カテゴリ:道路計画や開通など( 64 )

坂浜平尾線 橋が架かり始める

稲城市で行われている多摩都市計画道路3・4・17号坂浜平尾線の建設ですが、三沢川を越える部分の橋(仮称:坂浜橋)に橋桁が架かり始めました。

a0332275_12360995.png

多摩都市計画道路3・4・17号坂浜平尾線稲城市若葉台と川崎市麻生区の新百合ヶ丘方面を結ぶ都市計画道路で、新百合ヶ丘方面は数十年前(3~40年前?)に完成し供用されています。

近年では、稲城市の上平尾地区小田良地区で組合施行の土地区画整理事業が施行、上平尾地区(将来の平尾四丁目)では2016年(平成28年)5月30日上平尾交差点学園通り間が交通開放されました。

残る、学園通り鶴川街道は、稲城小田良土地区画整理事業地内は区画整理で、その他の区間は東京都による道路事業・橋梁事業として事業が行われています。

土地区画整理事業による区間は既に完成していると思われ、東京都施行の区間の完成を待っている状況です。

a0332275_13003870.jpg

東京都施行区間では、擁壁工事や道路築造工事が急ピッチで行われています。事業認可から用地取得完了までも早く、全体的に非常に早い印象です。

それらの工事の一つに、坂浜橋(仮称)上部製作・架設工事(28-南東坂浜平尾)が行われています。坂浜平尾線が三沢川を跨ぐ部分に橋を架けるもので、複数に分けて発注し既に完成している橋台・橋脚に橋を架けるものです。

先週からようやく目に見える形で工事が進捗しました。

a0332275_13060995.jpg

橋の部材を分割し持ってきて、ここで組み立てているようです。現場には大きな重機が現れ、持ち上げていました。

a0332275_13080014.jpg

若葉台方面から見ると、多摩丘陵の谷戸に沿って道ができ始めていることがわかります。橋の部分もようやく形が見え始め、来年の開通(予定)に向けて工事が進んでいます。

この道が完成すると、新百合ヶ丘方面へのアクセスが容易になるほか、狭隘道路の学園通りへの交通の流入が減少することが期待できますね。

a0332275_13103100.jpg

京王相模原線の車内から見るとこんな感じです。

この反対側も工事が進んでいるので、写真が撮影でき次第この記事に追記します。

★ ★ ★ ★ ★
a0332275_13135531.jpg

坂浜平尾線学園通りが交わる角には、野村不動産による(仮称)稲城小田良ショッピングセンターが2月から建設される予定です。

野村不動産は稲城上平尾での大型分譲(プラウドシーズン栗平)を行った業者でもあり、小田良でも関わると言われています。このショッピングセンター建設に向けて用途地域が既に変更されたほか、当初計画から道路形状が変更されたりしています。

a0332275_13165992.jpg

ネット上の情報によると、核テナントに生鮮スーパー、ドラッグストアなど商業テナント20店舗が入居する計画のようで、医療モールも併設されるようです。駐車場は280台との情報もあります。また、前面の坂浜平尾線にはバス停が計画されているようで、「上平尾区画整理」行バスの延伸かもしれませんね。

まだまだ確定情報がないので、これからも注目したいと思います。


by yunomi-chawan1 | 2018-01-16 13:00 | 道路計画や開通など | Comments(0)

東八道路・放射5号 進捗状況2018年1月

三鷹市~杉並区で行われている、三鷹3・2・2号東京八王子線放射5号線の進捗を見に行きました。前回、2017年(平成29年)5月、6月からどれだけ進んだかと、噂されている2018年(平成30年)3月の開通ができるのかどうかの確認です。

道路の計画内容等は前回までの記事にしているので今回は省略します。環八通り中の橋交差点から東八道路まで一括で記事にします。


放射5号(高井戸西)
a0332275_22382629.png
進捗ざっくり言うと
・区間東側中の橋交差点側が工事
中央自動車道の移設橋梁の完成
・昌栄橋歩道橋の撤去開始予定
a0332275_22402364.jpg

▲中の橋交差点を東向きに見る

中の橋交差点に至る道路が拡幅の工事が行われていました。

これまであった植樹帯を狭くし、車道に充てる工事のようです。歩道の歩行者通行部分については幅は変わってなさそうです。

中の橋交差点については回転路が整備される予定です。この写真の右側のレーンは回転路に繋がることになるようです。交差点の左折交通島は撤去されるようです。

街路樹は青色のリボンが付けられた一部のみがそのまま残されています。

a0332275_23073890.jpg

▲中の橋交差点から西向き

西向き方面も同様に車道の拡幅が行われています。

写真下部に写っていますが、電線共同溝の設置も行われており、将来沿道の電柱が地中化されるものと思われます。


a0332275_23125406.jpg

▲完成した中央自動車道の移設橋脚

前回来た時には工事中であった中央自動車道橋脚移設工事は完成していました(写真中央の右側に脚があるもの)。

この工事は中央自動車道を供用させたまま移設する工事でした。

今後、本線から中の橋交差点側道(この道路)へスムーズに分岐できるよう、道路の改修工事が行われるはずです。

a0332275_23253204.jpg

▲天神橋歩道橋の復旧

上記の橋脚移設工事で支障となるため一時的に一部撤去されていた天神橋横断歩道橋が復旧していました。

歩道橋はまだ供用されていませんが、今後供用に向けて調整中だそうです。


a0332275_23413007.jpg

▲副道予定地

現在、三鷹方面からの交通が通っているこの部分は、中央自動車道の真下に格納される予定で、この付近は沿道アクセスのため副道が整備される予定です。この付近はまだ工事が行われていないように見えました。


