南武線 快速区間延長 車窓など

3月14日ダイヤ改正にて、南武線の快速区間が北陸新幹線や上野東京ラインの裏でひっそりと延長されました。

前も記事にしていたので、詳しくは書きませんが、いままで立川~稲城長沼まで各駅に止まっていた快速が、南多摩、西府、谷保、矢川、西国立が通過となり、快速区間が全線に延長されたことになります。

国鉄時代に快速は川崎~登戸で実施されたものの、のちに廃止。
2011年に復活し川崎~登戸で快速運転、登戸~立川は各駅に停車のパターンでした。
昨年2014年には快速区間が稲城長沼まで延長され、そしてこのたび2015年に全線で快速運転となりました。
a0332275_16550839.jpg

▲E233系の快速表示

2015年には東京都施工の連続立体交差事業のつながりで行われていた、稲城長沼駅の2面4線化も完了。上下線で緩急接続が可能な配線となったのです。

快速運転間隔は、データイムのみで、平日が30分間隔。土休日は20分間隔です。

それでは、立川→稲田堤の前面展望動画です。




区間:立川→稲田堤
日時:2015年3月15日
時間:立川駅13:32発
車両:E233系 ナハN12編成



以下、キャプチャ
a0332275_16550984.jpg

立川駅を発車します。
立川駅では南武線のホームでは、快速の運転区間が変更になり、通過駅が増えたことについてのアナウンスが度々されていました。それでも間違えて乗ってる人がいたくらいです。
毎日南武線を使っていますが、ダイヤ改正日以前に、ダイヤ改正についての予告アナウンスは全く聞いていなかったので、予告しておくことも必要だったのではないかなぁと言う印象も受けました。

快速は7分前に出た各駅停車を追いかけます。

a0332275_16550902.jpg

発車から1分30秒後(従来1分40秒)、1つ目の駅である西国立駅を通過します。立川駅構内は45km/hの制限があり、また西国立駅を出てすぐのカーブ付近は75km/hの制限があるため、そこまでスピードを出さずに通過します。

a0332275_16550997.jpg

西国立駅から立川崖線を下って、立川発車から2分40分後(従来3分40秒)に矢川駅も通過。ちなみに反対側の線路は55km/hの制限があります。
電車が駅を出るとき、警笛を鳴らしていました。踏み切り対策でしょうか。


矢川駅を出ると再び立川崖線を登りながら、スピードを上げていきます。
立川~分倍河原の区間では最もスピードが出ている場所なようです。

a0332275_16550995.jpg

立川発車から3分45秒後(従来5分40秒)、谷保駅を通過します。快速通過駅のなかでは一番ホームに人がいた印象です。
一昨日まですべての列車が停まっていた駅を通過していますので、ホームの人の顔は電車をじっの眺めている感じでした。

ホームの途中で、甲州街道をくぐるカーブに備えてスピードを落とします。

S字カーブを描きながらそのまま西府駅へ。
a0332275_16551098.jpg

立川発車から5分5秒後(従来7分50秒)、西府駅を通過しました。
NECがすぐとなりにあることもあって、朝は通勤客がごった返していますが、平日の昼間となると、前に各停も走っているだけあって、人は少な目でした。

ちなみに、この快速の車内の混雑状況ですが、立ち客が出ない程度でした。平日も乗りましたが、平日は余裕で座れる感じです。
ちょっと過剰だったのかもしれません。快速撤回…なんてことがなければいいのですが。

a0332275_17153210.jpg

再び立川崖線を下り、最初の停車駅である分倍河原に停車します。到着は立川発車から6分40秒後(従来9分50秒)。時刻表上では7分で到着となっていますが、この列車は若干早く到着しました。

分倍河原駅は京王線との接続駅で、常に混雑しています。京王線も含めて駅とホームが非常に狭いので、朝はごった返していますね。
京王線下りホームと南武線ホームは階段を下るだけという非常に移動が楽な作りになっています。
中間改札はありますが、昔はなかったらしいです。南武線ホームも京王電鉄が管理していて(朝は府中本町からホーム監視員と臨時改札監視員が来る)、乗車案内(車椅子)は京王駅員がJRの分もしています。


