2016年 03月 31日 ( 2 )

関戸橋架替事業[2016年3月]

関戸橋架替事業の工事が始まったようなので、自転車で立川に行ったついでに見てきました。

関戸橋とは

a0332275_00045902.jpg
 関戸橋とは、多摩川中流域の橋です。道路は鎌倉街道と呼ばれており、南は町田や橋本方面、北は国分寺につながる幹線道路です。都市計画道路名は多摩3・3・8号鎌倉街道線です。
 2010年(平成22年)に国土交通省関東地方整備局東京国道事務所が行った交通センサスによると、7時からの12時間に上下線合わせて30,885台の交通量があるそうです。

 多摩川は大きな河川のため、近代までは橋を架けることが難しく、多くの箇所に渡し船が開設されていました。現在、関戸橋があるところにも『関戸の渡し』(中河原の渡し)がありました。
 関戸橋ができたのは、1937年(昭和12年)のこと。この橋は現在でも下流側の橋として一般に供用されています。のちに交通量が多くなり、多摩ニュータウンの開発もあって1971年(昭和46年)に現在の上流側の橋が架けられました。現在では、下流側の橋が南行き(町田方面)、上流側の橋が北行(国分寺方面)として供用されています。
橋の長さは375.8メートルです。

 1998年(平成10年)に野猿街道の府中四谷橋が、2003年(平成15年)に日野バイパスの石田大橋が開通するまでは、関戸橋の上流側にある次の一般道の橋は甲州街道の日野橋で、その間約5.5キロもあり、関戸橋の交通渋滞は激しかったようです。
 近年では、多摩川の中流域で、多摩川水道橋・多摩川原橋・是政橋の架け替え増線、稲城大橋・府中四谷橋・石田大橋・立日橋の新設なども行われてきました。


事業概要

a0332275_11180354.png
▲関戸橋のおおまかな位置
 関戸橋は、北は府中市、南は多摩市に架かります。
 前述のとおり、南は町田方面、北は国分寺方面とつながる主要地方道です。北は将来、所沢方面へ直線的に抜けられるよう現在事業中です。


 南側の町田市内一部区間も拡幅事業がスタートしています。所沢~町田までの南北をつなぐ路線として整備中です。


 関戸橋架替事業は、下流側の橋を全面架け替え、上流側の橋を改築するものです。
 東京都では事業の目的として、
  • 老朽化橋梁の更新により耐震・対荷力の向上
  • 災害時応援活動の円滑化及び防災性の向上
  • 渋滞解消により円滑な道路交通の確保
  • 安全で安心な歩行者空間等の整備
を挙げています(事業概要説明会パンフレットより)。
施行は北多摩南部建設事務所と南多摩東部建設事務所が担当します。

a0332275_11360565.jpg
▲事業計画推移(北多摩南部建設事務所発行の関戸橋通信を参考に作成)クリックで拡大します
 事業の主な計画はこのような感じ。完成までに16年かかる大事業です。
工事工程は、
  1. 工事開始
  2. 仮橋設置(3年)
  3. 下流橋撤去
  4. 下流橋設置(撤去設置で7年)
  5. 上流橋改築(4年)
  6. 仮橋撤去(2年)
  7. 完成
となります。現在は「仮橋設置」の1年目です。

下流橋は、橋幅8.0m(車道2車線)→橋幅14.0m(車道3車線+歩道新設)
上流橋は、橋幅12.75mで補修と一部架け替えが行われます。

工事は多摩川の水が減る冬の間(11月~5月)のみで行われます。この間を渇水期といいます(対義語は出水期)。


現況

a0332275_00070210.jpg
▲現場の工事案内看板(画像は台形補正済み)
工事1年目は、仮橋を府中市側から85.5mだけ建設します。
工事は始まったばかりで、まだまだ完成には遠い印象を受けます。