a0332275_23480847.jpg

▲撤去工事が始まる昌栄橋歩道橋

昌栄橋交差点にかかる昌栄橋歩道橋が撤去に向けて工事の看板が設置されていました。

看板によると、工事件名は「街路築造工事のうち歩道橋撤去工事(29三ー放5高井戸)」で、工事期間は1月中旬から4月中旬までとなっていました。歩道橋は復旧せず、横断歩道が整備されるようです。

a0332275_23581396.jpg

▲改造予定の浅間橋歩道橋

ローソン上高井戸二丁目店前の交差点に架かる浅間橋歩道橋は一旦撤去後に新たに架ける計画でしたが、「地元の方々より閉鎖期間が長期間に及ぶことによる児童の安全確保に対する心配の声」(三建・放5かわら版VOL.11)があったことにより検討した結果、橋脚のみを移設する部分的な改築をする方針となりました。
工事は来年度(2018年(平成30年)4月)以降着手される予定で、その際は一時的に閉鎖されることになります。

a0332275_00104970.jpg

▲高井戸公園(予定)の前

中央自動車道が分かれていく場所です。前回来た際に既に一部の樹木が伐採されていたのと変わらず、工事進捗もあまり変わっていないように見えました。

なお、右側は旧NHKの運動場で、都立高井戸公園の整備が行われます。

放射5号(久我山)
a0332275_22422338.png

放射第5号久我山区間牟礼橋付近までの区間です。中央に玉川上水を挟んだ構造になる計画です。

東京都建設局第三建設事務所の平成29年度事業計画によると、今年度は「玉川上水橋梁(仮称)下部工事、同上部工事、街路築造工事、電線共同溝工事、排水管設置工事、照明工事、防音壁・標識設置工事等」を実施予定としています。

進捗ざっくり言うと
・場所により進捗が異なる
・早い場所では環境施設帯の植栽も
a0332275_22405683.png

この区間は区間により工事の進捗が多少異なっていたため、便宜的にこのように区間を分けて記事にします。この記事だけで通用するものです、あしからず。

左岸1
a0332275_22503914.jpg

▲車道

左岸1」は一番工事の進捗が早い区間です。車道の舗装も完了しているようで、街路灯の設置も行われていました。

車道についてはまだ区画線は引かれていませんが、この区間だけで見ると今にも開通しそうな感じに見えます。

a0332275_23042373.jpg

▲歩道・環境施設帯

車道の隣に、歩道を含む幅10mの環境施設帯が整備されています。「左岸1」では、概ね完了しているようでした。


a0332275_23112441.jpg

▲築堤

車道と歩道の間には築堤が建設されました。「左岸1」では植栽も完了していました。

環境施設帯に植樹される高木には、シラカシ、クヌギ、モチノキ、ヤマカエデ、イヌシデ、ヤブツバキ、コブシ、イロハモミジ、コナラがあるようです。多種類ですね。

築堤が途切れる部分には、透明の防音壁が設置されています。

a0332275_23201004.jpg

▲副道

道路の一部分には沿道アクセスのために副道が整備されている場所があります。この箇所も舗装が完了しているようです。

副道と本線の境にも防音壁が設置されています。沿道環境に配慮がなされていることがわかります。


右岸1
a0332275_23283394.jpg

▲工事中

右岸1」では道路の電線共同溝工事・道路築造工事が2月22日までの予定で行われていました。

奥の方に築堤のコンクリートが見えるほか、車道部分はまだ舗装がされていませんでした。

左岸側に比べると大分進捗に差があるように見えます。

左岸2
a0332275_23343332.jpg

▲暫定供用されている車道

左岸2」の車道は仮舗装されていて、沿線のために暫定的に供用されています。


a0332275_23442157.jpg

▲歩道

歩道も暫定供用されていました。築堤を含む植栽はまだ施されていません。


右岸2
a0332275_23481288.jpg

▲車道

こちらも車道は仮舗装となっていて、暫定供用されていました。


左岸3
a0332275_23512231.jpg

▲車道

車道は都心側の半分程度が暫定供用、もう半分程度の三鷹側が工事中です。

工事箇所はバリケードのなかで行われていて、舗装はまだ行われていませんでした。工事関係者がいたのでその部分は撮影していません。


右岸3
a0332275_23570408.jpg

▲車道

こちらも仮舗装で一部が暫定供用されています。


牟礼橋
a0332275_00031757.jpg

▲牟礼橋の切り回し

現在架け替えが行われている牟礼橋は、現在は上流側の上部工事が行われています。人見街道は工事のため切り回しが行われています。

2016年(平成28年)12月の時点では、2017年(平成29年)秋ごろに人見街道の切り回しを戻す計画(三建・放5ニュースVOL.19)でしたが、まだ工事が行われています。

