補助81号線(都電雑司ヶ谷~向原間) 進捗状況2017冬

東京さくらトラム(都電荒川線)都電雑司ヶ谷停留所向原停留所間で行われている道路の新設事業の進捗状況を見てきました。

東京都市計画道路事業幹線街路補助線街路第81号線(補助81号線)豊島区南池袋二丁目から北区西ケ原一丁目に至る全長約3.6kmの都市計画道路です。都市計画決定は1946年(昭和21年)4月21日(戦災復興院告示第15号)です。

南池袋二丁目~南池袋四丁目間
a0332275_22115335.png
南池袋二丁目南池袋四丁目間は環状5の1号線放射26号線(都道435号線)を結ぶ区間です。南側には東京さくらトラム(都電荒川線)都電雑司ヶ谷停留所があり、北側には東池袋四丁目停留所間があります。

a0332275_22280368.png

事業認可は2005年(平成17年)11月16日(関東地方整備局告示第485号)で、事業延長は約260m、計画幅員はおおむね25mで、中央に東京さくらトラム(都電荒川線)を配置し、両脇に車道と歩道を設けるものとなっています。

管轄は第四建設事務所です。この路線は雑司が谷・南池袋の木造住宅密集地域(木密)に隣接しており、震災時の火災の延焼遮断帯や避難救助の空間ともなるよう東京都の特定整備路線に選定されています。東京都では特定整備路線にかかる関係権利者に対し特別の支援を行い整備を加速することにしています。

資料により計画標準断面の幅員が異なります。

a0332275_23114480.jpg

▲都電雑司ヶ谷停留所から北を見る

この付近から事業区間が始まります。現在は工事は始まっておらず、東京さくらトラム(都電荒川線)の軌道も今まで通りの姿が残されています。


a0332275_23203747.jpg

▲都電雑司ヶ谷停留所の北側から北を見る

この先に見えている首都高速5号池袋線の下にある日出通りの部分で南池袋区間は終わります。その先は東池袋区間が始まります(この記事下に記載)。

事業区間は短いうえに事業認可から10年以上たっていますが、進捗率は低めのように見えます。

a0332275_23382530.jpg

▲事業区間の北側から南を見る

事業区間は日出通りで終了します。東京さくらトラム(都電荒川線)東池袋四丁目停留所は日出通りの南側には三ノ輪橋方面行、北側には早稲田方面行の乗降場があります。写真に写っているのは三ノ輪橋方面行。

ここから見ても分かるように、あまり用地取得は進んでいません。

東池袋四丁目・五丁目
a0332275_00010553.png

補助81号線(東池袋)日出通りから春日通りまでの約610mです。道路幅は25mで、中央に東京さくらトラム(都電荒川線)を配置し、両側に片側1車線の車道を設けるものです。

a0332275_00040478.jpg

事業認可は2005年(平成17年)11月16日です。周辺は木造賃貸住宅が密集している地域で狭隘な道路も多く、道路整備と一体的に沿道街づくりを進めることとしていて、都市整備局第二市街地整備事務所が管轄しています。


東京都都市整備局―東池袋地区
東池袋地区補助81号線沿道まちづくり協議会

a0332275_00182472.jpg

▲事業区間の南端から北を見る

手前の道路は日出通りで、ここから北側が事業区間になります。南側は南池袋区間で、別に事業化しています。

春日通りの北側には東京さくらトラム(都電荒川線)東池袋四丁目停留所の早稲田方面行の乗降場があります。

なお、この写真の左側の約0.3ha区域は2017年(平成29年)10月20日東池袋四丁目2番街区地区市街地再開発組合の設立が認可され、今後「東池袋四丁目2番街区地区第一種市街地再開発事業」(組合施行)が行われることになります。2019年(平成31年)6月に工事に着手し、2022年(平成34年)には竣工しする予定です。市街地再開発事業では232戸の住宅、店舗・事務所、子育て支援施設、駐車場を含めた地上36階地下2階高さ約125メートルの高層ビルが建てられる予定です。事業費は約166億円。