という、雑談はさておいて、分倍河原駅到着のとき、手前の信号機が黄色現示になっています。若干、つまっていると言えるでしょう。

a0332275_17173174.jpg

分倍河原駅に到着してから先の信号機は赤現示です。分倍河原駅停車中に青に変わっていきますが、つまっているのですね。
赤現示は動画やキャプチャ画像では確認できません。4K動画ならできるのかな…?


a0332275_17280441.jpg

立川発車から8分35秒後(従来12分35秒)、府中本町駅に到着。武蔵野線と接続しています。
東京競馬場が近くにあるので、休日の競馬開催日は朝夕を中心に混んでますよ。

また話はそれますが、1978年の時刻表では武蔵野線は40分に1本なんですね。11時台と14時台は1本でした。驚きです。

a0332275_17280479.jpg

府中本町を発車。武蔵野線を横目に見ながら進みます。
a0332275_17280475.jpg

多摩川を越えて…

a0332275_17280566.jpg

立川発車から11分35秒後(従来16分10秒)、南多摩駅を通過します。高架化された新しい駅です。
駅を出ると右へカーブします。
このカーブが撮り鉄ポイントだったりするので、南多摩は誰かしらいるときが多いですね。特に最近は。


a0332275_17280530.jpg

ふたたび左へカーブします。
稲城長沼駅の場内信号機が現れます。

新しい快速は稲城長沼駅で緩急接続をするようになっりました。



稲城長沼駅に到着。
お隣の2番線には先に発車していた各駅停車が待っています。
a0332275_17280536.jpg

うわぁ、稲城長沼駅に人がたくさん。
いままで閑散としていた駅らしくないですね。

稲城長沼駅到着は立川発車から13分0秒後、従来は19分ほどかかっていたので、6分ほど短縮されました。(ただし、列車により若干異なります。)


稲城長沼発車時点でようやく席が埋まります。
逆に各駅停車はすっからかんに。

ダイヤからもわかるように、南武線の利用者は川崎の方が多いので、その先で人をのせることでしょう。


a0332275_17311636.jpg

快速が各停を抜かす@稲城長沼(14日)

なんか稲城長沼らしくない光景でした。



以下、広告が表示される場合があります。
[PR]
by yunomi-chawan1 | 2015-03-16 18:00 | 鉄道 | Comments(0)


http://ricebowl.exblog.jp の続きです。鉄塔、鉄道、街作り、用水など。


by yunomi-chawan

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

メモ帳

2015年にブログを移転しました。一部リンクが前のブログに飛びます。

まとめサイト等への画像の無断使用と引用を禁止します。

非公開コメントへの返信は基本的に行っておりません。

以前のブログ
過去のトップ画
ランダム表示
索引
地図から探す
送電線索引
継続記事検索
YouTube
大丸用水


カテゴリ

全体
恐怖シリーズ
ブログ
鉄道
鉄塔
散策
駅シリーズ
地域
米タン
道路計画や開通など
未分類

最新の記事

小田良上平尾線・栗木線 開通
at 2017-04-25 22:00
町田3・3・36号相原鶴間線..
at 2017-04-24 08:00
セブン-イレブン1号店に行く
at 2017-04-23 09:00
築地から豊洲へ歩く その2
at 2017-04-22 08:00
築地から豊洲へ歩く その1
at 2017-04-21 19:00
南多摩尾根幹線 唐木田工区着..
at 2017-04-09 15:00
飛田給駅南口・西調布駅北口等..
at 2017-04-03 09:00
いるまがわ?いりまがわ? 調..
at 2017-04-02 00:00
2017年春の稲城ふれあいの森
at 2017-03-24 17:30
稲城市内鶴川街道 拡幅進捗状況
at 2017-03-21 18:30

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月

最新のコメント

多摩地域の都市計画道路整..
by yunomi-chawan1 at 19:34
多摩地区はこの尾根幹線道..
by 稲見弥彦 at 23:41
30年前となると味の素ス..
by yunomi-chawan1 at 15:35
私が調布で暮らしていたの..
by tabinoirodori at 00:01
府中所沢線は西武国分寺線..
by yunomi-chawan1 at 17:44
建設途中区間にある西武国..
by 稲見弥彦 at 00:40

検索

タグ

(21)
(16)
(9)
(7)
(7)
(6)
(5)
(4)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)

記事ランキング