三鷹3・2・2号東京八王子線
a0332275_00424345.jpg

三鷹市内区間では街路築造工事が3月下旬までの予定で行われていました。年始だったからか、まだやっていないのか、重機などは見えませんでした。

進捗ざっくり言うと
・街路築造工事開始
・前回来たとき(昨年5月)とあまり変わらず
a0332275_00464808.jpg

▲牟礼橋の西側

三鷹市内の区間のうち、牟礼橋に近い場所では用地取得が行われているだけで、道路はまだできあがっていません。工事看板によると、この付近は調整中だとしてあります。


a0332275_00465704.jpg

▲中間地点付近

この付近では道路が出来上がりつつありますが、仮舗装で植栽もまだない状態で、前回来た昨年5月と状況が変わっていませんでした。


a0332275_00490030.jpg

▲西側の地点

この区間はほとんど出来上がっていて、歩道のみ暫定供用されています。前回来た時と違って、工事に伴い南側の歩道が閉め切られていました。車道はまだ仮舗装です。


a0332275_00503305.jpg

▲東八道路から見た部分

東八道路の突き当りの部分で、東電電柱の抜柱工事の予定の貼り紙があったほか、道路整備に向けた工事が行われていました。

この付近も、前回来た時と大きな変化はありませんでした。



by yunomi-chawan1 | 2018-01-13 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(0)

東八道路 南武線交差部 橋梁下部工事(2017年12月撮影)

府中市の西原町一丁目~国立市の国立インター入口間で行われている、府中3・2・2の2号東京八王子線および国立3・3・2号東京八王子線建設工事(東八道路の延伸)ですが、JR南武線との交差部において立体交差の橋梁の下部工事が開始されました。

a0332275_21450036.png

場所は南武線との交差部。南武線の上を計画道路が通るオーバーパスで建設される予定です。今回の工事はオーバーパスで建設される橋梁の下部工事です。

a0332275_21550137.jpg

▲工事案内看板

工事件名は「JR南武線跨線橋(仮称)下部工事(29北南-府中3・2・2の2及び国立3・3・2)」です。橋台を設置します。これ以外の擁壁設置工事等は今後発注されると思われます。また、JR南武線直上のけた工事はJRが施工します。

工事期間は3月までとなっていますね。

a0332275_22004039.jpg

▲遠景(南から北向きに撮影)

工事箇所は仮囲いされています。左側の通路は搬入車両用道路で、これとは別に施工されました。甲州街道国立インター入口交差点から続いています。


a0332275_22071597.jpg

▲工事ヤード内

工事は2017年(平成29年)6月から行われていて、説明会資料などによると既に地中部の工事が完了しているころだと思います。そろそろ地上部の構造物が見え始めるころでしょうか。


a0332275_22160586.jpg

▲踏切

現在橋梁工事が行われている隣の下にある「本宿原踏切」です。この踏切は東八道路開通後閉鎖される予定です。

この付近のJR南武線は、甲州街道をくぐるため掘割のような構造になっていて、この踏切付近も若干JR線路が下がっています。

a0332275_22142709.jpg

▲廃止された道路(市道)

工事に伴って、甲州街道から本宿原踏切、北原町へと抜ける市道の一部が廃止され付け替えられました。廃止となったのは計画道路(橋梁工事ヤード)と被る部分で、ヤード南側を迂回する形になっています。


a0332275_22212431.jpg

▲付け替えられた道路

もともとあった道路よりも広く街路灯(防犯灯)も設置されていました。写真左側が工事ヤードです。


a0332275_22251427.jpg

▲2枚上の写真と似たような場所から撮影した2017年3月の写真

ここからだと囲いができただけではありますが、景色があっという間に変わってしまいますね。


by yunomi-chawan1 | 2018-01-09 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(0)

関戸橋架替事業[2017年12月]

府中市と多摩市を繋ぐ関戸橋で行われている橋の架け替えの進捗を見てきました。前回は2016年(平成28年)3月に見に来ています。記事にしていませんがよく通る場所です。

架け替えの詳細は過去の記事に書いているので省略します。

関戸橋架替事業[2016年3月]

関戸橋上流橋(府中市方面行き車線)と下流橋(多摩市方面行き車線)の2つの橋からなっています。架け替え事業では1937年(昭和12年)架設の下流橋を全面的に架け替え、上流橋を改築します。

工事は渇水期と呼ばれる冬季を中心に行われています。

a0332275_21535071.png

現在は工事3年目で、架け替えに必要となる仮橋の建設が上流橋の上流側で行われています。

仮橋の建設は3年の予定で行われていて、今期が最後の年になります。上の図は赤色がその年に施工された(る)範囲です。今季で府中市と多摩市が仮橋で繋がることになります。

a0332275_21163391.jpg

▲仮橋と上流橋(多摩市側から撮影)

横切る水色の橋が上流橋(府中市方面行き車線)です。その左側にある濃い青色の橋が仮橋です。

今期は府中市側の1径間、多摩市側の5径間、橋台が施工される計画です。夏までには多摩市と府中市の間に橋が架かります。

a0332275_21581397.jpg

▲これまでに施工された仮橋

「見たらわかる、仮のやつやん(宮川大輔)」……といった感じの仮橋です。仮橋とはいえど、下流橋の架け替え、上流橋の改築の間、10年以上使われる予定のようです。

とても長い期間に思えますが、仮橋工事もあっという間に3年目ですので、仮橋が撤去されるのも意外と早いのかもしれませんね。

a0332275_22022408.jpg

▲P8橋脚の上部

今のところ、上部の舗装などは行われていません。

説明会資料などによると、2017年(平成29年)11月~翌3月に擁壁等設置工事【多摩市側】が、2018年(平成30年)1月~3月に取付道路工事【府中市側】が行われるようです。