a0332275_00323554.jpg

▲東池袋4-1付近から北を見る

東京さくらトラム(都電荒川線)の両側で用地取得が進んでいました。暫定歩行者通路のようなものもできている区間がありました。


a0332275_00362544.jpg

▲都電がカーブする

この付近では豊島区が施行する補助176号線が接続する予定で、旧造幣局も含めた整備が検討されているようです。

東京さくらトラム(都電荒川線)のカーブする右側にクレーンが見えますが、そこでは東池袋五丁目地区第一種市街地再開発事業(組合施行)が工事中で、地上21階地下1階高さ70メートルのビルが完成する予定です。

a0332275_00495217.jpg

この右側が東池袋五丁目地区第一種市街地再開発事業地ですが、都市計画道路の用地も使って工事が行われているようでした。


a0332275_00514747.jpg

▲坂下通りから北を見る

この付近では東京さくらトラム(都電荒川線)の路盤の改良も行われていました。用地も広々としていて、一番完成が近そうな場所でもありました。


a0332275_01051793.jpg

▲改良された線路

路盤が綺麗になったほか、架線柱もやや茶色がかったデザイン性のあるものが採用されています。2017年4月28日に東京都が都電荒川線東京さくらトラムという愛称をつけましたが、この区間はトラムらしい景観になるかもしれません。

このブログでは東京さくらトラム(都電荒川線)と表記することにしましたが、私個人としてはあまり好みの名前ではありません。浸透するのかなぁ…

a0332275_01115972.jpg

▲向原停留所の南側

用地取得箇所は歩行者通路となっていました。


a0332275_01151758.jpg

▲事業区間の北側

横切る道路は国道254号春日通りです。東京さくらトラム(都電荒川線)向原停留所は春日通りの南側に三ノ輪橋行、北側に早稲田行の乗降場があります。見える停留所は三ノ輪橋行乗降場。

今後道路だけでなく、沿道のまちづくりも進んでいくこの地区。数年後にはまた景色が変わっているのでしょうかね。


# by yunomi-chawan1 | 2017-12-15 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(0)

環状5の1号線(雑司ヶ谷) 進捗状況2017

a0332275_21565413.png

東京都市計画道路事業幹線街路第5の1号線渋谷区広尾五丁目から北区滝野川二丁目に至る全長14kmの都市計画道路です。1946年(昭和21年)3月26日に都市計画決定されました(戦災復興院告示第3号)。今回記事にするのはこのうち豊島区髙田三丁目~南池袋二丁目に至る全長約1400mの区間です。

a0332275_21565279.png

道路は地下式(トンネル構造)・立体交差往復2車線と、地表式平面交差往復2車線が建設される予定で、地表式の道路の中央には東京さくらトラム(都電荒川線)が配置される計画です。道路幅は30~40mです。

工事の管轄は第四建設事務所です。

1998年(平成10年)7月10日に当初事業認可され用地取得に着手し、暫定道路の整備に係る用地については2010年度(平成22年度)に取得が完了しています。(地下に存在する副都心線の着工は2001年(平成13年)。)

2011年(平成23年)4月4日に該当区間のうち約995mの区間が従来の平面4車線幅30~35mの計画から、現在の計画に都市計画変更されています(東京都告示第656号)。

2012年度(平成24年度)から地下道路整備に必要な用地取得を進め、2016年度(平成28年度)末時点での用地取得率は66%です。

工事については2002年度(平成14年度)から埋蔵文化財調査に着手しています。その後、2006年度(平成18年度)から沿道の利便性を図るため順次暫定整備を開始し、2012年(平成24年)9月に完了しています。

東京都交通局に委託したトンネル工事(2工区)は2012年度(平成24年度)から着手、学習院側の擁壁工事は2013年度(平成25年度)から実施、3工区のトンネル工事は2015年度(平成25年度)から着手しています。

a0332275_21565372.png

地下部の道路は開削方式により建設が行われていますが、地下には東京メトロ副都心線、地上には東京さくらトラム(都電荒川線)が走っており、また下水道もあるなど大規模な工事が行われています。

a0332275_23280060.jpg

▲3工区にあった看板

工事は1~3工区に分けて行われていて、この写真は3工区に掲げられていたものです。看板にもある通り、この事業は東京都建設局第四建設事務所の所管で、2工区については東京さくらトラム(都電荒川線)があるため東京都交通局に委託されているようです。


a0332275_23304844.jpg

▲3工区にあった英語の看板

すべて英語で書かれた事業案内看板もありました。需要有るのかな……?

