県境じゃないのに「県境バス停」?その謎に迫る

a0332275_01170497.jpg

ここは東京都稲城市。
鶴川街道沿いに「県境」というバス停が立っている。

バス停の名前というのは利用者にとって分かりやすいことが求められ、大抵が「○○前」だとか「○○入口」、さらにその土地の名前が付けられることが多い。

この「県境」というバス停も県境とだけあって、土地の目印となりそうだ。

しかし、県境には存在しない

地図を見ていただこう。
a0332275_01170831.jpg(© OpenStreetMap Contributor)

地図上の赤い矢印が「県境バス停」があるところだ。もっとも近い県境までおよそ900メートルもあるのだ。まったく県境ではない。

上にも書いたが、バス停の名前にはその土地の地名が付けられることが多いので、もしかしたら字とかで「県境」という地名があるのではないかと調べたが、そうではなかった。

このバス停に来る2つのバス会社にそれぞれ問い合わせてみることにした。
1つめは神奈中バス、2つめは小田急バスだ。
ただし、神奈中バスは免許維持路線と言って、バス運行の免許を維持するためだけに運行しているので、週1本(上下合わせて2本)しか運行していない。(バスの運行許可を得るのはものすごく大変らしく、今後何かのためにこのようなことをすることが多い。)



先に神奈中から回答があった。
そのまま載せるわけにはいかないので、要約する。

 神奈中バスでは昭和33年(1958年)6月10日にバス停を設置した。当初のバス停は現在よりも神奈川県寄りの実際の県境付近にあった。その後、現在の場所に移設したが年月日や理由など詳細は不明。
 名前は小田急バスが既に同じ場所にバス停を設置していたことから同一名称とした。そのため、由来に関しては理由や経緯はわからない。
(要約)

なるほど。
もともとは本当の県境に存在したことは確かなようだ。

続いて小田急バス。
 小田急バスでは昭和24年(1949年)12月27日に、調布駅~柿生駅を結ぶ路線として新規設置した。当初は東京都と神奈川県の境にあったと考えられ、その地にあったことが名前の由来と推測される。
 しかしながら、柿生線の運行当初は小田急バスの前身の武蔵野乗合自動車にて道路占用を取得し、その後譲渡されたと考えられ、そのため停留所に関する資料が乏しく詳しくは調べることができない。
(要約)

やはり、県境にあったことは確かみたいだ。
武蔵野乗合自動車から小田急バスになったのは昭和25年9月1日のことであり、翌年である。

a0332275_12414334.jpg

その、現在の実際の「県境」というのはこのような感じだ。

京王相模原線の高架が横切り、すぐ先に若葉台駅がある。そして、なんと県境付近には「下黒川」というバス停が存在するのだ。
県境を横取りしてる。

さらに、下黒川バス停と県境バス停の間に「於部屋」なるちょっと変わった名前のバス停も存在する。

このバス停について小田急バスは、
下黒川と於部屋バス停は昭和48年(1973年)6月13日に設置された。しかし、県境バス停移設との関連はわからない。
(要約)
ということだ。
おそらくこのバス停の新設のときに移設したのだろう。しかし、なぜ移設する必要があったのか…それはよくわからない。

京王相模原線(京王よみうりランド駅~京王多摩センター駅)の開通が昭和49年(1974年)10月18日。下黒川バス停の新設はこれに合わせたものなのかもしれない。

ネットで調べてみると、県境バス停とは直接は関係ないが、鶴川駅と、下黒川バス停のさらに神奈川県側の黒川バス停を結ぶバスが、京王相模原線の開通後に下黒川バス停まで延長されてるらしい。
その後1999年4月5日に、若葉台駅にロータリーができてその路線も下黒川バス停から脇道にそれて、若葉台駅ロータリーの若葉台駅バス停が終着となっている。