また、春ごろに交通切替工事に着手、夏ごろには仮橋工事が完了する計画のようです。年内(2018年内)に仮橋が供用開始されるでしょうか。

★   ★   ★   ★
a0332275_22350711.jpg

▲下流橋

今回は、来年には撤去が始まるとされる下流橋もじっくり見てきました。架設からだいぶ経っていますので、こちらも「見たらわかる、古い橋やん」状態です。

下流橋撤去・新設がどのような手順で行われるのか、まだ資料が都のサイトなどに上がってないようなので、それがよくわかりません。

a0332275_22444529.jpg

▲関戸橋 下流橋の高欄 親柱

補修の跡が見られます。高欄も年季が入ったようなのがよくわかります。


a0332275_22484335.jpg

▲関戸橋 下流橋の上部

下流橋は2車線で、歩道がありません。一応、歩行者や自転車の通行が禁止されているわけではないようですが、危ないので歩いて通る人はあまり見かけません。自転車はたまにいます。

上流橋ができるまでは、この2車線で北多摩と南多摩を繋いでいたのですから。もちろん今よりもっと田舎でしたが。

a0332275_22545662.jpg

▲関戸橋 下流橋の意匠

今見るとデザインのある橋だなと私は思います。新しくできる下流橋がどのようなデザインなのか、そういう資料をまだ見てない気がするので、それも気になりますね。

この橋に来るのはいつも日暮れか朝になっちゃうので、もうちょっと日が高いところにある時間帯にまた来たいです。

あと、橋を取り壊す前に歩いて渡るような、下流橋を惜しむイベントなんか東京都には企画して欲しいなぁ…など。(人集まらないかな…)


by yunomi-chawan1 | 2018-01-08 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(0)

稲城榎戸土地区画整理内 公園通り梨の道線 工事2017

鮮度落ちの記事になります。写真撮影は2017年11月19日です。

a0332275_23113585.png

稲城市の榎戸地区(住所:矢野口)では稲城市施行の「稲城榎戸土地区画整理事業」が1989年(平成元年)から行われています。土地区画整理事業で区域内の鶴川街道(南多摩尾根幹線)や三沢川の整備も進み街並みができましたが、市施行の区画整理ですのでまだまだ掛かりそうかなという感じです。現在のところ事業期間は2020年度(平成32年度)までとなっていますが、まぁ伸びるでしょう。市議会によると進捗率は88.0%

さて、区画整理事業に伴って区域内の区画街路である、「多摩都市計画道路7・5・2号公園通り梨の道線」の工事が始まりました。この道路は区域を東西に横切る区画街路で、幅員は15~30m。東側地区は暫定整備が完了しています(完成はしていない)。西側は唯一暫定整備も行われていませんでしたが、昨年(2017年)から着工されました。

a0332275_23244077.jpg

▲工事案内板

工事件名は「稲城榎戸地区都市計画道路7・5・2築造(暫定整備)区画道路築造29-56 公1号工事」で、工期は2018年(平成30年)2月下旬までとなっています。稲城市が発行している”土地区画整理事業のおしらせ”などによると、年度内(3月まで)の交通開放を目指しているようです。

a0332275_00020587.jpg

稲城土地区画整理事業のお知らせNo.27 2010年(平成22年)7月5日付から抜粋
この道路は区画街路にしては幅員が広めで、市議会録などによると、最終的には道路にハンプを造るなどして通過交通をあまり入れないつくりにしたいようです。「稲城土地区画整理事業のお知らせNo.27 2010年(平成22年)7月5日付」によると、道路中央に遊歩道を設けたつくりにするようです。都市計画道路名称に「梨の道線」とあるように、稲城らしい道になったらいいんじゃないかなと思います。
個人的には警察が嫌がりそうなつくりだなと思ったのですが、警察などと協議して決まったようです。

今回の工事は「暫定整備」なのでここまでは整備しないと思います。

a0332275_23411140.png

以下写真の位置は、この地図の番号の位置・向きに対応します。

a0332275_23451754.jpg

①北側から

西日で逆光になってすみません。

土地区画整理事業によってちょっとずつ区画されて用地ができています。稲城市内では組合施行の南山東部土地区画整理や、稲城上平尾土地区画整理なども行われていますが、ここは市施行の土地区画整理事業であり、既存市街地の再区画ですので性格が異なります。

a0332275_23515742.jpg

②南側から

道路はほぼ90度で南~東とカーブします。


a0332275_23545473.jpg

③南向き

道路はこのさき鶴川街道(南多摩尾根幹線)と交わって、工事区間が終了します。この区間の鶴川街道は2006年(平成18年)4月23日15時に交通開放されました。もうそんな昔なんですね。


a0332275_00084624.jpg

④鶴川街道から

こんな感じです。書くことがない…。

余談ですが、1990年台以前の道路地図を何冊か買いました。20年、30年も違うだけで、街並みはこうも変わるんだとちょっと驚きと感動しました。「まち」は生きています。



by yunomi-chawan1 | 2018-01-07 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(0)