☆ THE KAN 5-1 AREA 3 ☆
(KAN GO NO ICHI 3 KOUKU)
BUILD THE CAPITAL WAY
"THE KAN5-1" is KANJOU line (Belt line). This Project is very important constraction project of tokyo. The Kan5-1 is main capital way. This project has build the underground tunnel, U type retaining wall and L type retaining wall.
(大文字小文字そのまま)

とてもさっぱりとした説明です。


a0332275_21565378.png

それでは工事の進捗を南側から順に見ていきます。

a0332275_23501907.jpg

▲事業区間南端

神田川の北側のあたりが事業の南端のようです。この道路は明治通りとして親しまれていて、都道305号として東京都が管理しています。

この付近の道路は平面4車線で、中央分離帯は設置されていません。道路の東側には東京さくらトラム(都電荒川線)が走っていますが、軌道は独立した形が取られています。都市計画道路の範囲は都電の部分も含まれます。道路・都電ともに北へ向かって上り坂が続きます。

この付近は道路の大きな改変は行われないのではないかなと思います。

a0332275_23460981.jpg

▲学習院下停留所の横

東京さくらトラム(都電荒川線)学習院下停留所の横にある横断歩道から北に向かって撮影したものです。右端に見切れているのが停留所です。

この付近から地下式道路が道路中央から分岐していくようです。しばらく掘割が続いた後、トンネルとなり分岐します。

左側は拡幅工事が行われています。擁壁などはほとんど完成しているように見えます。擁壁の左側には学習院と区立千登世橋中学校があります。ちなみに、拡幅箇所が2011年の都市計画変更で都市計画道路区域に編入された部分です。

正直、もう少し工事が進んでいるのかと思っていましたが、この場所ではトンネル・掘割の構造物さえ見えずどうしたものかと思いました。

a0332275_00045487.jpg

▲千登世橋

明治通りを北へ進むと目白通りと立体交差します。目白通りには千登世橋が設けられ、その下を明治通りがくぐるようになっています。この橋は1932年(昭和7年)に竣工した歴史ある陸橋で、その姿の美しさは現在もなお引き継がれていますね。


a0332275_00121811.jpg

▲千登世橋付近の道路構造

明治通りは千登世橋をくぐった後、池袋駅方面へ進みます。この先の都市計画道路は補助171号線となり、環状5の1号線の工事範囲から外れていきます。

立体交差した明治通り目白通りは連絡道路で結ばれています。

a0332275_00171553.jpg

▲目白通りから環状5の1号線を北向きに見る

環状5の1号線地上部東京さくらトラム(都電荒川線)を挟むようにして、目白通りから降りていくようです。

地下部は東池袋付近までトンネルが続きます。

現在、東京さくらトラム(都電荒川線)はトンネル工事に伴って仮設の路盤となっている箇所があります。

a0332275_00244898.jpg

▲鬼子母神前停留所付近

中央奥に見える屋根が鬼子母神前停留所です。この停留所はかつては互い違いにホームがあった記憶ですが、工事に伴って対面式になっています。

現在、地上部は暫定的に交通開放されていますが、住宅地内の交通がほとんどで交通量はほとんどありません。

a0332275_00430214.png
a0332275_00342275.jpg

▲鬼子母神前停留所の踏切から北向き

見てのとおり線路がグネグネとしています。結構高低差のある土地なんですね。


a0332275_00361832.jpg

▲雑司ヶ谷大鳥神社前から北向き

ずっと工事区間が続きます。トンネルの建設の進捗がどんなものなのか気になりますが、地上からはわかりません。

この付近は木造住宅密集地域(木密・もくみつ)でもあり、こうした幅の広い道路は災害時の火災の延焼遮断帯ともなりえます。(この都市計画道路は特定整備路線ではありません)