結局、時期や理由は不明なものの、県境バス停はもともと県境にあったことがわかったので謎が解けた。


a0332275_14404823.jpg

ちなみに、下黒川バス停と県境バス停の間にある「於部屋」というバス停は地名から来ている。
於部屋の由来は、 富永氏の御部屋様という人の居住地だったという伝説があるらしい。
一応、字以下の地名として今もあるようだが、この近辺は大字で地名を呼ぶことが多いので、滅多に見かけることはない。

a0332275_14405291.jpg
ただ、このバス停の於部屋という地名も、本来は今の県境バス停付近をさすようだ。県境バス停から歩いてすぐの三沢川の橋の名前にもなっている。



さらにさらに蛇足だけれど、このバス路線の日影、中の橋、宮の台、鶴巻や、戸隠も古い地名や字以下地名なので、普段の生活では滅多に見かけない地名だ。
バス停をたよりに地名を調べてみるのも面白地かもしれない。


参考サイト(50音順)
いなぎ歴史探検<いなぎ歴史探検MAP<坂浜(若葉台・長峰含む)
トップページURL:http://inagi.info/index.html
該当ページURL:http://inagi.info/sakahama.html

カナちゃん号-神奈中バス(神奈川中央交通-かなちゅう)ファンページ<神奈中バス(神奈川中央交通-かなちゅう)車両&路線&方向幕順位等一覧< 系統番号が付く前の過去路線-神奈中バス
トップページURL:http://kanachango.web.fc2.com/
該当ページURL: http://kanachango.web.fc2.com/kako.htm
※トップページのみリンクを推奨しているため、該当ページは記載のみとします。


新浅川鉄道の部屋<小田急バス私設ファンクラブ<小田急バス雑記帳<1999年
トップページURL:http://www.shin-asakawa.jp/index.html
該当ページURL:http://www.shin-asakawa.jp/odakyu-bus-fan/odq_topic/topic_99.htm



※このページは投稿日詐称記事です。12月に書きました。
[PR]
by yunomi-chawan1 | 2015-08-10 00:00 | 地域 | Comments(0)


http://ricebowl.exblog.jp の続きです。鉄塔、鉄道、街作り、用水など。


by yunomi-chawan

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

メモ帳

2015年にブログを移転しました。一部リンクが前のブログに飛びます。

まとめサイト等への画像の無断使用と引用を禁止します。

非公開コメントへの返信は基本的に行っておりません。

常時SSL化を実施予定です。URLがhttps:に変わります。過去のリンクについては自動でジャンプするようです。

以前のブログ
過去のトップ画
ランダム表示
索引
地図から探す
送電線索引
継続記事検索
YouTube
大丸用水



カテゴリ

全体
恐怖シリーズ
ブログ
鉄道
鉄塔
散策
駅シリーズ
地域
米タン
道路計画や開通など
未分類

最新の記事

6月10日の小ネタ
at 2017-06-21 00:00
放射5号線(高井戸西工区) ..
at 2017-06-20 00:00
ちょっと変わったセブンイレブン?
at 2017-06-19 00:00
鉄塔 深大寺東線
at 2017-06-15 00:00
小田急小田原線の新百合ヶ丘旧..
at 2017-06-14 00:00
東八道路・放射5号 進捗状況..
at 2017-05-31 18:00
調布3・4・17号狛江仙川線..
at 2017-05-21 22:00
調布駅付近連続立体交差 5年..
at 2017-05-19 14:30
開通間近 調布3・4・17号..
at 2017-05-14 18:00
田んぼの中の相模線入谷駅
at 2017-05-12 06:00

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月

最新のコメント

東八道路はあっという間に..
by yunomi-chawan1 at 22:54
東八道路は一刻も早く完成..
by 稲美弥彦 at 22:35
先日、川崎市の川崎縦貫高..
by yunomi-chawan1 at 09:12
新百合ヶ丘駅には横浜市営..
by 稲見弥彦 at 07:48
先輩のお家からは遠いです..
by 渡邊(生物部) at 12:46
10時半~11時半ごろ、..
by yunomi-chawan1 at 22:51

検索

タグ

(23)
(17)
(12)
(8)
(7)
(6)
(6)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)

記事ランキング