八王子3・4・28号石川宇津木線 進捗状況2017冬

a0332275_01335686.png

八王子市で施行中の八王子3・4・28号石川宇津木線の進捗状況を見てきました。見に行ったのは2017年12月28日。

八王子都市計画道路3・4・28号石川宇津木線八王子市石川町~宇津木町に至る全長約1,990mの都市計画道路です。1961年(昭和36年)10月5日に都市計画決定されました(建設省告示第2282号)。計画延長のうち完成区間は480mです。都市計画道路の日野市側は日野3・3・21号豊田北口線に接続し、豊田駅北口に繋がります。

事業区間は国道16号八王子バイパス宇津木町西交差点付近~北八王子工業団地内のアマゾン倉庫角の交差点です。多摩大橋通りを境に事業認可期日が異なります。施行者は東京都。

当日は西から東に向けて辿ったのでその順に掲載します。写真も特記があるものを除き東向きに撮影しています。(PC版はクリックで拡大します。)

平成25年6月20日認可区間
a0332275_23495473.jpg

▲事業案内看板

南多摩西部建設事務所による事業看板が掲げられていました。地図は南が上になっています。

道路幅員は20mで、車道10m(2車線(片側1車線))、歩道を両側に5mの構成になるようです。国道付近は幅員が異なります。

幅員20mって2車線にはゆったりしていて、4車線には狭い感じ。小金井・小平の新小金井街道と同じ幅員です。

a0332275_00211474.jpg

▲事業西側「宇津木町西」交差点

事業区間の西の端となる宇津木町西交差点です。上の高架は八王子バイパスのものです。事業区間はここからまっすぐ、しばらく都道169号に沿って進みます。


a0332275_00275415.jpg

▲現道区間

現道と被る区間です。現在片側のみ歩道の2車線道路を拡幅します。この道路は国道16号と接続しているためか、意外と大型車の流入もある道路でした。


a0332275_00304571.jpg

▲現道から分かれる場所

右側にはかつてスリーエフがあった場所です。現道は左にカーブしていますが、新しくできる道路は直進します。


a0332275_00324011.jpg

▲現道から分かれた場所

土地が開けていました。

ここの景色なんか見覚えあるなと思ったら、4~5年前に来ていたみたいです。


a0332275_00323938.jpg

▲谷地川

計画道路は谷地川を渡ります。左が国道16号、右が北八王子方向です。


a0332275_00382893.jpg

▲谷地川の北側

谷地川を渡ると起伏が激しくなります。この先多摩大橋通りまで坂を上り、そこから比較的平坦な地形になります。


a0332275_00385975.jpg

▲急な斜面

谷地川の南側は高低差があります。といって南多摩地域ではよくあるくらいの高低差です。この高低差が南多摩地域の工期や事業費が高くなる原因でもあるみたいですね。

この先、坂を上りきって多摩大橋通りにぶつかると平成25年認可区間が終わります。この区間は事業認可からあまり経っていないわりには用地取得が進んでいるようにも思えました。

平成21年1月23日認可区間
a0332275_00462000.jpg

▲事業案内看板

この区間の幅員は16~30mです。途中、JR八高線と立体交差するため、その部分が30mとなっています。道路構成は幅員9mの2車線の車道に、幅員3.5mの歩道を両側に設けるものです。立体交差部は構成が異なり、沿道アクセスのための副道も整備される計画です。

この地図も南が上ですね。ひねくれてるんですかね。南向きに設置されていた看板じゃないんだけど。

a0332275_00523272.jpg

▲多摩大橋通りから平成21年認可区間

道路予定地には仮囲いがされています。この先のJR八高線との立体交差部で既に工事が行われている関係で、ここが工事車両の出入り口となっているようです。


a0332275_01040739.jpg

▲交差部分(西向き撮影)

右側の仮囲いが道路予定地、正面にJR八高線があります。上の高架は中央自動車道です。

この場所では上から、中央自動車道JR八高線計画道路の3層構造になる予定で、難しい工事になっているみたいです。

検索してたら建設通信新聞のこんな記事が見つかったので紹介。
【現場最前線】八高線直下を重層立体化 58mをHEP&JESで抜く

a0332275_01102359.jpg

▲八高線車内から撮影

既に八高線直下は工事が進んでいるのでしょうか。ちょっと奥に穴が見えますが、手前側は綺麗に整地されています。


a0332275_01121188.jpg

▲八高線立体交差部を遠景で撮影(西向き撮影)

八高線手前に向けて下っています。

手前側は北八王子工業団地内の道路で既に出来上がっていました(概成)が、道路構成などを改めるためか事業範囲に含まれています。

a0332275_01150920.jpg

▲事業東の端

事業東の端の交差点です。左手前に2017年にできたAmazon倉庫があります。

この近辺、北八王子工業団地はAmazon、ヤクルト、日本アムウェイをはじめとした流通センターやコニカミノルタ、日野自動車などの工場が集積しています。道路開通後はこうした地域と中央自動車道のアクセスがより短くなりそうですね。



by yunomi-chawan1 | 2018-01-06 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(0)

