29日 1番線の完成が迫る
2014年7月28日 旧駅舎解体
2014年2月26日 新駅舎
2014年2月21日 旧駅舎
2013年12月24日 上り線高架化当日
2013年12月23日 上り線高架化前日
2013年8月
a0332275_17120935.jpg






a0332275_12483850.jpg

3月1日より南武線 稲城長沼駅の1番線が使用開始になりましみです。

3月1日より南武線の電車も1番線を使用開始。14日のダイヤ改正までは11時台の立川始発の電車のみが使用する見込みです。
14日からは立川始発の快速と待避を行わない各駅停車が1番線を、待避を行う各駅停車と一部を除く当駅始発の電車が2番線を使う見込みです。3番線は一部の当駅始発が使う他は基本的には使用せず、立川方面行きの電車は基本的に4番線を引き続き使うようです。


a0332275_13000608.jpg

稲城長沼駅が発行するingニュースの3月号はこのことについて。詳しくかかれています。11時台のみというのは、試験的に段階的にという意味があるのでしょうか。





●ホームなど

a0332275_17120950.jpg

川崎方面を望む。
この構図の写真は何回目になるかわかりませんが、左から1番線、右が4番線です。1番線の使用開始に伴って、出発信号機が点灯しました。

a0332275_17121043.jpg

変化はないけど、とりあえず立川方面も。左が4番線です。出発信号機が4番線と3番線しかないように、そこからしか発車できません。というより、レールがつながってないです。

a0332275_17121089.jpg

1番線は下りの本線として使われます。
1番線のみ完成が遅れたのは、高架化を立川方面のレールより順次行ったためですが、以前はこの下に下りの仮設線路がありました。仮設線路を撤去して設置した感じです。どこの高架化工事も大抵そうですよね。

ホームは若干カーブしています。そもそも駅設備自体は大きいのですが、利用者が南武線の中でもかなり少ない部類にはいるほどです。

車掌のモニタは1つだけになっています。
真ん中の2番線と3番線の線路はまっすぐです。

a0332275_17121022.jpg

11時台の1番線に到着する電車ですが、目視でも電車の先が見通せるくらいのカーブでした。

a0332275_17121083.jpg

1番線の立川方面はまっすぐです。「どーん」という感じの写真なら撮れるかもしれません。


ポイントの分岐点から距離がありますが、南武線を走る貨物列車のためなのかもしれません。
現在は週2本ほど走る米タンが南武線ではなく武蔵野貨物線経由となったので、[川崎貨物→八王子 臨8461レ]、[川崎貨物→篠ノ井 臨8465レ]、[南松本→川崎貨物 5460レ]、[工臨]だけの運行なようです。


a0332275_17121187.jpg

2番線に到着する快速電車(1536F ナハ12編成)。
14日からは上りのすべての快速電車が1番線到着となります。

a0332275_17121128.jpg

ちなみに、今のダイヤは日中の1時間に2回ほど3つの電車が並ぶ光景が見られます。
川崎行き(手前)は発車直前、立川行き(奥)は到着直後なので、運が良ければです。

この日は運よく3種類が。奥から順に205系、209系、E233系です。真ん中の電車はナハ53編成で、4日現在、唯一南武線を走る209系となっています。
(ちなみに前回記事のナハ32編成は3日に長野へ配給されたそうな)

a0332275_17121185.jpg

別の日も並んだんですよ。
なにも考えずに降りたのに運いいわ。



●駅など
a0332275_17121107.jpg

北口の整備も順調に行われています。
南武線の高架化とは別に駅周辺は稲城市施工の区画整理事業が行われています。

駅の真下を通り南北につながる『都市計画道路 多3・4・14号線 稲城長沼駅駅前通り線』が計画されています。
いまはロータリーといったまとまったものはありません。

a0332275_17344676.jpg

平成26年10月1日より、稲城市のコミュニティバス『稲城iバス』が南口に乗り入れるようになりましたが、バスが止まる場所は仮設のもので、場所も都市計画道路の上にあります。

将来的には南北にロータリーが建設される計画です。
いままでは駅から少し離れた川崎街道沿いにバス停があり、週数便の免許維持路線が乗り入れるだけでしたが、なんらかの変化があるかもしれません。

ちなみに、稲城市のマスタープランを見ると、この駅から南へまっすぐ京王線の稲城駅まで繋がる道を建設する構想もあり、将来的には大きな変化になるかもしれません。


a0332275_17344643.jpg

改札口には前回と変化はありません。
4月1日より、みどりの窓口の営業時間が短くなるようです。7:00~20:00→8:00~19:00になります。首都圏各地でみどりの窓口の閉鎖や時間短縮が相次いでいます。

