立川駅の駅そば「奥多摩そば」中村亭

a0332275_18031362.jpg

 先日紹介した『立川の建物疎開の記録』という本で、大正時代の手書きの地図に「中村亭」と言う文字が多いことに気がついた。

 本書によると、明治初年、中村平三郎さんが立川に移住してきたとされている。

 立川に鉄道が開通したのは明治22年。中央線の前身の甲武鉄道が新宿から立川まで鉄道を敷いたのが始まりだそうだ。中央線の中野から立川まで直線で結ばれているのは当時甲州街道沿いに鉄道を敷設しようとした際、煙や街道の活気を気にした住民が鉄道をきらい、仕方なく何もない雑木林を切り開いたのが理由と言われている。だから、当時立川駅付近は特に何もない場所だったようである。

 鉄道開通間もなく、中村平三郎さんの長男、徳次郎さんが駅前に旅館と汽車の待合を兼ねて茶屋を開設させたのが、中村亭の始まりなようだ。

a0332275_17583541.jpg

 これが大正時代の立川駅北口の地図。おもな商店や家以外は省略した。

 いまの南武線の南武鉄道が立川まで伸びるのは昭和4年のことなので、まだ南武線の線路はまだない。

 駅にある複数の横線は貨物線で、立川駅でも貨物や荷物の取り扱いが盛んだったことがうかがえる。現在の立川駅は貨物列車は通過(時間の待ち合わせはある)するだけだ。

 駅前には商店が並んでいる。図には載せなかったが、「羽鳥セトモノ」「果実井上」「立川郵便局」「トコヤイトウ」・・・などもあって、なんでも揃いそうな感じだ。

 大正11年には駅の北側に陸軍飛行第五大隊が岐阜県各務ヶ原から移転してきた。この飛行場は以後いままでも立川の今を左右している。

 駅北口のすぐ西側には「鮮魚 稲毛屋」があった。以前記事にも書いた。そのはす向かいには「中村亭」がある。

 『立川の建物疎開の記録』には

「三代目の久之助さんの時代、明治34年に甲武鉄道株式会社から、立川駅仲売業及び駅構内売店業の承認を受けた。汽車のわずかな停車時間に、中村亭の駅弁を山と積んだ箱を肩から抱えて、汽車の窓から窓へ売り子さんが飛び歩く風景が、立川駅でも見られたものだった。」
とある。

 そんな時代が立川駅にもあったのかぁと少し感動。いまは通勤客などが行きかう多摩地区のビックターミナルなだけに、そのような風景が思い浮かべられない。

 立川駅一帯は第二次世界大戦中に、駅と線路を空襲から守るために建物の強制疎開が行われたようだ。7月に通知があり、昭和20年の8月15日までに立ち退くよう言われたらしい。中村亭もその対象だったようで、駅南側の錦町1丁目(川野病院がある近く、たましんRISURUホール(旧立川市役所跡)の北側)に立ち退いたらしい。8月15日、まさに終戦日。立ち退いた直後に終戦だったが、元の地は都に買収されていたようで、戻ることはできなかったと、この本には書いてある。その後区画整理もあって中村ビルを建設したとこの章は締めくくられている。

 しかし、ネットでしらべているとどうも中村亭は立川駅に残っているようなのだ。平成14年にエヌアールイー中村亭という会社によって「復刻立川駅多摩辨」という復刻版弁当が発売されたようだ。ならば・・・いまも残っているのでは?

a0332275_19324482.jpg

 エヌアールイーという会社はJR東日本の子会社で駅弁販売や駅の飲食店などを経営している会社だ。

 立川駅のホームにある蕎麦屋の「奥多摩そば」はエヌアールイーの経営であることが分かった。しかし、現場に行ってみないとわからないこともあるだろうと、行ってみることにした。画像は南武線ホームの奥多摩そば。

a0332275_19375905.jpg

 どうだろう・・・。看板には「NRE中村亭とある。これこそエヌアールイー中村亭だ!