立川病院の裏手 立川市道1級5号やすらぎ通り 拡幅進捗状況2017冬

a0332275_23500384.jpg

立川市錦町たましんRISURUホール(立川市民会館)裏手で立川市道1級5号線(やすらぎ通り)の拡幅工事が行われていました。

この道は子ども未来センター北交差点から西国立駅に抜ける市道で、いわゆる1.5車線の中央線のない道路ですが、立川病院への駐車場ルートや抜け道として利用されていて交通量は少々多めです。

a0332275_00314294.png

今工事の拡幅区間は子ども未来センター東交差点から東の約193mです。子ども未来センター北子ども未来センター東の間は既に拡幅が完了しています。旧立川市役所の裏手で、たましんRISURUホール(立川市民会館)立川まんがぱーく立川病院などがあり歩行者も比較的多いことから歩道を新設し、車道も若干拡幅するようです。

a0332275_00415917.jpg

子ども未来センター東から東を見ています。道路は南側部分に拡幅しています。

拡幅部分は立川病院の敷地と思われます。かつてここは塀に囲まれ桜の木が植わっていました。歩道ももとからありましたが、2mあるのか微妙な幅だった気がします。立川病院は2015年から病棟の建て替えなどが実施中で、隣接敷地も大きく変化しています。2017年7月18日に新病棟での外来診療を開始したようです。

道路北側(写真の左側)にはかつてJT(日本たばこ産業)の建物がありましたが、現在は同敷地にマンションの建設中です。道路以外にもかなり変化がありますね。

a0332275_00465472.jpg

市道をまたぐ立川病院の連絡通路です。この連絡通路も立川病院の建て替えによってできました。

蛇足ですが、立川市役所は立川駅北口へ移転するまではこの付近にありました。さらに国の立川地方合同庁舎も現在の立川病院敷地の一部にあり、立川駅北口に移転しています。検察庁簡易裁判所もここにありましたね。職業安定所(ハローワーク)もこの付近にあり交差点の名前にもなっていました(現在の子ども未来センター北交差点)。東京都の立川合同庁舎は隣接地に建て替えました。
この付近は最近まで立川行政の中心地でもあったわけですが、目覚ましい発展をする立川駅北口の旧立川基地跡地地区に移転をしてしまいました。立川警察署は奥多摩街道と多摩モノレール通りが交差する場所(現在のキッチンコート立川店の場所)にありましたね。あとはここから南へ500mほどいった場所にあった都立多摩図書館は国分寺へ移転、跡地には立川チャレンジスクール(都立高校)ができる予定・・・・・・蛇足が長くなりました。

a0332275_01114888.jpg

事業区間の東側です。工事看板を見ると車道部分は中央線を引くようですね。電線類の地中化はされていません。

この調子だと工期内に終わりそうですね。


by yunomi-chawan1 | 2018-01-05 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(0)

昭島3・4・1号昭島中央線 進捗状況2017冬

a0332275_23220158.png

昭島市で行われている昭島都市計画道路3・4・1号昭島中央線の進捗状況を見てきました。見に行ったのは2017年12月28日。

昭島都市計画道路3・4・1号昭島中央線松原町五丁目・緑町五丁目付近~東町三丁目・郷地町一丁目付近に至る都市計画道路で1961年(昭和36年)10月5日に都市計画決定されました(建設省告示第2291号)。このうち、約1010mで事業が行われています。施行者は昭島市。計画代表幅員は16m、ただし八高線交差部は最大34mです。

事業区間は昭和通りを境に西側を1期区間、東側を2期区間に分けられます。

1期区間昭島3・4・18号拝島橋昭島線(大師通り)から市道昭島21号昭和通りに至る全長約724mで、1994年(平成6年)9月7日に事業認可されました。このうち、栗の沢北交差点~市役所北交差点の約263mについては1997年(平成9年)4月に供用が開始されています。ちなみに、1997年(平成9年)5月6日には昭島市役所が現在の保健福祉センターの場所から移転し開庁しています。

2期区間市道昭島21号昭和通りから都道162号諏訪松中通りに至る全長約550mで、2007年(平成19年)5月25日に事業認可されました。

完成予定時期ですが、2017年(平成29年)時点での説明会資料によると、1期区間は2027年度(平成39年度)、2期区間は2019年度(平成31年度)を予定しているようです。(ただし予定時期は進捗により変更される場合があります。)

a0332275_11555268.jpg

▲既に完成している区間

既に完成した区間は幅員16m、そのうち両脇に3.5mの歩道と標準的な構造です。この区間の道路では電線の地中化などは図られていません。

開通時期が昭島市役所の移転の時期と重なるように、この昭島3・4・1号昭島中央線は都市計画マスタープランで市役所へアクセスする都市連絡軸として位置付けられています。

a0332275_13115867.jpg

▲事業中の西端

現在事業中区間の西端となる市役所北交差点です。この先ほぼ直線的に諏訪松中通りまで繋がることになります。この交差点を写真右に行くとすぐに昭島市役所に到着します。


a0332275_13155911.jpg

▲現場に掲げられていた看板

告示の内容などを示した看板です。事業開始からもうすぐ四半世紀になろうとしているためか、看板にもその劣化が現れているように見えます。


a0332275_13192572.jpg

▲用地が取得された土地

市役所北交差点から東向きに撮影したものです。この先でJR八高線と交差します。

用地の取得は大分進んでいました。この場所には「止まれ」の標示などがありますが、工事用の道路で、バリケードがあって一般者は立ち入ることができません。

a0332275_13231108.jpg

▲廃止が計画されている梨木踏切

昭島3・4・1号線JR八高線との交差は、昭島3・4・1号がアンダーパスの立体交差で建設される予定です。

その交差部分には古くからある梨木踏切があり、新道の開通によって踏切は廃止される計画となっています。しかし、踏切道だった道路からアンダーパスへ迂回の必要があることから、住民などによって踏切反対の意見が出されています。踏切にはその看板も掲示されていました。