改札の左側は工事をしています。
コンコースに『NEWDAYS 3月下旬オープン!』なんて広告が貼られていたので、それの工事だと思います。
こんな人が少ない駅にエキナカコンビニとな……。


a0332275_17344675.jpg



都市計画など
a0332275_17344600.jpg

北口にはタクシー乗り場があります。場所は変わっていません。せいぜい2台止められる程度です。


a0332275_17344662.jpg

北口の道から北を望む。
先程の都市計画道路はこの道のちょうど右側にできる計画です。
正面を左右に横切る旧川崎街道の向こう側は、すでに完成している部分です。

写真の右側には家や写真がこの間までありましたが、立ち退いたようです。
左側の建物もそのうち立ち退く運命にあるのでしょう。


a0332275_17344717.jpg

旧川崎街道。
この道はむかしからある道です。いまの南武線の南側を通る4車線の川崎街道の前身の道です。微妙に曲がってる感じが好きなんですが、これも区画整理で整理されます。正面のグルメシティもそろそろ。


a0332275_17344722.jpg

都市計画道路です。ここから川崎街道に繋がります。



乗ってみた
a0332275_17372421.jpg
a0332275_17372463.jpg
a0332275_17372437.jpg
a0332275_17372582.jpg




a0332275_17372547.jpg
a0332275_17372548.jpg
a0332275_17372545.jpg
a0332275_17372503.jpg



以上、1番線を使用開始した稲城長沼駅でした。
[PR]
by yunomi-chawan1 | 2015-03-04 12:00 | 駅シリーズ | Comments(0)

ブログ開設から4年

本日3月2日をもって、ブログを開設してから4年となりました。
総記事数はこれを含めて847です。嫌らしい話ですが、アクセス数は289881となっています。今日中には29万に達するかも。

よくもまぁここまでやったなぁという感じです。最近は忙しくて鉄塔を見に行けないことが多く、いつも使ってるネタでもない電車のことの記事が増えてますね。今年はいままで以上に忙しくなるので、もうすぐしたら更新をぐっと抑える予定です。


そういえば…なのですが、南武線のアイドル、ナハ32編成が運用を離脱したそうですね。ナハ1編成と共に作られた南武線向け209系。ナハ1編成はそうそうと姿を消し、32編成はいつ消えてもおかしくない…そういわれて数年。ここでいよいよ時が来たようです。ナハ17編成が横浜線から転入してくるときにも廃車になるんじゃないかって言われてましたね。
南武線を撮る人の目的にこれを撮ることだったひとも少なくなかったようです。
a0332275_00462072.jpg

(スマホで撮影)
最後に撮影したのは2月19日でした。たまたま乗ったときに、車内の路線図が上野東京ラインに対応させられていなくて、これは3月14日までになくなるのかなぁと思ったのです。駅での撮影でした。


南武線のダイヤ改正も時刻表で25日に確認。立川方面は予告通り大幅な本数増でした。平日の日中は8本/日、土休日の日中は9本/日と、どちらも2本ずつ増えています。平日はうち2本、土休日はうち3本が快速。しょうじき、そんなに必要か?とも感じたり。

一方で東京西部の五日市線や青梅線は減っていました。五日市線に至っては一時間あたり1本減って、2本/日と、ローカルな装いに。結構痛い本数です。めったに使わないけどね。


なんやかんやで、いろいろ思うことはありますが、これからもよろしくお願いします。
[PR]
by yunomi-chawan1 | 2015-03-02 00:00 | ブログ | Comments(0)


http://ricebowl.exblog.jp の続きです。鉄塔、鉄道、街作り、用水など。


by yunomi-chawan

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

メモ帳

2015年にブログを移転しました。一部リンクが前のブログに飛びます。

まとめサイト等への画像の無断使用と引用を禁止します。

非公開コメントへの返信は基本的に行っておりません。

以前のブログ
過去のトップ画
ランダム表示
索引
地図から探す
送電線索引
継続記事検索
YouTube
大丸用水


カテゴリ

全体
恐怖シリーズ
ブログ
鉄道
鉄塔
散策
駅シリーズ
地域
米タン
道路計画や開通など
未分類

最新の記事

立川基地跡地昭島地区の道路開通
at 2017-04-28 00:00
小田良上平尾線・栗木線 開通
at 2017-04-25 22:00
町田3・3・36号相原鶴間線..
at 2017-04-24 08:00
セブン-イレブン1号店に行く
at 2017-04-23 09:00
築地から豊洲へ歩く その2
at 2017-04-22 08:00
築地から豊洲へ歩く その1
at 2017-04-21 19:00
南多摩尾根幹線 唐木田工区着..
at 2017-04-09 15:00
飛田給駅南口・西調布駅北口等..
at 2017-04-03 09:00
いるまがわ?いりまがわ? 調..
at 2017-04-02 00:00
2017年春の稲城ふれあいの森
at 2017-03-24 17:30

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月

最新のコメント

多摩地域の都市計画道路整..
by yunomi-chawan1 at 19:34
多摩地区はこの尾根幹線道..
by 稲見弥彦 at 23:41
30年前となると味の素ス..
by yunomi-chawan1 at 15:35
私が調布で暮らしていたの..
by tabinoirodori at 00:01
府中所沢線は西武国分寺線..
by yunomi-chawan1 at 17:44
建設途中区間にある西武国..
by 稲見弥彦 at 00:40

検索

タグ

(21)
(17)
(9)
(7)
(7)
(6)
(5)
(4)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)

記事ランキング