a0332275_00053553.jpg
▲下流橋
見た目だけでも古いのがよくわかる橋です。2車線で歩道がありません。上流橋より一段下がった位置にあります。

a0332275_00090125.jpg
▲関戸橋の銘板
関戸というのは多摩市側の地名です。聖蹟桜ヶ丘駅も昔は関戸駅と言いました。

a0332275_00061048.jpg
▲橋の下より
落書きがあるのが残念ですが、橋自体はデザイン性のある立派な橋だと思います。
80年近く前の橋ということもあって老朽化が見てもよくわかりました。

a0332275_00064057.jpg
▲上流橋と建設中の仮設橋を望む
 上流橋は見ての通り、下流橋に比べると新しいことがわかります。見た感じでも丈夫そうですね。上流橋は一部架け替えと改築ということで、大きく形を変えることはなさそうです。
 手前に橋脚だけできているのが仮設橋です。今回の工事は橋脚3つ分だけです。
 工事にともなって多摩川河川敷のサイクリングロードの位置が変わっています。見通しが悪くなっている箇所もあるので注意が必要です。

a0332275_00072967.jpg
▲仮設橋脚
 素人が見ても仮設だな…という感じですね。この先どうなるのかわかりませんが、仮設橋が完成するのもずいぶん先のことに感じてしまいます。


a0332275_00082808.jpg
▲府中市側から多摩市方面を望む
 この付近ではよくフリーマーケットが行われていて、工事の影響はどうなのかわかりませんが、16年もかかる架け替え工事なのでなんらかの対策はあるのでしょうか。
 新しい橋が完成する16年後には何をしているのだろうか…そんなことを考えながら、気長に様子を見ていきたいです。
[PR]
by yunomi-chawan1 | 2016-03-31 21:01 | 道路計画や開通など | Comments(0)

多摩3・4・17号坂浜平尾線(都整備区間)の現況[2016年3月]

2014年に前のブログでも紹介した坂浜平尾線の様子を見てきました。
当時の記事はこちら(別窓)

【追記】5月30日に上平尾土地区画整理地内の区間が開通しました!詳しくはこちら

事業概要
a0332275_07573665.png
 多摩3・4・17号坂浜平尾線は、稲城市の若葉台入口交差点~川崎市境(下平尾付近)の都市計画道路です。そのうち、上平尾~下平尾は大分昔に開通しており、若葉台入口~上平尾は事業中です。
 なお、事業中区間の半分程度で組合による土地区画整理事業が行われていて、その区間は区画整理組合が整備します。残る区間は東京都が整備しています。今回見て来たのは東京都整備区間です。(組合区間は別途記事にしています)

 東京都区間は2012年(平成24年)11月12日に着手
 事業距離は約420mで、幅17mの往復2車線
 事業期間は2018年度(平成30年度)までで、総工費は約15億円、管轄は南多摩東部建設事務所です。

認可当時の報道発表資料

現況
a0332275_18461888.jpg
▲若葉台入口交差点より上平尾方向を望む
そもそもこの道路の計画は1969年(昭和44年)1月29日の建設省告示で出たもので、実に半世紀たってようやく全線完成しに近づいてきています。(これまでのあいだに計画線形変更などは行われている。)

そもそもこの坂浜平尾地区は多摩ニュータウンの1地区として計画されていましたが、諸般の事情で東京都がのちの区画整理を断念したこともあってこの道の着手も遅れていました。(坂浜平尾地区についてはこちら)
のちに都が計画していた区画整理地内で地主等による組合施行の土地区画整理事業が具体化し、残る道路区間も東京都施行で事業化しました。
この記事を書いた時点で、用地の取得は完了しているようです(都議会録より)。

また、東京都整備区間は平成25年1月29日に、区画整理組合整備区間は平成27年12月2日に都道19号町田調布線に編入されています。

a0332275_18463496.jpg
2015年(平成27年)11月より若葉台入口側で着工しました。工事名は坂浜橋(仮称)下部工事でした。

若葉台入口交差点から京王線付近までは、三沢川や田圃による谷になっているため橋で越えるみたいです。名前はまだ正式に決まってないようですが、仮称は坂浜橋です。

工事内容は看板に書いてあるように、場内整備と工事用の仮橋整備、若葉台入口交差点、側の橋台整備ということでした。まだ橋らしくなるには時間がかかる感じです。


a0332275_18470100.jpg
▲上平尾方面を望む
日曜日なので休工中でした。

道路はこの先に若干見える京王線の橋梁を潜ることになります。
a0332275_18482221.jpg
ズームするとこんな感じで、見える田圃に木で杭が打ってあります。都市部だとコンクリートで固めて金属製の柵が立てられることがおおいですが、そうではないみたいですね。