こういう場合、踏切道は廃止されるのが一般的でありどうなるのか気になるところですね。

a0332275_13510369.jpg

▲梨木踏切の東側から西を見る

左側に見えているのが梨木踏切です。現在、アンダーパスの工事は行われていません。2017年(平成29年)の説明会資料によると、交差部工事は2019年度(平成31年度)からの6か年を予定しているとのことです。

この先、東側で昭和通りと交差して1期区間が終了します。


a0332275_13565855.jpg

▲2期区間

2期区間の西端である昭和通りから撮影したものです。

道路埋設物などの工事が進んで、現在は車道が仮舗装になっている状態です。2期区間は1期区間よりも後に事業認可されましたが、進捗としては1期よりも早く、交通開放も先に行われる予定です。

a0332275_14052912.jpg

▲道路構造

車道部分は仮舗装です。

縁石部は車道側にコンクリートがはみ出さないタイプを使用するのでしょうか、これ自転車にはとてもやさしいんですよね。もっと広まればいいのに。

歩道もまだ舗装がされていません。車道と歩道の間には植栽や防護柵等が設置されるようです。現在、地中埋設物の操作盤が設置されています。

a0332275_14125657.jpg

▲諏訪松中通りから

事業区間東端の諏訪松中通りから東を見ています。2期区間はこのくらいの整備状況が続いていました。


a0332275_14161411.jpg

▲諏訪松中通り

道路は諏訪松中通りのマツモトキヨシやジロー珈琲部分に接続します。2期区間のみの暫定開通時は信号は設置されないようです。



by yunomi-chawan1 | 2018-01-04 15:00 | 道路計画や開通など | Comments(0)

国道16号 八王子~瑞穂拡幅 松原地区6車線へ 進捗状況2017.12

a0332275_19512841.png

八王子市~瑞穂町で行われている国道16号東京環状の「八王子~瑞穂拡幅」のうち、現在事業中で年度内に6車線化予定松原地区の進捗状況を見てきました。見たのは2017年12月28日。

a0332275_20002010.png

松原地区昭島市拝島町地先小荷田交差点から福生市熊川地先武蔵野橋北交差点付近約1.7kmで行われている拡幅事業で、2車線の道路を幅員45mの6車線にするものです。

1997年度(平成9年度)にこの地区で都市計画変更をし、2012年(平成24年)2月28日13時に暫定4車線が供用開始されました。2017年度(平成29年度)内に6車線供用されることが公表されています。

図は国土交通省資料を参考に作成。幅員、構成は代表部のもの。資料により道路構成が若干異なります。

a0332275_20085352.jpg

▲小荷田交差点から北を見る

東京環状新奥多摩街道などが交わる小荷田交差点から北を見ています。

かつてはここから北側、拝島方面にかけて2車線の狭い道路でしたが、現在は暫定4車線で供用されています。私がいたときは渋滞のような様子は見られず順調に流れていました。

小荷田交差点は国道16号東京環状が屈折する交差点で、かつては右折レーンが1つしかないなど渋滞の発生地点でした。この交差点も改良が行われ、左折の交通島ができたり右折レーンが2つに増設されるなど、改良が行われています。

a0332275_21550934.jpg

▲緑町5丁目付近から北を見る

左側に見える建物は都立多摩工業高校(多摩工高)です。現在、車道の両側で歩道と区切る防音壁の建設が進められていました。道路は無電柱化が図られる予定です。


a0332275_22075255.jpg

▲緑街道入口交差点から北を見る

緑街道入口交差点~松原町五丁目交差点間には、松原町五丁目南交差点、多摩工高入口交差点がありますが、交差点どうしが近接しているため信号を廃止する計画がありました。しかし、地元からの反対があったようで、その後どのような計画になったのかまではわかりません。

a0332275_22183554.jpg

▲松原町五丁目地内から北を見る

歩道部分がカラー舗装されている部分もありました。自転車通行部は歩道に内包されるようです。松原地区は沿道に商業施設はあまりなく、特に東側は住宅が中心のため、沿道アクセスのための副道も整備される予定です。


a0332275_22281566.jpg

▲武蔵野橋南交差点

睦橋通り江戸街道が交わる武蔵野橋南交差点です。

ここから北側は武蔵野橋となります。

この付近の道路は国道16号東京環状以外にも睦橋通りの拡幅や江戸街道の開通など、大きな変化がありました。


a0332275_22324600.jpg

▲武蔵野橋の上(南向き撮影)

武蔵野橋ではJR青梅線八高線五日市線市道玉川上水を越えます。橋はもともとあった橋の西側に移設後、元の場所に新しく橋を架け拡幅しています。既に橋は完成に向かっているようです。(写真の左側に拡幅予定)

松原地区の拡幅が今年度中に予定されていることから、2018年(平成30年)1月13日には橋の渡り初めやセレモニーが開かれる予定だそうです。

a0332275_22385372.jpg

▲武蔵野橋北交差点(南向き撮影)