 ただ、これだけでは当時あった中村亭NRE中村亭との関係性がよくわからない。ということでNREに問い合わせてみたところ、

「中村亭は1900年(明治33年)ごろより立川駅を中心に営業していた。その後1999年(平成11年)にNREとの出資による株式会社エヌアールイー中村亭を設立し、駅での営業を継続し、2014年(平成26年)4月にNREと合併し現在に至っている。」(要約)
とのことだった。まさに中村亭だ!今は合併され大手チェーンになってしまったが、奥多摩そばは中村亭だったのだ。

 調べていると駅そば好きな方のブログに行きついた。NREになってから味が落ちたと主張されていたが、伝統であるそうな「おでんそば」については今も販売しているそうだ。気になる・・・おでんと蕎麦の相性が。

 この本を読むまで中村亭の存在すら知らなかったが、普段見ている駅そばが100年以上も続いていることには驚いた。上の地図でも書いた「岩崎邸」これも実は今も残っている。北口で「岩崎倉庫」としていまもあるのだ。

 立川にはいなげやをはじめとして、おおくの老舗があるようだ。調べがいのある町だ。

参考文献(50音)いずれもトップページ
・いなげや http://www.inageya.co.jp/ (平成27年1月11日)
・岩崎倉庫 http://www.iwasakisouko.co.jp (平成27年1月11日閲覧)
・NRE日本レストランエンタサプライズ http://www.nre.co.jp/(平成27年1月11日閲覧)
国土地理院 地図・空中写真閲覧サービス http://mapps.gsi.go.jp/maplibSearch.do (平成27年1月11日閲覧)
・立川の建物疎開の記録 (立川市教育委員会 平成8年3月29日)
(ブログについては個人サイトなので掲載は控えさせていただきます。)

この記事は2017年7月5日に見た目(デザイン)の変更をしました。


by yunomi-chawan1 | 2015-01-13 00:00 | 地域 | Comments(0)


http://ricebowl.exblog.jp の続きです。鉄塔、鉄道、街作り、用水など。


by yunomi-chawan

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メモ帳

2015年にブログを移転しました。一部リンクが前のブログに飛びます。

まとめサイト等への画像の無断使用と引用を禁止します。

非公開コメントへの返信は基本的に行っておりません。

常時SSL化を実施予定です。URLがhttps:に変わります。過去のリンクについては自動でジャンプするようです。

以前のブログ
過去のトップ画
ランダム表示
索引
地図から探す
送電線索引
継続記事検索
YouTube
大丸用水



カテゴリ

全体
恐怖シリーズ
ブログ
鉄道
鉄塔
散策
駅シリーズ
地域
米タン
道路計画や開通など
未分類

最新の記事

返還の動きがある厚木基地引込..
at 2017-09-23 00:00
府中3・4・16号府中東小金..
at 2017-09-17 00:00
調布3・4・7号喜多見国領線..
at 2017-09-14 00:00
南多摩駅前の分量樋が改修
at 2017-09-13 00:00
たまらん坂を通る
at 2017-09-12 06:00
国分寺3・4・6号小金井国分..
at 2017-09-11 17:00
国立3・4・10号国立榎戸線..
at 2017-09-11 01:00
日野バイパス(延伸)Ⅱ期 進..
at 2017-09-07 15:00
横浜環状西北線・横浜青葉JC..
at 2017-09-06 18:00
日野3・4・24号旭が丘南北..
at 2017-09-02 00:00

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月

最新のコメント

完成すれば保土ヶ谷バイパ..
by yunomi-chawan1 at 22:35
この北西環状線が開通する..
by 稲美弥彦 at 04:43
16号交点は、環境影響評..
by yunomi-chawan1 at 22:01
これが出来れば国道16号..
by 稲見弥彦 at 14:52
結構、ここを通った記憶が..
by yunomi-chawan1 at 11:15
旧道、父親の車で通った覚..
by まこつ at 00:19

検索

タグ

(26)
(17)
(13)
(10)
(8)
(8)
(7)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)

記事ランキング