京王線の奥には稲城ふれあいの森への通路があり小さな橋もあったのですが、稲城ふれあいの森への通路を別の場所へ付け替えて使用が停止されています。

a0332275_18484305.jpg
▲稲城第2中前より東向き。この道路は現在迂回路となっている学園通り。
現在若葉台から上平尾に通じる道が少なく、1.5車線の学園通りを通り抜ける車が多くいます。

坂浜平尾線は、写真の先のショベルカーが止まっている辺りを左右に横切る予定です。

a0332275_18502901.jpg
この辺りを坂浜平尾線が左右に横切ります。右側が上平尾方面になります。

このあたりは左右ともに土地区画整理地内で、東京都整備区間ではありません。東京都が整備区間は左側へ数百メートル行ったところです。

なお、上平尾方面は、上平尾土地区画整理事業の整備が進んでいるため、学園通りより上平尾方面は先行して開通が計画されているようです。

この付近にショッピングができる施設を誘致してるとか。


a0332275_18504771.jpg
▲学園通りより若葉台入口這う面を望む
数百メートルは小田良土地区画整理の範囲内です。東京都整備区間は写真の奥ですが、地形的に写りませんでした。

全線開通は2年後くらいで、新百合ヶ丘から多摩、府中などへのアクセス向上が期待できますね!
[PR]
by yunomi-chawan1 | 2016-03-31 21:00 | 道路計画や開通など | Comments(2)


http://ricebowl.exblog.jp の続きです。鉄塔、鉄道、街作り、用水など。


by yunomi-chawan

プロフィールを見る

メモ帳

2015年にブログを移転しました。一部リンクが前のブログに飛びます。

まとめサイト等への画像の無断使用と引用を禁止します。

非公開コメントへの返信は基本的に行っておりません。

常時SSL化を実施予定です。URLがhttps:に変わります。過去のリンクについては自動でジャンプするようです。

以前のブログ
過去のトップ画
ランダム表示
索引
地図から探す
送電線索引
継続記事検索
YouTube
大丸用水



カテゴリ

全体
恐怖シリーズ
ブログ
鉄道
鉄塔
散策
駅シリーズ
地域
米タン
道路計画や開通など
未分類

最新の記事

6月10日の小ネタ
at 2017-06-21 00:00
放射5号線(高井戸西工区) ..
at 2017-06-20 00:00
ちょっと変わったセブンイレブン?
at 2017-06-19 00:00
鉄塔 深大寺東線
at 2017-06-15 00:00
小田急小田原線の新百合ヶ丘旧..
at 2017-06-14 00:00
東八道路・放射5号 進捗状況..
at 2017-05-31 18:00
調布3・4・17号狛江仙川線..
at 2017-05-21 22:00
調布駅付近連続立体交差 5年..
at 2017-05-19 14:30
開通間近 調布3・4・17号..
at 2017-05-14 18:00
田んぼの中の相模線入谷駅
at 2017-05-12 06:00

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月

最新のコメント

先日、川崎市の川崎縦貫高..
by yunomi-chawan1 at 09:12
新百合ヶ丘駅には横浜市営..
by 稲見弥彦 at 07:48
先輩のお家からは遠いです..
by 渡邊(生物部) at 12:46
10時半~11時半ごろ、..
by yunomi-chawan1 at 22:51
また出没するかもしれませ..
by yunomi-chawan1 at 09:08
私の家のとても近所です!..
by 渡邊(生物部🐥) at 20:09

検索

タグ

(23)
(17)
(12)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)

記事ランキング