a0332275_13335347.png

▲断面図(パンフレットを参考に作成)


a0332275_00423291.jpg

▲北東向きに補助81号線が分岐する

都電雑司ヶ谷停留所付近から北東向きに補助81号線が分岐します。補助81号線も東池袋四丁目停留所・向原停留所に向けて事業中です。なお、補助81号線のうちここから東池袋四丁目停留所までの区間は特定整備路線に指定されています。

環状5の1号線はやや西方向に向きを変え、豊島区役所東池袋交差点方面へと進みます。

a0332275_00481641.jpg

▲豊島区役所の南側

補助81号線を分岐後、トンネルだった地下部が再び姿を現す計画のようです。

写真の左側の大きな建物が豊島区役所が入る高層ビルです。この付近でも大きな工事が行われていました。


a0332275_00573303.jpg

▲豊島区役所の前

やがて環状5の1号線東池袋交差点グリーン大通りと交差します。交差点上部には首都高速5号池袋線が走っています。


a0332275_00573263.jpg

▲東池袋交差点より事業区間を見る

東池袋交差点の分離帯にある歩行者通路から撮影しています。道路の範囲が開けているのがわかります。

建設事務所の資料などを見ると、東池袋交差点は道路開通後はやや複雑な交差点になるようで、どうなっていくのかも今後注目ですね。そういえば池袋にLRT何て構想もあった気がしますがどうなったのやら。

環状5の1号線を全体的に見ると、交通開放までにはもう少し時間がかかりそうな感じです。地下部の進捗がどうなっているのか気になります。


# by yunomi-chawan1 | 2017-12-12 00:00 | 道路計画や開通など | Comments(0)


http://ricebowl.exblog.jp の続きです。鉄塔、鉄道、街作り、用水など。


by yunomi-chawan

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

メモ帳

2015年にブログを移転しました。一部リンクが前のブログに飛びます。

まとめサイト等への画像の無断使用と引用を禁止します。

非公開コメントへの返信は基本的に行っておりません。

常時SSL化を実施予定です。URLがhttps:に変わります。過去のリンクについては自動でジャンプするようです。

以前のブログ
過去のトップ画
ランダム表示
索引
地図から探す
送電線索引
継続記事検索
YouTube
大丸用水



カテゴリ

全体
恐怖シリーズ
ブログ
鉄道
鉄塔
散策
駅シリーズ
地域
米タン
道路計画や開通など
未分類

最新の記事

補助81号線(都電雑司ヶ谷~..
at 2017-12-15 00:00
環状5の1号線(雑司ヶ谷) ..
at 2017-12-12 00:00
補助第74号線(諏訪通り)高..
at 2017-12-10 22:30
消えゆくコンビニ「スリーエフ」
at 2017-12-07 14:00
徐行「SLOW」標識登場 東..
at 2017-11-28 00:00
宮ヶ瀬ダムナイト放流 201..
at 2017-11-24 00:00
町田街道 小山Ⅱ期区間 拡幅..
at 2017-11-22 15:00
南多摩尾根幹線の歴史・現況・..
at 2017-11-18 00:00
東村山3・4・5号久留米東村..
at 2017-10-21 00:00
西東京3・4・11号練馬東村..
at 2017-10-19 10:30

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月

最新のコメント

やっと方針が定まり、西側..
by yunomi-chawan1 at 14:19
この道をよく利用します。..
by cp9agt7 at 09:38
非公開コメントさん あ..
by yunomi-chawan1 at 22:23
そのサイトについては見た..
by yunomi-chawan1 at 22:23
ご指摘ありがとうございま..
by yunomi-chawan1 at 22:13
はじめまして。 多摩ニ..
by りんたろう at 22:06

検索

タグ

(27)
(17)
(13)
(12)
(12)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)

記事ランキング