下水道管の中へ・・・小平市ふれあい下水道館

汚い物(略)が苦手な方はバックバック!!

a0332275_16324958.jpg

▲外観
小平市のやや南寄り。府中街道に面し、玉川上水の南側に「小平市ふれあい下水道館」なるものがある。
下水道を「ふれあう」なんて、ふれあいたくもない。ま、毎日お世話にはなってるよ。しかも「下水道館」って「下水道管」とかけているのだろうか。
外観は至ってふつう。公民館のような感じだ。


ここに来ようと思ったのは、この近くに住む友人が「こんなものがある」と教えてくれたことに始まる。小平市や国分寺市の小学生は社会科見学で必ず来るところらしい。私が小学生の時は、羽田空港の近くの昭和島にある「森ケ崎水再生センター」に行った記憶がある。
それはさておき、なんといってもここは下水道管の中に入れるそうではないか。行くしかないでしょ。

a0332275_16375998.jpg

▲外のモニュメント
下水道館の外にはちょっとしたモニュメントがあった。シールド掘削機だ。これで実物大なのだろうか?地下鉄で使われるほど大きなものもあるのか?

a0332275_16400584.jpg

▲入るぞ!!
ALSOKで警戒。危険物持ち込み禁止。
これは危険なにおいがプンプンするぞ~。さぁ。

a0332275_16455040.jpg

▲ドアの但し書き
ってちょっとまて。
「館内の気圧が下がる為、ドアーを開け放しにしないでください。下水のにおいが充満します」
ええええっ。

か・・・館内は臭いのか?


入ってみた。
においはせず。

気圧のお話は、よく分煙のお話であるあの仕組みを利用しているのだろう。にしてもこれは。

見学料は無料。駐車場完備。バリアフリー対応。地上2階、地下5階になっている。
撮影可ということだったので、ちょっと載せます。(ネタバレ注意)

a0332275_16514137.jpg

▲地下1階 講座室ワークショップ
ビデオが上映されていた。ただ、誰もいない。
ビデオの上演時間は地味に長いので、ごめんパス!

a0332275_16542348.jpg

▲メスシリンダーに入っているのは???
「本日の原水」と「本日の処理水」
「本日の原水」ときれいな言葉で書いてあるけど、つまりは・・・そういうことだ。ブツは見えなかった。
にしても、「処理水」がこんなにもきれいになるのかと少し感動した。

a0332275_16563975.jpg

▲地下2階 展示室1 くらしと下水道
江戸時代~現代までの下水道を紹介。詳しくはネタバレになるので割愛。この1室だけでも30分はいられるよ。

地下3階~4階もこんな感じで水道関連の展示。ネタバレになるので割愛。
どれも見ごたえある。

a0332275_16585860.jpg

▲地下は深い
地下へ下りる階段の中央にはボーリングの断面のようなものも。
「本日の地下水の水位」を示した張り紙もあった。小平の地下水といえば、武蔵野線新小平駅に地下水があふれ冠水したこともあった。

a0332275_17021333.jpg

▲そして地下5階
最も下の階「ふれあい体験室」

a0332275_17035062.jpg

▲入口
地下5階だけドアが閉まっている。自動ドアだ。

a0332275_17051990.jpg

▲発生ガス
しれっと片隅に置いてあるホワイトボード。
酸素20.9vol%(体積パーセント)
メタン!硫化水素!は0だった。よかった。

中学校の理科で習ったとは思うが、空気中の酸素は21%くらいなので、外気とほとんど(まったく)変わらないといってもいいだろう。

a0332275_17110089.jpg

▲下水道管の断面
下水道館の油やコンクリートが固まるとこんな風になるらしい。すごい。

a0332275_17130951.jpg

▲そして
お待ちかねの体験コーナー
両脇に消毒液完備、非常ベルも備え付け。

ちなみにこの段階でにおいはほとんどしない。


かばんは念のためここに置いていくことにした。


a0332275_17164373.jpg

▲入口から見た管内
ファンが回り、空気は外へ出ないようにはなっている。でもちょっと漂う異臭。
この奥に下水道管があるわけだ。

っとここにきて足がすくむ。「臭そう」

a0332275_17225000.jpg

臭い!
ゴーーっという音ともに流れる黄土色の水。この下水道管は現役。小川幹線といって、小平市の一部地域、約2万世帯、約4万5千人によって使われた水が流れてきている。内径は4.5メートルというから相当大きい。
写真という媒体が、運良く(悪く?)においまでお伝えできない。においの程度でいうと、公衆便所より圧倒的に臭く、ボットントイレよりは臭くない。ボットンといれを何度か使ったことある私としては「あれ?なんだ・・・」という感じもしたが、でもやっぱり臭い。

長居するとにおいが染みつきそうなので足早に退散。

しかしながら、貴重な体験ができた。
日本で唯一、下水道管に入れる場所らしいので、行ってみる価値は十分ある。
そして、下水道を学んで、見て、感じることによって、私たちが使った水がどうされているのか、どうなっているのかというのが学べるというのは良いことだ。
私たちの生活にはなくてはならない下水道管。ふれあいながら学べる「小平市ふれあい下水道館」
超おすすめ
行くべし!

a0332275_17394071.jpgそのあと玉川上水の脇の小川が下水道に見えてしまったのは内緒。


[PR]
by yunomi-chawan1 | 2016-03-02 07:00 | 散策 | Comments(0)


http://ricebowl.exblog.jp の続きです。鉄塔、鉄道、街作り、用水など。


by yunomi-chawan

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

メモ帳

2015年にブログを移転しました。一部リンクが前のブログに飛びます。

まとめサイト等への画像の無断使用と引用を禁止します。

非公開コメントへの返信は基本的に行っておりません。

以前のブログ
過去のトップ画
ランダム表示
索引
地図から探す
送電線索引
継続記事検索
YouTube
大丸用水


カテゴリ

全体
恐怖シリーズ
ブログ
鉄道
鉄塔
散策
駅シリーズ
地域
米タン
道路計画や開通など
未分類

最新の記事

立川基地跡地昭島地区の道路開通
at 2017-04-28 00:00
小田良上平尾線・栗木線 開通
at 2017-04-25 22:00
町田3・3・36号相原鶴間線..
at 2017-04-24 08:00
セブン-イレブン1号店に行く
at 2017-04-23 09:00
築地から豊洲へ歩く その2
at 2017-04-22 08:00
築地から豊洲へ歩く その1
at 2017-04-21 19:00
南多摩尾根幹線 唐木田工区着..
at 2017-04-09 15:00
飛田給駅南口・西調布駅北口等..
at 2017-04-03 09:00
いるまがわ?いりまがわ? 調..
at 2017-04-02 00:00
2017年春の稲城ふれあいの森
at 2017-03-24 17:30

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月

最新のコメント

多摩地域の都市計画道路整..
by yunomi-chawan1 at 19:34
多摩地区はこの尾根幹線道..
by 稲見弥彦 at 23:41
30年前となると味の素ス..
by yunomi-chawan1 at 15:35
私が調布で暮らしていたの..
by tabinoirodori at 00:01
府中所沢線は西武国分寺線..
by yunomi-chawan1 at 17:44
建設途中区間にある西武国..
by 稲見弥彦 at 00:40

検索

タグ

(21)
(17)
(9)
(7)
(7)
(6)
(5)
(4)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)

記事ランキング