武蔵野橋北交差点は五日市街道と交わる交差点です。

この辺の交差点一体は右左折が一部制限される箇所があるなど複雑な形態がとられています。

なお、五日市街道は昨年(2017年/平成29年)に都市計画変更が行われました。結果、計画幅員が拡大されたことに伴い、都市計画道路名称(番号)が変更され福生3・3・3の1号新五日市街道線になりました。こちらも近いうちに事業化するものと思われます。

a0332275_22502550.jpg

▲武蔵野橋北交差点から北を見る

ここから先の区間は4車線への拡幅が完了しています。6車線化の予定はないです。



by yunomi-chawan1 | 2018-01-01 23:00 | 道路計画や開通など | Comments(0)

2018年1月14日拡幅 国道16号八王子拡幅 進捗状況2017.12

国道16号東京環状 八王子市内で行われている拡幅事業「八王子拡幅」が、2018年1月14日16:30頃に拡幅されるということで様子を見てきました。行ったのは12月28日。

a0332275_15031543.png
八王子拡幅国道16号東京環状八王子市左入町~中野上町までの約2.7kmで行われている道路の拡幅事業です。今拡幅区間は八王子市中野山王付近の稲荷坂交差点中央道跨道橋間の約0.4kmで、左入町側・中野上町側の区域では既に拡幅が完了されているため、今拡幅により八王子拡幅の全線で4車線化することになります。

a0332275_15214968.jpg

▲既に拡幅された南側

川口川橋交差点稲荷坂交差点までの約0.6kmの区間は2017年(平成29年)3月25日に4車線に拡幅されています。歩道などは簡易舗装だと思われ、今後本舗装が行われるのではないかと思います。


a0332275_15285182.jpg

▲稲荷坂交差点から北を見る

稲荷坂交差点から北側約0.4kmが今拡幅区間となります。来月の拡幅に向けて現在工事が行われていました。拡幅部分は車道舗装も行われていない感じでした。


a0332275_15313634.jpg

▲稲荷坂交差点の北側

交差点名が「稲荷坂」であるように、この付近は小さな峠になっています。道路は切通しを拡幅する形で、道路の両側にはコンクリートの壁が出現していました。

写真右側に見切れている脇道は国道16号線の旧道で、うかい亭やひよどり山中学校に繋がる道路です(市道842号)。この道路と国道16号との交差部は中央分離帯ができてしまうため、国道16号線の東側(八王子駅方面行車線)には副道を設けることになっています。

a0332275_15511551.png
a0332275_15441549.jpg

▲稲荷坂の頂上付近

この付近が稲荷坂の頂上付近です。ネット検索していると拡幅前の写真がでてきましたが、かなり景色が変化しているようですね。


a0332275_15463959.jpg

▲副道の交差点ができると思われる場所

先に説明した副道への交差点ができると思われる場所です。

案内標識が設置されていますが、高速道路のナンバリングに対応していました。


a0332275_15490024.jpg

▲拡幅区間の北端(南向きに撮影)

中央自動車道の跨道橋の南側で拡幅区間が終了します。


a0332275_15490136.jpg

▲既に拡幅された左入町側

ここから北側、八王子インター左入町側は既に拡幅されています。左入橋付近にはイオンモールができる話がありましたがまだできてませんね、どうなるんですかね。

この国道16号八王子バイパスが無料化され、橋本~左入橋の現道が国道から格下げされる計画もあります。この拡幅も完了に向かっており、この話も進んでいくのでしょうか。


by yunomi-chawan1 | 2017-12-31 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(0)


http://ricebowl.exblog.jp の続きです。鉄塔、鉄道、街作り、用水など。


by yunomi-chawan

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

メモ帳

2015年にブログを移転しました。一部リンクが前のブログに飛びます。

まとめサイト等への画像の無断使用と引用を禁止します。

非公開コメントへの返信は基本的に行っておりません。

常時SSL化を実施予定です。URLがhttps:に変わります。過去のリンクについては自動でジャンプするようです。

以前のブログ
過去のトップ画
ランダム表示
索引
地図から探す
送電線索引
継続記事検索
YouTube
大丸用水



カテゴリ

全体
恐怖シリーズ
ブログ
鉄道
鉄塔
散策
駅シリーズ
地域
米タン
道路計画や開通など
未分類

最新の記事

役所メシ カツカレーを求めて
at 2018-01-17 00:00
坂浜平尾線 橋が架かり始める
at 2018-01-16 13:00
東八道路・放射5号 進捗状況..
at 2018-01-13 00:00
東八道路 南武線交差部 橋梁..
at 2018-01-09 00:00
関戸橋架替事業[2017年1..
at 2018-01-08 00:00
稲城榎戸土地区画整理内 公園..
at 2018-01-07 00:00
八王子3・4・28号石川宇津..
at 2018-01-06 00:00
立川病院の裏手 立川市道1級..
at 2018-01-05 00:00
昭島3・4・1号昭島中央線 ..
at 2018-01-04 15:00
国道16号 八王子~瑞穂拡幅..
at 2018-01-01 23:00

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月

最新のコメント

大型商業施設情報ありがと..
by DoItMyself at 22:04
ありがとうございます。 ..
by yunomi-chawan1 at 17:45
はじめまして いつも記..
by DoItMyself at 07:47
やっと方針が定まり、西側..
by yunomi-chawan1 at 14:19
この道をよく利用します。..
by cp9agt7 at 09:38
非公開コメントさん あ..
by yunomi-chawan1 at 22:23

検索

タグ

(30)
(18)
(14)
(12)
(12)
(10)
(9)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)

記事ランキング